春の青春きっぷで行く東広島の旅2. 酒都西条 酒蔵通りを歩く

e0112226_15204670.jpg



酒蔵通りはキレイに整備されており、
住む人も、酒造りに携わる人も、商売を営む人も、我々観光客も、
皆が気持よく歩き通れるようになっていて好ましい。

ただこの日は3月下旬とは思えぬほど 寒かった!!!
なんなら息が白いんちゃう?ってほどで、雨まで降ってるし……(TOT)//

思えば昨年、同じ頃に北広島に行っていたのだが、
忘れもしない、明日から4月だよね?という3/31に、
積もるほどの雪に見舞われたことがあった。

あれほど強力だった晴れオンナパワーの衰えを、最近つくづく感じるわ、、、、、
それはさておき。。。。




e0112226_15382671.jpg




酒蔵通りという名の通り、趣ある景観が続いてイイですね〜〜(//∇//)

これは、亀のように長生きすることを願って名付けられた亀齢 の蔵。
甘口が多めの広島酒の中で辛口を貫く姿にファンも多し。

「創」は、大正6年の全国清酒品評会で
「月桂冠」や「賀茂鶴」と共に日本初の名誉賞を受賞した亀齢の代表的な銘柄。




e0112226_15434640.jpg




1904(明治37)年創業の西條鶴。今も現役で使用されてる煉瓦煙突は唯一ココのみ!
純米大吟醸原酒「神髄」は、モンドセレクション連続金賞受賞中。

西条の中で最も歴史ある白牡丹は、島左近の子孫が1675(延宝3)年に開いたと伝えられている。
胃弱だった漱石も「白牡丹」だけは愛飲していたとか。

オバマ大統領来日時「すきやばし次郎」で供され注目を浴びたのが、
賀茂鶴の「大吟醸・特製ゴールド賀茂鶴」

「純米の賀茂泉」で知られる賀茂泉は、1912(大正元)年創業。
当時としては画期的な精米歩合60%の純米吟醸酒を1971年に世に送り出し注目を浴びた。

以上、酒蔵通りに蔵を持つ5社の紹介でした〜(^^ゞ




e0112226_20353748.jpg




酒造りにとって命の水。
酒造メーカーの数と同じだけ銘水もあり、それぞれ自由に汲むことができる。

これは白牡丹 冥加の水。

前述したように5社はキュッと固まってるので、銘水の場所も近い。
冷静に考えると「同じ水」なのかもしれないが、
今日は◎◎の銘水!って気軽に汲みにいるジモティが羨ましいわ〜。




e0112226_20494036.jpg




漆喰の白壁に、年期の入ったホンモノのなまこ壁
上を見上げれば赤レンガの煙突と赤瓦の屋根が続く。
ホント歩いてて見目麗しい通りデス。

広島から来たのか、氷雨の中、金髪の外国人カップルも見かけた。
日本人の日本酒消費量は頭打ち状態。
しかし、高級清酒だけは需要が拡大しており、和食ブームで海外からの注目度も高い。

海外の人から見たら、ワイナリーを訪ねるような感じなのかも。
それがこんなステキな所で、あたしゃ〜日本人としてウレシイ(//∇//)
景観でいうと、灘や伏見よりずっとステキ!って思うし。



e0112226_20535246.jpg




週末はほぼ全ての蔵が見学OKでオープンしてるみたいだけど、
この日(平日)開いていたのは賀茂鶴と西條鶴のみ。

賀茂鶴は大箱で、ビデオも見れるなかなか充実の内容。
こじんまりした西條鶴は、先代の西洋趣味が入った和洋折衷の趣が◎
もちろん、どちらもお酒を利けます(笑)

蔵の開閉状態はこちらを参照してね。




e0112226_21433316.jpg




池波正太郎、水上勉、横溝正史、檀一雄…etc
古今の作家も愛した西条の酒。

どら、冷えてたまらんから、私たちも本腰入れて呑みに行くとするかっ!!!





[PR]
by giova21 | 2018-04-16 23:47 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21