e0112226_14085692.jpg
韓国 2 - 0 ドイツ



伊国へとちょっと旅に出ておりました
向こうでTV見る時間もなく、帰ってきてから、
夢虚しくヒーローたちが散っていったNEWSに驚いている次第でございます。
それでもこの試合結果は、現地でリアルに知りました。

いかにもカルチョ好きそうなイタリアオヤヂたちが、
何やら韓国よくやった!などと騒いでいたので、どうしたの?と聞いてみると、
韓国がドイツに勝ち、結果、なんとドイツは決勝Tに進む事なく予選敗退になったとか。
しかも零封負け!

ひえええ〜〜〜!!!! それって両方共マヂっすか?!
いやぁあ〜〜〜ビックリしました。。。。

W杯に行けなかったイタリアにドイツがチャチャ入れて舌戦繰り広げてた事は知っていたが、
ドイツ敗退に異様に喜んでるイタリア人を見て、オモロイなぁあ〜〜と(笑)
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

例えばこれが立場イタリア=日本、ドイツ=韓国だったら、
アタシは全力で韓国を応援する。多分。いや、絶対!!
もちろん、いろ〜〜んな要素があっての、ドイツ敗れてイタリア嬉し…だけど、
陸続きの欧州蹴球事情って、複雑でオモシロイと思いました。




e0112226_14360306.jpg
フランス 4 - 3 アルゼンチン


アイスランド戦ではアイスランド応援したけど、
アルゼンチンなら問題なく決勝Tに進めるだろうと思ったから。
ところがクロアチアに0-3で負けて、あわや予選敗退の危機に。

首の皮1枚で決勝Tに進み、これから軌道修正していくだろうと思ったその前に
快足10番を従えた新生フランス〜レ・ブルーが立ちはだかった。

ダイジェスト版を見た限り、イイ試合だったと思う。
1つのミス、1つの運、1つの不運。
ほんのちょっとアルゼンチンにツキがなかったか。
クラブで数々の栄誉を手にしてきたメッシだが、W杯ではとことん運がない。

でも…両チームの10番の明暗は、19歳と31歳。歳の差だけではないと思う。
だからアタシは期待してしまう。もう一度W杯でメッシを見たいと。
チーム@メッシではなく、チーム@アルゼンチンとして。
ルミコほど狂信的じゃないけど、好きなんです、彼。




e0112226_15202008.jpg
ウルグアイ 2 - 1 ポルトガル



メッシと同じく、5つ獲ったバロンドールより、
ただ1つ、W杯の黄金のトロフィーを渇望していた男。CR7。

強敵ドイツが敗れてシメシメと思ったチームは多いはずだが、
ウルグアイは一筋縄ではいかない強敵で、アタシの好きなカバーニやスアレスもいる。
リアルに見てたらどっち応援しようか迷ったに違いない。
あ、別にクリロナが好きなワケじゃない。
ユーロは制覇したけどW杯はまだ無冠だから。ポルトガルが。

勝利したウルグアイはしかし、カバーニが負傷し次戦を欠場。
大事な相方を失ったスアレスはピッチで孤立。不完全燃焼でフランスに敗れる(>_<)
あぁああ〜〜勝負って、ホントうまくいかないもンである。




e0112226_15350092.jpg
スペイン 1 (PK3-4) 1 ロシア



そして…スペイン…もとい、ロシアである。

開幕戦を5-0で勝ったのも驚きだったけど、
失礼ながら、今現在、ベスト8に残っている!ってのがもっと驚き!!!
しかもPKながらスペインに勝ったんだよね。

前記事で、日本がコロンビアを破ったのが、
FIFAランキング61位が16位を食った、その差45の下克上と書いた。
しかししかしっ!! ロシアは出場国最下位!の65位で、6位のスペインに勝ったのだから、
その差、59の大・大・大下克上である。

ランキングが全てじゃ決してないけど、イングランドやポーランドじゃなく
スペインが「ロシア」に負けたって、ある意味衝撃(またまた失礼)

神戸に来てくれるイニエスタをもっともっと見たかったのにヒジョ〜に残念デス。
これで代表引退しちゃうんだよね。。。。エ〜〜ン(TOT)//




e0112226_20293000.jpg
ブラジル 1 - 2 ベルギー


目の前でライバルたちが次々と落ちていく中、とうとうカナリア軍団まで歌を忘れてしまう。
でもコレは、納得できる…かな。
正真正銘、ベルギー強いもん!ウソっこネイマール、倒れすぎ!文句言い過ぎ!
我が国ニッポンの10番をちょっとは見習えっ!!

スゴイね〜〜〜今大会はホントに。
どこがどぅ抜け出すのか全くもって見当がつかない。
ちなみに準決勝前に、ブラジル、ドイツ、アルゼンチンの三カ国が姿を消す…って
W杯始まってから、初めての事なんだと。

そして、こんなデータもあるそうだ。
1930年の第1回大会以来、5大会ごとに初優勝チームが生まれており、
今大会は、まさにその「五周期」にあたっているのだ!!

現時点で優勝経験がない国は、ロシア、ベルギー、クロアチア、スウェーデンの4ヶ国。
うち今夜の試合で2チームが消え、
事実上の決勝戦とも言われるフランスvsベルギーでどっちがが消える。
ひえええ〜〜〜!!! いつものように常勝常連国がいない今大会。
終盤にきてますます楽しい〜!!! 目が離せない〜〜!!!




[PR]
# by giova21 | 2018-07-07 21:07 | お気に入り | Comments(0)
e0112226_20003091.jpg


コロンビア 1 - 2 日本

勝ったね〜!!!
かかかか勝ったっ!!!
これはミラクル大金星ぃい〜!!!

サカ友のコ〜フンLINEが続いて、しばらく寝れなかった日本戦。
アテクシはこぅ〜思いました。

「勝っちゃった」と。。。

開始早々の一発レッドはワケわかんないくらい唐突で、祈るような香川のPKが決まり、
コロンビアは1人少ないのに、そんな感じ全然せぇへんのはナゼ?って思ってたら、
ガンバの遠藤顔負けのFKで同点になり、イヤぁあ〜な気分になってると、
ハンパない大迫がついにゴールをこじ開けた(//∇//)




e0112226_20002569.jpg



後半28分。本来ならむっちゃイイ時間帯での勝ち越しだが、
全然安心できなかった。むしろ不安が広がったほど。
だってね、悲劇的な前科がありすぎて。

アディショナルタイムが「5分」もあると知った時には、声にならない悲鳴を上げ、
その5分、ボールより、1つづつ減っていく数字をずっと目で追っていた。
だから勝利の瞬間、拳骨グ〜な勝った〜〜〜!!!!という雄叫びより、肩の力がやっと抜けて
「ふええ〜〜コロンビアに勝っちゃったよ?!」な虚脱状態になってしまったのだ。




e0112226_21141781.jpg



試合前のアンケートでは80%以上の日本人が「日本は負ける」としていた。
アテクシも、骨は拾ってやる!応援もする!けど、万が一にも勝つ事はないと思ってた。
だから翌朝になって改めて事のスゴさがジワジワ沸いてきた。

いろんなラッキーが重なったとはいえ、
アジア勢がW杯で南米に初勝利!!!
しかも前大会、1- 4と、ケチョられたコロンビアに見事リベンジを果たした。
FIFAランキングでいうと、出場国32ヶ国中、下から3番目の61位が16位を食ったのだ。
その差45は、現時点で今大会最大の下克上である(๑•̀ㅂ•́)و✧

日本国民、マスコミetc……手の平返しの大絶賛に大喜び!!
期待されて負けるのと(前大会)、期待されずに勝つのって、笑っちゃうくらい違う。
黒か白か。勝負の世界って、ホント単純で冷徹。

MOMの大迫も、柴崎、乾、原口、昌子も、みんなよく走った!守った!攻めた!
その金髪、ぶっちゃけ似合わないけど(笑)
長友スーパーサイヤ人になってから、実はニッポン、負け知らず。
試合後インタビューが最悪感じ悪かった本田に代わって(今後一切出場しなくてイイからっ!!!!)
金髪親分として、みんなを率いて欲しい。




e0112226_22075021.jpg



今だ初戦で勝ち点3をゲットしたなんて信じられない!
そして、完全に大喜びもできない。まだ予選だから。次こそまぢ大事だから。

結果が全ての予選。この勝利を是が非でも活かなきゃ意味ない。
これは千載一遇のチャンスだ。どんな形でも決勝Tに進まなきゃ。
そして、11-11のガチンコ勝負で勝ったら、今度はチカラ一杯、拳骨グ〜するだろう。

対するは、イケメンもひれ伏す絵になる監督が率いるテランガのライオン、セネガル。
相手にとって不足ナッシング!さぁ〜来いっ!!!




[PR]
# by giova21 | 2018-06-21 23:16 | お気に入り | Comments(0)
e0112226_15585197.jpg



アルゼンチン 1 - 1 アイスランド

EURO2016で初出場ながらベスト8まで行き、
本国のみならず世界中にバイキング旋風を知らしめたアイスランド。
今大会では強豪ひしめく欧州予選をグループ1位で通過してW杯も初出場!
もちのろんで、アテクシ、アイスランドを応援しましたっ!!!

大男たちに囲まれて本来の働きができず、
国の威信を小さな身体に託されてるメッシはある意味可哀相だったけど、
いつも脚光浴びてる人だからこの際我慢してもらいましょう。




e0112226_16060151.jpg



いやぁ〜〜バイキングクラップ、健在だったね〜!!!
TVからでさえ、どぅんどぅんって感じるコレ、プチプチ鳥肌たつくらい好き!!

人口約33万人。もちろん、W杯出場国最少。
大津市とほぼ同じというから、いかに小さな「国」かわかるというもの。
それが初出場の初戦、あのアルゼンチン相手に分けたんだから、
善戦というより、勝ったに等しいドローだったんじゃないだろうか。

そんなチームを遠く離れた本国で応援したTV視聴率、なんと99.6%!
きゅきゅきゅ、99.6%ですよ?ア〜タ。驚異的というか天文学的な数字。
国中の機能がストップ、アイスランドはゴーストタウンになっていたに違いない。
それもムリない、本当に白熱した試合だった〜〜(//∇//)




e0112226_16341456.jpg



ドイツ 0 - 1 メキシコ

それを言うなら、この試合もスゴかった〜〜〜!!!!!
応援してたメキシコの、堅守速攻のなんと鮮やかだったことか。

一瞬の間隙を縫って喉もと一閃。
ノイアーは大好きな選手だけど、リプレイを何度見ても、
先取点のあのカウンターは、むっちゃくちゃカッコよかった!!!



e0112226_16495166.jpg



アイスランドが驚異の視聴率だったとすれば、
メキシコ本土ではゴールや勝利の瞬間、飛び跳ね熱狂した国民が「人口地震」を引き起こした。
人口地震って〜(≧▽≦)// そんなんあるん?って笑っちゃったが、
数値化されるほど「国が揺れた」ワケです。これもスゴ〜〜っ!!!

ちなみに…スポーツ観戦などによる人工地震は時に「M2クラスの規模になる」そうだ。
*M2 → 大半の人が揺れに気が付くレベル 

90年イタリア大会から7大会続初戦を落とした事がないドイツの連勝記録を止めただけでなく、
実に33年ぶりにドイツに勝利したメキシコ。
メキシコは決して劣るチームじゃないけど、ドイツが負けるとは一体誰が想像しただろう。
だから……大いに揺れて揺れて、揺れまくってイイ。うん。

とにかくアイスランドもメキシコも、ビッグネーム相手に魂がこもった試合を見せてくれた。
ブラジルにスペイン、ポルトガルもドローだったし、GLからこんなに波乱?!が続いて大丈夫?
ってか、アタシが見て応援したチームが全部良い結果出してる所がウレシイ。
今までその反対だったので、もしかして今回は持ってるかも?!(//∇//)
この調子で、ニッポンもがんばれ〜〜!!!!




[PR]
# by giova21 | 2018-06-18 23:38 | お気に入り | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21