<   2011年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

GWの初っぱなは、京都へクレー展を見にいく。休日の京都は全てが混み混みなので、結局全行程テクテク歩いたのだが、エラク疲れて、一体どんだけ歩いたんだ?って足跡をたどってみると、10キロ以上歩いてた(偉!) しかしミョ〜に回り道が多い。地図がなかったにしろ、路頭に迷いながらの、目隠しテキト〜行脚であった(笑)

それでも色んな発見があってとっても楽しかった♪こ〜ゆ〜町歩きするには、京都ってホントいい所だと思う。ということで、今回は備忘録も兼ね、歩いたMAP付きでいってみよ〜♪



e0112226_1524255.jpg
出発、京阪出町柳。

今出川を通ればよかったのに、
フラフラと北へ回り、早速迷う。

思えばコレが、今日の全てを
物語っていたような気がする(笑




行ってみたかった〈華祥〉でランチ。トウチの効いた好みの麻婆定食850円也。評判通りウマい店であったvv こらリピート大いに有り!だな♪




e0112226_1521268.jpg
第一の回り道(笑)

百万遍を下り東山一条を西へ。
だって裏道の方が楽しいもん♪

天下の京大ゾーンは、学生街の賑やかさと、歴史と伝統のMIXが◎




向かう先は岡崎、近代美術館だが、アレレ?向こうに鴨川が見える…っておかしくない?慌てて方向修正。東大路通りに戻りマス(^^ゞ




e0112226_1539835.jpg
懲りない面々は、丸太町通りを避け1本手前で東へ。

通りの左右に並ぶは八つ橋の老舗
〈聖護院八つ橋〉〈本家西尾〉

双方さすが本店だけあって、重厚な店構えがよろしおすなぁ〜♪



ということはもちろん〈聖護院〉もこの通り沿いに…あった!八つ橋の店もだが、飛び込みで入った初めての通りで、ウレシイ発見がいっぱいなのだ♪




e0112226_1644515.jpg

やっと美術館に着いたぜよ〜
入る前にひと休み。
冷えたビール…じゃなく、
しゅわしゅわコーラがウマイ♪

次、美術館来る時は、
このPizzeriaでランチしよ♪





本日のメインイベント、クレー展
クレーはだぁあい好きな画家だが、素描も含め多くの作品が出展されており、アトリエを模した展示など、画家と画の内面にも迫った、かなり充実した展覧会であった。

彼の画って、絵本を作りたい!って思うほどポエジーで音楽的♪ハリウッドスターのようにでっかい寝室に画を飾るなら、迷わずクレーを選ぶかもvv

e0112226_17534044.jpg


しかしながら忘れてました。展覧会って、見て回って…と、それだけで結構歩くもの。ココで確実にプラス1キロ。お連れ様、片隅のベンチで一眠りしてマス(笑)。おぉうい!起きろ〜い!まだ先があるがぜよ〜





e0112226_18183288.jpg
またまた裏道選んで東山。
地図見ると、むっちゃ回り道(笑)

エエとこみっけ〜♪と、入ってみれば、レトロでアタリな〈古川町商店街〉町屋な旅館もあってイイ感じ♪こんな所に泊まるのもオツやろね〜vv 場所も◎だし。






e0112226_10583390.jpg


商店街を抜ければ…アハハ!なんてカワイイ橋だろう♪コレ渡れるの?と、すっかり気分は映画村(笑) それでも独り占めはもってのほか。楽器を抱えた女子高生。キャッキャキャッキャと渡っていきます。

ちょっとしたデッキもあって、ユラユラ柳の川面も見物できる。商店街で揚げたてコロッケ買って、缶ビール!って気になるほど、素晴らしいロケーション♪イイ場所を見つけたよvv




e0112226_1193461.jpg
古書屋やギャラリーが建ち並ぶ古門前通りは、新旧混じったある意味、京都らしい通り。

昔ながらの豆腐屋で、1杯100円の豆乳をプラコップでグイ飲みすれば、チリリン♪と、夏がそこまでやってきたかのよう。






なんかさ〜つまみ食いもしてないし、ビールすら飲んでない。ひたすら歩いてるアタシたちって、エラクない?お楽しみの泡アワは、風呂上がりまで我慢して、まずは一汗流そうやと、やってきました〈柳湯〉

いつも〈錦湯〉だけど、今日は川向こうに来たので是非、来てみたかったのだ。廃業した所も多いが、京都にはこんな古風な銭湯がまだ残っていて、風呂好きにはうれしい限りvv 外観だけじゃなく内装も、歴史的趣があるのがグ〜なのだ。

e0112226_19112760.jpg


ジモティ率250%!で、ちくとビビる部分もあるが、そこはルシウス張りに心を開けば、強面のおばさんも「そっちは熱いよ」って教えてくれる。

髪の毛を乾かすのに、パーマあてる時にかぶるヘルメットみたいなヤツ(笑) をはぢめて使ったのだが「ほらほら、こうやって手を入れないと」と、手伝ってくれたおばあちゃん。ちょっとしなびた手が首筋に触れるたび、本当のばあちゃんにやってもらってるような気持になった…。 アタシのバアちゃんはもぅいないから、ちくと胸が熱くなった。ありがとう、ばあちゃん。




e0112226_19411444.jpg


目当ての店が満席で、またぞろ歩きながら、木屋町裏の韓国料理屋で、カムジャタンとチヂミでカンペ〜♪マシッソヨ〜♪






が、ご褒美?に買った〈キルフェボン〉のタルトを置き忘れ、慌てて取りに帰る(笑) ンとぉ〜に久しぶりに食べたけど、やぱ美味しいよね。ワインにもよく合ったし(^^ゞ

兎にも角にも、自転車と違う京都巡りは、それはそれでたいそう楽しかった。そうなると、歩いてオモロイ所はまだまだたくさんあるんだろぅな。またトライしてみたいと思いマス♪
[PR]
by giova21 | 2011-04-30 23:51 | アートなこと | Comments(2)

トゲよ出てこい!

山菜狩りをしていた時、ビチビチとトゲをもった蔓草に足をつっこんでしまった。ぶ厚いジーンズ地をものともせず、きゃつらは容赦なく牙を皮膚に食い込ませた。痛かった…(TOT)/

左の膝小僧がいつまでも痛かったので、ああ〜これはトゲが刺さったままなんだな。帰ってから抜こう…って思ってたワケ。で、三国の母が、デッカイ虫眼鏡と毛抜きを持って見てくれたのだけど(笑) 流血ホジホジしても、どうも抜けない(痛)。元看護婦の母が言うには「そのうち出てくるから放っときなさい♪」と。

前もスネに竹が刺さった時、後から出てきたから、そのままにしておいた。が、膝小僧って普段の生活において、結構いろんな所で「当たる」のだ。その度、痛いなぁ〜オマエ早く出てこいよ!って思ってたンだけど、そろそろ1週間にもなろ〜というのに、出てくる気配がない。

e0112226_13424615.gif


そのうち、折れた注射針が心臓へ!助けてブラックジャック!な不安が…(アホ) こいはイカン!と触ってたら、あれほど苦労したのに、ニキビの芯がプキッって出るみたいに、いとも簡単にトゲが出てきた♪いやあ〜よかったよかった〜♪危うく原因不明で死に至る所であった(違!)

見れば約4mm、針の先のように鋭く固いトゲで、こんな子がずっと居座っていたんだな〜と、妙な感慨にふけりながらまじまじと眺めてしまった(^^ゞ

人間の身体ってスゴイな。ちゃあ〜んと異物を排出しようとするんだねvv いっそ記念に取っとこうかとも思ったけど、フ〜ンな鼻息で飛んでいってしまった(笑) トゲの代わりに、残った傷跡を思い出にしておこう。うん♪
[PR]
by giova21 | 2011-04-29 23:09 | 今日のできごと | Comments(2)

2011 映画の巻

Vol.5 塔の上のラプンツェル

身分違いのロマンス、憎めない悪党たち、良き相棒、そして笑いと涙。ディズニーの作品には、これらの鉄板要素が必ず含まれてる。わかっていても、例えば黄門サマが最後に印籠出して一件落着!に心躍るように、決して期待を裏切らないディズニーものが、アタシはとっても好き♪

なぜって、ワハハ♪ポロリ(>_<)キレイ♪のフルコースがいただけるから。そしてソレはいつだってサイコ〜に美味しい。

50作目の記念作品となった〈塔の上のラプンツェル〉は、ディズニーが伝家の宝刀キラリと抜いたよぅな王道プリンセスもの。原作読んだことないけど(^^ゞ それでも全く問題ないし、女の子はもぅ夢中になっちゃうだろうな。え?もちろん、おばはんでも楽しめマスよ♪(笑)






ソレやる意味あるんかい?という3D作品も多いなか、3Dの中で、夜空に舞い上がる無数の灯りの美しさといったら♪♪かなり、ホントに、感動的であった(>_<)/ こ〜ゆ〜使われ方ならウェルカム!である。

セル画の柔らかいタッチや動きの方が好きだけど、これからは、デジタルな美に目が慣れてくるのかな。そぅ思うとちくと淋しいが、それでも、ストーリー、映像、音楽、キャラと、四も五も揃った素晴らしい作品だったと思いマス。

吹替版を観たのだが「ラプンツェル=しょこたん」だったのね。すンごく上手でビックラした!失礼ながら見直した。シュレック=浜チャン、バズ=所ジョージが許せないアタシとしては、吹替陣に、ちゃんとした役者さんを当てたことも嬉しい作品でしたvv しょこたんは嬉しい誤算ではありますが…(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2011-04-28 23:46 | 映画なこと | Comments(2)
e0112226_18215549.jpg


7時に起床。ご飯を食べて8時に出発!(エライ!)
昨夜の深酒でまだ眠いけど、
朝一番の野っ原は、しっとり爽やかイイ気持vv
サクサク歩くうちに、頭もしっかり目覚めてくる。

チビッコきのこがオハヨ〜♪と迎えてくれるけど
肝心要の山菜たちの姿はどこへやら。。。

いつもなら小山のようにワラビが採れるのだが、
今年の冬は、長く寒く、
彼らはまだまだ冬眠中のようだ。



e0112226_18411035.jpg



一番人気のタラの芽は、高い枝の上にも関わらず、
キレイさっぱり無くなっている(TOT)/

けんど人間、見落としがあるもので(笑)
あ、あ、あ!!
エヘへ♪ こんな低い枝に立派なタラちゃんがあるがぜよ〜〜!!
ゴメンね…と言いながら、満面の笑みでポキリ!



e0112226_18504056.jpg



美味しいモノにはトゲがある………
タラの木、野バラのイガイガに、キミはネコ飼っとるんかいな?
ってくらいひっかかれながらの悪戦苦闘!
それでも食べたい美味なるタラの芽 (^^ゞ

ウドも小さいのしか獲れなかったし、
ゼンマイもゼンゼンだったけど、
3時間6キロ超歩き回った結果、最終的にはまずまずの収穫♪

やるじゃん!って、そのほとんどは、
両目に高性能山菜センサーをつけた (びっくりするくらいすぐ見つける(笑)
Kチャンのご母堂のお陰…でもある。



e0112226_19215739.jpg


左手、東尋坊
足元、真っ逆さまの崖っぷち。
風もビョオビョオ〜吹いてマス。

ぶちょ〜!! 津軽海峡歌ってるバヤイじゃありません!
雲行きだんだん怪しくなってきたし、
お腹減ったから帰りましょ〜!



e0112226_19344814.jpg



働いた後 (?!) のビールはウマイっ!
じゃなくて……タラの芽の天ぷらはンとぉお〜〜にウマイっ!(>_<)!!!
今が旬のホタルイカは、海が荒れて「刺身」は食べれなかったが、
ボイルですら、プリプリ絶品♪
ウドのお味噌汁も、ああ〜なんて清涼感溢れる香りでしょう♪

箱入り娘だったもので (?!) ここ三国で初めて山菜狩りを体験したアタシ。
どれをどぅ採ったらイイかと、目を凝らしながら歩くのも楽しかったし、
採れたての春の味覚が、こんなに美味しいものかと仰天した。

以来、毎年三国に来ては、野山を駆け回っているのだが、
この至福を与えてくれる三国の父と母には、本当に感謝!!でアル(TOT)/



e0112226_1954511.jpg

お土産もたんまり包んでもらい、
帰ってからすぐ茹でて、
翌日ちらし寿司を作りました♪
タラの芽天ぷらも、また堪能して、
我が家の両親も大喜び♪
いつもありがとうございます!!

来年もみんなで
楽しく山菜狩りができますように♪
[PR]
by giova21 | 2011-04-24 23:21 | にっぽんの休日 | Comments(2)
e0112226_19481536.jpg


スゴくぶ厚い「とんかつ」でしょ〜♪

ゆめお〜れの指導員さんに教えてもらった、おいしいお店。
「話してたら私も行きたくなっちゃった」って、
今ならそのキモチよぉっくわかりマス。
だっておいしかったもん!


して、その正体は…………



e0112226_19491674.jpg



ワハハ!こんなデッカイ「油揚げ」みたことないよ〜〜(≧▽≦)/
木魚の下に座布団置くじゃない?あんな感じ(笑)

竹田の揚げ…として有名な〈谷口屋〉
先日リニューアルしたオサレな店内は、人でいっぱい!

もちろん買って帰れるけど、揚げたてを外のベンチで食べられる。
大根おろしとネギ、そして特製ダレをつけて食べれば、
サクサクしっとり♪うまうま〜♪♪ ビール欲しいっ!! ……(TOT)/

揚げ油がね〜サラッと香ばしくておいしいの。もたれない。
赤毛のアンで有名なプリンスエドワード島の、
一番搾り菜種油を使ってるらしい。スゴイなぁ〜



e0112226_19502351.jpg



こンだけ厚いと、ソレ、厚揚げやろ?!って言いたくなるが、
福井県ではあくまで「油揚げ」

そして…福井県は油揚げ消費量日本一!なんである(笑)
そぅいえば煮物にもよく入ってる。味がしゅんて、これまたウマイ。

買って帰り、翌日またみんなで食べたのだが(^^ゞ
トースターで焼き目をつけると、さらにさらにデリシャス♪♪
コレは、薬味と一緒にそのままで食べるのが一番ウマイと思う。

3人でペロリと2枚も食べたアタシたち(笑)
豆腐やし、お風呂入ればすぐお腹減るやろ〜って思ってたら、
結構、腹モチがいい。う〜ん、これは誤算だわ。

ご馳走作って待ってる三国のお母さん。
帰りの車中、しゃべってエネルギー使うよ!あれ?寝てる?

【本日の温泉】丸岡温泉たけくらべ
[PR]
by giova21 | 2011-04-23 23:48 | にっぽんの休日 | Comments(2)
e0112226_16343534.jpg



桜はもぅ見納めかと思ったけど、
春まだ遅い北陸では、今が満開花盛り♪

真っ白な頂をチョコンと見せているのは、白山かな?
雪と桜と青空と。
時おりオマケで花吹雪。
勝山へ続く道は、花見弁当のにぎやかさ。




e0112226_16482716.jpg



あんまりキレイだから降りちゃった♪

サラサラサララ…♪ 春の小川は九頭竜川。
水音に誘われて、桜も気持よさそうに枝を伸ばしてる。

あったかくて、おだやかで、なつかしい。
五感が解き放たれるような、これぞ日本の原風景。
美しい国です、ニッポンは。
北の空へも、届けよ届け。




e0112226_17445689.jpg



係長になったG女史も一緒に、向かうは〈ゆめおーれ勝山〉
前回のリベンジ、今こそ果たさん!

う〜ん、でも、かかりちょ〜♪って言うの難しいから、
ぶちょ〜♪って呼んでイイですか? (なんでやねん(笑)



e0112226_1805754.jpg


よっ、ぶちょ〜♪ピンクのモーツァルト♪ですねvv
思いのほかお楽しみいただいたようで「またやりたい〜♪」
そう…何気にハマる、カッタンカッタン手織りコースーター。

ワタクシは…と言いますと、
わ〜いできた〜♪と思いきや、
壁に貼られた見本と全く一緒の配色で、かなり凹む。



e0112226_18135791.jpg



それに引き換え、同じ2度目のK嬢の作品ときたら、
指導員さんもベタ誉めのシックな色調。
コラ、お見事vv ハラショ〜♪♪
本人も自画自賛で、なんかカッコよく写真撮ってるよ(笑)

ぶちょ〜、また来たいですよね?やりたいですよね〜?
今度こそっ!真剣しの字でがんばる!
玉結びも慣れて?きたしvv うん
[PR]
by giova21 | 2011-04-22 23:34 | にっぽんの休日 | Comments(0)

2011年 映画の巻

Vol.3 トゥルー・グリット

Jウェインがオスカー獲った作品のリメイクとは知らなかったけど (ワオ!Dホッパーも出てたんだ!)、西部モノが大好きなアタシとしては、どぅしても観ておきたかった〈トゥルー・グリット〉しかも監督コーエン兄弟。こらぁ〜期待しちゃうでしょ?!

ジェフ・ブリッジスってこの作品で初めてじっくり観たが、男の生き様が背中に漂うイイ役者さんだね〜♪最後の一騎打ちのとこなんて、これぞザ・西部劇♪カッコよかったぜ!最初「?!」ってわかんなかった(笑) マット・デイモンも、ああ〜こんな役もできるんだな〜って、ちょっと見直した(エラソウ)

そしてっ!ベテラン俳優たちに一歩も引けをとらなかったのが、父の敵討ちに燃える少女を演じたH・スタインフェルド。長編映画初出演。14歳。スゴイです、その存在感!N・ポートマンのような女優さんになって欲しいな。
個性派俳優で固められた悪役たちといい、キャスティングが絶妙デス♪






ガンガン撃ち合うんじゃなく、静と動がうまく噛み合った、どっちかってぇと穏やかなストーリー展開。ラストはオリジナルとは違うそうで、幼くも1人の勇者でもあった少女がこの旅で得たモノ、失ったモノ。それらが静かな余韻を伴ってエンディングへと誘う。バーボンの上で赤く燃え上がった炎が、青く小さな久遠の炎となっていくような味わい深い作品。オリジナルも是非観てみたいと思いました。



♪ ♪ ☆ ♪ ♪ ☆ ♪ ♪ ☆ ♪ ♪ ☆ ♪ ♪




Vol.4 ファンタスティック Mr.FOX

〈ウォレスとグルミット〉〈ピングー〉などのポッピ〜なクレイアニメから、クエイ兄弟シュヴァンクマイエルのオドロオドロしい世界まで、まぁ〜とにかくストップモーション・アニメには目がないアタシ(^^ゞ

予告編見た時からシビれた〈ファンタスティック Mr.FOX〉はしかし、どっちにも属しない独特の世界観があって、とっても楽しかった♪そっか〜監督W・アンダーソン。ダージリン急行、よかったもんなぁ〜

デジタル&ハイテク技術も駆使されてるけど、動きがイイ意味で雑で、あったかい色調と相まり、どっかしらアナログ感が漂うのがグ〜♪静止してても、フニフニィ〜と毛が動いてるとこに、1秒24コマ撮りの、気の遠くなるような職人魂が垣間見える(>_<)/





家族のために奔走するパパキツネ Mr.FOX の声は、天下のモテ男ジョージ・クルーニー。時々空回りするけど、オレってクールでイケてる泥棒ギツネ♪って役どころがピッタリ!で、そのうちジョジクル本人に見えてくるほど(笑) さすがMr.FOXは彼しかいない!と熱烈オファーを受けただけはある。

そして…ここでイエス!って言わなきゃ、いつ彼の妻役ができるというの?と、Mrs.FOX役を快諾したメリル・ストリープといい (わかるよその気持(笑)、声優陣も豪華デスvv

笑いどころも多いが、風刺の効いたブラックな要素もあって、実際オトナなお話。でもココは細部まで作り込まれた、まさにファンタスティックな世界にトップリ身をゆだねて楽しむのが◎ コレは飛び出す絵本だ♪
[PR]
by giova21 | 2011-04-21 23:21 | 映画なこと | Comments(0)
「今日、ちょっと会えない?」ってMチャンからメール
「いいよ〜じゃあランチ一緒にいこ♪」と、〈北京老舗〉へ。

ココは北京ダックで有名だが、ランチにはそのダックの残り?を旨辛く煮付けたモノと春雨サラダが食べ放題♪オマケにランチコーヒーも無料♪という実にシュバラシイ店なんでアル(笑)

食後のコーヒーでようやく本題。何やろ?って、ちょっとドキドキしてたんだけど、ハイ♪ってワインを出されてますます「?」

「いいからさ〜開けてみて」「う、うん」

と、ハラリとメモが…

そこには、先日沖縄でワインショップを開店させたSチャンの文字が踊ってる。
あ"ぁあ〜?!ええっ〜〜!?
Sチャンって今大阪にいるの?Mチャンと面識ない…はず…だよね??

エチケットを見れば、彼女の店の名前「GRANATO」だし、
頭グルグルリンコと、文字通り「凝固」してしまったアタシ。
堪忍!わからん!教えて〜!!このミステリーをぉおぉうぅ〜!!


e0112226_16352636.jpg


「実はさ〜この週末沖縄行っててん。で、行く前にブログ読んで店の事知って、行けたら寄ってみよ〜って思ってvv」

ぎゃ、ぎゃ、ぎゃぼ〜!!なんですのんソレ!!
なんと、重かったろぅに彼女の店でワイン買って持ってきてくれたのだ!
あ、あ、あ、(まだ動揺してる) ありがとおぉうぅ〜!

もちろん2人は初対面で、Sチャンも大阪から?! アタシの友だちが?! ってビックリしたそうだが、ソレの100万倍くらい喜んでた♪♪
いやあ〜こんなブログでも役に立つんだなぁ〜(TOT)/
そして、ナイスタイミング!!

ってか、落ち着いて見たら「GRANATO」じゃなくて「GRAGNANO」だし
全然ちゃうや〜〜ん!!(爆) アホ〜〜!!

でも、カンパーニャ…南のワインをチョイスしてくれたのがウレシイ♪し、これからの季節にピッタリの微発砲vv Mチャンも一緒に今度開けて飲むね♪

とにかく…まだ2ヶ月残ってるけど、上半期第一位に輝くであろう、ビックリウレシイ出来事でありました(^^ゞ 2人にラブ〜♪♪
[PR]
by giova21 | 2011-04-19 23:33 | 日々是ヴィノ三昧 | Comments(2)



この映画を観てない…と言うと、シネ好きKYK(はぁ〜ん♪by とんかつKYK) 女史たちに「え"え"ぇえ〜っ!」とのけぞられたので、んだらば!と行ってきました〈Diva〉

監督のJ・J・ベネックスといえばベティブルーだが、あまり覚えてない(^^ゞ だから今後、彼の作品といえば、このディーバを連想するでしょう。コレはオトナになってから観た…という特権?デス(笑)

歌姫ディーバに焦がれるしがない郵便配達夫が、彼女の歌声をこっそり録音したことから始まるサスペンス。追いつ追われつのアクション、ニヒルでクールなハードボイルド、叙情的なロマンス、そして、至高のアリア。

おいしい所がサラサラサラリと入って、その塩梅がまた絶妙。お腹にもたれないフルコースのような作品だと思った。もぅ30年も前の映画だが、今観ても洗練されてると思うし、なるほどコレを当時観たのなら、印象に残るのもムリはない。

そしてそして!!大好きな俳優、リシャール・ボーランジェが出ててビックリ!カッコええ役や〜!!しかもっ若い〜!!(当たり前デス)
OMG!! wiki 見なきゃよかった!!彼ってもぅ70なのね……………(>_<)
[PR]
by giova21 | 2011-04-17 23:03 | 映画なこと | Comments(0)
e0112226_13481784.jpg


同じ大阪天満宮で行われた〈梅酒祭り〉に味を占め、
今回行ってきたのは〈上方日本酒ワールド2011〉

映画観た足で行ったので、お昼ビンゴ!な1時到着。
最後尾ココです!な、看板も出てる盛況ぶりである。

あちこちの屋台からイイ匂いが漂ってきてるけど、こんな注釈も…
「天満宮の神使〈牛〉を使った料理は出しません」
な、なるほど、そらそ〜だ。
それでもこの香しいかほりに、モ〜たまらん♪と、ウズウズしてるかも(笑)



e0112226_1414566.jpg


煮穴子の炙りに鯛味噌&炭焼きネギ、地魚の一夜干し…などなど、お酒の友もい〜っぱい♪が、ココはまず、被災地東北から参加された福島県の〈高橋庄作酒造店〉と宮城県の〈金の井酒造〉のお酒をいただきましょう♪

現地の様子を現地の方に聞くのってはじめて。そのひと言ひと言が身に染み、清水のようなお酒が、また身に染みる。関西をはじめ他府県のお酒も出てたけど、この2店は特に客入りが多かったように思う。

イベントを自粛するよりやってもらって、酒処東北の日本酒をドンドン飲んで!と、店主自らが You Tube で訴え話題になったことも記憶に新しいが、これこそ飲み食い道楽のアテクシが喜んで参加できる支援のひとつではないだろうか?! →〈ハナサケ!ニッポン!〉 灘のお酒も応援してるよ♪

とエラソ〜な事書いてますけど「たった」三杯でエライいい気分になってまいました〜スマセン〜 (TOT)/ あれぇえ?おかしいなぁ(^^ゞ



e0112226_14582186.jpg


ホロ酔い気分で歩いて15分。造幣局の通り抜けも行ってきた。なんとアテクシ通り抜け初体験!人も多いが思ったほどじゃないし、充分見て回れマス。

ってかサクラって、ンとぉ〜に種類が豊富なんだね〜!とビックリしちゃった。はかなげで可愛く、繊細でダイナミック。どれもがとってもとってもキレイ♪ライトアップもやってくれたらイイのにな。

この後、事務所で大熱中 Wii 大会して、ハッキリいって今も肩と腕がイタイです…オバンです…情けないっス (>_<)/ 久しくやってなかったからこれを機にまたやるか!って思ったけど、う〜ん、コラちくと考えてしまうわ(笑)
[PR]
by giova21 | 2011-04-16 23:41 | 今日のできごと | Comments(4)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21