人気ブログランキング |

カテゴリ:青春きっぷの旅( 81 )

e0112226_13482973.jpg



その名の通り、仲買人たちが居を構えた仲買町。

現在も当時の旧い家屋や商店が残っており、
もしかして玉島の中で1番フォトジェニックな界隈となっているかもしれない。




e0112226_14255697.jpg




おでんと一緒にいただいたお酒、燦然を扱う菊池酒造

3日前までに予約(平日と冬季の土曜のみ)すれば酒蔵見学もできるよ♪




e0112226_20361996.jpg



この日はほとんどの店が閉まってたけど、
その他に現役の店としては、玉島味噌醤油や、白神紙商店などが、
老舗ならではの趣ある佇まいを今も残している。




e0112226_21071819.jpg




そうそう、ここにも「銭湯跡」があったよ♪

前述した「みなと湯」も同じだったけど、
正面から男女別に入り、その間に番台がある昔ながらの作りなんだろうが、
まんまドアや〜ん!!な、扉?!がちょっと珍しい(笑)




e0112226_20355309.jpg



この仲買町から山の手に上がれば、良寛さんの円通寺がある。
せっかくなら行くべきだったのだが、時間が足りなくて断念。
なぜなら16時半には自転車返さないといけなかったから(TOT)//

新倉敷駅から玉島まで約3キロ。
ほぼほぼ平坦道なので、ママチャリでも20分くらいで着く。

玉島自体は徒歩でも回れるし、歩けるけど、
思いのほか見所が多かったので、自転車を借りて大正解だったと思う。
季節が良い頃だと、もっと気持イイはず(๑˃̵ᴗ˂̵)و

と、想像以上に良い所だった玉島。
倉敷といえば美観地区が有名で、ココはココで大変美しい所だけど、
数日滞在できるなら、または2度目の倉敷なら、
玉島も是非行ってみてください。オススメ♪

〈玉島アクセス〉新倉敷駅から 両備バス:玉島中央町線




e0112226_22022580.jpg



当日中なら乗り降り自由な青春きっぷ。
久しぶりにカキオコ食べたいなぁ〜と思ったら、岡山駅で途中下車できる便利さよ♪
だいたい新倉敷駅は、ぶっちゃけ何もないので…(^^ゞ

レトロな店内ときっぷのよい女将が切り盛りするお好み店で、
ジゥジゥ焼いてもらって、冷えたビールを流し込む至福の時間に、
超充実の物販が揃う駅構内施設に、嬉しい悲鳴をあげる(笑)




e0112226_22194390.jpg



ついでに?! こんな店も見つけて、最後に一献。
HPは出来すぎな感もあって、サクッと飲むだけなら良いかも…な感じだったけど、
おかげでグッスリクッタリ寝て帰る事ができました←ヨパライ(笑)

姫路に続き、連チャン使いな青春旅だったけど、どれも楽しかった〜♪♪
と、言ってる間に「春の青春きっぷ」が始まっちゃったわ〜(爆)








by giova21 | 2019-02-24 23:32 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_20454649.jpg



お次は羽黒神社から水路を渡って、東側(通町)に行ってみよう。

かつては船宿が建ち並んでいた界隈は、すっかり寂れてもの悲しい光景が広がっている。
そんな中、旅友が声をあげた〈河井継之助逗留の船宿〜児島屋跡〉の碑。
なんでも良寛を慕い、円通寺に参拝するために玉島に寄ったそうで、
切れちゃってるが(汗)上記写真の右側にひっそり建っている。

オバカなアタシは「カワイツギノスケって誰さ?」で、
知ってるアンタってば、(時々)ホントに偉いよね!だったけど(笑)
アサヒビールの創始者でもある外山脩造に薫陶を与えた人だったんだね。
こちらの記事がとても面白く紹介してるので、是非ご一読をv




e0112226_21505724.jpg



こちらもかなり寂れちゃってる商店街。
前述した玉井堂本舗はこの中にあるのだが、
開いてる…というか「生きてる」店を探すのが困難なほど。
全盛期の頃は映画館もあり、買い物客でごった返してたなんてウソみたい。

フラリと訪れる者にとっては格好の被写体でも、
実際生活してる人たちはどうなんだろう?!と心配になるが、
昭和で時が止まってしまった商店街は
〈ALWAYS三丁目の夕日〉のロケ地として使われたという。




e0112226_12461140.jpg




そんな商店街をとりあえず歩いて(走って)みると、こんなモノを発見!!

カステラ?!おでん?!ってぇ〜〜???
う〜ん、これはちょっとトライしてみたいぞ!!

開いてる店があると嬉しくなってしまうようなアーケードのなかで、
ポッと灯りがついていたおたやん食堂
おでんだけでもイイですか?と暖簾をくぐる。




e0112226_12544417.jpg



うわ〜うわ〜!!そこら辺でイイですよ!!!
思わず制したほど並々と注いでくれた地のお酒と一緒にいただいてみる。
なるほど〜!これは見た目まんまカステラだね(笑)

その正体は、フワッとした玉子焼き風の、つまりは練り物で、
食べた事あるような、ないような味わいは、
食堂の雰囲気と相まって、どこか懐かしい。

多すぎると思ったお酒も、チビチビいつしか無くなって(笑)
どこまでもゆるりと時が過ぎる玉島商店街。ご馳走さまでした〜!!

*心配しちゃった商店街、毎月第2日曜に開かれる朝市には多くの人出で賑わうそうだ(ホッ)




e0112226_13191113.jpg




このカステラが結構美味しくて、どこの使ってるんですか?って聞いて、
開いてるとイイな〜と、帰りがけに寄ってみたかまぼこ船松

イイ意味でそっけないほどシンプルな店構えがイイですな〜。
それでも、創業天保年間。実は知る人ぞ知る名店だったのです。

カステラはもちろん、一緒に買ったうす板がまた絶品!!で、
卵1個がまるまる入った「船松てんぷら(全丸)」も買えばよかった。。。。。

大通りから1本なか。住宅街の中で、ちぃとわかりにくい場所だけど(実際迷った(笑)
寄ってみる価値、大いにあると思いますよ♪♪





e0112226_13381928.jpg



小さそうに見えて実は見所ポイントが多くある玉島。
がっつりコップ酒が効いてイイ気分(//∇//)
今度は西エリア、仲買町の方に行ってみよう♪

つづく…








by giova21 | 2019-02-22 23:43 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_15210987.jpg



ようやく本腰入れて散策開始!
まず最初にゲゲゲ〜〜〜!!と声を上げたのが、
煉瓦色の色彩も、レトロモダンな建物も、一際目を惹くこちら。

最初「湯とかみ」って読んでしまって、なんじゃコレは〜!と思ったンだけど(笑)
右から「みなと湯」と読む、1927年築の“銭湯”なのだ。

ステキすてき!! 入ろうよ〜♪♪
……と思ったら廃業してて、ヒジョ〜に残念であった…(TOT)//
入浴自体もだけど、きっと内部も一見の価値があったに違いない。

これ、全体が洋館ではなく、中は純和風な建物。
つまりは正面と側面だけをグルリと洋風に仕上げた〈看板建築〉になっており、
ちゃんと建築知ってる人がみたら、興味深い建物なんじゃないかなぁ〜。




e0112226_15382859.jpg




“みなと湯”の隣には、玉島の発展の礎となった羽黒神社がある。

拝殿瓦にからす天狗が鎮座してたり、
縁結びにピッタリ!と、2本の枝がからみあった“むすびの松”が知られているけど、
アテクシ的にビックリしたのは、拝殿前の天井。




e0112226_15480384.jpg



これって〈羅針盤〉だよね〜〜!!!(≧▽≦)!!!

北前船の寄港地として栄えた頃は、他国の商人や船乗りたちの信仰も篤かったというから、
航海の無事などを願ったのだろうか。とにかく珍しいよねv

また、ちょっと小高いところに建っているため、
一望とまではいかなくても、神社にあがれば町の様子がよくわかりますv





e0112226_20293637.jpg



羽黒神社周辺の細い通りには、そこここにレトロな雰囲気が漂っているのだが、
思わず2度見してしまったキテレツ建築物を発見してしまった。

1階は昭和な喫茶店風で、2階は料亭風。そして最上階が焼き板木造建て。
な、なんじゃ〜コレは!!

まるで焼き芋、バームクーヘン、おでんの三段トリプル仕立て(笑)
趣味が違うとか、そんな問題じゃなくて違いすぎるやろ〜〜!!
隠れ和洋折衷な“みなと湯”もだが、玉島ってもしかしてコラボ好き?!

はぁ〜 なんかいろいろオモシロすぎる(//∇//)




e0112226_20461529.jpg



と、“茶”化してないで……
海上交通や商港の要衝だった玉島では文化交流の華も咲き、
最盛期には400もの茶室があったほど茶文化が発達した町でもあった。

今でも良寛が修業した円通寺で、70余年に渡り催されている〈良寛茶会〉は、
表・裏千家、藪内流、煎茶流の4流派が集まる盛大なもので、
〈岡山四大茶会〉の1つとされている。
そんな玉島には、創業100年を軽く越える和菓子屋さんも多いのデス。

そのひとつ、松濤園でお饅頭を購入。
おはぎも買ったし“あんこ”だらけ…だな(^^ゞ
この他に器楽堂老舗玉井堂本舗なども有名だよ♪






by giova21 | 2019-02-19 23:09 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_09555453.jpg



青春きっぷ。まだあります……(笑)
でもって、日を置かずして行ったのは岡山…である。

久しぶりに倉敷を歩こうと調べていたら、
倉敷の西に、港を排した感じのよさげな町を発見!
それがココ、玉島である。
寒い日だったけど、周遊に便利な自転車を新倉敷で借りて繰りだそう!




e0112226_10045282.jpg



とかなんとか言っちゃって、まず最初に向かったのは昼ご飯(笑)
腹が減っては戦はできん!からね(違)
だってさ〜“しのうどん”というご当地うどんがあったから食べてみたかったのだ(^^ゞ

ね〜ね〜、見てみて!
きしめんの倍々くらいあるびろ〜ん♪な幅広うどんなのっ(//∇//)
出汁は濃いめで甘め。ああ〜大阪離れたな〜って思ったけど、それはそれで◎!
うどんも喉ごしが独特でたいへん美味しかったデス♪♪

ジモティで溢れ返り、店員さんもとってもフレンドリーだった〈うどん 蔵〉にて。




e0112226_20050600.jpg



せっかくうどんで温まったのに、寒いな〜外。
今回は珍しくNO電動自転車借りたので、体温確保のために一生懸命漕ぎながら
やっとこさ玉島の町内に入ってきました!
う〜ん、さっそくレトロな風景がお出迎え♪

“タテ”ソースなのに、進入禁止マークみたいに商標?!が “ヨコ”や〜ん!〜と思ったら、
「タテ=盾」なんだって!なるほど、そう言われると“盾”だわな、確かに。





e0112226_20180444.jpg




1720年創業の豊島屋は、玉島の老舗商店で、食生活の西欧化に伴い、
昭和に入ってから現在の主力商品であるソース製造を手がけるようになったそうだ。

この日は正月休みでまだ開いてなかったけど、
スーパーをのぞいてみると、こちらの商品がたぁ〜くさん並んでおりました。

ご当地の酒や醤油、味噌なんかは結構馴染みがあるけど、そ〜だ、ソースもあるよね!
ちなみにウスターソースって、イギリスのウスターという町が発祥って知ってた?
ついで調べで、賢くなったわ〜(大違!!)




e0112226_20294667.jpg



この日は1月は6日の日曜だった。
観光客が大挙する町でもないし、恐らく翌日、月曜から営業する店が多いだろう中で、
豊島タテソースの向かいに、感心なことに(!!)開いてたおはぎ屋〜やまとがある。

「正月休みに京都に遊びに行ったら、スゴイ人で大変じゃったわ!」

千鳥のような岡山弁が楽しい店主におはぎを包んでもらう。
小ぶりで甘さ控えめ。幾つでも食べれそうなおはぎは、
あんこもきなこも税込みポッキリ¥60という驚愕プライス!

ビックリしてる間にジモティも買いに来たけど、
週末など、予約しないと売り切れる事も多い大人気店だったのであります。
散策のお供にぜひ是非ど〜ぞ♪♪

初っぱなからいろいろ捕まって前に進まないけど( ̄o ̄)
実に趣深く、楽しい町だったのです、玉島。
次回からキリキリ紹介していきます。





by giova21 | 2019-02-17 23:55 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_21263614.jpg



青春旅では「ご当地飲み食い」しなきゃね(//∇//)
姫路着いてまず飛びこんだのは、姫路っ子に愛され60年の〈タコピア〉

前頁でも書いたけど、この日は1月3日。
もしかして新年1発目の営業日で、開店を待ってたジモティに、
帰省やら何やらの非ジモティ人も多かったかもしれないが、
なんじゃこりゃ〜?! ってなくらいスゴイ人!!であった(笑)




e0112226_21362229.jpg




厨房も大忙しで、一体幾つあるん?な鉄板がフルフル大回転!
いやあ〜スゴイわ〜!!
とても新年明けてたったの3日目とは思えない光景である(笑)

それでも行列が途切れないのが、名物〈明石焼き風タコ焼き〉
“明石焼き”とも“タコ焼き”とも言い切ってないビミョ〜なネーミングが、
姫路という地域性を現しているようでオモシロイ。




e0112226_21362971.jpg




できたて、台の上でぽてぽて揺れてるタコ焼きは、
出汁につけると、ど〜しても崩れちゃうんだけど、
そこをわふわふ、アチアチと、上手に口に運ぶのが難しくも楽しく、そして美味しい♪♪
身もココロもあったまるわ〜〜♪♪

出汁につけてもソースをつけても、出汁&ソースでもお好きな方法でどうぞv
ちなみにここのソースは独特のスパイシーさがあって、ちょっと初めての味であった。




e0112226_21523562.jpg




こちらも名物、姫路といえば.…の“えきそば”

随分前に、兵庫の山あいの小さな町でやってた祭りの屋台で食べたっきりだったので、
この機会に是非、元祖えきそばを食べてみたかった。

昆布がキリッと効いた和風のツユに中華麺。
聞く限りは「?!」かもしれないけど、これ、かなりウマ〜イ!
発明した人エライ!(笑) 今度はホームの店で立ち食いツルリ♪とやってみたいな。

両店とも、駅前のグランフェスタというビルの地下街に入っていて、
(えきそば〜3番街・タコピア〜5番街)食べ回るのにも便利デス!

で、この後ですね、写真撮り忘れちゃったんだけど、
立ち飲み屋にしてはスタイリッシュな〈試〉にひっかけに行ったら、
ひとり旅してた女性と相卓になり、聞くとなんとアタシと同じ市の人で、一気に意気投合!!
座って飲みましょうや〜と、河岸を変えることになった(^^ゞ




e0112226_20251933.jpg



商業ビル内の店はともかく、路面店はまだ閉まってる所が多く、
なんとか座れた店で、これは初めて食す〈姫路おでん〉を肴に酒も話も弾みマス。

いちお下味はついてるのに、なんで生姜醤油つけるの?って思ったけど、
これも“えきそば”と同じ絶妙な組合せで、見た目ほど濃くないし、
おでんの出汁というより生姜醤油の魔力で、お酒がクイクイ進んでしまう(笑)

オマケに姫路ボーイズがお酒をご馳走してくれたもんだから、
予定より1杯(?!)多く飲んでしまい、あやうく帰阪の電車に乗り損ねる所であった。
座ってクゥクゥ寝て帰れてよかった〜( ̄o ̄)//

と、正月から良いこと、楽しいことがあったので(笑)
2019年、今年は良い年になるかもっ!!!! うん。




by giova21 | 2019-02-14 23:59 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_14255478.jpg



新年も迎え、使用期間まで10日を切ってしまった冬の青春きっぷ(1/10まで有効)
こ〜ゆ〜時は、いつか行こうとリストアップしてた
「結構近場」で、青春きっぷの「元がとれる(笑)」所に行くに限る。
ってことで、姫路は、圓教寺(えんぎょうじ)にやって来ましたv




e0112226_14381005.jpg


書写山(しょしゃざん)という、早口ことばのような山頂に居を構える圓教寺。
ご覧ように多くの寺院が山中に点在しており、西国三十三所の中で最大規模を誇り、
「西の比叡山」と呼ばれるほど寺格が高い。




e0112226_14462641.jpg




中でも、圓教寺を紹介する写真として有名なのが、ここ三之堂(みつのどう)だ。
大講堂(右)に食堂(じきどう)、広すぎてフレームに入らなかったんだけど、左側に堂行堂があり、
この3つが広場を挟んでコの字型に並んでいる。




e0112226_14514236.jpg




15世紀中期の再建とはいえ、巨大な三棟が建ち並ぶ様は圧倒的で、
ラストサムライや軍師官兵衛をはじめ、数多くの歴史物のロケ地として使用されている。





e0112226_14580659.jpg




2階建てということも、40mもある規模的にも、希少な建物である食堂から臨む堂行堂。

冬場は足元ジンジン冷え冷えだけど、緑多い山ゆえ、夏はきっと涼しいと思う。
この2階には収集物の展示や、写経ができるスペースもあるんだけど、
三之堂を見渡せる絶好のポジションなので、ひと休みするにはもってこいデス。





e0112226_14594135.jpg




その際、ず〜っと右手の方に行ってみると、ちょっと珍しいモノが見られる。

どっちが上で、どっちが下か、意図的か、仕方なくかわかんないけど、
食堂の屋根が、隣の常行堂に「めりこんで」るのだ(笑)

几帳面な(?!)日本人にしては珍しくない?
とにかく…こんなん見た事なかったのでビックリしてしまったわい(^^ゞ




e0112226_15120962.jpg




また、姫路城城主でもあった本多家廟屋もここから見え(奥にある小さなお堂)
忠勝・忠政・政朝・政長・忠国、本多家5代の五輪塔が設けられている。





e0112226_15230278.jpg



いつも何かと慌ただしい青春旅だけど、この日はのんびり予定だったので、
結構歩き回り、奥の院まで行ってみたよ♪

圓教寺創建の祖と言われる性空の遺骨を納めた坐像を祀る〈開山堂〉
ここにもちょっと視線をあげて見つけて欲しいものが…

憤怒の形相で軒下を支える力士像。
本来なら四隅に4人いるところが、西北コーナーにはいない。
これは、屋根の重さに耐えかねて逃げ出したから…なんだって!
さすがの左甚五郎作(伝)でアル(笑)




e0112226_19231680.jpg



この日は1月3日であった。
姫路駅前は思った以上に人が多く、もちろん姫路城も然り。
それに比べると、書写山の何と静かなことか。
平日に行った事のあるオカン様によると、普段でもやっぱ人出は少ないそうだ。

辿り着くまで結構歩くけど、乱れた息は、
遠く淡路島や明石大橋が見える絶景や、山道に鎮座する石仏が整えてくれ、
森深い境内は、高野山にも似た静謐さが漂っている。

姫路というと姫路城を連想してしまうけど、
凜として清らかなな書写山圓教寺、よかよか所でした♪♪お薦めです。




e0112226_19402722.jpg



昨春、ピカピカの新しい車両に替わったロープウェイに乗って行くのも楽しい圓教寺。
乗り継ぎ連絡もバッチリ!神姫バスを含む往復乗車券セットを買うと便利です(๑˃̵ᴗ˂̵)و

神姫バス姫路駅北口 10番乗り場より。平日土日とも1時間に3本程度。






by giova21 | 2019-02-12 23:50 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_20573488.jpg



こんなとこ、車じゃないと来る人いないよね〜。
人っこ1人見当たらないダダっ広い臨海地区をテクテク歩きながら、
なんか海鮮土産があるかな〜と、うみえ〜る焼津を目指すその途中。

ふと視線を上げると「ソレ」が目に入った。
雲海からニョッキと突き出た、何やら妙にデカイ山。

えっ?あっ?あれってもしかしてもしかすると、富士山っすか〜?!
うっそ〜〜〜!!!!!(≧▽≦)!!!!!!

目の前にあった公園の小高い丘に登り、Googleマップで確認してみると…

やっぱ富士山〜〜〜〜!!!!



e0112226_21042001.jpg



我々は西の人間なので、地理的にも、どこでどぅ〜富士山が見えるか全くわかンない。
まさかこんな所で、富士山とご対面できるとは思わなかった。
それだけにBIGサプライズ!嬉しくて友人とキャ〜キャ〜はしゃいじゃった(//∇//)
飛行機と新幹線以外で、富士山見るのもはぢめてよ〜♪♪

周囲に高い山がないんだね。
富士山だけがシュッと立ってて、その姿はとてもとても美しい!さすが日本一の山!
北斎が富嶽三十六景描いたのも、古来から霊峰として崇められたのも納得だわ。
ココから見てこの感動なら、例えば河口湖から見たら身震いするかもしれない(^^ゞ
アテクシもニッポン人だったのね〜(>_<)//




e0112226_21320970.jpg



ひとしきりはしゃいだ後は…当初の目的地であった“うみえ〜る焼津”へ。
土産物の他に、ジモティが名産のマグロやカツオを買いに来る鮮魚コーナーもあり、
“ヘソ”って名前なのに実は心臓とか“ハラモ”とか、水揚げ港ならではの珍しいブツが並んでいた。
もちろん、カツオ節もいっぱいあったよv

焼津的妄想その2としては…
「小林薫的な元漁師が、漁港の近くで営む小さなメシ屋」が本望だったンだけど(笑)
うみえ〜るに入ってるまぐろ茶屋でお昼を食べていくことにしました。





e0112226_21495478.jpg



“うみえ〜る”というだけあって、
2階のテラスからも富士山が見えるよ♪
も〜どんだけ見てても飽きないわ〜〜(^^ゞ

よく行く三国(福井)では、四季折々に美しい白山連峰を眺めてるけど、
山々が連なる連峰と富士山のような独立峰って全然違う!って改めて思いました。





e0112226_20565460.jpg



おぉお〜〜っと!マンホールにも富士山が!
これに気付いてたら山影を探したかもしれない。

だけど、後からトントンされて振り返ったらウギャ〜!!!みたいな(どないやねん!)
まさにドッキリカメラみたいな出会いだったからこそ、
これだけ嬉しくて感動したんだと思う。
浜松城から見えなかったのも“この時”のため…だったんだね。

朝起きて急遽決めた焼津行き。
マグロ&カツオの刺身定食も確かに美味しかったけど、
何よりオイシカッタのは富士山だった(//∇//) ありがと〜焼津!!!




e0112226_22120215.jpg



いろいろ満喫した静岡旅もそろそろお開き。

幸い全行程で着席でき、お腹もいっぱい。両手に抱えたビールでイイ気分(笑)
爆睡もして、全く苦にならなかった帰阪までの約5時間半。
大阪から東に行く上り列車は、西行きより乗り継ぎがイイから、
かけた時間以上に遠くに行けるような気がする。
これからは“東を目指せ!”かな(^^ゞ




by giova21 | 2018-09-07 23:29 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_15003382.jpg



翌日、日曜日。

ネットで探しても情報がなかったクセに、
もしかして漁港で日曜市やってるんちゃう?という
実に勝手な妄想を抱えて焼津まで出張ってみた(笑)




e0112226_15051118.jpg



温泉ある〜〜!! いきなり気分アガる!!!!
すごく迷ったけど、まだ9時だしなぁ〜と、珍しく町歩きを選択。
もし時間あったら帰りにトライしてみよう。

そうそう、また非ジモティの疑問発覚!!!!
このくろしお温泉も、浜松で行こうかと思ったRAKU SPAも、
フリータイムや60分、90分など、料金が時間制で分かれてるのだ。

関西だといろんな設備が揃ったスパゾーン、サウナや温泉ゾーンで料金が違う所はあるが、
時間制ってまず聞いたことない(ソレって関西人怒る…多分(笑)
特にいつも軽く2時間は入ってるアタシたちには酷なシステム。
全部が全部こぅだとは限らないし、サクッと浴びたい人には便利だろうけど、
所変わればいろいろ変わるんだな〜と、驚いたのであります。





e0112226_15282273.jpg



しまった!!! レンタ自転車すればよかった!!
ほいたらさかなセンターにも行けたはず(>_<)// と今、相当悔しがっているが、
バスで駅から南エリアに出てみたよ〜♪

せまいっこい通りに運河のような川が流れ、なんかエエ雰囲気デス。

車窓から小泉八雲のなんたら…という標識があり、なぜに八雲?!と思ったら
水泳が得意だった八雲が焼津の海をいたく気に入り、
晩年から没するまで、毎夏、焼津で過ごしたそうだ(おぉ〜!これぞ豆知識だな(笑)





e0112226_20005268.jpg




海も近いけど、海水が入り込んでる?でも 鯉が泳いでた所もあったし。
と、フシギな水路に、頭突っ込んで魚を捕る鳥〜鵜??サギ??がいて、
スゲ〜ね!と、見惚れてしもたわい(^^ゞ

そして…100万%の確信を持って
海苔の佃煮の磯じまんかと思ったら…(海やし!)




e0112226_20121475.jpg



造り酒屋な“磯自慢”だった!!! へえ〜〜焼津の地酒だね。
日曜なので閉まってて、至極残念であった。

ついで発見でいうと“海苔つくの磯じまん”は、
大阪市都島区という、むっさディープゾーンに本社があった。
アテクシてっきり東京モンかと思ってたわ(^^ゞスイマセン

また、エライ重厚な名前でんなぁ〜という地元系スーパー“田子重”にも遭遇。
見間違い大魔王のアタシ。最初、“団子重〜だんごじゅう” って読んじゃった(大バカ)

もちろん入って商品を物色!こ〜ゆ〜スーパーはジモティ色が濃くて楽しい♪
この時点で、帰りに温泉入るプランは時間切れ。
はかなく散っていきましたとさ…(笑)





by giova21 | 2018-09-04 23:01 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_22263306.jpg



前日、滑り込みセーフで取ったホテルは、駅から5分。
グランドオープンして半年も経ってないピカピカのくれたけイン
アタシたちはあまし馴染みがないけど、浜松や静岡に“くれたけホテル”が、た〜っくさんある。
呉竹荘っていう会社が展開してるんだね!! と、またまた豆知識(?!)をゲット!!(笑)

で、駅前、数あるビジホからココに即決したのは、、、、
ええ〜〜そんなんあるの?! なハッピーアワー付きだったから(//∇//)

グラスを置くと、ムニュ〜イって機械が自動で入れてくれ、小袋おつまみもついている。
暑い中歩き回った後に、グググ〜と喉に落とし込む冷えた生ビールのウマいことといったら♪♪




e0112226_20062882.jpg



他にも日本酒、梅酒、焼酎、赤白ワインetc…
ジンまであって、なんならカクテルも作れるという充実ぶりデス。
残念な事に1人1杯限定だったけど(笑) ま、そら仕方ないわな。

また、カランは3つだが、十分足を伸ばせる(小)浴場があったのも大きなポイントだった。
朝食もボリューム満点でお部屋もキレイ♪♪これで1人¥5000しないなんて、
最近のビジホ………スゴすぎ〜っ!!!

三原ではぢめてビジホ(スーパーホテル)を利用して以来、ビジホファンになったけど、
ホントCP高いと思います。女性1人でも安心して泊まれるし、オススメよ〜♪♪




e0112226_20460375.jpg



さて、生ビールでひと息ついたら、餃子!ギョウザ食べにいこうっ♪
鰻って結構腹持ちがよく、食べた時間も遅かったし、正直まだお腹は減ってない。
がしかし、幸いな事に2人共「餃子は別腹」の口(笑)
浜松来たら鰻と同レベルで浜松餃子も押さえとかなアカンでしょ〜!!

ひゃあ〜〜〜!!!! なになにこの行列っ!!!
土曜の夜。覚悟してたけど、並んでます。
この間に足踏みでもしてお腹減らしておこ〜っと( ̄o ̄)

ちなみに前に並んでたのは白人の男性…と、その彼女(日本人)
店内でも隣の席だったんだけど、器用にお箸使って白飯と一緒に食べてました。




e0112226_20550631.jpg




浜松餃子の店もたっくさんあり、大いに悩んだが、
歩いて行けて〈浜松3強〉と言われる “むつぎく”にした。

50分くらい並んだかな。
並んでる間にテキパキ注文とってくれるから、行列の割には回転は早いと思った。





e0112226_21050303.jpg



店内はとってもキレイです♪
オサレなタイルやなぁ〜と思ったら、アレレ?!もしかして餃子の皮?!

ビールと一緒にビール持ってきて〜と言い間違え、
お互い大笑いしてしまった感じのよい店員さんに聞けばよかった(^^ゞ
でもやっぱ「餃子の皮」……だよね?!

カウンターのお2人は、我々の2組後に並んでた男性たち。
それぞれ「大:16個」とホルモンを頼んでて(もちビール付き)
よぉ〜食べるな〜って思ったけど、それも後で納得!





e0112226_21143122.jpg




餃子のオーダーは基本的に2回まで…らしい。
だからアタシたちは「特大:20個」で!!!! (2人で…デスよ)

きゃ〜〜〜!!! そそるなぁ〜〜このビジュアル!!!
1人10個ってどうかな〜ってちびっと不安だったけど、
ああ〜〜〜この餃子、軽いです、軽い!

キャベツ主体のふんわりやさしい餡には、肉の欠片も見当たらない(笑)
ま、それはそれでイイし、薄めでクリスピーな皮との相性もグ〜。
とにかく、この外見からは想像できないほどあっさりしてて、
今この腹具合で、アッちゅう間にペロリと平らげた!

予め注文取ってるからすぐ出て来た事もあるけど、
店入って出るまで30分ほどだったかも(爆)

美味しかったよ〜♪美味しかったけど、愛してやまない丸正の餃子がパンチのある味なので、
それと比べるとこちらはフライ級。ちょっと物足りなく思ったのも事実。
いやいや…何事も1回、食べてみんとね(๑•̀ㅂ•́)و✧




e0112226_21361521.jpg



うへ〜!!! 我々が出る頃には既に打ち止めになっていた!まだ20時過ぎなのに!
どのみち並ぶにしろ、特に週末は、なるべく早く行っておくべし!です。

ちなみに浜松駅構内にあるエキマチEASTには(土産物も超充実な楽しいエリア)
元祖浜松餃子店と言われる石松が入ってて、こっちはまだ営業していた。
なんなら石松のも食べ比べてみる?って言いあったほどで、
それくらい、あっさりライトに食べれる浜松餃子でありました。






by giova21 | 2018-09-03 23:08 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_14454593.jpg



29歳から45歳まで。家康が17年間、居を構えた浜松城
大阪城を見慣れた目としては、こぢんまりしてるなぁ〜という印象だが、
プロポーションはお美しいです♪

俗に“出世城”と呼ばれており、後に天下人になった家康にちなんでるのかと思ったら、
25代続いた城主の中から、幕府の要職に抜擢された人が多かったから…らしい。
東大入ってキャリア官僚なるみたいな感じ?
(う"〜!! 書けば書くほど己の無知をさらけ出しているような気がする(笑)





e0112226_15145009.jpg




浜松城で有名なものの1つ。なんとも荒々しい野面積みの石垣。
イイ顔してるなぁ〜これ。好きです。大好き!

築城の名人、藤堂高虎も好んで使った野面積み。
彼の代表作?! 今治城も行ったことあるけど、これほどまでの野性味はなかった。

ほぼ築城当時(1570年)のまま。こうやって遺ってる。
昔の人は、昔の技術は、ホントすごいもんだと改めて思う。

このサイト、かなりオモロイ!松本城行ってみたい〜(//∇//)




e0112226_21272595.jpg




城の内部は展示室になっており、いろんなモノが見れるが、ある意味コレは必見!
〈若かりし家康公の3D肖像〉とあるけど、まんま等身大の超精巧な蠟人形!!!

さまざまな文献を参考にしたといい、
イライラ爪を噛むクセがあったことを基に、なんと“深爪”になってたり、
興奮すると軍配を噛むのでわざわざ“噛み跡”をつけたり
天下人の手相〜ますかけ線まで再現。手相ですよ、手相!!!(笑)
ストーカー並みに(?!) 在りし日の家康を生き返らせた。




e0112226_20565227.jpg



家康といえば、教科書に出てるような姿(↑)を思い浮かべる人も多いはず。

しかし浜松城主としてバリバリ働き盛りの頃。すなわち3Dなお姿だった頃の家康は、
名だたる対戦に参戦・奔走した苦労人でもあった。
そう思うと、こ〜ゆ〜お姿を再現したのはナイス発想だと思った。
しかもこれで終わりじゃないんだよね〜。天下人になるのはまだまだ先のお話。

虹彩の色!!!!も似せており、どこ見ても目があってコワイけど(笑)
凝りに凝った再現細部も探しながら、
こんな時代もあったんだよ〜(by中島みゆき的)と、3D家康公と対峙してみるとイイかも(違!!)




e0112226_21450215.jpg



天守閣からは… え?あっ?富士山、見えるの?!
ううう〜〜〜曇ってて、山影さえ見えないわ。。。(>_<)// ザンネン!!

という浜松城を見学し、この日の〈観光〉はお終い(笑)
夏時間で遅くまで開いてたのを知らず、先に来てしまったから楽器博物館は行けなかった。

感じの良さげなてんはま線に乗って浜名湖回るとか、
いつか大井川鉄道乗る時の予習として掛川城に行って見る?とか、一応考えたけど、
急に決まった旅だったので、ネタ集めや気分が中途半端になっちゃった。
せっかく来たのに浜松に申し訳ないけど、買い物と食は堪能したよ♪(違!!)

フラリと入ったら本店だったという、うなぎパイの春華堂に(店の人がMAX親切だった!!)や、
大阪南部人に負けぬくらい祭り好きな遠州人御用達の凧人や、
“えんてつ”ってなんですか?と聞いて、相手のアゴ外した遠鉄百貨店や、
(梅田で阪急って何ですか?って聞くくらい爆弾発言だったらしい(笑)
駅前でやってたマルシェでお茶買ったり……ね(^^ゞ

これはこれで楽しかったよ♪♪うん。






by giova21 | 2018-09-01 23:19 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21