<   2017年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

e0112226_15480100.jpg



温泉津ナイナイ事件はともかく、
ココに来たら絶対!入らなアカンっしょ?!ってのが温泉です。

しかもこれがとびきっり感じがイイときた。
うぅむ!入口からして既に「そそ」られるわ〜〜(//∇//)



e0112226_16004037.jpg



映画館か?!と思わず突っ込んでしまいそうな張り出し式の番台。
こんな形態、今まで見たことありません。

なになに?!このステンドグラスにランプシェード。
「はいからさんが通る」のセットになりそうデスv




e0112226_16073771.jpg



古い古い家屋が残る温泉津の温泉街において、
唯一の鉄筋コンクリート製であるうえに洋館!!
いやおうなしに目立つんだけど、不思議と町並みに溶け込んでいる。

そんな温泉マニアな心くすぐるアイテムがいっぱいの名湯薬師湯
ビジュアルだけじゃなく日本温泉協会が泉質など6つの項目を5段階で評した中で、
全国に20湯もないない オール5!! をとった超優等生なんデスvv
もちろん山陰地方ではココのみ!



e0112226_14305000.jpg



誰もいないうちに撮っちゃった!(≧▽≦)//

浴室内はごくごくシンプルで小さい。
カランも左右あわせて5つしかないので、浸かるのみ…という使い方がいいかもしれない。
無色透明ながら空気に触れると変色するようで、
湯船や床は長年の堆積物にビッチリ覆われている。その色はまんま石州瓦色だ。

お湯はというと、有馬の金泉のように強い鉄臭があり、かなり熱い!!!ので
長時間浸かっていられなかったが、
身体の芯からあったまるという表現がぴったりのよかよか湯であった♪♪



e0112226_21514191.jpg



薬師湯が素晴らしいのは温泉だけではない。
2階にサロンがあり、17時までなら無料でコーヒーがいただけるのだ。
左右から屋上に出れるので、温泉津の町並みを眺められるのも二重丸♪♪

明るいうちならとんがり屋根 を間近で見ることができます。




e0112226_21572434.jpg



我々が上がった頃にはすっかり日が落ち、コーヒーもいただけなかったけど、
しみじみ静かな温泉街なんだなと実感する夜の顔がそこにあった。

も〜ホントにね、もし泊まるならデジタルを全て遮断。
好きな本片手に日本酒傾けるのがピッタリだと思った。




e0112226_22230074.jpg


そうそう、階段の踊り場もいちいちステキなの。
まるで神戸の古い洋館に温泉がついてました!って感じ(笑)
博物館級だね、コレは。

そして夜の方が断然雰囲気がいい。



e0112226_22301019.jpg


昔はこちらが湯殿だった旧館は、カフェとギャラリーになっている。
もちっと遅くまで開けといてぇな〜と思わずボヤいてしまう、
こちらも16時半LO、17時閉店で入れず終い…(>_<)ハヤイガナ~!!
が、幻想的な夜のお姿を見れたからヨシとする。

軒下のアーチや柱など特徴的な意匠がオレンジ色の灯りに彩られ、
道後本館にも劣らぬ美しさ♪♪
温泉はもちろんだが、この建物見るだけでも一見の価値があると思いますv

と、たいへん満足、満喫した温泉津。
しかししかし、1つ大きな悔いが……



e0112226_16524457.jpg


温泉津には元湯が2つあって、薬師湯のほん斜め前にある泉薬湯がそれになる。
ココもたいへん雰囲気がよいので (湯船はこちらの方が広いと思われる)
こっちも入っていく?!って「一瞬」なった。
以前は二湯続けて入る事も珍しくなかったし。

が、まだ身体がポケポケあったかい上に、広島まで2時間かかる。
でもって早く何か食べたい(笑) よって、ま、いっか…と、スルーしてしまったのだ。

ところが薬師湯と泉質が違う事を後で知り愕然!!
目と鼻の先、ご近所さんなのに違うの?!え〜しもた〜〜!!!となったワケなのだ。

よっぽどの事がない限り、再訪する確率が極めて低い温泉津(遠いからね)
入っておけばよかった〜よかった〜よかった〜 (by号泣エコー)
温泉好きな人は、間に薬師湯併設のカフェを挟んで両方入る事をおすすめします!!







[PR]
by giova21 | 2017-04-10 23:10 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_12020998.jpg



温泉津と書いて「ゆのつ」と読む。
以外に思うかもしれないが、山な石見銀山から日本海まで直線距離でわずか約5キロ。
銀の積出港として栄えるも、隆盛時も衰退時も銀山と同じ道を歩んだ温泉津は、
「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として世界遺産に登録されており、
現在は静かな温泉地になっている。

さてココで、忘れないで欲しいと書いた「命の餅」の話をしていいでしょうか(^^ゞ
17時ピッタリにあらゆる店が閉まってしまった石見銀山。
それは飲食店でも例外ではなく、いや…そもそも飲食店も少ないのだが、
ゴマ豆腐がお昼だった我々、大いにハラが減ってしまった。

それでも銀山から温泉津まで車で30分ほどの中で、何か店があると思っていた。
こたえ=なかった!!!(>_<)//
ここでひもじい我々を救ったのが、ゴマ豆腐店で買ったおいた草餅だったのだ。

それも混ぜ物が一切ない、まんま「餅」の草餅で、
3つあったソレを2人で1つ半づつ、それは大事に大事にいただいたのだ(笑)
でもそれはあくまで「つなぎ」
温泉津についたらうどんの1杯でもいい。とにかく何か食べよう!と思っていた。
しかししかしだ。うどん屋はおろか定食屋も飲み屋の1軒もなかった!!!のだ(>_<)//

温泉津の名誉のために言うと「路庵」というシャレた店があるのだが、
なんかそうゆう店のそうゆう食べ物な気分じゃなかったんだよね。その時は。
でもこの店こそ、温泉津で唯一、夜開いてる飲食店だったのだ!
どうりで飲食店難民な人で溢れており、いやいや、知ってたら入ってたのにぃい〜!!!




e0112226_12434810.jpg



良くも悪くも「ひなびた」という言葉がぴったりの温泉津の温泉街。
こんな場所でiPhoneやインターネットなんて使っちゃダメなんじゃないか?と思うほど、
昭和の初めから時が止まってしまったような趣があり、特に日が落ちて灯りが入ると、
(見たことないが)小津安二郎の世界もかくや…というほど雰囲気がよい。
温泉街として初めて重要伝統的建造物群保存地区 に認定されたほどだし。
が、ここまで何もないのには正直ビックリした。

お泊まりする人もしない人も(旅館はそこそこある)
温泉津で何か飲み食いしようと思ったら前述の店しかないので要注意だ。
ジモティ利用の(小さな)スーパーもあるが、こちらも早じまい。
言うまでもないが「コンビニ」なんてありません(笑)




e0112226_13032797.jpg



このナイナイ現象は、温泉に入って広島に帰る間も続く。
信号がなかったのは無料化された高速道路だったせいもあるけど、
車は走ってないわ、人家はあれど灯りは点いてないわで、ちくと不安になるほど暗かった。

その分、星がキレイに見え、途中、流れ星!を見たほど!
見た見た?!今の?!と、ギャ〜ギャ〜騒いじゃったが、
徐々に灯りが増えてくると「翼よ あれが広島の灯だ!」と言いたいほどホッとしたわ(^^ゞ

やっとこさ、本当にやっとこさコンビニを見つけ、菓子パンとコーヒーで小腹をなだめ、
朝の駅弁以来、食事らしい食事を取れたのは21時をたっぷり回った頃。
安佐SAでかっこんだ尾道ラーメンの美味しかったことよ(TOT)//




e0112226_14503188.jpg



この時、友人と2人、熱いスープに顔をほころばせながらしみじみ語ったのだ。
あの草餅がなかったらアタシら餓死してたかもな……と。
これは冗談だけど、少なくとも空腹だと恐ろしく機嫌が悪くなるアタシ。
どっかで事故ってたかもしれない( ̄o ̄)
それほど救われたのだ。あの草餅に。命の餅に。。。。。。(笑)

広島市内に入ると、何食べる?と迷うほど道路沿いに店が建ち並び、
あっちにこっちにと、左右200mおきにコンビニがある。
街の明るさと賑わいに、なんかもぅ〜別世界に来たみたい。
そっか〜こうゆう光景に慣れすぎてたんだね、アタシたち(>_<)
コンビニ1軒ないだけでオタオタしててはいかんな。

それより…
今でも2人のトレンドキーワードの上位に君臨している「命の餅」これが大事!(笑)
いや…ホントにまぢで大事なんだから!





[PR]
by giova21 | 2017-04-07 23:30 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_20080776.jpg



童謡が聞こえてきそうなほど和やかな風景。
春がふるう絵筆は、ルノワールのパレットように美しい♪

銀山だけでなく、銀山で栄えた大森の町並みもまた見所のひとつ。
こっちも忘れず歩くべし♪



e0112226_20141015.jpg




最盛期には、100を超える寺社に2万を超す家屋が山の端まで建ち並び、
その軒伝いに、頂上まで歩けたと言われるほど繁栄した大森の町。

今ある姿は1800年に起こった大火の後に建て替えられたものだが、
200余年経つ現在も、当時の姿を色濃く残しつつ、人々の生活をも守っている。
(1987年国の重要伝統的建造物群保存地区選定)




e0112226_20332933.jpg



ここも環境に配慮されており、入れるのはジモティの車のみ。
レンタサイクルで走るのはオウケイだが、やっぱ歩いて回るのがいいだろう。

あ、コレは運良く(?!)運悪く(?!)たまたま映った…by 観光客の方です、ハイ(^^ゞ

観光地って土日は店を開けるため、平日の水・木あたりに定休日をとる所が多い。
この日は木曜だったんだけど、店が休みなのか、本当に静かであった。
この「お酢屋」は看板だけ…って感じだったし。




e0112226_20464663.jpg



その中で唯一、らしい店として開いていた有馬光栄堂は、200年以上続く御菓子店。

囓った時の音が石畳に響く下駄の音に似ているから命名された名物「げたのは」は、
固く焼き締めた生地に黒糖を塗った素朴なお菓子で、他に大豆入りの「銀山飴」がある。

どちらも結構ハードな食感なので、ご年配の方に配る時は注意!かもしれないが(笑)
ここでしか購入できない大田市の「ブランド認定商品」なのでおみやにどうぞ♪
試食にお茶も出してくれマスv

*おおだブランド認定商品一覧




e0112226_21134005.jpg


こんな興味深いモノもありますv
そんなんがあるんだ〜!ってビックリした理容遺産たるものがあり、
その第一号に認定された理容館アラタ

昭和初期まで営業していたそうで、
大正時代の流行だったアール・ヌーヴォーの意匠が施された椅子が、今見てもオサレである。

「開いてたら」入って座れもするんだけど、ここもクローズ!(>_<)
ううむ。どうやら本日いろいろ休業DAYである。




e0112226_21475445.jpg




うわ〜!!これは「いいね!」を100くらいつけたい丁銀型の表札!ナイス!

…と、川上さん ゴメンなさい(^^ゞ




e0112226_21360831.jpg



古民家を利用したギャラリーもあり、そぞろ歩きは飽きることがないし、
代官所跡を利用した石見銀山資料館熊谷家住宅なども見学するとよいと思う。

が〜!いかんせん時間がなかった。
というのも、店や施設が17時にピッタリキッチリ閉まってしまうからだ。

坑道見学をして町歩きもするとなると、やっぱ半日は必要かと思う。
お楽しみのためにいろいろ足止めも食うしね(笑)




e0112226_22010179.jpg



が、コチラは心配無用!18時まで開いてる群言堂本店(石見銀山生活文化研究所)
恥ずかしながら知らなかったんだけど、知る人ぞ知るブランドなんですね(//∇//)

店内は置いてある商品も含めステキ〜!!のひと言。
ここはちょっと別世界。オサレすぎる(笑) もちろん良い意味で。
通りでは全然見かけなかったのに、大勢の人が来てたのにも驚いた。




e0112226_22194782.jpg



スリッパに履き替えるんだが「子ども用」は、こんなカワイイ上靴だよ♪
こんなところまでフォトジェニックだから、
店内はどんだけ〜!ってくらい良い感じデス。写真撮れないけど。
中庭を臨むカフェも併設されているので、ランチやお茶もできます。




e0112226_22331732.jpg



町を去り際、気になっていた岩の門(!!)に上がってみた。

こたえ → お寺 だったんだが、これは登って大正解!

足元に広がる茶褐色の大森の屋根は、まるでバーントシェンナ色。
ちょっと伊国のソレを思い出しました。



e0112226_22290741.jpg



この茶色の瓦はこの地方で生産される石州瓦で、
愛知の三州瓦、兵庫の淡路瓦と並ぶ日本三大瓦とされている。

そういえば広島から走って来る途中、どこかある時点で、目に違和感を覚えた。
それは、家々の屋根が一斉に「茶褐色」になったからだ。
「瓦=鼠色」という認識が強い我々からすると、
赤い屋根は風景を一変するほど新鮮に見えたのだ。
特に石州瓦をこれでもかっ!と使った寺社の大屋根は迫力満点であった。

些細な事だが、瓦ひとつにも「地方」がでる。
住み慣れ見慣れた関西から遠い所に来てるんだな〜と思ったのである。




e0112226_11274056.jpg



バタバタだったけど最低限には楽しめた(?!)石見銀山。
かろうじて開いてた店も躊躇なく看板を下げ、一層静かになった通りを後に、
さて、次の寄港地に向かうとしますか。


〈石見銀山観光お役立ちサイトまとめ〉





[PR]
by giova21 | 2017-04-04 23:46 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_20465522.jpg


坑道見学後は自転車の電動をオフにして、シャララ〜ン♪と山道を下る。
これがまた気持いい♪♪

途中にある「銀の店」で大いに捕まってしまったが、
(銀山らしくハンマーやカンテラのトップがあってカワイイの!)
急いで世界遺産センターに向かう。
というのは週に2回しかない「丁銀づくり体験」をちょうどやっていたからだ。→丁銀とは

キーホルダーがイイな〜って思ったけど、5センチほどあってデカくて重い。
時間も押してたので、所用時間約30分のストラップを作ってみましたv




e0112226_21392597.jpg



溶かして型に入れた上にうにゅ〜!と押す印は、
友人は「石見」、アタシは石見国の別名「石刕(石州)」をチョイス。
がぁ〜!押しが弱くて、なんか読みづらいデキになってしまった(>_<)/

がしかし、ストラップトップは約2センチほどでちょうど良い大きさ。
思ったより(?!)ずっとカワイイし「丁銀型」というのがまたよい思い出になる。
駆け足体験だったが、やってよかった♪

毎週 水曜・木曜  最終受付15:30 デス。
時間ない時は、物販コーナーにもキーホルダーなどがあるよ♪




e0112226_21420578.jpg



さてここでようやくひと休憩。
こんな所に…というと失礼だが、こんな所に Caffè Cagliari があるんデス! *食べログ
東京で同社の代理店をしていたオーナーが、故郷島根で…ということで開いたそうだ。

せっかくだもの、ダブルでっ!と言うと、嬉しそうに煎れてくれました。




e0112226_21593911.jpg



ぶっちゃけ言うと、アテクシ、カリアーリのカッフェを飲んだことがない(笑)
でも…カッフェ中毒者としては、ウマイかマズイかは瞬時にわかる。
アタシが好むナポリの豆よりスッキリめな味わいだが、間違いなくottimo!!!
心地よい香りと苦みと甘みが、疲れを癒してくれる。

願わくば、砂糖は伊国みたいにドッカ!とボウルに入ってるとよいのだが(^^ゞ
エスプレッソって、砂糖を多めに入れるのが絶対的な「キモ」なのだv




e0112226_22215225.jpg



友人は、それも絶対正しい!間違いない!という アッフォガート〜affogato (//∇//)
これ考えた人エライよね(笑)
オーナーいはく、カッフェの味を活かすため生クリーム多めのアイスにしてるそうだ。

ちょっと味見さ・せ・て♪ ウマ〜ウマ〜
しもた。もぅ1杯飲みたくなっちゃったよ(^^ゞ




[PR]
by giova21 | 2017-04-02 23:45 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21