<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e0112226_14384708.jpg



台湾ラストDAYは、時間ギリギリまで市場巡り。

これも初エリアな高雄駅の西側にある三民第一市場に行ってみる。




e0112226_14501771.jpg




座って食べる人
外帯(テイクアウト)待ってる人
夜だけじゃなく、朝の屋台も大忙し。

台湾人はあまり自炊をしないと聞く。
そら、場所問わず手軽で美味しい屋台がこんだけあったら、アタシも毎日通うと思うわ(断言!)





e0112226_14562864.jpg




本来スイカは楕円なラグビー型。
丸い方が好まれたので、日本ではまん丸ボール型が主流となった。

でもこの色を見よ!ウマそうだ〜!
食べ物の「色」って大事なんだと改めて思う。




e0112226_15040437.jpg




お次は、三民第一市場からちょっと歩いた所にある公有新興第二市場。
建物の間にひっそり佇む、市場好きにはたまらないシチュエーションだ。

ただ、ピークが過ぎたのか、これからなのか、場内ちょっと淋しげ。
姿勢のよいオジサンの背中が客を待ちわびている。





e0112226_15182273.jpg




パイナップルがバックだけど中見はマンゴ〜♪

まだ10時過ぎで、そんなに歩いてもないけど既に汗だく。。。暑い熱い〜!!
緑島も暑かったけど、暑さの質が「都会」だわ(笑)

それに…マンゴー氷も食べてないので(TOT)
果物屋さんでマンゴーを剥いてもらい氷とシェイクシェイク♪
一気に汗がひく。ウマウマ〜(//∇//)




e0112226_15253334.jpg




果物屋の近くのコーナーで、恐ろしくキレイな豆漿店を発見!
隅々まで磨き上げられて、遠目からも光輝いているよう(笑)

姉妹ですか?2人共とってもキレイですね♪
まんまセクハラおやぢまがいな事を聞く(書く)と、
ありがとう!と喜んでくれた美人姉妹が看板娘の〈田記豆漿〉
(高雄市内に幾つかあるチェーン店のようだ)

この暑いのに鹹豆漿好きな友人、迷わずそれを頼む(笑)





e0112226_15374691.jpg



もちろん、アタシも大好き鹹豆漿♪
油條も忘れずオーダーして、いただきます。

さっきマンゴーシェイク飲んだばっかだから豆漿はやめて、しめて40元。
こら、自炊しないわな、絶対(笑)
キレイ好きな姉妹に怒られないよう、キチンと片付けてご馳走さま♪

この後、ホテルに戻りがてら以前行った川沿いの市場へ。
Googleマップにも名前が載ってないんだけど、記憶を頼りに辿り着くと
デジャヴのような光景が目に飛びこんできた。




e0112226_16024671.jpg




これは2014年に行った時に撮った写真。
自分で言うのもなんだけど、とっても気に入ってるショット。

そして3年後の2017年。
服こそ違えど、同じ場所に同じ笑顔のおばあさんがちんまりと座っていたのだ。

市場だから、同じ場所に同じ人がいてもなんら不思議ではない。
でも…地図にもないよなこんな市場だから、
コピペのように3年前の風景がそこにあって本当にビックリした。
なんか涙でるほど嬉しくって、おば〜ちゃんおば〜ちゃん!!って駆け寄っちゃった。





e0112226_16071695.jpg




ね、ほら、前来たんだよ!写真撮ったんだよ!と、件の写真を見せる。
目が悪いのだろう。筆談が通じなくて残念だったけど、
アタシが喜んでる意味はわかってくれて、一緒にパチリ♪
近いうちにまた来るから、高雄に。またココに来るから。どうかお元気で!

で、この市場に来た理由はというと…
ここで買ったアヒルが絶品だったから…なんだよな(^^ゞ
残念ながらそのオジサンもアヒルもなかったんだけど、
鴨も美味しいわよ♪と、通りがかりのお姉さんが薦めてくれたので鴨焼きをゲット。
これは関空に着いてからビールと一緒にいただいたんだけど、そらウマかったよ〜♪♪

高雄から帰る時は最後にこの市場に寄って、おばあちゃんに挨拶して、アヒルか鴨を買って帰る。
そうだ。そうしよう!決ぃ〜めたっ!!!




e0112226_19112461.jpg




仕事が忙しくなり途中で間が空いてしまったけど、これにて台湾@緑島記、終わりです♪
長らくのお付き合いありがとうございました。
なんか島に行ったのが遠ぉ〜い昔のような気がするわ(笑)

台湾旅はいつも無謀奔放、波瀾万丈で、それが楽しいし、よい思い出になる。
しかし今回初めてトライした離島の旅は、新たな台湾旅の1頁を開けたような気がして
いつもとは違うでっかい思い出となった。

海な季節になったら、別の離島に行くよ〜〜〜!!って、もぅ決めてマス(^^ゞ
その時を楽しみに、毎日がんばろ〜〜っと。
秋でもいいから、その前にまた台湾行けたらイイな〜。













[PR]
by giova21 | 2017-08-22 23:38 | 2017年 台湾@緑島の旅 | Comments(0)
e0112226_19512484.jpg



基本、アイスやソフトドリンクが1日中フリーで用意されてるKindness Hotel。
高雄市内に何軒もある支店によってはオプショナルサービスもあるようで、
ここ、カオションメインステーション店では
20時から22時半まで“夜食”が提供される。もちろんフリー(//∇//)

今晩しかトライできないので、いじきたなくも夜市な食べ歩きを我慢。
のこのことホテルに舞い戻ってきた次第である(笑)

いやはやビックリしました。その内容に。
肉包にチマキ、団子にスープ、炒め副菜からお粥。冷温、各種揃った麺料理…etc
巷のホテルの朝食バイキングでさえ、こんなに種類はないだろう(@▽@)//




e0112226_20122837.jpg



全部食べるのはとてもムリ!ってくらい種類があったけど、
この子を発見!…というか座った席のすぐ前にたまたまあって
(呼んだのね、きっと(笑)狂喜乱舞!2回もおかわりしちゃったのが…
も、もしかしてこれって豆花の食べ放題?!(≧▽≦)//ギャ~
ってか、豆花を用意してくれてるって、ステキステキすぐる!!!

食事しながら「観察」していると、女子供はもちろん、
男性もとっかえひっかえやってきては豆花をすくっていく。
あぁ〜やっぱみんな好きなのね♪って、ニヤけちゃったが、
もしかして無くなっちゃう?!と、腰が浮きかけてしまったわ。

が、そこは天下のカインドネスホテル。たとえ終了時間ギリギリになっても
どんどこ補充してくれるので安心です(๑˃̵ᴗ˂̵)و

そんだけ大勢の人が足繁くやってくる豆花コーナー。
しかし豆花本体はご覧のように、常にキレ〜な平野状態になっている。




e0112226_20280524.jpg



それはだな…こぉ〜〜んな平べったい特製ヘラ(?!)ですくうから…なのだ〜〜!!
これって絶対「豆花専用ヘラ」だよね?!
よくわかんないけど豆花って、こうやって常に平らにすくっていかなきゃダメなんだろう。

とぅるん♪と豆花がすべり落ちたり、上手に平らに削るのが案外難しいんだが、
なんかすげ〜大発見したみたいで興奮してしまった(笑)
今まで注視したことなかったけど、これからすくうとこや道具も見てみなきゃ!(違)

盛った豆花に芋圓をのせ(トッピングはこれのみ)、蜜と生姜シロップを好みでかけて出来上がり。
食べ物で遊んでるワケじゃないけど、そこまで言うか?だけど……
“豆花屋さん”気分が味わえてタノシスギタ〜〜♪すごくイイ経験(?!)ができました(^^ゞ

夜食は普通にオイシイ♪という感じで、
毎晩同じメニューなら1回で十分かな…と思うが(豆花は食べる!(笑)
夜、食べ歩きに出るのが面倒な人や難しい人には十分すぎる内容だと思う。
何よりこれがフリーでいただけるなら、謹んでいただきます!であります。





e0112226_12484574.jpg




朝食は和洋揃ってボリューム満点だったよ。
台湾らしく、パンケーキではなく“蛋餅”をオーダーごとに焼いてくれたのが◎

立地がスバらしくよく設備もキレイ。夜食なサービスも含めとっても気に入った
駅近にまだ他の支店があるし、台南や彰化にもKindness Hotel がある。
いろいろ泊まり比べしてみたい!という野望が広がる(笑)

高雄には他にもよいホテルがあるだろう。ってかあると思うが、
台鉄駅はもちろん空港に行くのに便利なMRT駅もすぐ!というアクセスを考えると、
ホントここはオススメ〜!





[PR]
by giova21 | 2017-08-19 23:24 | 2017年 台湾@緑島の旅 | Comments(0)
e0112226_19315953.jpg



目星をつけていた店は一応あった。
が〜!そこに行く途中で見つけてしまったの文字!
店先の大釜でフツフツ茹で上げられてるのも、いかにもウマそう♪♪

「鹜」がアヒルで「鹅」がガチョウらしいが、
ぶっちゃけどっちも同じに見える(ココを読もう!)
でも!以前高雄の市場で買って食べたアヒルだかガチョウだかが
素晴らしく美味しかったのを思い出し、イチニもなく店に入っていた(//∇//)

台南に本店がある「阿國鵝肉」おぉお〜!ググってみたら記事があったよ♪
ウフフ♪♪ ガチョウ料理の老店なんだ〜
腹減ってる時の嗅覚は、やっぱ正しいンである(๑˃̵ᴗ˂̵)و




e0112226_19501399.jpg



塩茹でと迷ったが「燻製ガチョウ」をオーダー。
タケノコの浮いたスープはご飯と一緒のサービス品で、あと、青菜炒めを添える。
水やお茶と同位置にあるビールは、黙ってても空から降ってくる感じ(笑)

ガチョウ肉は、鴨と鶏のあいの子?!なんとも言えぬ心地よい食感と旨みがあり、
一度食べるとクセになるくらいウマイ!ダイスキ!!
でもって悪魔のようにビールに合う(//∇//)

よぉく燻されてて塩味も効いてるのでコショウはいらない。
つけあわせのベラボ〜に辛い生姜で後口サッパリ♪だ。




e0112226_20120286.jpg



骨が鋭いので、ちぃと気をつけなきゃいけないが、
脂にまみれてない指で器用にコップを持ち上げグビグビする至福の時。
ご馳走サマでした〜〜♪♪

線路を越して高雄駅の北側。九如二路沿いにある。
ガチョウの他にもメニューがいっぱいありますv

阿國鵝肉 高雄市三民區九如二路341號





e0112226_20270949.jpg



今回初めて歩いてみた高雄駅の北側。
人が多い六合夜市はこりごりだったので(うへえ〜こん時はよぉ〜食べてンなぁ〜(呆)
〈吉林夜市〉というローカルな夜市に行ってみる。

特に触手が動くものもなく、あまりお腹をいっぱいにしたくなかったので(理由は後で)
ブラリと歩いて、高雄医大付属病院の階下にあるすごく小さな誠品書店に寄り、
その対面で発見してしまったカルフールで多大な時間を過ごしてしまった(笑)





e0112226_20423577.jpg



品揃えや安さ。台湾での土産物探しはスーパーが1番だねv
翌日新発見したけど、マ●キヨみたいなドラッグストアもかなり良かったよ。

で、カルフール。2人で10個以上買うには品が少なくて、
「好きな量だけ入れて小袋を作ってもいいですか?」って、
ビックリするよな事を店員さんにご提案してるお連れサマ。

「ええ、ええ、いいわよ」快諾してくれた優しいやさしいおばさん。
我々が作った小袋を計ってはバーコードを出してペタリと貼る。
そんな「日台流れ作業」がカルフールの中で行われたのである(笑)
屋台じゃあるまいし、ホントにワガママいってゴメンなさい。ありがとう!!!
お陰で気軽に配れるドライマンゴー小袋をたくさんゲットできました(^^ゞ




[PR]
by giova21 | 2017-08-14 23:23 | 2017年 台湾@緑島の旅 | Comments(0)
e0112226_13122870.jpg



あともちょっと!ってところで、いろいろクソ忙しく滞っておりましたが、
高雄から再開したいと思います(^^ゞ

Kindness Hotel は、高雄を中心に台湾南部で展開してるホテルチェーンだ。
以前は、高雄駅出て右手に行ったところにある〈 Xiong Zhong Branch〉に泊まり、
キレイ、快適、便利!と三拍子そろって大変よかったため、
今回は支店の中で特に評判のよい Kaohsiung Main Station を利用してみたのだが……

フロントで有無を言わさぬ高層階へのランクアップを提示され、THE有頂天ホテル♪
なんでも、少なからずクレームが発生する大陸人が泊まる階に日本人が紛れこんだら、
このような配慮がされることが多いらしい。
そんなカインドネス伝説があるのかどうかわからんが、とにかくウレシイ(//∇//)





e0112226_22403499.jpg



変な背後霊が映ってるけど(笑)窓から見下ろせば目の前すぐ高雄駅!
ホームから10分ほど歩けば着くというアクセスのよさに、
以前泊まったXiong Zhong Branchより、ホテル自体も格段にキレイ〜!

写真撮ればよかったんだが、シャワー口が別に壁面に埋め込まれてて、
上からも正面からもドヒャ〜!って浴びれるタイプだったの。

今回3泊したお宿はそれぞれ全くタイプが違い、
それぞれとってもよかったし楽しかったけど、
旅の最後は、こ〜ゆ〜キレイなシティホテルで〆るに限るな(๑•̀ㅂ•́)و✧





e0112226_22451215.jpg



一度でも利用したら“虜”になるKindness Hotel の売りの1つ。
それは、フリーで提供されるドリンク(コーヒー、紅茶、各種中国茶etc…)にアイスクリーム♪♪
前ん所は、サーティワン式にすくうヤツのみで(それだけでもウレシイけど)
コチラではクリクリソフトクリーム「も」あるではな〜いかっ!!
しかも「豆乳ソフト」と、オナゴのツボをガッチリ掴んでる(笑)

これって、食べたい!ってのはもちろんだが、
「自分でクリクリしたい」っていう子供みたいな願望もあるんだよね(//∇//)
で、さっそくクリクリ♪若干味が薄かったけど、フリーなクリクリだから文句は言いません。



e0112226_22385996.jpg



ホテルの目の前には、2002年まで現役だった旧高雄駅がある。
キレイにした高雄駅と合体させる話だったはずだけど、
その駅、前来た時と全然変わってない気がする(笑)

それでも、多くの市民が解体に反対。約3億円かけて3500トンもの駅舎を移築させたのだ。
どんなカタチであろうとも、高雄のシンボルとして未来永劫遺るはず…である(๑•̀ㅂ•́)و✧




e0112226_23142003.jpg




オレンジに白い★、ちょっとかわいいKindness Hotel のロゴ。
気にとめていれば、高雄のチェントロで、このマークに多く出会うはず。

で、台湾ですから GIANT のバイセコ〜が!
これもフリーでレンタルできマスv
台湾が誇るGIANTに乗ってサイクリングしてみたいけど時間がないので断念。
正直、この雑踏の中を走るのはちっくと勇気がいるだろう。
けど、台北に比べたら全然マシ!だと思うので「いつか」トライしてみたいと思う。

と、いろいろ充実してるカインドネスホテル・メインステーション。
しかし!もっとびっくらこくサービスがあったお話しはまた後で……
今は飯!メシ食べにいくぞ〜〜!!





[PR]
by giova21 | 2017-08-09 23:39 | 2017年 台湾@緑島の旅 | Comments(0)
e0112226_20591109.jpg



乗り込んだ12時半の船が忘れ物でもしたのか
一度港に戻るという仰天ハプニングがあり肝を冷やしたが、
我々にしては大奮発!のTAXを港から飛ばして、14:10の自強号に文字通り飛び乗る。

特急な自強号をしても、高雄まで2時間半かかるので、
1本でも早い列車に乗りたかったアタシたち。
はぁ〜乗れた乗れたと、ひと安心&汗だく〜〜〜
でも…人も少ないし、窓もキレイ♪♪ これは大ラッキ〜〜♪♪

車両によっては窓が汚くて外が見えない時もあるけど、
この列車は頬ずりできるほどキレイ(笑)
しかも席が進行方向向かって左手で、またまた大大ラッキ〜♪♪








なぜなら、進行方向左手に座ると、台湾南部の西海岸と東海岸、
南シナ海と太平洋の2つの海、そして、人の手が入っていない奥深い山々と、
台湾屈指といわれる絶景を存分に愛でられるからだ♪

窓がキレイだから(むっさ短いけど(笑)動画撮っちゃおっと♪
さぁ〜これが、太平洋に1番近い線路だ。
赤い柵の所は、廃駅になっちゃった「多良駅」で、台湾一絶景の駅とも言われてマス。

この路線(南廻線)を各駅停車な鈍行で巡った旅はホントに楽しかったし、
線路沿いの道をレンタカーで走ったこともあるという、どんだけ好っきやね〜ん!なアタシ。
実は当ブログのヘッダビジュアルにもなってるのでデス (๑˃̵ᴗ˂̵)و









そうそう、アテクシのヘタぴぃな動画より、こっちを見てもらった方がイイな(約20分)

ね、今すぐ乗りに行きたくなるでしょ?
ホントにオススメ〜〜〜!!
e0112226_22071956.jpg




すっかり列車談義になったけど(笑)
西側に出ると、マンゴー畑が一面に広がる。

そんな緑豊かな風景の中に、ソロソロと人工物が増えてくると、高雄に近づいてきた証。
いつの間にか満席になっていた人たちと一緒に、定刻通り16:50に高雄到着!

ああ〜〜腹が減ったへった減った。。。
チェックインしたら、そっこ〜〜何か食べに行こうっと!!!(笑)




[PR]
by giova21 | 2017-08-02 23:20 | 2017年 台湾@緑島の旅 | Comments(0)
e0112226_12174878.jpg



ほんのちびっとだけだが、お土産好適品について。
若者に人気があり、監獄雑貨が揃った「大哥的故事」より“食品”がよいアタシたち(笑)
こんなモノをゲットしてきましたv

むっさまぎらわしいが「燕窩=燕の巣」ではなく
「海燕窩」(海の字だけなんでこんなにデカイねん?!(笑)
つまり、海藻で作った燕の巣みたいな食感のゼリーである。



e0112226_12262499.jpg


まだ作ってないけど、こやって作ります(^^ゞ
*4.5リットル…ってのは、石けんくらいデッカイやつで作る時の場合

まぁ〜テングサ寒天と一緒なんですけど。。。。
試食したら、とっても美味しかったのだv




e0112226_13472672.jpg



お次は「トビウオ」
島内でも羽根付きな「姿揚げ」が食べれたり、屋台で売られてたが、
多分こっちの方が食べやすいと思われる「骨せんべい」である。

ビールのアテにピッタリ〜〜♪♪で、誰の口にもあう美味しさデス。





e0112226_13582992.jpg



続いて「鹿肉ジャーキー」

漢方薬で使う角のために養鹿業が盛んだった緑島。
需要の衰退と共に野に放った鹿が野生化して、観光にひと役買ってる他、食肉にもなっている。

このジャーキーもまたビールのお供にピッタリでオススメ♪♪
骨せんべいも鹿ジャーキーも、2〜3種ほど味変があるので、
試食しまくって(!!)気に入った味を見つけるとよいですよ。

「原味」というのがデフォルトテイストで、アテクシ思うに、
豆花と同じく、この「原味」が1番美味しいと思いマス(๑•̀ㅂ•́)و✧





e0112226_14163116.jpg




日本と違い、大人になっても斑点が残っているため「梅花鹿」と名付けられた台湾の鹿。

がしかし、思わずそいはアカンやろ〜〜!!と突っ込んでしまったのは、
「鹿肉」を売ってる店先で、本物の梅花鹿が飼われていたこと。
他にも南寮街の土産物屋の店先でも見たなぁ〜( ̄o ̄)//
デッカイから、ちょっとビックリするかも(笑) ってか、シュールな光景だわ。




e0112226_14303646.jpg



この鹿肉、料理として食べても、やわらかくてとても美味しかった♪♪
がぁ〜実はほとんど食べれなかった。。。その理由は…

2日目の夕食時、ご飯時でどこもいっぱい。
なので前日ランチした店で、馴染み客のように包んでもらったんだが、
往路のフェリー乗り場で声をかけてきたフレンドリーな台湾人夫婦に再会。
さあさあ、こっちに来て!一緒に食べよう!と、豪華な円卓に誘われたからだ(^^ゞ

台北で主にスポーツ番組のキャスターをしてるというJ氏は、
日本にも何度か取材に行ってる親日家。奥さまもとっても良い方で、
マグロの刺身にロブスターetc…というご馳走を次から次へとよそってくれ、
シドロにモドロ(byプリンプリン物語 古っ!!(笑)になりながらも、
ヒジョ〜に楽しい夕食を共にさせていただいた。

オマケに帰り際、台湾で作ってる日本酒(お猪口付き!!)をプレゼントしてくれたのだ。
どうしてこんなモノを持っていた?買っていた?かわかんないけど、多分かなり高価なはず。。





e0112226_15245735.jpg
帰る前に海藻氷をもう一度♪



98%初対面なアタシたちに、この歓待ぶり!
ウレシイやら申し訳ないやらで、
アレは一体どうするんだ?!と、ホカホカと出来上がったテイクアウトの箱を横目に、
我々も一生懸命飲み食いしたワケであります(笑)
でもさすがに日本酒は飲みきれないうえに、持って帰れないので、
お宿でヘビー級にお世話になったチョウ君にあげてきました(^^ゞ スイマセン…

このJ氏、とってもマメな方で、帰ってからもメッセをくれる。
次、台湾行く時は台北で会えるとイイな(๑˃̵ᴗ˂̵)و





e0112226_15500966.jpg




約1日と半分だったけど、楽しくて楽しかった緑島ともお別れだ(TOT)
帰りの船は超満員でギゥギゥだったが、これまた揺れずに平穏な船旅で万事オウケイであった♪

君たち、緑島に来るくらいなら、今度は澎湖に行くといいよ。

旅好きなJ氏がオススメしてくれた澎湖 は、目がテンになるくらいステ〜キ♪♪
来年はココだね〜〜と、なんかすっかり離島マニアになりかけてるけど(笑)
とりあえず今はこれから高雄に向かい、残りの台湾滞在を楽しむことにしよう♪






[PR]
by giova21 | 2017-08-01 23:21 | 2017年 台湾@緑島の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21