<   2007年 05月 ( 29 )   > この月の画像一覧

別れと再会。

「実は東京に異動になったんです」
「は、はぃい??」

代理店のKさんとは、一緒にバリバリ仕事をする機会は少なかったけど「●●のシュークリーム買ってきたから食べませんか」など、よく事務所に遊びに来ては、たわいのない話で盛り上がる「仕事以外」で楽しくお付き合いを続けてきた関係だった。いつも明るく元気。勝手に「私の妹分!」なんて思ってたからビックリしたし、淋しくなりマス(TOT)

入社2年目で異動だなんて…って私は思ってしまうけど、若いうちから新天地を経験するのは自分にとってプラスになる!と言い切れる彼女なら大丈夫だろう!大食らい&大酒飲みの(おいおい)彼女にたらふくご馳走できなかったのは残念だけど、向こうでもガンバレぃい〜!どこで何をしたって、大切なンは、最後のキモは「自分自身」なんだから。それさえ据わっていれば、たとえツライ事があっても実になるはず。ウン!陰ながら応援してマス!

そんなKさんと一緒にランチしたこの日の晩。私は電車の中で座り、杭州文庫の森 絵都DIVE!!の下巻残り30ページを一心不乱の助で読んでいた。
e0112226_202381.jpg

だから視界に迫る“ソレ”に気がついた時、ビックリするより「クライマックスの邪魔をするんでないっ!」と睨みつけてしまったのだが、“ソレ”すなわち“男性らしき手”はヒラヒラヒラヒラと私の目の前ではためいている。一体何なんぞ!とその主を辿っていくと、満員電車の人柱の向こうに、何やら見知った顔がのぞいている。

ああぁああ?? 「アノヒトシッテル」
 で、でも誰??誰やったっけ!!


友だちではない。じゃあ仕事関係?何?誰?
「やっと気ぃついたな!●●さんでしょ?久しぶりやね〜」
妙に親しげに声をかけるから、ますます私の記憶集積回路がこんがらがってしまい「アンタ一体誰さっ!」とパニックに陥る私。「名前を言わない15分会話」でもして逃げ切ろう!と思った瞬間、神の啓示が下った!「□□さんだぁあ!」(疲)(TOT)

以前勤めていたデザイン会社時の上司だったN氏だったのだっ!10年?15年?まぁ〜とにかく、それっくらい久しぶりの再会だったワケ。そりゃ名前も出てけぇへんわ!(笑)にしてもよく私がわかったモンである。「髪型一緒やしぃ」と笑うN氏の言葉に納得。

そぅ…私って髪型がほとんど変わってないのよね〜。エエか悪いかはともかく、このお陰?で人に見つけられやすいのは事実。で、第一声が決まって「変わってないなぁ〜」(髪型が…笑)ストレートヘアにしたら絶対わからんだろぅな!(笑)

互いに時間もなかったので、また改めて会いましょう!と相成ったのだが、早速翌日事務所に遊びに来たのには笑った。(笑)でもデザインの「いろは」を教わった師匠でもあるし、近況話ができて楽しかった♪今度ゆっくり飲みませぅう♪
[PR]
by giova21 | 2007-05-30 23:02 | 今日のできごと | Comments(0)
2002年の第6回手塚治虫文化賞マンガ大賞を受賞したバガボンド宮本武蔵を。そして今年の注目作品であるへうげものは、古田織部が主人公。どちらも週間モーニングで連載されていた、している歴史マンガだ。

武蔵はともかく(私もよく知らないが)古田織部などという超コアな輩が主人公のマンガがあるだけでもスゴイと思うのに、更にここに、イタリア・ルネッサンス期に暗躍したチェーザレ・ボルジアの生涯を描くチェーザレが連載されている。

悪名高きボルジア家、毒殺、歌劇にもなった悲劇の女性ルクレツィア・ボルジア、その彼女が眠るフェッラーラ…。漠然とこれくらいしか思い浮かばない私の「チェーザレ・ボルジア」知識だけど、イタリア中世文学史の講師が時代考証を、また『サチェルドーテ版チェーザレ・ボルジア伝』という原書を訳してストーリーが組まれている…という事を知り、早速大人買い!
e0112226_1939392.jpg

さすが専門家がバックボーンにいるだけはある。ミケランジェロがまだ天井画を描いていないシスティーナ礼拝堂や、邸宅内の装飾、衣装など、史実に基づいているであろう細部に渡る緻密な描写は、それだけ目で追っていてもスゴク楽しい!見事!もちろん話も面白い。

いやぁ〜これはもぅマンガじゃないデスね!歴史の1教科書ですよ♪「へうげもの」だって、読めばきっと安土・桃山時代をより楽しく実感できるはず。ニンテンドーDSiPodが、教材ツールの1つになってるなら、教科書も全部マンガにすればイイと思う。

こぅゆうマンガを描きましょう、って企画するのがどこの誰だか知らないけど、週刊モーニング!アンタはスゴイです!だって神の雫も、よしながふみも連載してるんだもん♪(ちょっと違う)(^^ゞ
e0112226_20175921.jpg

ということで?「チェーザレ」にも登場するダ・ヴィンチが特集の今月の芸術新潮。東京の人は特別展が見れてホントうらやましいっス♪
[PR]
by giova21 | 2007-05-29 23:19 | 本なこと | Comments(0)

第60回カンヌ国際映画祭

はじめて彼女の名前を知ったのは、97年の第50回カンヌ国際映画祭で、カメラドール(新人監督賞)を史上最年少の27歳で受賞した時だった。27歳という若さと、女性という事でとても興味深く記事を読んでいくと、何と私と同じ高校出身で、一気に親しみが沸いたものである。
e0112226_19534477.jpg

そして今年。第60回映画祭という記念すべき年において、「殯の森」で見事グランプリを受賞した♪本当におめでとうございます!といっても、どの作品も観ていない私(^^ゞ 地元奈良で撮り続ける、その静ひつな映像美を、今度こそスクリーンで観てみたいと思いマス。▼映画祭特集はこちらをどぅじょ♪

映画祭の期間中は、世界中からセレブが集まるというカンヌ。ハリウッドスターによるエイズ基金寄付のパーティが行われたそうだが、ジョージ・クルーニーキスできるわよ♪権利が、な、なんと35万ドル(4300万円)で落札されたそぅです!クラクラクラ〜〜
e0112226_20254913.jpg
歳を重ねてますます男前になった私のダグ(ウットリ)

ああ〜でも4300万円あったら、私、ダグとのキスは諦めて○○したり、○○することに使うと思う(笑)次回作はオーシャンズ13。13っていつまで続けるんやろ?今度の紅一点は私の好きなエレン・バーキンデス。

しずしずと始まったカンヌ話がハリウッド大作で終わっちゃったよ…(^^ゞ
[PR]
by giova21 | 2007-05-28 23:47 | 映画なこと | Comments(0)
両親が関東育ちで、母は自分にとって「未知なモノ」を作らない人だったので、私のたこ焼&お好み焼デビューはかなり遅かった。中学生の頃、銭湯裏にあった駄菓子屋の店頭でおばあちゃんが焼く1個10円だかのたこ焼を食べたのが、初めてだったような記憶がある。

探偵ナイトスクープか何かで「関西人の家には必ず絶対たこ焼器があるのは本当か?」という調査があった時、ホンマにほとんどの家に当然のようにたこ焼器があってビックリ大笑いしたものだ。

「じゃあ我が家にもっ!」と、早速たこ焼器を買ったのだが、そこは経験の浅いド素人。鉄製の無意味に重く立派なソレを買ってしまった。油が馴染まず、火も均等に回らず、どぅやっても丸く焼けない。

穴の中でグチャグチャになったタコ入り小麦粉のなれの果てを、離乳食よろしくスプーンでほじっくって口にする…という、まこと悲惨な自宅タコ焼きデビューであった(TOT)その後「テフロン&電気」のタコ焼器を新たに買ったが、余り登場しないのは、きっと離乳食タコ焼のおぞましい悪夢が我が家に巣くっているからに違いない…と思ふ。

それに比べると、じゃりんこチエの如く、三時のおやつはホルモンの串焼きだったという生粋浪速人Kちゃんの作るタコ焼は絶品!で、今日はおねだりして作ってもらいました♪
e0112226_1121438.jpg

2人分なのに卵が5つも入った生地に、丸々1束のネギ、天カス、紅ショウガ、カツブシがたっぷり入って、まとめるのに一苦労するのだが、コレがまたウマイんでアル(幸)自分でコロコロ焼く楽しさもタコ焼のウマサのひとつなんだろう。2人とも「焼きたがり」なので「こっからそっちはアンタが焼く!ココはおりゃ〜が焼く!」と越境線を決めておかないとケンカ?になりそうなのもまた一興(ただのバカ)
e0112226_114265.jpg
タコ焼のよき伴侶はもちろんビール!なのだが、お腹が一杯になるので、白ワインを開けてみました。なかなか見事なマリアージュでしたわよ♪
La Poule Blanche 2005
ラ・プール・ブランシュ

[PR]
by giova21 | 2007-05-27 11:01 | ウマイもんの話 | Comments(0)
最近はワインを買ったら事務所に届けているのですっかり忘れていたのだが、自宅の“放置ワイン”の事をよぅやく思い出し、荷物の少ない時に少しづつこっちへ持ってきた。

阪神百貨店のワインフェアで買ったもの…だと思うのだが、日は当たらないけど、多分夏は40度近く冬は0度近くという、ワインにとったらあり得ないだろう拷問部屋のような納戸に、もぅ3年くらい放ったらかし…。嗚呼!なんて可哀相なワインたち…(TOT)

もぅ絶対ブッ壊れてると思いつつも、こんな劣悪な環境で堪え忍んできたワインが、どぅ変化しているかっ!という「実験」をしてみました…ハイ(笑)
e0112226_18164296.jpg
CHATEAU LES BARTHES
シャトーレバルトゥ1999

まず1本目。おフランスのボルドー。コルクの匂いを嗅ぐ分には大丈夫そうだけど、グラスに注ぎ改めて嗅いでみると
・・・・・・見事にします・・・・・異臭が・・・・・(TOT)
まぁ〜そいでも一応飲んでみようじゃないの〜と友人と意を決して飲むと…ぐぉおお!!マズイ!!

それでも諦めの悪い私。デキャンティングポアラーつけて試してみよう!と再チャレンジするも、既に墓場へ両足突っ込んでるワインはやっぱりどうしてもマズイままでした…合掌。
99年というと、ブルゴーニュは☆5つの大当たりだったけど、ボルドーは☆1つだったらしい。(何となく)よかった〜♪

こちらは飲むのをもうやめて、2本目のキャンティクラシコに期待をかける。ひ弱なフランスワインに負けるな!がんばれイタリア!
e0112226_183922100.jpg
Melini Laborel
Chianti Classico D.O.C.G. Riserva 1997
ラボレル キャンティクラシコ リゼルヴァ

煉瓦色のエッジがキレイに出てて香りも大丈夫そう。飲んでも違和感なし。ちゃんとワインの味がした(笑)ただ、グレートヴィンテージと言われる97年のクラシコ・リゼルヴァとしてはパンチに乏しい。盛りを過ぎた元世界チャンピオン…という風情か。う〜ん!もったいない事したなぁ〜(TOT)

後、バローロバルバレスコも納戸に眠ってるんだけど、こちらは一体どうなっているのかっ!我々の実験はまだまだ続くのデス!乞うご期待!(違)
e0112226_19572851.jpg
ポアラーを装着するとちょっと美味しくなったけど

MELINIは、キャンテイワインといえば、ワラで編まれた“こもかぶり”の瓶!というイメージを定着させたキャンティ独特のボトルを生み出したと言われている、歴史もあり大きなワイナリーです。
e0112226_2010055.jpg

“こもかぶり”=フィアスコ・ボトルと呼ぶそうデス。▲コレですね!
現在は、編む職人さんが少なくなって、希少品になっているそうな。
う〜ん!そぅなんだ。見かけたら買っておこうかな♪
[PR]
by giova21 | 2007-05-26 23:10 | 日々是ヴィノ三昧 | Comments(2)

ご褒美は5クヌートっ!

ベルリン動物園の超人気アイドル、クヌートをご存じだろうか?もぅうぅう〜〜ほんっとぉおお〜〜に殺人的にかわいくてサイトを見てると、自分でも気持ち悪いくらい顔がニヤけてしまうのだ。
e0112226_18175889.jpg

動物でも人間でも、赤ちゃんの時は何したってどぅしたってカワイイけど、このかわゆさは大気圏外デス!日本でもブームになったピースが、こんなに大きくなった今、これ以上、クヌートに大きくなって欲しくない…と思うのはわがままだろうか(ワガママデス)
e0112226_18273231.jpg
母グマに育児放棄されたので動物園で育てようとしたところ、動物愛護団体から「人の手で育てるのは自然の摂理に反する」と反対されたという。ところがベルリン市民がソレは違うだろう!と奮起。無事、飼育員によって育てられ、今ではクヌート動けば株価が上がるという社会現象になってマス…というニュースを聞いて調べてみたのがクヌートとの出会いだった。
e0112226_18352033.jpg

仕事疲れの友人が、がんばったら「エライっ!5クヌート進ぜよう!」ってかわいい激選写真を送ってあげるんだけど(バカ)だってクヌートってクローネみたいじゃない?(違)と、とにかく(汗)だんだん大きくなっていくクヌートだけど、もぅしばらく私の絶対アイドルとして君臨、癒しを与えてくれる事は間違いないデス♪
e0112226_18432017.jpg
トンッ!よろしく!

[PR]
by giova21 | 2007-05-25 23:12 | お気に入り | Comments(0)
今週分まだ書いてないけど、仕事もせなアカンけど、と、とにかくこのビッグニュースを先に書かなくてはっ!

ミラン優勝おめでたぅううう〜〜!!!!
e0112226_11132190.jpg

ホントはW杯並に一度寝て、三時半に起きてTV見よう!って思ったんだけど、飲んで帰ってしまったので撃沈(TOT) 朝、ラジオのスポーツニュースに聞き耳をたてるも、MLBの結果やこれからの試合開始時間のお知らせなど(開始時間なんて聞いてどないスンねん!)ぐぅううう!!!!ンなモンどぉおおでもエエちゅうぅの!早く、早く結果を言わんかい!と、朝からバタバタモンモンでしたわい(^^ゞ
e0112226_11174857.jpg
ホントに大舞台に強いピッポことフィリッポ・インザーギ。大口を開けるのは彼のパフォーマンス?(笑)いやいや33歳にして、CL65試合出場、36ゴールを上げているのだから、スゴイ人です!
e0112226_11191943.jpg
得点王おめでとう!KakáARMANI JEANSのモデルにもなる端正なマスクには惹かれるけど…
e0112226_11223439.jpg
ああ〜でもカッコ良すぎる!コレでサッカー選手だなんて!)

でもプレースタイルも顔も一番好きなンは、背番号も私のMYナンバー?「21」、いぶし銀のピルロ(おぅう!中国語がある!)と、狂犬…いや私にとっては、気が大きくて力持ち!的なクマさんガットゥーゾデスね!
e0112226_11494057.jpg

あちゃぁぅああ〜もぅこんな時間やん!おぅまぃがぁ〜(TOT)
・・・・昼から・・・ウン、昼から仕事しよう!
[PR]
by giova21 | 2007-05-24 11:51 | イタリアなこと | Comments(0)
10日間に渡るカトウ君の個展がめでたく本日終了!長かったようで短かく、片づけが済み、ガランとしたギャラリーを見るとさすがに淋しい感じ。
e0112226_1722249.jpg

期間中、いろんな人に会い、話したけど、コレはとっても良い経験だった。野心満々の若手イラストレーターや、その他クリエイターたち。自らの手で何かを“創り上げる”事をなりわいとし、生き甲斐としている人たちは、発する“気”が独特で、私も大いに刺激を受けた。今の自分のスタンスが悪いとも不満とも思ってないけど、その“ぬるま湯”状態に冷たいシャワーを浴びた感じ。ウン。ホント良い体験だった♪
e0112226_17295714.jpg
「ふぅう〜終わったぜぃ〜」
ライトの熱で接着部分が緩み、アタマが落ちてしまい、
緊急手術もしたクレイ人形のらいよんチャン。お疲れさん!


搬入時は何かと時間がかかるが、片づけ・搬出は楽なモノ。たったか片づけて、打ち上げ会場焼肉まるしまへ。「何でも食べてやぁ〜」というSさんの言葉に遠慮することなく、みんな喰う喰う飲む飲む(笑)卸屋直営ということで、とってもウマイ肉ニク肉!でした。本当にご馳走さまでした。
e0112226_17442170.jpg
らいよんボイスのOさんが飲んでるの見てY女史が頼んだホッピー
存在は知ってたけど初めて飲んでみた…けど…コレは…うぅうむぅう…そぅ、美味しくないデス…ハッキリいって(笑)
[PR]
by giova21 | 2007-05-23 23:05 | 今日のできごと | Comments(0)
Sやんが文字通り心血を注いだミュージカル“エリザベート”が東京での楽も迎え、ついにグランドフィナーレを迎えた。楽はもちろん、東京まで2回も!足を運んだSやんだが、なんと観にいった最初の日に、愛するマテ=トート閣下が、舞台上で捻挫して降板!「わ、私は何のために行ったんでしょう」とア然ボ〜然とするS。ホントにカワイソウでかける言葉もなかったデス(TOT)
e0112226_1043060.jpg
しかもブルーノ=ルキーニ▼までケガしたとの事。舞台上のスペースが梅田と違って狭いからか?呪われた東京公演?
e0112226_10484691.jpg
そんな不幸なアクシデントにも負けず、再び楽に東京まで行ったSやん。でもこのレポート読むと、大感動!のフィナーレだったようだ。私も観たかったよ〜(TOT)

で、その東京でゲットしてきたいろんな(マテの)写真を見せにSやんが事務所にやって来た。もぅ彼女の口から発せられるのはマテ・マテ・マテ・マテ・マテ様オンリー(笑)いやぁ〜そこまで想い入れる事ができる「人」と「舞台」に出会えた彼女はとっても幸せ!だと思うわ!次はソロコンサートしに再来日する?という噂もあるらしく、しばらく彼女のマテ熱は収まりそうにない。ドイツ語講座も初めてるみたいやし(^^ゞ
e0112226_1194079.jpg

さてさて…ようやく本題のワインの話に入りマス(笑)ワインの良き友となる美味いパン!といえば、ココでよく登場するPAINDUCEブランジュリ タケウチ大のお気に入りなのだが「美味しいとこもぅ1軒あるよ♪」と教えられたフール・ドゥ・アッシュのパンを初めて買ってみました♪いやん!写真ブレてるがな(TOT)
e0112226_11352967.jpg
食事もできる広い店内には、パンはもちろん、焼菓子も充実♪私の前にレジしてた人はタケウチとPAINDUCの袋持ってたけど、パンの食べ比べするんでしょうかねぇ〜。あぁ〜でもでも「私の好み」からいぅと▲でした(ゴメン)店員さんはどこよりも感じがよかったんだけど、全てが揃うってホント難しいのね(ワガママ!)
e0112226_11593760.jpg
CUVEE DU RIBET
キュベ・デ・リベ

どちらも南仏産のスルスル飲める軽いテーブルワイン。安いセットの中に入ってたモノだからこんなモンでしょう。多分同じ値段くらいだと思うが、これならMarche Sangioveseの方がずっと美味でありました。
e0112226_124377.jpg
CUVEE SAINT-PIERRE
キュベ・サン・ピエール

[PR]
by giova21 | 2007-05-22 23:17 | 日々是ヴィノ三昧 | Comments(0)
お昼にカトウ君の個展を見に来たMちゃん。職場が近いから「いつでもランチできるな〜」とかいってたのにコレが初めてなんてね!すっかり忘れてたんだけど、担々麺の美味しい湖陽樹に行けばよかった〜(TOT)って後で思い出し、チッ!ココに食べに来る人の(すっごい広い店で)おそらく8割以上の人が“担々麺”をオーダーするのだが、私としては、その名前の由来は何なん?という「カンズリ麺」「ダッタン麺」ちぅのを次回は食べてみたい。

で、Mちゃんがいつもありがと〜♪(自分で書くのは照れる(^^ゞ と、CDをプレゼントしてくれたのデス。誰でもプレゼントをもらうとウレシイけど、ソレが突然で思いがけないと、嬉しさも倍増する…というもの。
e0112226_1828519.jpg
02年11月、神戸出身の男性2人組で結成された
インスト・アコースティック・ギター・デュオ
DEPAPEPE

DEPAPEPE という字面とロゴの形が(全然全く違う!んだけど)大好きなロックバンドDEF LEPPARDのソレに似てて、鈴木英人のイラストなのに、なぜにハードロック?なんて「ほんの一瞬」思ってしまったおバカな私。

ギュインギュインJEFF BECKから、ネッチョリ甘いVincent Amigo(か、カッコ良すぎる!)、シュワッ!と爽やかスプライト系押尾コータローまで(DEPAPEPEは彼の弟分らしい)ギターサウンドは大好きなので、このアルバムもとっても楽しめました〜♪

カラフルなスーパーボールのように軽やかで、どんなシチュエーションで聞いても心地イイ(今は午前中のヘビロになってマス)これから初夏にかけてピッタリ!Mちゃん、ステキなアルバムほんとにありがとぅう!!!
[PR]
by giova21 | 2007-05-21 23:27 | 音楽なこと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21