時間が無くてず〜〜〜〜っと(×38回)放ったらかしだったカワイソウな私の頭。カラーリングした髪と延びてきた髪の境目がどんどん広がるプリンちゃんジョウタイ。それも特大のプッチンプリン(TOT)(全然カンケ〜ないけど最近はこっちが好き!)

いや、私たちの間ではこの状態をなぜか「ユダヤ帽」と呼ぶ。ユダヤ教の男性が頭にちょこんとのっけてる「ヤームルカ」に似ているから…なのだが、一体誰が言いはじめたんだろう???(笑)

じゃなくてぇ〜!!

今日はポッカリ時間が空いたので「そうだっ!今こそ今日こそカットに行こう!」と、事務所近くのヘアサロンに当日ムリムリ予約を入れ行ってきましたっ!はぢめての店…ってちょっと不安だけど、担当さんは私の悲惨なる頭をひとめ見て「あ〜◎×□だから▼■◎×したいんですよね?」と、私の希望をまんま言葉にしてくれてビックリ!「スゴイデスね〜」と言うと「見れば分かります(笑)」って。さ、さすがプロフェッショナル!この道12年!というベテランさんに当たったのもラッキーだったし、高知生まれの「いごっそう」気質で(あっ!女性は“はちきん”というらしい)話していてもとても楽しかった(近所の美味しい店とか教えてもらった(笑)

そして約2時間後・・・・

すっきりフワフワになった私の髪が風になびく・・・
おぅう〜〜びゅ〜てぃほ〜〜〜クルリとターン♪♪
(してない!してない!)笑)

でも、
「カラーするには1週間おかないとダメです!!」というキツイお達しで、まだユダヤ帽状態なんですわ…(TOT) 早く来週になぁあ〜〜れっ!と
[PR]
# by giova21 | 2007-02-16 18:23 | 今日のできごと | Comments(0)

書く…をたしなむ

先日の私のズッ転びを助け損ねた(笑)Rちゃんが仕事帰りに遊びに来た。「パンデュース」のパンと「ハーゲンダッツ」のクリスピーサンドを持って。いや〜んス・テ・キ!じゃあ〜ワイン?ビール?どっちにしよ?!1本返事待ちの仕事があったんだけど、杭州師匠だし大丈夫やろ〜と(後で怒られた)ビールを先ず開ける。そのうちポテチやチョコなど開けはじめ本格的になっちゃったけど(コラコラ)

2人ともイイ気分になったところで、「そごうの丸善」が大好きなRちゃん文具講座が始まり、万年筆に目がない彼女が持ってる逸品を教えてもらった。先ず「カトウ セイサクショ カンパニー」のセルロイドの万年筆。

セルロイドのペン職人と呼べるのは、イタリア「OMAS社」と同じくイタリア「VISCONTI社」に1〜2人、そのほか世界に数人しか残っていない、消えゆく仕事である。

そぉ〜なんだ!セルロイドってちょっと安っぽい材質…と思ってたけど、こうして見るとセルロイド独特の色の混じり方というか柄がとてもキレイ。アンティーク調なのも良い感じ!加藤さんが引退したら、もぅ作れる人がいないかもしれない…という希少価値にググッときてしまったよ(笑)

そしてもう1本。こちら「万年筆博士」では、本人の筆跡を見て万年筆を選んでもらうことができるオーダーメイド型で、納品までなんと17ヶ月待ち!ひぇええ〜!ソレを既に持ってるRちゃんて一体・・・今度是非、実物を見せてもらおう!

すっかり感化されて、私も久しぶりに万年筆を使ってみたくなった(単細胞なんデス)筆圧が高く、文字もデカイ私、(名は体を現す…ってか?!(笑)滑らかな筆運びの万年筆は実際大好きなのだ。確か「モンブラン」が2本あるはず!PC全盛期。文字を書くのは請求書の宛名と年賀状だけ…という悲しい状態である今、大人のたしなみとして、万年筆でササッと書いてみようじゃないのっ!その名の通り「万年」使えるのだから…
[PR]
# by giova21 | 2007-02-15 23:27 | 今日のできごと | Comments(0)

福井・金沢の旅 その5

2時半の列車で大阪に帰るまで、もうひと風呂に入るべし!三国にも「三国温泉」という素晴らしい源泉があり、日本海に沈む夕日が堪能できる「ゆあぽーと三国」や、珍しい畳の湯がある「三国観光ホテル」といった施設がたくさんある。その中で、回数券をもらったので行ったのが「風の杜」という宿のお風呂。でも工事してて露天風呂は使えるけど、からんからお湯がでないらしい…う〜ん場所変えるか〜と思っていたら女将「だから今日はお代は結構です」よっしゃ〜入る!なんて合理的?!(セコイ)な私たち(笑)良い湯をありがとうございましたっ!
e0112226_1533569.jpg

ホコホコになって帰ると待っていたのが「お昼を食べていきんさい」と、
お刺身の山!右の赤身がブリの幼少名「ふくらぎ」で、左の白身が「トビウオ」。朝、馴染みの魚屋で特別に卸してもらったプリプリもんでアル。こんな新鮮な魚が食べれるのに肝心の娘Kちゃんは、あんましお刺身が好きじゃない(ボカっ!)殴)だからいっつも私がニコニコ破顔してそのほとんどを食べる事になる(幸)もちろんビールもたっぷり飲んでしまったので、あやうく沈没、帰るのを忘れるところであった(笑)いつもいつも温かい歓待ありがとうございます♪また遊びにくるかんね!
e0112226_16102741.jpg

海の幸とおろしソバ、そしてもう一つ忘れてならない福井の冬の名物が、この「水ようかん」でアル。普通、水ようかんって夏の暑い時に食べるものって思うやん?ところが福井では、冬!冬限定で食べるのデス!堂々の季節限定商品!もちろん夏場には姿カタチも無い。地方から注文が来ても冬以外には作らないそうだ。ヌクヌクのコタツに入りながら、黒糖が効いた水ようかんをツルルンと食べるのはホントうまい!冬に福井に来たならばぜひぜひ食してみてくださいまし♪

いつもゆっくり帰るんだけど「梅田芸術劇場」でやってる「マリー・アントワネット」を観るため早く帰阪したのだ。思ったより面白かったし、あ〜そうだったな〜と「フランス革命」の背景を思い出したりもした。けど、この時代の事を楽しく知るにはやっぱり「ベルばら」が一番だと思う。そ〜ゆ〜意味ではホントよく出来たマンガだと思う。で、「ベルばらを教材にして歴史を教えればイイのにね〜」とうなづきあう2人でした(笑)
[PR]
# by giova21 | 2007-02-14 23:12 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21