<   2015年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

冬の山科その2. 随心院

e0112226_20143792.jpg




せっかく出張ってきたンだから、もぅ1つ寄って行きましょう。

深草の少将…といえば、なぜか「はいからさんが通る」を連想してしまうおバカなアタシだが、勧修寺から数分の所にある〈随心院〉は、正真正銘の深草の少将が小野小町を想い通ったと言われる寺院である。

歌碑に刻まれた有名な歌……

花の色は うつりにけりな 
    いたづらに わが身世にふる ながめせしまに

才にも美にも恵まれ、飛ぶ鳥落とす勢いだった小野小町。「百夜通ったら貴方を受け入れますわ♪」と、まこと上から目線で少将に言い放つが (哀れ少将は99日目に絶命…) 忍び寄る老いには勝てなかった。

『きれいに咲いていた桜も長雨に打たれ色褪せてしまったけれど、絶世の美女と言われた私も、物思いにふけっている間にすっかり老いぼれ衰えてしまったわ。。。。』

ときた。

人の命は永遠でなく、与えられた時もまた永遠ではない。改めて歌の意味考えた事なかったけど「深い」歌だったんだな(^^ゞ




e0112226_19234919.jpg




こちらの人出は…というと、小野小町の威光のせいか勧修寺よりは人がいるが、それでも5本の指で数えるほど。

深草の少将は報われない恋に散ったのに、小野小町の美と知にあやかりたいのか、はたまた恋のパワースポットなのかカップルが多い (といっても2組) それはともかく、ここをデート場所としてチョイスするって、粋なセンスではないか。




e0112226_19482289.jpg





境内は結構広く、上がって見て回ると、見事な襖絵や屏風絵がたくさんあり思った以上に見応えがある。ってか、良い寺院だね〜ココvv

有名処みたいな華やかさや圧倒感はないけど、細やかでほっこりする美が溢れてて、アタシはとっても好き。気に入った♪♪

いつもこんなに静かなのかわかんないけど、市内より絶対人は少ないはずだし、人混みNGなお寺好きな人とか、外人さんとか連れてってあげたい♪って思ったわ。





e0112226_1941824.jpg




ひっそりしてる分だけ、足裏から忍び寄ってくる冷たさが増すような気がするけど、これもまた「ザ・冬の京都」。お陰で誰にも邪魔されることなくゆっくり庭を愛でることができた。

紅葉や初夏の緑もまた一際美しいだろうし、こぢんまりしているが立派な梅園もある(3月中旬が見頃だそうだ) さすがにこっちは人が多いだろうけど、秀吉の花見で有名な〈醍醐寺〉もここからすぐだ。帰りに通った宇治も近いといっちゃ近い。お色直しが済んだ〈平等院〉もキレイだが、あじさい寺の〈三室戸寺〉も良いお寺だ。

きゃ〜!改めて考えてみると見所いっぱいあるじゃん!今や世界的人気の〈伏見稲荷〉は別格として、京都のこっち側〜洛東?(つまりは山科区・伏見区) ってかなり穴場なんじゃないだろうか。

う〜む。京都もまだまだ奥が深い。。。
母サマ@リクエストに応えつつ、また散策してみたいとおもふ。
[PR]
by giova21 | 2015-01-26 23:06 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_1542487.jpg



体力気力時間がある時はなるべく両親とどっか行こう…って思ってる昨今。別に孝行に目覚めたワケじゃなく、自分も出かけるの好きだし、大層に旅行に出かけるよりずっと気軽だし(^^ゞ それに母サマのチョイスは悪くないし (ちなみに父サマに行き先決定権は「ほぼ」ない(笑)

恒例、京都の〈冬の特別拝観〉に行く?って言いかけたけど、先週京都行ってスゴい人だったのを思い出しやめた(笑) あれじゃあ〜車止めるのにも一苦労するはず。そうだ!山科は?

生まれも育ちもお江戸な母サマは、こっちに住み始めてから近隣の寺社仏閣に行きまくった。しかしそれは数十年も前のこと。再訪する機会がなく残念に思ってたお寺が山科にあるという。よかったや〜ん。じゃ、そこ行こvv

で、醍醐天皇が建立した〈勧修寺〉にやって来ましたvv

入れ違いに名古屋ナンバーの車が出ていったが他は見事に誰もおらず、京都市内の喧噪がウソのよう。が、冬枯れな光景は閑散というより、ただただ「静」という文字が漂っているかのようで、ヒジョ〜に好ましい。



e0112226_15503862.jpg



うんうん、こぅゆうお寺…ってか、雰囲気好き〜♪

だいたいお寺って元来静かな場所なんだからワラワラ人が群がってると、どうも落ち着かない。それだけで雰囲気全然違ってくる。

思わず襟元を合わす寒空の下、全てのモノが凛と佇んでいる様が、これぞ「冬の京都」って感じで、自然と姿勢を正したくなる。




e0112226_21191778.jpg



そんな中で珍しいモノ見つけたよ♪

ハイビャクシンっていう低木で、これみんな1本の木から伸びてる枝なんだって。しかも樹齢750年だという。す、スゴイな〜!!!!

何気にこ〜ゆ〜ものが転がってる(失礼!) とこが、さすが千年の都どすな。





e0112226_2131655.jpg



珍しいモノ第二弾♪

そのハイビャクシンの中に建ってた灯籠。
傘?屋根?が大きいなぁ〜って思ってたら、黄門サマでお馴染みの光圀公がデザイン・寄進した灯籠なんだと。その名も「勧修寺型燈籠」と言い、京都に来たら必ず見て『通ろう』って言われてるんだって♪♪

ワハハ(≧▽≦)// ナイス〜♪♪ ちゃんと「見て通った」からねvv




e0112226_21493338.jpg



母サマは、勧修寺の近くにある大石順教の終の棲家も久しぶりに見たかったそうだが、残念ながら毎月21日しか公開してないらしい。

「で、あなた。大石順教は知ってるわよね?」(母サマは関東弁なのだ)
「はい??ええと、知りません…」

ンまぁ〜!と一瞬目を剥かれたが、勉強 (wikiを読む) いたしました。。。

「堀江の六人斬り」ってのは「聞いた」事はあるけど、詳しく知らなかった。ううむ、なかなかに偉い女性だったんだね。

『しないことと できないこととは違う』とは 順教尼の遺したことばの1つだが、彼女の境遇を思うとその重みが増す。

してないことがいっぱいあるあたしってば恥ずかしいわ…って思ってたら、明日からね、できることからやっていこうよ♪と、寒桜がやさしく微笑んくれました。
[PR]
by giova21 | 2015-01-25 23:14 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_1538107.jpg



今ではすっかりオヤヂなアテクシも、中学生の頃は人並みに少女マンガ〜別マを買って、別冊フレンドを買った子と交換しては読んでいた。ところが高校生になって週刊ジャンプに転向。交換する相手はチャンピオンマガジンサンデーになってしまった(笑)

いやいや笑っちゃいけない。当時、これらの少年誌は圧倒的な人気を誇ってて、サンデーでは「うる星やつら」「タッチ」、チャンピオンでは「ブラックジャック」「ドカベン」「マカロニほうれん荘」、ジャンプでは「ドラゴンボール」「北斗の拳」「キャプテン翼」などなど(うわ〜歳バレるな(笑) それぞれ数え上げたら切りがないほどの『名作』が連載されていたのだ。

そして短大時代、新たな変革期を迎える……

美大だったので「マンガ」に一言持ってる子も多く、初めて「ガロ」を読んだ時は、結構なカルチャーショックを受けた。遅まきながらこの時知ったのが「ガラスの仮面」であり「王家の紋章」であり「エロイカより愛をこめて」であった。ぶっちゃけ言うと「あの」ベルばらですら、この時初めて読んだ(笑) オスカルごめん!!!

前置きが長くなったが(^^ゞ その中で今でも買ってる「エロイカより愛をこめて」原画展〈京都マンガミュージアム〉でやっていたので見に行ってきたvv

いやぁ〜キレイでした〜♪♪ 今ってパソコンで描く作家さんも多いでしょ?が、当時は当たり前ながら全て手書き。扉絵なカラーページなど、カラーインクや水彩で描いていたという、まさに「画家」な手仕事ぶりに、細部までしみじみ堪能してまいりました。

続けて買っているとはいえ、しばらく新刊も出てないし読んでないから妙に懐かしかったわ〜♪♪ということで小ネタ集♪♪ (なんだなんだ!笑)

その1
主人公の伯爵以上に人気の高いエーベルバッハ少佐。たまたま同じ名前というだけで、実在するドイツ南部のエーベルバッハ市を訪れる日本人が急増!作者の青池保子に市から名誉賞が贈呈された。

その2
エーベルバッハ市の日本語観光MAPの表紙には、市からの依頼によって少佐が描かれている。(欲しいっ!!(笑)

その3
エピソードで登場したドイツ軍の制服や戦車の描写の精緻さが評価され、ドイツ軍の広報誌で紹介された。

その4
とある友人は少佐のキリヌキを持ってヘアカットに。曰く「同じ髪型にしてください!」(≧▽≦)// アリエナイ〜!!! 渡された店員は一体どんな顔をしたのだろうか?(笑)

〈オマケ〉
エーベルバッハ市とは方向違いなのだが、同じ名前でいうと、フランクフルトから車で小一時間、ライン川沿いに〈エーベルバッハ修道院〜Kloster Eberbach 〉がある。州の有数なワイナリーでもあるほか、あたしの大好きな映画「薔薇の名前」の撮影がここで行われたそうだ。ひゃ〜!これは行ってみたいっ!!


少佐の「名前」だけで日独友好の架け橋ができたんなんて、日本のマンガって偉大だわ〜♪♪ 外国人もたくさん来てるこのミュージアムには読み放題のマンガが5万冊以上あり、展示会見終わって思わず読みふけってしまったけど、しまった!もっと早く来て、少なくとも半日は読み漁るべきだったわ( ̄o ̄)
[PR]
by giova21 | 2015-01-18 23:37 | アートなこと | Comments(0)
ゴーンガール (アメリカ)





去年観た映画は全部で17本。う〜ん。少ないな…
今年は目指せ20本!ってことで (毎年言ってる気がするが(^^ゞ
まず2015年の幕開けはこの1本から。

結構CMが流れてたけど、そんな番宣なくてもD・フィンチャーの新作だもんvv 絶対観たかった♪ 衝撃の出会いはやっぱ「セブン」。話もスゴかったが、映像が独特で一気に引きこまれた。最近で言うと「ドラゴン・タトゥーの女」もサイコ〜にキレてたしねvv

で、最新作「ゴーンガール」

クールで硬質な映像はさすがで、物語にとっても合ってたと思う。トレイラー観る限りは、妻の失踪ミステリー…って思ってしまうが、ところがどっこい!ホニャラララ(ネタバレになるので(笑) な展開があれやこれやと起こり、上映時間驚きの2時間半!なのに、1秒たりともダレることなく最後までドキドキしながら観ることができた。

オモロカッタ!でもコワイ!しかも見終わってからの心証はサイアク!(笑)

ちなみに原作は「イヤミス」(読後ヤナ気分になるミステリー) になってるとか。例えば「告白〜湊かなえ著」なんてまさにイヤミスな小説ですね。

観客をキョ〜フのズンドコに突き落とすのは、全く知らない女優さんだったロザムンド・パイク。「氷の微笑」や「危険な情事」「ミザリー」など、今まで数々のサイコビッチがスクリーンに登場してきたが、彼女たちを軽く凌駕したような怪演ぶりには、恐怖を通り越して思わず笑ってしまったほど。

オマケのように言えば、彼女を引き立てたともいるベン・アフレックのダメダメぶりも、ある意味特筆すべきことなのかも(笑)

故に、男性は女性と一緒に観てはいけない。絶対に……( ̄o ̄)
[PR]
by giova21 | 2015-01-14 23:54 | 映画なこと | Comments(4)
普段はドラマもバラエティも見ないんだが、今日は1日家でマタ〜リする!って時は、それらを無料動画サイトで見ながらケタケタ笑うのが好き♪♪

〈YOUは何しに日本へ?〉 とか
〈世界の果てまでイッテQ〉 とか
〈マツコの知らない世界〉 とか
〈ぐるナイ〉のゴチになります! とか
〈ネプ&イモトの世界番付〉 とか
〈秘密のケンミンSHOW〉 とか

アレレ、結構お気に入りがあるなぁ〜(^^ゞ


その中で、イッテQ!(1/4放送分) はもぅ〜ホンマに面白かった!!

ネットでもかなり評判になってたが、ゲストとして出演した木村佳乃(38)〜才色兼備な正統派美人女優であり「あの」ヒガシのヨメで2児の母である〜が、女芸人に混ざってアレはやるわ、コレはやるわ、はたまたソレは食べるわの大フィーバー!

いつリンクが切れるかわかんないが、前半約40分、木村佳乃バージョンだけでも一見の価値があると思う(笑)

↓↓↓↓↓↓↓↓






もともと気さくな性格らしいが、ある程度地位も築いた「女優」がココまでするとは!アタシは見ながら大笑いだったし(もちろん好感を持って)、スゲ〜スゲ〜!の連発!全くアッパレ!である。なんていうかこれが「ギャップ萌え」なのね?!って実感した (//∇//)

木村佳乃って、まぁ〜好きでも嫌いでもない女優さんだったけど、コレ見て1発で「大」ファンになったわ〜〜vv この弾けっぷりが今後、彼女のキャリアにどう影響するのか?これは浅田真央の進路決定以上に見物だと思う(違!!)

PC版はコチラから ←どんだけ薦めてるねん!ってそれくらいオモロイ
[PR]
by giova21 | 2015-01-10 23:45 | お気に入り | Comments(2)
e0112226_14574540.jpg



それではちっくら良い(酔い)気分でお詣りに行きましょう!

〈豊川稲荷〉って初めて来たのだが、広くて立派でビックリしちゃった!!境内の総面積は3万坪以上あり、それって甲子園球場が2個くらい入る大きさなんじゃないかな、多分。

巷の噂によると「あの」イチローが毎年2日に、こちらに初詣に訪れるらしいが、今日って2日じゃないのさ?!もちろん会いませんでしたけど(笑)



e0112226_15172563.jpg




ある程度の人混みは覚悟してたけど、やっぱりスゴイ人!
それでもなんとなく京都よりましだろう!と思えば気が楽である。

ピッピッ、ピィイィイ〜!

まるで幼稚園の運動会みたいな笛の合図に合わせ、皆が行儀よく進んでいく。こ〜ゆ〜秩序さって日本人ならでは…ってつくづく思う(^^ゞ

中の人も伊な人もやろうと思えばできるだろうが「やる人」がいて、そもそも並ぶのか?ってのが問題だと思うけど(笑)

本殿でナムナムして、屋根瓦に打ち出の小槌が飾ってある金運あらたかな大黒堂でもナムナム。どちらにも45円〜始終御縁入れてきたので(改めて用意したワケじゃなくたまたまあったのだ(笑)、これで今年は大丈夫!?と思いたい…いや…まぢで。




e0112226_15455450.jpg



本殿の裏手にある「霊狐塚〜れいこづか」

境内の中で一番のパワースポットらしいのだが、お狐さまがちんまり乗った3mほどの岩山に、まるで砂糖の山に群がるアリのような有り様で人間サマが登るわ貼り付くわしててビックリ!! (笑)

しかもその表情真剣そのもの!で、一体何事?!と、たき火に当たってた爺サマにおたずねしてみると…

ここに詣でた人が岩の隙間に押し込んだ硬貨を見つけると、この1年お金に不自由しないといい、そのお礼にまた硬貨が入れられる…という無限なお宝探しの山になっているんだとか。

お連れ様が偶然硬貨を見つけたけど、岩の奥の奥にあって(ど〜やって入れたんだ?! )、これで取ったらいいよ、って爺さまがくれた木の枝では取れそうにない。う〜む。これは取る方も隠す方も必死のパッチなんだなきっと(笑)




e0112226_1684129.jpg



そんな人間の楽しい?あさましい?姿を、
背後からジッ…と見つめているお狐さまの像、像、また像。

ここに来るまでも、着ぐるみも含め(笑) 優に50体以上のお狐さまを目にしてきたが、ここで一気にその数が跳ね上がる。



e0112226_1616282.jpg




願い事が叶った人がお狐像を奉納したのが始まりらしく、
今では千体以上の像がズラ〜リと並んでいる。

いやぁ〜スゴイですね!
この状態(↑) が、まだまだ左右に広がってるんですよ?!

実はこれが見たくて豊川稲荷に来たくらいだったからなんか嬉しい♪




e0112226_17152611.jpg




みんなビミョ〜にお顔が違ってて、見ていて楽しいが、
奉納物だから基本、ちゃんとした作りになっている。

そんな中、こんなほのぼのバージョン(特注だと思われる) を見ると、心が和む。こちらに来る人にとって「狐」は特別なものなんだろうね。

いやいや、来てよかった〜vv



e0112226_17204442.jpg




お暇する前に、おっと忘れずおみくじ引かなきゃ!

出だしの文言は威勢がいいが、だんだん尻つぼみになってくるのはご愛敬。
今年も心身共に健康で過ごせますよぅに♪(多くは望みません!(^^ゞ




e0112226_17374274.jpg



じゃ、これで一大イベントが終わったからお昼にしよう♪♪

どこぞでお稲荷買ってベンチに座って…と画策してたんだが、寒いし、狙ってた稲荷店はスゲ〜行列だし、B級グルメスターといえど〈おきつねバーガー〉って気分でもないし…と迷ってたら、あ、ココ鰻が美味しそう♪♪

エヘヘ…正月から鰻食べちゃった♪♪

ホントにまぢでそのうち口にできなくなるかもしれないから、食べれる時に食べておかなきゃ!(笑) しっとりふんわり関東風が好みだが、中部地方独特のカリカリ鰻にも大分慣れてきたよvv いや、美味しかったデスvv




e0112226_1752555.jpg



豊川稲荷も駅舎も立派だし、門前通りもそれなりに賑やかだが、ちょっと視線をはずすと昭和な香りのひなびた感が残っている豊川。きっと今は1年で一番賑わっている時なのかもしれない。

あと、いやに〈ヤマサ〉の店がたくさんあるな〜って思ったら、豊橋が本社だったのね!!商品がたくさんあって迷ってたら、ジモティらしきおばさんが慣れた様子で「きんぴらちょ〜だ〜い」って言ったので、つられて我々も「きんぴらくださ〜い!」(笑) これで帰りのおつまみその1ゲット!もちろんお稲荷さんも買いましたよ♪(その2)



e0112226_1825270.jpg



帰りは豊橋で途中下車して一度食べてみたかった〈風来坊〉の手羽先と、構内コンビニで「今日は置いてません」って書いてあったから美味いに違いない!と踏んだ〈ボンとらや〉のピレーネを発見したので迷わずゲット!(その3とその4ゲット!(笑)

あとビールがあれば文句なし!の献立ですねvvv スバラシイ〜♪♪

コソッというと、行きしなに豊橋駅構内で買って食べた〈あんまき〉がまた欲しくてお連れサマが走ったけど、見事売り切れておりました( ̄o ̄) それでもこれだけ「食べるモノ」があるから、途中雪で電車が止まっても一安心デス(違!!!)

初詣だけに遠出するのはどうなん?って思ってたけど、お腹も気持も十分に満たされた青春の日帰り。今年もこの調子でブイブイ使わせてもらうとしようvv

〈お遊び参考情報〉*豊川観光情報 *豊川いなり寿司
[PR]
by giova21 | 2015-01-08 23:53 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_18162133.jpg



毎年この時期、青春きっぷで日生に牡蠣食べに行くのが恒例なんだが、年明け早々仕事が詰まってしまい今年は行けそうにない事が判明(TOT)//

でもでも切符残ってるしどっか行きた〜い!と泣きつかれたので、初詣で使い切ることにしたvv

が、折しも寒波到来!で、雪に馴染みのない大阪でもご覧の有り様!



e0112226_18273632.jpg



コレは元旦の夜…なんだけど、あ!雪だ!って思ったら、あれよあれよという間にこんなに積もっちゃった♪

お陰で初風呂が雪見風呂になってたいそう気持よかったんだけど、帰り道、凍結した道でスッテン!と転んでしまい、したたか腰を打ってしまった。

しかし手にしてたチューハイ缶は一滴もこぼさなかった…という見事なウルトラC着地だった事は、自分を誉めてやりたいとおもふ…(笑)




e0112226_18375160.jpg



なもんで、列車の運行状態が心配だったんだが、スイマセン!!たかがあれくらいの積雪でギャアギャア言ってたらあきまへん!ってことを痛感しました。ハイ…(>_<)//

普段から雪が多い地域だけど、近江八幡から米原、関ヶ原にかけての積雪はスゴかった!!優に40センチほどあったんじゃないかな。架線や木から雪が落ちるのか、時折、列車の天井がボスッボスッ!!と鳴ってたくらい。

まぁ〜温かく快適な車内から見る分にはとてもキレイな雪景色ではあったけど。もちろん既に飲んでたし…ね(^^ゞ




e0112226_1932874.jpg



で、どこに向かったのか?と言いますと「日本三大稲荷」の1つと言われている〈豊川稲荷〉さんでございますvv

駅前広場では、おちょけたポーズを取るお狐さんがお出迎え。
さすがお稲荷さんの町ですなぁ〜♪




e0112226_18563311.jpg



駅前の像はかなり奔放に弾け飛んでてちょっと笑ったが、境内のお狐さんは、かようにキリリとオトコマエ!バステトって言うのかな?エジプト神話に出てくる神像みたい。

他にカワイイ系な像もあったけど、この日、ホント〜にたくさんお狐さんを拝みましたわい。




e0112226_19193321.jpg



早速お詣りに…と言いたい所だが、、、

あ、地酒だって!
寒いから「まず飲んで」から行くか〜 (もぅ飲んでるやん!) と、
フラフラ〜と、ジモティで賑わってる立ち飲み屋に入ってしまった(^^ゞ

よぉ〜注ぎがイイな〜!

今時ちょっと見かけないようなヤ◎キー風情なおっさんにからかわれながら
(こ〜ゆ〜人がいっぱいいてちょっとビックリした) 店の女将がコップの縁までなみなみとにごり酒を注いでくれる。

あまりに気前のよい量に「あ!まずこれを2人で飲んでからお代わりします!」って言ったけど、浜納豆(大根おろし添え) をアテにしたら、甘酸っぱいにごり酒と塩っぱい浜納豆が絶妙なコラボを奏で、あっちゅう間に飲み干してしまった。もちろんお代わり♪♪ 

→ すンごくご機嫌!になる (曰く酔っ払い…ですね (笑)

うへえ〜!こんなんでお詣りしてイイのだろうか?!

つづく…( ✧Д✧)
[PR]
by giova21 | 2015-01-05 23:12 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_1712145.jpg



いやぁ〜年末は遊びと遊びとちょっぴりお仕事でバタバタしてしまいましたが、新年明けましておめでとうございます!!

最近、手軽にアップできるFacebook へ流れがちとはいえ、12月の記事がたった1本とは!!!! これはヒジョ〜にイカン!!! と、今ボ〜ゼンとしている。

読んでいただいている方々がどう思っているのかわからないが、楽しく、かつ、ためになる (?!) ような文章を書く場であり、個人的には大切な日記であり備忘録でもある。

時折ドSな放置プレイはすれど、心の片隅でいつも気にかけている愛いヤツ…とでも言ったらいいでしょうか(笑) あ、もう1つの別館の方も…ね (こっちも時々更新してるのでヨロシク!)

とにかくっ!!今年もマイペ〜で気ままに進んでいくと思われますが、ど〜ぞあたたかく見守っていただけると幸いでございます(・ὢ・)
[PR]
by giova21 | 2015-01-04 23:11 | 今日のできごと | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21