<   2015年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(アメリカ)




料理が出てくる作品って大好き!!

話が途中どう転んだってハッピーエンドになるのは、美味しい食べ物は人をシアワセに、笑顔にするからだ。この作品も例外ではない。しかもとびきりの良作ときたvv

ヨダレもんの料理シーンは言わずもがな…だが、そこに、父子のドラマや友人たちとの友情、疎遠になってる妻との絡みといった人情劇が絶妙のサジ加減で入っており、料理(作品)の味わいがグッと深くなっている。それが「フードトラック=ロードムービー」となって、アメリカ各地の名物料理とコラボするのだからたまらない♪♪

無料券をもらわなかったら多分絶対食べなかったであろうCafe Du Mondeベニエの美味しさとチコリ入りのコーヒーに目を丸くし、一気にニューオーリンズに興味が沸いたものだが (行ってみた〜い!)、多種多様な人種や文化習慣が密に関わっててるから、一概に「アメリカ料理」ってモノがないンだな〜とこの作品を見て改めて思った。

そしてそして!旅先に合わせた音楽〜サルサにブルース、ファンク〜がサイコーにクール!慣れないツイッターに右往左往するシェフの今時SNS事情は大笑だし、何気に豪華俳優陣が出演してるしと、お腹いっぱいになる。でも決して空腹で見ないように!(笑) 特にチーズトーストは悶絶モノのビジュアルだから( ✧Д✧)//

見終わった後、思わずステップ踏んでしまうほど楽しめたvv これ観てハッピ〜になれなかったら人間おやめなさい、って言えるくらい(笑) とにかく元気がでるビタミンMOVIE デス!!
[PR]
by giova21 | 2015-03-27 23:48 | 映画なこと | Comments(0)
e0112226_120491.jpg



三国旅でひと息ついて………

やっとカクテイシンコクがオワタ〜!!

といってもこのブログ、大分タイムラグがあるのでちょっと前になるが…(^^ゞ とにかく、税務署行ったその足ですぐさま〈天王寺動物園〉へ向かう。なぜなら、昨年末に生まれたホッキョクグマの赤ちゃんが、ちょうど前日から一般公開されたからだvv

平日だし空いてるだろ…って思ったけど結構な人出デス。それもそのはず……みんながデレデレ顔で見つめるその先には、コロンコロンな子グマが……(TOT)// か、かわいい〜〜!!!

シロクマじゃなくて「茶グマ」になってるが、この際、青でも緑でもかまわない!って感じ (笑)

おか〜さんのそばに行きたいんだけど、そっか〜登れないんだね(↑)ヨシヨシ♪♪



e0112226_1213252.jpg




今はまだ小さいので、水の代わりにワラがしいてあるんだが、
何度チャレンジするもコロンコロンして上がれない子グマっ子。
V字開脚してスねてマス(笑)

じゃあ〜どうやって下に降りたの?だけど、
まだ手足がしっかりしてないんだよね、多分。




e0112226_12333866.jpg





ってか、なんでそんな顔の回りだけ「白い」ん??(≧▽≦)//
それじゃあ〜まるで「羊」やん!!

もしかして干支にあわせてくれたん?
さすが浪速っ子、サービス精神旺盛やん!!

じゃなくて、、、ホント「動くぬいぐるみ」(萌♪)




e0112226_12263268.jpg



ねえねえねえ〜あそぼ♪ と子グマにいたぶられる母グマ(違!!)

思えばちょうど去年の今ごろ、AWSにシロクマベビィーを見に行ってそれは至福の時間を過ごしたけど、片道2時間近くかけて白浜まで行くこと思うと、こんな近場で見れるってウソみたい!!かかる費用も時間も半分以下だ(笑)

しかも屋外で母親と一緒にいるから、よく動いてくれて見ててもホント楽しい♪♪ こらあ〜もぅ〜絶対見に行くべきっ!!!!よっ!!!!






e0112226_12404926.jpg




それでもはしゃぎすぎるとパタコ♪と寝てしまいます。

たくましい腕枕に、思わず口半開き…(笑)

が、おか〜さん、体制ちょっと苦しそう。

ンン〜〜もちょっとこぅ〜楽な姿勢に…うんしょ…



e0112226_12481050.jpg




子グマ ぎゃあ〜!!!! 急に動かんといて〜!!! (と言ったはず…多分)

母グマ あららぁ〜




e0112226_135327.jpg




それでも子どもの仕事は「寝ること」
放置プレイにもめげずスヤスヤお休みになりました(笑)

アハハ!!!カワイイかわいいカワイイ〜!!!!

1度離れて戻ってきた時に、かなり良いポジション(左右にある透明ケースの所がオススメ♪) に入れたので、もっと写真撮りたかったのだが、iPhoneのバッテリーが………(TOT)// カバヤロ~!!!


今は従来通り水を張り、泳ぎの練習してるんだって♪ 今度はちゃんとカメラ持って見に行かなきゃvv




e0112226_18404772.jpg




恐らく大阪市内の幼稚園や小学校に通ってた人、住んでる人は、天王寺動物園に1度は来たことがあるだろうと思うのだが、アタシってば実は初めて!

ハルカスしょってライオンが鎮座してる光景におののいてしまったが、広くて見応えのある園内に感心しちゃったvv

コアラもいるし、ニュージーランドの国鳥、キーウィがいるのは、日本で唯一ココだけ!という意外なオマケもある。

海遊館と同じく外国人観光客も多くてこれまたビックリしたけど、暖かくなったらお弁当持ってまた行ってみたいと思う。子グマって、あっちゅう間に顔が伸びて「オトナ」になってしまうから…ね。




e0112226_19113899.jpg



既に「オトナ」なあたしたちは…というと、早ぅ酒でも飲んで温まろう〜と、新世界に足を伸ばす。だってこの日ってば、小雪が舞うほど寒かったのだ!!あれ?熱燗じゃなくてビール?そう…やっぱ串カツでんがな!さっきお昼食べたとこなのに(しかも天丼!(笑)、ホイホイ串が進むオソロシサ。

その後、いづみホールで友人出演の演奏会を聴き…いや、寝て(スマン!)、京橋でピッツァ&ワインを納めて帰る。モロモロ重圧から解き放たれたとはいえ、ハッキリいって食べ過ぎな1日であった。

でも素晴らしく充実した楽しい1日だったので許す!としよう(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2015-03-16 23:43 | お気に入り | Comments(0)
e0112226_1714935.jpg



以前、通りすがりに偶然発見して寄った事もある丸岡の〈久保田酒造〉が、ちょうど今日、蔵開きをしてるというので行ってみることにした♪♪

ビールならノンアルでも全くオウケイ!なんだけど、日本酒となるとそうはいかないし、やっぱ行くからには「呑みたい」(笑) 多忙な三国の母上を拝み倒してドライバーとして一緒に来てもらう。

我々は2杯3杯、5杯に6杯と呑んでたので始終ご機嫌だったが、小雨が降り恐ろしく寒い中、アルコールで暖を取る術もなく震えてた三国@母。ホントにホントにスイマセン……




e0112226_17175387.jpg



開場より30分も早く着いてしまいまだ用意の真っ最中だったが
「もぅ〜いいじゃろう」と、甘酒係のおばさんが、純米と大吟醸、2種類の甘酒を早々に振る舞ってくれました(^^ゞ ふへ〜暖まる〜ウマウマ〜♪♪

そんな食前酒な甘酒を腹に放り込み、いざ向かったのは、この日の朝に搾り、蔵開きの時にしか飲めないという純米生原酒の「今朝しぼり」に大吟醸生原酒の「杜氏一献」(こっちは常時ありマス)

200円の有料試飲だが、ウッソ〜♪ってくらい注ぎがよい。しかもボトルにすると大吟醸は純米の2倍もするのに同じ値段ときた。お陰で?この後何杯も飲んじゃったよ〜(^^ゞ




e0112226_17391259.jpg



屋台もいろいろ出ており、さっそく「モーニングおろしそば」
だってまだ10時だからね (笑)

つい1時間前に朝ご飯食べたばっかだけど、麺類は「別腹」!!
ちなみに甘いのは「同腹」デス

甘いお酒とピリリと辛い大根おろしが、う〜む。こらウマか〜♪♪




e0112226_1657498.jpg



もちろんちゃんと酒造の説明も聞きましたよ〜vv ちなみにこちらの酒蔵は「蔵の宿」というマンガのエピソードモデルになってます。

お酒が入るから送迎バスも出てたけど、この頃になると結構な人出で大賑わい。いろんな催しがあるから、みな毎年楽しみにしているのだろう。

あたしだって来年また来たい〜vv 酒粕詰め放題!ってやってみたかったな〜(TOT)// (この日帰阪するので時間がなかったのだ)



e0112226_1845796.jpg



その代わり……

「酒粕はがし」にトライしてみた〜vv

がんばれ三国のお母さん!!(笑)

てか、酒粕ってこんな風に溜まるんだ?!下に手を当て折り目に沿って曲げると、パコッ!って取れるの。市販の酒粕がなんであんな板状になってるかよくわかったよ〜。と、なかなか楽しい体験でしたvv

最後「山田錦70%精米 酒米カレー」ってのも食べてみたかったんだが (まだ食べるのか!) 炊飯中で泣く泣く断念。。。やぱ来年また来ようvvv



e0112226_18153998.jpg



帰る前に最後の一湯。

三国の家からすぐ!なので、家の風呂のようによくお世話になってる〈越前休暇村〉。広くないが露天もあるし、石けんやシャンプーがない総湯に比べると備品が全て整っててワンコイン♪ エコノミコで居心地のよい湯である。

いやぁ〜今回はゆっくりお風呂入れてよかった〜♪ 寒い時の温泉はサイコ〜だわ♪♪ 美味しいモンもいっぱい食べれたし、かなりリフレッシュできましたvv 後は「カクテイシンコク」を済ませば、とりあずは肩の重荷がとれて、首のパキパキも治るはず(笑)

それもこれも三国に遊びに来れるお陰でございます。友人や三国@ホームに、改めて合掌&多謝!!次は春の山菜採りかな?その時はまたお世話になりますぅ〜♪♪
[PR]
by giova21 | 2015-03-11 23:49 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_135349.jpg




「洗い物」は済ませたし、入るだけならココ!山代の古総湯

片山津から30分もかからないし、洗い場も何もない浸かるだけの湯なので、二湯目にはピッタリなのだ。洗い物したい人は向かいの「総湯」に入ってからこっちに来るとよいデスよ。





e0112226_1312592.jpg



誰もいなかったから思わずナイショで写真撮っちゃったけど(^^ゞ 古総湯の魅力は、何と言っても明治時代の作りを復元したこの素晴らしくゴージャスな内装だvv

当時流行ったというステンドグラスに、木目を鮮やかに浮き立たせる「拭き漆」の壁、そして1枚づつ手焼きされた九谷焼きのタイル…と、まるで浴室全体が工芸品!他に類を見ない浴場になっている ( ✧Д✧)//




e0112226_13285597.jpg




もちろん源泉掛け流し!片山津に比べると良い意味で「上品」な湯だが、この世界観に浸ってると、何倍もよか湯に思えてくる。

あと、空気取りのすき間からモロ外 (道路) が見えるのもご愛敬。なんなら人影も映る…というある意味デンジャラスな湯でもあるのがオモシロイ(笑)

ここもかなり熱いのでそうそう長湯はできないけど、ぜひ是非に〜!とオススメしたい湯であるvv 2階にはお茶セットも用意されたキレイな休憩場があるので、ひと息つくにもピッタリです♪




e0112226_1357664.jpg



スゴイね〜灯籠がこもかぶりしてるよ(笑) 

何でも雪や凍結で石が割れないようにするためなんだとか。この灯籠にはユーモラスな九谷の絵柄が描かれており、1つつづ見て回るのもオモシロイ。これが外され、北陸に春が来るまであともぅ少しデスvv

山代もこぢんまりとした温泉街だが、散策するには楽しい店が多くあり、焼き物好きな人は九谷関係見て回るだけで半日要するはず。観光誘致のためのツールも充実してて、片山津ももう少しがんばらないと〜って感じ (>_<)//

統括すると(!!) 加賀四湯の中で女性受けするのが、山中・山代(お湯以外に楽しめる場所がある)。しっとり湯を楽しむなら片山津・粟津…ってとこかな(^^ゞ もちろんどこもイイ湯だよ〜♪♪




e0112226_14225054.jpg




お土産は、金沢百万石ビールに、ノーベル賞のフィナーレを飾るパーティ「ノーベルナイトキャップ」 に選ばれた「加賀ノ月 満月」を手がけた加越酒造の“こっそり”デス♪♪

ちなみにこの年 (2013) に選ばれた日本酒は4種類 (石川2・福島2) だったそうだ。




e0112226_14413710.jpg



そしてお酒のお供は……

ふきのとうの天ぷら〜〜〜!!! (≧▽≦)!!! ギャ〜!!! ステキすぐる!!!

こらもぅ〜「こっそり」ちょ〜て「堂々」と飲まなあきまへんな!

連日美味しすぎてシアワセすぎてコワイのであった。。。。(TOT)//
[PR]
by giova21 | 2015-03-10 23:52 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_17473684.jpg



ヘアサロンで最後に肩を揉みほぐしてくれる時「ひゃぁ〜!! 鉄板みたいにガチガチになってますよ?! 」と毎回ビックリされるンだが、当の本人は全く!といっていいほど「肩こり」を感じていない。

が、今回の激務でさすがにコレはイカン…と思った。だって…首回したらメキバキメキ〜!って音がするんだもん(笑) なので今回は遠出はせず、温泉でゆっくり疲れを癒すことにしたvv

前回行った時、100万分の1くらいの確率で「清掃のため休み」に当たってしまった〈片山津温泉総湯〉へ先ずはリベンジ〜!!



e0112226_1871629.jpg



北陸新幹線開通で大いに盛り上がってる石川県だが、金沢から在来線を利用しなければならない加賀温泉郷はビミョ〜な位置にある。とはいえ、粟津・片山津・山代・山中を合わせて〈加賀四湯〉と呼ばれる温泉はそれぞれ趣が異なるよか湯だし、三国から車で小1時間ほどで行けるので気に入っている。

そんな四湯の中で、片山津は一番「地味」な印象がある。温泉街は閑散としてるし、なんというか「華」がない (スイマセン)。ジモティもそれを意識してかしないでか、こんな立派な総湯が新しくできたのだvv

前も後もガラス張り。ヒジョ〜に今風の作りは、街の雰囲気からするとビックリするほどモダ〜ン♪個人的には前の総湯の方が雰囲気があって好きだったけど、これで観光客が増えるならそれはそれで良い事なのだろう。




e0112226_1818313.jpg



がちょ〜ん!!!!

今日の女湯は「森の湯」だった〜〜!!!



e0112226_18201665.jpg



できるなら、目前に広がる柴山潟と一体となったように作られた「潟の湯」の時に入るのがお薦め!(写真HPより拝借)

「森の湯」も悪かないが、、、、、眺めは今ひとつなので…(^^ゞ

が、片山津の湯はイイよ〜〜〜!!

何を持って「良い」のか突っ込まれると困るが、塩っぱくて湯質が重い。いかにも身体に効きまっせ〜♪を実感できる。個人的には加賀四湯の中で粟津と同じくらいよい。ってか好き♪♪

但しかなり「熱い!」のと露天風呂がないので (なぜ露天風呂がない総湯が多いンだろう?) 得意の長湯はできない。



e0112226_10183461.jpg



ふへ〜温まった〜♪♪

朝食たっぷり食べてきたけど小腹が減ったから温泉たまごでも味見してみるか。ンならビールも欲しいなvv ところがOMG!! コンビニがな〜い (TOT)// 今日び、コンビニってあって当たり前!な感じがあるから、無いと知ると一気に焦る。

酒屋もないのか?!と裏道を歩いてたら、先を歩いていた同じく風呂上がりのジモティのおばぁさん2人が、昔ながらの肉屋にツツと入っていった。

あ!コロッケ揚げてるよ?!しかも能登牛認定店だって!

「アンタたちどっから来たの?」
「三国から?あわらの湯もイイのにわざわざ来たの?」
「ここのコロッケは美味しいよ」

ジモティとの会話も弾み、コロッケゲ〜ット!!おば〜ちゃんありがと〜♪♪
飲食店がホントないから、揚げたてコロッケオススメですvv

*肉のはまなか



e0112226_12442686.jpg



さ、後はビールだな!無いなら暴れるからね!! と…やったやった!酒屋みっけ〜!(足湯のそばにあり)

風呂上がりだもん。外のベンチでプシュ〜にサクサク(コロッケ)、トロッと食べ方注意(温泉たまご) がウマ〜ウマ〜♪♪ それに…この酒屋に売ってる豆大福がチョ〜美味だったのであったら是非食べてみて!

食べてる間、大型観光バスが何台か通り過ぎたけど、片山津には見向きもしない…。クスン。湯はサイコ〜だし温泉たまごも美味しいのにな (山代のソレよりウマイと思う)

若い女性グループもいたのでちょっと安心したけど、どうかヨロシク! (すっかり片山津贔屓(笑)

*片山津温泉観光サイト


さて我々はというと、お腹もちょうどイイ具合になったし、ンだらもぅ一湯入っていくべさ!レッツ湯〜湯〜♪♪
[PR]
by giova21 | 2015-03-09 23:44 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_19451464.jpg



2月はホントに「ぢごく」だったので「この日」をニンジンとしてがんばってきたvv 予定では昼過ぎに出れるはずだったのに18時になってしまったのは凹だが、行けるだけマシというもの。待ってろ三国〜!!!!!

サンダーバードで約2時間。いつもならつまみにビールを抱えて乗り込むところだが、友人は先に出発してたし、お疲れモードで何も口にせずこんこんと寝てました。。。

だって…

ご馳走が用意されてたんだも〜ん (≧▽≦)//ブラボ〜



e0112226_1954151.jpg



ココではすっかりお馴染みの〈水カニ〉

三国に通うになって以来、ありがたいことに越前カニをごくフツ〜に食べれるようになったので、そないにカニカニ狂想曲にはならないが、この水カニは食べれるなら食べたい!!!

「ズボガニ」と言われるだけあってズボッ!と身離れがよく食べやすいし、びっくりするほど瑞々しく甘い。県外ではなかなか口にできないまさにジモティのご馳走なのだvv




e0112226_2054416.jpg



水カニのお兄さんともいえる越前ガニ(ズワイガニ)が、毎年皇室に献上されるのは知ってたけど、三国のお母さんがいつもカニを買ってくる馴染みの魚問屋が、今年の献上ガニの当番だったと聞いてビックリ!

献上ガニは1922年(大正11年)から続いており、三国町内の4〜5店の鮮魚店が持ち回りで担当するそうだが、何度も行ってるこのお店が、そないに大変なお勤めされてたとは、はぢめて知りました!!!

なんでも五宮家に三匹づつ配られるそうだが、それはそれで羨ましい話。だって1.5キロのカニだぜ?!クラクラ〜(@▽@)~

で、ちょっと気になったのはカニって「杯」って数えるんじゃないの?でも新聞は「匹」って書いてあるよね。 →調べてみた

生きてるカニは 匹
死んでるカニは 杯

って呼ぶそうだ。。

ひええ〜知らなんだ〜 ってことは新聞間違えてる?

例としては……だが、人間も生きてる時は「1人」だが、遺体になれば「1体」と呼び方が変わる。数え方って難しい。

ま、それはさておき……



e0112226_17405489.jpg



シアワセだぁ〜 (TOT)//

つづく……
[PR]
by giova21 | 2015-03-08 23:41 | にっぽんの休日 | Comments(0)
サン・オブ・ゴッド (アメリカ)






メル・ギブソン監督の「パッション」は(身体的に) 限りなく痛い映画だったが、キリストを演じた俳優が、今、好んで見てる米ドラマの主人公の1人ってことを今知ってビックリしている!!!

ではなく…

伊国好きとしては、歴史や美術、その他もろもろ…キリスト教なくして話にならない。なので、好んで…ではないがこの手の映画はよく見る。

先の「パッション」やMスコセッシの「最後の誘惑」に、最近でも「ノア 約束の箱船」「エクソダス:神と王」など、キリスト(聖書) な映画が途切れる事なく作られるのは、題材として良し!ということだけでなく、宗教的観念から受け入れられやすいからなンだろうか。

実際本作はTVシリーズが元となっているのにも関わらず、全米初登場2位、以降3週連続でトップ10入りしたという (放映したケーブル局はドラマとして当時最高の視聴率を稼いだ)

映画館の観客も予想以上にいて驚いたし、磔刑の瞬間、すすり泣く人もいた(!!!) 世界で最も売れ、読まれてる書物は聖書だという。こんなモノ見つけてつい真剣に読みなぞってしまったが、アタシってば二都物語読んでない!クリスティ作品の中で一番売れてるのは「そして誰もいなくなった」なんだ!

おっと脱線…

とにかく…キリスト教というか、宗教の力はスゴイね。そしてそれが紛争の元になっているのは何とも哀しい事実である。

いつの時代にも求められるから聖書な映画がよく作られるのかもしれないが、本作で別の意味で話題になったのは、キリスト演じる俳優が「イケメンすぎる!」ってこと(笑)



e0112226_2191582.jpg



た、確かにぃい〜〜!!!(≧▽≦)//

何でもセクシィ〜すぎる!と、クレームがきたほどなんだって!(笑) それでついた名が ホット・ジーザス!!!

い、いちおうゴッド、カミサマなんですけど「ホット・ジーザス」なんて、まるでカリフォルニアの青い空♪みたいに呼んでいいのでしょうか。。。

演じてるのはポルトガルはリスボン出身の Diogo Morgado〜ディオゴ・モルガド(1980年生)。Vogue でも取り上げられてるほど「ホット」な人になっており、今後の活躍にだいちゅうも〜〜くデスよvv
[PR]
by giova21 | 2015-03-04 23:22 | 映画なこと | Comments(0)
e0112226_9354925.jpg


途中まで書いてたので、ちくと時差が生じるが上げておこう(^^ゞ

パリに住んでるイタ語学校の同期が一時帰国したので、久しぶりに集まった。いろんな年代がいるので、和洋中揃ったホテルのランチブッフェにしたのだが、ワタクシ真っ先にローストビーフ取りにいきました( ✧Д✧)//

ここんとこ忙しく昼も夜も喰いっぱぐれる始末で、身体中が「蛋白質=肉」を欲してたのだ。いやぁ〜さすが一番の目玉料理だけあって美味しかったな〜vv 2回も取りにいっちゃったvv 久々に人間らしい食事をしたわ(TOT)//




e0112226_947853.jpg



メンバーの中で一番年下ながら唯一の既婚者Mちゃんが息子K太を連れてきた。アタシには「オイ、ジョバ!」と、まんま同世代のダチ扱いなのに、Kちゃんにはいたって従順。それもそのはず、母親に「K太はKちゃんが大好きなんだよね」と問われコクン♪とうなづいた「初恋」の人だからだ(爆)

なんでも前日の晩、何度もこう言ってたらしい。

「明日K“しゃん”に会えるん楽しみやな〜♪」と。

“ちゃん”と“さん”がコ〜フンのあまりMIXされ“しゃん”になったようだが、それ聞いて爆笑(≧▽≦)// 小生意気な時もあるけど、やっぱ子供は正直でカワイイね〜♪♪ だからホラ、2人の時間はソッとしといてあげる♪♪ 

注:妖怪ウォッチを説明中のK太至福の時間 (by お花付き(笑)



e0112226_16271043.jpg



とまあ〜この日の主役は帰阪した友人ではなくK太だったので、食後はみんなで〈OSAKA海遊きっぷ〉を購入して海遊館に行く。

思えば海遊館って、オープン時 (90年開館) 以来、来たことがない!!! (多分)。どうりでそこら中が「初めて感」だらけなんデスね。こんな立派な施設あったけな?





e0112226_16424219.jpg



ジンエベザメが近くに来るたび嬌声をあげる♪…のは圧倒的にオトナの方が多いような気がする(笑) 疲れてるのね…きっと…( ̄o ̄)

90年オープンってことで、施設的に多少古びた感はあるが、国内における巨大水族館の先駆けといってもいいだろう。屋内水槽規模としては世界第5位!の大きさを誇る水槽で悠々と泳いでる姿を見てると、否応無しにα波が出てくる。ちなみに日本一デカイのは沖縄美ら海水族館だ。う〜ん行ってみたいvv

α波がホントに出てるのか「?」だが(笑) 少なくともリラックス効果はあるのだろう。夜、水槽の前でヨガをやったり寝袋持って1泊する「ナイトアクアリウム」な企画が全国の水族館で大人気なんだそうだ。

海遊館でもホラ、抽選するほど人気デスvv
こら写真見てるだけでも気持よさそう♪




e0112226_1741072.jpg



ちょっとビックリしたのは予想外に人出が多かったこと。子供連れはもちろん、そこここで中国語やハングルが聞こえてくる。大阪の観光名所の1つになってるのもあるだろうが、屋内施設だから冬の寒さを気にせず回れるのがイイんだよね、きっと。

ココでもセルフィースティックは大人気で「持ってる人=韓国人」ってなくらい、男子もセルフィ〜してまひた(笑)



e0112226_1544325.jpg



巨大水槽以外にもいろんな企画展な部屋があり、1日いても楽しいだろうなって思ったvv だってね〜このクラゲだけでも1時間見てられると思うから。

癒し効果が高かかろうが、クラゲごときがなんぼのもんじゃい!と思ってたのに、実際見ていると口が半開きになっていたという驚愕の事実!!(笑) こやつらはスゴイわ〜〜!!!!

体液がシュルシュル動いたりピカピカ光ったり、なんちゅうか…生きてる集積回路だね、コレは。あと…なぜか夜の堺泉北臨海工業地帯も思い出しちゃったけど、工場夜景が好きな輩は絶対クラゲも好きだと思う(確信)

大阪からだとどこが近いかな…と調べてる自分がコワイ(笑)
*クラゲの展示に力を入れている水族館



e0112226_16223177.jpg



あと、ここも面白かった♪ 写真見ると「?!」だが、要は天井に半円型の水槽が仕込んであって、中を泳ぐアザラシが下から見れる…という代物である。で、このアザラシが生粋の「笑い顔」しててね〜ンと〜にカワイイの♪♪

後日、偶然、水族館の巨大水槽を作ってる世界的メーカーを追ったTV番組を見たのだが、海遊館も、この天井ドームも手がけたその会社〈日プラ〉はスゴかったよ〜!

本社香川県、従業員100名に満たないいわゆる中小企業ながら、世界シェア7割を越える圧倒的な実績と他の追随を許さない技術を持っている。

もちろんそこに至るまで大変な事もあったけど、これから水族館行ったら必ずや水槽見る目が変わるだろうプロジェクトXな物語はコチラから♪ (リンク切れてたらスイマセン)



e0112226_164828.jpg




いやいやなんか長くなっちったね(^^ゞ

外に出ればすっかり日が落ちて夜のライトアップがチカチカとキレイvv

いろいろもりだくさんだったけど、K太は途中グズることもなく終始元気!最後、寒風吹き荒む中、鬼ごっこをやらされ、おばさん、もぅ〜クタクタですわ(>_<)//

きっと2人共、今晩はよぉ〜く寝れることでしょう(笑)
[PR]
by giova21 | 2015-03-01 23:31 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21