<   2018年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0112226_11374747.jpg



いつも母と半分こして使う青春きっぷ。
ところが腰をいわしてしまい「今回はやめとくわ〜」と真っさらのソレが返ってきた。

有効期限まで2週間ちょっと。うぅうむ。困った!!!
で、思いついたのだ。2人で「泊まれば」往復4枚ハケるではないか…と!(笑)
そこで、イマイチ不便で行きそびれてた憧れの「西条」へ行くことにした。

なんせ西条行くには、青春きっぷで約5時間もかかるのだ( ̄o ̄)

大阪 8:00〜 09:03 姫路 09:11〜09:30 相生
相生 09:32〜10:38 岡山 10:49〜12:17 糸崎 12:18〜 13:05 西条

と、こんな感じでお昼にやっと着きましたよ〜




e0112226_11534533.jpg



以前、青春で広島へ行った時のこと。

途中、車窓からニョキニョキ生えた煉瓦煙突の群れを見て、
なになにココ〜?!となったのが西条との出会いだ。

以来、いつか行ってみたかったのである(//∇//)




e0112226_14401901.jpg




ほらほら、見てみて〜〜〜〜!!!!

仕込みの湯気が立ち上る様は、まるで鉄輪の湯けむりもかくや!という眺め (写真:wikiより)

だから是非1度来てみたかったのよね〜(//∇//)




e0112226_11452514.jpg



日帰りでも行けるけど、そぅなるとほら、ゆっくり「呑め」ないでしょ?

そう…(安芸)西条は、灘、伏見と並ぶ、日本三大銘醸地と言われるているのだっ!!!!

西条には計8つの酒造会社があり、駅前すぐから続く「酒蔵通り」には、
そのうち5社9蔵がズラリと建ち並んでいる。


e0112226_12104455.jpg


数でいうと灘も伏見も負けてないが、
この5社9蔵、回るだけなら30分!ってほど、それぞれご近所さん。
これほど多くの蔵が密集してるのは全国的に見ても希だとか。

だから次々と利けるンですよ〜♪♪という酒呑みはもちろんのこと、
歩いていても目に楽しい、実にフォトジェニックな風景が広がっている。




e0112226_12282633.jpg



全国には有名な酒処が数多くあるけど、西条が日本三大銘醸地の1つとされているのは、
良水に恵まれていたものの、発酵力が弱い軟水だったので酒づくりには不向きだったのだが、
三浦仙三郎が考案した酒醸造法により、軟水でも高品質な日本酒を醸造することに成功。
一躍、東広島に銘酒あり!と、その名を全国に轟かせることになったから。
また、この技術を無償で広く公開、後の吟醸酒誕生に多大な影響を与えた氏の功績も見逃せない。
その三浦仙三郎は「吟醸酒の父」といわれおり、銅像まであるんだからスゴイ!!!

他の2人はというと……

木村静彦
後に日本で初めて大吟醸を作った賀茂鶴酒造株式会社の設立者。
就航したばかりの海外航路で海外へ日本酒を広め、パリ万博では名誉賞を受賞。
「酒王 賀茂鶴」といわれた同社の繁栄を築くと共に、西条酒の名を高めた。

橋爪 陽
国の醸造技師として醸造試験場に赴任。
他県への異動を断り、生涯を広島県酒の技術の継承・開発、杜氏の育成・養成に尽力した。




e0112226_15023652.jpg



こぅしていろいろ知ると、良質な素材、技術、知恵、努力に人力…
その他いろ〜んなモノが揃って初めて良酒ができるんだと…と改めて思わされる。
ちなみに東広島市には、日本で唯一の酒類に関する国の研究機関 酒類総合研究所がある。

関西人としては灘と伏見を贔屓にしたいところだが、広島の酒も元々嫌いではない。
でも、西条の事は煙突以外(爆 )ほとんど知らなかったので勉強になりましたわい(^^ゞ






[PR]
by giova21 | 2018-04-14 23:55 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_09584690.jpg



オトナ6人、子ども1人とメンツが揃い(?!) みんなの希望も合致。
念願の舞洲ゴミ工場見学に参加してきたv

舞洲工場は外から見るだけ…だったのでこらぁ〜ウレシイ♪♪

しかも偶然、年に1度、予約ナシで入れる「オープンDAY」の日だったので、
いろんなイベントや特別見学もできたというオマケ付き♪




e0112226_10093289.jpg




はい!さっそくお出迎え…な、エレベーター回り。

どこにでもある無機質なエレベーターが、化粧ひとつでこんだけ楽しくなる。
入口からフンデルトヴァッサーの魔法が始まっている。




e0112226_10124862.jpg




自然界にないもの〜直線を好まないフンデルトヴァッサーの姿勢は徹底してる。

まっすぐなはずの廊下も、平らなはずの壁も、
クネクネ、まるまる、デコボコ…とリズムを刻み、
なんかちょっと平衡感覚が失われてしまいそう。




e0112226_10131000.jpg




窓の外を見やれば、エレキング模様(古っ!!) なシンボルタワーがすぐそこに。





e0112226_10221203.jpg




緑が茂る季節だともっと美しいだろう庭園も見えるよ♪

あとで寄ってみよう!





e0112226_10244138.jpg



ちゃんと工場見学もしますよ。

オープンDAYということで、通常ない操作室などにも入らせてくれた。
スラッジセンターと違い、大小大量のゴミ処理をしなければならないので、
施設や機器が、とにかくビッグサイズ!

ここから見てると小さく見えるが(!?)
ワシづかみしてる爪は1本、高さ約95×幅約360cm、約450kgある。
おおよそだが、畳2畳をタテに並べたくらいあるワケだ。

それがガッシとゴミを掴んでウィ〜〜ンと動いていく様は超特大のクレーンゲーム。子どもじゃなくても見てて楽しい♪♪

そう…この日は子連れな家族で大賑わいだったのデス(^^ゞ




e0112226_10421101.jpg



ここゴミ工場もスラッジセンターも、フンデルトヴァッサーの手がけたモノって、
思わず見て見て〜!!!とはしゃぎたくなるようなこだわりがいっぱいあるんだが、
ココでは、雲型に切られた計器板に「見て見て警報」が発令された(笑)

むっさ、カワイイ〜やん!! 楽しいや〜ん!!
まるでウルトラ基地?!

いっそのこと、制服?!も明るいビタミンカラーにすればいいのに!




e0112226_10504428.jpg



でもこの日、この人は特別にハジけてました(笑)
子どもたちに配られてたバルーンアートな風船を、身体中にくくりつけた“変な職員”さん。
何を隠そう、舞洲工場の“工場長” その人デス(//∇//)

自分でやったんちゃうで〜!やられたんや!と言いながらも、
「絶妙なしゃべくり付き」で案内してくれたノリの良さは、座布団8枚っ!!デス。




e0112226_22100610.jpg





この日はンとぉ〜〜に天気が良くて、金箔玉ねぎ坊やがまぶしいほど。





e0112226_22270180.jpg




気候条件が揃えば、遠く淡路島や明石海峡大橋も見えるンだって♪♪




e0112226_22411264.jpg



アンケートに答えると、こんな記念品ももらえマス♪♪
数種類あった缶バッジはどれにしようか真剣に悩んだほど(//∇//)

パッカー車(ゴミ収集車)の運転席に座ったり、ミニゲームがあったり、
家族連れが多かったのも納得!のオープンDAY。
何より予約なしのフリーで入れる…ってのウレシイ。

もちろん、恐ろしく大量のゴミがどんな風に処理されるのか、見て、知ることも大事!
ゆっくり写真撮るヒマはなかったけど、これは毎年誰か連れていってもイイな(^^ゞ




e0112226_09552850.jpg



〈オマケ〉
行きたかったイタリアンが臨休で、代わりに紹介された天満の一富士で打ち上げ。
串はどれもこれもウマウマで(特に海鮮系は絶品!)みんな飢餓状態だったので、
食欲の赴くまま食べ続けてたら、お会計がエライ事になってて、一気に酔いが覚めたという…(笑)

念のために言うと、決して高い店ではない。
食べ呑み放題のごとく、延々と食い散らかしたから…です、はい(^^ゞ






[PR]
by giova21 | 2018-04-11 23:57 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_11444690.jpg




台湾記をひっぱってしまったので、いろいろ溜まってしまった(^^ゞ
サクサク備忘録つけていこう。。。

某日、時々買い物に行く平群(へぐり)の道の駅のイチゴパフェが評判だと聞き、
友人たちと食べに行ってみる。

とちおとめで知られる栃木県はイチゴ生産量日本一を誇るが、
あすかルビーを代表とする奈良県も、密かにベスト20に入っている。

最近はあすかルビーよりハイブランドな古都華が人気を博しており、
その古都華をこれでもか〜〜〜!!!と乗っけたのがコレ!
イチゴパフェ……もとい、古都華パフェである。

ってか、なんでみんなボ〜ダ〜な〜ん?!
お互いのカッコ見た途端、爆笑してしまったわ(≧▽≦)//




e0112226_11460826.jpg



“パフェ”なんて食べるの何十年ぶりだろう?!
そんなアタシでさえ身震いするほどステキビジュアル♪♪
“香り”もすごくて、胃袋テンションあがりますマス(//∇//)
だいたいイチゴが嫌いな人っていないんじゃないかな?!

こ〜ゆ〜事書くと身も蓋もないが、お手頃現地価格になってるココ道の駅でさえ
古都華は1パック¥500以上する。
それがこんだけのっかってて¥850だなんて、そら並ぶでしょ?1時間待ちでしょ?




e0112226_12580509.jpg



そう…平日だから…と、ちょっと安心して行ったら軽く1時間待ちだったという。。。。
これが週末ともなると、開店前から並び午前中に売り切れる事もあるとか。

ひょっとしたらホイップ?! と、クリームは若干安価な味だったが、
下にひいてある手作り感満載のプチプチ古都華ジャムもすご〜く美味であった。
とにかく…食べれてヨカッタ!!!!! オイシカッタ〜!!!!!

もぅ1回食べに行こう!って思ってたら終わってしまって残念だったが、
これは来年の宿題にとっておこう。




e0112226_13055736.jpg



去年の今頃も、県外の友人連れてまんま同じコース辿ったような気もするけど……

久保本家でにごり酒の“どぶ”を買い
(彼女たちは梅田店の常連で、いつも“どぶ”を2合呑んでいる(笑)、

宇陀路大宇陀みなみやましろ村 と、道の駅を巡り、

月ヶ瀬で梅を見ながら、松月堂の“きみごろも”を食べ、




e0112226_13182413.jpg




ず〜〜っと以前に来たことあって、でもあんまし…だったので
近くを通ってもあえて行かなかったやぶっちゃの湯が、
こんな所じゃなかったよね?!と、実は“はぢめて”来る所だと知り、
しかも泉質がとぉ〜〜ってもよかったことに軽くショックを受ける。

特に、温度低いけどいつまでも浸かってられる掛け流しの源泉は◎!!
これから忘れず寄る事にしますっ!!

しかし、場所的に絶対この近辺で、“あんましだった湯”は一体どこにいったのだろう?!(笑)




e0112226_13251700.jpg




遠く大阪の北からお越しになった天理ラーメン好きの友人のために、〆は彩華の屋台へ。

3月中旬、まだまだ肌寒い夜に食べるソレは、染み入るウマサだったのでありますv






[PR]
by giova21 | 2018-04-06 23:42 | ウマイもんの話 | Comments(0)
e0112226_12342677.jpg




危うく書き忘れるところだった台南のステキ民宿を紹介して、旅行記を〆たいとおもふ。

昔ながらの窓格子が美しい窓際2階が、アタシたちがとったお部屋。

忘れ物を取りにいった友人を下で待つアタシ。
プッと部屋の明かりがついて、あら、やっぱイイ感じ💖




e0112226_12403919.jpg




玄関?! 入るといきなりの土禁で、慌ててシューズを脱ごうと手をついたら、

意表をつく“そろばん”オブジェに、カワエエ〜〜と、テンション、まず上がる(笑)




e0112226_12434959.jpg



ホテルで言うところのロビーは、宿泊客のくつろぎの場。

昔の建物だからか、天井がとても高く、
ひと間は決して広くはないンだが、それを感じさせない。

年代ものの古いテレビやアンティークなソファなど、
新旧取り混ぜたセンスのよいインテリアが、居心地のよい空間を生みだし、
初顔のビジターも温かく迎えてくれマス。




e0112226_12493110.jpg




HPに載ってる写真と実物が違ってア然とした事も多く経験してきたけど( ̄o ̄)
まんま同じで小躍りすることもある。

今回は正直者の後者で、わ〜い♪♪ やっぱステキな部屋!!
散らかる前に(笑)写真撮っておこう。




e0112226_12502923.jpg




オサレな椅子に座って通りを見下ろすと、

ほらもぅ、台南の風が吹いてくる。




e0112226_13031482.jpg




この部屋、夜になると雰囲気グ〜〜っとアップ。

オレンジ色の街灯が見事な影絵を作り出し、
見てるだけで心安らぎ、まぶたも重くなってくる。
まるで音のない子守唄。

そう…部屋の電気なんていらないね。




e0112226_21443267.jpg




古いだけじゃない、部屋の中にはこんなアクセントもv




e0112226_21433272.jpg




こちらはアンティークな皿と、アートな作品が飾ってある。

花模様がすりガラス越しにぼんやり映り込んで、
それに気付く度、ステキなプレゼントをもらったみたいに笑みがこぼれるのだ。




e0112226_21471840.jpg




水回りはしっかりリノベーションしてあり、とってもキレイ。

ただ1つ、1つだけ苦言を延べるなら、
シャワーの出が良くなかった…(^^ゞ
後はホントに何も言うことナッシング。




e0112226_21542466.jpg



京都の町屋のように奥が広く、ちょっとした中庭もあった。
あっちにこっちにと部屋が散っている構造もオモシロイ。

現代に作られた建物なら、こんな雰囲気、絶対醸し出せない。
それでいて、快適に寝泊まりできる術を兼ね備えている。

今回はぢめて利用した(古民家)民宿は、
台南の下町に溶け込むようにステイでき、ホントよい経験になった(๑˃̵ᴗ˂̵)و
これからも選択肢の1つとして利用してみたいと思った。

湧福驛站 台南市中西區大福街36巷5號
台南駅から約2キロ。これはTAXで行っちゃいましょう。
夜が断然キレイな神農街、朝食がてら散策できる水仙宮市場、
フォトジェニックな新義街に近く、赤嵌楼、林百貨店、武聖夜市も十分徒歩圏内。
大通りに出ればジモティで賑わう店にも事欠きません。




e0112226_22213314.jpg



またまた長くなっちゃったが、これにて旅行記は終わり。
お付き合いありがとうございましたv

台北は台北でいい所がたくさんあるし、行ったら行ったで楽しむんだろうが、
のんびりした佇まいや、古き良き時代の香りが残る台南はやっぱ好き〜っ♪
台南に限らず、ビル街や若者が集うオサレなカフェや雑貨店とか
台湾に求めてないんだな〜アタシって…と、改めて思うのであった(^^ゞ

高雄から小一時間で来れる南の楽園。また来るよ〜♪♪




e0112226_22325154.jpg


〈オマケ〉
復路の搭乗手続きの際、半ば強引に座替わって〜!と言われ、不安に思いつつ席に着くと、
他席よりスペースが広く、エア慣れした人なら喜んで座るという「非常口席」だった。

ピーチで言うところのスマートシートは、実際購入すると¥1280もする高級席(笑)
差額は不要!なんて言われた時は意味わかんなかったけど、これは素直にラッキー。
たとえ2時間ちょっとのフライトでも…だ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

とはいえ、非常口席に座る条件として、非常時にはCAを手伝う、指示に従うなど
国土交通省が定めた責務を果たさなければならず、
これらを実施できる人間が選ばれるそうだ。ひえええ〜〜〜!!!!!

中には「非常口の開閉をし、緊急脱出の援助をする」ってのもあり、
そんな大それた事できそうにないアタシは、
せいぜい台湾か韓国便〜2〜3時間のフライトで済む時にしか、
非常口席に座らなくてもよいと思ったのであります(^^ゞ





[PR]
by giova21 | 2018-04-03 23:14 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21