<   2008年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

私の通っていた中学で一番強くて人気があったのがハンドボールだった。
私の入ってたソフトボール部の隣を使っていたこともあり、友達もたくさんいたし、ハンド対ソフトとして試合をしたこともあったな。ダダ〜っ!と走り込んでシュートを打ち、コロンと転がる、あのカッコええ動きがしたくて一生懸命「マネ」したものだ(笑)

男女共強い部だったから練習もハードだったが、運動神経のイイ子が集まり特に男子は人気者揃いだった。そんな中では地味だったNクンは、何を隠そうあたくしの想い人でもあった(^^ゞ 懐かしいなぁ〜♪♪
e0112226_19185341.jpg
そこで今回の男女ハンドボール北京五輪アジア予選。08年上半期流行語大賞になりそうな勢いの『中東の笛』による再選。

結果はともかく、コレで初めてハンドの試合を見た人も多いと聞く。もちろん私もこんなプロの試合を見るのは初めてで、スピーディかつアグレッシブな動きにスゲ〜!スゲ〜!と大興奮!その激しさから「球技の格闘技」とも言われているそうだが、ウウム!納得デス!

それに客席の熱気のスゴイこと!少なくともアイドルを立てて観客動員を図るどこぞのスポーツとは違う、1人ひとりが「観たい!応援したい!」と思って足を運んで来ている、観る側のヤル気が満ちていた。

五輪への道が閉ざされたワケでは、ない。ブームだろうがなんだろうが、運命の如く灯されたこの火を絶やすことなく、次のステージへとチャレンジしていって欲しい。初めて見る人も、かつてやってた人も、知ってる人も、きっとワクワクしてあなたたちを見てると思うから。
[PR]
by giova21 | 2008-01-30 23:04 | 今日のできごと | Comments(0)

おニューな音源大入手!

調整が効かない仕事とはいえバタバタ忙しい毎日。ハナっ風邪もなかなか治らないし寒いし、ム〜ン!という気分を吹き飛ばすべくCDを買いまくってしまった(^^ゞ 元気になるにはラテンが一番っ!
e0112226_16314963.jpg

買うのが遅いっちゅうの!という自虐突っ込みを交えつつ、
大好き〜!なAlejandro Sanz久しぶりの新作を遅まきながらゲット!

いつもよりおとなしめ?想像とはちょっと違ったけど、シングルにもなったシャキーラとのデュエットは◎!歳とってますますアタチ好みの渋い“風貌”になってきたのも◎!もちろん声も音楽もラブ〜♪(萌)
e0112226_16321532.jpg
ああ!もぅムッチャ焦った!!
間違えて同じアルバム買ってもぅたかと思った(TOT)

ラテングラミーを獲得したアルバムをNYで買ったのがきっかけで(コレはお薦めよ〜!)それ以来ずっと聞いているSin Bandera。ラテン版ケミストリーと言うとわかりやすいか?(笑)。心地よいハーモニーが爽やかな風を運んできてくれる、そんな2人の歌声デス。

で、今回買ったのは右側のPasado。ご覧のようにジャケがそっくりだったんでビビった!よく中身確認しないで、いらんのにベスト盤とか買ってしまうから要注意やわ…ったく。こんなヤヤこいジャケット絶対反対〜!!

e0112226_16415929.jpg

レビューを読んで興味を惹かれ買ってみた1枚。若さゆえの甘くせつなく熱いアルバム。馴染みやすいサウンドも◎。顔はともかく…(^^ゞ
失敗するとコワイけど、たまには新人サンを発掘するのも楽しい(偉)

e0112226_17141257.jpg

こちらは英語で歌ってるけどドイツ生まれのナイジェリア人Ayo。たまたま試聴する機会があったのだけど、R&BなSADE風?ジャジーなハスキーボイスも好みだったので買ってみた。
このデビューアルバムはヨーロッパで50万枚以上売れたそうで、そのアメリカ進出版がこちらになる。気だるくポケタンと脱皮したい時にピッタリかな

は〜ちょっと満足♪これでしばらくおニューな音楽を楽しめるわ♪
[PR]
by giova21 | 2008-01-28 23:37 | 音楽なこと | Comments(2)
やっぱり「食いモンネタ」に戻ってしまうが…(笑)今日はホント久しぶり〜に、守口にある「星月」へ。下町商店街の中にあるフツ〜のお好み焼屋なんだけど、なんってたってココの目玉は焼きそばっ!
普通の倍くらいある極太麺はモチモチシコシコで、はじめて食べた時「なんじゃあ〜こりゃあ?!」と、のけぞりました、あたくし。
e0112226_13121618.jpg
これじゃあ〜ちぃとわからんが「太い」ンです!ソバ

火を通したキャベツや豚肉、ゲソの上に、茹でた麺(ココ大事!ウマサの秘訣?)をバサ〜と広げ、チャッチャカ炒めること10秒。サラサラ系の特製ソースをシュパ〜と入れて出来上がり!

ジュゥウモァア〜と立ち上る湯気と油を、新聞の折り込みちらしを広げて防ぎつつ、焼いてくれるおばちゃんの無駄のない美しい動きをウットリしながらのぞきこみ「さあ〜どうぞ」という出来上がりの声を待つ。この数秒間の何と待ち遠しいことか!(笑)ウマイですぅう〜〜(@¥@)

昼時は行列覚悟!でいつも賑わってるが「焼きそば好き」なら一度は食うべし!の絶品モンよ〜♪読むと絶対焼きそばが食べたくなるカバ丸に教えてあげたいわ(笑)*他に土居店もありまする♪
[PR]
by giova21 | 2008-01-27 23:03 | ウマイもんの話 | Comments(0)

最近読んだ本の話

「キミのブログは飲むか食べるかやなぁ〜」と杭州師匠に笑れる。チッ!人間食べな生きていけないのよっ!人生80年、美味しいモン食べて騒がなきゃ!と言い返したものの、品格ある?内容を保つため、今回は久しぶりに本について書いてみよう(しかも彼からいただいた本だし(笑)
e0112226_15361290.jpg

随分前にいただいたのに埋もれて気が付かなかった一冊(^^ゞ メディアを通じて犯人を捜す…という筋書きはオモシロイが、大胆かつアタマの良い犯人が、わりとあっけなく御用になったのは残念。それでも刑事である前に1人の人間である主人公や、周囲の人々の細やかな心理描写は秀逸であった。
映画では、豊川悦司が主役の刑事を張る。う〜ん、コレはピッタリかも〜♪

e0112226_15563017.jpg
今や週刊朝日に連載まで持つ売れっ子作家にして現役医師、海堂 尊の2冊。「バチスタ〜」は、犯人探しまでの盛り上がりに比べ、その結果が、あ〜そうなん?!とあっさり(>_<)すごくミステリアスなプロットだったのに『Yの悲劇』のようなドキドキ感が最後まで欲しかった…とはあたくしのわがままでしょうか…。「ナイチンゲール〜」は医療ミステリーというより、なんかオカルト的要素が…(^^ゞ

と言っても2冊ともとっても「面白く」読めた本。文体も軽快、ウイットに富み、プッ!と笑う所も随所にある。でもでも何がオモロイって、個性派揃いの登場人物のキャラ立ち!のスゴさ!コレに尽きる。

これも映画化されるが、キワモノ筆頭格の白鳥役を阿部寛がするそうだ。うぅ〜ソレってキレイすぎる。もっとこぅ、ネチョネチョ粘着質な、そう、生舞台観てスゴイと思った阿部サダヲがピッタリ!だと思うんだけど…だぅよ?!別に阿部ちゃんが悪いってワケじゃなくて(笑)

e0112226_16423299.jpg

隠岐島の伝統的な奉納相撲の話でアル。
え〜!?コレって最後までこの調子なん?と思わずチラリと終盤をのぞいてしまったほど(笑)気合いの入った取組シーンが頁のほとんどを占める。ああ〜相撲って、勝負って、こんなに真剣なモンなんだ…と、昨今の大相撲問題とあわせ感じ入り、ラストでは思わず涙してしまった(TOT)

これらを1週間余りで読破。重いのは難点だが通勤読書はやはり欠かせない。本忘れると定期忘れるよりイヤだもん。上下巻の下を忘れ、また下巻を買ってしまった…という杭州師匠のキモチはよぉくわかる(笑)

それにしても運ぶのが重くて玄関横に鎮座してる「杭州文庫」を読破できるのは一体いつになることやら…(ウレシイ悲鳴)
[PR]
by giova21 | 2008-01-26 15:35 | 本なこと | Comments(0)
ウソだぁああ!!!!
昼食の時読んだ記事に思わず絶句!!あぁあ〜見なきゃよかった(TOT)
ヒース・レジャー死去

な、なんで?!なんでやねん!!
リバー・フェニックスん時と同じくらい衝撃的悲劇だわ……

彼の映画って『ロックユー』と『ブラザーズ・グリム』しか観てないけど、コスプレもよく似合う、子犬のような笑顔が印象的な、これからっ!の有望役者だったのに…。

バットマンシリーズの『ザ・ダーク・ナイト』のジョーカー役が遺作になるワケだが、どんなジョーカーかわからないけど、J・ニコルソンが演ったあんなジョーカー!が最後の晴れ姿…だと思うと…ウッ…(>_<)
e0112226_2204324.jpg
それなら『ブロークバック・マウンテン』が最後になる方がイイ…ってコレ観てないのよね…まだ。ああ〜『依頼人』より何より、先にコレ観なアカンな!ブローク〜』で共演し、ヒースの子供の名付け親でもあるジェイク・ギレンホールはショックで引きこもり状態だとか…

自殺ではなく薬の過剰摂取が原因と見られているが、もしそうで、死にたくて死んだワケじゃないのなら、さぞかし無念だろう…ご冥福を祈る。
ジェイクがんばって!!
[PR]
by giova21 | 2008-01-24 21:50 | 映画なこと | Comments(0)
産地であろうが、船が出なくては漁はできない=カニは捕れない。店頭には三国港で獲れた証、黄色のタグをつけたカニっ子たちが常備されているが、そんないつ獲ったンかわからんカニは美味しくないっ!とはKちゃんのご母堂のお言葉。

e0112226_1247327.jpg
だからせっかく三国に来たはイイが、カニが食べれるか?は運と天任せ…で、着いた晩の食卓にカニはあがらなかった。

それでもねっとり甘エビやふくらぎなど海の幸を堪能。もちろん全て三国産。ご近所さんである福井港のモノは買わない

地のモンを地でいただく。
獲れた魚をいただく。
う〜ん!これこそ“時を食べる”だね〜♪
しゅばらしい♪



といっても、食べれたらソレにこしたことはないカニ(笑)昨晩、市場の前を通って帰った時、トロ箱から「赤い物体」が見えてたので、も、もしやっ!と思ったら「カニ入ったよ〜」と魚屋さんから電話があったそうだ!

ずっと海が荒れており、な、なんと8日ぶりの漁!だったそうだ。「アンタたち運がイイね〜」スゲ〜ぞおりゃたち!アッパレハラショ〜♪

e0112226_1383686.jpg

Sやんがお土産に持って帰るというので22ハイ(やったっけ?)
とにかくトロ箱から溢れるくらい
思わず笑ってまうほど買って帰りました

去年食べたズワイガニがしっとり…だったら、この時期上がる水ガニはとってもジューシー。殻が柔らかく、オモロイほどキレイに身がとれる。まるで、TVにもよく出る達人「むきむきみっちゃん」になった気分(笑)



いつもなら面倒でヤンなるあたくしですが、スルッと剥けるのが楽しくってたくさん食べてもぅたわ♪もちろんっすンごく美味かったよ〜♪コレは、水揚げされたカニをすぐ生きたまま茹でるから…なんだって〜。「死んだカニ茹でるのとは違うのよ〜」確かにぃ〜!ウマウマご馳走さまでしたっ!!

2度目の温泉は畳湯がある三国観光ホテルへ。久しぶりやなぁ〜と施設を見渡すと、今までなかった足湯がある。目の悪い私、フ〜ンとそのままスルーしたら「見てみて!これドクターフィッシュやん!」とKちゃん大絶叫!
e0112226_1531391.jpg
足モデル☆女史
もっとたくさんおってんけどうまく撮れなかった(TOT)
手を入れてもこの写真みたいに群がってきた(笑)

うぉおお!!!コレいっぺんやってみたかったのよね〜♪♪音に敏感ですぐ散るけど、すぐまた寄ってきてハグハグカジカジ。
ぎゃ、ぎゃぎゃ〜!こそばいぃいい〜!(@O@)
なんかこぅ軽い電気ショック受けてる感じデス(^^ゞ といっても歯がないので、いわゆる「甘がみ」(いやん♪)なんですねコレ。慣れるとビミョ〜に、こそばキモチイイ。いけない快感だわ(笑)

芸名いや…本名/ガラ・ルファ(Garra rufa)。西アジアの淡水に生息するコイ科の仲間で水温37℃でもOKな健康優良魚クンです♪

ヒトの皮膚を苔と勘違いして食べるそうだが、そのお陰で皮膚疾患が治ったりするため“ドクターフィッシュ”と呼ばれている。ドイツでは医療行為として認められているそうな。スゴイじゃんオマエたち!

こぅゆのに目がないKちゃん、身体が冷えるのも構わず、最後まで残って一心不乱の助で楽しんでおりました(合掌)でも確かにカワイイの〜♪「人に大変慣れ、飼育者が近づくと寄ってきます」なんだって〜〜飼ってみたら?

いやぁ〜楽しかったわ〜♪これからココに来ようっと(笑)
という、今回はなぜか「風呂」に縁があった三国カニ詣だったが、カニも堪能できて大満足!S殿、M子殿、いつも本当にありがとうございます!
次は山菜を味わう春!ですかね〜(^^ゞ
今年もどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
[PR]
by giova21 | 2008-01-21 23:44 | にっぽんの休日 | Comments(0)
「私らもカニ食べたい〜!」という絶叫に応え?今度はKちゃんのご同僚、S&Gコンビとまたまた三国カニ詣で(笑)地下街の薬局で500円のアンプルをグビビと立ち飲んでいざ出陣!のあてくしですが、未だ体調不良でグズグズ…エ〜ン(>_<)でも美味しいモン食べたら治るかも?!

お昼をいただき、夕飯までの散策は旧市街地巡り→温泉…と、まんま前回と同じコース。なんか三国親善大使となってガイドしてる気分だけど(笑)OLの友シティリビングにも掲載されたほど、三国って今、ちょっとした観光スポットになってるから、親善大使としても非常にウレシイわ♪←何様?!

e0112226_18405696.jpg
旧市街のおやつタイムにはピッタリ!のCARNA

旬の野菜や果物を使ったジェラートはとっても美味!コレは黒豆とサツマイモだったかな?一口お試し!(ほうれん草)をサービスしてくれるのも◎
一年中出てる「塩」と、
夏に出る「トマト」もおすすめよ〜

カニ味ちゅうのがあって仰天したけど
幸か不幸か出てなくて
食べれなかった(ホッ)(笑)


e0112226_1924981.jpg

旧岸名家や森田銀行といった、昔ながらの建造物も目に楽しく、佐世保バーガーならぬ「三国バーガー」(食べた事ないけど)が人気を博してるなど、新旧織り交ぜて楽しめるようになった三国。

このサイトはとっても良くできてると思うので、ご覧のうえ是非三国へお越しくださいませ〜♪←またまた何様?!





腹ごなしの散歩は…寒いのでやめて(^^ゞ 鷹巣温泉へ。正直、施設はキレイとは言えないが、源泉ダバダバかけ流し。周囲にあるそりゃあ〜たくさんの温泉の中でもピカ一の名湯でアル!

さぶさぶさぶ〜〜とみんなで露天に浸かったその時。三脚かついだ女性が
「あの〜すいません〜」「はぃ〜??」
私も見たことある大手の旅雑誌で鷹巣温泉を紹介するらしく、その撮影をしたいのだとか。
えぇえぇ〜ちょちょちょっと待ってくださいよ〜!(汗)

「身体“は”入りませんから」とはそのカメラマン。「身体は」ってだぅうゆう事じゃ!と、撮影見本(その雑誌のページ)を見せてもらうと、みんな満面の笑顔で「正面」見てるではないかっ!バ、バカ野郎!ンなカット撮られてたまるかい!

「背中向けてたらエエんちゃう〜」とのんき節なGたんKちゃん(さすがAB&B型)の言葉に元気づいたカメラマン「雑誌できたら送りますから」と、とどめの一言。そ、そうなん?!(おいおい)

ほやなぁ〜滅多にない経験やし?!みんな次々と出て行った中(Sやんも既に脱出)まぁ〜エエか〜ちゅうことで、見知らぬおばさんと4人で仲良く湯船で温泉談義。背中に注がれる視線が熱いわ(違!)

重く落ちるシャッター音に「それフィルムですね?」って聞くと
「そうです。この雑誌はちゃんとポジ撮影するんですよ」だって〜
今時スゲ〜(すっかり同業者目線(^^ゞ
もちろん、あたしたちの入った写真が使用されるかどうかわからんのだが、
(アッ、あたくし、ちゃんとキレイに髪上げてたかしらん?)←バカ
ちょっと楽しみ♪ホンマにちゃんと送ってや〜!

>>つづく
[PR]
by giova21 | 2008-01-20 23:28 | にっぽんの休日 | Comments(0)
昼食に「エビ天入り味噌煮込みうどんbyグツグツ鍋焼」を食べた時は、フガフガアッチッチ〜とご機嫌で食べてたのに、夕方になるとエネルギーゲージが下がってきて、ハッ!と気が付くと、手が止まって目がうつろ。

ジュルジュル鼻は出てくるわ脳ミソがふやけてくるわ…で、完全に手が止まってしまった。い、いけん!!こいはもしかして「風邪?」仕事をこなすパワーもなく、湯たんぽ抱えて机に突っ伏してしまった(TOT)

そう…最近ようやく冬の寒さになってきて、去年買った湯たんぽが大活躍!ホントはこちらのツチノコ・リッキーが欲しかったんだけど、そん時は売切で断念。欲しい時に欲しい子供なあたくし。他になんぞないかいな?と探してみたら、こんなカワイイのがあ〜りましたっ!
e0112226_15464381.jpg

品質と信頼の都々逸…いやドイツ製。ヨーロッパ基準の安全性にこのデザイン。しかもなんか色んな柄があってカワイイや〜〜ん!と、このアーガイル・レッドを購入♪

プカプカ形が変わる柔らかさもイイし、ほんわかジックリ温かいのも◎。
乾燥するし空気悪いし、アタマはモア〜って熱いけど足元寒いやん!というエアコン暖房が嫌いなあてくしにはピッタリ♪で、この子をヒザの上や足に挟んでヌクヌクポカポカ(^_^)え〜よ〜湯たんぽ♪

母ちゃんにも買ってあげたんだけど、今では父ちゃんが腰に当てて使ってマス(笑)(柔らかい素材だから身体にフィットする)そしてっ!夏には氷水を入れれば携帯クーラー?に大変身!って、まだまだ“湯たんぽ”として使うけど(^^ゞ それよりこの風邪(っぽい)ダルダル感を何とかせな…。
明日から三国やし(TOT)
[PR]
by giova21 | 2008-01-19 22:29 | お気に入り | Comments(2)
「ブラッド・レンフロ死去」
どこかで聞いたよな、ないよな名前…。続きを読むべくクリックすると…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

元弁護士。今、ベストセラー作家のジョン・グリシャム。最近の作品は全然読んでないが、初期に書かれた怒濤のリーガルサスペンス、「法律事務所」や「依頼人」は、何度読んでもオモロイ私のお気に入りである。

作品の多くが映画化されたが、原作絶対命!の私でさえ、かなり良くできた映画が多かったように思う。

お気に入りのサム・シェパードが始まってすぐに爆死してしまい(TOT)
涙した『ペリカン文書』

正義感溢れる主人公がトム・クルーズにピッタリだった『ザ・ファーム/法律事務所 』ジーン・ハックマン、エド・ハリス、ホリー・ハンターという脇役もゴージャスで、スリリングな原作の映像化を見事表現!

主人公の女性弁護士に、貴女以外にないでしょう!と思わず手を叩くナイスキャスティングだったスーザン・サランドンの『依頼人』。大好きな原作だったから映画はかなり心配して観たのだが、ラストでは胸を熱くし「これなら許す!っていうかイイ!(偉)」と大満足!
e0112226_19202283.jpg

再度見た時、彼女の助手が若々しいERのグリーン先生(アンソニー・エドワーズ)だった事に気付きビックリしたものだ(笑)。

そんな大女優S・サランドンを相手に、堂々ともう1人の主人公役を演じていたのが、当時12歳だったブラッド・レンフロだった。もちろんこれが映画デビュー作。父親の代わりに家族を守る、ひねて大人びた少年マークを、原作から抜け出たかのように演じていた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ああ…「あの少年マーク」のブラッド・レンフロか…。私生活では問題が多く、薬物や窃盗の逮捕歴があったが、演技力には定評があったという。
まだ25歳。いくらなんでも早すぎる死、である。

無垢なる彼が輝いていた『依頼人』を、またもう一度観たくなった。原作も映画も◎でお薦めできる作品デス。
[PR]
by giova21 | 2008-01-16 23:14 | 映画なこと | Comments(2)
いつ買ったのかも記憶にないが(おいおい)今日は「アレ?!もぅそんな日なんだ?」という、兵庫県立芸術文化センターでのオペラ、タンホイザー観劇。5時開演ということで、朝もゆっくり寝れたしお昼寝もしたというのに、幕が上がるまでの前奏部分で既に睡魔が忍びよってくる(TOT)う”っ!負けてなるものかっ!!

本場チェコで舞台を一度見ていたのだが、全く記憶になく(笑)本番までにちゃんと“予習”しておかなければ…と思っていたのに、あえなく撃沈。

知ってる事といえば「のだめ」で読んだ「快楽の女神ヴェーヌスさまとイチャイチャしてたタンホイザーを健気に待ち続けるエリザベート」くらい…という、私の隣、背筋をピキィと伸ばし観ていた初老の紳士が知ったら卒倒するかのような知識のみ(笑)
e0112226_132012.jpg

愛とは?!欲望とは?!救済とは?!エトセトラ〜エトセトラ〜
人が人として避けられぬ葛藤と甦生を描く壮大なテーマ(らしい)のだが、なんせワーグナーだから重っ!

これがモーツアルトなら…
愛とは=愛こそ全て 欲望とは=押し倒せ 救済とは=祈って待つ 
と、きっと単純明快に大円団を迎えるに違いない。

スイマセン…私、偉そうにこんな事言える立場じゃ全くないんだけど、ワーグナーは説教クサイ!という事を発見してしまいました(笑)

風邪で調子の悪かったMちんと共に、かなりの時間を夢に費やしてしまったあたち…。奮発したイイ席だったのにもったいない事したわ(TOT)
次回の「蝶々婦人」では、リベンジ!デス!(拳骨グ〜)
[PR]
by giova21 | 2008-01-14 23:45 | アートなこと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21
プロフィールを見る
画像一覧