<   2008年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧

まとめて数日…

◎クリスマスの仕事に向けてのモデルオーディション。今回は3カップル見させてもらったのだが“ある男性”に女性陣はメロメロ〜♪といっても、あたくし的には余りに若すぎ、アイドルのソレとしか見れない(^^ゞ

e0112226_15545381.jpgだからみんなが目の色変えてる様子がおかしかったけど、そんな圧倒的支持もあり見事彼が選出された。

撮影当日、どんな狂乱?!の場を迎えるのか?恐くもあり楽しみでもアル(笑)




◎北堀江の「紋次郎」で打ち上げ。7人分の肉が並ぶ様は圧巻でありマス♪この日のために長く苦しい「焼肉断ち」をしていた人、ご苦労さ〜ん!(笑)
と、奥の席に見知った顔が…。おぅうう!!この紋次郎を大推薦してくれたF氏に、あたくしが独立するまで大変お世話になったK氏、その相方のT氏が肉をつついてるではないかっ!

e0112226_16195937.jpg
いやあ〜ご無沙汰してます!と、改めてK氏を見ると、ずいぶんスッキリ細くなっている。
なんでも今年の春からレコーディングダイエットに取り組み、7キロほど減ったそうだ。



食べるもん食べるもんメモしていくなんて!そない面倒な事できるかいな!って思うけど、その得意気な顔にちょっと焦るあたくし。だってホンマに痩せてたもん。うぅむ!


◎ARIETEクンの出産祝いのご用意に走る。気の置けない関係だし、彼女が欲しいモノをチョイスしてもらう。CELINEの3点セット。ベビー服でセリーヌって?!って思ったけど、今人気なんだってね。でも“よだれかけ”を“スタイ”って言うなんて知らなかったよ〜(^^ゞ

e0112226_16355975.jpg
お祝いの“のし”に、送り主3人の下の名前を“ひらがな”で書いてもらうよう指示したあたし。後日、連名した友人にその事を話すと「そんな風に書くなんて信じられな〜い!」と大仰天!される。

「えええ?!アカンの?だって出産やしぃ〜(意味不明)」と、一般常識が著しく欠けるあたくしオロオロ。「“のし”かけることで改まった形式になるんだから、漢字の(当たり前)名字が常識やで〜」「そ、そぅなんや〜」


絶対!って事ではないらしいが…ゴメンね、ARIETEクン(^^ゞ
“スタイ”にしろ“のし”にしろ、勉強になったわ(違!!)
[PR]
by giova21 | 2008-09-30 23:54 | 今日のできごと | Comments(3)

食べ過ぎな1日……

シャガール展に行く前のランチ。せっかく神戸行くんだからそっち方面で食べるつもりだったんだけど、空腹のためソレまで持ちそうになく(TOT)天満のsfida〜スフィーダに行く事に。

もぅ〜5年以上ぶりの久しぶり!に来たけど、こんなカッコで入るのが気後れするくらい店内がゴージャスになってない?キレイになった?でもって、やっぱり満席御礼の大盛況♪予約無しで入れてラッキーだったわ。
e0112226_17212425.jpg
ココの「売り」はなんといっても、迷いに迷うメニューの多さ(上の写真は「左側だけ」で、右ページにも延々とメニューが載っている(笑)そしてそれを人数分ちゃんと分けて出してくれること。つまり2人で2品のコースを頼むと計4つの料理を食べれるワケだ。

お互い小汚く分けっこしなくてもそれぞれの皿で出してくれるし、量もちょうどイイ。ちょっとづつ色んなモノを食べたい女性にはたまらないサービスでアル!
しかも手の込んだ2皿+デザート+コーヒーで1800円。なんてリーズナブル!もちろん美味しいし♪車だったんでワインが飲めなかったのは残念だったけど。とにかく、ちょい不便だが、行く価値200%なランチが楽しめるハラショ〜(≧▽≦)/な店でありマス♪



e0112226_1864739.jpg
以前2号線を走ってた時、闇夜にさんぜんと輝くこの「三文字」を発見し、キキィイ〜!と急停車し飛びこんだ「福龍門 」。文字通り刀削麺の店でアル。

なかなか再訪できず、このチャンスを逃すな!とばかりに、美術館横の「HATなぎさの湯」にまで入って小腹?を減らし行ってきました(^^ゞ



オーダーが入ると、タネを抱え、店先でホコホコ湯気たててる大鍋に向かい、シュシュシュシュしゅっしゅ〜と削ってくれマス♪スベスベほんとに喉ごしが良く、不揃いな麺のそのリズムもまたウマイっ♪濃いめのスープを吸った冬瓜も美味しく、あっさりペロリといけマス♪
e0112226_18323815.jpg

でもって、ココのもうひとつの名物?!が、前行った時に薦められて美味しかった「ブタの胃袋〜ガツ!」。ホントはモツって好きじゃないけど、コレはウマイっ!野菜もタップリだし、独特の食感がクセになる。
e0112226_18442469.jpg
メニューはそんなに豊富じゃないけど、こうゆう店の常として、出てくるのも早いし、盛りがイイ♪お値段ほぼ500円均一デス!安いっ!出来上がった大学イモ見て「あ!ソレ食べる〜」って頼もうとしたら「じゃ、サービスね」って出してくれたり(前もご馳走になったような…)オープンな雰囲気もグ〜♪今度は電車で来て、ガツ!でビール!だな(笑)
[PR]
by giova21 | 2008-09-28 23:20 | ウマイもんの話 | Comments(0)
「シャガール展」に行ってきた。
大学の研修旅行でヨーロッパを回った時、ニースのシャガール美術館を見学した。ニースといえど凍えるような真冬の2月だったが、鮮やかな色彩が踊る館内は、春のシンフォニーで満ち満ちていた。まるで深海にいるかような青のステンドガラスの美しさは忘れられない。

そう、シャガールといえば、奔放でありながら決して上質さを失わない自在な色彩が特徴である。本展覧会では、そんな、これぞシャガール!という絵をはじめ、初期の頃のキュビズム的作品や、晩年の研ぎ澄まされたタッチ、そして多数の版画など幅広い彼の作風を見る事ができ、大変充実した内容だったと思う。
e0112226_16522857.jpg
と、大層な事を言っておきながら……彼の絵に不思議なモチーフを発見!これは(↑)最愛の妻ベラと結婚して、幸せの絶頂にいる時に描かれた絵なんだけど、片隅にね〜(赤丸ンとこ)お尻をまくりあげてしゃがむ男の人が小さく描かれてるの!他にもこの「ケツまくり男」が描かれた絵が2点あって「アンタ一体誰?!何な〜ん?!」って悶々としてしまったわ(笑)

きっとなんかの象徴なんだろうけど、絵の説明にのっけて欲しかったな。もしこれから観られる方がいたら、見つけてみてください♪でもって、この意味を知ってる方がいたら教えて欲しいわぁ〜
[PR]
by giova21 | 2008-09-27 23:12 | アートなこと | Comments(0)
井上ひさしの作品ってほとんど知らない…って思ったけど、「ブンとフン」は読んだことあるな〜。お!ひょっこりひょうたん島〜♪も書いてたんだ〜。
でもでも、氏が、ボローニャにこんなに心酔してるとは知りませんでした。

大きく、見所も多い街でありながら、ミラノ〜フィレンツェ〜ローマと走る主要路線の中に埋没してしまったかのように、その記憶がはなはだ薄いボローニャ。大雪&見本市が重なり、自前でホテルがどうしても見つからず、インフォメーションに泣きつき、街からはるか遠く離れたYHに泣く泣く泊まったことが一番の思い出である(笑)
e0112226_18155766.jpg

だがこの本を読むと、雪に閉ざされたあの日のボローニャが溶け、美しい弧を描くポルティコや、赤い街並みをうっすらと思い出す事ができた。そう、無性に行きたくなります。ボローニャに。単純だけど(笑)

産業や芸術、文化を通し、哀しい歴史をふまえ、ウィットも交え、さまざまな角度からボローニャの特異性が語られている。ボローニャは突出した例であるが、イタリアのコムーネの有りようは基本的に似通っている。イタリアの街が、それぞれなぜあんなに個性的で魅力的なのか、その街づくりの一貫を興味深く知る事ができる1冊だと思う。おすすめ!
[PR]
by giova21 | 2008-09-26 23:49 | イタリアなこと | Comments(0)

せんとくんだらけ!!!

先日、なにげにテレビを見てて、コレが流れてきた時にゃあ〜、口がアングリ、心拍数480アップ!血糖値ゼロ!(アレ?)フリーズ寸前!でもって、見終わった後
「い、今のン、み、みた?!みた?みたぁああ〜〜!!!???
と言える人がそばにいなくて発狂しそぅになった…
それくらいビックラした…いやスゴかった…
とにかく…見てください……
e0112226_162947.jpg
GREEのCMより


一瞬「あの」せんとくんにも見えるが、実は彼、せんとくんの兄「鹿坊〜ろくぼう」クンなんだそうデス…。兄…って…いつの間に細胞分裂したのだろう…

e0112226_1634532.jpg弟の着ぐるみはこんな感じ→
なんや〜着てるモンが違うだけなんちゃうん?!
兄バージョンで作ろうよ!(違)

e0112226_16374139.jpg








と、思えば、こんなビミョ〜な(顔違うやん?!)「せんとくん」ぐるみもあって、子供泣いてるしぃ〜〜〜(TOT)/
よしよしよし〜〜〜



e0112226_16435687.jpg
と、思えば、2ちゃんねるには、こんなきゃわいい「せんとくん(もどき)」も出てるらしい。コレはかなりカワイイ〜♪(萌)

ってか、なんなのよ?!この氾濫!この収拾の無さ!(笑)やっぱ「せんとくん」は大成功!?この調子で「ファミリー」でもできたら…と思うと、コワいけど、でもやっぱ見てクスス…と笑うんだろうなあ〜
[PR]
by giova21 | 2008-09-25 23:28 | お気に入り | Comments(3)
コレは絶対、映画館で観たいっ!と思って行ったウォンテッド

ほとんどの人がアンジー見たさに足を運んだのではないだろうか?という、かわいそうな、それでも一応主役のジェームズ・マカヴォイ君(TOT)/ 情けがんばってたけど、やっぱコレは、世界一ガンファイトが似合うオンナ、アンジェリーナ・ジョリーの映画でした。
e0112226_15461210.jpg
メイクのせいもあるけど、痩せすぎ頬がこけて恐かったアンジー。見続けるうちに、なぜかナイトメアー・ビフォア・クリスマスのサリーが頭に浮かんできて苦笑い。
対するジェームズ・マカヴォイ君はナルニア国物語のタムナスさんなんだから、こりゃあ〜もぅはじめっから既に勝負あり!?ってかそんなこと思って見たら絶対ダメ〜!タムナスさんになるから(笑)って、書いておいてなんだけど…ゴメンなさい…。

とはいえ、スピーディかつ度肝のアクションシーンは迫力満点スッキリ爽快!でホンマにすごかった!!でもストーリーはハチャメチャなので、深く考えずに観ること(^^ゞ 続編は作らなくてもイイと思いマス(笑)
[PR]
by giova21 | 2008-09-24 23:18 | 映画なこと | Comments(2)

本館アップしました♪♪

上高地の続きでもなく、宇治の茶畑でもなく、これに見えるはピエモンテ、イタリアワインの聖地のひとつ、ランゲの丘に広がるブドウ畑でありマス。

ここから、バローロを筆頭に、イタリアを代表する素晴らしいワインが生まれるのだが、ホントに豊かで美しい光景でした。
e0112226_18392791.jpg
ということで、久しぶりに本館を更新しておりますので、またのぞいてみてくださいまし♪

[PR]
by giova21 | 2008-09-23 23:39 | イタリアなこと | Comments(6)
5時半起きデス…眠いデス…(TOT)と、起き抜け朝風呂へ。昨日は真っ暗で何も見えなかったけど、後はゲレンデなんや〜。でもやっぱりけむってマス。山の天気は移ろいやすいのだ。

さぁさ、今日がようやくメインイベント。上高地ハイキングですよ〜♪小雨も降ってたけど、なんとか晴れ間ものぞいてきました。
e0112226_15471777.jpg
大正池前で降り、こっから歩いていく。まだまだ青い山が峰が、キレイ〜♪前来た時はもっと立木があった…とKちゃんが言ってたが、それでもコレはなかなかに幻想的な風景デス。

そんな風景を狙って、でっかいレンズつけた即席カメラマンが大勢ファインダーをのぞいてる。ここならどこ撮っても絵になるだろう。こぅゆう時、あたしも一眼レフ欲しいと思うわ♪
e0112226_1624089.jpg
川底までハッキリ見通せる素晴らしく澄んだ梓川。木立の緑がキラキラ光りながら水面に影を落とす。どうしたらこんな色になるんだろう?さっそくお弁当広げてる人もいたけど、わかりマス。その気持ち(笑)

と、なんとかお日様の光を感じられたのはココまでで、河童橋まで来るとまた雨が降ってきた(TOT)/ 木立の中に入ってしまえば傘をさすほどでもないので、フードをかぶって歩き続ける。

e0112226_16365466.jpg
私たちと同じお気軽観光客もいれば、本格的な登山姿の人もいたり…と、河童橋はスゴイ人!

橋の前のショップに「モンベル」が入っててビックリ!ここに営業しに来た人エライ!(笑)


e0112226_16543530.jpg


自然を損ねないよう上手に道が作ってあるから、歩いてても楽しいし気持ちイイ。杖ついたおば〜さんも歩いてたんもん。

それにゴミひとつ落ちてないの!マイカー乗り入れ禁止など、いろんな人のいろんな努力で、この景観が守られてるんだね〜♪




ここでの持ち時間はわずか4時間。大正池から明神まで行って、中央にあるバスターミナルまで戻らないといけないから、自然と急ぎ足になる。なもんで、時折激しくなる雨に足をとられ、丸木の階段ですってんコロリン!そん時はそれほどでもなかったんだけど、帰阪する頃にはビッコひきひき痛かったわ〜(情)それでも翌日には治ってたから、まだ若い?(笑)←(違)

e0112226_17254926.jpg
途中、「ああ〜!!コレって、ミレーのオフィーリアやん!」という美しい川辺があったからか、見る風景がすっかりイギリス?!になってしまったけど(笑)、歩くこと約3時間半。ちょうどよい距離でほんとキレイな所でした♪

疲れて帰ってきても、座って寝てるだけで大阪まで連れてってくれる。これがバス旅行のイイところ…だが、それですまないのもバス旅行(笑)。この2日間で、帰りの高山ラーメン試食!も含め、10軒近く土産物屋に寄っただろうか。
Kちゃんなんてスイートコーンやらトマトやら「生鮮」まで買ってたし(リンゴまで買おうとしていた…)2人あわせて小さな物産展できるくらい調子こいて買ってしまい、これぞ旅行社の思うツボ!(笑)

でも強行軍とはいえ、こんな旅もたまには楽しいし、十分もと取ったし(旅費¥13000也)、またイイのがあったら行ってみたいと思いマス♪
お疲れさまでしたぁ〜♪
[PR]
by giova21 | 2008-09-22 23:40 | にっぽんの休日 | Comments(0)
ブログと実時間では大変なタイムラグがあるが…(^^ゞ 今日はあたくしのウン十ウン回目の誕生日♪おめでたぅ〜とう歳でもなくなってきたけど(笑)、元気で迎えられたのは何より(一体幾つやねん!という年寄りじみたコメントやな(笑)が、一番の幸せは、心身ともに「健康であること」。じゃないと、お星さま見てキレイだね〜とか、ご飯食べて美味しいね〜って言えないじゃん。基本の「き」だと思いマス♪

で、手頃なバスツアーがあったので上高地へ行ってきあした。飛び石連休とあリ、同ツアーだけで5台!ものバスが運行さる大所帯だったけど、本番は明日。着くまで乗ってるだけですから〜♪と、朝ご飯のおにぎりに始まり、ICで熱々のタコ天買っては、ペットボトルに入れてもってきたワインをクピクピ飲んでクゥクゥ寝る…という、まこと怠惰な道中でありました(^^ゞ

諏訪湖をはじめ、伊那や上田、高遠、佐久という地名に、ああ〜武田の地に来たのだなぁ〜と、信玄好きのあたくし、ちょっと感動。ワイナリーもあるし、山ほど温泉あるし、今度は車で回りたいわ♪


e0112226_1445583.jpg思わず歌ってもぅた霧ヶ峰〜♪を過ぎ、霧にけむる白樺湖を通り過ぎると、修学旅行ン時にスキーに来た車山高原で、ようやくホテルへ。

夕食は可も不可もないバイキング。ツアーやし仕方ないデスね〜抜け出すにも山ン中やし(TOT)

さすが!というか、部屋ン中に特大スズメバチが2匹もいて仰天したけど、スプレーとハエ叩き持った兄ちゃんがすぐやってきて、「スゴイ〜兄ちゃん男前〜!」と思わず叫んでしまったくらい見事な手際で退治してくれた。よくあるんだろぅね〜こぅゆうこと(^^ゞ

e0112226_15132449.jpg
Rocca delle Macìe
Vernaiolo 2006 Chianti DOCG
サンジョベーゼ85%、メルロー15%
*ジョバッキエーリ5/3.5

グラスもないしエエで〜と言ってたのだが、Kちゃんがワインを持ってきてくれたので、篤姫見ながら食後に乾杯♪茶碗(笑)で飲むには(だって〜プラコップよりマシやん?)余りにもったいないキャンティでありました…(TOT)/ 美味しかったよ〜ありがとぅう〜♪という本人は、お風呂までちょっと…ってベットに潜り込んでカゥカゥ寝てたけど(おいおい〜!)

あんだけバスで寝て今晩寝れるんやろか?と秘かに心配してたが、ビールもワインも〜って飲んでしてたら、あっという間に睡魔に襲われご就寝。明朝早いからね〜おやすみぃ〜♪
[PR]
by giova21 | 2008-09-21 23:34 | にっぽんの休日 | Comments(0)
とっても簡単、以外に美味しい「レンジでパスタ」。問題はソースをどぅするか?で、市販の混ぜるだけ〜ちゅうのを使ったりしたんだけど、前回やったモッツアレラ&バジルで、ふと開眼!ありモンでしたらエエやんかっ!

プーリアのCOOPで買ったペコリーノを持ってきてくれたので、ソレをガシガシおろして(おろし器持参(笑)タップリかけ、あらかじめオイルづけしておいたザク切りトマトとあわせると…シンプルだけど、とっても美味しいパスタの出来があり♪
e0112226_1547457.jpg
混ぜ混ぜインスタントも悪くないけど、こっちもウマイでねえの!今回はなかったけど、バジルが生い茂る夏に、もっとこうやって食べればよかった(TOT)/トマト&バジルがあれば、何入れてもウマイんじゃないかしらん?来年は絶対(事務所で)バジル育てよう!と、あたくし心に固く誓いました(笑)
e0112226_1615248.jpg
Torres
Nerola Blanco 2003
チャレロ、ガルナッチャ・ブランカ
*ジョバッキエーリ5/3.5

今回あわせたのはスペインの名醸造家、ミゲル・トーレス…の娘、ミレイア女史がはじめて総責任者として醸造したネロラ・ブランコです♪ほら、ネックのとこに雄牛の人形がついてるスペインのワインあるでしょ?それがこのトーレス社デス。

シトラス系の爽やかな香りが食欲をひきたてるが、決して浅すぎず、重厚な余韻が残る、大変パワーのある白だと思いマス。好きです♪こぅゆうタイプ。
「ネロラ」とは地中海にあったという伝説の楽園の名で、不死の力を与える果物が実っていたと言われているそうな。その果実はこんな味がするのかな、と思いながら飲むのも楽しいよね。

また、エチケットのモザイチ画は、ガウディ生誕150周年を記し、グエル公園のタイルの絵柄が使われてマス。名前の由来といいエチケットといい、いろいろ想像を膨らませてくれるワインだね、コレは。

e0112226_1637294.jpg
昭和23年創業のエーワンベーカリー。小さい頃、ここのチーズパン(ブロッチェン)を父がお土産によく買ってきてくれて、翌朝、軽くオーブンであっためると、チーズが香ばしくカリカリ!で、中はモチモチ♪で大好きだった。

最近見かけず、古い店やし潰れたんかな〜(失礼!)なんて勝手に思ってたら、AONEって名前になって新梅田食堂街にちゃあ〜んとあって嬉しかった♪

で、今日はパンじゃなくてデザートとして、スイーツ部門Guteの生シュー♪デス!高いばっかでコテコテ凝ったケーキより、単純に生クリーム食べたいって時あるでしょ?そうゆう時ピッタリなのよね〜コレ。シュー皮!生クリーム!カスタード!これしかない(笑)潔い!あっさりウマイ!しかも安い!(笑)ラブ〜♪
[PR]
by giova21 | 2008-09-20 23:41 | ウマイもんの話 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21