e0112226_13201091.jpg




ココで何度も紹介してる谷赤絵細描画の第一人者福島武山センセ。
今年5月の陶器祭でお宅に伺った時、
なんと!!!アテクシの地元の美術館で展覧会をすることを教えてもらった。

この美術館、私設で、地下に映像ルームもあるし、小さいながらもとてもキレイ。
でもって、どんな人のどんな企画展でも入場無料なのだ。

それはとてもありがたい事だけど、一体どんな奇特家なんだろう?と、
帰り際、開館1周年記念として、それはそれは立派な武山先生のカレンダーをいただき、
ますますその思いが強くなってしまった(笑)

それはともかく…先生いらっしゃるかな〜と、勢い“初日”に行ったんだが、
残念な事に景徳鎮(さすが〜っ!!!)にご旅行中とかでお留守であった。




e0112226_14205848.jpg



展示法にひと工夫凝らしました…と、ちっくら自慢気な館長。
室内は暗く、照明も絞ってある。

確かに「赤」がドラマティックに映えてウツクシイ〜(//∇//)





e0112226_14302439.jpg



細描画自体、どこに描いても恐ろしく大変で根気がいる。
まして筆箱ほどの大きさの「中まで」みっちり描けるなんて、人間業とは思えない。
しかもちゃっかり美術館のイニシャル〜「MM」まで描いてもらってるし(笑)

だいたいお宅に行った時も「米粒に名前描いてください」と、
仰天リクエストをかました「身の程知らず人」のために、ハイハイ〜と応えてた先生。
(アタシも書いて欲しかった〜〜!!!)
人間国宝になってもいいほどの人なのに、ホントに好好爺なのです。





e0112226_14442458.jpg



でも、仕事に対する姿勢は厳しく、
赤絵を含む九谷焼き全般の技術の伝承や後継者の事など、とても熱く語っていた。
…ということがわかる映像インタビューを見てから、作品に対すると、
もぅ〜全然見る目が変わるので、行かれる方は是非、映像を先に見てください。

展示会は12/23まで。11〜16時 月火金休み




[PR]
# by giova21 | 2018-10-17 23:59 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_19185482.jpg



秋は美味しいイベントがいろいろあって楽しいね〜!!
ってことで、久しぶりに来た丹波篠山味祭り

以前はほどほどに来ても丸焼きが食べれたんだが、今年は間に合わず!!
年々人気イベントになってるようだが、
美しい実りの風景を見ながら行こう…って事で
のどかな地道をのんびり来た我々、大遅刻したから仕方ない。

でも…見るだけ見ておこう(๑•̀ㅂ•́)و✧
“丹波篠山牛”って、そらもぅ〜間違いなく美味しいんだろうけど、
アテクシは肉をそぎ落とされたリアルなお姿に釘付け!

たくさん来てた子どもたちよ。
牛ってデカイんだよ。こ〜やって解体され、君らの口に入るんだよ。
決して工場からパックのままできるんじゃないんだよ…と、
と、教えてる親がいるとイイんだけど。




e0112226_19335064.jpg




こちらは猪イノちゃんです!
焼き色とか足の格好とか、まるで巨大な北京ダッグみたい(笑)

丸焼きは時間がかかる上に、部位の切り分けが牛より手間がかかる。
だから冷凍のイノ肉も混ぜてたけど、
臭みもなく(あってもウエルカム!!(笑) 柔らかく、
さすが丹波のイノシシ!!と、美味しく頂きました。




e0112226_19370249.jpg




会場となった三の丸広場をグルリと取り囲むように屋台が並び、熱気も人出もスゴイ。
記憶があやふやだけど、以前来た時よりパワーアップしてる感じ。

前述の牛や名産の黒豆枝豆は早々に売り切れてたし、駐車場も満杯行列。
お目当てがあるなら、少しでも早くインするのがいいと思う。
電車利用の人は名産物が当たる抽選券がもらえるよ♪





e0112226_19520448.jpg



この日は町中がお祭り!!!
お城の北側が歩行者天国になって、
呼び込みの声と人だかりがすさまじい。でも楽しい♪

ドッカンドッカン。
煙と音を吐きながら、巨大なポン菓子機で煎られてるのは、
大きくしっとり甘い、さすがの丹波栗
これなら喉につまらず(天津甘栗ってウググってならない?)幾つでも食べれる♪♪
食べ歩きに最高な相棒デス。

黒豆枝豆買えなかったから、栗買って帰ろうかな〜
でも皮むき面倒だしな〜、どうしようかな〜と思案してたら……




e0112226_20021322.jpg



たんまたんま!!! コレ、ソレ、何?何してんの??

その名も “ドクター・マロン” (爆)

ガガガガがぁ〜と回すと、難敵の鬼皮が剥ける(削る)のだ。
ひえええ〜〜〜!!! そんな便利な物があるんスね?!
回す時間を加減すれば、渋皮を残すか否かもチョイスできる優れもの。

大抵の店にはドクターマロンが鎮座しており、
栗を購入すれば、無料で剥いてくれるようになっている。

栗って秋の味覚の代表格だし、大抵の人が大好きだと思うんだけど、
皮の処理の事思うと、躊躇する人も多いと思う。
でもこれならっ!!! よぉ〜し!! 2Lのデカイのちょうだい〜
でもって剥いてね〜〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و

うんうん、これで渋皮煮にチャレンジしてみよう!と意気込んでたら、
「渋皮まで剥けてるやん?」と、お連れの友人が冷静なひと言。

……… いいねんっ!!! これでっ!!! …………




e0112226_20221509.jpg



人混み熱気で汗かきかき。ひとっ風呂浴びてこよう。

随分前、1度来たことのある観音湯
改装したんだろう。腰抜かすほどキレイになっていた!!!

小さいけど露天もサウナもあるし、とにかくキレイ。
みそ汁色のしょっぱい湯は、海水の1.5倍ある強塩泉なホンモノだ。
イイ湯だったけど、閉館17時って!!!
それだけは、おいおいちょっと〜〜〜!! だな(^^ゞ





e0112226_20380204.jpg


風呂後、再び市内に戻ってきた。
腹ごしらえしてから帰阪しよう。

駐車場併設だったので、店名も見ずフラリと入った店が、
ご贔屓の大手食堂の姉妹店だったということに、食べ終わってから気付いた。
その名も大手新丁(笑)

小鍋だけど今年初のボタン鍋も、名物の自然書もローストビーフもついた定食に大満足〜♪
帰り、眠くならないよう気をつけてハンドル握らなきゃ(笑)
ご馳走さまさま丹波篠山〜〜v






[PR]
# by giova21 | 2018-10-14 23:32 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_15343204.jpg



今年はココで打ち止めと思いたい。いや…打ち止め。
今度は信楽の陶器市。なんと今年2回目(笑)
この日は晴れたりスンゲエ〜豪雨だったり、とても不安定な天気だった。

何度も来てるのに、道を間違えエライ山道に迷い込んだ時に、
前方が真っ白になるくらいのゲリラ雨に降られ、珍しく顔色を失ってしまった。

ほら、最近、いろんな所で水害が多いし、
周囲に立ってる「落石注意」の看板が恐ろしすぎる!!!! (TOT)!!!!!





e0112226_15402220.jpg



でもこんなご褒美(?!)も!
1回目のレインボゥ〜〜

右側だったので、ほいたらアテクシが…とiPhoneを取ったはいいが…
蛇行しちゃって、危うくガードレールと“チュウ”するところであった(^^ゞ

運転しながら撮ってはいけませんっ!!!

はい。本当に。気をつけよう、、、、、、




e0112226_15444641.jpg



今度はしっかり二の足を地面につけて、2回目のレインボゥ〜♪♪

こいはデカイっ!キレイっ!
1日に2回も虹見るなんて初めて!
なんかイイことあるかな〜〜(//∇//)

気の毒だったのは、出店者と飲食屋台の人たち。
駅前の陶器市が日用使いとすると、こちらのセラミックアートマーケットは、
作家さんたち直売のオサレなブツが揃っており、若い人たちにも人気なんだが、
何度も見舞われたゲリラ豪雨で、
店は縮小態勢になるわ、作品に雨は溜まるわ…で、気の毒であった。

我々客にしても同じで、足元泥んこ、終いには靴下まで浸水する始末。
気持悪いので“しまむら”で安いシューズを買ってしまったわい(>_<)




e0112226_19060525.jpg



翌日はとても良い天気だったので、今日の分を取り返せてるといいな。

それにしても、この陶芸の森
作陶体験はもちろん、芝生広場にアーティスティックな屋外作品が置かれてたり、
イベントがない時に来ても、とっても気持のよい所である。
オサレなカフェもあるけど、ここはマストでお弁当持参がオススメです♪






[PR]
# by giova21 | 2018-10-09 23:33 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21