人気ブログランキング |

2018 高雄の旅5. 爽やか金桔豆花の虜〜王家甜湯之家

e0112226_22101139.jpg



当時、ハム屋の近くに鴨肉珍があった事を知らなかったのは、
事前予習もせず、現地でも特に調べず、テキト〜に歩いてたから。

そんな行き当たりバッタリの中で発見したハム屋だったからこそ
お楽しみも倍増したワケだけど、グルメ天国〈塩埕地区〉ナメてました( ̄o ̄)
と、後悔するくらい、いろんな店が揃ってた。

でも今回はちゃ〜んと調べてきたので、
ハム屋から徒歩数分の所にステキ豆花屋があることもゲッツ!! (古っ)です。




e0112226_22102713.jpg



しゃべりながら歩いてたら通り過ぎちゃった王家甜湯之家

いやはや6人もいると、注文する人、席取る人、はたまたそれを撮ってる人…と、
それぞれ業務分担?!できて良いわ〜〜(違!!)





e0112226_22095801.jpg



50年以上の歴史がある豆花店なので、フルフル豆花は間違いなくウマイ。
中でもイチオシは、甘酸っぱい〈金桔豆花〉だ。
以前食べ損ねたので、今回とっても楽しみにしてたのデスv

豆花のシロップって甘いじゃない?それは絶対必要な甘さなんだが、
そこにキンカン(金桔)の酸味と若干の苦みが入ると、

ぎゃ〜!!! コレ、大好きな味〜っ!!!!

他に言いようがなく当たり前なんだけど “甘酸っぱい” の(笑)
暑い時に食べるとさっぱり爽やかだし、ちょっとお疲れの時にも最適(๑˃̵ᴗ˂̵)و
柑橘系が大好きなアテクシ、一口で虜になってしまった。
大椀がたったの40元(約140円)ってのも、ウレシ泣きである(>_<)//

ココから300mほど北に、金桔豆花といえばココ!という有名店もある。
次回来たら、両店「絶対」食べ比べしてみよ〜っと!!!

*今回行ったのは 王家甜湯之家 高雄市鹽埕區新樂街213-6號
*もう1軒は  吳家金桔豆花 高雄市鹽埕區富野路70號





e0112226_22104835.jpg




「つまみ食い」はまだまだ続く…。
芸術特区に向かう途中、また誘惑の手が……

とてもオサレな店構えで、人も並んでたので「つい」買ってしまった肉包。
6人で2つだからイイでしょう(笑)
ちょっとだけ味見したい、こ〜ゆ〜時も大勢だとイイね♪♪

スタンダードな「蛋黃肉包」(卵入り肉まん)はフツ〜に美味しいお味で、
他にも緑色が鮮やかな「抹茶紅豆包」や、
若者が好きそうな「起士包(チーズ入)」などがありました。

阿明肉包 五福店 高雄市鹽埕區五福四路77號 Facebook
*本店は屏東で、高雄には数店支店あり。




e0112226_22343875.jpg



そして…ンまぁ〜おねえさん、キレイなネイルしてるわね〜(//∇//)…ではなく
露店に積まれてたレンブに、思わずちょ〜だいな♪♪

マンゴーは望めない冬の台湾で、旬を迎える果物というと、
多くの種類が揃うミカンに、キンカンなどの柑橘系と、このレンブなのだ。

フルーツ天国台湾の中ではちょっと地味な存在だけど、
ツアーメンバーのDも大好きと知って嬉しくなっちゃった♪♪

梨+リンゴみたいな食感は、とにかく瑞々しい。
「甘い」のになかなか当たらないのは口惜しいけど、
変に媚びない姿勢と見ればソレもグ〜(笑)
シャクシャクかじりながら、先を目指すのでありました。





by giova21 | 2019-01-10 22:44 | 2018年 高雄の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21