e0112226_20495386.jpg


BBQの翌日。
フツ〜ならUSJ行くところだが、アタシは行きたかったのだが(笑)
諸事情がありまして「オトナの社会見学」となった(^^ゞ
でもこれが、とってもよかったのだ〜〜(//∇//)

以前偶然、舞洲に迷い込んだ時からいつか見学したいと思ってたし、
あの日は曇天、今日は雲ひとつない晴天だ。
フンデルトヴァッサーのアヴァンギャルドな色彩美が、青空の下で美しく映えている。

申し込みがギリになったので、
今回は下水処理センターである舞洲スラッジセンターへGO〜!!であります。




e0112226_21023907.jpg




天井の赤丸は日の丸国旗を現したものだろうか。
入口から既に氏の世界観が200万%発揮されてマス。

まず30分ほど施設の概要を職員さんから聞く。
詳細はコチラの記事を参照してもらうとして、
これがなかなかに面白く、興味深く聞かせてもらった。

お江戸より先にできた自慢の太閤下水や、汚泥を再生利用したスラグの驚異の吸水率とか、
直径4mの下水管は、ちょっとやそっとの大雨でも平気だとか、
固いゴム製のロケット弾を下水管の中に走らせて汚れを取るとか、
普段下水がど〜なってるのとか、考えた事なかったけど、
環境やエコや効率化などなど、いろんな事を考えて処理されてるんだと、すごく勉強になった。

といっても、これは大阪市内の話。
我々の中に誰も市内在住者がいないことに苦笑いしてたけど(笑)
自分の住む街がどうなってるのか、知っておかなきゃ!とも思った。




e0112226_21315864.jpg



というお話しの後は、お待ちかねの施設内見学だ。

いきなりビックリしたのは、まるでギャラリーのように
フンデルトヴァッサーコーナーが設けられてたこと。




e0112226_21320921.jpg



スラッジセンターのデッサン画をはじめ、
当施設とは関係ない氏の作品が飾ってある。

決して大きく取られたスペースじゃないが、
これが工場〜「下水処理センター内」にあるってことがスゴイ!(笑)
冷静に考えるとちょっと信じられないよね(^^ゞ




e0112226_21415853.jpg



もちろんちゃんと働いている人もいる。
彼らの仕事は、施設内のプラントがちゃんと稼働しているか管理することで、
24時間365日、こ〜やって計器とにらめっこしている。

そのほとんどは、メーカーから派遣された人たちで、
大阪市管轄のスラッジセンターではあるが、市の職員は両手で足りるほど少ないんだとか。

面白いのは、13時、昼休み終了時にウィンナワルツが流れること!
オーストリア生まれのフンデルトヴァッサーたっての指示なんだそうだ。
異国の地で故郷を想ったのかなと思うと感慨深いけど、ワルツですよ、ワルツ!
タイミングよく我々も聞いたんだが、も〜むっちゃ不思議な気分であった(//∇//)

曲名までわかんないけど、恐らくヨハン・シュトラウス1世じゃないかと。
しかもズンチャッチャ〜♪ズンチャッチャ〜♪と、4分間もあるのだ(笑)
お陰でゆっくり用意できると職員さんは笑ってたけど、も〜踊っちゃえよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و





e0112226_21491401.jpg



お次は外に出る。
施設内部は、上記の管理センターをのぞけば、巨大なプラント機器が大半を占め、
我々が大好きなビール工場のような華やかさはナッシング!
だから、施設としての建物は、四角四面のコンクリの箱でもいいワケだ。

しかしそこは「あの」フンデルトヴァッサーである。
そこに人が関わる限り、無機質なモノにしたくないと、
壁面にわざわざ窓を設けている。

だからコレ、開かない窓…なんです。いわゆる飾り。だまし窓(笑)
そんな窓がスラッジセンターにはたくさんある。

でも、こ〜やって窓があるだけで、
あ〜中に人がいるんだな〜と、建物に生命が宿る気がしません?!

しかも!自然が作り出す造形をこよなく愛した氏の持論、
「自然界に同じモノは2つとない」から、
窓に柱、ひさしに至るまで、同じデザインは1つもない!のだ。
よぉく見れば、細部に宿るこだわりがわかるはずデス(๑•̀ㅂ•́)و✧




e0112226_21561956.jpg




ただの資材置き場にゴミ捨て場も、氏の手にかかればこの通り!(笑)

もぉ〜なんて贅沢!
きっと世界一、オサレなゴミ捨て場に違いない。うん。




e0112226_22152800.jpg



スラッジセンターのシンボルタワー。
陽光を浴びて青く輝くのは、ドイツから輸入した特製セラミックタイルだ。

おっそろしく費用がかかったのは(総工費900億!だそうだ(@▽@)
資材に妥協せず、国外から取り寄せたからだとも言われてるけど、
まぁ〜ホントによく作りました。作らせました、大阪市!拍手!




e0112226_22374344.jpg




ここで嬉しいサプライズ!
我々4人だけだったし天気がよいので、特別に屋上も案内してくれるとのこと。
ヤッタ〜ヤッタ〜♪♪

間近で見る金色ボールのデカイこと!!!
そしてこの金、ホンモノでっせ〜〜(๑•̀ㅂ•́)و✧
またまた贅沢、豪華!だからこの輝き、この美しさなのです。

あぁ〜でもきっと、もっと剥げてきた時、張り替えなんてしないだろうな、大阪市( ̄o ̄)




e0112226_22290147.jpg




下から見上げてたブルータワーが目の前に!
こ〜やって見ると、ますます頂上部が展望台になってるんちゃうやろか?って思う(笑)
そして…煙突壁面タイルには、意識的に雲のような模様を入れてるのがよくわかる。

で、その背後に……こんな金色屋根のモスクもあったんだね。




e0112226_22440113.jpg




此方に目をやれば、同じくフンデルトヴァッサーが手がけた
ゴミ処理場の煙突が、負け時とキラキラそびえ建っている。
あっちもいつか見学に行かなきゃね。

見学施設としてはゴミ処理場の方が整っているらしく、
見学者も多いと、ちょっぴり悲しそうに職員さんが言ってたけど、
そんなことないですよ!!スラッジセンターも十分、楽しめる、勉強になります!
ちなみに午前中にゴミ処理場、午後からスラッジセンターと回ると時間的によいらしい。




e0112226_12055186.jpg



こ〜やって約1時間半ほどの見学が終了!
見学には事前予約が必要だが、入口すぐのエントランス部分は、
開館時間内なら自由に入って見ることができる。

スラッジセンターに一体何本の柱が使用されてるのか「?」だけど、
ご覧の通り、1本1本全部違うデザインになってる!な、
フンデルトヴァッサーのデザイン画も展示されています。




e0112226_12101570.jpg




いきなり作業服な職員さんが出てきてビックリしたが、
いわゆる関係者用の通路扉も手抜かりない。
こんなポッピ〜POPな場所で働くってどんな気分なんだろうな(笑)





e0112226_12163093.jpg




そしてそして!トイレも忘れず入るべし!!




e0112226_12171965.jpg



もぉ〜ここ、プラント施設じゃないよね。
まるでアートミュージアム!
と、エントランスホールだけでもかなり楽しめる作りになっている。

けど、ここだけで素通りしたら職員さんが悲しむから、
是非予約して、内部見学や下水のお話しも聞いてくださいまし(^^ゞ




e0112226_12223521.jpg



そして…入口に掲げられているフンデルトヴァッサーからのメッセージ。

人間はその手で不当に犯し、破壊してきた自然を、あるべき姿に戻さなければならない。
私たち人間は、自然と調和して生きていかなければならない。
それが、より良く美しい世界を創り出すのだ。

奇抜でPOPなだけじゃない。
氏の作品の根底には、自然界には同じモノが2つとない。直線は存在しないといった、
自然界への畏怖と尊厳がこめられているのだ。




e0112226_13455659.jpg





[PR]
# by giova21 | 2017-10-12 23:06 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_12512071.jpg



当初は夏にネスタリゾートでグランピングしようと思ってた。
がぁ〜三木までちょっと遠いし、みんなの予定もなかなかあわなかったので、
いちお大阪市内の舞洲でBBQすることにした。

ハロウィン仮装の人でごった返すユニバーサルシティ駅から送迎バスで約10分強。
いやぁあ〜〜ココ、ほんまに大阪市内?!
HP上である程度感じを掴んでたけど、緑が多くてキレ〜♪♪な ホテル・ロッジ舞洲





e0112226_12580396.jpg



広々とした敷地内に2つのホテル棟と、14練からなるコテージエリアがあり、
フィンランド、スウェーデン、カナディアン、アメリカン、4タイプのログハウスが揃ってる。
その中で「北欧式」に泊まりたかったんだが、
当日のお楽しみ…ということで、ジャジャ〜ン!なアメリカンタイプとなった。
ちくと残念だったけど、多分北欧タイプは4人以上用だったんだと思う。




e0112226_12442221.jpg



とにかく乾杯だカンパ〜イ!!
みんなお疲れさまぁ〜〜♪♪

ログハウスには全棟、ウッドデッキがあり、そこでBBQができるようになっている。
夏だと暑くてたまんなかったかもしれないから、
この時期でのお外BBQって、もしかしてベストチョイスだったかも(๑˃̵ᴗ˂̵)و
ビールがうま〜〜いっ!!!(笑)




e0112226_14311270.jpg




先日のBDイタリアンでご馳走になったから、
今度はアタシがお返しするよ〜〜♪と仕込んできたローストビーフ。

黒毛和牛のモモブロックを爪楊枝でブシブシと突いて、
潰しニンニクと共に三国母の特製塩麹にひと晩浸けておいたものだ。

先ずは四面をこんがり焼いていこう♪
塩麹が焦げてイイ匂い〜。
その後は、アルミホイルにくるんで30分ほど置いておく。




e0112226_14331122.jpg



作るのは初だったので、ドキドキとカットしていくと、、、、、

おぉおお〜〜うっ!!!
むっちゃイイ感じに仕上がっているではないかっ!
でもって、自分で言うのもなんだが、えらごっつう〜美味しかったのだ(//∇//)
肉もすごく柔らかいし、そのまま食べるにちょうどイイ塩梅に味も浸みている。

みんなにも大好評で、500gをペロリ!
こんなに簡単に美味しくできるなら、もぅ〜絶対自分で作った方がいいよねv

これが塩麹のお陰なのか、肉のお陰なのか「?」なので
今度はアンガスかオージービーフで再トライしてみようっ!!
(といっても、今回の肉はグラム500円ほどなのでそんなに高くないのだが(^^ゞ




e0112226_14534444.jpg



これはアタシ自身が食べたかったラム♪♪

なんともラッキーな事に最寄り駅併設のスーパーに、
ジンギスカン用(薄切り)、焼肉用(厚切り)、骨付きと、3種類ものラムが置いてあるのだ!!
肉も新鮮で、未だかつて「臭い」と思ったことがないし、
いや…羊臭くても全然イイんだけど(笑) 羊好きとしてはホント嬉しい♪

もしかして購入者はアタシだけで(?!)
そのうちなくなったらどうしよう?!と、売り場を覗く度、不安になるんだが、
まだあるから、他にも羊好きがいるのだろう(๑˃̵ᴗ˂̵)و
とにかくお願いだから、これからもずっと置いておいてね。




e0112226_15051222.jpg




獺祭も出てきて、さぁ〜牡蠣のアヒージョもしますよ〜♪♪

やっぱ食材豊富な秋にこそ、BBQするべきだわっ!!





e0112226_15140540.jpg



だってほら、りんごもあるじゃん?!
夏場にバターなんて持ってこれないじゃん?!

時間かかりそうだから、先に仕込んで火の上に置いておこう♪な焼きリンゴ。
シナモン忘れちゃったけど、ラム酒に浸けた干しぶどうがイイ仕事してくれました。

なかなか甘みが入らなくて、スティック状のグラニュー糖を鬼のようにぶち込んだんだが、
それ見て、洋菓子ってオソロシイほど大量の砂糖が入ってるだと身震いしたわ(^^ゞ

と、盛大に飲み食いして気分悪くなるほどお腹いっぱ〜〜い!!!(笑)
暑くも寒くもないちょうどよい気温もよかったし、
やっぱ「外」で食べるのって、3割増しで美味しいよね。




e0112226_15295897.jpg



で、そろそろまとめに入りますと、、、、

ログハウス内は、バス・トイレ付き (アメニティ・各種タオル有り)
上下階に2ベットな寝室があり、1人ひとりがゆったり寝れ、快適に過ごせマス。

その他、テーブルセットに、冷蔵庫、電気ケトルがある。
なのに電子レンジがないのはなんでやね〜ん!って盛大に突っ込んでしまったが。
また、火気厳禁なので、テラスBBQはガスコンロ(別途レンタル)になる。
このコンロが、現物見た時絶句したほど、ほぼA4ファイル大のスモールサイズ(笑)
だから一度にたくさん焼けないし、大物は乗らないので注意が必要デス( ̄o ̄)





e0112226_15194661.jpg



他にもBBQエリア(↑)があるので、宿泊しなくてもプランにあわせてBBQができる。
ちなみにこっちは「炭」だ。

朝食は可もなく不可もない和洋バイキング。
ログハウス内では調理できないから、なんならBBQモーニングしたってオウケイv
あと、ホテル棟の大浴場(というほど広くはないけど)も利用できる。

そうそう、前日にしたテラスBBQは、キチンと片付けておくこと。
じゃないと朝、カラス共にさんざん散らかされてしまうので ←経験者談( ̄o ̄)




e0112226_19504505.jpg




と、イイ所もちょっとなぁ〜って所もあるが、
大阪市内から1時間で、こんなロケーションが楽しめるのはサイコ〜!!のひとこと。
無料送迎バスにうまく乗れば、仕事終わりにBBQ泊も十分可能だろう。

手入れが行き届いた敷地内はゴミひとつ落ちてなかったし、植栽もキレイ。
お陰でキノコものびのび育つ!ってもんだ(笑)
また春にBBQしに来よう〜って思った(๑•̀ㅂ•́)و✧




e0112226_20091021.jpg


〈オマケ〉
USJに行くもいいが、ホテルの真ん前に巨大な登り窯も有する舞洲陶芸館がある。
大阪湾の海底粘土で作る珍しい難波津焼きや作陶体験もできるので、
興味のある人はのぞいてみてください。





[PR]
# by giova21 | 2017-10-10 23:19 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_21372848.jpg



9月はこれでも乙女座!不肖アテクシの誕生日月でありました。
友人たちがお祝いご馳走してくれたので、感謝を込めて記しておきマス♪♪

まずは来月行われるAViNOFESTAのチケットをコッポレッタに買いに行き、
自分プレゼントにシチリアの伝統的なコッポラ帽もゲット!!
これかぶってワイン会行こぉ〜っと(^^ゞ

なんてたって満を持しての中部4州(ウンブリア・マルケ・アブルッツォ・モリーゼ)だ。
モリーゼは次に行ってみたい州だし、
残り3州のワインはトスカーナより好き!ってくらい好きっ!楽しみだ〜!




e0112226_21451596.jpg



さてお食事会は、先月も行ったヘビロ中のイタリカ
ランチ常連でも夜に行くのははじめて!な子もいたので、
テンション、変に高くスタート♪♪




e0112226_21494942.jpg




前回の反省を活かすべく、前菜は4人で2人前、1皿に。
そう思うと、3皿も頼んだ前回は狂気の沙汰であった( ̄o ̄)

だからパスタも賢く2種類に。




e0112226_21510964.jpg



生ハム・ポルチーニ・パルミジャーノのパスタの次に出てきたのがコレ!

メニュー名は“ホウボウとパッケリ”だったんだけど、
丸々一匹なホウボウが睨みを効かせて、
パスタは添え物、魚がメインや〜ん!なボリュームである。

ナポリがあるカンパーニャでよく食される超巨大なパスタ(マッケローニ)の一種。
ソースと麺の喉ごしを味わうのがスパゲッティだとすると、
パッケリはそのサイズから歯ごたえを楽しみ、かつ具材を引き立てるパスタだそうで、
特に魚介との相性が◎なんだと。
細面なロック野郎風だけど(スイマセン) さすがイタリカ@マスター心得てマス(๑˃̵ᴗ˂̵)و

こちらを見ると、レシピのレパートリーが豊富で美味しそう!
今回みたいにアクアパッツァに入れるのも最適サイコ〜なんだそうだ。
見つけたら買っておこ〜っと!




e0112226_21055175.jpg


メインはトントン豚のロースト。
前回は骨付き400g近くあったのを2皿頼み、
みんな顔面蒼白で平らげたものだ(笑)

その時の事を覚えていたのかどうかわかんないが、
そうそう、これっくらいの量でちょうどイイ。

よく熟れた洋ナシが超GJしてて、
肉の脂とフルーツの甘みがパーフェクトな塩梅で迫ってくる。

もちょっと食べれるけど、ここらでやめておこうね。
前回の二の舞はするまい!と、実に気持よいフィニッシュを決めることができた。
腹八分目とはよく言ったものである(笑)




e0112226_22152996.jpg


おおお〜〜!今回のデザートは盛りだくさん!!
これも全部作ってるのかなぁ〜。
左端のきな粉ジェラートがベラウマ〜♪だったよ。

幾つになってもロウソクはカワイク1本ね(^^ゞ
毎回こ〜やってみんなとオイシイもの食べれますよぅに!
ありがとぅう〜❤️




[PR]
# by giova21 | 2017-09-30 23:37 | ウマイもんの話 | Comments(0)
e0112226_21085995.jpg


続いて…近江八幡に来たら寄るべきところ。
たねやのお菓子の城、ラ・コリーナ〜〜♪♪

オープン当初はもちろん、今でも週末はスゴイ人出と聞いているが、
小雨降る平日の午後過ぎ。うんうん、これは狙い目じゃないか!!
と思ったけど結構スゴイ人だった…( ̄o ̄)

あいにくの天気だが、雨に濡れた緑もまたキレイ♪
恐らく意図的にアプローチが長く取られており、
緑の海の中に浮かぶ本館の姿が、訪れる人の心を高揚させる。
e0112226_21162187.jpg



“たねや”は、ほぼどの百貨店にも入ってるからぶっちゃけ買い物はどうでもよくて(笑)
この建物、建築が見たかったのだ(๑•̀ㅂ•́)و✧

ジブリの作品に出てきそうと形容されるこの容姿、カワイイよね〜♪
でもアタシがイの一番に思い出したのは、
フンデルトヴァッサーのホテル〜Rogner Bad Blumau

設計建築を手がけた藤森照信氏の事は全然全く知らなかったけど、
兼ねてから行きたいと狙ってるモザイクミュージアムも手がけていると知ってすごく納得!
ステキ臭が一緒だわ(笑) 氏も絶対フンデルトヴァッサーが好きだと思うな。


e0112226_21384226.jpg




なかなか来れなかくてある意味念願の!だったけど、オープンして約2年。
緑も根付き、いろんな付帯設備もできた今、
もしかして来るにはすごく良いタイミングだったかも!

これは今年できた新しいエリアに続く回廊。
中と外の顔が違ってて、外側は焼き板になってるのがグ〜♪






e0112226_21444938.jpg




ハンドメイド感漂う窓枠に、不透明なすり板ガラス。
もしパキッと見えるフツ〜の板ガラスだったら印象がガラリと変わるだろう。
些細な事かもしれないが大事な事だと思う。





e0112226_21451720.jpg



そしてコレよ、コレ〜〜!!!

漆喰の白と杉板の茶色が織りなすストライプ。
名付けてバウムクーヘン・コリドール。
だって、主力商品であるバウムクーヘンをイメージしてるでしょ、絶対!





e0112226_22083129.jpg



軽食がいただけるフードコートは、反対に今様な作りだが、
違うエリアとしての差別可として、これはコレでいいと思う。

どらどら、黒みつ団子をいただこう。
回廊内には一枚板のベンチがたくさん用意されているので、
中庭を眺めながらひと休みするにはピッタリです♪





e0112226_22214045.jpg



フードコートの横は、飛行機の格納庫のような
半円形の巨大ガレージなギフトショップになっており、
愛しのチンク〜FIAT500に、シトロエンのトラックと、
レトロでワイルドな雰囲気の中で楽しみながらお土産探しができる。
ついつい買いしちゃう人、いっぱいいるんじゃないかな。

残念だったのは、ジュブリルタンのパンコーナーが、改装中で閉まってたこと。
ジュブリルタンもステキSHOPなんだが、彦根なのでちと遠い。
それがココで買えるならすごくウレシイこと。
次回はジュブリルタンのパンでランチしてもいいな〜と、夢が広がるのであった(//∇//)





e0112226_22584839.jpg



こんなんあったのね〜という、こちらはカステラ専門棟
カフェも併設。焼きたての八幡カステラがいただけます。

ココもかなりステキな作りで、店内にニョキニョキ生えてる栗の木もいいし、
珪藻土や漆喰の塗り壁に、外の梁もうっとりするような美しさ♪
あ"?!ココに萌えるアタシって変?!(笑)




e0112226_13013967.jpg



これは本館の窓。
やっぱ模様ガラスになっていて、ちょっと歪んで見える風景が、
まるでヨーロッパのソレのよう。

和菓子からバウムクーヘンまで主要店が入り、人出も最も多い本館は、
白を基調としたクリーンな内観なんだが、
キレイすぎて、テーマパークのように見えない事もない(と、アタシは感じた)
それをこの窓が救ってます。





e0112226_22400544.jpg



中庭(?!)には田んぼもあって、地域の人たちとの交流の場ともなっている。
子供が喜びそうな小さなお家もあるよ♪♪
とにかく土地があるので、今後また新エリアができるそうだ。

わ〜い、ばったバッタ!!
小さい時は手で捕まえられたけど、今は恐くてムリ!
オトナになるって、いろんな事を知る代わりに、いろんな事も無くしていくんだな。





e0112226_13180338.jpg



創業地に根を張り、地元に貢献還元し、
自然と共生するナチュラルスタイルでのショップ展開は、
まんま「売よし、買よし、世間よし」な近江商人の鑑!!
今後の展開も楽しみであります。

今回は下見ってことで、また来よう〜っと(๑•̀ㅂ•́)و✧




e0112226_13281325.jpg



さて、本日の〆はちゃんぽんデス。
巨大な看板に惹かれて入ってしまったが(?!) “近江ちゃんぽん” って有名なのね!?!
知らなかった〜〜な “ちゃんぽん亭総本家”

最近、口にする事が多い石川の8番ラーメンとよく似たビジュアルだけど、
スープが全然違う〜!これはむっさアッサリ和風テイスト。やさしいお味です。
JAF会員サービスで野菜マシマシにしたら、伊吹山みたくてんこ盛りになっちゃったよ(笑)





[PR]
# by giova21 | 2017-09-29 23:09 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_15385305.jpg


ちぃと息抜きで湖東方面へドライブ。
ブログだけ見ると遊びまくってると思うかもしれないが、
キリキリ仕事もしてます、一応。いや、ちゃんと!

さて…前から一度行ってみたかった知人の店ヴィーテ
平日だからと高をくくってたら満席!!それも助成率280万%!!
そこをムリクリ外テラスに席を設けてもらいました(^^ゞ ゴメンナサイ



e0112226_15445831.jpg



地産地消な地元野菜たっぷりの前菜に、なんてかわいいパスタ!!!
こんな形初めて見たよ。
まるでホビットの帽子みたい(//∇//)

ソースは自家製パンチェッタとカボチャ。
ほんのりした甘みと塩味が、手打ちクルクル帽とよくあいます。
もう1つは、アンチョビ・オリーブ・レーズン。
南の香りいっぱいのタリアテッレ。ご馳走さまでした〜!!
今度はちゃんと予約してきます(^^ゞ




e0112226_15505248.jpg



近江八幡に来たからにはヴォーリズも見ておかなきゃ!
旧八幡郵便局記念館をはじめ、市井の人々の住宅まで。
多岐に渡るヴォーリズ作品が遺っているが、
ヴィーテから歩いていける近江金田教会に行ってみる。

ヴォーリズの主要作品があり、観光の中心となる八丁堀周辺からちょっと外れるので
知る人ぞ知る…ってな所じゃないだろうか。
アタシも教えてもらうまで知らなかったし。
それでも駅前にあるので、ある意味アクセスとしては一番便利!

目の前ブンブンと車が走り、マンションも建つという
駅近ゆえの変わりゆく周囲の環境に負けじと佇む姿が、
絵本の「小さなおうち」を彷彿させて愛おしい。




e0112226_15570467.jpg



厳密には彼自身の設計とは言い難いらしいが(病中だったみたい)
ヴォーリズ事務所が手がけたそうで、2012年には登録有形文化財に指定。

ちなみに全国に散らばるヴォーリズ建築の中で、
有形文化財に指定されたものは50ほどもあるという。

しかしながら、ヴォーリズが日本で初めて降り立った地、
一番最初に手がけたアンドリュース記念館が残る地として、
「ヴォーリズ=近江八幡」ここは揺るがない。

アタシもまだ数えるほどしか見てないから、
いつか1日かけて巡ってみたいと思う。

*11月に計11回限定の特別公開があるよ♪




e0112226_19453466.jpg



〈オマケ〉
ドライブ時には必ず寄る道の駅(笑)
お気に入りのあいとうマーガレットステーションで、な、なんと生ポポ〜♪を発見!

かなり熟してたので、この後、車内中にシアワセのポポ〜臭が充満し、
翌日食べる頃にはグズグズになっちゃてったけど(虚弱体質なのだ(>_<)
愛媛くんだりで生ポポを探して右往左往した事を思うと、まさに灯台元暗し!
オクムラさん作ってくれてありがとう〜〜〜!!!


滋賀って、有名な近江牛、近江米はもちろん、果物もたくさん作られている。
ひと抱えもあるようなブドウの山や巨大で甘い梨(4つ)が
千円札1枚で買えるこの道の駅はチョ〜オススメ!
但し早めに行かないと売り切れちゃうよ〜



[PR]
# by giova21 | 2017-09-27 23:35 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21