<   2017年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0112226_20174238.jpg




三国から気軽に行ける距離なので、いつか行こうね〜と思いつつ、
ようやく訪れた那谷寺(なたでら)
この周辺に多い白山信仰寺で、ちょうど開創1300年を迎える立派なお寺である。




e0112226_20274052.jpg




紅葉もギリギリなんとか残ってたよv

今年はなかなか拝む機会がなかったので、最後の紅を楽しむことができてよかった♪





e0112226_20303814.jpg



赤や黄にモクモク染まってる木々もキレイだけど、
こ〜やって苔の緑と落葉の赤が織りなす“画”もまたステキ。
桜が散ってるのとはまた違う風情があるよね。




e0112226_20523293.jpg



大きいお寺とは知ってたけど、思ってた以上に広くてビックリ!

奇岩の中に設けられた本殿を始め(↑)
お堂に庭園、岩窟、展望台…etcが境内に点在しているので、
サクサク見ても軽く1時間はかかるだろう…という充実度。
特にミニ清水の舞台…といった感のある展望台からの眺めは素晴らしい!(↓)

HPもたいへんよくできていて、中国語はもちろん仏語までカバー。
この空から見る那谷寺なんて、日本人のアタシですら、おお〜!って思ってしまう。
行かれる方は、事前にHPを熟読しておくとよいと思う。




e0112226_20342615.jpg



この那谷寺。北陸新幹線が通ったとはいえ、金沢からも遠く、
車じゃないとちょっと…という場所にある。

それでもやっぱり中国・韓国の人たちがいて、こんな所にまで!と、ある意味感心したが、
もっとビックラこいたのは、ヒジャブを巻いたインド人らしきムスリムの方を見かけたことだ。
これが京都なら全く驚かないし、100歩譲って金沢でも驚かないけど…さ。

日本人が引率してる5〜6人のグループのようだったけど、
紅葉の下で嬉しそうに写真を撮ってる姿がとても微笑ましく、
かつ、とても新鮮に目に写ったのでありました。
よか旅の思い出になってるとイイな〜




e0112226_21262922.jpg



さて、メシの話。
この時期なら四の五の言わずに天下の越前カニ!だ。
我が三国の母は、懇意の仲買人さんからしかカニを買わないのだが、
荒天続きでカニが入ってこないので、2月の水カニに期待?!しよ〜っと(^^ゞ

奇しくも帰阪する日が久しぶりの晴天で、
明日ならカニも上がってるのにね〜と笑ってたけど、全然いいンです、カニじゃなくても。
シアワセな事に何度も食べさせてもらってるから、
何が何でもカニっ!って執着がないし、三国の地魚、これがウマイ!

これはね〜大好物のメギス!!!
だいたいアタシって、魚は刺身より煮付けより“焼き魚”が1番好きかも!
クセのない白身で食べきりサイズもグ〜。もちろんお酒との相性もバツグンなのです(//∇//)




e0112226_21584039.jpg



と、今回もお腹と知的好奇心?!を満たし、夕刻、三国を後にする。

芦原温泉発17時半のサンダーバードに乗り込むと、ものの数分で次の駅、福井に到着だ。
がぁ〜〜〜!!ココで事件勃発!!!!
敦賀の方で踏切事故があり、先に進めなくなってしまったのだ。

最初は改札出て、物産館や併設スーパーをブラブラ買い物したり、
駅そば食べたり…と、かなり楽しく時間を潰してたんだが、それも限度がある。
だいたい、飲んだり喰ったりするのも、既に許容量オーバー( ̄o ̄)ゲップ
結局、4時間近く福井駅で足止めされ、帰宅が終電ギリギリ、ヤバイ所であった。

でもね、終電の心配以外は、お気楽モードで過ごせたアタシたち。
なぜなら、自分史に燦然と輝く歴史になるだろう、
驚異の13時間待ち!を経験してるからだ(爆)
あの事を思えば4時間なんての突っ張りにもならんわ〜〜〜〜!!!!! ってね。



e0112226_22001365.jpg



もちろん特急料金は払い戻し。
大阪駅には、お泊まり用の列車も用意されたという(TOT)//

ツアーグループの添乗員さんは見ていて気の毒なほどだったし、
新幹線や飛行機に乗り継げなかった人も大勢いたことだろう。
例えば例えばよ。これで海外旅行な飛行機に乗れなかった人って、一体どうするんだろ。
そう思うと恐ろしすぎて、帰れただけマシ!と思わずにはいられない。

大阪〜芦原温泉間に限った事だが、列車の遅延はこれで2回目。
なんかもう1回ありそう。真ん中とって、8時間とかね( ̄o ̄)
でも…13時間を超えなければ、アテクシ何時間でも我慢します、できます、ハイ。





[PR]
by giova21 | 2017-12-14 23:45 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_21135574.jpg



今回の美味しい旅は、武生にある餅屋“あめこ”
三国に行く度、ず〜っと狙ってたんだけど、今回ようやく訪れることができた。

ご覧のように店構え、かなり年期入ってマス。
それもそのはず、創業なんと1782年!!!だとか。
え〜っとね、その時日本は…でいうと天明です。も〜全然わからんけど(笑)




e0112226_21513079.jpg



お目当ての名物“あべ川餅”は、再びなんと!が飛び出す、
食べログ福井県での和菓子部門NO1. に輝いている。
これもね、ちょっと食べてみたかった理由だったのだ(^^ゞ

味ある包み紙は、1枚づつ手描きされてるんだって。
我慢できなくて店先でさっそく1つ空けちゃったわ。




e0112226_21591301.jpg



うぉおお〜〜!!開けたらもっと渋かった!

恐らくず〜〜っと当たり前のように竹皮で包んでいたんだろうが、
昨今、とんと見かけなくなったから、とっても貴重に思える。
そして、このビジュアルだけで美味しさマシマシ倍増!

つきたての餅にきな粉と黒蜜。
シンプル極まりない組合せは、その分、美味しさにウソがつけない。
つまり……とってもオイシカッタのであります(๑˃̵ᴗ˂̵)و

甘さは控えめ。福井名物羽二重餅にひけをとらないすべらかな餅は、
ポイポイ幾らでも食べれそう(笑)と、3人で分け分け、ペロリといただきました(^^ゞ
残りの1包は夜にいただこ〜っと。

女性なら3口ほどで食べきれる大きさが8個入って¥580と、CPも恐ろしく高い。
老夫婦が営んでいる(ような)ので、念のために予約していくとモアベターです。




e0112226_22225177.jpg



続いて向かったのは “そば蔵 谷川”
武生出身のそば好きの人にたまさか教えてもらったんだけど、
食べログ評価も高かったね。

間違えて母屋に入ってしまい(しかも靴まで脱いで!(笑)
苦笑いの女将に「店はこちら〜」と案内されたほど、もうね〜お家です。
しかも豪邸!すごく広い。こら、わからんわい!
間違えないように、この門入って右手がお店です。




e0112226_22275218.jpg



いつもなら間違いなく“おろしそば”を食べるが、今回は“盛り”にしてみた。

しっかりした蕎麦は、すするより噛みしめてそばの香を楽しむ感じ。
ツユもアタシ好みで“盛り”にしてよかった〜♪♪
と思ったのも束の間。。。。“盛り”だけに盛りがとっても上品。
5回すくったら終わってしまうほどで(笑)そばの質も鑑みると、塩で食べた方がよいかも。

空腹で挑んでたら、3枚は食べないと暴れたかもしれないが、
数十分前に餅を食べたばかりだったので、ちょうどよかったです。ハイ(^^ゞ




e0112226_22430056.jpg



朝食もしっかり取った上での連チャン食べ。
腹ごなしにちょっと歩こう!と、西山動物園に行ってみた。

数種のサルと鳥類がいるだけの小さな施設で入場料もいらないが、
訪れる人が絶えないのは、ベンチの上、一瞬、ギョッとするこの子たちがいるから。
繁殖数、保有数共に日本有数という同園のアイドル、レッサーパンダだ。

*みんな顔が違う〜と思わずニヤけちゃう、こんだけいるよレッサーパンダ集




e0112226_22564283.jpg



ワハハ!!パンダもかわいいけど、レッサーもまるでぬいぐるみだね(//∇//)
すごくキレイなレッサーパンダの家もあり、頭上を歩く姿も見ることができる。

ツツジや桜がキレイな西山公園〈道の駅〉もほぼ併設状態なので、
鯖江くんだりでどこ行こ〜ってなった時には、楽しめる所だと思うよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و









[PR]
by giova21 | 2017-12-10 23:39 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21