生まれ変わった平等院は見所いっぱい!

e0112226_16334826.jpg



この日は曇天。ちょっと残念な空模様だったが、それでも一目見てキレイになったね〜!って、わかる。といっても〈平等院〉に来るの久しぶりだから、記憶がアヤシイが(^^ゞ

ね、こんなにも違うのだ。


e0112226_16464235.jpg



なんでも前回、昭和の修復時には、今よりもっと朱が鮮やかな鉛丹が使われたのだが (すご〜い!! 別名ポンペイレッドって言うんだって!! 確かにポンペイの赤だわ) 今回の平成の大修理では、平安時代の色にあわせるために、もそっと落ち着いた朱色(丹土色)で塗ったそうだ。

そうそう、その修復のドキュメント番組をTVで見たんだわ!!

もちろん創建当時の色にあわせるのがよいと思うし、色味的にも、このちょっとくすんだ朱の方が落ち着きがあってイイと思うvv




e0112226_17551516.jpg




映画でも本でも美術品でも何でも、1回で終わりじゃなく、自らも年を重ねた時に再度目を通してみると、全然違う印象を持つことがあるが、平等院もまあ〜なんと優美なお姿なんだろう〜って、改めて思った。まさに鳳凰が湖面に舞い降りたようだよねvv

さてこの鳳凰堂、修復終、拝観が予約制になった(別途料金要)。なので、境内に入ったらまず先に予約手続きをすることをお薦めする。外観だけでいいわ〜と言わず、ココは是非内部も見るべし!!

ガイド付きで詳しい話を聞けるし、なんてたってこの鳳凰堂、都の戦火をかいくぐり現存する千年以上前のミラクルな建造物。そして、壁面を飾る「雲中供養菩薩像」のお姿は必見でありマス♪



e0112226_18415342.jpg



がんばってコラってみた(笑)

笙や笛、太鼓に鐘といった楽器を奏でてたり、舞いを踊ってたりと、こんな楽しげな菩薩サマ、他にないんじゃないかな。ホントにね、音楽が聞こえてきそう。アテクシ的には、平等院で1番見るべきモノだと思ってマス(๑˃̵ᴗ˂̵)و

全部で52躯体。うち26躯体が国宝で、オリジナルは〈平等院ミュージアム〉で見る事ができます。できればオペラグラスで、ユーモラスなお姿をじっくり観察するとより楽しめるんじゃないかと。




e0112226_1925526.jpg




とね〜鳳凰(国宝) のオリジナルもあるんだけど、すんごくすんご〜くカッコよかった♪♪ 遠い屋根の上じゃなく目前で見れるから、こんなに大きいんだ!! ってビックリしたよ〜(@▽@)//

と、なかなか見応えがあるミュージアム。
我々は鳳凰堂見学までの待ち時間を利用して回ったんだけど、時間が足りなかった(TOT)// (一度出ると入れない) ビデオも見ると勉強になるし、最低最悪1時間はかけてみるべし!

あとあと、これは後で再入場も可能な〈ミュージアムSHOP〉は、かな〜り良い!!可愛いものがいっぱいあってオススメですvv




e0112226_1920392.jpg




はぁ〜楽しかった♪♪

宇治川のほとりでたま木亭のパンも食べれたし(//∇//) 茶の香りが途切れる事ない参道の土産物屋通りも、いろんな店があってそぞろ歩くには楽しい。ここもちょっと見ぬ間にオサレな店がいっぱい増えたわ。

たまたま…だろうが観光客も多くなく、一万円札を持ちながら鳳凰堂をバックに記念撮影してる大陸の御仁たちを、微笑みながら見ることができました(笑) (*一万円札の裏に鳳凰像が描かれている)
[PR]
by giova21 | 2016-01-23 23:33 | アートなこと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21