道広っ!と思ったのは入口周辺だけで、周荘の町の中へ入ると1mもあるかないかの道幅しかなく、そっこら中に大小さまざまなツアー集団が団子密集状態。それぞれのガイドさんが大声張り上げて引率するから(しかもスピーカーで!)迷子にならないようについていくのに必死だった〜(TOT)しかし、さすが水郷古鎮の町。水辺の風景はどこを切っても絵になりキレイ♪(天気が良ければもっとよかったんだけどネ!)
e0112226_164154.jpg

▲どうやって船を出すんでしょう?!と思いつつも・・・・
▼ベテラン船頭さんともなると、あ〜らよっと!ホレこの通り!
e0112226_171299.jpg

▼こうやって見ると、ちょっと倉敷っぽい?!(笑)船付き場?の階段がそこここにあって、水辺の暮らしが実感できる。

e0112226_1783561.jpg

だからこ〜ゆ〜の見つけると微笑ましい。1っ!2っ!3っ!と雑伎の練習してマス♪実際1本裏手の通りに入ると、大観光地の中で、それでもつつましく暮らしている様子を垣間見れることができる。
e0112226_17141383.jpg

[PR]
# by giova21 | 2007-02-04 23:40 | 2006年 上海の旅 | Comments(0)
今日は天満宮でも行って鬼は外ぉお〜〜ってやろうと思ってたんだけど仕事があったので出勤(TOT)豆持って遊びに来てくれたKちゃんと久しぶりにイタリアンランチへ行ってきた。大阪のイタリアンの中ではもう老舗の類に入るだろう人気店「マーブル・トレ」の2号店として昨年オープンした「サグラ・マーブル・トレ」。注文したパスタコースは前菜にコリコリ柔らかいツブ貝がどっさり入ったサラダ。ウマイっ!自然、次のパスタに期待がかかる。今日は地鶏のナントカ?!(笑)だったのだが、う〜ん!ソースはイイけどパスタがちと粉っぽ系…残念!自分でも時々イヤになるけど、味の好みの好き嫌いが激しい私(^^ゞ  でもスタッフはとても感じがよかったし、店の雰囲気も◎。手打ちが出るであろう夜のコースに今度チャレンジして、この無念を晴らしたい(合掌)

e0112226_1743563.jpg


ココで出されたパンがとっても美味しかったので「店で焼いてるんですか?」って聞くと、あくまで親切やさしい店員さんが「いえ、近くの店から取り寄せてます」と教えてくれたのが、この
「パンデュース」おうぅ♪「ビゴの店」
「ブランジェリーコム・シノワ」でやってた人なんだ〜美味いはずだよ〜ウン!店内の感じは、こちらも大人気の「ブランジュリー タケウチ」のようだけど、タケウチより広いから見やすい。両店に言えるのは価格が安い事!ちょっと小振りだけどその方がいろいろ食べれるからウレシイ事だよね。例えば「FAUCHON」「PAUL」のパンも大好きで美味しいけどちょっと高いじゃない?ガンバってるやん!日本のパン職人っ!

e0112226_17424351.jpg

で、いろいろ買い込んで事務所に戻り、赤ワインを開けて(おいおい!)さっそく食べちゃった(笑)(お昼食べたとこやのにね〜)買わなかったけどレンコンやゴボウののったいわゆる総菜パンはOLに大人気らしい(Kちゃんの友人談)その彼女たちも絶賛!なのがミルフィーユっぽい生地にカスタードをはさんだパン?で、コレはホン〜〜トにウマかった!!(幸運な事に買っていたのだ!エライぞ私!(笑)※写真前列右のヤツ。サクサクパリパリの生地と絶妙な甘さのカスタードのハ〜モニ〜♪がうっとり至福の美味しさでしたああ〜〜

e0112226_17513986.jpg

ゴメン!だからせっかく升入りの立派な「今宮戎神社」仕様のお豆さん、食べれなかったデス。福は…きっと逃げていったでせう・・・・(TOT)
[PR]
# by giova21 | 2007-02-03 23:54 | ウマイもんの話 | Comments(4)

ズブロッカとMちゃん

今朝は珍しくスンごく寒かった〜チラチラと小雪さえ舞っていた(ワオ!)私の住んでるとこはすご〜く寒くて、それにあわせて厚着をしていくと、大阪に出てきたらウソみたいに暖かくて「どこの山奥から来たん?!」ちゅう自分の格好が恥ずかしくなる事がある(^^ゞ

最近ちょっとマシになったけど低血圧の私にとって冬の朝はとっても辛い。そんな時にはコレを飲む。ホットカルピスズブロッカ割!そう、ロシア人式体内ヒートアップ作戦である(笑)入れるお酒はウィスキーやらブランデーやらいろいろ試してみたんだけど(試すな!)ウォッカが臭わないから一番イイ!(臭うまで入れるな!)キャップ1杯たらして飲むと、お腹の中からポカポカしてとってもイイのデス…呆れた友人に「サモワール買ってあげよか」って言われたけど、早く温まるにはコレが一番!

ちなみにイタリアでもエスプレッソにキュール入れて飲む「カフェ・コレット (Caffè Corretto) 」がある。冬の朝はもちろん食後にひっかけるのにも最高の1杯で、たっぷりお砂糖を入れてリキュールのしみたそのジャリジャリを食べるのもウマイ。私は大好き!

ウォッカにもいろ〜んな種類があるけど、私はこのズブロッカが一番好きである。初めて社会に出て、初めて働いた会社で知り合った先輩Mちゃんは、世間知らずな私に、聞いたこともないような映画や本の話、お酒の飲み方からホッケの上手な食べ方までいろ〜んな事を教えてくれた。仕事はほとんど教わらなかったけど(仕事嫌いの人だったから)(笑)人生におけるあの時期に、彼女から教わり得たモノは計り知れないほど大きかったと、今になって思う。

ある日突然とっても言いたくなって「ありがとう」って言ったら「あなたに後輩ができたら、その人に返してあげなさい」って言われた。何でも忘れっぽい私だが、この言葉だけはよぉく覚えている。私もあれからずい分歳をとったけどMちゃんみたいなイイ先輩になれたんだろうか?そんなMちゃんが「コレはね〜バイソンが好きな草が入ってるウォッカなんよ〜」と飲ませてくれたズブロッカ。だから独特な芳香のあるこの飲み物には思い出がある。2月14日。バレンタインデーは忘れもしないMちゃんの誕生日だ(聞いた時に一生忘れへん!って思った(笑)久しぶりに電話でもしてみようか。

と、ちょっとしんみりしたところで…
すげ〜サモワールって、こんなキンキラキンの物体だったんだ〜!知らなかったよ〜(笑)で、サモワール探してたらこんなモンにブチ当たって大笑いしてしまった!ギャハハ!!!ナイス熊さん♪(お店の宣伝になったかしら?)
[PR]
# by giova21 | 2007-02-02 23:09 | 今日のできごと | Comments(0)

傷心の杭州師匠

杭州師匠の母君が転倒して骨折した。病気や交通事故とは違うが、それでも入院・手術・リハビリ…と大変な事になっているようだ。うちの母も歳だし、とても人ごととは思えない。そういえば去年は、やっぱり代理店の営業マンのお父さんが脚立から落ちて足首を骨折。かくいう私も何もない所でしばしば転ぶ軟弱な足腰だから、ホント気を付けよう…

そんな大変な時に、でも私も彼も繁忙期でもあるために、朝から杭州師匠が打ち合わせにやってきた。ちょっといつもより元気が無いように見える(ヨシヨシ)が、嬉々として「こんなん買ってきてん〜」って取りだしたのが「コクヨのテクスチャーマウス」ああ〜っ!こんなモン買って〜!え〜でもカワイイっ!しかも品名が Primavera やってくれるわねっ!(ペシッ)

実物ってこんなんなんだ〜結構デカイじゃん。「マリメッコ」といえばUnikko柄って思うけどコレもイケてる。男性がこんなん使ってエエんかいっ!って思うけど、見る人が見ればオッサレ〜〜と思うはず(笑)じゃあ〜と、私(負けず嫌い)愛車のコンチョロQ(コントロールチョロQ略)を出して「ホラホラ〜カワイイっしょ〜こうやってホレ、動くんっすよ〜」ってやってみたのだが、彼は全く興味ナッシング。買って喜ぶ対象が、なんか男女逆になってない?(笑)

「ちょっとちょっと(ザ・たっち風)写真撮らせてよ〜」と撮ってたらいきなりピースサインを入れてくる(TOT)
e0112226_1621420.jpg

普段なら手刀モノだけど今日は許してあげよう…写真もちゃんとアップしてあげよう…(なんて優しい私(違)とにかく大変だろうけど、頑張れ〜杭州クン!!

全然話が飛ぶけど「ザ・たっち」のこのプロフ見ると、2人が生まれ落ちるまで4時間の「時差」があるのね!(ちうかそんな生まれた時間まで入れるのか?普通)4時間違いの「兄」そしてソックシな双子。生命の神秘ココにありっ!でアル。
[PR]
# by giova21 | 2007-01-31 23:58 | 今日のできごと | Comments(0)
メカ&おもちゃ好きのFクンは、また非常なグルマンでもある。梅田から一駅、降りればもうそのカホリ漂う鶴橋に次ぐディープな地、十三で生まれ育った彼は焼肉にもうるさい。そんな彼が血相変えて「もうボクはこの店にしか喰いにいきません!」と教えてくれたのが「肉匠 紋次郎」である。おぉおう♪この店ってばいつか「せやねん」で紹介されてて、私も気になっていた店ではないかっ!

それで去年の12月にさっそく食べに行ったんだけど、すんばらしくウマイっ!!肉がウソみたいにやわらかいっ!しかも安いっ〜〜〜(TOT)いや〜〜ホンマにこの値段でこんなお肉が食べれるなら、紋次郎に通いつめてもエエわ〜と思うくらいのお店だったのデス。で、今日。派遣先での元同僚同期のNちゃんが「ニク〜29〜肉食べたいっス〜」と誘ってきたので、コレは紋次郎をお披露目する絶好のチャーンス!と、ADのY女史も誘って北堀江店に行ってきましたっ!

ココってば聞いたことないような部位の肉が目白押しで迷ってしまうから、とりあえず失敗のない、以前食べた「レディスセット」を注文。でも最初の塩タンが出てきた時にアレっ?!って私。肉が分厚い〜〜!タンだけじゃなくて次に出てきた赤身も厚い〜!いや「ブ」厚い!うううむ!店によって切り方が違うのだろうか…ともかくウレシイことじゃないデスか?!しかもセット用の肉が切れてしまったので「イイ部位にしておきました」と、ものもらいでもできたのか眼帯したお姉さん(ちょっと気の毒)がコッソリ耳打ち。キャッホ〜♪ラッキ〜♪
e0112226_15233046.jpg

前はセットで充分だったけど、今日はなんてたって「若い」Nちゃんがいる。だから他に「ローストビーフ味比べ」(赤身とロース。ロースは口中で溶ける柔らかさ♪)と、最後のシメに「極上カイノミ」(1頭から4キロしかとれない横隔膜付近の肉らしい。これも厚いのにすごくすごく柔らかく美味!)を食べ、もぅおおお満腹まんぷく!!これで1人2杯くらい飲んで14000円ほど(3人で)ね〜安いでしょう?しょう?しょう?!ふぅう〜(遠い目)

もみダレもあっさりしてるし、どの肉も素晴らしくサシが入ってるけど脂っぽくない。だから胃袋さえガンバってくれればいくらでも食べれる罪な肉。これだけ美味ければ「塩」で食べるのもイイかもしれない(塩は天然岩塩が用意されてる)

女性ならいろいろ食べれて(お寿司付)最後に半チャン冷麺(コレも美味!)などがついてるセットがちょうどイイかも。DNAまで肉に染まりたい!という輩と一緒なら「特盛り」がお勧め。質より量というボリュームらしいが、柔らかさに全く問題はないッス!とFクンがハナの穴膨らませて言うのだから間違いはないだろう多分(笑)そのFクン「あんまし流行って欲しくないンですけどね〜」と、最近の人気ぶりを心配しているが、ゴメン!ココでみんなに宣伝しちゃいます(悪女)ホント〜におすすめっ!! ※予約は必須よ!ちょっと不便なとこにあるけどタクシー乗っても行く価値あると思います

※でもしばらく「肉」はイイです…食べ過ぎた…(苦笑)
[PR]
# by giova21 | 2007-01-30 23:22 | ウマイもんの話 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21