美味しい料理は人を幸せにする 〜ジュリー&ジュリア

あまり作品を観たワケじゃないが、M・ストリープって、キレイで演技も抜群だけど、あまりに正統派・優等生すぎて近寄りがたい女優さんだった。

でも…「プラダを着た悪魔」 で、おぉおお!!ってきて「マンマ・ミーア! 」拍手喝采!!だからこの映画はホント楽しみだった。はじめて「メリル・ストリープ」を見たい!って劇場に足を運んだ作品でアル。

e0112226_10552741.jpg
ジュリー&ジュリア

読めたら楽しいかも?ジュリー本人のブログ
THE JULIE/JULIA PROJECT


身長185!甲高い声に自由奔放なキャラだった料理研究家ジュリア・チャイルド(2004.92歳没) の事なんて全く知らないけど、ホントにこんな人だったんだろうな…と思わせる説得力があるのが、円熟メリルの素晴らしいところ。軽快でコミカル、何より人間味に溢れてる。ハラショ〜♪でアル!

メリルの次回作「恋するベーカリー」 も、こりゃ〜期待大!だわ♪にしても…このアドレス「koibake〜コイベカ」って……(笑)

対するジュリー_エイミー・アダムスもキュートだったし(「魔法にかけられて」 で大活躍だったね〜♪コレもとっても楽しい映画♪ちなみに彼女、北イタリア・ヴィチェンツァ生まれ)

そして…妻のやりたいことを理解し応援する2人のダンナさまもとってもとってもステキ!恋しちゃいました(^^ゞ

e0112226_11413678.jpg

アメリカに戻ってからのジュリアのキッチンは、国立アメリカ歴史博物館〜National Museum of American Historyにそっくり再現されている。一個人のキッチンが…ですよ?!コレってホントにスゴイことだと思う。

ラストも粋。ジュリーはこの博物館を訪ね、ジュリアの写真の前にでっかいバターの固まりを置いて帰る。 味はバターで決まるのよね、と。

でも_ホントに必要なのは愛情。2人もソレをわかってるし教えてくれる。空腹で観るにはツライ映画だけど(笑)、見終わってから美味しいワインと料理を愛する人と食べたくなる。まさに“ボナペティ♪”な作品デス♪
[PR]
by giova21 | 2010-01-09 23:52 | 映画なこと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21