<   2012年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

2012 映画のこと Vol.11


ブライズメイズ






とにかくワロタ〜〜!!!(≧▽≦)///
クスクス〜時折、ブハハ〜な笑いがテルマエだとしたら、
ホントに大口開けて心底笑ってしまったもん。
隣のお姉さん、ハンカチで口押さえてたけど、わかりマス…その気持…

日本では馴染みがないが、花嫁の一番の親友が引き受けるブライズメイズ〜花嫁介添人の事を知ってる人も多いだろう。「ソレ=親友の座」を賭けてのオンナのバトル!ってのが大ざっぱなあらすじだが、主役演じるクリステン・ウィグ にはもぉ〜ビックラこいた!!

ビジュアルも含め、ひと昔前のラブコメ女王、メグ・ライアンを彷彿させるが、いやはやメグにココまでできないだろ!?ってくらいスゴかった!笑わせてもろた(笑) 本国では絶大な人気を誇るコメディエンヌらいしいが〜「2012年度世界で最も影響力のある100人」に選ばれるくらい〜その名前、しかと覚えたよ〜vv

男性が観るとね〜引くかもしれない。上も下もチョ〜下品だから(笑)
でもね、同性に対するドロドロ嫉妬心とか、ネバネバ対抗心とか、も〜絶対あるワケよ、オンナには。だから笑っちゃうし、ホロリもしちゃう。

好みがバッキリ二分すると思うが、こんなに笑った作品は久し振り!
とっても楽しかったデスvv






印象的に使われ、作中にも出演したWilson Phillipsの Hold On
懐かしいヒット曲に思わずペタリ♪しちゃったけど、歌詞を見ると、使われた意味がよくわかる。にしても……みんな若いな!!!!
[PR]
by giova21 | 2012-05-29 23:40 | 映画なこと | Comments(4)

2012 映画のこと Vol.10

ミッドナイト・イン・パリ





ボルドーよりキャンティ
凱旋門よりパンテオン
バターソースよりトマトソース

元来おフランスは、アテクシのイタリア愛の足元にも及ばないのだが、
これを見た後、ムショ〜行きたくなった。
大昔、2回しか行ったことないけど、もぅ1度行きたい…とすら思った(^^ゞ
そう…巴里は、やっぱりステキな街だったんである。

冒頭、丸々1曲分使って、パリの名所をなめ回す。
大好きだった80年代の彼の作品なら、それはマンハッタンだった。
なんてユルくて、なんて贅沢。
でも、それが街の匂いを運んでくる。
掴みはオッケ〜!ようこそ花の都@パリへ〜!でアルvv

男女の軽妙な駆け引き、著名な芸術家のウィットに富んだセリフの数々(彼らの作品を知っていればもっとよくわかっただろうな) は、アレン節全開!で、毒とユーモアに満ちている。こうゆうとこ、大好き!

類い希なる光を放ちながらも、腐敗臭も漂わせていた魔窟〜黄金(狂)時代のパリに堕ちた主人公は、ウディ・アレンそのものだったのかもしれない。
[PR]
by giova21 | 2012-05-28 23:14 | 映画なこと | Comments(6)

2012 映画のこと Vol.9

テルマエ・ロマエ





原作を読んだのは約3年前。(もぅそんな前なのか?!)
「丸出し」表紙が、カバーで隠れててよかった〜と思ったのも束の間。
電車の中で笑い声をこらえるのに必死だった(笑)

イタリア好きとしては、古代ローマという時代設定もさることながら、
ずっと身近で、大好き!な風呂がテーマ…というのが
アタシのキモにズズンときたマンガだった。

以来、銭湯、温泉、いさい構わず、風呂に入れば、
アレもコレもルシウスに教えてあげたい〜♪と
二次元的妄想を膨らませたものである(^^ゞ

そんな愛すべきマンガの映画化。しかも実写!である。
ええ〜?!って思ったが
「阿部ちゃん=ルシウス」見ただけで爆笑してもうた!

アッハッハハ〜〜!!!(≧▽≦)//

彼ほどルシウスにピッタリぴ衛門な「日本人」がいるだろうか?
他のキャストもだが、こんな濃ゆい俳優、よく集めたものだvv

と、他のファンの方はどう思ったかわかンないけど、アテクシ的には、
脱ぎっぷりも、驚愕顔も、しかめっ面も、原作から抜け出たような
「阿部@ルシウス」に大満足な映画であったvv

あとね〜上戸彩をはぢめてカワイイ♪って思ったよvv
ま、スクリーンで彼女観たのもはじめて…だったんだけどね(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2012-05-27 23:49 | Comments(4)

金峯山寺 青の秘仏

e0112226_16511162.jpg



“おなご”はとかく「特別」とか「限定」とか「秘」という文字に弱い。
というワケで?やって来た吉野山。

どこまでも広がり続く山に山。むせかえるような緑の世界。
ああ〜もぅ深呼吸するたびに身体が浄化されていくようvv
ってか、吉野山も〈世界遺産〉だったのね?(アホ!) スイマセン…

その昔、神々が住まう聖地として崇められた吉野山。
その中心を担ってきた〈金峯山寺〜きんぷせんじ〉

むろん今でも荘厳さは失われていないが、
参道に並ぶ土産物屋を冷やかしながら歩いてると、
うんとこさ観光気分デス(^^ゞ



e0112226_17184166.jpg




と、凛と佇む仁王さまにひと睨みされちゃったよ〜
う=ん!デカイ!立派デス!
こぅやって巡礼者にもカツ!を入れてたんだろうなぁ〜

遠くから眺めても、
アレが本堂?って思うほど巨大な仁王門は国宝デスvv




e0112226_1804842.jpg




丸太というより、もはや大木!
筋骨隆々、血管浮きまくりのおみ足は、ミケランジェロも真っ青!

足元や門の所に、巨大な草鞋が置いてある事が多いが、コレは、勇猛な仁王さまにあやかり、健脚と道中の無病息災を祈ったのが始まりだとか。

今でも女人禁制の〈大峰山〉をはじめ、険しい修験道がある吉野〜熊野間。
そらもぅ、南無南無もしたくなるよね。

*この仁王門のほん前にある〈萬松堂〉の草餅&桜餅はとぅても美味しかったよvv




e0112226_18185630.jpg




さぁさ、ようやく本堂〜蔵王堂(国宝)です。
わぁおぅ!!コレもデカイ!!!
高さ34m、奥行・幅共に36m!!

って言っても伝わらないのがもどかしい(笑)
とにかく、木造古建築において、東大寺大仏殿に次ぐ大きさである。
1952年建立というから、よくぞ残ってたもんだ…と感心もする。

そして…この本堂の厨子の中に、
今日、拝顔しにきた「秘仏」がおられるのでありマスvv

内部は写真NGだから、誠に失礼ながら、こちらのサイトから画像を拝借。
いや〜コレはよくできてるよvv
ポスター(↓)も素晴らしい!やるな、JR東海!




e0112226_18372678.jpg




その名も 青き異形の仏 蔵王権現

。。。。。。。。

まさに降臨!というべきスゴイお姿でありマス!!

これまた写真がこんな小さくて口惜しいくらい、現物はビッグサイズ!
右:6.15m 中:7.28m 左:5.92m

いやいや…こんな数字を並べるても無意味なくらいスゴイ迫力!
なんでしょ…アテクシ、しばらくポカンと放心状態でしたもん。





e0112226_18585934.jpg




とにかく巨大!ってのもあるけど、
今にもこっちに向かって一歩踏み出しそうな躍動感溢れるポージング!
飛び出す絵本…じゃなく…リアル3Dの世界でアルvvv

それが三体もあるんだから、
アッパレ参った!!ゴメンナサイ!と意味なく謝りたくなる(笑)

ああ〜でも恐くはないの。
畏怖する…って感じでしょうか。




e0112226_18562321.jpg




踏み出した足は魔を踏み砕くため。
左手の指は邪念を断ち切る「刀印」に結ばれている。

少人数づつ近くで見れるんだけど、祈るというよりは、
座禅を組んでハッシ!と肩を打たれたような気持になった。

しっかりせぇよ!と、諫め叱ってくれる仏さまデス。この蔵王権現は。
よいものを拝ませてもらったよ(>_<)//


拝観は6/7(木)まで。
次はいつ見れるのか全くわからないので、機会がある方は是非!とお薦めします。拝観料1000円は最初高いって思ったが、持ち帰りできる専用靴袋と護符がついてくるし、並べば何度でも足元近くで見ることができるので、満足度高し!でありますvv





e0112226_19464682.jpg



〈オマケ その1〉

字面を見るとちょっとコワイが(笑) 足腰の鍛練とボケ封じ?のために
吉野の脳天さん♪と言われてる〈龍王院〉に寄ってみる。
覚悟してたけど、450段の石段往復はキツかったぁ〜〜〜(TOT)///

頭をなでなでしてもらおう(誰もなでてくれません!) と思ったのに、酸欠ヒザ砕け状態でソレどころじゃなかったわ…





e0112226_19585740.jpg



〈オマケ その2〉

近くに長い吊り橋があったので、ちくと寄り道vv

うぅむ…そこそこ立派だが〈谷瀬の吊り橋〉には劣るな。
と、フンフン鼻歌@気分で歩き出したんだが……




e0112226_2071121.jpg




ぐ、ぐぐぐぅう〜〜!!!!
この「ビミョ〜」なすき間はコワイがな!!!

で、コレって「板」でしょ??
なんつぅか〜パリンと割れて真っ逆さま!ってことはないんでっか?(汗)
前言撤回!かなりのスリルを味わえます!

この吊り橋がある〈黒滝・森物語村〉はなかなか良い施設。
行くのが遅くてみんな閉まってたけど(笑)


つい忘れがちだが、ココ奈良県南部も台風12号による甚大な被害を受けた。
東北支援もままならぬなら、せめて地元でお金を落とそう!!

電力不足が囁かれる今夏、市内よりずっと涼しい南部の山中に出かけよう!って新聞記事も出てたしねvv そうだ、コレからは奈良中南部で!!

*奈良県南部地域復興支援プレミアム宿泊旅行券 7月追加発売予定

*がんばろう みなみ大和
せっかくゲットしたのにスタンプ押し忘れたバカはアタシです…
次回、次回にね(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2012-05-26 23:51 | にっぽんの休日 | Comments(4)
e0112226_1525136.jpg



アタシの仕事があと100倍儲かってたら、間違いなく彼女を「秘書」として雇う!って思うくらい目端の利くS嬢が、早々に「日食グラス」を格安ゲット!貴女ってホントエライわ〜〜(惚)

という金環日食!でしたが、みなさん、見れましたか?

1人じゃあ〜見ないかも!と、前夜からK嬢宅に泊まりこんだのはイイが、いつものごとく深酒してしまい、オマケに目覚ましでムリクリ起きたらどんより曇り空。こらあ〜あきまへんわ!って二度寝してしまうところだった。ヤバイヤバイ!



e0112226_15134971.jpg



でもこの「曇り空」が功奏!肉眼でもじゅ〜〜ぶん見えるではないか!
もちろん、雲間からのぞく数秒が命!だったが。

問題は、アテクシのiPhoneでは白く飛んじゃって全く全然撮れなかったこと。K嬢の「パカッ@ケイタイ by D社」がこんなにちゃんと撮れるなんて、ちくと…いや…だいぶ!!口惜しかったわ!!!

ま、そんな低次元の話はおいといてぇ〜(笑)

キレイじゃあ〜〜ないですか!!うんうん♪♪

この日はみんなとってもステキな写真上げてたけど、それに比べたら、
コレって、おどろおどろしいロード・オブ・ザ・リングな世界!
闇の王サウロンの目ン玉が出てきそうだわ (笑)

でも…ちょっとホントに「指輪」に見えるでしょう?

22年前!のドリカムのヒット曲「時間旅行」に、今日この日の金環日食の事が歌われていたのは周知の通り。美和ちゃん、スゴイぜ!!
世紀の天体ショー 楽しかったデス♪♪






ひとつ…惜しむらくは、外に出て木漏れ日も見ておけばよかったこと。

アホさ全開!無知丸出し!だが、、、、
太陽が欠けてるってことはお日様の光も欠けて届くんだね♪
こんな不思議なキラキラが見れたなんて!…ちっ!(TOT)//

さて、この日食メガネ、今回でお役御免!ではなく、
次回、6月6日におこる(も〜すぐですよ〜〜!)
〈金星の日面通過〉にも使えるから、捨てずに活用すること!でありマスvv
[PR]
by giova21 | 2012-05-21 23:02 | 今日のできごと | Comments(2)
Gianni E Le Donne 〜 ジャンニと彼をめぐる女たち





去年は1日4本!も観た「イタリア映画祭」

今年は座布団持参!でシネマ@マラソンするぞ〜!と意気盛んだったのに、グダグダしてたら、な、なんと通し券 売り切れ〜!!OMG!!

となると、それぞれ観るのにそれぞれチケットが必要になってくる。ぶっちゃけ、4本分=5600円の出費はイタイ(前売り値段で…) なので誠に不本意ながら今年は「最後の1本」だけ観ることにした(^^ゞ

それがこちら「ジャンニと彼をめぐる女たち」

早期リタイアし悠々自適な生活を夢見てたジャンニだが、現実は妻や娘、階下の(若い)女性の使い走りに奔走する毎日。とどめはTVが映らないだけで息子を呼び出す年老いたマンマ。違う違う!俺はまだ男だし女性にモテたいんだ!…と心中で叫ぶジャンニ…でも実はとってもナイーブ。

スーツを新調したりヨガを始めたり、男をあげるために奮闘するが、全てが「見逃し」三振!ココんとこ、同世代の男性諸氏は身につまされるかもしれないが、女性であるアタシはプププ…と笑ってしまう(失礼)

「あなたの夢を見たわ」って美人ヘルパーに言われウットリしながら続きを即すと「あなたは私の……おじいちゃんだったの」(≧▽≦)//// ヤラレタ〜


どこか気が弱くてイイ人@ジャンニを演じたのは、その名もジャンニ・ディ・グレゴリオ。監督・脚本・主演をこなし、ユーモア&皮肉のスパイスに、お色気サラリな所も、ウディ・アレンぽい作品と思いました。

ああ〜1本じゃあ〜さすがに物足りない!けど、1本なのに既にお尻がイタイ!ってこれ、ど〜ゆ〜こと?? 盟友Y子は連日オールで鑑賞。ちゃんと座布団持ってきてたが(笑) アタシの場合、彼女の3倍厚い座布団持ってこないとダメだな…(TOT)/// ギャボ


〈予告〉
モレッティの新作「ローマ法王の休日」コレはオモシロそうだよ〜〜!!!



[PR]
by giova21 | 2012-05-13 23:13 | 映画なこと | Comments(2)
e0112226_11285719.jpg



今年のGWはコレ一色に染まってました。 → 〈平城京天平祭〉

地元ながらこんなイベントがあるなんて全然知らなかったのだが(^^ゞ
友人が実行委員会のお手伝いをしてて誘われ、
じゃあ〜みんなで楽しもうやないか〜と「コスプレ好き」(!?) が集まり
大いに盛り上がったワケである(笑)

といっても、県と市が主催するちゃんとしたイベントである。
本番前には当時の衣装の時代背景や歩き方の勉強会もあり、
みんな結構?真剣モードに突入。本番を迎える。

参加者350人以上…だったかな?(凄!! )
平城京を納めた歴代天皇(元明・元正・聖武・孝謙・淳仁・称徳・光仁) に光明皇后、記紀万葉グループを加えた総勢九隊が、それぞれの時代衣装で行列するこのイベント。ハッキリいって豪華絢爛@ゴージャスでゴザイマスvv




e0112226_19584756.jpg




アタシや ukoクン、Dチャン、Mチャン、Y子他が一緒になった〈淳仁天皇〉にお仕えする女官グループvv

手に持ってるデッカイ扇子みたいなのは「翳〜さしば」といって、人前で顔をさらさぬよう隠すための道具である。なので我々は「高貴な女官」だったのだvv 「翳〜さしば」は時代によって形態も様々で、我々の隊が一番大きく立派であった! → ちょっと重かったけど最後、舞台にあがる役得あり♪

しかぁ〜しぃ!こぅやって見ると高さも向きもバラバラやしぃ〜(>_<)// そこはシロウト集団のユルサ全開!(笑) あんだけ?練習したのに歩幅も合わなかったし…(^^ゞ

それでも「馬子にも衣装」(笑) 沿道に並ぶたくさんの見物客からカメラを向けられ、まるでカンヌのレッドカーペットを歩くスター気分 (違!!) いや…最初はちくと恥ずかしかったけど、最後は「快感」になってたわ(^^ゞ




e0112226_1229535.jpg



RチャンやKチャン、Aチャン、センパイたち他の〈光明皇后〉グループ。
先頭の皇后様は「ミス奈良」がお努めされましたvv
やっぱこぅゆう役をするのは「若い」女性の方がイイよね(笑)

彼女ももちろんキレイだったのだが、一番注目されてたのは、ミスユニバース(奈良代表) 扮する〈称徳天皇〉 なんせタッパはあるは、カメラ慣れしてるは…で、女帝姿がバッチリ決まってましたvv

よって最後、彼女を取り囲んで大撮影会が!!(笑)



e0112226_1256330.jpg




我々の中で一番位が高い〈額田王〉に大抜擢された悪友K嬢。
「下々の者たち ひかえおろぅ〜」と鼻息荒かったのに、
ミスユニバースの前ではすっかり大人しくなっておりました(爆)
いや…君も新地のママみたい…じゃなくて…キレイだったわよ♪





e0112226_13241668.jpg



この日は雲が厚く晴天とはいえなかったが、それでちょうどよかった。
だって…いろいろいろいろいっぱい!着込むワケです。暑いです!
全てのイベントが終わり着替えに戻る頃には、みんなの頭ン中…

早くビール飲みたい!!

ったく…天平美人?も台無しでありマス(笑)

もちろん盛大な打ち上げ会 (by 飲み放題) をして、
大いに気炎をあげた(あげすぎ?(笑) のは言うまでもありませんvv



e0112226_1484625.jpg



天平時代の勉強もでき(?!) おまけにキレイな衣装も着せてもらって、
とってもタメになり楽しいイベントでありましたvv

来年も参加しよね〜♪なんて盛り上がったけど、忘れちゃいけません。
陰で支えてくれた大勢の人たちの努力と尽力があってこそ…なことを。
感謝感謝の大合掌であります(>_<)//
そして…我らがリーダーRにも、大きな拍手を贈りたいと思いマスvv
[PR]
by giova21 | 2012-05-03 23:28 | 今日のできごと | Comments(4)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21