<   2015年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0112226_19464100.jpg



キリンビール工場から続く坂道をトットコ15分くらい下っていくと、なにやらかぁ〜いらしい建物が見えてくる。

そう…これが、今春オープンした噂?!の〈かねふくめんたいパーク〉だっ! す、スゴイなぁ〜!今日び、なんでもテーマパークになっちゃうんだねvv 意匠がなければ、まるで「ニ◎ムラ」みたいだが(笑)



e0112226_19545762.jpg




できたばっかだから、施設は文句なしにキレイで広い!!が。。。。

中央に設けられた工場直売店は、まんま百貨店の催し場みたいだし、フードコートも、あれ?こんだけ?と拍子抜けするほどで、広さと中身がうまくマッチングしてないのが惜しい。




e0112226_2003648.jpg




工場見学も「一応」できるが、わずか50mほどで終わりで、これまた、えええ〜〜!!充実したキリンの後だから、その反動、結構デカイ。

先に行った友人の友人が「想像よりショボイで!」と言ってたのも、なんとなく納得だが(^^ゞ コレは美味しかったっ!!明太おにぎり♪♪



e0112226_2042171.jpg



明太子ってね、できたら冷凍して出荷されるワケよ。でもココでは、できたて_すなわち冷凍してない明太子が提供できるのが「売り」。たとえソレがあの小さい工場内でできたものであっても(笑) これはズバリ!ウマイっ!!

なんていうか、辛味が丸い。もちろんパックのソレも買うことができ、あとね〜イカを明太子であえたヤツも美味しかったよ♪♪

あんまり期待して行くと「……」かもしれないけど、ちょっと立ち寄るには楽しい所だと思う。我々が出る頃、観光バスの団体さんが大勢入ってきたけど、まさにそ〜ゆ〜場所って感じデス。

めんたいパークにもピンク色の派手な送迎バスがあるが、タイミング悪く1時間待ち。仕方ないのでタクシーでフラワータウン駅まで行き、そこから高速バスを使い三宮まで出る。

コレは運チャンが薦めてくれたルートで、乗り換えなしの1本、座って「爆睡」でき、とても楽だった♪♪おかげで夜の闘いにも万全で臨めるわ♪(違!!!)



e0112226_20314070.jpg




その闘いの場としてやってきたのは、60種近くある日本酒が「セルフで飲み放題」の〈ニューキタノザカ〉 こんなとこ、呑ン兵衛と一緒じゃないと来れないから、今日はまさにうってつけ♪

見よ!このラインナップ をっ!
そして…驚くなかれ。120分2000円という超破格値で呑めるのだvv

最初は味わいながらゆっくりと…と、上品に呑んでたけど、杯を重ねるうちに味がわかんなくなっちゃった(^^ゞ いやぁ〜でも、知らないうちにこぅなりますって!!絶対! ( ✧Д✧)//

だから元が取れたかどうか「?」だが(こ〜ゆ〜の気にするのが関西人(笑) とにかくご機嫌で呑めたからヨシ!とするvv



e0112226_20492473.jpg





ユニークなのは、この店、コースは別として料理は一切置いてない。よって、客は好きなモノを買って持ち込む。そう…これが楽しいのだ♪♪

我々も大丸でしこたま買い込んでいったのだが、ご丁寧にも大皿小皿が用意されているので、そこにチョチョッと盛りつけると、おぉう♪なんか豪華やん?美味しそうやん? と、杯を傾けるピッチも早くなるワケだ(笑)

日本酒はお燗もできるようになってるし、自動注ぎ機なビールも焼酎も飲み放題!という呑ン兵衛天国!時間制限なしコースでもたったの3000円だが、まぁ〜それでも2時間が限度でしょう(^^ゞ 夏の冷や酒もイイが、熱燗を堪能できる季節になったら、また是非再訪したいと思いマスvv




e0112226_2035218.jpg




今日は昼から飲んでお腹もいっぱい!でもホラ、お酒飲んだ後にズルズルやりたい気分。「◎◎は別腹」って言うでしょ? アタシのバヤイ、甘い物は「同腹」だが麺類は「別腹」なんス!

ちょうど歩いて数分の所に和歌山ラーメンの店の店があったから行こう行こう!! うへ〜この禁断の味がまたたまらん!! その代わりに……明日は(プチ)断食するからvv
[PR]
by giova21 | 2015-07-30 23:04 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_16171189.jpg



JR乗って三田にやってきたvv

見慣れぬ駅前広場をキョロキョロしたけど、探す必要ナッシングだった!一目瞭然な「派手」なバス見っつ〜けっ!!(笑)



e0112226_1619632.jpg



ラガー仕様なバスといい、キンキラキリンさんの出迎えといい、最初からテンションあがるわ〜♪♪

去年〈サントリービール工場〉に行って思ったのだ。夏はビール工場行くに限る!と( ✧Д✧)// 涼しいし、何といっても「タダでビールが飲める」(笑)

ということで、呑ン兵衛仲間を誘って、今日はオトナな社会見学〈キリンビール神戸工場〉へレッツゴ〜なのデスvv




e0112226_16271236.jpg




約40分ほどの見学ツアーは、映像は座って、材料のホップはホンモノを手にとって、工場のラインもしっかり見れて…と、サントリーに比べると内容は圧倒的にキリンの方が濃い。

キリンの方が工場が広いからだろう。部屋がまんま缶ビールの箱になってたり、子ども用のプレイルームもあったりと、見せ方やレイアウトもお上手♪ こ〜ゆ〜のってサントリーの方が得意そうだけど、ちょっと負けてマス。



e0112226_1635505.jpg




特に感心したのは、ご存じ「一番搾り」の材料となる麦汁の飲み比べ。

言うまでもなく「一番搾り」の方が美味しい。2番搾りなんてまるで「カス!」だ(笑) わかっちゃいるけど、こんな飲み比べができるなんて工場見学ならではだから、すごく貴重な体験だったと思う。



e0112226_16565790.jpg




そうこうしてるうちにお待ちかねのカンパイタイム!!!

試飲できるのはプレミアム一番搾り、ハートランド樽生、スタウト、キリンラガー(瓶) の4種類。瓶ビールがあるとはいえサントリーは3種類だったし、黒ビールが飲めるなんてまたまたキリン、ポイント高しっ!!もちろん頼めば「ハーフ&ハーフ」にしてくれる♪♪

プロが入れてくれるビールって泡まで美味しい♪♪ここだけはキリンでもサントリーでもどっちでもいいわ (爆)

惜しむらくは、試飲時間が「たったの」20分ってこと( ✧Д✧)// 美味しく飲むには2杯が限度だけど、残り数分でもぅ1杯、ハートランド取ってきて、みんなで回し飲みvv



e0112226_19364072.jpg



1人で来てた身なりもちょっと怪しいオッサンは、水のようにスイスイ3杯飲んでて、その鯨飲ぶりにビックリしたけど(1人3杯まで) タクの運ちゃんいはく「あ、それはきっと地元民ですよ」って。来る者拒めず…で、工場側も苦労があるんだろうな、きっと。案内のお姉ちゃんキレイだし(違!!!)

併設のレストランも評判がよく、そこでランチしようと画策してたけど、アララ、ビールでお腹いっぱいデス…

それに社会見学はまだまだ続くので、ここは我慢して「次」へと向かうとしよう♪♪




e0112226_20571983.jpg




〈オマケ〉

見学の集合ポイントに鎮座してる展示用の古い醸造ポット。ある地点に立つと、中央にハートが浮かびあがるという。

どうです?見えましたか?
[PR]
by giova21 | 2015-07-29 23:57 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_13271848.jpg



今年は例年よりちょっと早く夏の〈みくに〉に行ってきた。

台湾でもイタリアでも海行けなかったから、天気が良いとわかるや、一目散に入りに行くアタシたちってば、ホント小学生みたい(笑)

泳ぐでもなく、潜るでもなく、プカプカと波間に漂ってるだけでイイんです。ホント気持いいからvv



e0112226_1334386.jpg




イタリアでいっちばん!キレイだと思ったカラブリアの海と比べるのは酷だが、それでも日本海もとってもキレイ♪♪ 見よっ!この透明度vv




e0112226_13394187.jpg



素潜り専門のお連れサマは、獲ってきた獲物を持ってくるネコみたく、いろいろゲットして渡していくが、そんなに持たれへんし!!!ってか、ホントは獲ってはいけません。ナイショだけど(笑)



e0112226_13495310.jpg



ちょっと予定があり早く切り上げたので、この日海に入っていたのは実質1時間ほど。人並みに日焼け予防はしてたはずなのに… 

→日焼け止めはもちろん、Tシャツ着てたし、タオルも首に巻いてた。

なのになのに!!!シャワー浴びる時に発見!絶句してしまったこの2色モナカな(太い) 腕!!!!

OMG!!!! これってまるでチンタ・セネーゼではないかっ!!!
注:トスカーナ産古代品種豚(笑)

という冗談も言えないほど、両腕がポッポと「発熱」しており、あちゃあ〜!!これは日焼けじゃなくて「ヤケド」ですね (TOT)//

Tシャツ着てたのがアダとなり、袖の所がまっすぐキレイな線になってしまい、え〜ん、これじゃあ〜ノースリーブ着れないじゃん?!

まぁ〜でも二の腕って毎年結構焼けるから強いはず(?!) 最低限のケアしてこの日は寝たんだが、もちろん翌日、治ってるワケもなく、ご丁寧にも温泉行ったら……



e0112226_14131938.jpg



「や〜!!!エライ焼けて!!」
「奥さん、どこ行きはったん?」
「痛そうやね〜」

イタリアでもとうに「シニョリーナ」と言われなくなり「マダ〜ム」と呼ばれる事に抵抗がなくなってきたけど、日本語の「奥さん」は堪えるなぁ〜(TOT)// 仕方ないけど。

じゃなくて、洗い場に座ってる、浴室のフチに座ってると、真っ赤に焼けた我々の姿見て、ありとあらゆる人が同情 (と、いくばかの好奇心) で声をかけていく。大のオトナがどないしたん?!って感じだったのだろう。

特に素潜り名人は、まんま水着のカタチで赤白逆転してるもんだから
「水着着んでも、そのままでイイね」
なんて言われる始末(笑) 確かにぃいい〜〜

せっかく行った温泉だが、とてもじゃないが痛くて浸かるどころではなく、声かけられに行ったようなもん。ああ〜でもそれは全然イヤじゃなく、田舎の人は「近く」てイイな〜って思った。コソコソ見られてコソコソ言われるよりよっぽどイイじゃん!

てか、この状態で温泉は行くべきじゃなかったな(^^ゞ ゴメン、お肌!!




e0112226_15564062.jpg




今度は長袖着て入ろう!って思ったけど、それじゃあ〜手首から先が焼けて「黒手袋」になるな〜とか、後日、予想通り(笑) ピリリ♪と薄皮が剥けてしまったが、ピーリングと思えばお肌もキレイになったはず!とか、一向に懲りないアタシ。

三国の海が待ってる限り
「婆ちゃん どこで焼けたん?」
って言われてもいいから、ザブンとしに行きたいわ♪♪




e0112226_1623872.jpg




そうそう!コレは載せておかなきゃ!
着いた晩に3つ4つと咲いていた「月下美人」
咲いてるの初めてみたよ〜♪ 大きくてとてもキレイな花だね。

翌朝、もちろんすっかりシュン太郎になってたけど、花弁の部分を三杯酢やめんつゆであえて食べる事もできるンだってvv
[PR]
by giova21 | 2015-07-24 23:27 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_20264882.jpg



カレー食べに行ったら満席で (ココのチーズナンがウマイのら♪) ンだら肉でも食べて精つけますかvv トロトロのタンシチューに厚切りタン焼きのセット。もちろん麦飯ととろろ付き♪ う〜んコレは大満足!

久しぶりに来たせいかグランドビルのレストラン街がキレイになって、人も増えたような気がする。周辺にはたっくさん店があるけど、へたするとランチ時は難民になりかねない。そんな時はココをのぞいたら何とかなったのに、こらぁ〜聖域もアブナイなぁ〜(>_<)//




e0112226_20292872.jpg



お腹を満たし、満を持してやってきたのが(笑) 〈わたしのマーガレット展〉 昨秋、東京で開催され大反響を呼んだ催しが、これまた満を持して大阪に来てくれたのだ!!

少年誌も買ってたけど、女性のたしなみとして(?!) 少女まんが誌も愛読してたアタシ。「キミちゃんは“花とゆめ”トモちゃんは“なかよし”担当ね」などと、友だち同士、それぞれ別の雑誌を買って交換。アテクシは「マーガレット担当」だったのだ。



e0112226_20325473.jpg




アタシの周囲には筋金入りのマンガ女子が結構おり、その博識ぶりにいっつも感心してたもんだから、自分は「マンガ道」においてはペ〜ペ〜だと思ってたけど、スイマセン!!!もぅ〜〜〜食い入るように見てまいました(笑)

だってそらまぁ〜中高生時代、一番多感な時に読んでたんだもん。原画やパネル見てるうちに、150万トンくらいのキュンキュン波が襲ってきて

ぎゃ〜〜!!懐かしいぃいい〜〜!!

と、(心の中で) 何度叫んだことだろうか( ✧Д✧)//

来場者も圧倒的に「妙齢の女性」が多く、マンガのように頭上に吹き出しが出るとしたら、絶対確実にアタシと同じく『ナツカシイ!!』の文字が幾つも躍っていたに違いない(笑)

今や「マンガ」は、ニッポンの「サブ」ではなく、まっとうホンモノのカルチャーとして世界に認められているが、アタシも確実に「マンガ」で育ってきたんだな〜と実感したわ。



e0112226_20562927.jpg




ちょっとワロタのは、最後の最後に登場される『オスカルとアンドレの等身大立像』 いや…決して2人の事を…じゃなくて、スゴイ迫力だったし、よくできてたよ♪

別にフランス国旗が用意されて、それを持って写真撮影ができるんだけど、中学生くらいだろうか。娘2人を連れたお母さんが、彼女たちに旗を持たせて写真を撮ろうとしていたのだが…

母  「そうじゃなくて!こぅゆうふうに旗を構えるのよ」
娘たち「はぁ〜い (むっさイヤイヤな感じで) 」

母  「じゃあ〜今度は下げて♪」
娘たち「はぁ〜い (むっさイヤイヤな感じで) 」

母  「今度はね〜〜」
娘たち「もぉ〜エエやん!いこ!」
母  「・・・・」

横で見てて、笑い堪えるのに必死だった。だってだって、オスカルとアンドレと一緒に旗持ちたかったのは、お母さん、アナタでしょう?!旗持ってそこに立ったって誰も笑わないよ (今はその心情思って吹き出しそうだけど(笑) アタシはそこまで熱烈なベルばらファンじゃないけど、わかるから、その気持ち。

いやぁ〜楽しかった♪♪ 当時の懐かしい作品見て、このままマンガ読みにいこうか?って思ったくらいvv 実際には、日本酒のイベント行ってご機嫌に酔っ払い、そのまま温泉行ったもんだから、浴槽で倒れそうになったけど(笑)

先ずは家帰って「伊賀野カバ丸」のコミックがまだあるか探してみようvv
[PR]
by giova21 | 2015-07-21 23:48 | お気に入り | Comments(0)
e0112226_145121.jpg




誰かが言ってたのか何かで読んだのか忘れちゃったけど、オモシロイよ〜♪と聞いていた田尻漁港の日曜朝市に初参戦!してきた。

ちょっと奥まった所にあり一瞬迷ったが、駐車場は広く警備員もいて、場所を覚えればアクセスなかなか便利なんじゃないかな。



e0112226_14172225.jpg




市は思ったほど大きくない。
漁の関係か、全てのブース?!が埋まってるワケでもない。

が、屋外バラックな様子は、日本じゃないどこかアジアの市場〜例えば釜山のチャガルチ市場みたいな雰囲気がありなかなかよろし♪♪ ってかエエわ〜vv

市場ってどの国のどこ行っても楽しくて好きだけど、海鮮系の市場が一番賑やかな気がするvv





e0112226_14245679.jpg





なんとなくイメージ良いとはいえない大阪湾だが(笑) 実はとっても恵まれた漁場!ってことがよくわかる豊富な品揃えvv

今が旬な泉州の穴子は有名だし。あ、もちろん買いましたよん!!





e0112226_18224925.jpg




実はコレが目当てだったりして〜な朝ご飯は、揚げたてのタコに穴子の天ぷら…とタコ飯…と、なぜかスルメ(笑) 大阪やもん。もちろん「うどん」もあって、これもズルズル。ウマ〜ウマ〜♪ 余は満足じゃvv

他にも泉州タオルのハンパもんや (むっさ安かった!) 泉州 (犬鳴) ポークに水ナスなど、泉州名物を置いてる店もあり、いろいろ見ては楽しめマスvv

市は12時までだから早起きして9時過ぎ頃に行ったけど、鮮魚買うんじゃなきゃ10時回っても全然大丈夫。むしろ混むのは食べ物屋台の方かもしれない。天ぷら屋のお姉ちゃんなんて、大漁注文に必死で揚げまくってたし(笑)


e0112226_18505916.jpg




〈りんくうプレミアムアウトレット〉がすぐ近くにあって、何度もこの橋渡った事あるのに、その足元にこんな市があるなんて知らなかったなぁ。とにかく一度来て見たかったので、大満足デスvv




e0112226_1904227.jpg




市の後は中国人でいっぱい!なアウトレットで「見るだけ」ショッピングし、美味しいモンあるかな〜と行ってみた道の駅では (まだ買うんかいっ!! (笑) うぉおお〜!!!桃が安いっ!! しまった、市で買うんじゃなかった!

だってだって…1箱850円ってぇえええ〜〜!!!!

この道の駅、山間部な幹線道路沿いにポチリと佇んでいるんだが、ひっきりなしにクルマが出入りし、みんな桃を箱買いしていく。そういやぁ〜ココって和歌山なんだよね〜。

お値段なりにどっか規格からはずれてるんだろ〜が、マンゴーよりマンゴスチンよりなによりよりより果物の中で一番「桃」が好きっ!なアタシ。コレ抱えてむさぼり食いたい!(笑)

後日、道の駅の桃が安かった〜!と泉南な友だちに話したら、河内長野は〈小山田の桃〉も有名で美味しいよ♪と教えてくれた。

「河内長野=桃」というのがピンとこなくてビックリしたけど、よくよく調べてみると、知る人ぞ知る名産品なんだねvv 岡山より和歌山より近いし、後日早速買いに行こうとて思ってたら、時期が終わっちゃっててザンネン無念。。。。来年絶対買いに行くっ!ったら行くっ!!




e0112226_19255520.jpg




〆はお約束の温泉デス♪

どんどこできるスーパー銭湯的な温泉施設は別として、この20年?!でかなりの温泉を制覇してきたと自負してたが、なぜだかココ〈犬鳴山温泉〉は未踏だったのだ。

「大阪の奥座敷」とはよくいったもので、緑がワシワシと繁り輝く山里に囲まれた犬鳴の地は、まさに隠れ里って感じvv

それにね〜お湯がとってもよかったの♪♪ ちょっとぬめりがありやわらかい。時間が早かったこともあり、人も少なくゆっくり入れたのも◎




e0112226_2133443.jpg




で、いつものように長風呂の後はお腹が減る…(笑)

不慣れな土地で、店を検索しても特に食指が動くような店がない中、美味しそうなうどん屋があったのでココにしようvv

え?確か朝、うどん食べたよね?って?

朝のはゆるゆる「大阪うどん」でこっちはシコシコ「讃岐うどん」。全くもって似て非なるものだからカンケ〜ないのデスvv もてぃろん、どっちも大好きだし美味しかったよvv

スタートが早かったので1日たっぷり使えたが、風呂上がりに旅館のロビーで夢まで見るほどスコンって寝ちゃったのはご愛敬(笑) やっぱ早起きは三文の徳!ですな (そ、そうなのか(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2015-07-15 23:24 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_1939822.jpg



台湾記を引きずったので、時間軸がワヤクチャになってしまうが (え?それっていつもでしょ?!って?ほっといて〜!) いろいろ備忘録をば…

まず6月のメインイベントといったらコレ!
なでしこジャパンな女子サッカーW杯 in カナダ!

サッカー好きなアタシだけどなでしこ歴は長くない。せいぜいオリンピックの時に見るくらいのにわかファンだった。が〜!!!なんといっても優勝した2011年のW杯は特別だった。あれで一気に「真性ファン」へと昇華した!

黎明期にファンになってスイマセン!って感じだが、代表の試合みてあんなに心が震えたのは何年ぶりだろう? ってくらいブルった。とにかくあの時_東日本大震災が起こってわずか数ヶ月後に、彼女たちが与えてくれた感動や勇気や闘魂は、決して忘れないと思う。

ってことで、ホントに楽しみにしてましたvv



e0112226_12163128.jpg



尻上がりに調子をあげてきたとはいえ、正直、決勝まで来れるとは思わなかったけど、アメリカ相手にまたトップを闘えるなんて、アタシですら武者震いしそう( ✧Д✧)//

結果は………

バタバタと失点してしまった瞬間は、まるで男子W杯でブラジルがドイツに立て続けにやられた時のようで、夢なら覚めてくれ〜〜!!!と拳を握りしめてしまった…(>_<)// それでもまだまだこれから!なでしこが下を向くはずがない!って。そう思わせてくれる事は、男子と決定的に違う。

残念だった。。。。。
誰より何より選手が口惜しいだろうが、アメリカは強かった。




e0112226_16495831.jpg




なでしこの精神的支柱となったキャプテン@宮間。
いろんな記事読むたび、ホントできた人だな〜って感心してしまう。
アタシも弟子入りして薫陶を受けたいくらいだ ( ✧Д✧)//

試合後 (勝てなくて) スイマセンと連発してたそうだが、そんなこと全然ない。2大会続けて決勝に行ったんだよ?!スゲ〜ことだ。胸はってイイ!

澤といい宮間といい、なでしこはキャプテンにも恵まれてる。俺が俺がと、今「10」くらい一体感がない男子に必要なのは、真のキャプテンシーを持った人間だと改めて思う。

次大会で34歳。宮間に頼ってばっかじゃダメなんだが、4年後のピッチに彼女がいることを願ってるアタシってダメだろうか…(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2015-07-06 23:09 | お気に入り | Comments(0)
イタリアは呼んでいる(イギリス)





うわ〜コレいつ行った映画だろう?!ってなくらい前の話だが……

舞台が「イタリア」ということで (ということだけで) フラフラと観にいってしまい、あれぇ?こんなはずじゃなかったのに…と思った人は多かったんじゃないだろうか(^^ゞ

主演の2人は本国英国では有名な業界人らしいが、知ってる人はほんの一握りだろう。多分。

ハリウッドスターのモノマネは激似で大笑いしたけど、彼らが本業丸出しで繰り出すマシンガントークはチンプンカンプン。そうだな〜例えたら、タモリとさんまってとこだろうか。日式はともかく英式なネタはむずかしわ〜!って。それでもいちお、中年男な黄昏物語ってのは把握できたけどね。

英国車なミニを駆り(チンクエチェントじゃないところが英国紳士の矜持だな)、北はピエモンテから南はカンパーニャまで5泊6日で駆け抜けるという、我々も真っ青な強行軍。

しかしアタシたちと決定的に違うのは、超高級ホテルに美食の数々!! それはどこを切り取っても美味しそうで素晴らしかったわ♪♪ ……ってのが唯一救いだった映画…っていうと失礼だろうか。。。。
[PR]
by giova21 | 2015-07-03 23:17 | 映画なこと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21