<   2009年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「水都大阪」のお陰で川べりの設備が一新。特に中央公会堂近くのテラスには、デッキチェアセットも置いてあって、川面を眺めながら一休みするにはもってこいだ。期間中だけかもしれないが警備員さんも立ってるから、浮浪者のおっさんがいないのもイイ。

で、一計♪「ココでワイン飲んだらキモチよかろ〜♪」
で、やりました(笑)
簡単なサンドイッチを作って、保冷剤巻いた白ワインもってカンパ〜イ♪

e0112226_17373196.jpg

いやあ〜ホンマにキモチよかったわ〜♪外で飲み食いするとなんでこぅ美味しいんだろ?暑くもなく寒くもなくちょうどイイ気温で、ライトアップされた公会堂は、まるでノートルダム!ココってセーヌ?しゅるぶぶれ〜〜♪ってな感じでアル(笑) ←酔っ払い?

とっても気に入ったから、後日、もっと人呼んで催し企画したんだけど、天気が悪くて流れてしまった(TOT)/ 水都祭が終わるまでに是非とも、もう一度トライしたいものでアル。
[PR]
by giova21 | 2009-09-26 23:32 | ウマイもんの話 | Comments(2)
「遊歩計」のおかげで、急に身辺が「ヤマト」づいてる…と思ったら、世間もそうだったようで?!な、なんと実写版「宇宙戦艦ヤマト」が制作進行中!なんだとか。ほんまけ?!

「ヤッターマン」の成功に、これはいける!と踏んだかどうか知らないが、ヤマトでソレやる…ってかなり無謀のような気がする……しかもキャストを見て愕然!!まだ憶測の域だろうが、コチラによると

古代 進 … 木村拓哉
森 雪 … 池尻エリカ 改め 黒木メイサ
沖田艦長 … 西田敏行
香川照之(真田?)橋爪功(徳川機関長?)

ちょっとタ〜〜イム!まってくれ!キムタク=古代進は歳行き過ぎやろ〜!100歩譲って兄の守やろ。でもって沖田=西田もちょっと………(笑) ココは森繁久弥に…と思ったら、彼はもう90オーバーなのね…ムリっ(TOT)/

まぁ〜いろいろあるが(笑) 既にイメージができ上がってるものを実写化するって大変よね。あえてせんでもエエのに…とも思うが(笑) 正式発表を楽しみ?にしていたいと思う。

e0112226_17134565.jpg

はい、そしてコレが現在のあたしの航海図デス。専用サイトに登録して歩数を入力すると、こんなモノを作ってくれるのだが「現在地〜地球」…ってのが、我ながら笑う。太陽系を脱出するのは一体いつのことやら………(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2009-09-25 23:47 | Comments(0)

巨大アヒルを激写しろ!

8月末から開催されている「水都大阪2009」。サクサク〜と見て回ったけど、正直、平日はちとツライ感じ(^^ゞ でも…「水都」とうたうだけあって、会場周辺の川沿いがキレイに整備されたのは喜ばしいことでアル。


e0112226_10412097.jpg市役所内に展示されてるヤノベケンジ作の《ジャイアント・トらやん》も待ってマスよ〜♪

そんな水都イベントの中、そのうち見にいこ〜♪とおもてた「フローティング・ダック」が、27日で撤去される事を知る。OMG!

師匠の仕事でバタバタしてたが「写真撮ってきてや〜」という彼の言葉に励まされ?(笑) ほな、行ってくるで! と、チャリンコこぎこぎアヒルはどこだ〜!



精神構造が猪突猛進なあたし。川沿いに行けばそのうち「キイロイ物体」が見えてくるやろ〜と思い、テキト〜に走ってたんだけど (会場の)「八軒家浜」ってどこさ?なんか遠くない?

30度近くあった快晴のこの日。暑くて暑くて、フゥフゥ汗みずくて走ってると、ようやくアヒルたんの姿がっ!!!ギャハハ!おったおった!

e0112226_1125155.jpg

木陰で一休みしながらパチリ♪こっからではあまり実感がないが、高さ9.5m、幅9.5m、長さ11mの、これでも「子アヒル」。親アヒル (いるのか?) は、一体どんくらいデカイのだ?(笑)

なんでも明治時代、淀川改修に尽力してくれたのがオランダ人技師だったそうで、それにちなんでか、アヒルたんの作者もF・ホフマンという、オランダ人アーティストとなっております。

e0112226_115916.jpg

正面を狙って……
クスクス♪
こぅ…アヒルって「笑い顔」よね〜(笑)
キイロ…ってのも心あたたまる色。

だから「平和の使者」として、
世界各国で「浮いて」きたんだろう。
もちろん日本初上陸でありマス♪




と、言いながらその色カタチから、久しぶりに「ひよ子饅頭」食べたいな〜♪なんて思ってしまったあたしって・・・・・・・(^^ゞ
って「ひよ子饅頭」って博多のお菓子なの??てっきり東京銘菓だと思ってたわ!びっくりしたわさ〜


じゃなくて……アヒルたんにもっと接近してみませう!

e0112226_13205328.jpg

おおお!近くで見るとそのデカさがよぉくわかりマス♪それでもカワイサを失わないのがアヒルたんの良いところvv「道の駅」ならぬ「川の駅」もできて、なんかとってもキレイになってます。

コレでどや!と、師匠に写真を送って任務終了!でも……来てよかったデス♪

帰り「そや、違う道から帰ろ♪」と走り出すこと数十分。「天満宮コチラ」の表示に「ソレはちゃうやろ〜?」と急ブレーキ。西へ行くべきがズンズン北上してた〈自転車でも〉方向オンチなあたし。

えらい遠回りになってしまったけど「遊歩計」の距離も稼げて、古代クンに「スゴイじゃないか!」と誉められました(笑) ←歩いてないやん!


e0112226_1393847.jpg

[PR]
by giova21 | 2009-09-24 23:30 | お気に入り | Comments(6)
「道の駅」の農・海産物直売所が人気のように、顔が見える食べ物への関心が高まってる今日。イタリアのアグリトゥーリズモのような取り組み〜グリーン・ツーリズムが日本でも広まってる。ウン、いいことだね〜♪

そんな中、ソコで採れたモノをソノ場で食べる「農園レストラン」は、手軽に利用できるアイテムのひとつだが、今や大阪では超有名どころになってしまった?(笑) 「杉・五兵衛」へ久しぶりに行ってきた。

初めて行ったのは5年以上前だろうか。そン時はまだ「知る人ぞ知る」な穴場で、野菜食べなアカンな、という時に行っていたのだが、各種メディアで紹介されて以来、すっかり人気スポットになってしまい、今日もスゴイ人出でアル。

e0112226_12444936.jpg
地どり鍋も悪くなかったが、やっぱココは「農園弁当」でしょ!供されるモノは全て自家製で、この花びらだってちゃんと食べれマス♪最低限の薄味が食材の滋味を200%引きだして、大根おろしもイモもカボチャも、信じられないくらい甘い甘い!ウマイうまい♪

前は一人前に盛られたホントのお弁当形式だったけど、いつの間にかバイキングになってて、上の皿を食べたら「お煮しめコーナー」で自由に取ってこれるの。キャホ〜♪と、そそくさ第2弾↓(笑)

e0112226_138364.jpg

天ぷらコーナーもあって、揚げたてホクホクのイモ天のウマイことといったら♪胸焼けすっからやめときや〜というのに3枚も食べた誰かさん(笑) おぼろ豆腐は絶品!だったし、おかずも10種類以上、天然酵母パン&手作りジャム…と、豊富な献立にめまいがしそ〜デス。

だってね〜以前のお弁当も、とっても美味しかったけど、ちょっとした精進料理で(笑) 満腹感に乏しかったの。でもこんだけバイキングできたら、もぅ〜お腹いっぱい食べれます!いやあ〜食った食った!パンパかパ〜ん♪

しかも、こんだけ食べても「ビッグ◎ックセット」より絶対カロリーないやろ!というヘルシーさに、身体に良いもん食べたのだ〜バンザ〜イ♪というキモチから「全く罪悪感がない」のがイイ(笑) こら〜また来なアカンな♪



e0112226_13562124.jpg
野菜クズや食べ残しがロバのエサになり、この子たちのウンチが畑の肥料となり農作物を育てる。すこぶるまっとうな循環システムでこの農園は成り立っている。

オヤツちょ〜だい♪と、オソロシイ勢いで突進してくるドンキ〜たち。愛嬌あるタレ目が可愛くて、ハイ、どうぞ〜♪って、ぎゃあ〜!さすがスゴイ馬っ歯だわ(笑)




e0112226_148532.jpg


食後の運動!あたしね〜楽勝でできると思ったの。竹馬。でもでも、両足乗っけて立つことすらできなかった(TOT)/ グラグラ〜震度5!

なのにアンタったら、なんで「片足立ち」とか余裕でできるワケ??
さすが府下で唯一「バック転平均台」ができたワケよね。シルクに入るべき(笑)



この後「岩盤浴」で最後まで健康的に…のはずだったのが、岩盤しながらマンガが読める施設で(なんてシュテキ♪)、「バンビーノ」を熱く読破。大いに腹が減ってしまった(笑) パスタ〜パスタ食べたい〜!!
[PR]
by giova21 | 2009-09-23 23:29 | ウマイもんの話 | Comments(0)

e0112226_13531864.jpg
ご招待いただき英国ロイヤル・オペラハウス版「兵士の物語」を観に行く。

ストーリーはこちらを参照してもらうとして(笑) オペラ以上に疎いバレエ界だが
2大イケメンの名前くらい知ってマス♪

アダム・クーパー×ウィル・ケンプ

どぅりで客層が華やかなはずである(笑)




と言いながら2人の舞台なぞ観たことないあたし(^^ゞ でも__貧しい炭坑町からバレエダンサーを目指す少年の姿を描いた名作『リトル・ダンサー〜Billy Elliot 』。そのクライマックスで、見事夢を叶え、舞台で軽やかに跳躍する在りし日の少年__成人したビリーを演じたのがアダム・クーパーだったことはよぉく覚えている。コレはイイ映画だったな(TOT)/

e0112226_1426156.jpg
左:Adam Cooper 右:Will Kemp

ほげえ〜〜!!実物の(笑)2人はホンマにオトコ前〜!!(萌)
いや…舞台だと化粧もあって

e0112226_14455898.jpg
いや……ファンの方ゴメンなさい(^^ゞ


アパレルのCMや映画…と、多彩な分野で活躍するウィル・ケンプ。そして、ロイヤルバレエスクール時代は、熊川哲也と同期だったアダム・クーパーは、年齢的な苦境に陥る頃かもしれない。が、2人とも舞台で映えてなんぼ!であるからして、少しでも多く長く、スポットライトを浴び続けて欲しいもんでアル。
[PR]
by giova21 | 2009-09-21 23:38 | アートなこと | Comments(2)
みや之会で充分嬉しかったのに、プレゼントまでいただきました…(TOT)/ 食事の終盤、ジャジャジャ〜ン♪と手渡され、ピリリと隅っこを開けてみましたらならば、チラリ♪と見えたWiiの字。え"え"え"〜っ、コレって、きゃあきゃあ♪ 「Wii Resort」じゃん!!(≧▽≦)/キャホ~キャホ~♪

Y宅でうっかりやってしまい、仕事が一段落したら買おうと思ってたので、ンとぉお〜〜にウレチイ〜!!包みを抱き、ウレシナミダを流してると…

「もっとちゃんと開けてみぃ〜」「?」
んだらば遠慮なく…と、アメリカ人並みにバリバリバリ〜と破くと(キレイにラッピングしてくれたのにゴメン!)も1つサプライズが……

ギャハハ!!!なんだなんだ!ヤマトだ〜!
そうそう!コレも実は欲しかったの〜(≧▽≦)/ 目指せゴウゴウ!歩いてイスカンダルへ!(ムリっ!)「ベルばら編」もあるなんて一体…(笑)

e0112226_12245536.jpg
こぅして見ると、まるで中坊男子のクリスマスプレゼント(笑)
とても妙齢の?!女性への品とは思えませんが、
あてくしには、何より嬉しい贈りモノ♪デス(幸)


ってか、なんでこんなに「あたしが欲ちいモン」をビンゴでチョイスできるワケ? ←ブログに書いてたの読んでたらしい(笑)
とにかく、とにかく…だ。アンタらってばステキすぐる〜!!!(TOT)/

そして…ハイ。わかってマス。この「遊歩計」に込められた意味…。歩いてちょっと運動しなさい!って事ですよね?この10年で、あたくし随分「成長」しましたから(^^ゞ 早速翌日から装着して足を動かしております。ネ!

e0112226_12453148.jpg
「もう少しだ。がんばれ」「ハイっ!艦長!」


1日の目標歩数はとりあえず3000歩…。え?少ない?この数日の総歩は約2万。地球滅亡まで残り84日で、142,080光年…いや14万歩!アレレ〜間に合わんかな?(間に合いません(笑)

ううむイカン!イスカンダルに赴き「内蔵脂肪除去装置 メタボクリーナーD」をゲットすることが、あてくしの使命なンだから。「メタボクリーナーD」って(爆) あ、取説にこぅ書いてあったんデスよ(笑)

しかも「メタボクリーナーD」を必要とする輩が、そこココにいるではないか!まさに人類存亡の危機を救うべく、今日もあたくしは歩くのです!!



待ってろみんなっ!じゃなくて……ホントにありがと〜♪
Wii 大会もやるで〜〜!!!


とっても嬉しいプレゼントでした♪あたしン中に溢れるこのシアワセオーラが、同じようにみんなにも届きますように、満ちますように。愛をこめて♪
[PR]
by giova21 | 2009-09-20 23:18 | Comments(0)
黙っていても歳を取る。悲しいけど「事実」デス。と言っておきながら、ともすればホンマは今幾つなん?と首を傾げてしまう本人ですが(笑)、こんなオバカのために、みんなが「みや乃」でお誕生日会をしてくれました(^^ゞ

ハモというと夏の食材というイメージが強いが(実際あたしもそぅ思ってたけど)産卵を終え、ガッツリ食欲が増した(人間みたいやなぁ(笑) 名残の秋ハモは、しっとり脂がのって実に美味いのだという。そ〜いやぁ〜マッタケの土瓶蒸しにも入るし、秋の味覚でもあるんですね。だからこいは、フグではなく__ハモ〜!デス♪

e0112226_1845146.jpg
天高くハモ肥ゆる秋♪
7人前で5匹潰してくれたそうで
大皿に並ぶハモ身は圧巻でございマス♪



e0112226_18452651.jpg
骨は美味しい出汁に!
マグロの刺身などつまみながら、まずは淡路産の甘い玉ネギを投入して、さらにウマミを加えます。でもって…

シャブシャブと、4〜5回振ったハモを自家製ポン酢でいただきまっす♪



見た目でも充分わかるけど、口にするとさらに身の厚さを実感。デカイ!アちゅい!ハグハグむむむ〜!ホリョホリョ溶けゆく、なんてやあ〜らかい身でしょう♪それでいてコク味がしっかりあって(脂がのっとる)ハモってこないにウマかったんだね〜(TOT)/

連休初日とあって、店は貸し切り状態(笑)。つきっきりでお世話してくれた女将さんが薦めてくれた焼酎も進みます。


e0112226_19232142.jpg
紫イモを使った限定品で、3月と9月しか販売されないとか
(だからかサイトには載ってません)

まろまろとてもやわらかく、フルーティな味わいで、あちゅう間に空いてしまいました…。希少品らしかったのに、もちっと味わって飲めばよかった…(^^ゞ

濱田酒造 「紫の赤馬兎 (せきとば) 」





〆は雑炊ならぬ「海鮮丼」。一体何種類乗ってるん?ってくらい豪華絢爛でありマス。そん中でも「超目玉」なのは、お重の端から端までズズン!と横たわっている立派な車エビ。でもって、コレ、ピクピク生きてるんですよ〜ぎゃああ〜!!

「美々卯」の“うどんすき”にも活エビがついてくるが、アレは灼熱の鍋に押し込めばイイから、まだなんとかなる。が、その3倍があろ〜かというデカさで、しかも「刺身」で食うのだから、まぢコワイ。

あたしは結構こぅゆうの平気な方で、いざ一気に!と、トライしてみたのだが、ピクピク動く巨大なアタマを「もぎ取る」のは………やぱムリ〜〜!ぞわわ〜と背中まで「さぶいぼ」が出てしまった(笑) もちろん回りのみんなも絶叫地獄でエライ騒ぎに(笑)

e0112226_19574422.jpg

そんな中、平然と「もぎ取りむしった」女将はともかく、みんなの分も「やって」くれたSやん、アンタはホンマにエライ!!(TOT)/ ある意味、この晩いちばん盛り上がった瞬間だったけど(笑)、最後はちゃんと食べてるんだから人間サマはホントエライ(^^ゞ オマケにダブル〆とばかりに「うどん」まで食べてるしぃ〜(呆れる女将(笑)

みんなでいつか行こうね〜と行ってた「みや之」「名物鍋」もいいけど、目からウロコの秋ハモを堪能できたし、踊り食い?!もできたし、とっても美味しく楽しい晩となりました。

M女史にK子さん(クッキーありがとう♪)、幹事ご苦労さん!のSやん、T子嬢、そして凹凸GKコンビ。ほんとにありがとう♪ご馳走さま♪次はクエ鍋?ボタン鍋?また行こうぜぃ〜〜!
[PR]
by giova21 | 2009-09-19 23:44 | ウマイもんの話 | Comments(0)
7月末から始まったコルテオ大阪公演。期間も長いことだし、ボチボチ行きまひょ〜っておもてたら、もう9月や〜ん!と、慌てて行ってきました(^^ゞ

去年「ドラリオン」を見たのが、シルク・ドゥ・ソレイユ〜Cirque du Soleilとの初めての出会いだったのだが、そらまぁ〜素晴らしかったワケです♪



e0112226_22354172.jpg
驚異的な身体パフォーマンスは中国雑伎団も同じくらいスゴイ!実際見て超カンド〜したが、シルクには、圧倒的なプラスα__音楽や照明、美術などいろいろ__があって、見る者を別世界に連れていってくれるのがシュバラシイ♪

小屋(テント)に入れば、もぅそこが夢舞台、シルクの世界♪

ショーはまだ始まってないけど、舞台セット見た時からワクワク感がMAXになる。今度はどんな物語を魅せてくれるんだろ〜って♪



「ドラリオン」ん時はちょっと遠くて不便だったけど、今回は中之島。よくこんなトコに場所を確保したもんだと思うけど、仕事場から「歩いて」行ける(笑) 格段に便利になりました。

e0112226_22511777.jpg
でも…回りに建つマンションやオフィスビルが変な感じ(笑)


イタリア語で「行列」を意味する「コルテオ」。イタ語も随所に聞けるし、ヨーロッパ調の荘厳かつクラシカルな雰囲気の中で行われるのが◎。照明・音楽も素晴らしかった〜♪あ、もちろん演目もよ。

緊張と緩和。笑いとスリル。テンポよく繰り出される超人技に名人芸。それらがあまりにアーティスティックで、ホントはとんでもなくスゴイ事してるのを忘れそうになる。


e0112226_2315722.jpg

タネも仕掛けもない“輪っか”を自在に操る〈シル・ホイール〉
すごい力業とバランス感に☆3つ!


唯一、日本人男性が出てる、あり得ない鉄棒技〈ツアニーク〉
トリを飾るにふさわしい見応えある大技でした。

バルーンに吊され
宙に浮いたまま、
客席までふわりふわりとやってくる〈ヘリウムダンス〉
ネーミングはちと?だが(笑)
これぞシルク!なアイデアに拍手喝采デス!

とまぁ〜もりだくさん!今回はMたんの姪っ子(3歳)も一緒に観たんだけど、帰り、大はしゃぎだったもんね、彼女。お願いだから今夜ベッドの上で飛び跳ねたりしないでね(笑)




ドラリオンに比べると「ちょっとオトナ」な雰囲気でもあったけど、毎回、趣向を凝らして、シルクの世界観を表現するのはスゴイと思う。こらぁ〜東京の常設ZEDが、ますます観たくなっちゃったよ〜

そんなコ〜フンに酔いながら、「あやむ屋」で、ザカッと焼き鳥をつまみ、「BARポルチーニ」で、お腹いっぱいや〜ん、と言いながら前菜10種盛り(にデザート)とワイン2本あけ、すっかりご機嫌♪になってしまいました(笑)

行きたくても行けなかった2店をハシゴできてラッキ〜ちゃちゃちゃ♪だったけど、お付き合いくださったみんなにも感謝!よく食いよく飲む友よ、ラブ〜!!デス♪でも…誰かさん同様、翌朝、ちょっとヘタってしまったのも事実…ああ〜歳やなぁ〜(TOT)
[PR]
by giova21 | 2009-09-16 23:58 | アートなこと | Comments(4)
大クラ週間を堪能してたとき「このツケが回ってくるやろな〜」と思ってたら、やっぱりちゃんと回ってきた。ココが止まってたら「“まぢめに”仕事してる」とおもてください(笑)さて…ちょっと落ち着いたのでウォーミングアップは…やぱコレですね♪


モンプルなどワインの輸出量が伊国でトップクラスのアブルッツォ州だが、意外な事にD.O.C.G.ワインが生まれたのはつい最近、2003年のことだという。その栄えある第一号に選ばれた地域は…Teramo 周辺の Colline Teramane 〜コッリーネ・テラマーネ。う〜ん、何度か通ってるし、お気にのアグリのあったシルヴィのすぐそばじゃん!

そして飲むなら、やっぱココのでしょう。どのライン飲んでもコスパが高く、安心・美味しく飲めるファルネーゼ。アブルッツォのみならず、伊国を代表する生産者でもあります。

e0112226_17211550.jpg
FARNESE
Colline Teramane 2005
ファルネーゼ
コッリーネ・テラマーネ
*モンテプルチアーノ100%
*ジョバッキエーリ5/4


輝くようなルビーレッドから立ち上る、赤い果実の香りにまず笑顔。それらが醸し出す豊かな果実味にまた笑顔。余韻が長くタンニンは丸い、しっとりした舌触り。同じファルネーゼのカサーレ ヴェッキオが、ムチムチ色気いっぱいなモンプルだとすると、こっちは上品なふくよかさが印象的。

なんでも先日、ラクイラで行われたG8サミット出席者の手土産に、ファルネーゼのこのワインが配られたそうで、アブルッツォを代表する銘柄ともなったんですね〜エライです♪「コッリーネ・テラマーネ」って、これから覚えておこうっと♪



♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ 



ご存じ、高貴な(ノービレ)ワインと呼ばれるヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ。なんかホントに久しぶりに飲んでみました。

よく名を聞くバロンチーニは、塔の街サンジミニャーノに居を構え、500年以上の歴史を誇るトスカーナの名門のひとつ。キャンティならキャンティ!ヴェルナッチャならヴェルナッチャ!と、特定したワインを作るこの地方では珍しく、6つのワイナリーを持ち、いろんなアイテムを作ってるヤリ手さんでもありマス。

e0112226_21225067.jpg
Baroncini
Vino Nobile di Montepulciano
Fontelellera 2005 D.O.C.G.

バロンチーニ
ヴィーノ・ノービレ・ディ・モンテプルチアーノ・フォンテレッラ
*プルニョロ ジェンティーレ100%
*ジョバッキエーリ5/3


プルニョロ・ジェンティーレってなんぞや?!って思ったら、この地区独特のサンジョヴェーゼ種の呼称らしい(ややこいなぁ〜(笑)。タンニンは軽やかで、やさしさとスモーキーさが調和したバランスのいいミディアムボディ。ちょっと感じる「枯れ風味」も好き。

時間をかければ開いた?のかもしれないけど、もそっと落ち着いてくれればモアベターでした。でも美味しく気軽なデイリー使いができるコスパの高い1本だと思います。
[PR]
by giova21 | 2009-09-15 23:13 | 日々是ヴィノ三昧 | Comments(0)
シンフォニーの後は「香港バール」。次の晩は「ベルギービール」(高いけどビールうまい♪)に「馬籠」とハシゴでしょ。とにかくこの1週間、連日連夜、飲み過ぎ食べ過ぎ!!忘年会シーズンでもこんなに続くことはないのに、恐るべし大クラ効果!でアル…(違うし…)

e0112226_19554059.jpg

もしかして飲むのはぢめてかも!っていう、小雪さんの「角ハイボール」
サンマの塩焼きと合いますね〜

それに…いつまでも変わらぬ、
このボトルデザイン。好きデス♪
ああ〜サントリーよ、
大阪を見捨てんといてくれ(TOT)/





そんな暴飲暴食の果てに辿り着いた、大クラ最終日。朝の8時から市役所前で配られるファイナルコンサートの整理券をゲットすべく、K宅に前泊までして、土曜というのに6時!に起きて行ったというのに……

なんだなんだ!あの行列は!! 階段超えコーナー回って、図書館まで人が並んでる。アウマイガ〜!同じくらいの時間に行った去年だって、こんなに人はいなかった。5万人以上を動員したという今回の大阪クラシック。ホンマに……うっ……結局……「立ち見席」だった(号泣)

e0112226_20122582.jpg
眠いやら疲れたやらで、コレは座れた「第87公演〜テューバの川波さん (左から2人目) をいじる会」(笑)で、夢まで見てしまったわい(^^ゞ
スイマセン…


人が近づくのか、楽器と奏者って似てくる部分があるんだろうね。陰でオケを支えるテューバは、気はやさし〜くて力持ち♪的な川波さんの雰囲気とピッタリで、アンコールのラジオ体操には爆笑してしまった。

あたしのような素人がオケ見て一番印象に残るのって、やっぱり指揮者やコンマス。でも、他にもい〜〜っぱい楽器があってこそオケが鳴るワケで、たとえどっかでソロがあっても、普段あんまり目立たない楽器や演奏を間近で見れるってのは、大クラの醍醐味だと思う。奏者との距離も縮まるしね。

で、つけてみました。今回、個人的に好きになった人たちにアダナを…。ミッキーにはぐちゃん、チエちゃんの妹に小朝師匠、そして平田満(笑) うん、定演聞きにいってもイイよな…って思ったよ(^^ゞ


e0112226_20451396.jpg

そして_1週間に渡る大クラのクライマックス、100回目の公演。神は我々を見捨てなかった(TOT)/ 立ち見は立ち見でも舞台すぐの上手。イス席の最後列よりず〜っと良いポジションである。自身もバイオリンを習い、幸太ファンでもあるKちゃんが、食い入るように見入ってたのは言うまでもない。もちろん激写したのは(↑)彼女でアル(笑)

ああ〜こぅやって見ると、ホント、オケってみんな「一糸乱れず!」な動きだよね〜♪アンタも早く上手にならないと!

【演奏曲目】
コープランド:リンカーンの肖像
リムスキー:シェヘラザード

身動きできない2時間近くの立ち見は正直辛かったけど、多分、初めて聴く「シェヘラザード」はとっても良い曲だったし、アンコールのスターウォーズはのりのりサイコ〜♪

今回も大コ〜フンで幕を閉じた大阪クラシック。大植氏、大フィルのメンバー、そして大勢のボランティアの人たち。今年も感動をありがとう♪そしてお疲れさま♪あたしもちょっと絶食して(ハナシの次元が違いますから…)この余韻に浸ろうと思いマス♪あ〜ホントに大変な1週間であった……(合掌)
[PR]
by giova21 | 2009-09-09 23:53 | 音楽なこと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21