e0112226_20204580.jpg



夕食が早ければ屋外温泉も21時クローズと早かった〜〜〜(笑)
寄り道せず来てよかったわ(^^ゞ
ってことで、身体にどうなん?と思いながらも、夕食後すぐトプン♪♪

突出した個性はないけど、ヌルッとしており、とても素直な泉質とみた。
温泉エリアはそれほど広くなく、台湾の温泉地に必ずといっていいほどある、
パイプ式な巨大打たせ湯が5つもあった。

水量が強力すぎて背中が真っ赤になりそうだが、
それがまたイタ気持よい…という魔性のシロモノである(笑)
あと、寝転びブクブクもあります。

いつまでも入ってられそうな絶妙な温度だったので、
これで晴れてて、星空見ながら寝転び湯ができたらサイコ〜♪だっただろうな。




e0112226_20245765.jpg



奥には大きなプールがある。
水風呂代わりに往復がんばって泳いでみたが、寒かった〜(バカ)

周囲には十分すぎるほどのパラソルとイスが用意されおり、脱水機や給水器もある。
あと、ビールの自販機があればカンペキ!って感じ(ないんだ〜〜(TOT)

屋外用に設けられたトイレや更衣室もなかなかキレイなので、
フラリと日帰り利用しても気持よく使えると思いますよ。




e0112226_20390370.jpg



夕食を食べた泊まりと思われる客は他に2組だけだったのに、
後からどんどん人が増えてきたのは、きっとこの人たちだったのだろう。

広大な敷地内に、たっくさんのテントが張られていて、
サークルっぽい団体から家族連れまで大いに賑わっていたからだ。

寒いんじゃね?って思ったけど、これっくらいの気温の方が、
火を楽しむにはちょうどいいのかもしれない。暑い台湾では。




e0112226_20461802.jpg



そうそう、2人くらいでちょうどよいミニ露天風呂が6つほどある。

夜はともかく、天気がよければ気持よさそうで、
入る度にお湯を入れ替えてくれるそうだ。




e0112226_20592018.jpg



後で述べるが、数年前、この周辺は、地形が変わるほど大規模な水害に見舞われた。
源泉にも少なからず影響があり、一時、温泉が枯れたと言われたことも。
そんな事もあって若干心配してたんだけど、アタシが感じた限り、全然大丈夫!だと思った。

とにかく湯量が豊富!
部屋付き露天風呂は結構大きいんだが、
バリ風頭像の口から噴流のようにほとばしり、アッちゅう間に湯がたまる。
で、熱くて入れないので水で冷ましてる…の図(↑)

外風呂もいいけど、部屋付き風呂って、やっぱすご〜く贅沢(//∇//)
特にココは完全に外だし、夜入っても朝入っても気持よい。
お酒も飲めるし…(^^ゞ




e0112226_21104109.jpg



これがその証拠……(爆)

いや…いっときますけど、
フルーツビアってアルコールたったの3%!
ジュースです、ジュース。だから、酔いもしません。多分(笑)

実はビールが足りなくて、例の駐車場オジサンに聞いてみたら
厨房から(!!)ハイネケンを出してくれたんだけど、
50元もしたので(とはいえ¥200くらい。台湾ビアはなかった)
お宿に入る前に「多めに」仕込んでくることを「強く」薦めます(冷蔵庫はある)

温泉地に向かう途中「荖濃渓」という川を渡る直前にある「六龜」という小さな町に
セブンやミニスーパー併設のファミマがある。
ここで買い逃すと、後の道中でゲットすることはまず不可能。
くれぐれもご注意ください!!








[PR]
# by giova21 | 2018-02-01 23:50 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)
e0112226_13084516.jpg



お宿がいろいろあり、屋外温泉の充実度で決めるか、全体的な雰囲気で決めるか大いに悩む。
で、わりとキレイ系な部類に入る天闊温泉SPA会館に泊まることにした。

車道にいたオッちゃんが、電話はしたのか?泊まるのか?みたいな事を聞いてきて、
いやいや、予約してあるから〜と、中に入っていくと、
駐車場係かと思った彼が実はフロント担当だった…という、
施設は今風でキレイなのに、のどか〜〜なホテルであった(^^ゞ





e0112226_13110851.jpg



大抵のお宿は主線道沿いに並んでるんだけど、
ここはそこからちっくら高台に上がった所にある。

そのため、豊かな緑に囲まれ、小鳥もチュンチュク♪♪
コテージもあって、立地的にも夏に来ると涼しくてよいんだろうな〜と思う。




e0112226_13285044.jpg




めったに来れない所だし、ちょっと贅沢して1番良い部屋にしてみたv
なのに、その鍵、全てのキーがゴッチャになった引き出しから探し出してた(笑)

ま、それはともかく、最上階の部屋風呂付き〜〜(//∇//)
いちお「バリ風」になってるみたい。

周囲にコンビニはおろか飲食店が皆無なので朝晩2食付きなんだけど、
それで2人合計約¥15,000なら決して高くないでしょ?
北投温泉ならこの倍はすると思うし、ローカルプライスの恩恵を享受しなきゃ(๑•̀ㅂ•́)و✧

で、18時半までに食べて!って言われたので、早速晩ご飯。
ひと風呂浴びてから〜と考えてたので、は、早〜〜〜っ!!! って思ったけど、
道中、アンパンしか食べてないからウエルカムです。




e0112226_13105514.jpg



ラップがけの皿が既にテーブルに並んでたのにはア然としたが、まだ温かかったから許そう。
なによりこの料理、すこぶる美味しかったのだv

特産の梅で炒めたむっさやわらかく甘酸っぱい鶏肉。
豚肉を甘辛生姜味で煮込んだもの。
冬瓜?とスペアリブのあっさりスープ。
山がちな所らしく、肉厚の椎茸と白菜のニンニク炒めと、なんかの山野菜の塩炒め。
あと、すり身団子の五菜一湯。

酸味、塩味、甘み、生姜にニンニク…と、味付けのバランスが取れてて、
たいへん美味しくいただいた。量もちょうどよかった。
あと、道中買いそびれたレンブ💖がデザートだったのも三重丸!!

正直余り期待してなかったので、
9番打者が右中間を破る逆転ツーベースを放った!ってところだろうか☺️

で、カワイイ器だな〜と何気にひっくり返して見ると、あの!大同だったという、
オサレなのか手抜き(ラップがけの事)なのかよくわからんわ〜(笑)




e0112226_13110137.jpg



ちなみに朝食は、いたってノーマルで、むしろもぅ1菜欲しい…って感じ。
期待値上がったり下がったり、いろいろ楽しませてくれました(^^ゞ

あっ、バター&ジャムなトーストも用意されてたよ。







[PR]
# by giova21 | 2018-01-31 23:30 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)
e0112226_21401785.jpg




前回と同じ、英語ができて親切なTedがいる和運租車で車を借りて出発だ。

大阪とは10℃近く気温が違うのに、暑い〜!!とか、温か〜い!!とはあまり感じない。
10℃も…じゃなく、10℃しか違わないってことか?

台湾の人は震えてると思うけど、
アタシたちは、もぅ〜ダウンは不要デス(^^ゞ
e0112226_21401746.jpg




天気が悪いのは知ってたけど、どうか着くまで雨が降りませんように。。。。

このでっかい幹線道に入るまで「ちょっと」道を間違えて焦っちまった。
車はトヨタだし、風景まんま日本と同じに見えるから、
なんとなく日本で左ハンドル車を運転してる気分になって、つい気が緩んでしまうのだ。

イカンイカン!慣れるまでおとなしく右車線走ってよ〜〜っと。


e0112226_21401758.jpg



1度乗ってしまえば超ラクチンな高架道を小一時間ほど走って下に降り、
小さな集落を抜けて走り続ける。

運河の町?と、一瞬スピードを落としたのは、
日本統治時代に作られた灌漑用水路「獅子頭水圳」

天気がよければこんなにキレイで、子どもたちの水遊び場所になったり、
自転車王国台湾らしく、サイクリングコースとしても整備され人気があるそうだ。

自分的備忘録として記しておくと、ここから近い「美濃」や「旗山」は、
高雄からの日帰りにピッタリの風情ある所だという。
おぉお〜これはイイ事知ったぞ!機会があれば是非行ってみたいと思う。






e0112226_21401760.jpg



行程としては、高雄(空港)から山側内陸部に向かって北上していくんだが、
山に入っていく度、どんどん霧が〜〜😱
読み方わかんないけど、意味はわかる漢字って便利(違!!)
ライトも点けて「減速慢行」しよう(笑)

この辺り〜茂林区は、豊かな自然と原住民文化が色濃く残る国家風景区に指定されており、
特に世界中で2ヶ所しかないという、越冬型の蝶の谷(紫蝶幽谷)として有名である。
だかほら、街灯が「蝶」になってるでしょ?!こ〜ゆ〜のわかりやすくて好き!!

アタシは全くといってイイほど「蝶」に興味ないけど(笑)
色とりどりの蝶が、映画のように何百万羽も空を渡るなら(by妄想)ちょっと見てみたい(^^ゞ
毎年イベントもあるみたいよ。

他にも原住民のスレート板の家屋や、キッチュなペイントの吊り橋もあり見所が多い。
先の美濃もだけど、新しい所に行くと、行きたい場所が新たに増えてウレシイ悲鳴だわ。

e0112226_21401744.jpg



さらに車は進む。
ご覧のように道は広く快適だわ、交通量も少ないわ…で、とても走りやすい。
渓流沿いを走ってるので、天気がよければ絶景なんだけどな。。

茂林からもそっと北に行った六亀区のこの辺りは、
凹凸が激しい山の姿が特徴的で、十八羅漢山風景区になっている。
記事にあるような「ミニ桂林」ってのは「?!」だが(笑)
それでも、なかなかなの光景が広がっていた。

シュピッ!!って通り過ぎて後悔した、道の駅っぽい施設もあったよ。




e0112226_21401722.jpg



一寸先は白!!な、今宵の目的地、不老温泉区に着いたよ〜♪♪

サクサク走れば空港から約1時間半。
ちょうど関空から有馬温泉に行くような感じと思ってもらえばイイかと思う。

お宿も山荘、民宿、ホテルといろいろ揃っており、
それゆえ高雄市民にも人気の温泉地であるが、
公共バスを乗り継いで行くとヒジョ〜に大変なので、レンタカーを借りたというワケなのデス(^^ゞ






[PR]
# by giova21 | 2018-01-29 23:10 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21