人気ブログランキング |
e0112226_15251195.jpg



最終日。帰りの飛行機まで探索しますよ〜♪

沖縄って結構広い。ちょっとナメてた(^^ゞ
ホントは北部のヤンバルまで行ってみたかったんだけど、
時間が足りないので、真ん中まで。うるまの島へ行ってみることにした。




e0112226_15272610.jpg



橋でつながっていて(海中道路)車で回れるのがイイね〜♪

天気もよく眺めもグ〜♪
橋の途中にある展望台に思わず降り立ったら、
頭上ではパラグライダー、海ではウインドサーフィンしてる人がいて、
まだまだ遠い季節なのに、ココは既に夏の香りがしてました(笑)

また途中には、道の駅ならぬ海の駅あやはし館もあるよ〜(๑•̀ㅂ•́)و✧




e0112226_15370025.jpg



まず行ってみたのは浜比嘉島の小さな食堂

平屋な民家がゆったりと建ち、小さな漁船に網が乾されている、
絵に描いたような漁村の風景の中にポツネンとあるような店だが、
名産の“もずく”料理が人気だと聞いて来てみたのだ♪




e0112226_15585371.jpg



もずくのコロッケと天ぷらを食べてみたけど、これがまぁ〜ウマかった!!!!
シャムシャムした歯触りと歯ごたえが花丸三重丸で、
手作り感いっぱいのコロッケはお芋がゴロゴロ入ってるし、天ぷらはムチムチだ。

沖縄の“もずく”はアテクシ的に柔らか(すぎて)、
三杯酢で食べるシャコシャコの三国産のが一等賞!!と思っていたが、
熱を通すと美味しくなるのは沖縄産だな、間違いなく。




e0112226_15413206.jpg



でね、このシチュエーションも美味しさに拍車をかけてくれる。

あとビールが飲めたらサイコ〜のサイコ〜なんだけどなぁ〜〜(by悲しきドライバー)




e0112226_20352898.jpg



島内には“もずくあります”なんて看板がたくさんあったが、
2軒回って、どこも誰もいなかった。

それも、ズカズカ入っていけるくらい開けっぱなし(笑)
こんなのどかな島には、不法侵入者なんていないんだろうね。うん。




e0112226_20390494.jpg



あとタコ飯も名物だったので、テイクアウト。
このお店〜サザンホープ浜比嘉の母体は宮城県の厨房機器製造メーカー。

奇しくもあの東日本大震災から10日後に完成し、
南の国から“希望”を失わないで欲しいという願いを込め「サザンホープ」と命名したそうだ。

オーダーしてから握ってくれたのだろう。
まだ温かいタコ飯おにぎりは、車内でペロッと食べてしまったくらい美味しかったのである。





# by giova21 | 2019-03-25 23:18 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_14023927.jpg



ココで2日目の食べログ(^^ゞ

実りなきホエールウォッチングで(!!) 3人共ゲロゲロ完全ダウンしたはずなのに、
船降りたとたんケロリん子!お腹減ったね〜発言に、
こっちがビックリするわ〜(≧▽≦)//
ということで港近くにあった味のある食堂へ。




e0112226_14381490.jpg



見た事もないメニューが並んでるなかで、迷いに迷って選んだのがウツボの煮付け。

以前、高知で“ウツボ丼”を食べた事があるが、
切り身が薄く、ウツボの存在が今イチだった。
ところがど〜よ、この厚み、ボリューム!! どないに巨大なウツボやね〜ん!!!

あのビジュアルから想像できない上品な身も十分美味だけど、
切り身の1/3はあろ〜かという皮!
これがもぉ〜〜コラーゲンのきゃたまり!で、トロットロッ(//∇//)ウマ~!!

正真正銘、間違いなく“ウツボ喰ったど〜!” って気分にさせてくれます。




e0112226_14592128.jpg




こちらは友人がオーダーしたアバサー汁。
あっさり淡泊でこれもウマシ!!

アバサーって言われるとピンってこないけど“ハリセンボン”と知ってビックリ!!
引き揚げると口をパクパクさせる様子から、
「おしゃべりな女=アバサー(琉球のことば)」と呼ばれるようになったとか。

沖縄料理を大阪で食べる事はあっても、
ラフテーにテビチ、チャンプルにモズクの天ぷらとか定番のものばかり。
アバサーもだけど、チヌマンニーバイなど、呪文のようなメニュー名が全然わかんなくて、
在住者と一緒でつくづくよかったと思ったわい。




e0112226_15114106.jpg



夜は、友人の店の近くの人気店に連れていってもらう。

これも1度食べてみたかったのよね〜♪な、沖罠の天ぷら。
サックリ厚めの衣はほのかに甘く、アメリカンドックのソレのよう。
沖縄ではオヤツとして好まれるのもよくわかる。
もちろんビールにも合う。コレ好き〜〜(//∇//)

他にもいろいろ美味しかったデス。子供とはしゃいで写真がないだけで…( ̄o ̄)




e0112226_19075796.jpg



友人の店、そして夜ご飯を食べた店がある龍潭通りから、
首里城の夜景がキレイに見える(写りはヒジョ〜にマズイが…)

結局行かなかった(行けなかった)首里城は、次回のお約束にとっておこう。





# by giova21 | 2019-03-21 23:24 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_14161434.jpg



既にいろんな所に行ってる友人もまだ行った事ない…ということで、
クジラクルーズの後にやってきたガンガラーの谷

もぅ〜アプローチからドキドキさせてくれマス(//∇//)
なんですの?この洞窟、このカフェ♪
つくりもの?セット?ノンノン、まぢホンモノです。

ここで受付をし(要予約)簡単な説明を受けて、ガイドさんと一緒に出発だ。




e0112226_14265966.jpg
ちょっとわかりにくいけど、人と比べて植物のデカイこと!


むんむんと茂る緑。
むんむんと香る緑。
むんむんと生きる緑。

電柱のように太く高い竹や、それこそトトロの傘のように巨大な葉っぱなど、
亜熱帯の中で育まれたグリーンパワーは圧倒的かつ巨大で、物怖じしそうなほど。
谷でも森でもなく、まるでそう…ジェラシックパークな太古のジャングルみたい。

清々しいまでの“気”も充ち満ちており、
普段、パワースポットと言われる場所に行っても超鈍感なアタシでさえ、
身も心も浄化される感じがしてとっても気持がよい。




e0112226_14382370.jpg



こんなに立派でも、まだ“若い”ガジュマルの樹。

ガジュマルの特徴〜枝や幹から伸びた根(気根)が何本も地面に伸びている。
その生命力はコンクリートを突き破るほど強く、やがて幹といえるほど太く成長する。
そこからまた新たな気根が生まれ、長い年月をかけまた幹となり、
この写真で言うと、左の方に重心が移動していくことになる。
キジムナーが住む精霊の木、ガジュマルが「歩く木」と呼ばれる所以である。




e0112226_15041824.jpg



そもそもこのガンガラーの谷とは、巨大な鍾乳洞の天井が崩落してできたもの。
お隣にある“おきなわワールド”にも玉泉洞という立派な鍾乳洞があるので、
この一帯が、そ〜ゆ〜地質なんだろう。

ガンガラーという名も、オババがその昔、この穴はなんだろか?と石を投げ込んだら、
ガンガラガラガラ〜と音をたてことから名付けられたンだって。




e0112226_20014010.jpg



ツアーの中の見所の1つ「イキガ洞」へは、灯りを持ちながら入る。
これが電気じゃなく、ちゃんと火を点ける灯油ランプなのがイイ。

天井に形成された無数の鍾乳石は、よくよく見ると男根型のモノが多く、
1番奥には、ンまぁ〜何て立派な!!と感心するくらい“ソノモノ”な巨大鍾乳石がある。
これを拝み触って子宝を願ったのですね〜うんうん。
現在、立ち入り禁止だけど、女性器と乳房に似た石を祀る「イグナ洞」もある。

琉球の方言でイキガは男性、イグナは女性を現し、
言うまでもなく、どちらも神聖な御願所(ウガンジュ)である。




e0112226_20173068.jpg



行程の終盤で、大トリの如く出現した樹齢150年超というガジュマル。

逆光で上手く撮れず、雰囲気が伝わらないのが残念なんだけど
(このページの写真がスバラシイ。ついでにイキガ洞も(笑)
短いトンネルを抜けてこの巨木が目に入った時は、思わず息を飲んだほど。

それは例えば、システィーナ礼拝堂に初めて入った時と同じような感覚なんだが、
ココには、金も銀も、大画家の名画もない。
ただ1本、巨木が立っているだけ。
それなのに、頭を垂れ、拝みそうになるほど荘厳に見えた。

まさに大主(ウフシュ)という名にふさわしい姿でありました。




e0112226_20324936.jpg



これは昔の墓…というか石の家の跡。
この奥に寝台を設け、風葬にしていたのだ。

大主のガジュマルのそばで眠りたかったのか、このような終の棲家が幾つか残っているのだが、
ひと昔前までは、人骨の入ったカメも多く見つかったそうだ(現在は別の場所に移されている)




e0112226_21002142.jpg



自然や景観を損ねぬように作られたツリーハウスから臨む風景は、
今まで目にしてきたモノとは信じられないほど違って、のどかそのもの。
なんか急に現実に引き戻されたみたい。

白いフワフワ、あれってススキ?と、季節的にあり得ないアホウな事も言ってたが、
実はサトウキビの花なんだって。

ザワワ ザワワ ザワワ 広いサトウキビ畑は
ザワワ ザワワ ザワワ 風が通り抜けるだけ

幼い頃に知って聞いて意味もよくわかってなかったけど、大好きだったな。
次回は、是が非でも大海原なサトウキビ畑に行きたいものである。




e0112226_21181674.jpg



ネイチャーな部分だけじゃなく、貴重な遺跡の発掘も進んでいるガンガラーの谷では、
写真左、ライトが当たってる部分で、ほぼ完全な旧石器時代の人骨が発見された。

1年を通じて気温が安定している洞窟で生活していたと見られ、
現代においては、風雨の影響が少ない洞内は、良質な化石の宝庫になっており、
今も貴重な発見が相次いでいるそうだ。




e0112226_21302163.jpg



約1時間半のツアーは、ガイドさんの話もタメになったし見所も刺激もいっぱいで、
すごく楽しかったし、とても神聖な気持ちにもなった。

雰囲気や風習、気候に自然。
本土(って言っていいのかな?)とは全く違うことも、驚きであり新鮮であった。
沖縄若葉マークが言うのもなんだけど、ぜひ是非〜!!ってくらいオススメしたい所でした♪

*ツアーは頻繁に出てるけど、団体客が入る事も多いので予約は要確認デス。






# by giova21 | 2019-03-18 23:16 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21