e0112226_10494535.jpg



昨年は作家さんの工房巡りなんてなかったと思うけど、
今年は、友人が敬愛する赤絵の福島武山先生のお宅訪問ができると知り、
またまた朝から能美に来てしまった。

ぶっちゃけ、これで3日連続能美通い。
リタイア後はマジ能美市に住んだらいいと思う(笑) あ、友人の事ね。

それはさておき、閑静な住宅街の中に佇む先生の工房は、
伝統工芸士の風格漂う、それは立派なお宅だったのである(๑˃̵ᴗ˂̵)و




e0112226_11115465.jpg




車回しがある豪邸という意味ではなく、普通の民家なんだけど、
先生の作品に通じる品というか凜とした雰囲気が漂ってるの。

でも…
相撲部屋か〜いっ!! ってくらい巨大な表札には度肝を抜かれました(笑)
いやはや、コレはスゴイわ(//∇//)




e0112226_11155106.jpg



決して大きくないが、よく手入れされた庭にさりげなく置かれた水盤。

なるほど。料理を盛るんじゃなく、こうゆう使い方も全然アリっ!!ですね。
どっちも「暖色」だが、新緑と赤が映えてとっても涼やか。

そして…こ〜ゆ〜事いうととてつもなくお下品だが、
この皿、50万はくだらないはず。多分。ハイ。




e0112226_11211081.jpg



うわ〜ここで作品を描いてるんですね!!

時計メーカーが集まったスイスのどこぞの町で、
採光のために工房の建物が全て南向きに並んでいた事を思いだした。

やっぱりね、お天道様の光が最強、最高なんです。作品づくりには。




e0112226_21412307.jpg



隣は先生のお嬢さま、礼子さんの仕事場。

クスクス…赤絵ゴジラ描いてるよ♪♪
リンク先のは父、武山先生作だけど、礼子さんの赤絵もとても繊細でキレイ♪♪

他にもネイルアートに赤絵を施すなど、
女性らしい感性で注目を浴びている作家として活躍されています。




e0112226_21472483.jpg



ホントのホントにスゴイ先生なんだけど、物腰がたいへん柔らかく、
それでいてiPadも使いこなす好々爺…という表現がピッタリの武山先生。
作品の締切が迫る中でも、足を運んだ熱心なファンのために丁寧に応対。

こんな試作品を作ったんだよ…と、わざわざ出して見せてくれました。

先生曰く「エルメス=フランス」なので「ワイン=ブドウ」のモティーフ(左上)
を描いてみたけど、残念ながら却下されっっちゃったんだって。

また「地」となるセーヴル焼きが、九谷焼と違い非常にツルツル滑らかだったので
描くのにとっても苦労したそうだ。




e0112226_22450824.jpg



室内には先生の作品がそこここに置かれ、飾られ、さながら福島武山美術館。

アタシでさえ眼福に預かったのだから、
ファンの人はたまらなかったんじゃないでしょうか。

→ エエはい。友人、舞い上がっておりました(笑)



e0112226_10082551.jpg



しかししかしですね〜。この友人の母も負けてない。

趣味として始めた染色が、美術館デビウを果たす快挙っ!!
この写真じゃわかりにくいが、ポスターにも看板にもガンガン名前出てますv
能美からUターンして、こちらも観にいきます。もてぃろん。

会場となる「金津 創作の森」は、何度か訪れてるが、
緑溢れるとてもキレイなアートスペースだと再認識するほどステキな場所。

福井(三国)に遊びに来たら、東尋坊だけじゃなく
ガラス吹きや作陶なども体験できるので、是非行ってみて〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و




e0112226_10123490.jpg



というワケでGWは、連休というより「陶器合宿」になっちゃった(^^ゞ

写真は日本六古窯(このサイトはよく出来てる!!)の1つ越前焼
風合いで勝負!な越前焼もかなり好きっ♪♪

そうそう、六古窯ってみんな西日本なんだよね。
備前だけちゃんと行ってないからいつか行ってみようv




[PR]
# by giova21 | 2018-05-22 22:48 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_13155255.jpg



昨年は車で行ってシャトルバスで会場まで行った九谷茶碗祭り
工業団地内に設けられた駐車場はだたっ広く、バスは激混み!
すんごく時間がかかり、また面倒でもあった。
で、今回は電車で素晴らしくキレイな能美根上駅まで出てシャトルバスに乗る事にした。

車が使えなかったってのもあったんだけど、
列車と連結したバスはガラガラでストレスフリー(๑˃̵ᴗ˂̵)و 
かなりよい移動手段だと思った。

ま、たくさん買ってしまうと荷物が大変だけど、
帰りは芦原温泉駅で拾ってもらったから楽させてもらいましたv




e0112226_13311259.jpg



その車内でぶら下がってた広告に爆笑!!!

うまいっ!!! でもソレ絶対いやぁ〜!!!と、膝を叩いた最優秀賞もだが、
「週間害虫」って週刊誌があるんや〜〜!!! と思わず2度見したくらい(笑)

実はそんな雑誌はなくダスキンの害虫駆除サービスにひっかけた広告だったんだけどね(^^ゞ




e0112226_13380068.jpg



さて…陶器市のハナシ。

2年前だったかは、強風で中止になったらしいが、今回は激寒っ〜!!!

昨日はフツ〜に5月らしい気候だったのに、ダウンが欲しいくらいの極寒!!!
祭りに合わせて屋台もたくさん出てるんだけど、幾つかあった「かき氷屋」なんて、
早々に見切りをつけて店閉めてたもん。
ほんまお気の毒…。ってか「氷」の文字見ただけで寒いから〜〜!!!( ̄o ̄)

だから震えながら店を回ったんだが、
2度目の陶器市で、はぢめて初日の午前中に来て思ったこと。
HPでも指南されてるけど、、、

いいものを狙うなら開催初日の朝一がベスト!

これは真言デス!!! (๑•̀ㅂ•́)و✧

「いいもの」が利けるほど目が肥えてるワケじゃないが、
作家さんたちが出してる少数精鋭派店は、ひと回りしてる間に確実に無くなりマス。
人気の高い九谷青窯など特にそれが言えるだろう。
その分、朝イチであっても長蛇の列。
ヤナ思い出があるからアタシは絶対行かないけどね。




e0112226_13452905.jpg



そんな中で今回ゲットしたブツ…のほんの一部
半分以上は友人のモノだけど(笑)

女性ならわかってくれると思うけど、
ついつい「釣られ買い」しちゃうのよね〜〜(^^ゞ
だからどっかでブレーキかけないとエライ事になるのだ。。。。

でもっ!!! 楽しかった!!!
古典的な九谷焼き以外にも「今様」な九谷もたくさんあるし、
そ〜ゆ〜のを偶然発見すると、お宝発掘みたいに思わずハナの穴が膨らむ(笑)
実際、若い人たちもたくさん来てたよv




e0112226_14074904.jpg



外国人はほぼほぼ見かけなかったが、こんな自販機まであったよ♪

古九谷の破片が¥2000という、
ココに来てる日本人ならまずしないんじゃないか?とは思ったが、
九谷らしい外装はナイスだと思う。

陶器市の後は、どっかにお目見えするのかもしれない。




e0112226_14104849.jpg



陶器市には出店せず、窯元でイベントをやってた上出長右衛門窯(写真)や
文吉窯にも今回、寄ってみました。

上出長右衛門は、現朝ドラ主題歌歌ってる人がひと目惚れ買いした事から、
人気急上昇!したらしいが、アタシは文吉窯の方が好きだな〜と、
ココでも買ってしまったがなっ!!!!!

ほんと、九谷焼とひと口で言っても、いろ〜〜んな作風があるんだと勉強になりましたv




e0112226_14353447.jpg



会場屋台は我慢して、遅い昼。
腹減った〜〜!!は、福井のソウルフードのひとつ、ソースカツ丼!!
行くなら元祖なヨーロッパ軒で決まりデス♪♪もちろん。

ソースが染みたご飯って…と、最初はちょっと懐疑的だった。
シュニッツェルか〜いっ!!って突っ込んだ薄いカツも然り。

が、甘めのソース、これが美味♪♪
ご飯が茶色くなっても気にならない不思議(笑)
そしてサっクサクのカツ。これも美味♪♪

2回食べて美味しかったらホンモノって思ってるアタシ。
人生2度目のソースカツ丼は、無事、その関門を通り抜け、
つまりはたいへん美味しく頂いたのであります。合掌(๑˃̵ᴗ˂̵)و




[PR]
# by giova21 | 2018-05-19 23:47 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_19543454.jpg



信楽陶器市の後は、今年「も」九谷焼にまみれる。。。。

正直、デコラな九谷焼はあまり好きじゃない。
むしろシンプルな信楽焼の方が好き。

友人のお付き合い半分だけど、
その分新たな気付きや発見もあり、これでも結構楽しんでいる(^^ゞ

まず1日目。
気鋭の若手赤絵作家山本秀平氏の工房にお邪魔した時に頂いたチケットで、九谷資料館へ。

この3月にリニューアルしたとかで、館内、とても見やすくキレイに展示されてましたv
初めて入ったけど、九谷焼とは何ぞや?!って所から知るには最適な施設だと思うv




e0112226_21360434.jpg



この日の夜は、陶器市の前夜祭として行われる絵付け体験があった。
本命の赤絵が取れずアテクシは去年も体験した「色絵」にみんなで挑戦デス。

「色絵」の場合、ご覧のように下絵を予め焼いてくれており、そこに顔料を塗っていくンだが、
今年の絵柄はとっても可愛くてテンションあがる〜〜♪♪
これでもアテクシ、いちお経験者!!
去年の間違いは犯すまい(そら酷いデキだったのだ…)と、勢いこんで筆を取る。

パキッとした九谷らしい色を出すためには、水彩のように色を塗るのはNG。
顔料をたっぷり「盛りながら置いていく」いくのがコツである。エッヘン

と、エラソ〜に言ってみたけど、やっぱ何回やっても難しい。
そして、この絵柄なら制限時間内によゆ〜でできる(かも)って思ったけど
やっぱ全然時間足りませんでした。。。。。

出来上がりは6月中旬くらい。
楽しみでもあり恐ろしくもあるわ〜〜




e0112226_21562448.jpg



赤絵細密画の第一人者、福島武山先生が担当する「赤絵」は今年も大人気!!
1度やってみたいとは思うけど、見てると色絵の100万倍は大変そう!!
だいだいその線、1ミリもないのだ。

競争率の高い赤絵の席をゲットしたというのに、始まって早々音を上げた男性が、
色絵なお連れサマと交代してたくらい(笑)

もちろん、色絵を担当してくださった福田良則先生も高名な伝統工芸士。
そんなお二方が、素人相手に時間を割いてくれるこの体験教室は、ホント貴重だと思う。

多分、来年も行かされる…と思うので(笑)
その時こそ、会場にもなっているとってもキレイな施設〜さらいに泊まりたいもんだわ。

この日は朝から山菜狩りした上に、体験終わって三国に帰ったのが22時過ぎ。
翌日は6時起きで陶器市だ。
なんかGWとは思えないほどハードなんですけど。。。。( ̄o ̄)




[PR]
# by giova21 | 2018-05-17 23:14 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21