<   2012年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2012年 春の三国詣 2. 

e0112226_1564613.jpg



翌日は早起きして、メインイベント@山菜狩り♪

昨日と同じ、とても良い天気で暑いくらいだったが、
地面の中はまだ冷えてて、山菜にとっての「春」になってないそうだ。
だから探すのもいつもよりずっと手間取った。

ガサゴソガサゴソ…ガサガサガサ…
茂みをかきわけ、よぅやく見つけたゼンマイ@ファミリー

う〜ん!でも子どもたち、まだ小さいね(TOT)//
採るには忍びなく、バイバイする。

といってもこの季節、早朝からジモティが繰り出し、
根こそぎ採っていくので、この一家の行く末も長くはあるまい (合掌…)
せめて美味しく食べられてくれ!



e0112226_15204497.jpg




山菜の中ではいつも薪のごとく大量に採れるワラビも不作で、
そないな「ゴメンなさい」ポーズされても…って苦笑い。

でも…ゴメン 採らせてもらうわ! ポキ……

山菜@マイスターK母によると、だいだいワラビやゼンマイ、タラの芽が、
同時期に採れるのってオカシイらしい。
(ちょっとづつずれていくのが正解)

これって温暖化とか自然環境が崩れてきてるからだよね…きっと。
え〜ん、そのうち採るのはもちろん、山菜すら食べれなくなるのか?




e0112226_1651012.jpg



足元に生えてるワラビやゼンマイに比べると、
収穫難易度が圧倒的に高いタラの芽。

鋭いトゲに覆われた木はまさに「凶器」で、採るのも命がけである。
しかもとびきり美味ときてるから、みんな血眼になって探す(笑)

なもんで、生き残っているきゃつらは、
思わずウゥム…と唸ってしまうような先っちょに
「どうだ?採れるもんなら採ってみろ!」とばかりに生えている。

でも……
「口福」のために、みんなで力をあわせてタラの芽に立ち向かうぞぅ!

2人がかりで木をしならせ、ヨイヤシャア〜!!と芽を摘み取る。
女ヘラクレスなK嬢が、力余り「折ってしまった」木もあったことは
本当に本当にナイショな話……(笑)

人間ってヒドイよね…… って、お前が言うか?!な話ですよね…スイマセン




e0112226_16303019.jpg



そこら中にひっかき傷をつくりながら奮闘したお陰で
今回はタラの芽が一番の豊作でありましたvvv

ちなみにタラの芽は「二番芽」まで摘んでいいとのこと。
それ以上採ると木が枯れちゃうし、小さな新芽も採ってはいけない。

そこはマイスター@K母の指導に従ってきた私たち。
持ちつ持たれつ…マナーも大事にしながら、
いつまでも自然と仲良く(美味しく) 付き合っていきたいものである。




e0112226_1637155.jpg




朝採りタラの芽を天ぷらにしてお昼にいただく。
この日はなんとオリーブオイル揚げ♪
全然しつこくなく美味しかったデスよvv

ココで何回も三国山菜狩りレポートを書いてるし、
毎度同じことを繰り返し書くが……言わずにはいられない。

だって、んとぉお〜〜に

ウマぁ===イっ!!! のだ!!

刻々と変わる「旬」を、自らの手で採って食べるほど美味しく贅沢な事はない。ソレを与えてくれる三国のご両親には、これも毎度の事ながら、いくら感謝してもし足りない♪♪本当にありがとうございます!!


と、ご満悦な三国詣でだったのだが、
とんでもないモノをもらってきてしまった。。。。

山菜狩りの時、左右のくるぶし付近を虫に3ヶ所噛まれたのだが、日が経つにつれ痒みが増すし腫れてくるし「蚊」にしてはなんかおかしい。しかも1ヶ所は水ぶくれに!!!OMG!!! コレは一体なんなの??!!

こたえ = ブヨ  (注:虫の写真あり)

名前は知ってるけど、そんなん噛まれるなんてはぢめて!!である。

発熱しなかったし (本人気づかず…(笑) 寝れないほど痒かったワケでもない。でも参った!!噛まれて半月以上経つのに触ると(触るな!) まだ痒いし、醜い傷跡がバッチリ残ってる。なんとこれ、完治するのに「半年以上」かかる事もあるんだとか!!(TOT)/// アリエナ~イ!!

我が娘が膝を割り大流血しても、
眉ひとつ動かさない元看護婦、K母がクールに言い放つ。

「ブヨに噛まれたんやね〜顔じゃなくてよかったねぇ〜」

お、おかぁはん!!こんなんに顔噛まれたら……ゾオォ〜(汗)

とにかくっ!!ブヨは…

痛い!痒い!酷い!  バカヤロ〜〜!!!

これからの季節、山歩きする人も多くなると思うが、
本当に本当に、冗談抜きで本当に「ブヨ」には気を付けて!!!
[PR]
by giova21 | 2012-04-29 23:02 | にっぽんの休日 | Comments(8)

2012年 春の三国詣 1. 

e0112226_1846161.jpg




恒例、春の三国詣ででございます。

ココは越前大野のさらに東、九頭竜湖。
あと30キロほど走ると岐阜県である。
遠く見え隠れする山の頂には、まだ雪が残ってます。

北陸の春は大阪のソレと比べ遅いのはわかっているが
こんなに満開の桜がまだ見れるとは思ってなかった。

キレイだね〜〜〜♪♪




e0112226_1857216.jpg



地図上で見ると東西に長く延び、
ホントに龍が飛んでるみたいに見える〈九頭竜湖〉

お天気がとってもよかったので、湖畔で下りて山の遊歩道に入り、
「静御前の滝」というカワイらしい滝を見てきた。→汗だく!(笑)

木陰からチラチラ見える湖面も、また美しvv





e0112226_19204285.jpg




湖沿いの道はドライブルートとしても楽しいが
(S字カーブが続くのに、桜に見とれて事故りそうになる(笑)
〈越美北線〉が通ってて、カワイらしいワンマン列車が走ってる。

のどかな地ゆえ、線路の上もザカザカ平気で歩けて、また楽し♪♪
(エセ) 鉄子の血が騒ぐ(^^ゞ

サイクリストも多く見かけ、思わず師匠の事思い出す。
うん、いいコースだと思うよ、ココ。
(ドライバーからしたら恐いけど…)





e0112226_1938049.jpg



終点九頭竜湖駅から2つ戻った勝原駅では〈ハナモモ〉が満開乱れ咲き!

一枝はもちろん、こんな立派な〈ハナモモ林〉見たことないよ〜♪
紅白、なんだかとってもおめでたい気分になる(笑)

美しいハナモモ、味ある駅舎、傾きかけた日の光、全てがイイ感じ♪
なんかね〜

足を洗い故郷に戻ってきたチンピラが追っ手に見つかり、線路上で銃撃戦が始まる…とか、詰め襟とセーラー服(ココ肝ね!)のカップルが純情を語る…とか、柴犬 (ココ肝ね!) 連れた老夫婦が老いを振り返る…とかとか、映画のワンシーンがすぐできそう♪

え?こんなこと「妄想」してるアタシってアホですか?
はい、アホですね…(^^ゞ


さあ〜早く帰らないと怒られるぞ!!
と、その前に温泉!!

〈九頭竜温泉〉の露天風呂には桜の花びらがチラチラ舞い落ちて、まこと風流なり♪ 福井の温泉は行き倒したと思ってたが、ココは初めてだったよvv




e0112226_20291031.jpg




あぁ〜腹減った〜と帰れば、Kちゃんご母堂の手料理が卓を埋め尽くす。
筍、ワラビ、ウドにおひたし煮っ転がしetc… バンザイにっぽんの味♪
ビールもいいけど、日本酒が進んで困る困る!!(幸)

本日の絶品!は、中央の黒い肉塊vv
コレはK母お手製の「鹿肉の塩麹漬け@燻製 」である。

猟師〜知人〜Kちゃん上司〜Kちゃん…と、もらった人みんなが調理に困り、回り回ってK母に託されたモノ(笑) アタシも前もらって、赤ワイン煮なるものにトライしてみたけど、固くて上手にできなかったのよね〜 (>_<)//

まだ結構固いが、チップのスモーキーさがグ〜だし、さすがの塩麹で、噛んでも噛んでも旨みが溢れてくる。これから「鹿肉→K母行き」決定ですねvv

まだある…って言ってたかなぁ?
どなたか「鹿肉レシピ」をご存じなら教えてくださいましvvv
[PR]
by giova21 | 2012-04-28 23:46 | にっぽんの休日 | Comments(2)
e0112226_15324353.jpg



ご縁があり劇団四季の〈サウンド・オブ・ミュージック〉を観にいった。

何百回でも言うが、アテクシの大好き映画ベスト3!大好きミュージカルベスト1!に輝く名作である(>_<)///
なのでちくと思い入れが強すぎたかも…しれない。

歌はイイのよ、もちろんvv

でもあの劇団四季風っていうんでしょうか。
独特のセリフ回し〜そんな風にしゃべってたら顎関節症にならない?ってくらいのカクカクしゃべりが耳につき、気になって仕方なかった(^^ゞ
こぅ〜折れ線グラフじゃなくて、曲線グラフにならないんでしょうか?

って…あんまり言うと怒られますね…スイマセン…

この折れ線グラフ…子役にもまんまと踏襲されてたが、
映画も舞台も、子どもたちはカワイイもんである♪

が、陰ではこんな努力が………







うっ…芸の道は大人も子供も容赦ない。
そこは劇団四季、ホンモノのプロである。
熱くなるママたちのキモチもわからんでもないが、
ココから、未来のマリアやエルファバが生まれるとイイね♪



Gleeのレイチェル&カートのデュエットもすンばらしい!が、同番組にゲスト出演もした Idina MenzelKristin Chenoweth の本家本元 Defying Gravity ( by Wicked )
くぅう〜〜すごいゲストだったんだなぁ〜(>_<)///

あ。。。最後ハズした!惜しい!!!(違)

Idina@グリーンエルファバ恐い!(違)





Wickedもステキな作品だが、この歌、だぁ〜い好き♪♪

やっぱミュージカルってステキ♪♪♪
も少しエコノミコに観れたらもっとイイんだけど。。。
あらら…
サウンド・オブ・ミュージックの話がエライ飛んでしまったわ(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2012-04-25 23:43 | 音楽なこと | Comments(2)
e0112226_11413386.jpg




いつも遊び回ってるよぅですが「たまには」親孝行もいたします(^^ゞ

と、オカンのリクエストで親子3人で行ってきたのは、
堺の〈南宗寺〜なんしゅうじ〉

仏殿の天上に描かれた八方睨龍(はっぽうにらみりゅう)は、
文字通りどっから見てもガンが飛んできて(違!) 迫力満点でございます。




e0112226_11365791.jpg



フェチにはたまらない土塀があったり、
堺といえば利休!の千家一門の碑や、
実は家康はココ南宗寺で絶命した?!という謎の墓があったりと、
なかなかに見所の多い寺である。

お茶会が開かれていて、
枯山水の庭園がゆっくり見れなかったのは残念だったが。




e0112226_11521978.jpg



堺に来るのは久し振りだが、
「美味しいもの」がたくさんあるので大好き♪な街である(笑)

が、〈ちく満〉の熱盛りせいろは食べた事なかったなぁ〜
さすが我が母、足が悪くなる前は関西一円歩き倒しただけあり、
いろいろよく知ってます(今日のリクエストも父のため)

モチッフワッってしたちょっと変わった蕎麦でね〜(蒸してるから)
むっさ濃い出汁に生卵割り入れて食べるの。
生卵なんてご勘弁!って思ったが、辛くてそうしないと食べれないのだ…

蕎麦は江戸ッ子なアタシにしたら、コレは蕎麦かいな?って感覚だったが、
モノは試しでよかった(まぁ〜美味しかったし)




e0112226_12173385.jpg



南宗寺周辺〜宿院は食い倒れ銀座といってもいいほどウマイ店が集まり、ハシゴするのに便利だが、ココは本店でしか食べれない氷を食べに〈かん袋〉にゴウゴウ!〈かん袋〉ってとぉきどき催事で出店してるけど、アッちゅう間に売り切れるから、口にするのもとっても久し振りvv で、やっぱ間違いなくウマウマウマ〜♪(幸)

両親も氷くるみを食べるのは初めてだったから喜んでたし、もちろん!土産も買って帰る。ちなみに我が家の「梅干し」は〈かん袋〉の陶器壺に入っている(笑) →自宅用にはポット(プラ容器) で充分デスよ♪

久し振りのくるみ餅に浮かれてしまって、ケシ餅の〈小嶋〉を忘れてしまったのは大チョンボだが、百貨店でイージーに買える〈小島屋〉と、こちらの「本家小嶋」は全く違う店。堺でしか食べれないので、行かれた方は是非に〜とお薦めしたい。

ふぅ〜さて後は、コレもお約束の〈深清鮓〉で穴子寿司を買ってぇ〜と、アレ?両親と一緒でもやってることいつもと同じ?(笑)



e0112226_1331751.jpg



いやいや…〈与謝野晶子文芸館〉に行ったり(げげ!彼女って堺出身だったのね?) 市役所の展望ロビーから〈仁徳天皇陵〉を見たり、ちょっと毛色の変わった事も楽しみましてんvv

でも…堺はまだまだ見所の多い街。世界に名だたる自転車(パーツ)メーカー〈シマノ〉のお膝元であるからか、レンタサイクルも格安で借りれるし (¥300〜 比較京都¥1000〜) ソフト面も充実してる。次回はバイバイバイセコ〜で楽しんでみたいと思う。

*サイクルライフさかい
*さかいコミュニティサイクル
[PR]
by giova21 | 2012-04-22 23:24 | にっぽんの休日 | Comments(2)

2012 映画のこと Vol.7

ドライヴ






アタシってつくづく「浮気性な女」だと実感した。

ついこの間までドラゴン・タトゥーの女にメロメロだったのに、なんなのアンタ?そのカッコよさ!一時一秒足りとも目が離せなかった本作のライアン・ゴズリング。脳天までシビれたわ!!

虫も殺さぬ優男の風体で、その実、誰よりも熱く、クール。そして無垢。
唇のひと曲げで、伏した瞼で語る無口な男が恋に堕ちる。
しかしそれは、危険なゲームの始まりだった。

唐突にはじまる2人の関係には若干異を唱えるが、冒頭数十分で「ヤラレタ〜!」とのけぞってしまった。エッジーでスタイリッシュ、時に覗く古典的フィルムノワールな映像美!音楽もキレにキレてて、こんなとんがった映画が撮れるハリウッドって、まだまだ捨てたもんじゃないって思った。

R-15指定である。過激なシーンも少なくない。
そんな乾ききったスクリーンの中で、オアシスの如く魅せてくれたエレベーターでのキスシーン。こんなに美しいキスシーンは記憶にない…ってくらいステキだった(>_<)///

かなりムリくって観に行ったけど「来てよかった〜!」って思ったし
見終わってから「もう1回観たい〜!」とも思った(^^ゞ

〈薔薇の名前〉の異端者サルヴァトーレ(役) とか〈ブロードキャスト・ニュース〉 のA・ブルックスとか、脇を固める俳優陣も渋くて「ワル」(笑)
秀作デスvv
[PR]
by giova21 | 2012-04-15 23:35 | 映画なこと | Comments(2)

2012 映画のこと Vol.6

ヘルプ 心がつなぐストーリー






アカデミー賞(助演女優賞)を穫らなければ、単館上映で終わってしまったのではないかと思われる作品だが、受賞で、長期間シネコンで上映されたことがとっても嬉しい♪ エラソに言うなら、この素晴らしい作品を多くの人に観てもらえる機会が増えたんだから。

「たった」50余年前にこんな世界(人種差別) があったとは信じられないが、それが事実。むろん当時の苦境や苦悩は映画の比ではなかったと思うが、彼女たちは機知と勇気をもってして、人生を切り開いていく。

重いテーマでありながら、泣いて笑って眉根にシワ寄せて…と、醜も悪もひっくるめ、人としての喜怒哀楽がミッチリで、それらを演じ分けたキャラだち極める登場人物全てが魅力的♪ 衣装を含め美術もステキ♪

と、アテクシ的に非の打ち所がないパーフェクトな作品vv 3Dや派手な特撮なんていらない。映画って本来こうあるべき(役者と本がキモ) ってしみじみ思った。ぜひ是非観て〜〜!と声を大にしてお薦めしたい。

コレも原作を読んでみたいわ♪じゃなく「読むべき」本だと思った。
[PR]
by giova21 | 2012-04-14 23:16 | 映画なこと | Comments(2)

2012 映画のこと Vol.5

ドラゴン・タトゥーの女






以前からずっと読みたいと思いつつ先に映画を観てしまったが、とってもオモシロかったvv 主役の2人が脳内に焼き付いてしまったので、3部まで作られた北欧版の映画はとても観れない。友人はそっちも面白かったと言ってたけど(^^ゞ

こんなヒロイン今までいたか?ってくらいドラゴン・タトゥーの女=リスベットが強烈!!惚れそうになるくらいカッコいい!

洋画のキャプションづけがヘタクソな中、作品につけられた「悪だけが唯一悪を制す」コレは花丸あげたいくらい彼女にピッタリ♪で、 とにかくこのメンツで、残り2作を是非とも作って欲しいものである。

さて…

映画を観て原作をどぉ〜しても読みたくなったところ、ラッキーな事にMチャンから原作〈ミレニアム〉三部作を借りることができた。

ひえええ〜〜!!!!これはいかんぜよ!!!
オモシロすぎて寝れない!!いやまぢで!
そう…まるでミステリーの満漢全席!!!(笑)

しかし決して飽きないし、お腹いっぱいになることもない。もっともっと!と、気が付けば夜中の3時…という事が何度あったことか(笑) いやはやスゴイ書き手さんである。この成功を見ることなく急逝したことがたいへん惜しまれる(>_<)//

現在、最終コーナー、三部の下巻を文字通り夢中になって読んでいる。読破したらミレニアム虚脱症状にならないか、ちくと心配な毎日である(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2012-04-13 23:30 | 映画なこと | Comments(2)
e0112226_18293773.jpg



4月某日 その2

このアホみたく派手なバスなんですのん??
へえへえ〜これで新世界行きますねん。
なんと「無料」ですねんvv

でも乗り込む所を見れたく……ない……

なぁ〜んて、これぞ大阪!派手派手ウエルカム!である(笑)

〈新世界〉100周年にあわせて運行されてるこのバス
いっちょまえにラテン語名がついていて、
NOVUS(新しい) 号とMUNDUS(世界) 号(2台ある)
あわせて「新世界」という、これまたベタなオチがついている(笑)

たまりまへんなぁ〜〜〜

ちなみに…
バス内に置いてあるチラシには「串カツ2本無料券」がついてるので
「必ず」ゲットすること!




e0112226_18455114.jpg




塔といえばスカイツリーなご時世だが、負けるな通天閣!!

ということで、ビリケンさんが一回り大きくなったり、
秀吉の金の茶室を模した展望台ができたり、
いろんな所がリニューアルされている。
*詳細はこちらで

無料券があったので久しぶりに登ってみる。
この時はまだリニューアルが済んでなかったけど、
それでも、展望BARとかルナパークのジオラマとか、
なんか目新しいモンがいっぱいあったvv




e0112226_18544796.jpg



そんなん言われても…………(^^ゞ

思うに……

〈スカイウォーク〉でチビッコするチビッコがいる…のかもしれない…うむ




さてさて何で新世界ツアーしてるかというと、
Sヤンが〈ポンパレ〉で20串分?のチケットをゲットしてくれたから。

いつもは〈だるま〉に行くんだが、コレを機に、行ったことない店を回ってみよ〜と、1店5本程度に納め、3軒回ったのだが……

串カツにはビール!こらもぅ〜お約束ですよね?がしかし、河岸代える度にビール飲んでると、当然お腹も膨らみマス…。よって、この3軒でもぅ限界アウト!(笑) チケットも全部使い切れなかったし(>_<)//
でも…消費期限がまだあるので、また行こうっと♪♪





e0112226_1930016.jpg




今やすっかり観光名所となって賑わってるが、
10年以上前、まだまだディープな匂いが立ちこめてた新世界に初めて来たときにゃあ〜、そらぁ〜いろんなカルチャーショックを受けた。

そのひとつ。
自販機全て「カップ酒」

文字通り「瞠目」した(笑)

ってか、今も当たり前のようにあるんだから、コレが新世界基準!
スゴイところである。




e0112226_19462070.jpg




今日は新世界はぢめて!な、Aお姉サマも一緒だったので、
せっかくやんだからとことん浸ってもらぉうじゃあ〜ないの〜と、
ジャンジャン横丁を抜け、飛田新地までやってきた。

ココも久しぶりに来たが、
歩くには、やはりはちくと勇気がいる。

妖しい光を浴びながら、開け放たれた玄関前に鎮座する女性たち。
むろん正視できない。いろんな意味で。

少なくとも観光気分では決して歩けないが、
ココが、日本に残された希有な場所であることに間違いないだろう。





e0112226_1956890.jpg




深窓のお嬢さまを連れてくるには酷だったかもしれないが、
古い遊郭をそのまま使った〈鯛よし百番〉に来てみたかったんデス。
スイマセン…前、行き損ねたもんで…(^^ゞ

潰れてる?ってな有り様だったが(それでも国の登録有形文化財!)、予約が入った時だけ営業してるみたい (ナンダソレ?) でもちょっと中に入ってみたい。





e0112226_20342075.jpg



みんなまだ串カツが消化されてなかったけど、ココまで来たんだから、がんばって?〈なべや〉で〆たいもの。

時期的に終わりだろうと思ってた牡蠣がまだあってラッキ〜♪♪ この牡蠣鍋と鶏ミンチ鍋、名物のマグロをしみじみ4人で分け合い……あれぇ?なんかお酒進んでる?え?もう1つ鍋食べるって?…( ̄▽ ̄;)…

口が変わればなんとやら…
串カツはムリでも鍋はオウケイ!だったようデス(笑)
それと…甘いお芋もモ〜マンタイでした→ 定番コース〈嶋屋〉

アタシらやるや〜んっ!!(違!)

ふへ〜〜お腹いっぱ〜〜〜〜い!!!な新世界ツアーでありました。
[PR]
by giova21 | 2012-04-11 23:28 | ウマイもんの話 | Comments(4)
エライこっちゃ〜!で放置状態のコチラ……(汗)
FB始めてからアッチもコッチも…とすっかりワヤになってマス(>_<)//
とにかく4月、このままじゃイカン!

ということで備忘録いきま〜す!(by アムロ風)




e0112226_17431731.jpg



4月某日

ワインバー主催の〈丹波ワイナリー〉ツアーに参加。

1人1本、ワイン持参!とのことで、バスの中で早々に宴会が始まる!
しかもみなさん「My」グラス持参(笑)

もちろんアテクシも持っていきましたけど(^^ゞ
貸し切りバスにふんぞり返って、朝から飲む嬉しさも束の間。
調子こいて飲んでたら、こらぁ〜酔うってば!!( ̄▽ ̄;)

20人以上いたから、その半分を行きしなに消費。
強者揃いだから、みんなスゴかったっす〜〜




e0112226_1755155.jpg




ワイナリーの見学・試飲の他に、植樹体験があり、
みんなで、カベルネ・ソーヴィニヨンの苗木を植える。

苗木といっても、知らなければ、ただの「棒っきれ」みたい(笑)
それでも、お日さまや雨粒を受けながらコレが大きく育ち、
やがて美味しいワインになるんだと思うと、かなり感慨深い(>_<)//

口にする、手にする最終形態の元の元、根っこを知る事は、
それがモノであれ食べ物であれ、何でも勉強になる。
この日はオソロシク寒かった!!んだけど、イイ経験ができてよかった。





e0112226_17542353.jpg




アタシが植えた樹がこんな風に一人前になるのは一体いつだろう??
ワインって時が紡ぐ飲み物なんだね〜しみじみ…

この後、ワイナリーで昼食を食べ、もちろん飲み、帰りのバスでも飲み…
いや…もぅアタシ、途中で撃沈、爆睡してました(^^ゞ

こぅゆう催しに参加したのって初めてだったけど楽しかったデス♪
台湾から帰ってすぐだったから辞退しようとも思ったんだけど
誘ってくれてありがと〜〜♪♪である。
次は秋の収穫祭があるそうだから、ソレも楽しみだわvv
[PR]
by giova21 | 2012-04-09 23:31 | ウマイもんの話 | Comments(2)
e0112226_13552227.jpg




既に2回行ったし、ちょっと違うとこで食べてみたい気もあったが、
ホテルから歩ける距離…となれば、やっぱ行かずにはいられない(^^ゞ
土曜日だったし、大行列覚悟!で行ったけど、大丈夫でしたvv

常連気取りでいつものセットvv
やっぱココは「全てが」美味しいわ♪♪(幸)

阜杭豆漿 台北市忠孝東路一段108号2F-28





e0112226_1415372.jpg






ココはパリのチャイナタウン?ってな迪化街で、師匠の雑草茶を買い、





e0112226_14261477.jpg






調子こいて裏通り歩いたら、ちょっきり迷い、





e0112226_1437424.jpg






ようやく目当ての茶問屋に着いて、

林華泰茶行 台北市重慶北路二段193号





e0112226_14484968.jpg




お気に入りの豆花屋で、どれどれひと休み。


古早味豆花 台北市民生西路210号


特に調べてこなかったから、まんま以前のコースを焼き直し(^^ゞ


それでも…




e0112226_1574116.jpg






こっちエリア 龍山寺に来るのは、んとぉ〜に久しぶり♪


でもお目当てはお寺じゃなく…





e0112226_15224999.jpg






赤レンガがステキな「剥皮寮歴史街区」






e0112226_15505671.jpg






清の時代から日本統治時代、そして現在と、
いろんな様式の建物が、うまく調和して、
レトロでオシャレな雰囲気を醸し出していている。






e0112226_1664253.jpg






だから…
ソレはソレでとってもステキ♪だけど、古い家屋が並ぶだけの老街じゃなくて
見てると「アート」を感じるんだな。






e0112226_16144697.jpg






隣接する壁面も一工夫。
たいへんよくできました!なのは、お隣、小学校である。






e0112226_16221161.jpg





緑も多く、のんびり散策するにはピッタリのところ。
台南〈神農街〉のように、夜のライトアップもキレイだろう。

こんな所に、こんなステキなとこがあったなんて、
台北もまだまだ奥深い。





e0112226_16322394.jpg



見逃して(>_<)// だった〈モンガに散る〉 のロケ地ともなった。
この時も何某かの撮影が行われていました。






e0112226_16584188.jpg



台湾の最後メシは、餛飩〜ワンタンで。
今日で3回目らしいが「2回目」覚えてないし…(^^ゞ
ココのワンタンが大好きなKチャン。住所も知らないのによく来れたね(執念?)

小腕で6つ入ってるのだが、その大きさたるや、これお稲荷さん?ってくらい超BIG!!だいだいだな〜レンゲに乗らないのだ!(笑)

店名通り、真っ青になるくらい青菜が入ってた餡が、これでもか!ってくらいミッチリ詰まってる。デカイけどヘルシー?で、スープもとっても優しい味である。がしかし、ひと椀1人(6個!) 食べるには、かなりの気合いがいることだけは正直に言っておく(^^ゞ


趙記 菜肉餛飩大王 台北市中正区桃源街5号






e0112226_17224270.jpg




フライト時間の改訂で、帰阪の便が17時半と遅くなり、
最終日も半日楽しく遊ぶことができたvv こらウレシイ♪♪

しこたま両替したのでまだまだお金残ってるし(笑)
次は台南、マンゴー農園ですかね?
まぁ〜それはまたのお楽しみにしておこう。
台北だって、まだまだ楽しい所が残ってるし。

今回も楽しく美味しかった台湾の旅。ほんとにありがとう♪♪
もぅ4月終わりやないか!と、随分引っ張ってしまったが
(現在 4/25という日本一大ウソつきな当ブログである(笑)
これにて無事完結でございます♪
長らくの台湾編ご愛読?ありがとうございましたvv
[PR]
by giova21 | 2012-04-05 23:55 | 2012年 台南の旅 | Comments(6)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21