e0112226_20453431.jpg



〈果貿来来豆漿〉からテクテク1キロ弱ほど。
腹ごなしの散歩にはちょうど良い距離である。

後のマンションが「!!」だけど、真っ青な空の下に佇む三鳳宮は台湾最大の三太子廟で、
立派な建物と豪華絢爛な装飾が目を惹く。

みんな偶然、イイ感じにポージングできてて(笑)ナイスショット♪♪
6人いるといろんな角度で写真撮ってくれるからウレシイねv




e0112226_21164735.jpg




ここまで来たら乾物問屋街の三鳳中街に、高雄の台所三民市場があり、
市場好きにはたまらないスポットが集中している(だから来たんだけど(笑)

買うものないよね?もぅ買わなくてもイイよね?!と、自制心を抑えながら
それでもついつい立ち止まってしまいマス(^^ゞ




e0112226_21350971.jpg




あれれ?! アテクシがチマキ(肉粽)買ってる間に、
誰かさんが屋台の片隅にちんまり座って、肉圓に魚丸のスープまで食べてる!!

ああ〜でも、台湾はもとよりアジア全般…いや、旅って、
「食べれる人」と一緒じゃないと楽しくないよね。
これは大食いとか量じゃなく、食への興味、食べるのが好きって意味で。

肉圓つついていた友人は台湾初上陸だったんだけど、
プルプルの白い物体にいたく反応したみたい(笑)
そ〜ゆ〜リアクションがナイスなのだ。





e0112226_11313967.jpg




他のみんなも夕食後、ホテルについてた夜食バイキングをしっかり食べてたしなぁ〜(笑)

そうそう、今回も駅前便利なカインドネスホテル(康橋大飯店站前館) に泊まったのだ。
冬期は休業中で、セルフな豆乳ソフトクリームがなくて残念だったけど、
20〜22時半まで用意される夜食(無料)は相変わらず豊富なラインナップで、
特に空腹じゃなくても、ちょっとだけね〜と、思わず手が出てしまう。
個人的金星大賞の「豆花食べ放題」は、もちろん大盛りで(笑)

ホテルの夜食をつまんでマッサージに行く。
これを2夜連続でしたので、果たしてマッサージの意味あったんか?って思うけど( ̄o ̄)





e0112226_13150210.jpg




オマケに空港に行く途中、駅弁買ってるという。。。。
ま、これは「昼食」だったから許してもらえるだろう(笑)

友人が「食べてばっかだったね〜」って言ってたけど、
いやいや、よく歩き、よく食べる子ばっかで楽しかったし、
そもそも台湾来たら食べずにはいられないから仕方ないのです。うん。

ってことで、なんだかんだと長くなってしまった高雄記(もぅ2月じゃんか!!!!)
19という切りの悪い回だけど(!!)終わりです。
毎度の事ながら、長らくのお付き合いありがとうございました。。。





e0112226_13180982.jpg



6人いるとなかなか予定が合わなかったりするが、
ゴ〜インに夏にチケット取っておいてよかった(笑)

行ける時に行きたい所に、行きたい人と行く。
そんなひとコマを埋めるステキ楽しい旅であった。
みんなみんな、ありがとう!!!

メンツが変わった分、新しい発見や経験もあったし、
全然足りてないけど、高雄をじっくり回れたのもヨカッタ♪♪

友人がホテルに忘れ物をしたんだけど、再訪時まで保管してくれる…というので、
(さすが親切なカインドネスホテル!!!(笑)次も、高雄イン・アウトになるだろう。
またまた台北が遠ざかるが、同じ台湾、それでもイイ。
なぜって、絶対美味しく楽しめるから(๑˃̵ᴗ˂̵)و






# by giova21 | 2019-02-08 23:49 | 2018年 高雄の旅 | Comments(0)
e0112226_13330489.jpg


高雄最終日。
ホテルの朝食はパスして、高雄で1番美味しいと言われる朝食屋(早餐店)へ。
運よく6人が乗れる大型タクシーで乗り付けたものの……

ガ〜〜ン!!!! 定休日やないかぁ〜〜〜!!!!!!!!(大泣き)

Googleマップでは「営業中」ってあったのに、ウソっこめ〜〜!!!!
但し今見ると、ちゃんと月曜定休とある。謎…である。。。。
行かれる方、月曜は休みなので気をつけてね。

興隆居 高雄市六合二路186號  月休 4〜11時




e0112226_13480662.jpg



でも大丈夫!お隣、果貿來來豆漿も美味しく有名な早餐店。
*5〜11時半 休みは不明なので各自調べてね。

興隆居が休みだからか大賑わいだが、
常連のジモティは注文する物がほとんど決まってるので、
我々観光客のように目移りしたり迷うことがない。
大行列に仰天しても、案外すぐお会計できるよv




e0112226_13513617.jpg



台湾人はしっかり朝食をいただく。
アタシも体重増加と共に血圧もイイ具合に上がって(!!)
昼までしゃべれません、食べれませんだった真っ青低血圧な頃に比べると
今では朝カレーも全然オウケイよ〜!! な体質になってきた(爆)

だからカッフェにクラッカーみたいな簡単な朝食が多いイタリアだと物足りないくらい。
その点台湾は、なんなら朝から小籠包も麺もガッツリ食べれるのでウレシイ(๑˃̵ᴗ˂̵)و





e0112226_14023610.jpg




豆漿に鹹豆漿、油條に蛋餅、肉包。
身震いするほど完璧な朝ご飯だわ〜(//∇//)

大通りに面した席に、大勢の客と注文が飛び交う中…といった
何かと賑やかしい雰囲気の中で食べるのもまたオツなもの。

〈興隆居〉がどれだけウマいのか?は、次回チャレンジするとして、
〈果貿來來豆漿〉も、とっても美味しかったよ♪♪




e0112226_14150265.jpg



日本語もでき、ガイド業してるというオジサンが我々に気付き、
「ここはニラ饅が美味しいから食べてごらん」と薦めてくれたので、お代わり!!

この皮の薄さ見てさ?! ほぼほぼ中身、ニラです(笑)
肉包も餡がミッチリだったし、回転が早いので蒸したて、できたて、オマケに安い!!

ホテルの朝食も悪くないが、早餐店で食べる朝ご飯って、
アテクシ思うに、夜市と一緒。台湾でのマスト食の1つじゃないかと思う。

単車で乗り付け買い込む人や、手際よく料理して客をさばく様子などなど、
朝から沸き立つ熱気を見てるだけで、顔がほころんでくる。
だって「朝食専門店」なんですよ?昼には閉店しちゃうんです。
美味しいのはもちろん、早起きしてでも行ってみるべし!なんでありマスv





# by giova21 | 2019-02-06 23:32 | 2018年 高雄の旅 | Comments(0)
e0112226_21135456.jpg



いつもの台湾旅の相棒と一緒だったら、恐らく絶対行かないと思うんだけど(笑)
みんなのリクエストで、なんと2夜連続でマッサージに行った。

アテクシの記憶が正しければ「はぢめて」台湾に行った10数年前、
サービス券だかなんだかもらって、簡易な足裏マッサージに行ったことがある。それ以来(^^ゞ
マッサージが嫌いってワケじゃないが、その時間があれば夜市に行ってると思うので、
これも久しぶりで新鮮な体験だった(๑˃̵ᴗ˂̵)و




e0112226_21202839.jpg



ホテルで紹介された〈加賀屋養生会館〉
他を知らないから、あくまでアテクシのモノサシでいうと、名前はともかく(!!)立派な施設デス。
天井が高くて広々してるし、それなりに清潔。スタッフもフレンドリーだ。

で〜、まず肩を揉んでもらい、足湯に浸かって、こちらのシートで本格的な足裏マッサが始まる。
これがまぁ〜、部分によっちゃあ〜、エビぞり悲鳴ものの痛さ(>_<)//
そら、不摂生の固まりですけどね、アタシ…( ̄o ̄)

でも一通り終わったら、足がスッキリ♪♪
2日共、それなりに歩いた後だったので、とても気持よかった♪♪
うんうん、これならたまにはやってみてもイイな、と思ったv




e0112226_21260246.jpg



片言の日本語や英語ができる人が若干名いるが、その人が担当になるとは限らない。

なんとなく無言の行が辛くなったアタシ。
スマホのお絵かきアプリで担当さんの似顔絵を描いてみたら、スタッフにバカウケ!!!
「アタシも描いてよ〜」なんてリクエストも飛び出し、
自分で言うのもなんだけど、なかなかのクリーンヒットだったわ(//∇//)

また、中国語として合ってるかはこの際別として(笑)痛いツボに当たった時は

「どこが悪いの?=身体何処悪?」とか、
「今日、旗山と龍虎塔に行ってきた=本日我行 旗山老街、龍虎塔」

なんてハチャメチャな「筆談」がそれなりに通じて楽しかった(爆)

もちろん、そんなん面倒だったり疲れてたり、寝てても良いけど、
音声翻訳ガイド使うとか、積極的にコミュニケーションすると、
心なしか扱いも親切になったような気もするし(!!)
小一時間のマッサの間、お互い楽しく過ごせるンじゃないかと思った。

ただ〜〜しっ!! これは担当さん次第!!
1日目のこの彼は、手技も含めとってもイイ人だったけど、
2日目の人はおしゃべりに夢中になっちゃって、マッサがおざなりに。。。
1回目に比べると満足度半分以下であった( ̄o ̄)
アタリハズレってあるんだな〜と、これも「勉強」になった。うん。

もし気に入った担当さんができて翌日も行くなら、
教えてくれた個人番号で指名するとイイ。本人も喜ぶし。
でもその日にその人が在席してるかどうかは…運次第…デス。


加賀屋養生会館 高雄市新興區七賢一路466號 24時間営業

2階に全身マッサ用の個室がある。膝上までまくれない服だと半パンを用意してくれる。
足裏で約45分、2〜3千円だったと思うんだけど、覚えてなくてスイマセン!!
店長的なオバサンは結構日本語が通じるので、施術前に料金を確認してくだされ。





e0112226_11444555.jpg



こうしてホテルから15分ほど歩いたマッサ店に連日通ったワケだが、帰りは連夜12時前後。
アテクシ、訪台10回を越えるけど、こんな「深夜」に出歩くなんて初めてだわ!!!

灯りが半分以下になった通りは、いつもと違う雰囲気と一面を見せ、
ちょっとドキドキ、イケナイ大人になったみたい(^^ゞ

ちなみに不夜城の如く光り輝いていた「小北百貨」は、
家庭日用品に食品などなど、ちびっこ市場みたくいろ〜んな物があり、
安価なばらまき菓子も揃ってるので、覗いてみるのも悪くないと思うよv








# by giova21 | 2019-02-04 23:38 | 2018年 高雄の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21