いつもほとんどお弁当持参なのだが今日は無くて、じゃあ〜どっかいくべ〜と食べ歩き系ブログを見ていたら、近くに薪窯で焼いてるPIZZERIAがあることを発見!写真見たらどぉ〜もこぉ〜も無性に食べたくなって、チャリチャリ自転車を駆って食べにいきました「La Golosetta」
e0112226_20391378.jpg

狭いけど雰囲気よし♪の店内にドッカと鎮座してるのはイタリアから取り寄せ作ったという窯。おぅう〜と、いやおうなしに期待が膨らむっ!オーダーしたのはもちろん、ピッツアの女王マルゲリータさま。直径20cmくらいかな?酸味の効いたトマトソースに、とろ〜りモッツアレッラがからむ眼福のひととき。

いや、しかしっ、ピッツアの命は生地でアル!(自論)イタリア産の小麦粉を使ってるというソレは香りも良くモチモチした食感もGOOD!ウマイデス。が・・う〜ん!皮が厚い。特に縁のコルニチョーネの部分。塩ももう少し効いた方がイイ。惜しいっ!☆1つ半(なんて偉そうな私 (^^ゞ

このピッツアに+サラダとソルベがついて800円也は、リーズナブルだと思うけど、ピッツアはやっぱりやっぱりサンタ・ルチアが一番!同じマルゲリータが倍近くするけど、今だココを上回るピッツアは無い!

でも来週、ウマイと評判のまた別のピッツエリアに行く予定。1月は餃子月間だったけど、3月はピッツア月間になるかな?(笑)
[PR]
# by giova21 | 2007-03-08 23:30 | ウマイもんの話 | Comments(0)

おわったぁあああ〜〜〜

おかしいっ!!領収書整理したんが1/22でしょ?(ブログってホンマ日記帳やね!便利)2月にはちゃんと仕分けもできてたのに、書類記入に手間取り、気がつけば締切まで1週間を切っているこの事実!解せないっ!キィイ〜とヒスってもはじまらないので(天気もイイことだし)チャリチャリ自転車漕いで、ようやく行ってきました!確定申告!

引越したのではじめて行く税務署。ちゃんと地図を用意したのに「ココやっ!」って入ったんが「法務局」で、しょっぱなからガクゥウ〜(TOT)こ〜ゆ〜お役所が固まってる地区なのでヤヤこしいったらありゃしない!(自分の非は認めない(笑)

締切が押し迫ってるからか相談室は大混雑!申告する人も手助けする税理士さんも目が血走ってる(ような気がする)なもんで私、なかなか見てもらえなくてポツネン状態(>_<)ようやく税理士さんが声かけてくれたんだけど、私の相談ってAかBかどっちができるのか?という単純な質問だったので「ああ〜ダメです」ってたった一言で終わってしまった。忙しいからか対応がつっけんどん。前の税務署は親切だったのになぁ〜。やっぱ早い時期にくるべきでアル。

良い機会だからもっといろいろ聞いておいたらよかったのに、一刻も早く済ませたかった私、サカサカって書いて渡して出てきちゃった(^^ゞ イイのか?!オレ。ど〜するオレ。のオダジョー気分は一瞬で彼方へ去り

いやったああああああ〜〜!!!
終わったぁあああああ〜〜!!!

ラリホ〜♪イエ〜ィ♪ファンタジスタジンギスカン♪ってな気分で税務署を出る。これでウン万円の源泉が無事!返ってくるはず…である(多分)お祝いに?特上のうな重でも食べるべし!じゃなくて、いろいろご心配&お手伝いをしてくださった方々に感謝♪ありがとうございましたっ!!
[PR]
# by giova21 | 2007-03-07 23:44 | 今日のできごと | Comments(0)
Limoncello:リモンチェッロ
イタリアはナポリ近郊の街、ソレントやカプリ、アマルフィの特産であるでかいリモーネ(ソフトボール大くらいある!)の皮を浸漬して作った甘酢っぱいリキュールのことでアル。イタリアでは主に食後酒として飲むが、キレイなイエローカラーと口当たりの良さで日本でも人気があり、最近ではそこここで商品を見かけるようになった。本国イタリアでもいろんな土地で作られてたりもするが、やっぱり南イタリア産のモノが一番ウマイ!なんたって太陽が違う!レモンが違う!香りが味が違う!ウン(笑)

以前は日本で売ってなくて重いのを買って帰ったものだが、今じゃあ〜郊外の量販店でさえ買える時代となり、ありがたみが薄れてきた。がしかし、数年前からKちゃんが自宅でリモンチェッロを仕込み作るようになった。それが、色といい香りといい味といい、黙って飲んだらアマルフィ産と見まごうばかりの、ひじょぉお〜〜に素晴らしいデキだったのだ!

「案外簡単やねん、クス」と誇らしげなKちゃん。スゴイぞ!アンタってば!お陰で毎年美味しい「自家製レモンチェッロ」が飲めるようになった。そしてソレを飲んだRちゃんが「私も作ってみるぅ〜」と腕まくり!なんてたって彼女の庭には3mものレモンの木がある。もちろん無農薬の健康優良児。レモンの「皮」が材料だけにKちゃんも無農薬レモンを探すのに苦労してたし、R家では大量収穫したレモンの処理に困っていた…というから、もぉ〜一石二鳥の話やん!?
e0112226_19274939.jpg

写真の色は悪いけど、きれ〜ぃい〜〜なレモン色よ!


「ど〜しよ〜ってくらい美味しいの」と自画自賛のRちゃんが、事務所にレモンチェッロを持って来てくれたので3人で試飲会(RとKは一緒のコーラス隊なのだ)いやぁ〜イイ色!イイ香り!美味しい〜!Bravissimaなデキですホント!スゴイね〜2人とも。まだKちゃんの新作は飲んでないけど(シロップをいつもと変えたらしくクリーム色!なのだ)

材料のスピリタスウォッカが結構高く(1300円くらい)無農薬レモンを入手するのも簡単ではないので(これからR家のがある!?嬉)市販のモノより高くついてしまうそうだが、手作りの美味しさにはかなわない。K'Sご母堂が負けじと作った「ゆずチェッロ」もイタリア人真っ青の美味しさだったので、柑橘系は合うようだ(私ら果実酒BARできるんちゃうん?)シチリアには「アランチェッロ」(シチリア名産オレンジで作ったもの)もあるしね。

夏はかき氷のシロップにすると超絶美味だし、とにかく美味しいデス♪でもアルコール度数が高い(30度くらい)ので飲み過ぎると確実に倒れマス(笑)あっ!肝心の作り方ですか?スイマセン…私、作り手じゃなくて「飲み手オンリー」なので…(^^ゞ また聞いておきまっす♪
[PR]
# by giova21 | 2007-03-06 23:25 | イタリアなこと | Comments(0)
昨日というか今朝。珍しく寝れなくて(多分昼寝のし過ぎ 笑)布団の中で悶々としているうちに、ブルル〜♪という新聞配達のバイク音・・・ギャアア!!・・・そして朝・・・眠い〜〜(TOT)よく寝る事が元気の源である私にとって、悪夢のような月曜日の始まりでアル。

昼ご飯の後が最悪で事務所で昼寝しようと思ったんだけど、今日はジムの受付に行かなくてはならない。そう!申し込んだんデス!ジム!下見も見学もせずに!(友人からアホちゃうって言われたけど(^^ゞ いつまで行けるのか何回行けるのかわからんけど。「カタチ」から入る私、とりあえず入ってみました(笑)がんばりマス!

手続き後「今から何かします?」って言われたので、眠くてボォ〜ってしてたけど、身体を動かしたら少しは脳が活性化するかもしれないと、ちょっとだけトライしてみることに。5つくらいのマシンをインストラクターと一緒に回る。1人黙々とする修行僧のような運動は「今は」できるけど(最初だから)継続してできるかはいささか不安(笑)次はボクササイズとかアクアビクスとか、やってて「楽しい」コースにしよう。それより先ず、しっかり通う事が大事だけど(^^ゞ
e0112226_101010.jpg

そしてi-PODを入手すること!行方不明のiPod miniはどこを探しても見つからないし(もしかしてゴミに紛れて捨ててしまったのか!?あり得へんけどあり得るのが私(TOT)音楽なしにマシンで運動するのは辛すぎる。クリップ型のiPod shuffleが大本命だけどiPod nanoが当たるプレゼントの応募結果がもうすぐだからそれまで待とう(せこい!)でも何かアタリそうな気がするのだ!全然全く根拠ないけど(笑)
[PR]
# by giova21 | 2007-03-05 23:33 | Comments(0)
今日は山登り…というよりホントお気軽ハイキング。がんばってくろんど公園まで歩いてもよかったんだけど、だぅう〜しても行ってみたい所があったので、ほしだ園地のすぐ近くにある磐船神社の探検へGOGO!(このHP文字化けがヒドイかもしれないけど)

高さ12m、幅も12mという巨大な岩が御神体になっている神社なのだが、数字では実感できないくらい、ホントにほんとぉ〜にとてつもなくデカイ岩なんである!しかも全く独立した1個の岩で、昔の人は、この岩に乗って神様が降りてきたんだ!と信じ、「天の磐船」(神様の乗り物という意味)として崇めたのが神社の由来だという。秀吉に命じられた加藤清正が、大阪城築城のためにこの岩を持ちだそうとしたところ血が流れた…という話もあながちウソではないくらい、立派で物々しい御神体なんである。
e0112226_12264767.jpg

でもこの巨石がメインテーマではなく(笑)「この下」にある岩窟巡りが我々の目的地だったんですぅ。先ず社務所に寄り拝観料の300円を支払い、一切合切の荷物を預ける。軍手をはめ白衣を着る。滑りやすい靴だったたら草履も用意されている。そうして御神体の巨石の下へ潜っていくのだっ!その昔、巨大隕石群大墜落があったのか?!と思うほどココはデッカイ岩が多く、その大ボスの御神体を中心に、幾つもの岩が寄り添い、重なり合い、自然の洞窟を造りあげている。本来は修験道の行場として使われていたそうだが、一般の人も入れるようになったのだ。

岩の隙間をぬって降りる入口からビビり度アップ!私たちしかいないし(静かだ…)いつの間にか厚い雲が広がってどんよりした空気になってる。「何かいる」的なおどろおどろしさが漂う境内は、金田一耕助の舞台にピッタリだ。私は全くそうゆう「気」を感じないタチなんだけど、ちょっとゾクゾクしたよ(TOT)
e0112226_1230876.jpg

折れたらどないすんねや!と思うよな竹の橋が渡されている。この上でY字バランスしてたKは全くのお調子モンでアル!

で、問題の岩窟巡り!「巡り」っていうほど気楽なモンじゃ全然なくて、中は暗いし狭いし、岩が迫ってくるしで、ちょっとした暗所閉所恐怖症になりそうだ。薄情なKちゃんは喜び勇んで(こうゆう場所が大好き)先先進むから、置いてかないでぇええ〜〜!!とへっぴり腰でついていく私。

しかも途中「こんなとこ抜けるんですかぃ?!」ちゅうくらい狭っまぁ〜い所をくぐらないといけなくて(デッカイ人は絶対詰まると思う)必死に身体をよじりながらくぐる。お尻が塗れちゃったけど気にしてられません!(近くに川があるので濡れ場が多い)んでもって、暗い〜岩場にぼぉおお〜〜って灯る明かりの中に祠が出現するスリルと恐怖!!ヘタなお化け屋敷より、ずっとずっと野趣溢れてコワイです…いやホント。でも地底探検みたいで楽しかった♪コレで300円は安いデス(違)

おちおち写真撮ってられんかったので詳しくはこちらを見てください。ね!岩だらけ!スゴイでしょう〜!行ってみたいでしょう?!(笑)

e0112226_12382941.jpg

岩窟を抜けた外にある天の岩戸みたいな巨石。ホントに扉が開いてるみたいじゃない?!この岩戸はちょうど伊勢神宮の方角になるんだって〜

まぁ〜とにかくいろんな意味で楽しかった神社を後に「音の花温泉」でひとっ風呂浴び(超巨大露天風呂&ヌルヌル泉質がGOOD)Kちゃんも一緒に我が家でお母ちゃん自慢の餃子を喰って、ようやくとっても充実した1日が終わったのでありまっす♪
[PR]
# by giova21 | 2007-03-04 23:41 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21