<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

You Tube にのめりこんで、日曜、関空でやってた「旅博」に行ったことをスッカリ忘れてた(^^ゞ

以前同じような催しに行った時、イタリアのブースでもらった地図や資料が旅行にとっても役だったので、今回もなんかあるかな〜って。

友人に送迎してもらったりバス乗ったりすることはあっても、マイカーで関空に行くのははじめて!ちょっと天気悪いけど、長ぁあ〜い大橋走るのってキモチいい〜♪ あ、ヨット浮かんでる♪


なワケで、まず真っ先に「アリタリア航空 / イタリア政府観光局」のブースに向かったワケです。周囲には各国のブースが並んでるが、人がたかってるとこ_韓国、中国、チェコがあれば、試食を出して〈ヤル気〉見せてる_チュニジアもあり、もはや背景と同化、ヤル気ナッシングの閑散としたブースもある。人気のイタリア、さぞかし群がってるかとおもたら……

e0112226_14194574.jpg

人はおらんし資料の数も種類も少なく、ポスターの、POPの「ぽ!」さえない。なんでしょ、このヤル気の無さは?路上献血の受付でも、もっと華やかだろうに…と、思わず写真撮ってしまったわい(笑)

デスクの下には小さなダンボールが一箱。今日は最終日ですけど、帰る用意するには余りに早いんじゃないンすか?え、おい!向かいにあるスペインブースをちと見習いなさいっ![各地方専用] の [キレイな] パンフ、ポスター有り。もちろん係員在席歓談接客中(笑)

資料も大したモンなくてガッカリ〜 (TOT)/ だったが、代わりに他国のソレをオニのように収集した我々(^^ゞ フィンランドブースなんて、マリメッコのクロスひいて冊子もとってもオッサレ〜だったし、エバー航空でアンケート書いて烏龍茶もらったから、ま、イイか。屋台のケバブもウマかったし♪

e0112226_1633822.jpg

WEBで予選を通過して
ゲットしました♪
(結構難しい問題だったわ)
参加しなかったけど(笑)




帰りは久しぶりにアウトレットに寄り、こんなんいつの間にできたんや?というりんくうシークル内の温泉へ。

岩盤浴には見向きもせず、マンガコーナー直行って!?(笑) この専用シート気持いいな♪ でも_その割には「読みたいマンガ」が特にあるワケでもないからオカシイんだけど(^^ゞ 「イキガミ」を6巻読ンじゃったよ。お連れ様は「JIN」を熱烈読破。たまにはエエでしょう、こんなンも。
→結局風呂出たのが10時で、何時間おるねん!ちゅう話(笑)


以前、分離帯に激突…いや衝突…う〜ん、ゴッツン_したこともあり (対人・ケガ人無し。但し愛車はレッカー(笑) 鬼門な泉南方面は避けてたんだが、今日は久しぶりで楽しかったわ♪

特に「堺・泉北臨海工業地帯」の夜景は何度見ても素晴らしく幻想的でキレイ♪で「工場萌え♪」な人の気持ちがわかる気がした。観覧車ですらキレ〜だもんねv *こちらに工場夜景が多種紹介されてマス。

e0112226_1682345.jpg

でも見とれて運転、疎かにならないよぅに!

ちなみにアテクシがなんでぶつけたかって言うと、右折時に、大好きな「モロゾフのココピー」に手を伸ばしてヨソ見しちゃったんデス。運転中は「食い気」に走ってはいけません。もちろんヨソ見も厳禁デス!特に曲がる時は…(笑) しばらく「ココピ〜」絶食しましたから…アタシ (TOT)/
[PR]
by giova21 | 2010-03-31 23:06 | 今日のできごと | Comments(0)
カラオケYou Tube 見ててふと考える。。。
どんな曲だったらアテクシにも歌えて、伊国で歌ったとして、
イタリア人と一緒に盛り上がれるのはどんな曲か。

アマトリーチェでオートランド夫と一緒に熱唱?した
Questo piccolo grande amore 〜 Claudio Baglioni


古い曲だが、老いも若きも必ず知ってる曲だし、
サビの盛り上がりで一同合唱間違いなし!(実際そうだったし(笑)




でも、、どぅせなら自分の好きな曲も歌いたい。
いや、、Grande amore が悪いんじゃなくて(笑)
なら。。数々のアーティストがカバーしてるこの名曲
Cinque giorni 〜 Michele Zarrillo


エエ歌やなぁ〜(TOT)/
これもとっても有名な曲だから、みんなで合唱できるだろう?



スロぅな2曲で舌が回ってきたら、
もぅちょっとテンポアップして伊国の歌姫の名バラードをば。
Cinque giorni と一緒で、サンレモ受賞曲デス。
ラウラ、恐ろしいほど若いなぁ〜〜(笑)
La solitudine 〜 Laura Pausini





大好きな Pino Daniele が故郷ナポリを歌った名曲。
とても発音できないので、ネト〜ネト〜と口を半開きにして、
ナポレターナ風にそれっぽく歌うのがミソ(笑)
もちろん歌う場所は「ナポリ」で!!
Napule è 〜 Pino Daniele





最後はコレでしょう。

昨年、4月6日に起きたラクイラ〜L'Aquila 大地震。
あれからもぅ1年経つんだな。。。

その間、同じような地震で、
いろんな国のいろんな街が、いろんなモノを失ってきた。
言うのは簡単かもしれない。でも__

キミは1人じゃない。
誰にでも、どこにでも「明日〜Domani 」は必ず来るのだから。
Domani 〜 Artisti Uniti per l'Abruzzo





アホなアタマでも追いつけるように…と、必然的にバラード系になってしまったけど(^^ゞ 歌詞カード追うよりは、カラオケYou Tube の方がずっとわかりやすいことを発見!歌声無し!のホンマのカラオケバージョンもあるし(笑)、ううむ!まぢでコレで勉強?しよっと
[PR]
by giova21 | 2010-03-29 23:51 | 音楽なこと | Comments(2)
去年の年末に出たアレ様3年振りの新譜。よぅやくゲットできたわ〜♪

アマゾンレビューにあるように、確かに前作はちぃと小難しかったけど、今回は「復活アレ節!」で、とってもPOPでイイ感じ♪

もぅ40を超した彼だけど、甘いマスクも声も磨きがかかって、ますますイイ男に♪アタクシいつまでもついていきます!!!

e0112226_1631461.jpg

e0112226_16443480.jpg
次代の歌姫、Alicia Keys とのデュエット Looking for Paradise
をどぅぞ♪

このPVのアレ様が時々、若い頃…すなわち美形で鳴らしてた (過去形ね!) 頃のミッキー・ロークに見える…っていうのはあまりにあまり??(笑)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++


最近、iTunes のチャンネルをずっと LOLLIRADIO ITALIA にしてて、Belle Canzoni Italiane♪を Tutti giorni〜毎日聞いてる。これでちょっとは伊語の勉強になってくれたらイイんだけど、今のところ、それはムシが良すぎるようです(笑)

そっから流れてくる新旧いろんなイタリアンソングの中、気になる人のアルバムをゲットしてみました。

プーリアはアルベロベッロの土産物屋の兄ちゃんと音楽の話してた時「ボクのお薦めはコレだな〜」って書いてくれてた中にあった883(オットオットトレ) 。今の今まで忘れてた(笑) ゴメン兄ちゃん!

e0112226_1719230.jpg
ちょうどイイ具合にベスト盤がありました〜♪

Love/Life
L'Amore E La Vita al Tempo Degli 883

883 Max Pezzali


最初は男性デュオとしてやってたけど、今はMAXひとり。でも兄ちゃんお薦めのように、若者に人気のアーティスト。Eross Ramazotti のようにちょっと声質にクセがあるけど、親しみやすいメロディは耳に心地良いデス♪



ジャケット写真が額のビミョ〜なとこでトリミングされているのは、髪が__いや、ゴホン、、、この曲聞いたことあるで〜〜!とアルバムにちゃんと入っててご機嫌♪ そないにありがとう〜って言われても…(^^ゞ (違)


もぅいっちょ♪


59年生まれですから、ベテランシンガーになります。Raffaele Riefoli〜ラッファエーレ・リエフォリ、略してRAF。これもちょうどベスト盤があったさよ〜♪初めて聴く時にあるとホント便利よね♪

Laura Pausini も歌ってる名曲「Due」をはじめ、ミディアム調の落ち着いた曲がセレクトされています。アタシのような初心者にはとっても聴きやすいアルバムです♪
e0112226_17541119.jpg

でも_RAF を聴いてみようと思ったそもそものきっかけは、iTunes から流れてきた彼の最新シングル(↓)がとぅうてもグ〜〜!だったから(^^ゞ ホントはこの曲が入ってるアルバムが欲しかったんだけど、次の新作まで待たないとダメだろうな。



You Tube にはうまいぐあいに、テキスト入りの動画もあって、

Per tutto il tempo di questo tempo〜〜
che quando l'hai compreso è già passato 〜〜♪♪って
(ココで点滅するのがミソ(笑)

ゆっくりなサビだけなんとか追いつけたり。イタリア人もこれでカラオケしてると思うとオカシイけど(笑)、これならちょっと伊語の勉強にならん?うんうん、なるなる〜〜〜♪ 好きな音楽でできたら◎だよねvv
[PR]
by giova21 | 2010-03-28 23:22 | 音楽なこと | Comments(0)
運び屋“師匠”から無事茶器をもらった (ご足労さまでしたm(_ _)m のは、ちょっと前なんでタイムラグがあるが、その“なっちゃん”さんと“森の音さん”を交えて天満で飲む。あ、コレはホンマに今日の話(笑) もちろん師匠もご同席♪

テイクアウトはしたことあるが、いつか店で食べたいと思ってた「墨国」
この辺りは、ほんまアジアのどっかの路地裏…といってイイほど雑然としてて、とっても好き♪

e0112226_18485897.jpg店もご覧の通り
「半屋台」やし(笑)

やぱ店で出来たてを食べるんは美味いなぁ〜♪
ココの丸焼き大シュキ♪

写真全然撮らなかったので、
ぐるなびからちょっと拝借
(スイマセン)



師匠を除く他の2人は社を離れ、それぞれまた違った道を歩いてる。なかなか揃って集う機会はないけれど、会えば「オレの永遠のアイドル話」から「まぢめな文壇話」も交えて会話が弾む…いや飛びます(笑)

アタシは派遣だったけど、今もこぅやって変わらぬ楽しさで杯を重ねられる事は、とっても幸せなことデスよね (TOT)


思えば_師匠の下について某編集社で働いてたのは、もぅずいぶん遠い話。
配属される前にちょっとした「性格テスト」みたいのをやらされ、バランスがとれてると円に近いカタチになるのが、アタシの場合【爆発しそこねたブラックホール】みたくいびつだったらしい(笑)

ええ、ええ、言われなくてもわかってマス。「慎重性」とか「計画性」が著しく欠けてたんですよね?そこで上のデスクは考えました。こんなヤツは師匠に任せるしかない…と。ピンポン♪正解です!(笑)

以来、変わらず (ダメじゃん!) 公私に渡り多大なお世話と迷惑をかけている…が、、、最初が師匠の下でホントよかった♪いや、コレはマジな話。

普段はアホな事や文句ばっか言ってますが、ほんとはホントは、ほんとにホントに感謝してます。これでも…(^^ゞ

今年こそ!1回くらいは一緒に歩きに行こう!と、脳ミソの遠い所で思っておりますので、今後ともどぅぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]
by giova21 | 2010-03-25 23:54 | ウマイもんの話 | Comments(0)
北京の市場で買ったガラス製の茶器。
あ、イラスト間違ってる!茶葉は下に入れます。もしかして…コレみてK嬢は上に茶葉入れたのか?でもフツ〜気が付くだろ?それじゃあ〜飲めない…ってことに(笑)

「だってね、茶葉が口に入って全然飲まれへんねん」
そりゃそうだろう。はっきり言うけど、キミはバカです(笑)

さてこの茶器、実際使ってみるとすこぶる便利で、茶飲みなアタシは、毎日ズズズ…と大量に摂取してたのだが、ある日……

〜カラン〜

カラン?って何?って見ると、二重になってるつなぎ目?が、パランと欠けて内部分裂してるではないか!!ゲゲゲ!

どっかにぶつけた記憶もなく、すンげ〜納得できないんだけど (怪奇現象?) 要するにもぅ使い物にならない…ってワケだ。悲しすぎる…(TOT)/

口のイイ某氏、「中国人みたいにネスカフェの空き瓶を代用すればエエやん」って言うけど、お嬢?なアタクシ。いくらなんでもソレはできません!でも、大きなマグカップに茶葉入れて飲んでました。しばらく(笑)

そんなとき吉報がっ!!
なっちゃん 様が上海に行くという。師匠もお茶を頼んでるということで、アタシも便乗。「茶器買ってきてくださ〜いっ!」

e0112226_1320145.jpg

「ちょうど私も買うから」と快く引き受けてくれたのだが、まさか2つ!も買ってきてくれるとは思いませんでしたっ!!なんですのん、このキャわいいマグカップ型は?!

双方ごっつ立派な化粧箱入り!なだけあって、作りも前のとはだんちで違う。パッキンも蓋もすんごくしっかりしてるし、茶漉しンとこがちゃあんと「網」になってる →前は同一素材だった(笑)

しかも。。。。。

e0112226_13353869.jpg

こんなにキャワイイお茶付きぃいい〜〜!!!(他にお菓子も) (TOT)/
なんてこぅ女性らしい心遣いでせぅ!(彼女が小瓶に詰めてラベルも手作りなのだ♪) 感涙感動デス。ぎゃぼ〜!って叫んじゃったよ(^^ゞ

だってねアタシだったら、その後ラッピングするにしても、荷物になるから間違いなく箱は捨てる!タオルかなんかで包んで持って帰る(笑) もちろんモノにもよるけど、帰りのパッキングって大変じゃない?だから余計思うのです。荷物になっただろうに…と(TOT)

今、ちゃんと使ってます。愛用してます。年中温かい茶を飲むべよ〜!
ホントにホントにありがとうぅう〜〜!!
[PR]
by giova21 | 2010-03-23 23:43 | お気に入り | Comments(0)
友人が職場の上司から「鹿肉」をもらってきた。ジビエ大好きな我々にしたら、ソレって【超美味しいハナシ】なのに、その上司いはく「こンなん持って帰ったら嫁に叱られる。お願いやからもらってくれ!」とのこと(笑)

ウチのオカンもモツとか触れない人なので、その気持ちもわからんでもないが、鹿肉ですよ?しかも猟師さんが撃ってきた…という代物。

小躍り「ごっつぉさ〜〜ん」とありがたくいただいてきた彼女、「アンタんとこで食べよぅや」って、みんながドヤドヤやってきた。

鹿肉って料理したことないけど、WEBで探してみるとレシピがたくさん載ってるじゃあ〜ないですか。ワロタんは、同じように「もらったんだけど、どうしたらイイかわかんなくて困ってマス」ってコメントも多かったこと。そりゃま、困るわな(笑)

e0112226_1201678.jpg
事務所の限られた機材と食材で、
テキト〜?! に作ってみました(^^ゞ


なんで仕事場にイモがあるねん?ってのは放っといて(笑)

塩コショ〜、セージ、ローズマリーをきつめにすり込み、ニンニクオイルで炒めてキャセロールへ。固形コンソメ1つとカベルネのリゼルヴァをワンカップ。レンジでコトコト数十分。もっと煮込めばよかったけど、時間なかったし、ま、イイでしょう、これで。

てっきり「固まり」かと思った鹿肉は、いろんな部位が混ざったブツ切りで、ちょっとカタイとこもあったけど、レバーとか柔らかくてウマウマ〜♪

実は去年も同じようにゲットしてきた鹿肉が冷凍庫で眠ってるし「もぅシーズンも終わりだから」と、後1回、モノにする?チャンスがあるらしい(笑)
→くだんの彼は絶対!持って帰らないつもりですね(笑)
今度は時間をもらって、じっくり調理してみたいわ。

*どなたか美味しいレシピご存じでしたら教えてください♪
[PR]
by giova21 | 2010-03-21 23:41 | ウマイもんの話 | Comments(0)

こんな映画とあんな映画

いきなりソレはやってくる。
大地をなめる乾いた砂塵とは反対に、ヘルメットの中にこもる湿った空気。そこに流れる汗は暑さのせいでは、ない。

致死率が最も高いといわれる爆弾処理兵の過酷な「任務」と「現実」を、私たち観客は文字通り、息を飲んで見守ることになる。

ハンディカメラで追った映像があまりにリアルで、とてつもない緊張と恐怖感_を味わされる。それはまるでとびきりの恐怖映画のごとく…で、微動だにできなかったほど。見終わった後、心底ホントにドッと疲れてしまった。

コレは何十年も前の戦争のハナシでもなく、地球外生物と戦うハナシでもなく、今も彼の地で起きている現実なんだという怖ろしさ。何よりソレが一番恐かった。

e0112226_1725069.gif


恥ずかしながらイラク戦争の事はよくわからない。不発弾処理=イラク人のためにやってる_のに、彼らの仕事は歓迎されてるとは思えない。あまつさえ命を狙われる始末。反対にイラク人は、手を上げる、携帯触ってるだけで銃を向けられる。なんかおかしい。

無知な故、見終わった後、いろいろいろいろ考えてしまった。普段と変わらぬはずの、ネオン溢れる通りの光景に、異様な違和感さえ抱いた。アカデミー受賞作という事を抜きにしても (こんな作品を女性監督が撮った…というのも驚き!女性初受賞もおめでとう! ) 一見の価値ある作品だと思う。



++++++++++++++++++++++++++++++++++++



気分を変えて………

クエイ兄弟ヤン・シュヴァンクマイエルナイトメアー・ビフォア・クリスマスなどなど、アタシは_ちょっとブラックな点も含めて_モーションアニメの作品が大好きだ。ピングー ウォレスとグルミットも、もちろんはずせない。

だからコレは見逃せません。 コララインとボタンの魔女




ダブルレンズの重みでクッキリ跡がつく_メガネしてる者には苦痛な3Dだが、少なくともカールじいさんの空飛ぶ家よりは、ずっと3Dの価値ある作品。POPでシュールで幻想的、ファンキーモンキー(?!)な映像が、とにかくキレイ♪CGとは違う、あったかみというか、重力感がイイのよね。

しかもコンセプトアートを担当したのは、日本人である上杉忠弘氏。同作品において彼は見事、アニメ界のアカデミー賞といわれるアニー賞最優秀美術賞を受賞している。

でもって、作業は全てメールでやりとりしたというのが、これまたスゴイ!も〜どこでも仕事できる世の中になってきてるのね。アタシも地中海の小島で仕事しようかしら(違!)

冒頭から予感させるダーク&ブラックな (チョコレートかいな!) 隠し味もピリリと効いたオトナなファンタジー。字幕が小さくて見にくいので、これから見る方は吹き替えをお薦めします。戸田恵子さんの魔女は文句なくビビれるはず!ですから(笑)
[PR]
by giova21 | 2010-03-20 23:58 | 映画なこと | Comments(2)
ふらぁと行った京都。
錦の横の一膳飯屋でいただいた和定食は、
お菜が美味しく、思わず「ご飯おかわりぃ〜♪」

「ちょっと卵買ぅてくるから留守番しててくれる?」
そう言って出ていった女将さんは、
店内にあった「猫村さん」にソックリだった(笑)
いや、、ご馳走サマでした〜♪


1日バスチケットでも買ぅて回ろうかいな。
あ、ちょっとたんまたんま!
近くに、前回借りてよかったレンタサイクルがあるやん。
予約制やけど、もしかしたら、、、、、

あった〜!!
へへへへ♪ のぞいてみるもんやね♪


e0112226_1236382.jpg


しゅうぅうう〜〜〜秘技二輪乗り!
エエ歳してなんでそないな事するかなぁ?
口惜しいけど、あたし、バランス音痴やからそんな事でけへんわ。

ほら、こうやって乗りながら写メ撮るのも、グラグラヨタヨタ
ひええ〜〜〜ぶつかるぅう〜〜!!
ちゅうねん(TOT)/


飯屋の常連さんが、ビール片手にチョイとひと言アドバイス。
「川べりに回れば、梅園に入らんでも梅が見えるで」
ほ〜なんや?おーきに、おっちゃん♪

って、道を探せど見つからず……(TOT)/
でも_普通に入っても充分、梅見れるやん(笑)



e0112226_10424673.jpg


暖かい陽気に誘われ、
赤、白、桃色と、満開キレイに咲いてます。
梅の花って、ホンマお菓子みたい。かわぃいなぁ〜♪

ほいでもって、幹や枝の造形がカッコいい。
絵師がこぞって描くはずだわい。


北野さんに来るのも、むっさ久しぶり!
ナムナムとお参りし、脳味噌の成長はもぅイイですから、
これ以上モノ忘れが激しくなりませんよぅに…
と、牛さんのアタマを撫でてくる。

でもでもアタシの記憶の牛さんは、
ブロンズ製でアタマが (撫でられて) 金色に光ってたような…

「それって大阪の天満宮ちゃうん?」
そ〜やったっけ?
う〜ん、やっぱ記憶力が著しく低下してます、あたし。



e0112226_11272232.jpg

いつも行列、車でススゥ〜と通りすぎてしまうけど
今日は足やし、寄っていきまひょ、澤屋さん

運良く自転車があったように
並ばず、すんなり入れて超ラッキーvv
「なあなあ、今日ついてるなぁ〜」って言ったら
「ホンマ楽天家やな、アンタ」と、お連れ様呆れ顔。
フンフンええやんか!


じいちゃん、ばあちゃん、おばちゃん。
3人見事なチームプレーで、クルクルポイポイと餅を切り餡にくるむ。
ホワ〜と見とれてると、これまたホワ〜な皿が運ばれる。

溶けるようにやぁらかくて、プチプチ粟の舌触りもたまらない。
最後に食べるはあんこ、きな粉、さあどっち?
う〜ん、どっちも捨てがたいのぉお〜〜

日栄堂のみたらし団子も食べたかったけど、
粟餅の繊細な美味しさを残しておきたくて、ま、次回やね。
と、イイながらふたばで豆餅買ぅてるし(笑)



観光シーズン、金閣寺前のバス停は黒山の人だかり。
ホラホラ、自転車がやっぱ便利やで〜♪
鼻高々で走り抜けたいけど、フゥフゥ、この坂きっついのぉ〜(TOT)/
人生、苦もありゃ楽もあるさ、と、下りの町屋通りをシュポ〜と快走。
イタリア文化会館でちょっと一息。今回も結構走ったかな?

風も冷たくなってきて、そろそろ帰らなあきまへんな。
山の端が夕日に縁取られて水墨画のよう。
ごっつキレイやおまへんか〜


自転車返す前のひとあがき…青葉で水餃子と生ビール。
嗚呼〜飲めるって素晴らしい!(違)
京都は自転車!コレに限るぜよ♪
次は伏見で酒蔵巡り!うん、コレで決まりやな♪

[PR]
by giova21 | 2010-03-19 23:54 | お気に入り | Comments(0)

南米から3本

いろ〜んな賞があるワインだけど、シラー専門のコンクールがあるなんて知りませんでした。その名も「Syrah du monde〜シラー・ドゥ・モンド」 07年よりフランスで開催されてるそぅデス。そこで08年度10位に選出されたワインをシラー好きの友人のために買ってみあした。

10位というとギリ!だが、上位をフランス産が占める中、いわゆるニューワールドワインの中ではトップクラス。1回目においては見事金賞獲ってます。

e0112226_15393880.jpg

Bodegas CALLIA
Callia MAGNA SHIRAZ
ボデガス・カリア
マグナ・シラーズ 2007
*シラー100%
*ジョバッキエーリ5/3


アルゼンチンらしくない? (スイマセン) 大変エレガントなエチケット。物腰も甘く丸く、ボリュームたっぷり♪花咲く寸前のふくよかなセミ熟女といった感じでしょうか。
惜しむらくは、シラーの特徴的なインパクトに欠けたこと。それは約2時間_色香を放つ前に飲みきってしまったことが原因だったみたい。う〜む残念!

お嬢さまを起こすのはかくも難しいもので…
いや、それでもコスパの高い美味しいワインだったと思います。


++++++++++++++++++++++++++++++++++++



先日の地震では大変だったけど、、、
チリNo.1ワイナリーとして名を知られる Concha y Toro 〜コンチャ・イ・トロ からの人気ブランド、ディアブロ。

カッシェロ・デル・ディアブロとは「悪魔の蔵」という意味で、コンチャ・イ・トロの秘密の貯蔵蔵にあるワインはウマイ!と、飲み盗っ人が耐えなかった事に業を煮やした創業者が「ココには悪魔が住んでおるんじゃ!入れば呪われよ〜ぞ!」と噂を流し、人々の足を遠ざけた事に由来するという。なんてお子チャマな発想 (笑)

e0112226_16453585.jpg

Casillero del Diablo
Casillero del Diablo Cabernet Sauvignon 2008
カッシェロ・デル・ディアブロ
カッシェロ・デル・ディアブロ カベルネ・ソーヴィニヨン 2008
*カベルネ・ソーヴィニヨン100%
*ジョバッキエーリ5/3.5


ガオ〜!と吠える悪魔クンが今もボトルで睨みをきかせてるけど、黒い果実の凝縮感はさすが!です。骨太すぎず、でもしっかりとした構造で、ブドウの旨みを充分味わわせてくれる。アフターに残る熟成香は上品ともいえ、この悪魔クン、いいとこ出のお坊ちゃまですね(笑)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++



Mたんがオミヤで持ってきてくれた1本。
Fリュルトンは仏国ボルドーに多くのシャトーを持つ名門で、その触手?! (笑) をアルゼンチンに伸ばしワインの生産を始めました。そのシリーズの1つが、この Tierra de Luna であります。

e0112226_17345888.jpg

F Lurton
Tierra de Luna 2008
F リュルトン
ティエッラ・デ・ルーナ トロンテス
*トロンテス100%
*ジョバッキエーリ5/3.5


コレもエチケットがオッサレ〜♪きれいデス。アルゼンチンの固有品種トロンテスって初めて飲ンだけど、甘くほの酸っぱく、たいへん華やかで香り高い。言われてみればヴィオニエに似てるような気もするが、ヴィオニエほどムンムン感はなく、もそっとソフトでありながら、エチケットと同じようにエッジも効いてます。

Mたん、珍しくも美味しいワインをありがとう♪♪
[PR]
by giova21 | 2010-03-17 23:38 | 日々是ヴィノ三昧 | Comments(0)
先日、なつさんにお薦めされた本「テルマエ・ロマエ」
も〜すぐクリック・アマゾンして買っちゃいました(^^ゞ

帰宅する電車の中で読もうかと思ったんだけど、表紙も含めあまりに「裸体」が多くて断念 (だって風呂のハナシですからね〜 笑) 帰って風呂入ってベットの中でやおらページをめくる。もぅ1時だけど眠いけど我慢できません!

ワハハ!!!!(≧▽≦)!!!!ワハハ


夜中ですし、隣でオカンが寝てるのでバカ笑いできませんけど、ガハハ!というよりクツクツプップッと笑ったんだけど、こらオモロイですな〜♪
なつさん、教えてくれてホントありがと〜〜ございます♪

e0112226_10392541.jpg

タイミングがいいことに「マンガ大賞」受賞しました。
おめでたぅ〜♪


近隣の銭湯・温泉を極めた?風呂好きのアタクシ〜平たい顔族〜(爆) にしたら、ルシウス、キミの熱いハートはよくわかるぜよ〜(笑) てかアイデアがいいですね〜♪ちゃんと史実にも基づいてるし勉強にもなりマス。石畳に轍の跡がちゃんと描かれてあって感心しました。

なぜってポンペイに行った時に、車道と歩道にわかれてる石畳がまっすぐ延び、そこにまんま、轍〜わだちの跡が残っているのを見て、激しく感動した事があるから…いや、どぅでもイイんですけど…ね(^^ゞ


e0112226_1193542.jpg
ルシウスにクラゲ風呂を作ってもらってご満悦なハドリアヌス帝

彼がアゴ髭をたくわえた初めての皇帝で、以降、皆がこぞってヒゲ面になっとか…というコラムも必見。古代ローマの風呂グッズも楽しい♪

ああ〜やっぱ「ローマ人の物語」読まなくっちゃ!って、ゲゲゲ 34巻!(by 文庫本) もあるの?!(沈)



オイシイ風呂ネタが惜しげもなく使われていて、これで後々、話が続くンかいな?って心配になるけど、これから温泉に行ったら、ルシウスに教えてあげれそうな事を発見すべく、辺りをくまなく見渡してしまいそうだ (笑)
[PR]
by giova21 | 2010-03-14 23:26 | 本なこと | Comments(4)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21