2018 台南と湯の旅 3. 天闊温泉SPA会館 ご飯のお話

e0112226_13084516.jpg



お宿がいろいろあり、屋外温泉の充実度で決めるか、全体的な雰囲気で決めるか大いに悩む。
で、わりとキレイ系な部類に入る天闊温泉SPA会館に泊まることにした。

車道にいたオッちゃんが、電話はしたのか?泊まるのか?みたいな事を聞いてきて、
いやいや、予約してあるから〜と、中に入っていくと、
駐車場係かと思った彼が実はフロント担当だった…という、
施設は今風でキレイなのに、のどか〜〜なホテルであった(^^ゞ





e0112226_13110851.jpg



大抵のお宿は主線道沿いに並んでるんだけど、
ここはそこからちっくら高台に上がった所にある。

そのため、豊かな緑に囲まれ、小鳥もチュンチュク♪♪
コテージもあって、立地的にも夏に来ると涼しくてよいんだろうな〜と思う。




e0112226_13285044.jpg




めったに来れない所だし、ちょっと贅沢して1番良い部屋にしてみたv
なのに、その鍵、全てのキーがゴッチャになった引き出しから探し出してた(笑)

ま、それはともかく、最上階の部屋風呂付き〜〜(//∇//)
いちお「バリ風」になってるみたい。

周囲にコンビニはおろか飲食店が皆無なので朝晩2食付きなんだけど、
それで2人合計約¥15,000なら決して高くないでしょ?
北投温泉ならこの倍はすると思うし、ローカルプライスの恩恵を享受しなきゃ(๑•̀ㅂ•́)و✧

で、18時半までに食べて!って言われたので、早速晩ご飯。
ひと風呂浴びてから〜と考えてたので、は、早〜〜〜っ!!! って思ったけど、
道中、アンパンしか食べてないからウエルカムです。




e0112226_13105514.jpg



ラップがけの皿が既にテーブルに並んでたのにはア然としたが、まだ温かかったから許そう。
なによりこの料理、すこぶる美味しかったのだv

特産の梅で炒めたむっさやわらかく甘酸っぱい鶏肉。
豚肉を甘辛生姜味で煮込んだもの。
冬瓜?とスペアリブのあっさりスープ。
山がちな所らしく、肉厚の椎茸と白菜のニンニク炒めと、なんかの山野菜の塩炒め。
あと、すり身団子の五菜一湯。

酸味、塩味、甘み、生姜にニンニク…と、味付けのバランスが取れてて、
たいへん美味しくいただいた。量もちょうどよかった。
あと、道中買いそびれたレンブ💖がデザートだったのも三重丸!!

正直余り期待してなかったので、
9番打者が右中間を破る逆転ツーベースを放った!ってところだろうか☺️

で、カワイイ器だな〜と何気にひっくり返して見ると、あの!大同だったという、
オサレなのか手抜き(ラップがけの事)なのかよくわからんわ〜(笑)




e0112226_13110137.jpg



ちなみに朝食は、いたってノーマルで、むしろもぅ1菜欲しい…って感じ。
期待値上がったり下がったり、いろいろ楽しませてくれました(^^ゞ

あっ、バター&ジャムなトーストも用意されてたよ。







[PR]
by giova21 | 2018-01-31 23:30 | 2018年 台南と湯の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21