e0112226_15384667.jpg



向こう、徳島。 こっち兵庫…は淡路島。

GWの前哨戦。ちょっと早い母の日プレゼンツとして、
オカンさまのリクエストに応えて、大塚国際美術館に行って来た。

今年で開館20周年というから、初めて行ったのは15年以上前?になるだろうか。
当時に比べると収蔵作品も増えてるだろうし、なんせ久しぶりなので、
アテクシ的にも大変ウレシイ美術見学である。

というか結論から言うと、好きすぎる作品が目白推しな上に
その数、天文学的に多くて、脳ミソと目ン玉がマヒ状態に………( ̄o ̄)
年寄り両親の事も考え、それでも昼食を挟み4時間超滞在したのだが、全く全然足りなかった!!!

最後の方は気力が枯渇しちゃってあんまし写真撮れてないけど、
偏愛に満ちたレポートをサクサク〜っと書いていこう。
ちなみにモナリザとかヴィーナスの誕生とか、いわゆる鉄板作品の写真はありません。
念のため。。。。




e0112226_15570260.jpg



と、言いながら、入ってすぐ出迎えてくれるコチラ〜システィーナ礼拝堂は別(笑)

アタシは3回ほど訪れた事があるんだが、
警備員が何度も「シィレンツィオォオ〜!!! (静かに!!)」と言ってた事や、
人々が、画を仰ぎ見ては漏らすため息や指さし囁く小声が、
積もり積もってウォンウォンと天井まで届いていく様が、それはもぅ〜鮮やかに甦ってきた。

現実ではあり得ないほどガラガラなのに、もっと言うなら陶板画なのに、
そのクオリティと原寸大の迫力に、一瞬で心がバチカンに飛んで行ってしまった。

座って(!!) 人混みに邪魔されず、注意されることもなく、
好きなだけミケランジェロ の偉業を眺められるなんて、んとぉ〜〜に贅沢の極みだわ(//∇//)





e0112226_16121811.jpg



システィーナ礼拝堂の隣にはスクロヴェーニ礼拝堂が!!!

あ”あ”あ”あ”ぁ〜〜!!!
ジョットの一連のフレスコ画も…だが、アテクシ、この礼拝堂がダイスキ!!!なんですよ〜!!!!

北イタリアの瀟洒な町、パドヴァに足を運んだのは、兎にも角にもこの礼拝堂を見たかったから。
金より高価だったラピスラズリをふんだんに使った青の間に入った瞬間、
その美しさと荘厳さに、文字通り息を飲んだものだ。

結婚式場として利用することも可能で、ミサ曲が静々と流れており
(広い館内でBGMが流れていたのはココのみ)
懐かしさとこの場所が好きすぎて、胸がいっぱいになってしまった。。。。。

システィーナも同様、ホンモノが醸し出すオーラには及ばずとも、
1度でも現地を訪れた事があるなら、
多分絶対!狂おしくも甘美なこのデジャブ感に襲われるのではないだろうか。

以後、アテクシ、この「大塚式デジャブ攻撃」を四方八方、ボコボコに受け、
フラフラになってしまったのであります。





e0112226_19260800.jpg



スクロヴェーニのお隣には、これまた現地仕様に再現された
ギリシャはテッサロニキの〈聖ニコラオス・オルファノス聖堂〉(写真)と、
南フランスの小さな村にある〈聖マルタン聖堂〉がある。

前者は後期ビザンティン様式で、キリストの生涯と共に、
後のサンタクロースのモデルになったという聖ニコラオスの生涯が一面に描かれており、
聖マルタンを祀った後者は、クスリと笑ってしまう画風に顔がほころぶ、ロマネスク様式。

ギリシャも捨てがたいけど……
フランスからスペインはサンティアゴ・デ・コンポステラへ続く巡礼の道すがら、
点在するロマネスクの教会や聖堂巡りをしたくてたまらなくなってしまった。

検索、探してみても、これらの聖堂に関するズバリなサイトがなかったので、
大塚美術館は、必ずしも超メジャーなモノばかりがチョイスされているワケではなさそうだ。
再現に適した保存状態や時代などが考慮されているのだろうが、かえってその慧眼に感服する。




e0112226_20200323.jpg



それがコレっ!!

世界遺産大国イタリアの中で、ソレってどこ?というくらい地味…いや、控えめな、
でも実はすンごい世界遺産〜パエストゥム考古学博物館の目玉〈ダイバーの墓があったこと。
しかもちゃんと元通り〜お墓の形に整えてる芸の細かさよ!

美術史的には大変貴重な物なのだが、
イタリアの世界遺産とは思えぬほど人も少なくのんびりとした雰囲気だったことを思うと、
こんな所まで(!!)網羅してることにビックラした!!
と同時に、なんだかとっても嬉しかったのであります。



e0112226_18560528.jpg



見学者のスタート地点であるB3フロアのレイアウト

初っぱなから既に名作勢揃いな上に、
古代ローマ・ギリシャ遺跡の細かな展示が続く9〜16エリア、
ロシアのイコンから、カタルーニャ、フランス、数的には1番多いと思われるイタリアなど、
中世の祭壇画が並ぶ21〜26エリアなど「分単位」で足を止めていたらキリがないほど(笑)

ここで沈没したら後が続かないのは必至なんだが、
入館したての高揚感で頭も足も元気。ついつい丹念に見てしまうンだよね(^^ゞ





[PR]
# by giova21 | 2018-05-01 23:44 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_11024940.jpg



三原の町も歩いてみよう!

ホテルはほぼ港に面しており、三原港フェリーターミナルもすぐそば。
佐木島経由で見所の多い因島にも行けるし、
ウサギの島として有名な大久野島への高速船も出ている。

大久野島へは忠海港からのアクセスが王道だが、
三原からも行けるってのは案外穴場かも。新幹線も停まるしね♪




e0112226_11222173.jpg



旧い町並みも少ぅし残っているが、1番の見所というと新幹線駅と「合体」してる三原城だろう。
恐らくこんな城跡、全国に類を見ないのではないだろうか。

城主は“三本の矢”の逸話でも有名な毛利元就の三男、小早川隆景
満潮時には城が海に浮かんで見えた事から「浮城」とも呼ばれ、
天下人秀吉も、その美しさに大いに感動したとか。




e0112226_11482978.jpg




唱って踊って三原城築城を祝った事から始まった“やっさ祭り”は、
三原の夏を彩る一大祭事。

ってことで、町中に看板があがってる三原銘菓やっさ饅頭
お土産に是非だぅぞv




e0112226_11404048.jpg



饅頭に負けへんで〜!といろんな所でお見受けしたのは、
吉備路に春を告げる盛大な祭り “神明祭り”に欠かせないだるまさん。

お土産買うのに夢中になってしまい(!!!)寄るのを失念しちゃったけど、
駅前にだるま工房があります。




e0112226_12015756.jpg



はぢめて口にした広島のお酒って酔心じゃなかったかな?!
という酔心の蔵元が三原だったなんて〜〜!!もちろん!行ってみますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧

蔵元といっても企業であり、会社である。
予約もなしで突然飛びこんで、あらら…って感じだったけど(スイマセン)
快く対応してくれ、大感謝♪♪

ちょっと邪道かと思ったが、ここでしか買えないというひと言に、珍しい焼酎をゲット。
冬場まで楽しみにとっておこ〜〜っと(^^ゞ




e0112226_12133952.jpg



まだまだ続く三原のビックリ第二弾。

梅田や三ノ宮にも支店があるクリームパンで有名な八天堂
本店が三原だったのです〜!!!

って、パッケージに「みはら港町」ってちゃんと書いてあるんだけど、
だから何処?(スイマセン)と、 全くノーマークだったのだ。
ところがその地に降り立った途端、俄然、親近感が沸くこの変わり身の早さよ。
こ、コワイわ〜〜〜(笑)

ここでも、本店でしか買えないという魔法の呪文にほだされ、
季節限定品、栗クリームをゲット。美味しかったよ♪♪




e0112226_19423921.jpg



そして…だるまさんは忘れたけど、コレは忘れず買いにいったという
こだまのジャンボタコ天!!!

元々は甘味や総菜・弁当の店なのだが、タコ足1本天を置いたところ大人気に。
今やすっかり三原名物となり、我々の他にもいたんだね?という観光客も並んでいた。

先っぽのクリクリを伸ばせば、その長さ優に30センチ近くあり、根元は3センチを下らない。
元ダコは一体どんだけデカイね〜ん!! なビジュアルもさることながら、
衣にしっかり味がついてて、噛みしめる度溢れるタコ味と共にビールの友にピッタリ!!!
コレは絶対「買い」デス。デラウマ〜です(//∇//)




e0112226_19585590.jpg



ホテル近くで発見したジモティで賑わうスーパーでしばらく埋没し、
駅前の土産物店ではっさく大福、たこせん、干しダコを買い込み、
美味なるタコ天と別れがたく、別の店でもぅ1パック(と、追いビール(笑)
〆は、取り置きしてもらった駅弁〜穴子にタコ飯…と、
リュックが重い〜〜!! と悲鳴を上げながら三原を後に帰阪の途につく。

いやぁ〜お泊まりした分、たいへん充実した、楽しかった青春の旅であった!!!
日帰りもよいけど、たまには遠出してゆっくりするのも悪くないね。
次こそは東へ上ってみようかな(^^ゞ






[PR]
# by giova21 | 2018-04-30 20:15 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_20463038.jpg



お楽しみの「部屋呑み」は、西条鶴で買ったにごり酒。
お腹いっぱい!!で、頼み込んで買ってもらったアンコなおはぎが入らなかったが、
コップ酒でクイクイいっちゃいます(笑)

さてココで、はぢめて泊まったスーパーホテルのお話をば……
黄色い看板でお馴染みのチェーン店であるが、今まで利用した事がなかった。

幾つかお宿もあった三原だが、古そうで今いちパッとしない。
そこで、従来のイメージを払拭、「キレイ 快適 朝食よし」と、
昨今、注目を浴びてる“ビジホ”にトライしてみることに。
しかも三原のスーパーホテルは、できたばっかでとっても新しかったのだ(^^ゞ




e0112226_21010522.jpg




基本スペースがシングル用なので、ツインになるとご覧のようなロフトベッドに。
これには友人が大喜び!登ってはしゃぐはしゃぐ!(子どもか〜いっ!!(笑)
下段のセミダブルに比べると小さいけど、男性でも全然大丈夫です。
(夜中のトイレだけ気をつけること(笑)

狭いっちゃあ〜狭い部屋は、しかしコンパクトにまとまってて、加湿器があったのも◎
女性はフェイスパックなどアメニティが5つも選べるし、枕もチョイスできる。
布団もフカフカで気持よく寝れました♪




e0112226_21143575.jpg




何より1番の決め手となったのは「温泉」がついていたことっ!!!

女湯のみ、入室にキー番号が必要なので、1人でも安心ですヨ。





e0112226_21210808.jpg




カランは4つで、湯船も家族風呂並みの大きさだが、
幸い貸切だったので足を伸ばしてブハ〜♪♪コレ、とっても大事(笑)
部屋の風呂じゃあ〜ムリだかんね。

今日はホントに寒くて凍えたから、
全身のびのび湯に浸かって、温まって生き返ったキモチ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

脱衣所にはロッカーもドライヤーもあるよv




e0112226_21293118.jpg



風呂写真ばっかで撮るの忘れちゃったわい!な朝食も、
和洋揃って、十分満足のいくものであった。

朝から「名物たこカレー」食べたし。カレーだよ?カレー!しかもタコ!(笑)
こだわってるというお味噌汁が確かに美味くて、2杯飲んじゃった。
→ 前夜飲み過ぎたから…( ̄o ̄)

で、結論を言いますと…
スーパーホテルって全然ありっ!!!! ビジホって全然ありっ!!!! と思った。

制服着たスタッフも感じよかったし、
最近のビジホって評判通り、快適に過ごせるんだね。
他の人気のあるビジホってどんなだろう?って興味まで沸いてきちゃった。
温泉という釣り餌があったけど、よい経験になりました(^^ゞ






[PR]
# by giova21 | 2018-04-25 23:05 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21