e0112226_21540471.jpg




ではっ!錫のぐい呑み、はりきって(?!)作っていきましょう♪♪

タイプが、お椀型とメガホン型(勝手に命名(笑) 2種類ある。
下にいくほどキュッとしまるメガホン型の方が難しいそうで、
でも、やっぱこのフォルムがいいな♪♪とメガホン型をチョイス。




e0112226_21575912.jpg




これが「砂型鋳造」に使われるオイルサンドという特殊な砂だ。

独特の粘度があり、たいへんきめ細かい。
空気が含まれているように、握ってもフワンフワンしている。
なんかとっても変な感触で、子どもが喜びそうである(笑)




e0112226_22012206.jpg




〈難易度0〉*5点満点

木枠の中央にぐい呑みと、錫を流し込むトンネルの型を置き……





e0112226_22023403.jpg



〈難易度2〉
型が動かないようにオイルサンドをキュウキュウに詰め、
余分な砂をキレイに除いて、表面をならす。

〈難易度3〉
その後、ニョッキリ突き出ている“煙突”を、そぉ〜っと抜き、
木枠を上下逆さまにひっくり返す。




e0112226_22043778.jpg




すると……こぅ〜なります。

粉砂糖のような白い物体は、型を抜きやすくするための打ち粉のようなもの。
それがわかりやすいように、オイルサンドに茶色い色がついてるんだそうだ。
ちょっと見、まるでティラミスのようだよね(笑)

〈難易度4〉
お次は、この上にもぅ1つ別の木枠をはめ込み、
同じように砂をキュウキュウ詰めてならして、またまた上下ひっくり返す。

今度は木枠が2段になって重いので、ここはかなりの難所。
ムリせず先生にやってもらってもオウケイ!




e0112226_22040187.jpg



〈難易度特5〉
で、二段重になった木枠を、上下そぉおお〜〜〜〜っと外す。

奥の方、型から抜けて砂でできたメガホン型が出現すれば一応「成功」なんだけど、
手前(アタシの) は、型がくっついたまま!

型の周囲をコンコン叩いたら抜けるらしいが、叩きが弱かったのか、
2/3あたりで、砂型が割れてしまった。。。。。ぎゃ、ギャボ〜〜!!!!!!

→ 先生が修復してくれました。。((>_<))

しかしながら、型が埋まってても結局外さないとダメなので、どっちの作業もハードル高し!





e0112226_22263207.jpg



〈難易度超5〉
次に中の型を抜いて砂型だけになった2つの木枠を、再び二段重にすべく“合体”させる。
つまり、凹型と凸型をくっつけるのだ。

水平にキッチリ降ろさないと砂型が崩れるので、
初心者ならずとも超ミッション・インポッシブル!!
ズレないように板を添えながら、3人かがりの必死のパッチ(笑)
後半になればなるほど難易度アップで、冷房効いてるのに汗タラタラです。。。

でも…ここまできたらゴールはもぅすぐ!




e0112226_22420739.jpg




木枠を合体させてやっとこさ完成した鋳型に、先生が錫を流し込んでくれる。

砂で作った鋳型に、熱した金属を流し込むなんて何かフシギ!




e0112226_13413289.jpg



流し込んだ錫が固まるまで、先生がデモンストレーション。

お玉ですくって広島焼きの生地みたくシャ〜ッと流すと、あっちゅう間に固まる。
思わずみんなで顔を見合わせ「ターミネーターみたいっ!!!」(笑)

この薄さならペロンとすぐ剥がせ、指で簡単に曲げれるほど柔らかい。
これは錫の融点が低いことと(約230度。鉄は約1500度)、展延性があるから。

このような錫の特性を活かした商品〜自由に変形できるKAGOが大ヒットたことで、
能作の名が広く知られるようになったといってもいいかもしれない。

金属の特性も知ると楽しいもんだ。
化学も物理も大嫌いっ!!!だったけど、今なら楽しく向き合えそう(^^ゞ




e0112226_14464799.jpg



さて錫が固まったら、木枠からパッカ〜ン!と外す。

今まで大変な工程がいろいろあったけど“この瞬間”は間違いなく楽しい♪♪
きゃ〜〜産まれたよっ!!! ってな感じ。

がぁ〜〜アテクシの子どもったら、バリだらけ!
途中で割れてくっつけた跡もクッキリ残っている。。。

でもご安心なされぃ!
こんなに酷くても(!!) 全然全く修正できます。
根気よく磨いて、削って、磨いて磨けば……(笑)

それにだ。この時はみんなの中でアタシのデキが1番最悪だったンだけど、
今まで“無事故”で突っ走ってきた友人のモノは、見てくれ問題ないのに、
チェックとして水を注ぐとポタポタ「水漏れ」しているではないか。

ここまでくると修復もできず、残念ながらぐい呑みとして使えない。
今までの苦労は一体…と、ちょっとした悲劇である(>_<)
と、最後まで気が抜けないんだけど、それもまたドキドキ。

*不備が出た場合、予備のストックを渡してくれます。




e0112226_21094727.jpg



さぁ〜気を取り直して化粧直ししていくよ!

純度100%の錫を使用する能作では、どっしり重量感のあるこのぐい呑みでさえ、
ニギ〜っと握ると、変形するほど。
だからペンチでバリを取ったり、サンドペーパー(研磨紙)で磨く事によって
意外とイージーに(?!)お色直しができる。

しかしながら、調子のって磨いてるとどんどん薄くなるし、
研磨紙の目が磨き跡となって残るから、目の粗さや方向性にも気をつけなければならない。
繊細で根気のいる作業だけど、みんな夢中でやってたほど楽しかったデス。

だってね、バリバリボコボコだったぐい呑みが、
どんどん滑らかに、キレイになっていくんだもん(//∇//)
砂目の跡をわざと残してもいいし、荒く研磨して模様をつけてもいい。
これぞ世界にただ1つの「My 錫のぐい呑み」じゃあ〜あ〜りませんかっ!!

最後は高台にコンコン♪と刻印してフィニッシュ!これも超タノシイ!!
磨き足りなくても、研磨紙を買ってきて自宅でやってもオウケイです。

この日は我々3人だけで、後も詰まってなかったので、
好きなだけどうぞ♪と、研磨に小一時間も費やすことができたのもラッキーだった。
HPには所用時間約90分とあるが、ぶっちゃけそれでは全然足りないと思うし。

とにかく言えることは……
むっちゃ難しいけど、むっちゃタノシイ!!!
次はアクセサリー作ってみる?と、早々に再訪話が出たほど。
お時間ある方は是非トライしてみて〜v




[PR]
# by giova21 | 2018-08-09 23:35 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_20565581.jpg


加賀のお殿様、前田家の二代目となる前田利長高岡城に入り町を拓いた時、
何か産業を興そうと、腕利きの鋳物師や鋳造師を呼び寄せたことから、
今日まで日本を代表する鋳物の街として知られるようになった高岡市
ちなみに銅器(梵鐘や銅像など)の生産額でいうと、実に全国シェア95%を占めるという。

今でも多くの工房やメーカーがある高岡で、1916年創業。100年余の歴史を誇り、
デザイン性の高い鋳物で人気の〈能作〉が、ステキ新社屋になったので
是非とも行ってみたかったのだ。

高岡市の南。ちょっと町外れ。
緑豊かな敷地に様々な企業が集まったオフィスパーク内にあるのだが、
モダンでシャープな社屋の存在感は他を圧倒的していマスv




e0112226_22014448.jpg




青空に映える印象的な赤屋根は、鋳造炉の「火」を現しており、

入口には、金箔か〜いっ!! と思うほど輝く約400枚の真鍮板が…。





e0112226_22042693.jpg




その入口から入ると、おぉうぅ〜!これは何?!

地元の職人100人が作った、能作の代表的な作品のひとつ、そろり(一輪挿し) がズラリ!

ここは美術館か〜い!と思うも、さらに中に入ると……





e0112226_22141615.jpg



ぐわ〜〜!!やっぱここはメーカーの社屋ちゃう!

アートミュージアムや〜!!

ってか、これは何だ????




e0112226_22261528.jpg



こたえ = 鋳型を作るための木型(原形)
も、木製って???

てっきり金属性と思ってたけど、まずこの木型に特殊な砂をかぶせて「鋳型」をつくり、
そこに溶かした金属を流し込む「砂型鋳造」というのが、
能作をはじめ、高岡で用いられている主流の鋳造技術なんだそうだ。

金属製より価格が安く抑えられ、小ロットの生産に向いているといい、
だからこんなにバリエーションが豊富なんだね。





e0112226_22402059.jpg



うぅむ。よくわからないから、実際に作ってみよう!!

そう…社屋見学もだけど、NOUSAKU LABで鋳物製作体験もしたかったのだ(//∇//)
今まで数回フラれてきて(予約必須!!) ようやく実現!!
これが本日のザ・メインイベント!

いつの日か錫のチロリが欲しいので、
難易度★★★★★のぐい呑みに挑戦するわよっ!! (写真右にあるヤツ)




e0112226_22522871.jpg


むっちゃくちゃ難しかったぐい呑み制作談は次で紹介するとして、
富山産の杉材と錫や真鍮を多様したオサレすぎる社内にはその他に、ショップやカフェ、
ギャラリー(写真:この時は iittalaMarimekko と能作のコラボ展示)があり、
フツ〜に訪れてもとっても楽しい。

また特筆すべきは、単なる工場併設の施設じゃなく、
富山の見所を伝える観光案内コーナーがあり、
ココ、能作を通じて、ものづくりと観光を結びつけようとする仕掛けがあって、
とても興味深く、ステキな取り組みだと感じた。

プラッと訪れた人も、観光バスで大挙した外国人も来てたし、
今や高岡でマストで訪れるべく注目スポットになっていマス。
“能作”ってなんぞや?という方は全国11ヶ所にあるショップをのぞいてみて(๑˃̵ᴗ˂̵)و





[PR]
# by giova21 | 2018-08-06 23:54 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_22214902.jpg



今回は三国を訪れる度、いつか行かなきゃ〜!と思ってた富山へ行ってきた(^^ゞ
砺波のチューリップ以来の富山だが、石川県を挟みもう1つ向こうの県になるので、
always100キロ超で約1.5時間。結構気合いが入る大遠征になる。

でも、そんなドライブも楽しい♪
地道だと“道の駅” 、高速だと“SA”があるからだ。
三国母も一緒だったので「我慢して」1つだけ寄ったんだけどこれが大当たり!




e0112226_22331348.jpg


上りの方は従来のママみたいだけど、
下りはリニューアルほやほやで、超キレイになっていた〈小矢部川SA〉

言われてみれば珍しいね、なローソンは北陸道初出店で(ファミマやミニストップが多くない?)
人気の〈白えび亭〉高速道初出店
ああ〜〜10時前じゃなきゃ、白えび丼食べたかったわ〜〜〜

さて、初めて足を踏み入れた小矢部市
いろんなフシギ大発見があったので記しておこうと思う。

まず…車窓からも幾つか見え隠れしてた欧風チックな尖塔。
学校?教会?と思案してたんだが、小矢部市、このような洋装の建築物が35もあるのだ。
ズラ〜っと列挙して見るとかなり壮観である。



e0112226_09420386.jpg



おまけに作りがフルってる。たとえばこちらの蟹谷中学校。

中央尖塔→オックスフォード大学
校舎中央→ベルサイユ宮殿 左右→迎賓館

と、国内外の有名建築のイイとこ取り…というかモデルにしているのだ。
冷静に見ると、どこがベルサイユゥウ?!と突っ込みたいところだが、
他にも東大安田講堂、服部時計店(銀座)、シェーンブルン宮殿、
ウエストミンスター寺院、ビッグベン、大阪は中之島公会堂もあった。

よくまぁ〜と感心すると共に、こんなご時世だからすぐ思っちゃった。
これって著作権大丈夫なん?と(^^ゞ
完コピじゃないし、既に35も建ってるから大丈夫なんろうだね、きっと(^^ゞ


e0112226_10094776.jpg


ちなみに小矢部市のキャラクターメルギューくんの胸にもメルヘン建築が(//∇//)

頭にくっついてるのは五輪聖火ではなく…(そう見えるよね?!(笑)
源義仲が倶利伽羅峠の戦いで牛の角に松明をくくりつけ奇襲攻撃。
見事、平家に勝利した故事にちなむそうだ。

あとね〜非ジモティとしてはなぜに小矢部に?!って思うけど(スイマセン!!)
北陸初!観覧車もある立派なアウトレットもある。
そのアウトレット横にある道の駅(足湯もあるよ♪)で早めのお昼をいただくことに。




e0112226_13380740.jpg



ここにも白えび丼があったが、もう1つの名物、氷見うどんにしてみた♪
氷見牛と白えびコロッケをお供に添えて(๑˃̵ᴗ˂̵)و

最近うどんというと讃岐ばっかで、こぅいったうどんは久しぶりだ。
キラキラ輝くうどんは、見た瞬間、間違いなく美味いはず!って確信。

細麺ということもあり、喉ごしが非常になめらかで、
コシというより、モチモチした食感に喉が鳴る。答え=スゴ〜ク美味っ♪
重いの覚悟で土産に購入。帰って2日後には無くなってしまった(笑)
稲庭もいいけど、氷見うどんも間違いナッシングよv

ということで、小矢部を満喫?!したアタシたち。
いよいよメインイベントに移ります。





[PR]
# by giova21 | 2018-07-31 22:44 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21