まだまだ秋ドライブその1. 武山先生がやってきた!

e0112226_13201091.jpg




ココで何度も紹介してる谷赤絵細描画の第一人者福島武山センセ。
今年5月の陶器祭でお宅に伺った時、
なんと!!!アテクシの地元の美術館で展覧会をすることを教えてもらった。

この美術館、私設で、地下に映像ルームもあるし、小さいながらもとてもキレイ。
でもって、どんな人のどんな企画展でも入場無料なのだ。

それはとてもありがたい事だけど、一体どんな奇特家なんだろう?と、
帰り際、開館1周年記念として、それはそれは立派な武山先生のカレンダーをいただき、
ますますその思いが強くなってしまった(笑)

それはともかく…先生いらっしゃるかな〜と、勢い“初日”に行ったんだが、
残念な事に景徳鎮(さすが〜っ!!!)にご旅行中とかでお留守であった。




e0112226_14205848.jpg



展示法にひと工夫凝らしました…と、ちっくら自慢気な館長。
室内は暗く、照明も絞ってある。

確かに「赤」がドラマティックに映えてウツクシイ〜(//∇//)





e0112226_14302439.jpg



細描画自体、どこに描いても恐ろしく大変で根気がいる。
まして筆箱ほどの大きさの「中まで」みっちり描けるなんて、人間業とは思えない。
しかもちゃっかり美術館のイニシャル〜「MM」まで描いてもらってるし(笑)

だいたいお宅に行った時も「米粒に名前描いてください」と、
仰天リクエストをかました「身の程知らず人」のために、ハイハイ〜と応えてた先生。
(アタシも書いて欲しかった〜〜!!!)
人間国宝になってもいいほどの人なのに、ホントに好好爺なのです。





e0112226_14442458.jpg



でも、仕事に対する姿勢は厳しく、
赤絵を含む九谷焼き全般の技術の伝承や後継者の事など、とても熱く語っていた。
…ということがわかる映像インタビューを見てから、作品に対すると、
もぅ〜全然見る目が変わるので、行かれる方は是非、映像を先に見てください。

展示会は12/23まで。11〜16時 月火金休み




[PR]
by giova21 | 2018-10-17 23:59 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21