<   2016年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

e0112226_11273189.jpg




東寺を選んだのにはもぅ1つワケがあって…

それは…東寺の近くに、外国人3人が設立したブルワリーがあり、そこに絶対絶対行ってみたかったのだ(^^ゞ

設立以来、イベントに引っ張りだこの大人気で、なかなか開いてなかったンだが、今回、スケジュールがあい、念願叶っての初来訪となった(//∇//)//

こんな住宅街に?ってな場所。しかも、うっ!どっから入るんや?と慌てたけど、勇気を振り絞って (?!) ドアを開けると…




e0112226_11361151.jpg




おぅうおお〜〜!!! ちゃんと醸造所になってる〜!

小さいけど居心地のよい試飲スペースがあって、お客さんもいっぱい〜!
きっとみんな呑める(開いてる)日を楽しみにしてたんだろうな〜♪♪




e0112226_1141499.jpg




レギュラービールの他にシーズナルビールもあり、この日用意されていたのは6種類。その中で、定番の「一意専心」とスタウトの「黒潮の如く」を飲んでみる。




e0112226_11461789.jpg




ビールにしては度数6.5と高いが、柑橘系の爽快な味わいでクイクイ飲める「一意専心」は、夏の暑い日はもちろん、温かいコタツに入りながら飲んでもグ〜♪

一方「黒潮の如く」は、苦み、甘み、香ばしさの調和がよく、例えばギネスよりちょっとまぁるい味わいだ。

どっちもとっても美味しかった〜♪♪

この日の京都はそれなりに寒かったけど、室内はあったかいので、乾燥した喉に流し込むビールはまた格別である。

1杯400mlあり、飲み応えも十分。これで¥600はかなりCPがイイと思う。2杯3杯と飲んでるお客さんもいたし、もぅ1杯!といきたかったけど、ほら…ビールってトイレ行きたくなるじゃん?!(笑) これから20分くらいバス乗るから今日は1杯で我慢する(^^ゞ

*あ、キレイなトイレもちゃんと併設されてますvv





e0112226_12343872.jpg





日本語も堪能。ヘッドブルワー、アメリカ人のクリスさんが今日の店番担当。彼が注いでくれるから「泡」まで美味しいよ♪♪

つまみ類など持ち込みオウケイ!というフレンドリーさもベリグ〜♪♪ で、もそっと暖かくなったら、レンタサイクルで駆けながらまた是非寄ってみたいと思うvv

*基本週末営業だが、イベントがあると閉めるのでスケジュールを要確認のこと。
[PR]
by giova21 | 2016-01-29 23:02 | ウマイもんの話 | Comments(0)
e0112226_175946100.jpg



なんか最近「お寺」づいてる(^^ゞ

母親も「よかったわよ〜」と言ってたので、東寺なら混んでないか…と(失礼!!) 冬の特別拝観〜五重の塔の内部を見に行く。

何度か東寺には行ってるが、それは弘法さんの市が目当てで、実はちゃんと見たことないんじゃん?!というオソロシイ事実に愕然となりながら境内に入ります。

今日は「市」なんぞ立ってないから静かで、そしてやっぱり人も少ないのでありました(^^ゞ




e0112226_17521463.jpg




木造の塔としては日本一大きい五重の塔(高さ54.8m)
改めて見ると、こんなにデカかったかな〜って感嘆する。

4度の焼失から再建を重ね、現在五代目。それでも370余年も経っている京都のシンボルタワーである。普段は非公開の、その内部にいざ!入るのだ〜vv

東寺はもちろん、他のどんな五重の塔の内部にも入ったことないので比較できないけど、ちょっとビックリした。スゴカッタデス!!





e0112226_18253968.jpg




塔の中心には仏舎利を納めた「心柱」が立っており、それを大日如来に見立て、四方に四体の如来像、八体の菩薩像が配置されている。周囲の壁もまだまだ色鮮やかな壁画で彩られ、広くない塔内に濃密な密教の世界が広がっていたのだ(写真:京都古文化保存協会より)

建造物的な無機質な空間を想像してたからビックラこいた( ✧Д✧)//

五重の塔って、ただの塔じゃなかったのね!!!
なんていうか認識が一変しましたわい。



e0112226_18403342.jpg




多分初めて入るであろう金堂も講堂も、美仏が勢揃い!!
仏女じゃなくても、うっとりしてしまうほど(//∇//)

特に講堂の立体曼荼羅は、言葉を失うほどのド迫力!

なんていうか…東寺…スゲ〜ぞ〜!!!!!!

京都には数多くの寺社仏閣があるが、これほどたっくさんの美仏が揃った所ってないと思う。今まで足を運ぶこともせず「市」にうつつを抜かして申し訳ありませんでした!!って感じ。




e0112226_1992051.jpg




単純で感動屋のアタシ。これから京都観光のオススメを聞かれたら、迷わず「東寺」と答える。そら、ちょっとアクセス不便だけど、行く、見る価値絶対ある!!特に今だけしか見れない塔内見学は必見デス!!! (3/8まで)

市内観光は1日乗車券を活用し倒すべし!!!! キオスクでも売ってるし地図ももらえる。ちなみに3回乗ったら元とれマス(笑)
[PR]
by giova21 | 2016-01-28 23:49 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_16334826.jpg



この日は曇天。ちょっと残念な空模様だったが、それでも一目見てキレイになったね〜!って、わかる。といっても〈平等院〉に来るの久しぶりだから、記憶がアヤシイが(^^ゞ

ね、こんなにも違うのだ。


e0112226_16464235.jpg



なんでも前回、昭和の修復時には、今よりもっと朱が鮮やかな鉛丹が使われたのだが (すご〜い!! 別名ポンペイレッドって言うんだって!! 確かにポンペイの赤だわ) 今回の平成の大修理では、平安時代の色にあわせるために、もそっと落ち着いた朱色(丹土色)で塗ったそうだ。

そうそう、その修復のドキュメント番組をTVで見たんだわ!!

もちろん創建当時の色にあわせるのがよいと思うし、色味的にも、このちょっとくすんだ朱の方が落ち着きがあってイイと思うvv




e0112226_17551516.jpg




映画でも本でも美術品でも何でも、1回で終わりじゃなく、自らも年を重ねた時に再度目を通してみると、全然違う印象を持つことがあるが、平等院もまあ〜なんと優美なお姿なんだろう〜って、改めて思った。まさに鳳凰が湖面に舞い降りたようだよねvv

さてこの鳳凰堂、修復終、拝観が予約制になった(別途料金要)。なので、境内に入ったらまず先に予約手続きをすることをお薦めする。外観だけでいいわ〜と言わず、ココは是非内部も見るべし!!

ガイド付きで詳しい話を聞けるし、なんてたってこの鳳凰堂、都の戦火をかいくぐり現存する千年以上前のミラクルな建造物。そして、壁面を飾る「雲中供養菩薩像」のお姿は必見でありマス♪



e0112226_18415342.jpg



がんばってコラってみた(笑)

笙や笛、太鼓に鐘といった楽器を奏でてたり、舞いを踊ってたりと、こんな楽しげな菩薩サマ、他にないんじゃないかな。ホントにね、音楽が聞こえてきそう。アテクシ的には、平等院で1番見るべきモノだと思ってマス(๑˃̵ᴗ˂̵)و

全部で52躯体。うち26躯体が国宝で、オリジナルは〈平等院ミュージアム〉で見る事ができます。できればオペラグラスで、ユーモラスなお姿をじっくり観察するとより楽しめるんじゃないかと。




e0112226_1925526.jpg




とね〜鳳凰(国宝) のオリジナルもあるんだけど、すんごくすんご〜くカッコよかった♪♪ 遠い屋根の上じゃなく目前で見れるから、こんなに大きいんだ!! ってビックリしたよ〜(@▽@)//

と、なかなか見応えがあるミュージアム。
我々は鳳凰堂見学までの待ち時間を利用して回ったんだけど、時間が足りなかった(TOT)// (一度出ると入れない) ビデオも見ると勉強になるし、最低最悪1時間はかけてみるべし!

あとあと、これは後で再入場も可能な〈ミュージアムSHOP〉は、かな〜り良い!!可愛いものがいっぱいあってオススメですvv




e0112226_1920392.jpg




はぁ〜楽しかった♪♪

宇治川のほとりでたま木亭のパンも食べれたし(//∇//) 茶の香りが途切れる事ない参道の土産物屋通りも、いろんな店があってそぞろ歩くには楽しい。ここもちょっと見ぬ間にオサレな店がいっぱい増えたわ。

たまたま…だろうが観光客も多くなく、一万円札を持ちながら鳳凰堂をバックに記念撮影してる大陸の御仁たちを、微笑みながら見ることができました(笑) (*一万円札の裏に鳳凰像が描かれている)
[PR]
by giova21 | 2016-01-23 23:33 | アートなこと | Comments(0)
e0112226_1621233.jpg



何かのTV番組で見て、なんだかムショ〜に行きたくなった〈平等院〉
でもホントはこっちの方がお目当てだったかもしれない…(^^ゞ

以前の場所からほん近所に移転、格段に広く買いやすくなった〈たま木亭〉 それでも駐車場入れるのに30分、店頭に並んで30分…と、パンにありつけるまでかなりかかった。

広くなった分、回転も鈍くなったのかな〜と、待ってる間に少々気持が萎えてしまったけど、店内入って納得。

ぎゃ〜〜〜!!! 食べたいパンがいっぱ〜い!!!

以前来た時は、3000円近くも買い込んでしまい、パンごときに、そないに使うのはどないなもんやろ。今回はよっく吟味して買おな!! って固く誓ってたのに、0.2秒で理性が吹っ飛んじゃった( ✧Д✧)//

多分みんな、せっかく並んだんだから買わなきゃ!っていう心理が働くんじゃないかな(笑) それと、もちろんオイシイのです。ホントに。

もともとの生地も美味しいが、大納言やハチミツバター、ナッツに抹茶、チーズにベーコンなどを用いた創作メニューが驚くほど豊富なのがこの店の特徴だろうか。

今回、大ホームランだったカスクートなんて、チョリソーにカッテージチーズ、そしてなんとネギがサンドされてたの。ネギですよネギ!!!! 長年人間やってるけど、こんなカスクート初めて。しかもベラベラウマ〜!!!だったのだvvv あ〜こんなサンドもありだな〜♪って、目から鱗、感心しちゃったvv

結局今回も誘惑に勝てず大量にパンを購入(^^ゞ オマケに、並んでもイイからまた来よう!って話に(笑) 食べログ評価ってアテにならないが、たま木亭のソレは大納得! そうそう!たま木亭の原点、お父さんがやってる〈モグモグベーカーリー〉という店も教えてもらったので、ココも行かなきゃ!!!!!

あれえ?平等院の話は?それは次回!!!ってことで御免なすってvv
[PR]
by giova21 | 2016-01-22 23:01 | ウマイもんの話 | Comments(0)
ひつじ村の兄弟(アイスランド・デンマーク)






ハイ、こちらが今年1発目に見た映画デスvv

隣に住んでいながら完全絶縁状態の老いた兄弟は、40年間!!!! ろくに口もきかず、それぞれ、貴重な固有種の羊を育てていた。

そんな2人が、愛する羊の危機に立ち上がった!…となる予告編を見ると、さぞかし痛快な作品なんだろうな、と思う。ってか「思ってた」(笑)

実際、用があれば(兄に打ち抜かれた窓ガラスの請求書(笑)手紙を書き、それを犬が届ける…というシーンは大いに笑うし(犬が超絶賢くてカワイイ♪)、直情型の兄に思慮深い弟という対比も面白い。

舞台となるアイスランドの厳しくも美しい風景や、聞き慣れぬ言葉、さらには村人が着てるノルディックセーターの柄(これまたかわいいのだ!) もいちいちチェックしてしまったほど(^^ゞ

が、後半、とんでもない結末が待っていた。。。
エンドロールが流れてきた時、ホントにまぢで「絶句」してしまった。
そらないでしょ〜?!って。これほど裏切られた映画、記憶にないかもしれない。

予告編や邦題にだまされてはいけない。これは決して痛快冒険談でも羊なモフモフ作品でもない。何といおうか言葉が見つからないほど衝撃的。人間讃歌というか、すごく「深い」作品であった。



e0112226_1454631.jpg


オマケな小ネタ

助演賞をあげたいほど存在感のあった羊たち。アイスランドは人口の4倍(100万頭超)もの羊がおり、中でも、世界で最も古く純粋な品種と言われてるのが、兄弟たちが守ろうとした「アイスランディックシープ」である。

厳しい気候にあわせるように、長短2種構造になっている羊毛は、世界最高の天然素材といわれ、マニア垂涎の毛糸になるそうだ。

9世紀後半、バイキングが持ち込んだとされるこの羊たちがいたからこそ、アイスランドという極北の地で、人々は生活の糧を得ることができた。彼の地の人たちにとって「羊」とは、私たちが思うよりずっとずっと大切な存在なのである。
[PR]
by giova21 | 2016-01-20 23:54 | 映画なこと | Comments(0)
e0112226_1584231.jpg



新年、2016年にってまだひと月も経っていないのに、ヤなニュースばっかで気が滅入る。

まずデヴィッド・ボウイ。80年代にヒットした楽曲くらいしか知らないし、戦メリの少佐役の方が印象に残ってるくらい。それでも彼の訃報に思わず声をあげた。

ミュージシャンだってアーティストだけど、アタシにとっては耳より「目」、視覚的に入ってくるボウイの方が存在の方が大きかった。スゲ〜キレイなオトコの人がスゲ〜カッコしてるよ?!みたいな。むしろ自分の好みと相反するが故、興味を惹いたのかもしれない。

〈ボウイの革新的なスタイルをたどる〉

決して鳴くことのない白鳥が、唯一死の間際に歌を歌うという欧州の伝承が転じて、人生の最後に事を成し遂げることを「スワンソング」というそうだ。69歳の誕生日にニューアルバムを発表。そのわずか2日後に逝ってしまったボウイ。スワンソングという言葉の響き同様、美しく最後を飾ったのではないだろうか。




e0112226_13135094.jpg



ボウイの死からわずか4日後。ボウイのニュース隠れてしまったように、ひっそり流れたアラン・リックマンの訃報。アタシは彼が大好き!!!!だったので、ある意味ボウイの死よりショックを受けた(TOT)//

初めて彼を知ったのは、その名を知らしめ、ブルース・ウィルスの出世作ともなった大ヒット作ダイ・ハード (この映画も大好き!!)

豊かな低音ボイスとスーツをビシッと決めたスマートな悪役がすごく印象的で(スーツ着用はアランの提案だった)、いっぺんで名を覚えた。何度か同じ事書いてるが、悪役が魅力的だと、作品が一層引き立つのだ。

それはハリー・ポッターで演じたスネイプ先生でも同じ。アラン・リックマンが好きだったこともあるが、原作のイメージにあまりにピッタリで、映像を初めて見た時は小躍りしたほど。もちろんハリポタの中で1番好きなキャラはスネイプ先生である。

奇しくもボウイと同じ69歳。早すぎる。去年、彼が監督、主演を務めた〈ヴェルサイユの宮廷庭師〉を観ようと思いつつ、見逃した事が悔やまれる。次の休みにダイ・ハードのDVDを観て(持ってるのだ!!) 冥福を祈りたい。







カミサマもぅいいでしょう?って時に、また悲報。

嗚呼…グレン・フライまでも……(TOT)//
享年67歳。なんだなんだ!!!この60代の負の連鎖は?!

忘れもしない初めて買ったCDはベスト・オブ・イーグルスだった。ソロになってからの曲も好きだけど、やっぱりグレン・フライ=イーグルス。

彼がボーカルとった曲〜 Take It Easy、 Tequila Sunrise、New Kid In Town、Lyin Eyes…どれも名曲、染みる。今日は1日イーグルスを聴きながら過ごすつもりだ。
[PR]
by giova21 | 2016-01-18 23:08 | Comments(0)
e0112226_17153617.jpg



今年も楽しく美味しくお酒が呑めますよぅに♪ と、
えべっさん限定〈白鹿のイベント〉に行ってきた。

以前行った〈沢の鶴〉の蔵出しイベントがたいそう楽しく、飲み応え十分だったので(笑) 今回も大いに期待して行ったんだけど……あれえ〜これだけ?ってな規模で、ちくと残念…



e0112226_17302785.jpg




早起きして駆けつけたのに(無駄なヤル気(笑)お目当てのにごり酒は売り切れ!!え〜ん!(限定たったの200本だったし)

でもでも鏡開きも見れたし、杉の香がふんぷんと漂う樽酒はとっても美味しかったvv

→ 有無を言わさず、お代わりするのであった(^^ゞ



e0112226_1736535.jpg



友だちが柿の葉寿司を持ってきてくれたので、
粕汁付きの豪勢な朝ご飯になりました。

あ、 デザートは“酒まんじゅう”ね♪

まだ午前サマのお酒って……シアワセだわ〜(//∇//)




e0112226_1741974.jpg




もちろん、この時期にこの場所にいるなら〈西宮のえべっさん〉にも行かなきゃ!

大阪の〈今宮さん〉に京都の〈えべっさん〉。あわせて日本三大えびす神社である。でもアタシったら、どこも行ったことがない。いやぁ〜えべっさん初参戦!でありマス( ✧Д✧)//

こんなほろ酔い気分でお詣りしてイイのかしらん? 

イイんです!多分(笑)



e0112226_17515078.jpg





そっか〜よくニュースで流れてる大マグロにお賽銭貼り付けるのって、ここだったのね。←チョ〜初心者マーク(笑) 確かにご利益ありそうだけど、ちょっと臭いそう…。こっから南無南無しておこう。

そうそう、福オトコ目指してダッシュかますのも、西宮!
確か昨日.10日えびすの時にレースがあったはず。今年は誰が獲ったんだろう?!

うへえ〜!スタート場所って3ヶ所あるんだ!知らなかった〜♪と、福オトコの豆知識も得たよvv



e0112226_17591199.jpg




新年のお楽しみ。おみくじは忘れずに!!

「吉」だ〜〜 よかった〜〜!!

だってね、新年明けて早々、つまりは寒い夜中に1時間以上も並んで拝観した〈いくたまさん〉でひいたおみくじが……



e0112226_1852555.jpg




吉凶未分って……

なにぃい〜〜?!

なんなん、その中途半端さ!
と、ちょっと凹んでいたので、無難に「吉」が出て、ホッとしましたわい。

ちなみにお連れサマが引いたのは「平」

これは「普通」という意味で、揃って“珍みくじ”を引いてしまい、も〜いくたまさんってば!!と、突っ込みそうになった(笑)

「平」も「吉凶未分」も初めてお目にかかったけど、他にも「吉凶未分末大吉〜行い次第で大吉になる」とか「凶後大吉〜文字通りの意味」など、変わり種なおみくじがあるそうだ。

よしあしいまだわからず…

いつになったら結論が出るのかわかんないが「その時」になっても、このおみくじの事、忘れてるんだろうなぁ〜(^^ゞ

ま、楽しく健やかな1年になったら、それで十分です。ハイ。
[PR]
by giova21 | 2016-01-11 23:08 | にっぽんの休日 | Comments(0)
スター・ウォーズ フォースの覚醒(アメリカ)





厳密には大晦日に観たンだが、まぁ〜いいだろう(笑)

世界中に熱狂的なファンがいるなかで、アタシの熱意など数度に満たないが、それでもアタシはスター・ウォーズが大好きだっ!!!

ちゃんとした店でちゃんとした値段で買ったDVD-BOXを持ってるし、少なくとも5回以上観てるし、次の展開はもちろん、セリフまでそらんじられるほど。全然自慢にならないけど…(^^ゞ

そんなSWの10年振りの新作である。

遠い昔 はるかかなたの 銀河系で・・・

お馴染みのオープニング・クロールが壮大なテーマミュージックと共に流れてきた瞬間といったら、ちょっと鳥肌たっちゃった( ✧Д✧)//

だからね、とっても期待してたんです。ホントに。
でも…星5つとしたら、せいぜい3つというところ。

前エピのオマージュをふんだんに取り入れているのはいい。それに涙するファンもいるだろう。けどアタシには安っぽいデジャブに感じられ、3日前のカレーを温め直してまた食べてる感じがした(しかも美味しくない(笑)。同じカレーでも、カレーうどんにするとかカレーピラフにするとかカレードリアにするとかしてくれよ〜!!!!って(TOT)//


e0112226_1921158.jpg


以下ネタバレ&個人的グチ注意

アーサー王の剣のように「ライトセーバー」って、選ばれし者(ジェダイの騎士)が持ってこその聖剣なのにド素人がイ〜ジ〜に使っちゃうし、これだけCGが発達してるのにイマジネーション溢れる映像ほとんどナシ!ルークに至っては、詐欺に等しい扱いだったと思う。

ダース・ベイダーは言わずもがな…だが、ライトセーバーを4本振り回したグリーヴァス将軍のような、敵ながらアッパレ!という悪役もいない。十字型ライトセーバーが話題だったカイロ・レンは早々にマスク脱いじゃって(マスクの意味ないやん!!)、しかもヒス持ちで弱いしツラも悪い (失礼!)

なにより1番ショックだったのは、どっかで見たようなシチュエーションで(これも許せない)、いとも簡単にハン・ソロが死んじゃうこと。

続編ありき!なのでお話的に「?」な部分があるのは仕方ないが、ある程度状況説明がなければ見る者はついていけないし感情移入もできやしない。あの!ハン・ソロだよ?ダース・ベイダーの最期に心打たれたように、しかも息子に手にかけられるんだから、皆が納得する敬意ある最期を描いて欲しかったな(TOT)//

下世話な余談だが…初出演時の「新たなる希望」の時はわずか…というか、たったの126万円だったハン・ソロ=ハリソン・フォードの今回のギャラは、なんと約30億2300万円+興業の0.5%なんだそうだ。

どんだけ〜〜!!!! って額だが、だから早々に逝ってしまったのね…
チューイもアタシも淋しいわ…。ああ〜でもみんな歳取ったよね…


e0112226_2025391.jpg



と、文句ばかりだが、個人的見解なのであしからず。

唯一コレはよかったな〜と思えた点は、ヒロイン、レイがとてもキュートで魅力的だったこと。これからの「覚醒」が楽しみ!!

え?こんだけ言っておいて次作観るの?って?
ええ。観ますとも〜!全部観てから総評しようとおもいまふ(エラソ〜(笑)
[PR]
by giova21 | 2016-01-07 23:27 | 映画なこと | Comments(0)
e0112226_12431085.jpg



2016年 新年明けました!で、おめでたぅ〜ございます!


月日が経つのが異様に早くてオソロシすぎる…
気がついたら東京五輪(2020年)が終わってるんじゃないかと思ってしまう。

そう…今年はリオ@オリンピックがあるのだ〜♪♪

身体は全然動かしてないけど、スポーツ観戦は競技問わず大好き!なので、冬季も含めて2年に1度のビッグイベント!! 特に今回は、五郎丸ブームに沸いたラグビー(7人制) が正式競技に採用。日本は男女共に出場する。

闘うオナゴを応援したい身としては、年間200日以上の猛練習で五輪切符を勝ち取ったサクラセブンズを大注目で応援したい。女子サッカーのなでしこジャパンに続け〜!そのチャンスは大いにあると思う。

と、すっかり五輪ムードになっちゃったが、個人としてはいろいろ考えなアカン事が山積みで、チャラチャラしてらんない現状なんだが、コチラでは相変わらずチャラチャラと綴っていきたいと思っているので、今年もどうぞよろしくお願いいたします( ✧Д✧)//
[PR]
by giova21 | 2016-01-05 23:42 | 今日のできごと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21