<   2016年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e0112226_158761.jpg



臭いドリアンはもてぃろん、アタシは果物全般何でも好きだ。大好きだ!

でも何が1番か?! てぇ〜いうと、それは文句なく「この子」になる。

桃ぉおおお〜〜〜!!!!!!!

去年はウッカリ時期を逃してしまったので、今年は早めにゴゥゴゥ!と、和歌山までひとっ走りしてきた。

「桃太郎」という強力なアイコンがあるから岡山の桃も有名だが、生産高でいうと和歌山の方が多いのだvv それに大阪からも近いしね(^^ゞ



e0112226_15163344.jpg



おぉおぅう〜!「日本一の桃売り場」ときましたねvv
これが噂の〈めっけもん広場〉です。

ってか…スゲ〜〜人っ!!!!!! (日曜だった)
クルマも長蛇の列だし、中も押せや押せやの大賑わい!!!

そして…山と積まれた桃もも桃モモ…… キャホ〜〜!!!(≧▽≦)!!!

と喜んだのは束の間。なんせ人は多いし、この日は驚異的に暑かった。しかも、こんだけ桃があると一体どれを選んだらいいのかわかんない。多分そんなに差異はないと思うんだが、あっちこっちと見て回ってる間に汗みずくになってグッタリしちゃった(>_<)//

いや〜でも楽しかったっス♪ なんせ 安いっ!!

品種や実の状態で変わるが(加工用など)、だいたい1箱800〜2000円くらいで購入できる。重い重い、暑い熱い!と言いながらアテクシ2箱ゲット♪♪

でも2箱なんてカワイイもん。ジモティ以外にアタシたちみたいに他府県からも買いに来るんだろうが、5〜6箱!ってのはザラで、カートに山のように積んで運んでる人がたっくさんいた。まぁ〜こんだけ安価だと、買いたくもなるわな(笑)



e0112226_15414889.jpg




周辺には大小さまざまな直売所があり、せっかくだから2つ3つ寄って見てみたけど〈めっけもん広場〉が、価格・量とも圧倒的に充実しておりました。だからあんだけ人が来るんだね。

質は…というと…こればっかは高くても安くても食べてみないとわかんないので。アタシの桃もまだ固かったので、しばらく家で熟成させてから食べようと思ってマス。




e0112226_15473588.jpg



道路脇に並ぶ直売所に桃オブジェ。
道沿いに広がる紙カバーされてる桃畑。
そして、萌えるような緑に、むっちゃクソ暑いとか、これってまるで…

台湾 ではないかっ!!!

オブジェが桃からマンゴーに変わっても、全く違和感なく受け入れられるわ(笑) ってことは向こうでも、マンゴ〜桃変換できる…ってことだな(//∇//) いやあ〜ええとこやんか、和歌山紀ノ川。

桃を思う存分買った後は、素晴らしく立派な大塔(国宝) で有名な〈根来寺〉に、お庭が美しい〈粉河寺〉といった名刹もあるので、是非寄り道していってください。



e0112226_16251889.jpg




そしてもぅ1つ。熊楠と同じくらい和歌山が生んだ傑出した人物〈華岡青洲〉の記念館、〈青洲の里〉もございマス。

といっても、入ってません。スイマセン。
なぜなら、1分1秒も外にいたくないくらい暑かったのだ。

実際この日は全国が猛暑日で、お隣三重県尾鷲市(熊野の上の方)では 38.5℃!!! もあったのだ(TOT)// それってよゆ〜で体温オーバーやん。死ぬやん。ちなみにこれ、今年に入って「全国最高気温」だったそうだ(笑)

でもね〜帰宅して母サマに聞いてみたら、なんとアタシ、両親連れて〈青洲の里〉に来たことがあるらしい。え”〜え”〜?! 覚えてね〜〜!!! ダメダメじゃ〜ん!!! 青洲センセ、激しくゴメンなさい。。。

いやいや…桃話から逸脱しちゃったけど、だから汗を流しに早く温泉行きたかったんです(^^ゞ とにかく暑かったけど楽しい和歌山トリップでした。←ゴ〜インに終わらせる(笑)
[PR]
by giova21 | 2016-07-06 23:08 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_15494767.jpg



オリンピック前の前哨戦。W杯より盛り上がるかも?!ってくらい面白い〈サッカー欧州選手権EURO2016〉が始まっております。

代表引退した愛しのピルロ様はしょうがないとして、目の保養にもなる(!!) マルキージオもケガで出ないなんて、OMG!! なアッズーリ。

*見てるだけでニヤけてしまうマルーキジオのインスタ (//∇//)キャ~!!!

ブッフォンってまだ現役なんだ?!ってビックリしちゃったけど、彼くらいしか選手の名前もわからなくなってきて、ああ〜アタシもアッズーリと一緒に歳とったんだな〜って(^^ゞ


e0112226_16566.jpg

スペイン戦後のボヌッチのTwitterより


本国イタリアでも「史上再弱のチーム」なんて揶揄されたそのアッズーリ。ところがどっこい!蓋を開ければ、優勝候補にもあがっていたベルギーに続き、斜陽気味とはいえユーロ3連覇を目指す無敵艦隊スペインまでも撃破!!!!

スゴイぞ〜!!!!!!

花形選手不在…いや、だからか、見事なチームワークで下馬評を覆した。
見てよ、この雰囲気。サイコ〜です(๑˃̵ᴗ˂̵)و

しかも強敵相手に2戦共ゼロ封に押さえている。全4試合でいうと失点わずか「2」である。これぞイタリアのお家芸カテナチオ!ってか、GKブッフォンも含め、DF3人がユヴェントスだったから息もピッタリだったのだ。

選手たちもがんばったが、かつてユーヴェを指揮し、愛弟子4人に賭けたコンテもある意味スゴイ。守備ユニットをまんま同一チームから選ぶって、なかなかできないことだと思うし。


e0112226_16181414.jpg



鉄壁の守備を誇った「イタリア版BBC」
バルザーリ(15) ボヌッチ(19) キエッリーニ(3)

スイマセン…あなたたちの事あんまり知らなかったけど……
ホント…カッコいいです!!!!!!!



e0112226_15414272.jpg



そしてドイツ戦。
惜しかった…ンとに惜しかった……

PK戦って酷だよね。
特にイタリアはPK戦になると脆いし。バッジョの悲劇とか…さ (TOT)

組合せも不運だった。なんてたって「死の山」だったし、こんなことならグループリーグ2位で通過すればよかった。引き分け3つでベスト4に進んだポルトガルに思わずズっこ〜いっ!!! って悪態ついてしまったほど。

でもね、PK蹴ったうち2人は、こんな大きな大会に出るのさえ初めてだったのだ。そのプレッシャーは計り知れなかっただろうし、外したことも「糧」にしてくれると思う。←何様?!

何より予想外?!の夢を見させてくれたアッズーリ。胸張っていいぞ!!2年後のW杯も楽しみにしてる!!もちろん出場するのだ!!←何様?!



e0112226_16551245.jpg



さて、今回の大会から出場国が従来の16ヶ国から24ヶ国に増えた。プラス8チーム。これはデカイ。

ベスト4に残ってる(スゴイぞ!!)ベイル率いる初出場のウェールズもさることながら(CR7を蹴散らしてやれ!!!!)、1番の旋風を引き起こしたのは、イングランドを破り、初出場ながらベスト8までいったアイスランドだろう。

試合後のこのパフォーマンス〜徐々にテンポをあげながら拍手する〜を初めて見た時、鳥肌たっちゃいました。アタシ(>_<)//

ちなみにこれ「バイキングクラップ (サンダークラッブ) 」って言うらしい。アイスランドといえば氷河に火山に温泉の国…ってイメージがあるが、そうか!!バイキングも!だな。







イングランドに勝った瞬間、我を忘れちゃった実況アナ(音声) と記者。何度見ても微笑ましいったらありゃしない。

たとえば離島の部員15人の学校が、甲子園初出場してベスト8までいったと思えば、サッカーに詳しくない人でも彼らの心境がわかるんじゃないかと思う(^^ゞ ラグビーW杯で日本が南アフリカに勝ったと同じくらい、世界中に衝撃を与えたジャイアントキリングだったのである。

なぜって、アイスランドの人口(約33万人)は「世田谷区より少ない」のだ。ふへ〜!! これぞドラマ! だからスポーツってオモシロイ。

かように、いつもよりいろいろ楽しいユーロ2016。
最後に立っているのはどのチームだろう。とにかく見届けたいと思う。
[PR]
by giova21 | 2016-07-04 23:29 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21