今回のEURO2016はオモシロイぞ!!

e0112226_15494767.jpg



オリンピック前の前哨戦。W杯より盛り上がるかも?!ってくらい面白い〈サッカー欧州選手権EURO2016〉が始まっております。

代表引退した愛しのピルロ様はしょうがないとして、目の保養にもなる(!!) マルキージオもケガで出ないなんて、OMG!! なアッズーリ。

*見てるだけでニヤけてしまうマルーキジオのインスタ (//∇//)キャ~!!!

ブッフォンってまだ現役なんだ?!ってビックリしちゃったけど、彼くらいしか選手の名前もわからなくなってきて、ああ〜アタシもアッズーリと一緒に歳とったんだな〜って(^^ゞ


e0112226_16566.jpg

スペイン戦後のボヌッチのTwitterより


本国イタリアでも「史上再弱のチーム」なんて揶揄されたそのアッズーリ。ところがどっこい!蓋を開ければ、優勝候補にもあがっていたベルギーに続き、斜陽気味とはいえユーロ3連覇を目指す無敵艦隊スペインまでも撃破!!!!

スゴイぞ〜!!!!!!

花形選手不在…いや、だからか、見事なチームワークで下馬評を覆した。
見てよ、この雰囲気。サイコ〜です(๑˃̵ᴗ˂̵)و

しかも強敵相手に2戦共ゼロ封に押さえている。全4試合でいうと失点わずか「2」である。これぞイタリアのお家芸カテナチオ!ってか、GKブッフォンも含め、DF3人がユヴェントスだったから息もピッタリだったのだ。

選手たちもがんばったが、かつてユーヴェを指揮し、愛弟子4人に賭けたコンテもある意味スゴイ。守備ユニットをまんま同一チームから選ぶって、なかなかできないことだと思うし。


e0112226_16181414.jpg



鉄壁の守備を誇った「イタリア版BBC」
バルザーリ(15) ボヌッチ(19) キエッリーニ(3)

スイマセン…あなたたちの事あんまり知らなかったけど……
ホント…カッコいいです!!!!!!!



e0112226_15414272.jpg



そしてドイツ戦。
惜しかった…ンとに惜しかった……

PK戦って酷だよね。
特にイタリアはPK戦になると脆いし。バッジョの悲劇とか…さ (TOT)

組合せも不運だった。なんてたって「死の山」だったし、こんなことならグループリーグ2位で通過すればよかった。引き分け3つでベスト4に進んだポルトガルに思わずズっこ〜いっ!!! って悪態ついてしまったほど。

でもね、PK蹴ったうち2人は、こんな大きな大会に出るのさえ初めてだったのだ。そのプレッシャーは計り知れなかっただろうし、外したことも「糧」にしてくれると思う。←何様?!

何より予想外?!の夢を見させてくれたアッズーリ。胸張っていいぞ!!2年後のW杯も楽しみにしてる!!もちろん出場するのだ!!←何様?!



e0112226_16551245.jpg



さて、今回の大会から出場国が従来の16ヶ国から24ヶ国に増えた。プラス8チーム。これはデカイ。

ベスト4に残ってる(スゴイぞ!!)ベイル率いる初出場のウェールズもさることながら(CR7を蹴散らしてやれ!!!!)、1番の旋風を引き起こしたのは、イングランドを破り、初出場ながらベスト8までいったアイスランドだろう。

試合後のこのパフォーマンス〜徐々にテンポをあげながら拍手する〜を初めて見た時、鳥肌たっちゃいました。アタシ(>_<)//

ちなみにこれ「バイキングクラップ (サンダークラッブ) 」って言うらしい。アイスランドといえば氷河に火山に温泉の国…ってイメージがあるが、そうか!!バイキングも!だな。







イングランドに勝った瞬間、我を忘れちゃった実況アナ(音声) と記者。何度見ても微笑ましいったらありゃしない。

たとえば離島の部員15人の学校が、甲子園初出場してベスト8までいったと思えば、サッカーに詳しくない人でも彼らの心境がわかるんじゃないかと思う(^^ゞ ラグビーW杯で日本が南アフリカに勝ったと同じくらい、世界中に衝撃を与えたジャイアントキリングだったのである。

なぜって、アイスランドの人口(約33万人)は「世田谷区より少ない」のだ。ふへ〜!! これぞドラマ! だからスポーツってオモシロイ。

かように、いつもよりいろいろ楽しいユーロ2016。
最後に立っているのはどのチームだろう。とにかく見届けたいと思う。
[PR]
by giova21 | 2016-07-04 23:29 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21