人気ブログランキング |
e0112226_14024610.jpg



この時期の必食グルメその1は、カニですね。もちろん。
皇室献上品にもなる三国港で揚がったカニは、黄色いタグが目印だ。

けど、アテクシが好きなのは、
2月頃から約1ヶ月しか賞味できない脱皮したてのズワイガニ〜“水ガニ”だ。

味の濃さはズワイに負けるけど、とってもジューシーで甘く、
ズボガニと言われるように、スポッと剥きやすいのも三重丸♪♪

今年は漁獲量が少なく、値段も高めで心配してたけど、
無事食べれて感謝感激デス!!!




e0112226_14174313.jpg



俗にいう“油揚げ”の消費量が日本一の福井県。
スーパーの売り場を見ると驚くほど多種多様に揃っていて、一面キツネ色に染まってる(笑)
初めて見る非ジモティは腰を抜かすはず。多分。

そんな“We Love油揚げ”の県民性を全国に知らしめたのは、
ご存じ〈秘密のケンミンSHOW〉で、谷口屋のお揚げさんが紹介されたからだと断言できる。

人気が高じてウチの近所でも買えるほどになったけど、
それよりず〜っと前からファンです、アタシ(//∇//)

こ〜やって家で焼き温めて、生姜醤油で食べるのもウマイが、今では長蛇の列という本店。
ここで揚げたてを食べると“油揚げ”の概念が音を立てて崩れるほどウマイです♪♪




e0112226_14590930.jpg



カニと並ぶ冬季限定必食グルメその2は、水ようかん!!!
夏じゃなくて冬!冬だけ店頭に並ぶ変わり種である。

これも初めて知った時は驚いたけど、ぬくぬく温かい部屋やコタツで、
ツルルンちべたい水ようかんを食べるのは、コタツでアイスに通じる美味さがある。

ほどよい黒糖あんこの甘さは、同じく甘めの日本酒とも相性バツグン!!!
“はまな味噌”も合うと書いたが、あんこに日本酒、
コチラも最高にラブリ〜なカップルだと信じて疑いません、アテクシ(笑)

一口に水ようかんといっても、お揚げさん同様、たぁ〜くさん種類があって迷うが、
そのほとんどが箱に直に流し込んでいるので、土産用に持ち帰るには注意が必要。
そ〜ゆ〜時は、パック詰めやフィルムがかかったモノを選ぶと良いでしょう。





e0112226_15185931.jpg



こちらは通年で買える福井の有名な銘菓、羽二重餅。
最初の刷り込みが悪くて、はにえ?(×) はぶたえ?(○) と、
いっつも迷っちゃうアホウなアタシだが………大好きデス♪♪

今回、パッケージの風格に惹かれて、初めて錦梅堂のモノを買ってみた。
羽二重餅もいろんな店が作ってるので、それぞれ違うのです。

錦梅堂は甘さ控えめ、結構しっかりめ食感。これはこれで美味しい。
が〜、まさにシルクのような舌触りでとろける松岡軒のが好みかな。
松岡軒では、夏場、羽二重餅をのっけたかき氷を提供するので、
これは是非1度食べてみたいと思ってる(๑•̀ㅂ•́)و✧

その他の店としては、和胡桃の入った羽二重餅をシュー生地で挟んだ
はや川の “羽二重くるみ”も人気がありますv




e0112226_15473945.jpg


【オマケの店舗編 1.】

魚は大好きだけど連日続いたので、ガッツリ系を注文した“さらい”のランチ。
“さらい”のある能美市は九谷焼きのお膝元。
九谷資料館や店舗が揃う陶芸村にも近く、
友人が絵付けにハマってるお陰で、三国に行く度通ってるほどだ。
ちなみに絵付けは、ウルトラマンシリーズをはじめ格安で楽しめるのでオススメだ。

で、“さらい”である。
宿泊もできる大変キレイな施設で、そこここにさりげなく九谷焼が飾ってあり、
トイレの(九谷焼き)な洗面台など、一見の価値がある。

もちろんランチの皿も全て九谷焼き。
ぶっちゃけ九谷は余り好みじゃないないんだけど、
こうやって揃えられると、あらら、ステキじゃない?って(^^ゞ

味もCPもなかなか良く、昼時は順番待ちになることも多い。
なにより、磁器〜九谷が好きな人には施設共々楽しめるんじゃないだろうか。




e0112226_21085037.jpg


【オマケの店舗編 2.】

以前行ってお気に入りになった池田町は、町の9割を山林が占める自然豊かな所である。
能学の里として知られるほか、山林を活かしたアクティビティもできて、
前から思ってたけど、景観や佇まいを損ねることなく観光に力を注いでる気持のよい町だ。

で、以前行き損ねた店〜おもちの母屋に行きたかったのよね〜(^^ゞ
実は池田町、米や餅米が美味しい事でも有名なのデス。そしてアテクシ、お餅がダイスキ〜♪♪

このランチ、キチンと地産地消に手作り感はもちろん、
工夫を凝らした餅料理やおこわもとっても美味しくて、お腹いっぱいになりますv
テイクアウト用のお餅も美味しいので、こちらもオヤツにどうぞ♪♪

ホンマ食べてばっかやったな。。。。。(//∇//)





# by giova21 | 2019-04-07 23:08 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_21313389.jpg



確定申告もあり、何かと尻に火がついてる時期だけど、
毎年、三国のカア様が大好きな“焼き牡蠣”にお連れするので、気分転換しに出張ってみよ〜♪
ってか“食べてばっか!”だったが…(^^ゞ

今年は東日本大震災復興支援として、石巻の牡蠣を使ったカキ小屋が福井駅前に建ったので、
及ばずながら復興支援として行ってみることにした。

「平日」というのにスゴイ人出で、軽く1時間は並んだのにはビックリしたが、
こ〜やって美味しい牡蠣を食べてると、風評被害が今だあるのが信じられない。
みんな、東北の海産物も、米も野菜も食べようねv




e0112226_21454159.jpg



名誉市民になれるくらい来てる三国(笑)
ちょっと離れてる分、未開拓だった福井駅前を散策できて楽しかった♪

牡蠣の後のデザートは、前から来てみたかった“ジェラート・トリノ”
ウチのオカン様も里芋ならコレ!!と絶賛する上庄里芋を使った里芋ジェラートが、
第1回ジェラートマエストロコンテストで、見事優勝を獲得(2013年)
続いて2018年に開催されたジェラート日本選手権でも、別のフレーバーで優勝している。

その里芋ジェラート、確かにイモ的な粘度と甘みがあり、だけどサツマイモとは全然違う。
サツマイモが青春の甘さとすると、里芋は壮年の甘さ…みたいな…ね(笑)
素材の“上庄里芋”はマヂで美味しいから、ジェラートも是非ご賞味あれ♪

ついでに言うと、店が入ってる〈ハピリン〉は、2016年にできたとてもキレイなビル。
飲食店や土産物屋、物産館も充実してるので、見て食べ回るのもオススメ♪






e0112226_22362397.jpg




ココも行きたかったの〜♪なのは、ブラタモリ(#124)で紹介された“国嶋商店”

創業1520年。ほぼほぼ500年もの歴史がある店が福井市内にあるなんて!!
金沢まで買いにいってて、ゴメンなさい…な気持である( ̄o ̄)
(これはこれでよかったのだけど…)




e0112226_13251444.jpg



品のよいご主人が、奥の室から持ってきた糀を、三国母お買い上げ♪

紙袋にザカザカ入れて…、老舗店なのに気取らぬ所が好印象。

アテクシも…と言いたい所だけど、
百貨店の北陸フェアで買った糀がまだ残っていたので………




e0112226_13320460.jpg



塩糀をゲット〜!!
三国母のように自分で作ったら1番いいのだけど、今回はズルね(^^ゞ

塩糀ってホントに便利で、例えば鶏モモにペタッとすり込んでおくと、
おっとろしく、ふっくら美味しい肉になる。
しかも味付けは塩麹のみでじゅう〜ぶん!!
まぢ、偉大で手軽、最強の調味料だと思う。

早く今のを使い切って、国嶋商店のを使うのが楽しみである(๑˃̵ᴗ˂̵)و




e0112226_13451583.jpg


あと“はまな味噌”というのを買ってみた。
ザックリ言うと「ナスの大豆味噌漬け」みたいなものだ。

由来などはコチラを参考にしてもらうとして、
福井歴が長いアタシも初めて口にしたんだけど、ンまぁ〜コレがうまいうまい!!!
記事にあるようにご飯にもたいへん合うが、酒よ〜酒っ!! 酒の肴にピッタリ!!!!!
スプーン1杯で、軽く一合呑めます。いやホント(笑)

秋から春にかけての季節限定品で、福井にしかないという“はまな味噌”
お土産好適品として、マストでオススメできるわ〜(//∇//)





# by giova21 | 2019-04-05 23:47 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_20325413.jpg
フルーツケーキが大好きなアタシ。
空港で見つけ、カード切ってまで買ってしまったコチラ。
全然知らなかったけど、ジミーってチョ〜有名なお店なんだねv

パッケージにウソはなく、レーズンがたっぷり入ってとっても美味しかった♪♪
これから、マストで買おうと思った(//∇//)
そう…アテクシ、レーズンが大好きなのデス。

大阪土産の定番の1つ、りくろーのチーズケーキには、申し訳程度にレーズンが入ってるが、
コレがダメって人、結構います。*レーズンのこだわり
アタシにしたら、下が真っ黒になるくらい入れて欲しいんだけど(笑)

で、思ったのだ。この“レーズン好き”はどこからきたんだろう?と。
モヤモヤ考えていると、思い出したのだ。
そ〜〜だ!!こどもの時、オヤツで食べてたレーズンが大好きだったからかも!って。



e0112226_22015302.jpg


商品名は思い出せないけど、パッケージは鮮明に覚えてたので、
「レーズン 赤い箱 カゴを持つ女性」とかなんとか、一生懸命ググってみたら、、、、

あった〜〜〜!!!!

そうそう、これよこれ〜〜!!
ウソみたいに絵柄、変わってないし〜!!!(感涙!!)
ってか、今でも アマゾンで買えるんだ〜〜〜!!! 再感涙!!!(TOT)!!!
500gってのは、ちょっと大きすぎで多すぎだけど(笑)

小箱は確かグリコくらいの大きさで、我が家では常時5〜6個は積まれていたように思う。
多分オカン様も好きだったのだろう(笑)
今思うと、栄養価も高いレーズンをオヤツに出してくれてたなんて、
オカン様、なかなかやるじゃないですか。感謝デス(๑˃̵ᴗ˂̵)و

今では枝付きとか有機栽培モノなど、いろんな種類が出てるけど、
アタシが今食べたいのは、この真っ赤な小箱っ〜〜!!!と、再びググルと、
おお〜〜!あるじゃないっスか。今日日なんでも揃うアマゾン、恐るべしっ!!

しか〜しっヤケに高い!! 1箱25gのが一体幾つ入ってるんだろう?
これを買うには両手いっぱいの勇気が必要だ(笑)
KALDI ? 成城石井 ? 明治屋 ? どっかにないかな〜。




# by giova21 | 2019-04-03 23:23 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21