<   2009年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

久しぶりに歩きに行こう〜と「お得チケット」を使い大原へ行ってきた。
きょうぅうとぉお〜〜おぉおぅはら〜さんぜんいん〜♪って誰が歌ってたか知らないけど、ココまで来るのって、んとおぉお〜に久しぶり!と、出町柳からバスに揺られながら京の奥座敷を眺める。

桜や紅葉の季節ともなればスゴイ人なんだろうが、この時期、人もまばらで静か。夏は格好の避暑地となる大原も冬は寒っ!いが、りん!とした空気漂う冬の寺社もなかなかイイもんデス。
e0112226_18544682.jpg
しかし大原って、こんなにたくさんお寺があったっけえ〜?しかもどこも拝観料がいるから、セコイ我々「ほな、王道・三千院に(とりあえず)入って時間あったら寂光院にぃ〜」と(笑) いやぁ〜お庭がキレイですね〜。こぅヌクヌクお日様に当たってると、ドロン♪と一回転、ネコに化けて縁側でまあるくなりたいもんデス。

往生極楽院の国宝・阿弥陀如来サマもたいへん美しい仏像だったけど、その左右に座る2体の菩薩像が、前屈みで正座してる「大和座り」っていう珍しいおカタチだったのが、とってもオモシロかった♪
e0112226_18595567.jpg
この極楽院前のお庭がまたキレイでね〜♪その中にカワイらしい「わらべ地蔵」サマたちが、そこここに鎮座してるんだけど、苔むした緑の絨毯ン中で遊んでるみたいに微笑ましかったわ♪

結局、入ったのは三千院だけ〜で(^^ゞ そそくさと「大原山荘」に向かい、地鶏味噌鍋をつつき、トップリ温泉に浸かる。嗚呼〜〜温泉入るの久しぶりっ!(幸)風呂上がりのビールの何と美味かったことよ〜(≧▽≦)/ と、チンタラしてたら、あららバスの時間が〜!風呂上がりビール上がりでダッシュかましたもんだから、一気に酔いがクラクラら〜(@~@)車中爆睡だったのは言うまでもない(南無南無)

わざわざ大原まで出張ってきたのに、どこが歩きに行くやねん〜!!だから代わりに出町の商店街を歩いてきました(違!)ココではずせないのは「出町ふたば」の豆餅!ちょうど我々の2組後で売り切れ!になったので滑り込みセーフであった♪桜餅をはぢめて食べたがバカウマであった!

お肉屋さんで串カツ揚げてもらい、ホフホフとかぶりつき、美味しいパン屋さんを教えてもらったり、住人的外人さん遭遇率も高いけど、下町風情&価格の、しみじみイイ商店街だったわ♪

e0112226_19264978.jpg

ゴメンね…お地蔵サマ…
今度はもっと早く!?来て、ちゃんと見て回りたいと思いマス…(^^ゞ

*大原観光保勝会
*でまち.JP
[PR]
by giova21 | 2009-02-28 23:54 | 今日のできごと | Comments(0)

せっかくの舞台が……

ご好意により、ミュージカル「マルグリット」を観劇。主演を張る春野寿美礼は、元宝塚のトップスター。退団後、待望の初舞台である。
よく知らないのに偉そうだが、男役を極めた彼女が、こんな女性らしい役を選んだ勇気に大きな拍手を贈りたいと思った。

戦火のパリ。悲恋の話である。が、申し訳ないことに、観劇中、あたしの耳が、斜め後ろに陣取ったおばちゃんたちの「会話」に乗っ取られることしばしば。いや〜まいった参った〜(笑)
e0112226_17553126.jpg

春野寿美礼演じるマルグリットの早業衣装替えシーン(すごく驚く)
「ああ〜見てみて。服が変わったなぁ〜」←実況中継役のおばちゃんA
「ああ〜ホンマやな〜スゴイなぁ〜」←感嘆役のおばちゃんB

爆弾がサロンに落ち、大がかりなセット暗転シーン(またまたすごく驚く)
「うわあ〜窓がなくなってるで〜」
「ああ〜ホンマやなぁ〜スゴイなぁ〜」

当人たちは声を潜めている「つもり」なんだろうが、普通に静かな客席のこと、逐一聞こえてきて、彼女たちのまんま「お茶の間」状態がおかしくてし仕方ない(笑)でもって、一番のけぞったのは……

アルマンに抱かれ息絶えるマルグリット。もぅう〜皆が息を潜め、クライマックスへの沸点を高めるシーンである。そこで…だ。

「キレイやなぁあ〜まるで“天女”みたいや」←もちろんおばちゃんA

「天女」ときましたかぁああ〜〜〜〜!!!!(≧▽≦)/
もぅううあたし、舞台どころじゃなくて、笑いを堪えるのに必死!劇によったら殴り倒してるところだが(笑)とつとつと感動する嫌みの無さに、大阪のおばはん…って…と苦笑いするしかなかった。
いや「天使」のようにキレイでしたよ〜(^^ゞ

観劇後、バッタリ出会ったO女史。以前から話は聞けどお姿拝見できず…な方で、是非ともお会いしたいわ♪って思ってたから、出会った偶然にビックリ!いやいやまぁまぁ〜と皆で「ひげ」でご飯。

想像以上に女傑な方で、いっぺんにファンになってしまったわ♪初対面な気がしない〜のはあたしだけ?(笑)ってか、ご馳走さまでしたっ!「名物自宅パーティ」楽しみにしてマス♪今日はちと嫌な事があって凹んでたんだけど、天女おばちゃんとこの夕食会で、楽しく酔っ払って帰れてハッピ〜だったわ♪
[PR]
by giova21 | 2009-02-27 23:36 | アートなこと | Comments(0)
ソウル話に始終してしまった2月だが、久しぶりにワインです。

従業員が畑まで乗っていくことから、エチケットにあしらわらた自転車が目印のコノスルは、93年創業ながら、コスパの良いワインの揃うチリの中でも、ピカ一の存在を誇るワイナリーのひとつでありマス。チリ南部にあり、その地形が円錐形(コノ)の南(スール)にあることから、社名が「コノスル」になったそうだ。なるほど〜♪

たぁくさんラインがあり、今までどれか?飲んだ事があるはず…なのだが、記憶にない(笑)が、今はこうやって「飲んだ記録」をつけてるから、もぅ忘れません!しかも美味しかったしぃ〜(^^ゞ
e0112226_14174564.jpg
CONO SUR
Gewuerztraminer Riserva 2007
コノスル ゲヴェルツトラミネール・リゼルバ2007
*ゲヴュルツトラミネール 100%
*ジョバッキエーリ5/3.5

ゲヴェルツトラミネール種の特徴でもあるエキゾチックな花の香りがしゅばらしぃ♪味わいも甘く厚く、こってりすぎるか?と思いきや、爽やかな酸味が余韻を引き締める。たいへんバランスのよいリッチな味わい。コレで約千円…とはアンビリバボ〜だわ!



ゲヴェルツトラミネールにビックリして、今度はもそっと安い(笑)ヴィオニエを飲んでみました(^^ゞ
e0112226_14571764.jpg
CONO SUR
Cono sur Vionier 2008
コノスル ヴィオニエ 2008
*ヴィオニエ 100%
*ジョバッキエーリ5/3

こちらヴィオニエも花の香りが素晴らしいブドウらしいが、ゲヴェルツが大輪だとすると小さな可憐な花という感じ。決して劣ってるワケじゃなく、フルーティな酸味が心地よい美味しいワインです。

双方に言えるのは、コスパが優れてることと女性受けする味わいのワインである(多分(笑)ということ。ゲヴェルツが気に入ったあたし、ボトルもエチケットもシャープでキレイだし、ワインはちょっと…という人のために、早速買い置きしておきました(笑)
[PR]
by giova21 | 2009-02-26 23:12 | 日々是ヴィノ三昧 | Comments(0)
某師匠の某ブログでヘンタイ扱いされてしまったあたし…(たち)。レディに向かってホント失礼!フンッお土産あげないんだから!…というソウル・ヘンタイ記も終わりデス。

リーズナブルなコスメもいいが、あ〜買ったわ〜♪という買い物がしたくて、「ロッテ免税店」をのぞいてみる。ちょっと前にいった人が、買い漁られて全然商品がない…って言ってたけど全然大丈夫♪日本からの便が着く前、午前中に行くのは狙い目だと思いマスよ!

「カンペール」でちょっとらしくないサンダル買って(笑)、もちろん行きます「マンダリーナダック」。ちょうど11月にココでバックを買ったKちゃん。が、彼女の使い方がマズイのかモノがまずかったのか、ソレって3年ほど酷使したんちゃうん?というくたびれ方をしてたのだが、クリクリ眼の可愛い店員さんが「ソレはちょっとヒドイですね。代えてあげます!」ってまっさらの同じバックと交換してくれたのだ!ウッソ〜〜ん!?

e0112226_16475047.jpg
こっちから変えてよ、って言ったワケでもなく、レシート提示させられる事もなく…でアル。あなたシュテキしゅぎますぅう〜♪♪これで2人のテンション一気にMAX!

買い物女神があたしの右脳に降りてきて、いつもならブレーキ効くはずなのに、絶対汚れてどうしたらエエのん?って困るの目に見えてるのに、白いバッグ買ぅてしもたがな(幸)でもカワイイのさ〜ウフフ〜♪


e0112226_1658553.jpg5%引きんとこ10%引きにしてくれたし、あたしに気があるんですか?ってくらい(違!)イイ人だった〜(TOT)/ 3/31までなら、300US$以上買うとマンダリーナのスーツケースベルトがもらえます〜♪


それと是非とも時間をとって「仁川空港」でも最後の悪あがきをすべし!アイテムは少ないがマンダリーナもあるし、カンペールに至っては空港店の方がずっと品揃えがよかったよ♪



さて…ヘンタイと言われたからには(実は根にもっている…(笑)、最後は「食」で締めるべきでせぅ。前回行ってみんな大絶賛だった「牡蠣クッパ」(クルクッパッ=くるくるぱ〜ではありません)の店でランチ。地図なかったけどちゃんと辿り着く、こぅゆう時だけ都合のイイあたしの記憶力(笑)

e0112226_17442540.jpg
前回注文し損ねた、今の季節ならではの「生牡蠣あえ」は、適度な辛みがプリプリの牡蠣とベストマッチ♪野菜がタップリなのも◎♪

あと、明石焼きのようにフアフアの牡蠣のフリットでしょ〜、牡蠣はもちろん海鮮づくしのチヂミ〜♪と、あっちゅう間にマッコルリ〜が2本目突入デス!(幸)

そして、ウマ出汁あっさりちょん♪とすする牡蠣クッパ。う〜ん「焼く・煮る・生」と、牡蠣好きにはホントたまらないフルコース♪

オンドルの床で一杯やってると、外がまっ昼間なんも、今日帰るってことも忘れてしまいそう(笑)

冬は寒くてたまらんけど、この牡蠣づくしだけは、また食べに来たいもんである。
キムミョンジャ
クルクッパッ専門店



誰1人陥落することなく、鉄壁の胃袋をもって共に走破してくれた旅の仲間、ホビットたちに今回も深く感謝♪……まだウォンかなり残ってるから(笑)また行こうね♪今度は釜山もいいかもね〜♪
[PR]
by giova21 | 2009-02-24 23:24 | 2009年 ソウルの旅 | Comments(0)
今回はなんか淡泊なモノを食べ続けてるような気がするが、やっぱコレは1度は食べとかなアカンでしょ?ということで、最後の朝にやってきたのが、ホテルから歩いて15分ほどのキムチチゲ専門店「オモリチゲ」
e0112226_18572026.jpg
真っ赤っか〜じゃなくて色がちょっと茶色いのは、入ってるキムチが「熟成3年モノ」だから♪ソレがココのチゲの特徴なのだ。じゃあ〜普通の赤いのんはどんだけ漬けてるのよ?というご当地キムチ事情はわからんが、日本の古漬けが酸っぱいのと同じで、このチゲ、酸っぱいのさ〜!

ひやぁあ〜〜こんなチゲ食べた事ないっす!ってか、とっても美味しい!ココに、ザカ〜ッってご飯入れて食べたら…んもぉお〜〜至福のウマサであります!酸っぱいのが大好きなあたし、大変たいへん気に入りましたっ!
e0112226_19111720.jpg
卓の上には、壷漬けならぬ熟成キムチが取り放題!ほんとコレは浸かりすぎのぬか漬だ〜。辛いけど同じくらい酸っぱくて、でもまろやかな旨みがあって…うぅ〜ん!写真見てたら「生唾」出てきた…まるで梅干し…(^^ゞ
漬物好きな人は絶対はまるはず!是非食べてみて〜♪と、次行ったらまた絶対食べにいく!と心に誓うあたし(笑)

e0112226_1941527.jpg

朝の光をこうこうと浴びながら麺打ちしてるオジサンの姿に惹かれて、マンドゥとチャジャンミョンも頼んでしまった(笑)

ココのマンドゥは餡と皮のバランスが普通で(笑)よい感じ。中にキムチが入ってマス♪

チャジャンミョンってはぢめて食べたが、辛いと思いきや甘いんですね〜。ちょっとオイリーで個人的にはあんまり……デス。

後から来た日本人4人組が、みんながみんなチャジャンミョンを頼んでてビックリしたけど、まぁ〜好みもあるでしょうが、ココに来たら「酸っぱチゲ」食べんとアカンやろ〜と、胸の中で突っ込むあたし。

いや、ホント関係ないんですが…浪速のおばはんでスイマセン…(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2009-02-23 23:50 | 2009年 ソウルの旅 | Comments(0)
e0112226_16585775.jpg
とっても気に入って、前回と同じホテル・クット〜に泊まったのだが、日を置かずして同じホテルに泊まるって、なかなかない経験だったので、なんかよく出張にくる「できるビジネスマン」みたいな気分になっちゃったわ(バカ)


前はホテル近くの「中部市場」に行ったんだけど、今回はもそっと足を伸ばして「京東市場」へ行ってみることにした。漢方市場として有名だけあって、大御所、朝鮮人参はわかるとして、木の根っこやら、トゲ付きの枝やら、得体の知れないモノがズラリと並んでおりまする。

e0112226_17421276.jpg
珍しいカタチの魚の干物だわい、と思ったら「カエル」だった!ヒェエイ!

煎じて飲むんだろうか?カエルの脚の唐揚げなら喜んで食べますが、ソレはちょっと……




張り切って朝から来たのはイイが、その分とんでもなく寒く、冷気がピキピキ突き刺さってイタイがな〜(TOT)/ カメラ出すものおっくぅだった(笑)
それでも重装備で固めた市場のアジュマたちは元気!活きが命の生鮮モノは通るだけで声もかかるけど、漢方コーナーは中にひっこんでるか、暖をとってるか。でもわかりマスそのキモチ…。あたしも当たらせてください(笑)
e0112226_1844428.jpg
そもそも、前のように美味しい朝ご飯を市場で食べよう!とでばってきたのに、またまた店が見つからないっ!燃やすエネルギーが無いと寒さが一層応えるもので、ようやく道端で揚げてた「ちくわ」みたいのを食べた時は、ほんとぅに身体が温まったし美味かった〜(TOT)/

e0112226_1820413.jpg
もぅ市場を出ようか?となったその時、皮肉な事にようやく店を発見!

モクモク立ち上る湯気の、なんと温かげな光景よ!
出てるモンみんなくださ〜い!と、小豆と南瓜粥、そして麺を注文。

シャリシャリ繊維が残ってる南瓜粥は甘くてちょっと「離乳食」っぽい(笑)反対に一見甘そうに見える小豆粥は、マメ豆しく塩味が効いて、なかなかオツな味。
一番グ〜だったのは、にゅうめんみたいな麺ですな。スープ飲んで温まれるしぃ〜


こんなとこでも、ちゃんと小皿にキムチが出てきてちょっと感動♪ホントに切っても切り離せないモンなんだな〜。とにかくっ!こうやって市場ン中で一度食べてみたかったので、あたくし大満足!!でありマス♪

京東市場 キョンドンシジャン (경동시장)
[PR]
by giova21 | 2009-02-22 23:57 | 2009年 ソウルの旅 | Comments(2)
ソウルは4度目だが、漢江超えて向こうに行ったのってはじめてちゃうん?という江南。面倒…というより、満腹で眠かったので(笑)タクシーを飛ばす。4人だとタクシーはほンとぅう〜に便利!かなり走ったけど安かったし〜
「地下商街」に行くはずが、「COEX MALL」で埋没…。でも寒い時、雨の時、ココはいいわよ〜1日中いれます!地図ないと迷いマス(笑)

全然イケてないアウトレットは行く必要なし!だが、お馴染みコスメショップも明洞のソレよりずっとゆっくり見て回れるし、衣料店はかなりヤンガ〜だけど、ユニクロもありマス。隣接する免税店ものぞいてみたが、カジノがあるからか、ロッテなどに比べるとマダ〜ム向けのハイセンスな品揃えで、あたしたちには用がありません。

そぅう〜!!スーパーへ行くのだっガゥガゥ♪と、またまたタクシー飛ばして(何様?!笑)やってきました「農協ハナロクラブ」は、ウっソ〜?!の24時間営業!上に上がらなくていいワンフロア式もグー♪品揃えはロッテマートより庶民的なモノが多く、値段も多分そんなに変わらないと思うけど、観光客が皆無なので、ゆっくり見れるのがイイ♪

今さらながらビックリするけど、例えば豚肉の薄切りパックとか、すんげ〜量なの!もぅソレ50枚入ってるんじゃないですか?って。あれ、普通に4人家族用に買うのかなあ?試食もあるし(違)やっぱスーパーって見てるだけでホント楽しい♪と、2時間以上いた我々…(笑)
e0112226_17265950.jpg
海鮮・野菜モノと分かれた充実のキムチコーナーでは、アジュマが対面式で売ってくれるのだが(これはロッテマートにない)それぞれの店なんやろか?と思うと、1つのとこで買うのが申し訳なく思う小心者のあたし…。

だってね〜おとなしいアジュマは客引きとかしないし、でも威勢のいいアジュマも好きだし〜って(^^ゞ ま、最終的には我々4人、うまいことバラバラに買い、よし!だったけど(笑)

ココも店内にパッキンセットが用意されてるから、キムチもしっかり箱に包装して、アララみんな大荷物!でも安心ござれ。インフォメでタクシー呼んでくれマス♪ウルチロサンガーのホテルクットまで30分もかからなかった。江北へ向かう夜景がキレイだった〜♪今日はよく歩きました!

*農協ハナロクラブ(良才店)농협하나로클럽(양재점)
ノンヒョッハナロクロブ(ヤンジェジョン)
[PR]
by giova21 | 2009-02-21 23:05 | 2009年 ソウルの旅 | Comments(0)
山……はないけど、上り下りの坂が多い北村巡りをしてると、いつの間にか結構歩いてて…お腹も減ってきます…。ということで、お待ちかねのお昼にしましょう!!イエ〜♪♪

地図17番を西へずっと進み、韓屋エリアの外側に出て、18番の大通りに降りる。恐ろしく急な階段だけど、上から韓屋の作りがよく見えて、ははぁ〜ん、中庭があるのだな…と思っていると、足を滑らすので要注意デス(笑)
e0112226_1047699.jpg
実際、あまりにドンピシャ!のところに出てきたので、ブラヴォ〜ヒュヒューもんだったんだけど(笑)降りてすぐ左手にあるのが、手作りマンドゥが名物な「カプサンミョノッ」。通されたオンドルに腰を下ろした途端、寒さで強ばってた四肢がプシュウ〜と息を吹き返す。あったけぇ〜(幸)。そしてお茶のようにサービスで出てくるトロトロの牛骨スープにウめぇ〜♪と一同顔がほころぶ。

e0112226_1050947.jpg
お姿、優に5センチはある巨大マンドゥは、ドンドンど〜ん!と6個入りで1人前。スープ入りは4個入り。皮が薄く、パンパカパンに中身が詰まってるので、かなりボリューミー。マンドゥというより「肉包み」ですな(笑)

4人で10個。とっても美味しかったが、少々飽きるのも事実…(^^ゞ 2人で食べる場合、よぉく注意しませう♪


あたし的にはこっちのスープ入りの方がお薦め♪あ、この白濁スープがやかんで出てくるワケです。一瞬こってり!と思うが、後味が爽やかで美味しいの♪ご飯もついてきます。隣の会社員グループの女性は、この寒いのに!冷麺食べてたけど、冷麺も美味しい店だそうだから「暑い時」にトライしてみたいわ。
e0112226_10575086.jpg

さてさて、満腹中枢がマヒする前に店を出て、通りを隔てたもう1軒に向かう。そう…ハシゴしたかったんデス!いや、なかなか来ない場所かな〜って…(^^ゞ 今度は「サムチョンドンスジェビ」「すいとん」デス!


e0112226_11161128.jpg

「郷土味覚巡礼777店」って!んまぁ〜それだけでちょっとウマそうやんやん?しかもナンバー、スリーセブン!

昼時とあってザカザカ人も入っていく。人気の店なんでしょう。日本でも「すいとん専門店」なんて見かけないし、あたしも本格的なモノ食べた事ないから、こらぁ〜楽しみデス!



2人分からオーダーできる“すいとん”は、チゲ鍋より上背のある独特な鍋に入ってくる。あたくし“すいとん”って、手でちぎった団子状のモノを勝手に想像してましたが、コレは麺でも団子でもない、ビロビロリ〜ンとなったラザニアのようデス!デカイ!し、わんさか入ってマス(笑)
e0112226_11373492.jpg
でもでも、適度な厚みがあり、ツルツルモチモチと喉ごしがよく、麺好きのあたし、コレはかなり好き〜!!マンドゥ屋のスープよりもっとあっさりしてるが、魚介の出汁が効いて美味い♪黒胡椒だか山椒だかがたっぷりのってきて、ちょっとピリリとするのもミソ。マンドゥ屋でもそうだったが、ついてくるキムチが浅漬け風でウマイんだな〜。コレも「店の味」のひとつだな。
*食べれなかったけど、カムジャジョン(ジャガイモのチヂミ)もウマイらしい。

今頃あたしの腹ン中で、ウンパ・ルンパたちが、せっせこ餃子を作っているに違いない!と思うほど、双方の店で「餃子の餡と皮」を別々に食べたみたいだったけど(笑)どっちもあっさりしてて、辛い料理に疲れた時にはとっても美味しく食べれる料理だと思う。

店の前の通りを南へ歩けば、京都の北山通り風なこ洒落た店が店がたくさんあり、腹ごなしの散歩にも良いデス♪さぁて、我々は江南へ行きますかい!
[PR]
by giova21 | 2009-02-20 23:46 | 2009年 ソウルの旅 | Comments(1)
車と人が団子状になったチェントロの喧噪とは全く無縁の北村韓屋マウル。もちろんそれなりの賑わいはあるが、田舎のおばあちゃん家みたいに、一昔前の日本の町のように、懐かしくのんびりとした風情が漂っている。

似て非なるもの…ではあるが、どこか同じ匂いを感じてしまう個性的な塀の数々。キレイだな〜。でも韓国の方がちょっとダイナミックかしらん?それでも古いものを活かしつつ残していく精神は、どこの国でも大事にしていきたいものであります。
e0112226_19225680.jpg
この緑青が浮いたみたいな色がシュテキ♪で…


e0112226_19322683.jpg
こっちは瓦以外は新しそぅで…


e0112226_1935161.jpg
こっちはいかにも!って感じ…有無



e0112226_19403590.jpg
で、ちゃんと屋根とも窓とも「調和」がとれてるんですね〜


あ"あ"ぁ〜っ”?!あたしってもしかして、塀?瓦?屋根?フェチなのかしら?!いや、歩いてると楽しいところなんです。韓屋通りって(^^ゞ ショッピングや人いきれにうんざりしたら、是非足をお運びください♪

ユジンとチュンサンが通っていた高校の舞台となった「中央高校」も、ココ北村にあります♪ってか、声かけられて「ふぅん、そうなんだ〜」と…スイマセン…。でも一応写真だけ…(笑)この左手あがったとこには“ユジンの家”もありマス♪
e0112226_19511266.jpg

[PR]
by giova21 | 2009-02-19 23:45 | 2009年 ソウルの旅 | Comments(0)
前回行くはず…で行けなかった「北村韓屋マウル」。食ってばっかですが観光もしてます…一応…(笑)。天気もイイが恐ろしく寒い。マイナス(知りたくない)℃のソウル。ひと風吹くたびに、顔の表皮がミリ単位ではぎ取られていくようだ。神様〜〜(TOT)/

ま、とにかく、韓屋マウルを歩くには「北村文化センター」地図をもらう(この日本語版有)のが必須!便利でキレイだしトイレもあります(笑)



e0112226_1745161.jpg



風水に恵まれたこの地は、古くから行政文化の中心であり、当時の伝統建築(韓屋)が数多く残っている。歩いていてもその風情を楽しむ事ができるが、1本横道に入り、高台から通りを見渡せば、屋根が段々と美しく連なっているのがよくわかる【MAP1〜3の辺り】

急な坂道に沿うように並ぶ家々。中には屋敷然とした立派な家あり、古い洋館あり…と、まるで芦屋の豪邸街だね〜などと笑いながら歩く。そう…そぞろ歩くには最適の散歩コースでもある。



e0112226_17481047.jpg
ともすれば日本のソレにも似てるようにも思うが…

こんなのや…

e0112226_186978.jpg

こんなのがあって…

e0112226_181188.jpg
「立春大吉」
ウゥム!字面といい収まりといい、
見てて元気になる言葉ですな!

e0112226_1812911.jpg

屋根の上をテッテケ走るネコたんと遭遇したり…


e0112226_1824236.jpg

負けじと屋根の下には、まん丸お目々のトリさんがいたり…
あ?!もしかして「魚」?


e0112226_18283749.jpg
そうしてツイと振り返ると、遠くソウルタワーが見えるんでありマス

[PR]
by giova21 | 2009-02-18 23:59 | 2009年 ソウルの旅 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21