人気ブログランキング |

エロイカより愛をこめて〜偉大なるエーベルバッハ様へ

e0112226_1538107.jpg



今ではすっかりオヤヂなアテクシも、中学生の頃は人並みに少女マンガ〜別マを買って、別冊フレンドを買った子と交換しては読んでいた。ところが高校生になって週刊ジャンプに転向。交換する相手はチャンピオンマガジンサンデーになってしまった(笑)

いやいや笑っちゃいけない。当時、これらの少年誌は圧倒的な人気を誇ってて、サンデーでは「うる星やつら」「タッチ」、チャンピオンでは「ブラックジャック」「ドカベン」「マカロニほうれん荘」、ジャンプでは「ドラゴンボール」「北斗の拳」「キャプテン翼」などなど(うわ〜歳バレるな(笑) それぞれ数え上げたら切りがないほどの『名作』が連載されていたのだ。

そして短大時代、新たな変革期を迎える……

美大だったので「マンガ」に一言持ってる子も多く、初めて「ガロ」を読んだ時は、結構なカルチャーショックを受けた。遅まきながらこの時知ったのが「ガラスの仮面」であり「王家の紋章」であり「エロイカより愛をこめて」であった。ぶっちゃけ言うと「あの」ベルばらですら、この時初めて読んだ(笑) オスカルごめん!!!

前置きが長くなったが(^^ゞ その中で今でも買ってる「エロイカより愛をこめて」原画展〈京都マンガミュージアム〉でやっていたので見に行ってきたvv

いやぁ〜キレイでした〜♪♪ 今ってパソコンで描く作家さんも多いでしょ?が、当時は当たり前ながら全て手書き。扉絵なカラーページなど、カラーインクや水彩で描いていたという、まさに「画家」な手仕事ぶりに、細部までしみじみ堪能してまいりました。

続けて買っているとはいえ、しばらく新刊も出てないし読んでないから妙に懐かしかったわ〜♪♪ということで小ネタ集♪♪ (なんだなんだ!笑)

その1
主人公の伯爵以上に人気の高いエーベルバッハ少佐。たまたま同じ名前というだけで、実在するドイツ南部のエーベルバッハ市を訪れる日本人が急増!作者の青池保子に市から名誉賞が贈呈された。

その2
エーベルバッハ市の日本語観光MAPの表紙には、市からの依頼によって少佐が描かれている。(欲しいっ!!(笑)

その3
エピソードで登場したドイツ軍の制服や戦車の描写の精緻さが評価され、ドイツ軍の広報誌で紹介された。

その4
とある友人は少佐のキリヌキを持ってヘアカットに。曰く「同じ髪型にしてください!」(≧▽≦)// アリエナイ〜!!! 渡された店員は一体どんな顔をしたのだろうか?(笑)

〈オマケ〉
エーベルバッハ市とは方向違いなのだが、同じ名前でいうと、フランクフルトから車で小一時間、ライン川沿いに〈エーベルバッハ修道院〜Kloster Eberbach 〉がある。州の有数なワイナリーでもあるほか、あたしの大好きな映画「薔薇の名前」の撮影がここで行われたそうだ。ひゃ〜!これは行ってみたいっ!!


少佐の「名前」だけで日独友好の架け橋ができたんなんて、日本のマンガって偉大だわ〜♪♪ 外国人もたくさん来てるこのミュージアムには読み放題のマンガが5万冊以上あり、展示会見終わって思わず読みふけってしまったけど、しまった!もっと早く来て、少なくとも半日は読み漁るべきだったわ( ̄o ̄)
by giova21 | 2015-01-18 23:37 | アートなこと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21