最初は“ワインを飲む会”だったのだがメンツが膨らみ、じゃあ〜「アソコ」に殴りこみしょうぜ〜!と、総勢7名の女騎士団で双龍居を再び襲ってきましたっ!10名は座れるのに…という老板(店主)の言葉は聞き流して(笑)念願の円卓を占拠。いやぁ〜イイね〜卓がクルクル回るのって。

今日は友人の友人とか、その会社の関係者などなど…初対面の人もいたんだけど「類は友を呼ぶ」とでも言うのでしょうか。前から知ってるんちゃうん?!というフレンドリーさと、大勢でワイワイ食べる中華の醍醐味が相まって、とってもとっても楽しい会食となりました♪

今回はスゴイで〜!ココは食べ歩きブログと違うけど(でもなりつつある?笑)Sやんが激写し続けてくれた料理をちょっと(?)並べて見ましょう!
e0112226_21152786.jpg

▲時計回りに:牡蠣と豆腐のうま煮、小麦粉のお焼きと卵焼(2枚一緒に食べるのがミソ!)前菜5種盛(お願いして盛ってもらう。ブタの胃袋やズリがウマ〜♪)エビ焼売(写真無いけどショウロンポウといった点心を初めて食す)
e0112226_212743100.jpg

▲裏メニューだったのがいつの間にか“表の顔”になったカニとレタスの炒飯、以前食べ損なって口惜しい思いをした、トマトと卵のうま煮、ココでは絶対!はずせない超絶麻婆豆腐(2人前 笑)ボリューミーですごくやわらかかった牛肉の炒め物

ココの店主はとっても陽気で楽しいのだが、前食べて美味しかった「ピータン豆腐」を作ってもらおうとオーダーしたら(メニューには無い)「ザーサイ入れるからね!ちゃんと書いておいてよっ!」と言うではないか。な、な、なんと!わたくしめのブログを読んでくれたみたいでザーサイを入れるとなおベターという記述をちゃんと覚えていたのだっ!で、てんこ盛り盛りで出てきました「ピータンザーサイ豆腐」ブラボォオ〜♪♪食べたいモノがあったら言ってね!といつも言ってくれるが、忙しい中(連日満員御礼)やってくれる心遣いはホント嬉しいモンがある。今日は中国語ペラペ〜〜ラのMちゃんがいたから、彼も嬉しそうに話してたし♪
e0112226_21463750.jpg


・・・そしてまだまだ続く・・・

e0112226_21581377.jpg


▲米粒より圧倒的に具の方が多かった海鮮雑炊。このスープをお焦げにジュゥウ〜ってかけて食べたい(って書いたら次してくれるかな?笑)ナタデココ入マンゴープリン、杏仁豆腐も杏が効いてて美味♪春雨の炒め物。そしてっ!Mちゃんが北京留学中によく食べてて「きゃあ〜懐かしぃ」と大喜びしてたパンの揚げ物(だったかな?)パンというより饅頭の皮を揚げたもので、コレになんとっ!練乳をつけて食べるのだ!とっても美味しかった〜♪


ひぃ・ふぅ・みぃ〜デザートは別として13皿デスか?みんな〜抜けはありませんか?手の平に「間食厳禁!」って書いて今宵に備えたGちゃん(笑)でも紹興酒は4本?だったの。だからもぅ絶対先日は飲み過ぎ食べ過ぎやったわホント(TOT)ちうか食べ過ぎてまうねん、この店。でもまた来ようっと!(笑)Sやん写真撮影ご苦労さま&ありがとう♪
[PR]
# by giova21 | 2007-03-15 23:57 | ウマイもんの話 | Comments(0)
パフュームを観にいってきた。先に原作を読んでみたのだが、すご〜くドロドロした話でコレが映画になるっちゃあ〜どないなるんぞ!と思っていたのだが…話はとっても原作に忠実だったと思う。文章ではわかりにくい香水づくりの現場を映像で見る説得力あったけど、原作を読んでないと意味がわからないんじゃないかなと思う部分も多々ある。それでも2時間半の長さは全く感じない(最近の映画は長いなぁ)

試写を先に見た人が「キモチ悪くなってくる」と言ってたけど(この私でさえ)確かにウエエ〜〜という場面がたくさんあった。ビチャビチャした音や、主人公の風体、市中の喧噪はホンマに「異臭漂う」リアルさ!(冒頭からスゴイ)それは恐怖映画にあるような“つくりもの”のキモチ悪さじゃなくて、自分自身で容易に想像できる身近な“キモチ悪さ”だからタチが悪い。見終わった後、食欲が失せてしまって焦った。でも30分後には復活!ビール飲んでたけど(笑)だから題名の「映像に酔う」というのはネガティブな意味デス…ハイ(^^ゞ
e0112226_20273723.jpg

にしても、主人公役ベン・ウィンショーはスゴかった!ビヨンセ=中島知子に続く、ナイナイの岡村に似てるという噂はさておき(笑)鬼気迫るストーカー演技は圧巻だった♪大好きなアラン・リックマンも出てたし、お稚児ダスティンは唯一の笑いどころ!

原作も映画も賛否両論というのも、まぁうなづけるけど(私はよかったと思ふ)とにかく言えるのは「映画みて食事〜♪」というコースには全く適してない映画だということデス
[PR]
# by giova21 | 2007-03-14 23:55 | 映画なこと | Comments(0)

アダナノミョウ

「ど〜してこんなクルクルの髪してるのぉ?」AD:K氏の長男ふみクンが、私の髪をワシワシいじくりながら聞いてきた「パーマをかけてるからなのよ〜」「ふぅう〜ん」その夜、家に帰った彼は私の事をこう命名したらしい【モジャメガネ】と。K氏が大笑いしながら教えてくれたけど、子供の感性ってホントオソロシイ。ストレートすぎて(笑)でもエエ名前やん!(なんてたってふみクンとはダチだかんね〜)と吹聴してたら、いつの間にか、略して?「MM」と呼ぶ人(杭州クン!アナタです)が出てくるまでになってしまった(^^ゞ

そして夜。Nちゃんの上司から仕事の依頼の電話があったのだが…

「もしもし〜“モチダ”さんですか〜」
「??!!いいえ〜“モチダ”じゃなくて○○ですぅ〜」
「ええ?モチダさんでしょ?」
「○○デス!(TOT)」

しばらくご無沙汰だったから、誰かと名前を間違えているんだろ〜と思い、話を合わせ、翌日の打ち合後、Nちゃんにこのやりとりを話し聞かせた。

「名前忘れられたみたいで“モチダさんモチダさん”って呼ばれてん」
「モチダさん〜〜?」
一瞬考えたNちゃん、大笑いしながら
「ああ〜それ“モジャさん”って言ってたんやで〜」
「な、なんで“モジャさん”なんよぉお!?」
「だって私、○○さんのこと社内で“モジャ”って言ってるから(笑)」
「ゲゲゲ〜〜〜〜!!!」

“モジャ”がど〜して“モチダ”に聞こえたかはともかく、そんな事になっていたなんて…(TOT)だから彼、別れ際に「名刺もう一度ください」って言ってきたんだ。クスン。ええぃ!この際、ミドルネームとして【モジャメガネ】って入れようかしらん?!ちなみに友人の上司は何でそ〜なったか皆目検討がつかないんだけど私の事を「外人」って呼ぶしぃ(TOT)

そのNちゃん、足の親指に「2本」もヒビが入ってカワイソウな事になっていた。その原因とは…酔っ払いに足を踏まれたワケでもなく、ボーリングの球を落としたワケでもなく、単車に轢かれたワケでもなく、夜中に起きた時、寝ぼけて足を挫いたから…だそうだ・・・合掌・・・一体どんな骨密度やねんっ!(笑)お大事にっ!無事くっついたら焼肉行こうな!
[PR]
# by giova21 | 2007-03-13 18:47 | 今日のできごと | Comments(2)
「仕事でそっち行くからご飯食べよ〜」とT子から連絡が。うぅむ!昨日鰻だったのにまたウマいもん喰ってイイのだろうか。と「一瞬」思ったが、グルマンT子との食事をはずすワケにはいかないっ。そこで以前から行ってみたかった桝田へ電話してみると8時半まで席が無いとのこと。「いやや〜8時半まで待たれへんっ!」女王様T子の一言は絶対である。であるからして探しました。ブログで(笑)いや、食べ歩きブログってホント参考になるよ。

で、見事選ばれたのが「京料理 木田」さん。(もぅ“さん”付けデス)各種ブログではランチが紹介されてたんだけど、内容はほぼ同じで素材がアップしたのが夜のコースになってるみたいだ。と、とにかくスン晴らしい内容でしたっ!!ボリュームもさることながら、黒豆納豆醤油と甘〜いおろしタマネギでいただく(写真:ワサビの隣)お刺身という創意工夫や、思わず「うぅうまぁあ〜いっ!!」と絶叫して店主に笑われてしまった寒ブリの炙り(シャレではない)や、ネットリあん肝の煮こごり、そしてシメのぬか漬け(30年床)まで、丁寧な仕事ぶりと味は、もぅ全てがウットリするくらいウマかったっ!!
e0112226_17161615.jpg

3月のメニューということで器がひな祭り仕様で、彩りも盛りもホントにキレイなの〜♪(萌)そ〜ゆ〜見た目の美しさって、フレンチでもイタリアンでもあるけど、やさしく煮含めたにんじんに感じる懐かしさ、ホッとする瞬間って、和食ならでは…だと思うのよ。錫の徳利にぬる燗につけた日本酒を飲りながら「ああ〜日本人でよかった〜」と、しみじみりんこと感慨にふける私・・・という余裕は最後にはかき消えて(^^ゞ っていうか、もぉおおお〜お腹いっぱいっ!!最後のおにぎり包んでもらったし(笑)

とっかえひっかえお店が変わるこの時勢において、店を構えて20余年というのはホントスゴイ!と思う。でも一度でも来たら必ずご贔屓さん(高島津親方が常連)が生まれる事間違いなし!の店でもあると思う。「木田和夫49歳」お品書きに書かれたこの1行に、店主木田さんの心意気が見えるようだ。

続・関西OLうまうま日記さんと関西美味礼賛さんのブログを参考にさせてもらいました(写真も豊富!)彼女たちの食べたランチは絶対お値打ち!夜は6000円から(どっちもとことん空腹で挑むべし!)実家が農家ということで野菜やお米は自家製よ!店の入り口でも売られてる気取らない店でもありマス♪4月になるとまたメニューが変わるというから、T子のBFの社長に一番良いコースをご馳走してもらおう!と算段する私たちでした(笑)
[PR]
# by giova21 | 2007-03-12 23:57 | ウマイもんの話 | Comments(0)

母娘の会話

回りの友人たちが当たり前のようにしていた「おか〜さんと一緒に買い物&お食事」って事をほとんどしたことのない私たち母娘。別に仲が悪いってワケじゃないんだけど、例えば「今日は○○があって○○ちゃんがね〜」という子供ん時に頻繁にするであろう日常報告すら、あまりした覚えがない。そ〜ゆ〜事ってウチの弟の方が多かったくらい(笑)(きゃつは完全なるマザコンだと思ふ)

ところが最近、一緒にいるとよく話すようになった。この日、車に母をのっけて新しくできたソバ屋に行った。2人とも無類のソバ好きなもんだから、出汁の具合はど〜の、ソバの堅さがど〜のと、まるで友だちと一緒にソバを食べてるように会話がはずんで楽しかった。

その後の夕食の買い出し中も、このイチゴ甘いかなぁ〜?和菓子食べたくない?という軽めの話から、おと〜さんのお葬式ん時にはどこに親族を泊まらせたらイイだろう?というとんでもない話まで(ちなみに父はまだピンピンしてます…ゴメンよ〜父ちゃん、こんな話して)以前なら考えられなかった話題にまで及んで、後でしみじみビックリした私。

人それぞれいろんな母娘のカタチがあるだろうが、ようやくこの歳になって母娘間の熟成がはじまったのかな。そんな事思ってたんだ〜という母のグチを、まぁまぁ〜と取りなす日が来るなんて思ってもなかったけど、ゴミ箱が飛んでくるとコワイ!ので(笑)(母の逆鱗に触れ投げられた事有り。それも10年ほど前。幼少時じゃない…ってこと。さすがmyマザー)これからは話をよく聞いてあげようっ!と思いつつ、夕食のリクエストに迷わず鰻をオーダーした、まだまだ「小」娘な私でした(^^ゞ
[PR]
# by giova21 | 2007-03-11 23:52 | 今日のできごと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21