<   2018年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

e0112226_20263220.jpg



前半戦の感動シーンは、文句なしにジャンプの伊藤&高梨だったが、
それを上回る物語が生まれるなんて!!!!

最後の直線、行け行け〜〜小平〜っ!!! と、思わず叫んじゃったけど、
その後に起こった美しくも感動的なワンシーンは、きっとこの先何年も語り継がれることだろう。

サッカー女子日本代表の宮間あやもそうだった。
自分が勝っても、同じ熱量と覚悟で試合に臨んだ相手をまず讃えた。
礼と義を兼ね備えてこそ真の勝者なのだと、彼女たちは教えてくれる。

日本女子スピードスケート史上初の金メダル。
低地コースでのオリンピックレコード。
日本選手団女性主将初の金メダル。
これらはもちろん素晴らしい偉業であり記録だけど、
好敵手である友に寄り添った人としての小平奈緒を、アタシは覚えておきたい。




e0112226_20262162.jpg



2人の絆ストーリーが明るみに出る度、
きっと日本国民の、いや韓国人も、10人に8人はこぅ思ったはず。
なぜ、浅田真央とキムヨナの間には、ケミストリーが生まれなかったのだろうと。

注目度が高いフィギュアだったからかもしれないが、
国情を越え、日韓間がこんなにも温かい気持に包まれるスポーツの力を2人は魅せてくれた。
もう〜〜それだけで、ホントのホントに感謝したい。ありがとう!と言いたい。

凍った運河をリンク代わりに、幼少の頃からスケートで遊ぶというオランダは、
今大会、金8つを含む20個のメダル全て!を、スケート競技で獲得した。
そんな絶対王者の牙城を崩したのがイ・サンファであり、その背中を追ったのが小平だった。
言わばオランダの壁を、日韓、アジア人連盟が破ってみせたのだ。
それだけに、2人しかわかりえない涙もあったのかも…と思うと、また感慨深いのである。




e0112226_21503678.jpg



閉会式の時、フェアプレーと友好を世界に伝えた選手代表として招待された小平選手。
(当たり前だが)レースの時と一変、とってもカワイかった♪♪

何気に屋外極寒会場で、気合いのテラテラ上半身裸姿で注目を浴びたトンガ選手も同席(笑)
なんと彼、人生において雪上世界経験、12週間!
それでオリンピックに出る…ってか、出られるのもスゴイよな。









速くて強くて優しい。これだけでもミスパーフェクトな小平選手。
イ・サンファとの韓国語の他に、留学先で覚えたオランダ語もしゃべれる!という才女ぶり。
オランダ語って全く全然わかんないけど、聞いてるだけでも異次元言語!!!(笑)
オマケに標準オランダ語の他に、地方の方言も話せるらしい。

ほ、惚れてまうやろ〜〜〜(//∇//)

そして…これも忘れちゃいけない。
資金だけ援助。黒子に徹した相沢病院も立派です。
それもこれも小平選手の人柄におう所もあっただろうが、
そんな支えを糧に、五輪後、数々の取材や行事をこなしつつ、
日本滞在わずか2日で次のレース地に旅立っていった。

がんばれ!!!としか言えないけどガンバレ!!応援してます(๑•̀ㅂ•́)و✧




[PR]
by giova21 | 2018-02-28 22:45 | お気に入り | Comments(0)
e0112226_22045856.jpg



前回、獲って当たり前のように言われた金メダルを逃した上に、
無礼なマスコミの態度に、見てて胸が痛くなった高梨沙羅、当時17歳。
あれから4年。お化粧も覚えて見違えるようにかわいくなった。
反面、新手のライバルが台頭して、女王の座も安泰とは言えなくなった。
それでも…台に乗れたね!!! メダルを獲ったね!!! おめでとう!!!!

欲しかった色とは違ったかもしれないけど、胸を張っていい。
これでメダルの呪縛から解放されるといいなと、心底思う。




e0112226_22571083.jpg



ジャンプは人の手では抗えない「風」の影響をモロに受ける。
追い風なら不利。向かい風なら有利。
それを承知の競技とはいえ、気まぐれな風のひと吹きで、
4年間積み上げた努力や汗や涙が、文字通り吹き飛ばされるかと思うと、やりきれない。

今季、自身キャリアハイの成績で、高梨と共にメダルを狙えるほど好調だった伊藤有希選手に、
風の神はあまりにも非情だった。無情だった。
上位選手中、唯一彼女だけ、伊藤選手だけ、2本共、追い風だったのだ。
結果、まさかのソチより成績を落としてしまう。

ミスならともかく、最高のジャンプをしても風が行く手を阻む。
反対にライバルたちは有利な風で距離を伸ばす。
運不運のひと言で片付けられない。
これは4年に1度しかないオリンピックなのだ。
涙を流す事さえ忘れ、こんな不条理ってあり?!と、目の前全てのモノを呪うだろう。アタシなら。




e0112226_22253271.jpg



しかし、しかし、伊藤有希は偉かった。
メダルを決める会心のジャンプを跳んだ高梨沙羅に飛びつき、己の事のように祝福したのだ。
その瞬間、高梨の顔が崩れ、涙がこぼれ落ちた。
胸打たれるシーンだった。ホントに。。。

またまた無礼なマスコミが、写真撮影時に、
メダルを持つ高梨沙羅を、他の3人が指差すというアホウなポーズを要求したという。
イイ画を撮りたいカメラマンの職業上、仕方ないと言われようが、
そやつは38度線の橋の下に吊せばいいと思う(毎回こ〜ゆ〜事言ってるし!!!(笑)

も〜ね〜、競技の背景を知らなさすぎる。
他でもいえるけど、普段脚光を浴びない競技に全てを賭けている選手たちを
もっとリスペクトすべき!競技について、2センチでもいいから知っておくべき!

前回のソチ大会から「ようやく」オリンピック正式種目になった女子スキージャンプ。
晴れの舞台に立てなかった先輩たちが、コツコツと築き上げてきた道があるから、
今の自分たちがあることを、彼女たちは痛いほどわかっている。
その上で今回得た、日本女子スキージャンプ初!のオリンピックメダルの意味も。

高梨は「私ひとりで獲ったメダルじゃない」と、ポーズを(もちろん)拒否。
4人仲良く肩を組んで写真に納まった。
これもすこぶるエエ話(TOT)

自身の事より、当たり前のように周囲やチームメイトを尊び、感謝できる。
そんな伊藤有希や高梨沙羅を背中を見て、他の2人〜勢藤優花、岩渕香里も
器もでっかいジャンパーに育つことだろう。育って欲しい。
あぁ〜やっぱとことんエエ話。女子ジャンプチーム万歳!!!!

*前回の冬季五輪感想  1. 2.





[PR]
by giova21 | 2018-02-25 23:28 | お気に入り | Comments(0)
e0112226_19595269.jpg



いやぁあ〜〜平昌オリンピック終わりましたね〜〜〜(只今ロス中…)
ちょっと台南日記休んで恒例の観戦感想編をば。。。。

前回惜しくも銀だった平野。今度こそ〜〜〜!!って思って見てた。
ほんの数分で終わってしまう競技って、
上手な人が勝つんじゃなく「ミスしない人」が勝つんだと
この後続くいろ〜〜んな競技見て、つくづく思った。

選手生命を脅かすほどの大ケガを乗り越えて挑んだ2度目の五輪。
カミサマは同じようにケガを克服してやってきた好敵手に微笑んじゃったけど、
青い炎を燃やし続けながら、またこの舞台に戻ってきてくれると思う。
ってか、絶対戻ってきて〜!!んで、てっぺん獲って〜!!!

東京五輪で初採用される〈スケートボード〉に出るという噂もあるが、それはそれで楽しみ!
ショーン・ホワイトも出るなら、また名勝負が見られることだろう。




e0112226_20000562.jpg



熱すぎる松岡修造は嫌いじゃない。
が、19歳とは思えないほどクールで感情を露わにしないのに、超一流トリックで宙を跳ぶ。
スゴ腕の剣士みたいで好きなんです。平野選手。ぶっちゃけ羽生選手より全然カッコイイ!

そんな彼を表して
「くらもちふさこの作品に出てくる男の子のよう」と言った友人がいて、
なに〜その指摘!でも、わかるわかる、その感じ!!と、思わず膝を打った(笑)

いくえみ綾でも竹宮恵子でも萩尾望都でもない(どんどん古くなる…)
ズバリ! “くらもちふさこ”なのよ〜〜♪♪
うまく言えないが、ぶっきらぼうだけど、時折見せる笑顔にキュンとくる。まさに平野歩夢〜!!
歳を重ねていくと絶対イイ男になるよ!と、オバサン断言します(爆)

と思ったら、フィギュアだけどこんな記事も出てた。
“作画”って!!マンガに置き換え、これだけ盛り上がるのが日本らしい(笑)

羽生結弦 → 作画:天野喜孝 (山岸涼子説も)
宇野昌磨 → 作画:萩尾望都

これはかなりわかる。わかりやすい。

そして……

e0112226_20230910.jpg


織田クン〜〜〜〜〜(≧▽≦)//

優等生キャラが多いフィギュア陣の中で、
突出した三枚目役を堂々と張ってるアナタも大好きよ〜〜!!

*前回の冬季五輪感想  1. 2.



[PR]
by giova21 | 2018-02-24 23:07 | お気に入り | Comments(0)
e0112226_11554478.jpg



さぁて、台南市内に入りましたよ。
うえ〜〜バイク!バイクの群れ!これがコワイのよね。。。。

特に日本のような右左折専用の信号がないので、
おかまいなしに直線ダッシュしてくるバイクを交わすのは至難の技(>_<)
ってか、根性決めてハンドル切らないと永遠に曲がれない。

という試練を越えて(?!)やって来た今宵のお宿。




e0112226_12060383.jpg



古いの新しいの。家々が建ち並ぶ細い路地。
Googleマップで下見したけど、そうでなくても、一体どこ?ってくらいわかんない(笑)

ハイ、1番手前建物が、古民家をリノベーションした民宿〈湧福驛站 Chung Fu Inn〉デスv
台南イベントでもらった冊子の中で紹介されており、
あっステキ!こ〜ゆ〜とこ泊まってみたい!って即決したのだ。




e0112226_12261845.jpg



看板や標識もないので、一見フツ〜の民家。
よぉく見るとかかってた「民宿」標識で、やっとひと安心する有り様だ(笑)
その後、町歩きをしてて気付いたが、この手の民宿が結構あった。
どれも古い家屋を利用した“センスいい系”
見てくれ怪しくても(!!)この標識があればちゃんと認可された証拠なので、泊まるにも安心だ。

大きな街、台南では、鼻からホテルを考えていた。
お気に入りのKindness Hotelの台南支店 康橋商旅 赤崁樓館 もあるし。
立地もよくキレイ♪数々のサービスには(大いに) 心惹かれるけど、
民宿って選択肢もあるんだ〜!って目から鱗だった。

で、これがまたヨカッタのですぅう〜〜♪♪
そのハナシはまた後にするとして、
この日は台北から友人がやってくるので、ひとまずレンタカーを返して待機することに。




e0112226_15032542.jpg



前回の旅〜緑島に渡るフェリー乗場で、我々の前に並んでいたJ夫妻。
英語が話せる旦那さまを挟み、簡単な会話を交わした後、
夕食な店でも偶然出会い(なんせ島は狭い(笑)
まぁまぁまぁ〜と彼らの円卓に誘われ、ご馳走になった。

それが縁で旦那さまのとSNSと繋がったんだけど、
今回台湾に行くと何気なく伝えたところ、
じゃあ〜マイカーで台南まで行くから案内するよ♪ときた。

アテクシ、そらもぅ〜耳を(実際は文字)疑いました。
台北のどこから来るのかわかんないけど、台北〜台南間、実に300キロもある。
日本でいうと、大阪駅〜東広島駅、東京駅〜福島駅に匹敵するのだ(調べてみた(笑)

台北で会うならまだわかる。命の恩人だったら話は別。恋人だったら別の別(笑)
がぁ〜!旅先で一瞬出会った我々に会いに、はるばる来るなんて!!
ぶっちゃけあり得ないと思ったし、アタシだったらできない。うん。
しかも当初は、高雄まで来るって言ってたんだよ?!



e0112226_20450871.jpg



そうして夕方、はるばるお宿までやってきたJ氏。
感じの良い奥さんが来なかったのは残念だったが(仕事だったそうだ) 多分それ、正解(笑)

精力的なスポーツキャスターで、とてもそんな歳には見えないけど、
ハンサムな息子が2人いるJ氏は、御年60ちょっと。
300キロ3時間超のドライブなんて、アタシが彼のワイフだったら、絶対止めていたと思う。。

それでも疲れを見せるどころか、超ハイテンションで再会を喜んでくれ、
日本でのプレイ経験もある元野球選手の店で、海鮮をしこたまご馳走してくれた。

何度も来てる台湾だけど、記憶にある限り、こんな豪勢な食事したことありません。
カニもカラスミも、カラスミ入り炒飯も、みんなみんな激ウマかったデスぅ〜(TOT)//





e0112226_21511546.jpg



シーフードづくしの御礼にしてはちんけで申し訳ないけど、
お店が安平地区だったので、デザートに豆花をご馳走するよ♪
もちろん行き先は安平豆花 (๑˃̵ᴗ˂̵)و 久しぶりでウレシイなぁ〜〜

せめて1番高いモノを…とオーダーしたら、ミルク入り(香濃鮮奶豆花)だった……
悪くはないが…ウウム。牛乳はない方がいいな……( ̄o ̄)




e0112226_21001283.jpg



一緒に宿まで戻ると、魔法のようにビールやワインを取り出すJ氏。
いつのまに買ったの?もしかして持ってきたの?どんだけ〜〜!!と驚く間もなく、
民宿のオーナーや若者の泊まり客たちも混じって宴会がはじまった(笑)

若者たちと食べ物を交換したり、オーナーに台南の見所を教えてもらったり、、、
そっか〜ワイワイみんなと距離が近い。これが「民宿」の楽しみ方なんだな〜。
J氏がいたから…ってのもあるけど、とっても新鮮な体験だったし、彼にはホントに感謝である。

この日は満室だったので、オーナーに別のお宿に案内されたJ氏。
じゃあ〜明日は8時に集合ね♪♪(早く寝なきゃ……(笑)





[PR]
by giova21 | 2018-02-12 23:10 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)
e0112226_21225663.jpg



初めてレンタカー借りた時も、チョ〜便利!!と感心。
台湾では eTag管理で、料金所が一切ナッシングなので、
一般道なのか高速道かわからないまま走ってしまうンだが
ガラガラだったのはさておき、この快適ロードは高速道だったのかもしれない。

おかげで「解凍マンゴー」をつまみながら、ラクラク運転。
台南市内で車を返す前に、車じゃないと行きにくい所に寄ってみよう♪と、
車は西の海岸線へと向う。




e0112226_15042453.jpg




台南市の北、約50キロほどの海沿いにある「井仔腳瓦盤鹽田」
国家風景区にも指定されている、現存する台湾最古の塩田遺跡である。

1度は閉鎖になったものの、産業文化施設として活用しようと、
昔ながらの製法で作る塩づくりが復活したり、塩づくり体験などが行われている。




e0112226_15171010.jpg



うわ〜♪♪塩山がいっぱい!
思わず以前行ったことのある シチリアの塩田〜モツィア を思い出す。

基本、塩田の中には入れないが、一画だけ解放されていて、
塩で作られた“かまくら”や、カゴや鋤などの作業道具が置いてあるので、
なんちゃって“塩田人”な気分が味わえマス(笑)




e0112226_15492838.jpg



屋外で野ざらしになってる塩はかなり大粒!

もっと暖かい(暑い)季節なら、裸足で歩く事もできるが、
この大きさだと、きっとイタイだろうな〜(^^ゞ




e0112226_20310326.jpg



ここで作られた塩は市販されているので、
台南でこのトラックやロゴマーク見かけたら要注意デスよ♪

また、周囲の湿地やラグーンが渡り鳥の格好の生息地となっており、
120種を超える多種多様な鳥類が飛来する楽園にもなっている。

これら豊かな生態系を巡るエコツーリズムも行われているが、
この塩田が密かな人気スポットになっているのは、
なんといっても、ひたすらフォトジェニックなところだろう。




e0112226_20294561.jpg



鏡張りで有名なウユニ湖も塩原だけど、水中塩分が高いと透明度が高くなるのか、
こちらも空が水面に映り込んでたいへん美しい♪♪

更に美しいのが、夕暮れ。
遮るものないド・西の海沿いにあるため、沈む夕日はもちろんのこと、
真っ赤に染まる塩田をカメラに納めるべく、大勢の人が落日を狙ってやってくる。





e0112226_21081281.jpg




残念ながらそんな時間まで粘れなかったけど、それでも十分キレイだったよ♪♪

上から眺められる、ちょっとした展望台もあるんです(๑•̀ㅂ•́)و✧





e0112226_21182130.jpg



土産物屋も要チェック!

でました!“お約束”の塩ソフト!
最初の2〜3口は確かに塩味だったのに、だんだんフツ〜のソフトクリームに。。。
思うに、ソフトクリームに塩振っただけなんじゃ。。。。( ̄o ̄)





e0112226_21241503.jpg



と、ソフトは「…」だったけど、い〜っぱい塩土産があるショップの中で、これはオススメ!
1年分、366色に色づけされた塩ストラップ(のようなもの)
つまりは自分の誕生日塩があるンです。

友人に「案外ロマンチストなのね〜」って笑われながら(ほっとけ!!) 買っちゃったが、
正直、どこにつけンねん?ってなシロモノでもあるが(笑)、
壁面ズラリと並んだディスプレイが圧巻で、思わずテンションあがるの。これ。

ここまで来れなくても、台南観光の鉄板、安平に支店があるので、そこでもゲットできますよ♪

あとやっぱ基本の「塩」ね、塩(笑)
重いけどせっかくだもの、買っていこ〜っと。





e0112226_21573065.jpg



それほど多くないが、周囲には簡単な屋台や飲食店が数軒ある。

台南名物サバヒーの養殖地も近いことから、もっぱらメニューはサバヒー推しだけど、
“小腹”を満たすには十分だと思います。




e0112226_21473733.jpg



今回、車があるから…と、台南市周辺を調べてみたら、楽しげな所がたくさんあった。
特にこの塩田がある周辺〜西海岸は、行って見たい所満載!
これはウレシイ新発見だったv
台南市だけが台南じゃない!ってことを改めて知り、次なる目標がいっぱいできましたv

でも…これから向かうは台南市(笑)
今まで走ってきた町々の中でも、1番都会です。
運転大丈夫かな〜〜〜( ̄o ̄)





[PR]
by giova21 | 2018-02-10 23:18 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)
e0112226_20521335.jpg




甲仙を後に、片側2車線、大変快適な「南横公路」を走り、西へ向かう。

店も人家もまばらな中、宮殿か〜いっ!!!! ってくらい立派な建物が出現してビックリ!
この写真はあくまで正門の「一部」で、
背後の山腹に、まんまポタラ宮みたいな巨大な御殿が建っているのだ。

気になって調べてみたら、玉山宝光聖堂という宗教施設みたい。
いやはや、天理教な本部みたいだな(天理教な施設も結構スゴイのです)




e0112226_21043877.jpg



だんだん町に近づいてくると……
ほぅら、出てきたっ!! 名物オブジェ!!! (笑)

「果物の郷」ってあるから、多分竹カゴ?!に入った果物?だと思う。
このタイプは初めて見たわ。珍しいな〜♪う〜ん大発見(違!!)



e0112226_21351209.jpg



そうしてやって来ましたっ!! マンゴーの聖地、玉井いぃい〜っ!!!

規模としては、周囲2キロにも満たない小さな町である。
しかし、玉井といえばマンゴー♪マンゴーといえば玉井!
その名、日本でも知られた「芒果的故郷」なのだ。




e0112226_22033920.jpg



え?なに? ええ、ハイ。わかってます。今は完全なオフシーシーズン。
マンゴーのも字も望めない。

そんな満面の笑み浮かべられても、返って悲しくなるほど(TOT)
でも…、運良く道中通るなら、わざわざでも寄ってもバチは当たるまい(^^ゞ
いつかオンシーズンに来るとして、今回は下見だ下見!!ウン。

渡辺直美オススメの店もあったけど
これまたパーキングしやすい町外れの熱情小子芒果氷館に行ってみた。

有間冰舖 台南市玉井區中正路152號 08:00~22:00




e0112226_22152938.jpg



農会というのはJAみたいな所なんだろう。
そこが経営するこちらは、マンゴー色なオレンジが基調の、とってもキレイでオサレな店である。

各種マンゴースイーツはもちろん、ご飯セットなメニューもあり、
恐らく観光業務系の人たちが、台湾式ビジネスランチをしていた。
奥に広い別棟があるし、マンゴーシーズンには観光バスが大挙してやって来るのだろう。




e0112226_22274082.jpg



南国台湾といえど、氷を食べるような陽気ではない。
でもやっぱほれ、玉井に来たなら鉄板で食べとかなアカンやろ〜!!!!
見るも見事なマンゴーマウンテン!これで約550円ほどデス(//∇//)

ええ、ハイ。コレもわかってます。マンゴーは冷凍です。
カリカリちべたいから、ぶっちゃけ、あんまし味がわかんない( ̄o ̄)

オマケに、熱いモノは得意だが、ちべたいモノは不得手なアテクシ。
そのうちオツムキ〜ン!!になってきたので、そのほとんどをテイクアウト用にしてもらう。

お持ち帰り〜外帯文化が当たり前の台湾では、なんでも快く包んでくれるのでありがたい。
車ン中で、ちょうどいい具合に溶けたマンゴーは、
時々裏切りの酸っぱいのもあったけど、甘いのはすんごく甘くて美味しかったよ♪♪

やっぱいつかオンシーズンに来て、旬のマンゴーをむさぼり食べてみたいわ〜〜(笑)




e0112226_22374482.jpg



店内には、ドライマンゴーをはじめとする土産物もたくさんありマスv

農協監修なので、その品質間違いないと思われるが、
我々は若干安かった、はす向かいにある商店でドライマンゴーを買いました。
4袋買うと1つオマケしてくれたし、天下の玉井ブランドの事思うと、とても安かったですv
で、調子乗って2人で3回〜15袋も買ったという。。。。(そんなにどないすんね〜ん!!(笑)

*玉井へは台鉄台南駅から、バス(大台南緑線)で約1時間でも行けるよ♪




[PR]
by giova21 | 2018-02-08 23:21 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)
e0112226_21473824.jpg



多くのタロイモ店がある中で、駐車場があり停めやすかったコチラ〜甲仙小奇芋冰城を選ぶ。
この写真だけ見たら、まるで台北か高雄にありそうなくらい立派な店構え。
がんばって働いて、ビルを建てたんだろうな〜

途中、ひと息つくために発展した町らしく、
店内は2階まで続くイートインコーナーがあり、とても広くキレイだ。




e0112226_21530526.jpg



タロイモな土産物はもちろん、ちょっとした軽食も食べれるようになっている。

なんだかんだとさっき朝食を食べたばっかなので、
珍しいモノ優先?!でトライしてみよう♪♪

ほれほれ、左側、甲仙唯一 っててのが気になるじゃあ〜ないですか。




e0112226_21570244.jpg



結局これだけ「味見」してしまった(^^ゞ

甲仙唯一と書かれていた「肉燥芋粿」
表の屋台に、タロイモをブロック状に成型したモノが並んでたけど、
恐らくソレをこんがり焼いて豚肉と椎茸の入った餡をかけたもの。
外側カリカリ、中ネットリモッチリと、里芋に似ており、これはウマシ〜!!

この店が創始といわれ「甲仙にタロイモアイスあり!」とまでに名物になった芋頭冰淇淋。
ネト〜っと濃厚だが、上品な甘さで後味サッパリ。
イモ粒が残る食感もイイね♪♪

そして、粒々タピオカ入りのタロイモスムージー(芋香西米露)
これも濃厚イモ甘〜!!で、腹持ちがよさそう(笑)
ぬるくなると甘さが気になるかも。冷えてるうちにどうぞ♪

どれもタロイモ香やタロイモ感が凝縮されてるが、
ナチュラルに、シンプルに作ってあるから、なんというか、
食べてて罪悪感が全くない、すンごくヘルシ〜〜♪♪だと思う。

他に、フルーツのアイスキャンディー(水果冰棒)も美味しそうだったよ。




e0112226_22200840.jpg



おばちゃんがコネコネ包んでる、コレも気になる。

この地の名産のタロイモ〜檳榔心芋は、
肉質がやわらかく、きめ細やかで、デンプン質も高い。
料理はもちろん、菓子作りにも最適なんだそうだ。

ってことでもう一つ、名物がある。




e0112226_15085269.jpg



ざぁ〜ん!タロイモ饅頭〜芋泥餅デス。
食べ物なのに「泥」って!!! (笑)

饅頭というよりパイ地な皮に、タロイモ餡と黄身餡が入っています。
太陽餅に似てるけど、それよりずっと美味しい♪
こ〜ゆ〜菓子にありがちなノドに詰まる感は否めないけど、
これも甘さ控えめで、とても口馴染みがよい。

見ていると、ジモティのおばさんが入れ代わり立ち替わり、バラ買いしに来ていた。
周囲には似たようなタロイモ饅頭を出す店が数軒ある。
きっと各家庭で、◎◎のがいい、と、お気に入りがあるんじゃないかな。





e0112226_22401400.jpg


万人受けするお味だからか、お連れサマ、一箱買い。
→スーツケースの中で箱が潰れて泣いていた(そら、そンだけパンパンなら仕方ないだろう笑)

芋餡オンリーの「原味」と、黄身餡MIXの「綜合味」。
半分づつ詰めてくれない?と、手話でお願いしていたら、
原住民の血が濃そうなカワイイ店員さんが、簡易翻訳機を持ってきて、
アヤシイ翻訳にみんなでキャーキャー言いながら「会話」して楽しかったわ〜(≧▽≦)//

そ〜いえば昨晩のお宿、一見駐車場係風なあのオジサンだって(失礼!!)
スマホ翻訳機能を実にスマートに使いこなしてた。
それなりに使えて便利なんだから、Google翻訳、活用しなアカンな〜〜( ̄o ̄)







[PR]
by giova21 | 2018-02-05 23:43 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)
e0112226_14353676.jpg



天気がよいとドライブ気分が数百倍上がる!(but…好天はあまり続かなかった)
2日目、本日は、いろいろ寄り道しながら最終ゴール台南を目指す。

キレイに整備されており快適に走れるが、
クネクネ道で山を1つ、2つ抜けると、急に拓けた町が現れる。
台湾東部への交通の要所として発展してきた甲仙である。




e0112226_16010891.jpg



台湾中央部には3000m超の山脈が連なっており、東西を結ぶ道路がほとんどない。
甲仙に繋がる20号線は、台湾南部において唯一、東部へ抜ける道で、
駅弁や美味しい米の産地で知られる池上まで続く。

20号線の次に東西を結ぶ道となると、
ぐぅんと北上して、タロコと台中を結ぶ8号線までないのだから大変だ。
ま、この間に鎮座してるのが、台湾最高峰の玉山(3952m)だから仕方ないが( ̄o ̄)




e0112226_15584031.jpg



賑やかな甲仙の町。さて、この写真の中に幾つ「芋」という字があるでしょう?!

こたえ=たっくさん!!!(笑)

なぜなら甲仙は「芋之郷」と言われるほど芋(タロイモ)の名産地だからだ。




e0112226_16231445.jpg



サクッと見渡してみると、目に入るモノ、見事に芋だらけ!
口に刺さりそうだけど、ウマソウな巨大イモ天もあるよ♪♪

ラグビー型と言ってもいいだろう。中央の膨らみが見事なイモは、
その形が檳榔(ビンロウ)に似てることから「檳榔心芋」と言うそうだ。

そして極めつけはコレね! ↓↓↓




e0112226_16321603.jpg


どぉ〜〜ん!!!
台座に誇らしげに「芋之郷」と刻んであるのがわかるでしょうか(^^ゞ

台湾を走ってると、その地の名産物〜例えばマンゴーや釈迦頭などを、
このような巨大オブジェにして飾ってる事が多い。

遠くからでも一目瞭然でわかりやすいだけじゃなく、
アタシたちのような旅行者にとって、これほどフォトジェニックなアイコンは無いわ〜(//∇//)

んじゃ早速、名物のイモを食しに行きましょう(๑˃̵ᴗ˂̵)و










[PR]
by giova21 | 2018-02-03 23:45 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)
e0112226_14292857.jpg



もう少しお宿の事を紹介しよう。

早々にクローズされた温泉もプールも、夜には全て水が抜かれてて感心したけど、
9時前には湯がキチンと張られ(プールはまだった)
早速、朝から水着でトプンしてる人がいた(笑)




e0112226_14373625.jpg



明るい日の光の下で見ると、雰囲気、また全然違います。

とってもステキなリゾートホテルみたい(笑)
いや、実際、その一歩手前くらいはいってると思うよ(๑•̀ㅂ•́)و✧





e0112226_14161840.jpg



最上階の部屋だったので、下のプールも対岸の景色もよく見える。
朝、澄み切った空気と雄大な景色を前に、胸一杯、深呼吸したけど、
ほんの数年前、ここで台風による大災害〜八八水害があった。

台湾全土が被害を被り、特にココ山間部は、目の前の川〜荖濃渓が大氾濫!!
土石流や洪水によって幾つかの集落が壊滅、多くの人命が失われたそうだ(追悼記念碑もあった)

そう思って見ると、この景色、川というより、両脇が無残にえぐられたかのよう。
水害で地形が大きく変わったんじゃないかと思う。





e0112226_14564685.jpg



範囲が広すぎて復旧工事はまだまだみたいで、道が封鎖されており(2018.2現在)
もう少し先にある、1度は泊まろうかと思った宝来(寶來)温泉に行けなかったのは残念であった。
(川向こうの道を使えば行けます。バスも通ってます)

宝来温泉も着々と再建が進み、足湯が楽しめる温泉公園ができている。
どちらかというと不老温泉はマイナー系で、
ちょっとした店が並ぶ通りもある宝来温泉の方がメジャーな感じ?!
泉質にそれほど違いはないと思うが、封鎖道が開通すれば車で約20分ほど。
ここまで来たら両方攻めてみたいマニアの方は是非どうぞ!

また、宝来温泉から更に30分ほど北上すると、玉穂温泉という野渓温泉があるそうだ。
写真見るとかなりワイルドだけど、2018.2.撮影ってことは、入れる事は入れるのね。
最近この野渓温泉に興味津々のお連れサマ。
コレ知ったら、行こう〜!って言いそうでコワイわ〜〜(笑)





e0112226_21525529.jpg


周囲にはホント何もないんだが、唯一「こんな所になぜ?!」という大仏さまがおわします。

天気がよいといろいろこんなにキレイだったんだな〜と、
他のブログを見てちょっと口惜しく思いつつ、
小雨が降ってて、スルーしちゃったのを今、ちびっと後悔しております( ̄o ̄)





[PR]
by giova21 | 2018-02-02 23:12 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)
e0112226_20204580.jpg



夕食が早ければ屋外温泉も21時クローズと早かった〜〜〜(笑)
寄り道せず来てよかったわ(^^ゞ
ってことで、身体にどうなん?と思いながらも、夕食後すぐトプン♪♪

突出した個性はないけど、ヌルッとしており、とても素直な泉質とみた。
温泉エリアはそれほど広くなく、台湾の温泉地に必ずといっていいほどある、
パイプ式な巨大打たせ湯が5つもあった。

水量が強力すぎて背中が真っ赤になりそうだが、
それがまたイタ気持よい…という魔性のシロモノである(笑)
あと、寝転びブクブクもあります。

いつまでも入ってられそうな絶妙な温度だったので、
これで晴れてて、星空見ながら寝転び湯ができたらサイコ〜♪だっただろうな。




e0112226_20245765.jpg



奥には大きなプールがある。
水風呂代わりに往復がんばって泳いでみたが、寒かった〜(バカ)

周囲には十分すぎるほどのパラソルとイスが用意されおり、脱水機や給水器もある。
あと、ビールの自販機があればカンペキ!って感じ(ないんだ〜〜(TOT)

屋外用に設けられたトイレや更衣室もなかなかキレイなので、
フラリと日帰り利用しても気持よく使えると思いますよ。




e0112226_20390370.jpg



夕食を食べた泊まりと思われる客は他に2組だけだったのに、
後からどんどん人が増えてきたのは、きっとこの人たちだったのだろう。

広大な敷地内に、たっくさんのテントが張られていて、
サークルっぽい団体から家族連れまで大いに賑わっていたからだ。

寒いんじゃね?って思ったけど、これっくらいの気温の方が、
火を楽しむにはちょうどいいのかもしれない。暑い台湾では。




e0112226_20461802.jpg



そうそう、2人くらいでちょうどよいミニ露天風呂が6つほどある。

夜はともかく、天気がよければ気持よさそうで、
入る度にお湯を入れ替えてくれるそうだ。




e0112226_20592018.jpg



後で述べるが、数年前、この周辺は、地形が変わるほど大規模な水害に見舞われた。
源泉にも少なからず影響があり、一時、温泉が枯れたと言われたことも。
そんな事もあって若干心配してたんだけど、アタシが感じた限り、全然大丈夫!だと思った。

とにかく湯量が豊富!
部屋付き露天風呂は結構大きいんだが、
バリ風頭像の口から噴流のようにほとばしり、アッちゅう間に湯がたまる。
で、熱くて入れないので水で冷ましてる…の図(↑)

外風呂もいいけど、部屋付き風呂って、やっぱすご〜く贅沢(//∇//)
特にココは完全に外だし、夜入っても朝入っても気持よい。
お酒も飲めるし…(^^ゞ




e0112226_21104109.jpg



これがその証拠……(爆)

いや…いっときますけど、
フルーツビアってアルコールたったの3%!
ジュースです、ジュース。だから、酔いもしません。多分(笑)

実はビールが足りなくて、例の駐車場オジサンに聞いてみたら
厨房から(!!)ハイネケンを出してくれたんだけど、
50元もしたので(とはいえ¥200くらい。台湾ビアはなかった)
お宿に入る前に「多めに」仕込んでくることを「強く」薦めます(冷蔵庫はある)

温泉地に向かう途中「荖濃渓」という川を渡る直前にある「六龜」という小さな町に
セブンやミニスーパー併設のファミマがある。
ここで買い逃すと、後の道中でゲットすることはまず不可能。
くれぐれもご注意ください!!








[PR]
by giova21 | 2018-02-01 23:50 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21