<   2014年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

e0112226_1842652.jpg



今年、世界大会15連覇!という偉業を達成し「霊長類最強女子」という、オナゴとして嬉しいのか悲しいのかビミョ〜な通り名を持つレスリングの吉田沙保里。彼女は三重県出身なのだが、試合前に安永餅を好んで食べる…という記事を読んだ時、わかるわかる!と1人膝を打ってしまった(笑)

同じ三重名物な赤福餅には知名度で劣ってるが、手軽に買えない希少価値も美味しさも、赤福に全く負けてないくらい美味しい『安永餅』

今日は御在所方面に出かける予定だったのだが、久しぶりに安永餅食べたいね〜!という話になり、近くまで行くんだから…と、急遽桑名に向かう事にしたvv だってこっちに出てこないと買えないンだもん!

初めて食べたのがこの店のだったのでわざわざ本店まで行ったけど、他にも店があり、PAで買って食べた『笹井屋』の方が美味しく感じたので (あれ〜?!) 今度は、まだ食してない『柏屋』もトライしてみようと思うvv でもって、やっぱりウマ〜ウマ〜だったのであります(幸)




e0112226_19213844.jpg





安永餅屋さんで桑名の観光地図をもらったので見てみると『はまぐりプラザ』という、何やら魅惑的なネーミングの施設があるではないか。

そ〜だ!桑名とくればハマグリだ!ご飯も食べれるそうなので行ってみる?
→ この時点で御在所行きは忘却の彼方へ……(笑)

この日はちょっと天気が悪かったのだが、それが幸いしたのだろう。普段はいっぱいというご飯処に予約もなしでスッと入れてちょ〜ラッキ〜♪♪ってか何?このハマグリづくしの献立ってば(≧▽≦)//




e0112226_19332967.jpg




フライに海苔で挟んだ磯部揚げ、お吸い物にホイル焼き。こんなにたくさんのハマグリを食べるなんて初めて!顔が自然にニヤけてくる (//∇//)

「今日は小さいからね〜ホイル焼きは6個だよ」

って、6個もあるんですか〜!!!である(笑)




e0112226_19412896.jpg




目の前で自分で焼くのも楽しいし、三角巾にエプロン姿の地元のおばさん、お姉さんが仕切ってて、飾り気のない食堂風な雰囲気もグ〜♪ アルミのすき間からシュウシュウ湯気が上がってきて、プカァ〜!とハマグリの口が開くのを見てるだけで「美味しい!」わ〜vv

そして何より焼きハマグリが甘くて柔らかくて うまし〜!!!!
日本人でよかった〜〜(>_<)//

桑名にはハマグリ食べれる店がいっぱいあるが、ちょっと敷居が高かったりする。もちろんそれに見合う立派なハマグリが出てくるんだろうが、気軽に味わってみるなら、ココは絶対オススメだと思う。このセットでたったの1500円ですよ!!! 国産桑名のハマグリづくしでこの値段ってすんごくお得!!!ちょっとはずれにあるけど、ど〜りで人気なワケだ。春になったら安永餅とセットでまた食べに来ようっと!!




e0112226_1503257.jpg




地図見てホゥ〜♪って思ったんだが、この辺りは『木曽三川』といって、木曽・長良・揖斐3つの川が流れ込む独特の地形になっている。それらの川に挟まれるようにできた島の中に〈ナガシマスパーランド〉〈なばなの里〉があるのだ。なるほどね〜vv

ちなみにナガシマスパーランドの大観覧車が『はまぐりプラザ』からよく見えますvv 素朴な施設だけど、眺めもイイですよ〜♪♪




e0112226_15241999.jpg




ハマグリ定食にもついてる「シジミの佃煮」が気に入ったら、向かいにある『貝増商店』へも是非どうぞ♪ あたしは先にPAで買っちゃったから100gだけ購入したんだが、そんな少量でも快く包んでくれるし、さすがの量り売り。PAのパックものよりずっと美味しかった!!

母親の友だちが名古屋にいて送ってくれるので、昔から我が家の定番なんだが、ホカホカのご飯に穴を掘ってシジミを埋め、ご飯で蓋をして蒸らして食べるとデラァ美味いよ!!おにぎりに入れてもグ〜だしvv ハマグリの佃煮もあるけど大きくて食べにくい(とあたしは思ってる) から「シジミ」がオススメだな〜vv

この後、商店街に寄って桑名名物(主に食べ物(笑) など物色するなど、すっかり桑名に居座ってしまったが〈諸戸氏庭園〉〈六華苑〉といった名所には一切行ってないという事実(笑) ま、次ですね!次!(^^ゞ




e0112226_15443970.jpg




1日の〆はもちろん温泉デス!桑名・長島にはたくさんあるし!…と思ったけど、なばなやスパーランドは別途入場料が必要でちょっと高い。いっそイルミネーションでも見るか?と思ったけど、帰り道でどうせ通るからと、当初行くはずだった〈アクアイグニス〉内の温泉に行くことにした。クリスマスに向けてキャンドルナイトになっておりとってもキレイです♪

HPを見ると限りなくおハイソだし実際そうなんだろうと思ってたが、大勢の家族連れで賑わっており、悪い意味じゃなく、かなりユルイ雰囲気。それでも高名なシェフが手がけるケーキ店は開店前から並ぶこともあるといい、遠方他県ナンバーの車もたくさん止まっていた。カントリープライスなのか、ケーキもパンも良心的なお値段だし、イートインスペースもたくさんあるので、これなら気軽に口にできるし美味しかったよvv

温泉施設もオサレでトロトロの泉質もたいへん気持イイんだが、子どもたちに蹂躙されてそこいらの日帰りスパと同じ有り様になっている(笑) なんと中国人の方もいてビックリ!まぁ〜ココに泊まってお伊勢さん行く手もありだろうが、ココをチョイスするなんてお主やるな〜!って感じである。

と、言いつつたっぷり3時間湯を堪能し…ギャ〜!!! もぅこんな時間?長っ尻は我らのお約束だがイイこともある。皆と帰りの時間がズレるので高速が空いていることだvv が、途中のPA休憩も含め、自宅に着いたのがギリ日付が変わる前だった…ということは正直に認めておこう(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2014-11-29 23:23 | にっぽんの休日 | Comments(0)

昭和の男たち逝く





著名人の訃報を聞いて絶句してしまうことが多い昨今。子どもの頃は遠すぎて実感が沸かなかった「死」に、自分も少しづつ近づいてきてるのかも…って思う。今年、2014年だってこれだけの人が逝ってるんだよね。

最近で言うとなんといっても健さん。
PC前で思わず「えええ〜!」って叫んでしまった……

出演作はTVでしか見てないし、一番古いので「八甲田山 (97') 」かな。その中で一番印象に残ってるのは、やっぱ『幸福の黄色いハンカチ』だなぁ。あのラストシーンがね、泣けるよね。それにしてもみんな若いな!! (^^ゞ

素顔の健さんがどんな人だったか知るよしもないが、スクリーン上での彼は (腕っ節じゃなく人間として) 強くて優しいニッポンの漢(おとこ) だった。何はなくとも日本の映画界には健さんがいるっ!と、そう思ってた。

だからあたしなりにショックを受けたんだが、その数日後、追いかけるように菅原文太も逝ってしまい言葉を失ってしまった(TOT)//

菅原文太は『仁義なき戦い』だけしか見てない…と思うンだが、ジブリの声優役 (千と千尋の神隠し ('01) 釜爺 ゲド戦記 ('06) ハイタカ) がとても印象に残っている。生を重ねてきた人だけに出せる深く重みのある声だった。

時代と共に映画や俳優の質も変わっていき「銀幕のスター」なんて言葉、今や死語なのかもしれないが、2人共間違いなく大スターだった。今後彼らのような俳優は出てこないかもしれない。ってか思い当たらないくらい。

「昭和」を駆け抜けた男たち。兎にも角にもご冥福お祈りします。合掌…
[PR]
by giova21 | 2014-11-27 23:01 | Comments(0)
美女と野獣(フランス/ドイツ)






何をどう勘違いしてたのか、野獣はラッセル・クロウだと思いこんでて(だってまさに適役!でしょ?(笑) シュルブプレ〜♪なフランス語が流れてきて、ああ〜ゴメン!ヴァンサン・カッセル、君だったのね?!と(^^ゞ そらそ〜だよね。「美女と野獣」といえばフランスの古典なんだから。

幼い頃、自宅のTVで両親が見てたジャン・コクトーの美女と野獣をチラと見たのだが、そらもぅ〜怖くて怖くて!!! 夢に出てくるんじゃないか!と、おののいた記憶がある。(以来未見だが、今なら見れる!ってか見てみたい)

お陰で「美女と野獣=暗くて怖くてホラーな話」と思いこんでしまったが、それを劇的なまでに救ってくれたのはディズニー版の映画だった。








キャラクターたちもサイコ〜だったし主題歌もヒットしたが、何より映像が素ン晴らしかった!平面なアニメが立体になった瞬間だったな、あれは。アニメ映画史上初のアカデミー賞作品賞ノミネート作品されたし、アニメ映画における〈アバター〉くらいインパクトがあったと個人的には思っている。古典な作品は別として、90年代から言うと間違いなくアタシのディズニーアニメNo.1デスvv


おいおい!俺の話はどうなったんだい?!(by ヴァンサン・カッセル)

あ"" スイマセン!!!!!!

アナタは確かにカッコよかったです。野獣な顔しててもヴァンサンはヴァンサンだったし、ベル役は今、大注目されてるレア・セドゥ。完璧な美女じゃないけど、そこが好ましくてピッタリだったと思う。

映像もかなりがんばってて雰囲気出てたけど (お耽美世界全開!(笑) ハリウッドの大作と比べるとどうしてもCGがチャちくて、それに気付いたとたん魔法が解け、素になってしまうのが残念だった。ハイビジョンになって、見たくもない肌荒れが見えてしまう…って感じ(^^ゞ 最新技術に目が慣れてしまうのもある意味悲劇だな。

とにかくっ!オトナになった今、ゴリゴリゴシックなコクトー版を是非見てみたいと思う。
[PR]
by giova21 | 2014-11-19 23:16 | 映画なこと | Comments(0)
e0112226_20264470.jpg



さてこの日、同じ堺の商工会議所で〈メイドインさかいフェア〉という催しがあったので、コレも行ってみよう!という事に相成った。

刑務所からはちくと遠いが、それは秘密兵器でカバーしよう!
そう…堺とくれば、言わずと知れた「自転車の町」
天気もいいし運動にもなるし?! チャリチャリ行こうやないか〜♪

以前から自転車で回ってみたいと思ってたけど、さすが堺!
レンタサイクル施設の充実度がとんでもなく素晴らしい!!

我々は〈コミュニティサイクル〉を利用したんだが、所有する自転車は優に200台を超え、7ヶ所あるサイクルポートのどこで借りて返してもいいし、返却所によったら、まんま24時間乗ることも可能vv

料金がまた仰天!破格値で、1日たった300円!電動アシストだって400円ポッキリだよ?!(笑) 思わず京都で利用する1日1000円 (電動は1500円) 返却17時!(実質6時間乗れたらいい方) との差をまざまざと感じてしまった(TOT)// 堺ってシュテキ〜!!!!!

京都と比べるのは酷だが、人も車も少ないし道も広くほぼ平坦…と、とっても快適に走ることができる。見所もたくさんあるので、もぉ〜絶対また来よう!!って思ったvv 堺に来たら是非自転車で!!



e0112226_20374050.jpg



刑務所から15分ほどで〈メイドインさかいフェア〉の会場へ到着!向こうで屋台なうどんをすすったが、ここでは本腰入れて食べますよぅ〜!

でもでもその前に、どうしても欲しい……ビールが……(笑)

当たり前だろうが矯正展ではアルコールを販売してなかったのだ…(>_<)// この会場では売ってたけど、5人もいるからコンビニまでひとっ走り!周囲に見あたらなかったのでわざわざ人に尋ねてまで行ってきたというド根性(笑) すご〜い!ここが御堂筋の南の端っこ「なかもず」なんだな!(駅前にコンビニがあったのだ) 初めて来たよvv

じゃなくて…

プハ〜!!! ンまいっ!!!!
屋外で飲む昼ビールはサイコ〜ですなvv (//∇//)




e0112226_20523221.jpg



空腹と物欲を満たした後は、せっかくだから〈仁徳天皇陵〉にも行ってみようvv ここから約3キロだが、チャリンコならあっちゅう間ですvv つくづく自転車ってステキ!

思えば堺には何度も来てるが、いっつも「何かを食べに」行くために足を運ぶのでろくに観光したことがない。仁徳天皇陵も遠くから眺めた事はあれど、近くまで行ったこともない。ここはひとつ、堺に敬意を払わねば (違!!)

わ〜い♪♪ 今ちょうど先っちょにいるんだな?!
片道1400mづつとは、ホントにでっかい古墳ですvv



e0112226_211333.jpg




そぅなんです。大きいので、正面に来ても全体像は見れません。もちろん。
それでも、なんとなく敬虔な気持になります(^^ゞ

起伏が少ない堺の町の中でも、ココが一番標高が高いので墓陵地に選ばれたとか、この向こうに掘が3つもあるとか、その2つ目のまでは何年に1回かは入る事ができるとか、総陵域は甲子園球場12個分に相当するとか、年中無休でボランティアガイドしてるおじさんの話を聞けてタメになりましたvv

〈博物館〉に行けばもっとよく古墳の事がわかるよ!ってお薦めされたけど、スイマセン!今日は時間がないので先を急ぎます。




e0112226_17235156.jpg



急いだ理由……(笑)

堺に来たらチャリンコに乗るべし!と同じくらい鉄板なお約束〈かん袋〉に行きたかったから(^^ゞ

あえて暑い時を選んで来るほど大好きなかき氷がまだあったよ〜vv 氷食べるとすぐ頭キ〜ン!ってなるので、あまり多く食べれないんだけど、ここの小腕サイズはもちょっと食べたいな〜♪って量でちょうどイイのだ。

コーヒー1杯分のお値段も魅力的で、子ども連れの家族全員がそれをほおばってるのを見ると、いっつもシアワセな気分になる。客足が絶えず相席ゴメン!な店だけど、そんな雑然さもまた風情のひとつ。あ、でもこの日は夕方だったからか信じられないほど空いてたよvv

せっかく長く借りれる自転車も、5時を回るとギャ〜!もぅ暗いや〜ん!冬の日暮れは早かった…(>_<)// 次来る時は「春」だな!




e0112226_17361340.jpg



今日の〆は温泉ではなく、牡蠣のシーズンになったら行ってみよう!って前から話していた〈なべや〉にひさしぶり〜〜!に行ってみた。

昼夜を問わず独特な雰囲気があるあいりん地区のど真ん中!三角公園の近くにあり、初めて行った時は友人とピッタリ寄り添って歩いたものだが(笑) 店はキレイだし、何より安くてウマイっ!

この牛すき鍋はたったの680円だし(1人前用の小鍋)、号泣モンな事に売り切れてたけど、特製の味噌を添え、市販の1パック分はあるよね?! ってな量の牡蠣がのった牡蠣鍋は、牡蠣好きにはたまらないひと「鍋」である。牛すきも美味しかったけど、う"〜!口惜しいから牡蠣食べにまた来なくちゃ!

7時過ぎに起き8時には家を出てた…という長い1日だったが、みんな自転車喜んで乗ってたし、ちょこまかいろんなモノも食べれて楽しかったねvv 明日、筋肉痛になってませんよぅに!! って、10キロも走ってないんだけどさ(笑)
[PR]
by giova21 | 2014-11-09 23:26 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_1741358.jpg



友だちがアタシ好みのステキなバッグを持っていて
「いや〜ん!それどこで売ってるの?」って聞くと、
『矯正展』で購入したのだという。

矯正展ってなに?!

それは……受刑者たちが作ったさまざまなモノ〜食品、生活雑貨、家具などを展示販売する展示会の事で、地元との交流も兼ねて年に1度、全国の主要刑務所で開催されるそうな。

へえ〜〜!!知らなかったよ。
じゃあ〜一度行ってみよかvv

すごく並ぶ!っていうから、まだテープカットもされてない9時半に (10時開場) 堺にある〈大阪刑務所〉へ。なんなんこの張り切りようは(笑)




e0112226_17543360.jpg



と思ったら「並ぶ」のは「刑務所見学」の方だった…というマヌケぶり(^^ゞ やれ急げや急げ!と、怪しいオバハンたち、列へと急ぎます(笑)

刑務所なんて来るの初めてだけど、この大阪刑務所、結構な住宅街の中にあってビックリ!ご覧のように塀は高いが、所内を見下ろすようにすぐ近くに高層マンションが建っており、それっていいの?って感じ(^^ゞ

見学の前に説明を受けるのだが、支給されたビニル袋に「携帯と喫煙具」を入れるよう指示される。

これが「財布」じゃないところがむっさリアル!所内では現金より煙草1本の方が価値があるってことだよね?なんか映画みたいや!!と妄想が膨らむ (コラコラ!!)



e0112226_18111045.jpg



分厚い鋼鉄製の正面扉がガガ〜〜!って開くと、人数点呼して、さらにもう1つの扉が開き、ようやく中に入れるという二重構造になっている。
↑↑門の形状が現物とちくと違うが、記憶薄し!ってことで(許!)

甲子園球場約3個分(だったかな?) という、西日本最大規模を誇るこの刑務所。その中で見れるのはほんの一部分だが、見学コースである作業所の外観といい内部といい、以前バイトしたことのある松下(現パナソニック) の工場とソックリ!で、軽くデジャブを覚えたほど(笑)


e0112226_18441779.jpg


作業所はキレイに整頓されており(当たり前か)、WINはもちろんMACもあってビックリした!!! ここは刑務所内ですよ、って言われない限りどこぞの工場みたいで全く違和感がない。

がしかし、室内にあるトイレだけは壁面が大きなガラス張りになっていて“アサガオ”も丸見え状態なのが、ああ〜ム所なんだな〜って感じ。でもでも個室に入ったらどうするの?!だけど…ね(^^ゞ

この後運動場や、見る限りは快適そうな独房見本と、見る限りは美味しそうな3度の食事見本を見て終わり。見学者が多いからか、わりとアッサリサッサカと終わったが、約15分ほどム所入りして無事シャバに戻ってきましたvv


e0112226_196874.jpg



結構大規模なイベントで、受刑者が手がけた物以外にも、道の駅のように近隣で採れた野菜や果物を売る屋台や、軽食屋台、高校のブラバンも入って、我々が見学から戻ってきた頃にはすごい人で賑わっていた。

昨年はゲストとして松平健!が1日刑務所長を務めたそうだが、今年は〈マッサン〉の島爺役、高橋元太郎が来てました。友人たちは水戸黄門の「うっかり八兵衛や!」って騒いでたが、アテクシ黄門サマ見た事ないからわから〜ん!って言ったら仰天されたけど(笑)

所内見学も終わったし、後はお目当てのバック見つけよう♪♪と物色してたら、もぅ1つ大事なこと忘れてた!!



e0112226_18395247.jpg




それはコレっ!!刑務所で作られたパン!

午前・午後各600個限定のレア商品である。これまた慌てて並びにいくと、所内見学とは比べ物にならないくらいの長蛇の列!!我々の時まで残ってるかな?! ってくらい、建物の回りを2重3重の人が並んでる。しもたしもた!これぞまさにうっかり八兵衛やんか!(笑)

なんでも所内にパン工場があるのは、ここ大阪刑務所、府中、愛知と、全国3ヶ所しかないそうだ。販売用に特別仕様されているワケじゃなく、受刑者が食べるパンとまんま同じ!ってとこがミソであるvv



e0112226_18524365.jpg




看板の絵じゃ大きさがわかんないし、2個100円だからロールパンサイズを想像してたのだが…

で、デカ〜!!!!!!!!!

そ〜いや、さっき見た受刑者の朝ご飯見本ンとこにあったパンって、小さなフリスビーくらいのサイズだったしな(円形だった) 朝早くてお腹ペコペコだったから早速ひとつ食べてみようvv

1つは何も入ってないノーマルタイプで、もう1つはドライフルーツが入ってます。昔懐かしい給食のコッペパンみたいに、やわらかくやさし〜味。もちろんブーランジェリーなパンとは天地の差があるが、普通に素朴に美味しいパンでした。

このパンが2個100円なように、即売会で売られているものは市場価格からするとかなり安い。かといって物が悪いわけでは全くなく、家具なんて職人技が光る見事な出来映えで、材質・仕上がりからすると信じられないような値段なんだとか。デザイン的にも優れ物が多く、実際、多くの人が真剣に「商談」してたよ♪♪




e0112226_19144818.jpg



ハイ!そしてコレがアテクシのお目当てのバックです♪♪

柔道着…っていったらわかるだろうか。刺し子の布でできたトートバックで、サイドにある「マル獄」マークに注目っ!!「はこだて」ってあるように、これは「函館少年刑務所」の受刑者が作ったその名も〈マル獄シリーズ〉なんでありますvv

全然知らなかったけど秘かな人気なシリーズで、他にも柿渋染めのキャンバス地バックや小物に紙モノなどいろいろあって、見てるだけで楽しい♪ってくらいよくできたシリーズ。結局この日、4人みんながバック買ったしね(笑)

「マル獄シリーズ」の他にも、横須賀刑務所製の〈ブルースティック〉も人気があるそうで、年に1度の矯正展をみなが思い思いに楽しんでおり、とても良い催しだな〜って思った。ム所でお勤めしてる人たちにもこの盛況ぶりを見せてあげたいけど、それよりまず、そこに入ったらアカンがな!ですね。

ちなみに刑務所作業品を扱うショッピングサイトもありマスよvv

さて…堺のお楽しみはまだつづく…
[PR]
by giova21 | 2014-11-08 23:41 | にっぽんの休日 | Comments(2)
e0112226_19132858.jpg



諸般の理由により(笑) 突然だが〈インスタントラーメン発明記念館〉に行ってきたvv いつか行ってみようと思いつつ、なかなかチャンスがなかったので素直にウレシイ♪♪

なんでも最近、外国人に一番人気な日本食は「寿司」ではなく「ラーメン」になってるとか。ついに「ラーメン=和食」になっちゃったんだね。百福さんも天国でビックリしてることだろう。

かくいうアテクシもラーメンは大好き!!!!! 欧州を3ヶ月ほどうろついていた時「和食」を恋しく思った事はなかったが、ラーメンは別で、たまらず中華料理屋に入り(どんな町にもある中華料理店、恐るべし!)「これ、ラーメンちゃうやん!」と毒づきながらも舌鼓をうったものだ(^^ゞ




e0112226_1932891.jpg



入ってすぐ目にする「インスタントラーメン@タイムカプセル」

56年前にチキンラーメンができてから現在に至るまで、市場に出た商品がズラリと並んでいるが、コレに嬌声をあげるのは「オトナ」である(笑)

うあ〜 こんなんあったよね?!
きゃ〜 懐かしい!!!!

と、キャッキャッがとまらない(笑)


e0112226_19434413.jpg



その中でアテクシ的No1.懐かしい!のは、この「はかたんもんらーめん」

当時、ハウスからも同じとんこつラーメンの「うまかっちゃん」が出てたけど、我が家では「ラーメンは日清」っていう不文律があったので(笑) 「はかたんもん」でアタシは白いスープに初めて出会ったのだvv

グラサンが渋い鮎川誠のCMも思い出した!!あ〜懐かしい!! 今でも売ってるのかな。

と、ひとしきりラーメンな郷愁に浸ったら、お次は「マイ・カップヌードル」づくりに挑戦である!!ホントはチキンラーメン作りしたかったんだが、予約が間に合わなかったんだな、コレが…(>_<)//




e0112226_204582.jpg




「自販機」でカップを買って(¥300) 裏面の余白部分に専用ペンで、自由に絵を描くことができるようになっているんだけど…

汚れなきハートの持ち主である子どもたちは、純粋に素直に絵を描いていくが、上手く描かなきゃ!と、よこしまな心が働くオトナたちは、あれ〜ヒヨコちゃんってどんなだったっけ?え?アヒル?ちゃうちゃう、ひ・よ・こ!!と言ってる間に、エライものができあがってしまった。




e0112226_20124571.jpg



なんか……ヒドすぎる人がいる……
それ…エイリアンやし!!!
と、あまりの「迷」画伯ぶりに、みんなで大笑い(≧▽≦)//

アタシなんていちお、絵描きな仕事もしてるのに、ドラえもんもどきになっていまい、思わずもう1回買ってやりなおそうとしたくらい(TOT)//

なので、これから行こう!と思ってる人にアドバイス。

入口付近に職員が作ったカワイイ「見本」があるのでそれを参考にすること、デスク上の説明書内にある「ヒヨコちゃん」もしっかり見ること!デスvv




e0112226_1244090.jpg




本家なヒヨコちゃんが泣いてマス…(笑)




e0112226_1284024.jpg




さて、そんな落書きタイムが終わると麺を投入しにいく。

ハンドルをグルグル回すと、麺が1回転してカップ内にスコ〜ン♪って入るンだが、そんな単純作業もあるとないのでは大違いで、かなり楽しいvv

お次は、カップヌードル、シーチキン、カレー、チリトマトの4種からスープを、具材は12種類の中から4つチョイスする。

スープは王道なカップヌードル!って即決できたけど、具材の4種類は最後まで悶々と悩んでたから、いざオーダーする時に本日の特選素材「マッシュルーム」入れるの忘れてしまったアタシ。

しもたぁあ〜〜!!!って崩れ落ちてたら、優しいお姉さんが
「もぅ1回やり直します?」
ひええ〜いいんですか?!是非ともプリ〜ズ!!

多分、それほど人が多くなかったからだろう。親切にも再チャレンジさせてくれたのだが、今度は博物館限定、コレも大事な「ひよこちゃんナルト」を入れ忘れてしまうオマヌケぶり (TOT)///

なんか1つやったら、トコロテン式に事前の「大事」を押し出し忘れちゃうなんてホンマ大バカやわ!!!! もちろん、今回は黙って受け取りました…ハイ。




e0112226_1222452.jpg




なのでココもアドバイス(笑)。具材を目前にすると決心が挫けそうになるが、鉄の心で惑うことなく初心を貫くべし!博物館限定の「特選素材」と「ひよこちゃんナルト」はマストアイテムだと思われるが、例えば4種全部「エビ」にしてもそれはアリ!なので、せいぜい悩んでください (おいおい!!)

*ちなみに全組合せは「5460通り」にもなるそうだvv

いやぁ〜楽しかったわ〜んvvv
最後にオサレなエアバックも用意されていて満足度かなり高し!であるvv

他にも百福さんの有名なラーメン実験室模型や、カップラーメンの歴史なども勉強できて入館料は「無料!」さすが日清スゲ〜スゲ〜!!!

この「楽しかったわ〜♪♪」な気分が財布の口を緩めるのか、みなさんショップでワシワシ土産を買っている。これも戦略だとしたらこれまたスゲ〜スゲ〜!!そうそう、日本人に負けず劣らずランミョン好きな韓国人もたくさん来てたよvv




e0112226_16584232.jpg




この後、阪急のイタリアフェアと「ヤマザキマリ テルマエ・ロマエ原画展」を見にいく。

ホントに原画だけ!の展示だったが、ご存じのようにタッチの細かい絵なので、原画のペン使いはさすがに勢いが感じられた。トーン貼ってあったりホワイトベタの跡があったり昔ながらの原稿ってのもよかったvv なんか今ってみんなパソコンで描いてたりするじゃない?…という気がしたので(^^ゞ いやいやヤマザキさん、スイマセン!!




e0112226_1773276.jpg




でもっていろいろあったこの日の〆…というかコレに合わせて動いたともいえるのだが(^^ゞ 友だちが〈俺のフレンチ・イタリアン〉を予約してくれたのだvv ちなみに予約=座って食べれる。これは助かる〜〜♪♪

が、着席スペースは決して広くない。テーブルも狭く、次から次へと料理が運ばれてくるので置く場所に困るほど。パスタとステーキが一緒に出てきて絶句したけど、2時間制なので仕方ない…か。

それでも高級食材を惜しげもなく使った料理は美味しく、値段を見て二度ビックリ!例えば店一番のスペシャリテ「牛フィレとフォアグラのロッシーニ風」なんて、このボリュームで¥1280 !!!!という驚愕なお値段!

あ、この“ロッシーニ”というのは「セビーリャの理髪師」でお馴染みのグルマン@ロッシーニですvv ステーキにフォワグラとトリュフあわせるなんて、これでもかぁ〜!なドンドンドン!豪華三本立てvv ホント食いしん坊さんだったようです。

一体どんなウルトラCを使えばその値段で出せるんだろう?って思うが、コレが一番美味しかったvv 4人で7皿(前菜・デザート含) ワイン2本開けて約2万円。ワインがちょっと高めかな?でもついつい飲んじゃうんだよね(^^ゞ

もちょっとゆっくり食事ができるとよかったんだが(とにかく慌ただしい) 2皿くらいをサラッと立食するくらいな使い方の方がいいかもしれない。とにかく一度来てみたかったので満足!&チョ〜満腹!になりましたvv
[PR]
by giova21 | 2014-11-05 23:13 | にっぽんの休日 | Comments(2)
e0112226_12243986.jpg



11月3日はカアさまの誕生日。

前からしゃぶしゃぶ食べたい!って言ってたから〈福寿館〉行く?って聞いたら(いちお奈良県民なので) 〈生石 (おうしこ) 神社〉に行きたいという。

日本全国いろ〜んな寺社仏閣に行きまくってるカアさまもまだ行ったことがないというのは珍しいが、なんでも宮城の鹽竈神社、宮崎の天逆鉾と共に「日本三奇」と呼ばれているそうな。




e0112226_12384921.jpg




で、何が「奇」なのか…というと、幅6.4m、高さ5.7m、奥行7.2m、重さ500トンを超える巨岩が「石の宝殿」として祀られていることだ。

大きすぎて全部撮れません!ってくらいデカイし、単なる巨岩じゃなく人為的に彫られた溝や突起もあり、何かしら意味が込められているのがわかる。

で、ご覧のように水面に浮いているかのように見えることから「浮石」とも言われている。




e0112226_1252537.jpg




そのヒミツはこちら。

下部がご覧のように削りこまれているため「浮いた」ように見える…というワケだvv うぅむ!芸が細かい!

神社のある高砂市は古代から石材の産地として有名で、おそらく下の水盤と一緒に一枚岩から掘り出されたモノと思われる。




e0112226_1631637.jpg




なぜ…ってほら、神社の裏手に上がる階段も岩を削って作られているから、もぅ〜ここ一帯がでっかい岩山で、そこをコツコツコツコツ掘っていったんだろう。

まるでエチオピアの岩窟教会みたい!って思っちゃったvv

ちなみに掘って出た岩の欠片は、散らからないように…というより、欠片も大事なモノだから…とばかりに、播磨富士とも呼ばれる霊峰高御位山の山頂に運ばれたそうな。





e0112226_1612612.jpg




上から見るとこんな感じ! うへ〜!! 木が生えてるよ(笑)

どこでもイイ…ってワケじゃないから、選ばれた石であり場所である。ということで、播磨のパワースポットでもあるらしい。アタシはそっち方面がてんでダメで何も感じられなかったが(^^ゞ いやいや…珍しいもん見せてもらいましたvv




e0112226_1626067.jpg




自宅から兵庫方面に向かう道は慢性的な渋滞発生地なので朝早く出発したのだが、思いのほか空いており、アッちゅう間に着いたので(それでこそお金払う価値のある高速道路!ちゅうもんや!)、姫路まで行ってみることにした。

修復が終わってから初めてきたけど、ひえ〜!真っ白や!!

もちろん、またの名を「白鷺城」という姫路城ですから、白き事は良き事かな…ではありますが、なんかファンデーションが白浮きしてるイタイ女性みたい(笑) スイマセン…

まぁでも、秋空青空の下に映えてキレイですvv 観光客も多くて、車停めるのに一苦労しましたわい(^^ゞ 姫路でコレなら……やっぱ秋の京都は限りなくご遠慮申し上げたい…(合掌)




e0112226_16452488.jpg





アテクシ的にはお昼は明石で玉子焼き!って思ってたんだが、誰も逆らえないカアさまの「好古園で穴子食べたい!」のひと言で穴子に…(笑)

以前食べたのと味が落ちたわ〜なんて、いっつもひとこと言わずにはいられないカアさまのぼやきも、ハイハイ…って無言で聞き流す術を覚えたムスメは無言で穴子をパクつきます(^^ゞ




e0112226_1731751.jpg




連休だったので眺めの良い窓際は予約客に占領されちゃってたけど、窓が大きく取られ、奥の席からも庭園がキレイに見える。

お味は可もなく不可もなし…だが、ちょっと改まって誰かを姫路城に連れてくる時には便利な店かも…って思った。




e0112226_1741589.jpg



姫路城に来たのって一体何年ぶり?ってくらい久しぶりだったけど、好古園に来たのは初めてvv こんな庭園があるなんて知らなかったわ(^^ゞ

ってか…ココはいいよ〜〜!!!

趣向を凝らしたキレイなお庭がいっ〜ぱいあって楽しいし、なんといっても時折見え隠れする姫路城が借景となって実に贅沢♪♪ みんなお城に行っちゃうのか、それほど人が多くないのも三重丸♪♪ 穴場だわ、ココ。




e0112226_1819146.jpg




ちょうど全国陶器市をやっていたので、母サマのプレゼントはこちらで♪

友だちとだったら、姫路であろうと岡山であろうとこれから温泉に行ってまだまだ遊ぶ時間だったけど、ご老人たちはそろそろお疲れモードなので帰路につきます。

行きは1時間半ほど。ビックリするほどスイスイ走れたから帰りも楽勝気分で運転してたのに…世の中そう甘くなかった。

事故渋滞の時に必ず!といっていいほど耳にする忌まわしい名前「月見山トンネル付近」で事故があったらしく、ほんの数十キロに1時間近くかかってしまい泣いた(TOT)//

ここってなんでこんなに事故が多いんだろ??トロトロ運転の合間に道路に目をやったら、そこら中に事故発生を知らせる発煙筒の燃えかすが転がっててゾッとしたわ。なんにせよ、安全運転で!ですねvv

オカンもオトンも、そしてアタシも、お疲れさまでした〜♪♪
[PR]
by giova21 | 2014-11-03 23:22 | にっぽんの休日 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21