放置中の備忘録 1.

無謀にも抱え込んだ仕事が、とりあえずちょっと旅に出た。
といっても、キャツらはまたすぐ帰ってきて、
かよわいアテクシ?を泣かすのだが、
この少しでも空いた時間に、特急で9月の備忘録をあげておこう。

ぎゃぼ〜!!9月も、もう半分も過ぎてるのね!
放置中も、のぞきに来てくださった方々、ありがとうございます(>_<)/
松山編はまた追ってあげていくので、興味のある方は、
お手数ですが「戻って」ご覧いただければ…と思います…スイマセン


とある日曜日〜 高村 薫 講演会

最近の作品は読んでないが「リヴィエラを撃て」とか初期の作品は大好き!敦賀の原発が舞台の「神の火」も、今読むと、また違う感慨にとらわれるだろう。

と、彼女の作品は好きだが、講演会までは…というのが正直な気持ち…。ファンである友人に付きあったのだが(これで3回目!)、案の定、冷房がよく効いた会場で、ウトウトどころか爆睡してたアタシ(笑)

e0112226_13433418.jpg


が、最後の質疑応答はオモシロかった (もちろん起きて聞いた(笑)

ハードでリアルな描写が特徴的な高村作品だが、取材で苦労した点は?と聞かれ、当事者には絶対話を聞かない事、と答えていた。たとえば警察モノでも、現職の警官・刑事ではなく「元」関係者と話をするという。なぜなら、批判的な事が描けないから…なんだって。

作家って、突撃現場侵入取材するのかと思ってしまうけど、なるほど、リアリティを追求するには平等で冷静な眼が必要なんだな。

あと男性が「男の僕でも惚れ惚れするくらいの“男の世界”を(女性である貴女が)どうして描けるのですか?」に対しては、男性でも女性心理を描くのが上手い人は大勢いるし、異性だから描ける部分もあるんですよ…と、ちょっと困り声で答えてのがカワイかった♪
高村センセって、絶対ツンデレタイプだと思うな〜 クスクス♪あ、スイマセン…

でも福島の原発については、こう言ってしまうのはなんですが…と前置きした上で、希望が見えない。何十年単位で、人が住めない地になるだろう…と、かなり現実的なコメントを発していた。

う〜ん、ちょっと前にあった青木 繁展のポスター見た時も思ったのだが、「晴子情歌」 (青木繁の画が表紙)から止まってるので、ココから久し振りに高村作品を読んでみるか!



☆お昼ごはん
〈カドヤ食堂〉で、ラーメンをばすする。今福鶴見の時は、イイ意味で汚い店だったが(笑) さすが新店舗はキレイです。でもこんな場所でもやっぱ並んでた (凄!)


あれ〜〜なんか長くなっちゃった〜!?
[PR]
Commented by Gianna at 2011-09-22 18:24 x
すごい告白していいですか?!
なぜか今の今まで高村さんって男って思ってました(汗)。
お顔を拝見したことがなくって、文庫本の背表紙で名前を確認しただけなんですけどね・・いや~そんな告白はいらないですよね(苦笑)。
1冊か2冊、本を呼んだように思ったんですけどちょっと勘違いかなぁ。。wikiにのってるリストではピンとくるタイトルはなかったです。う~ん、買ったように思ってるんだけど誰と勘違いしてるんだろう・・・

もし大勘違いだとしたら、やっぱり晴子情歌から入った方がおもしろいですかねぇ?!
Commented by ジョバ at 2011-09-22 18:48 x
ワハハ!!Giannaさん、ナイス!(お帰り〜♪)
でもそぅ思ってる人結構いると思います(だから安心して!(違)
もし読まれるならアタクシ的お薦めはやっぱり「リヴィエラを撃て」
バリバリ大阪が舞台の「黄金を抱いて翔べ」も◎
無難に攻めるなら直木賞獲った「マークスの山」かしら?
綿密な描写が苦しい時もあるんですが、これら初期の作品は
そんな部分がまだ少ないから読みやすいかと…(^^ゞ
by giova21 | 2011-09-14 23:47 | 本なこと | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21