<   2007年 02月 ( 24 )   > この月の画像一覧

猛特訓オブ確定申告

去年、事務所を引越した私。人生はじまって以来の最大最高出費!で、もちろん申告額は真っ赤かの大赤字。その中でパソコン購入にかかった金額などは「減価償却」すればイイ…とはわかっていたが、やり方がわからない。というか、ちゃんとマニュアルもあるんだが読む気&ヤル気がしない(苦笑)どうしたってアカやねんから、もぅコレでエエやん〜って(ど〜しようもなく怠惰な私)

でもでもそれじゃあ〜イカンやろ〜ちゃんとしようよ!(確かに…)と呆れた友人が、総務のプロフェッショナルである元上司のUっち〜を連れて、確定申告講習会をしてくれた。企業内での総務処理とは勝手が違うので、ウンウン唸りながらも(彼は独り言が多い(笑)償却率を計算してくれ、項目ごとに必要な数字を導き出してくれた。猛特訓と言いながら、私は何もせずただ傍観するだけ(^^ゞ す、スイマセン…ホントに…そしてありがとうございましたm(_ _)m 持つべきモノは優秀なブレーンですね…やっぱ…(TOT)

後はコレで通るか?!税務署に行ってトライするのみっ!!ゴゥゴゥ〜私!

e0112226_1848357.jpg

申告用紙を見ると思わずクラクラ↑こ〜なっちゃうんだけど、2人の尽力を無駄にせず、行ってきます!(敬礼)
[PR]
by giova21 | 2007-02-27 23:35 | 今日のできごと | Comments(2)
日本時間の10時頃から始まったアカデミー賞受賞式。すっかり忘れてたんだけど検索サイトのトップに特集が組まれていたから、こまめにチェックして見てしまった(笑)

主演男・女優は納得文句なしの受賞だろう。特にヘレン・ミレンは、好きでよく見てた第一容疑者でお馴染みだったし、大好きな映画の1つである「コックと泥棒、その妻と愛人」にも出てたから何かウレシイ♪

【コックと泥棒、その妻と愛人】奇才P・グリーナウェイ監督、音楽M・ナイマン、衣装ゴルチエという重厚なゴシックワールド&絵画のような料理シーンが忘れられない。レザボアドッグス(コレも良い映画だったな〜)でブレイクする前のティム・ロスも出てるけど、私が恋しちゃったのはコックのリシャール・ボーランジェ(笑)もちろんヘレン・ミレンのお美しさも必見!のお薦めの1本デス。

ちょっと話飛びました…

しかしこの映画クィーンは、まだ在位中の女王(「女王」デスよ!?)が主人公であり亡くなってまだ10年のダイアナ妃の実写もふんだんに登場する。40年前を描いたボビーとは全く土俵が違う現在の話、いわばとんでもない映画(笑)しかも当の王室が、受賞のお祝いにH・ミレンを招待するという。スゴイすごすぎる!「開かれ(すぎた)王室・英国」日本なら絶対ぜった〜〜いアリエナイでしょ?

そして問題の作品賞。ウッソ〜〜!!と叫びそうになったディパーテッド。そりゃないしょ?!アナタ!グラディエーターが作品賞とった時と同じくらいのマイナス100度的衝撃だった。観たんデスよ、この映画。もちろん断然絶対確実にインファナル・アフェアの方が良かったけど(トニー・レオンらぶ!)結構面白かったしレオくんが案外良くて、おぅう〜このまま太らず(ココ大事)大人になったら渋カッコええ男になるやろな〜と思った。

既にたくさんとってるからイーストウッド硫黄島からの手紙は落ちたんだろうな…でも作品はど〜であれスコセッシの初受賞はおめでとうぅう!と祝いたい。私にとってスコセッシといえば、研ぎ澄まされたデ・ニーロの狂気、アメリカ映画で初めて感じたフィルム・ノワールの世界、タクシードライバーこれに尽きる。そしてココからスコセッシとデ・ニーロの蜜月が始まったのだから。

それにしてもスコセッシ。イザベラ・ロッセリーニと離婚した後、5回も結婚したというからコレもスゴイ。名匠色を好む。さすがイタリア人的DNAというべきであろう…ウム
[PR]
by giova21 | 2007-02-26 23:07 | 映画なこと | Comments(0)

梅咲かず近江牛

オカシイほど温かいこの冬。そこここで一足早い梅見が始まっている中「彦根城の梅もキレイだから見にいこうよ」というT子のお誘いで行ってきました。彦根城。彦根ICで、新潟から来た人が敦賀に行きたいのに彦根まで来てしまい、係員さんに「そんなんお金払ってもらわな困りますワ」って怒られてたけど(タダでUターンするつもりやったんかぃ?!)どうやったらそんなミスすんねん!(呆)

何年ぶりに来ただろう彦根城は、庭園や堀、曲輪という城が有する全てのモノがコンパクトにしかも美しく見れる名城だと思う。私が外国人を案内するなら大阪城より姫路城よりココ彦根城を選ぶ。

e0112226_164662.jpg

ゆったりとした堀から延びる橋を渡り、重文の天秤櫓太鼓門櫓をくぐる。ココは「雨あがる」「たそがれ清兵衛」にも登場したそりゃ立派な櫓(やぐら)である。偶然、2本とも最近CATVで見たばかりの私、ちょっと感慨にふけりながら通る。他にも「武士の一分」「埋木舎(うもれぎのや)」の前で、「大奥」「玄宮園」で、そのワンシーンが撮られているという、実は時代劇のロケに欠かせないのが彦根城なんでアル。

なんか映画話になってしまったけど(^^ゞ 肝心の梅は…というと「まだ咲いてなく」て(TOT)足がすくむ急な階段を上がり天守閣から琵琶湖を拝み、玄宮園を散策する。さすが大奥部隊が来ただけあって、この庭園はホントにキレイ♪夏の蛍、紅葉のライトアップも素晴らしくキレイなんだそうだ(T子談:今度来てみよう♪)
e0112226_16124931.jpg

その後夢京橋キャッスルロード「彦根城築400年祭」のメインキャラひこにゃんグッズを杭州師匠のために買い(井伊直孝と招き猫の縁は深い)分福茶屋で一服する。ココは有名銘菓「たねや」の経営で、店先でタコ焼よろしくコロコロ回ってる焼きたての“つぶらもち”は是非ご賞味あれ。「いと重の埋れ木」もとても上品で美味しい和菓子。お薦め!「おおすがの長寿餅」もウマい♪もちろんお土産に買ってきましたわよ私(笑)他にも湖魚の佃煮もたくさんあるし、好き嫌いが激しいだろうけど琵琶湖ならではの「鮒寿司」も珍味でアル。う〜ん!彦根ってとってもイイ所じゃん!(笑)
e0112226_16172155.jpg

さて締めは…というと、ココまで来たらやっぱ「近江牛」を喰って帰らねばなるまい!(自己的至上命令)「毛利志満」で食べた石焼きはウマかったなぁ〜♪が、店が近江八幡で帰るにはちと遠い。だから大津まで戻り「松喜屋」でヒレステーキを食す(幸)さすが肉屋?前菜にフォワグラが出てきたのはビックリしたけど(^^ゞ

それよりたまげたのは、20代とおぼしき若いカップルが2組(も)ステーキを食していたこと!す、すげえリッチ!さすが「三方よしの近江商人」の末裔!?私、近江に嫁ごうかな?米も美味しいし(笑)
[PR]
by giova21 | 2007-02-25 23:58 | Comments(0)

千里の道もカッコから

今日は先日おじゃました三国から、Kちゃんの母君が大阪に来ていたので、3人でブロッサムへショッピングへ行ってきた。数年前からいろんな所にアウトレットができてそのほとんどに行ってきたが(笑)ココが一番使い勝手が良い。他には入ってない無印良品もあるし、スポーツ・アウトドア系のブランドがたくさんあるのもお気に入り。りんくうプレミアムアウトレットもイイんだけど遠いからなぁ〜と言いつつも、次は三田に新しくできる神戸三田プレミアムアウトレットに行くのが楽しみでアル(笑)

三国でお留守番してるKちゃん家のお父上の誕生日プレゼントを探す…ということで入ったColumbiaでグリーンのステキなジャケットに目が釘付け♪う〜んこれからの山歩きにピッタリではないか♪「イイですよ〜ソレ」という店員さんの巧みな誘導尋問に見事はまってしまいお買い上げ。そ〜なるともぅ俄然山歩きしたくなってきて、3軒先にあるモンベルでは「ホンマに使うの?使えるの?」というKちゃんのご注進をふふん♪とハナであしらい
こんなモンまで買ってしまった(^^ゞ
e0112226_12113550.jpg

山のお師匠杭州クンは、いつもコンロを持ってきてくれてササッって湯を沸かし、カップラーメンやらコーヒーやら作ってくれるのだが、屋外で温かいモノを口にするのは美味しいし「湯を沸かす」という所作がまたカッコいい♪だから以前から欲しいなぁ〜と思っていたワケ。このJET BOILは、アメリカで様々な賞をとっている優れモノで(コレにやられた!)デザインも◎、カップの中にごとくや燃料までスッポリ入って実にコンパクト収納なのだ。

つられて、3月に九州の山へ行くKちゃんの母君も買ってしまいました(笑)しかも結構保つのに(省エネもウリの1つ)予備の燃料まで買って「も〜ホンマに“カッコ”から入んねんから〜」と呆れられる。年にほんの数回しか歩きに行かないんだからごもっともな話だけど、先ずはカッコから攻め、整え、実戦に備えるのだっ!(いわゆるイメージトレーニングよ(違)と「ねえ〜ねえ〜いつ?いつ山行く?!」とソワソワし通しで、Kちゃんが店から引きずり出さなければテントまで買ってしまいそうな勢いでありました(バカ)
[PR]
by giova21 | 2007-02-24 23:06 | お気に入り | Comments(0)
確定申告・深刻話をするためにY女史と南森町で飲む。彼女行きつけのその居酒屋は、カウンターだけの小さな店なのだが、行けば「おうぅ〜●●さん!」と、必ずといっていいほど「誰か」に会える…という、まっこと地元の常連さんに愛されている店なんでアル。おばちゃん2人が作る料理も、ホッとする家庭の味ばかりで、その人柄が初めて行っても隣の人と酒を酌み交わせる…という気さくな雰囲気を醸し出している。

来たの「まだ」2回目なんだけど、最初に行った時に隣席のジェントルマンと大いに盛り上がり、建築家だった彼の手がけた物件を紹介してもらい、今の事務所に入ったという私(^^ゞ 彼はY女史の知人でもあったんだけど、もぅそれくらい、店の客はみな知り合い!という感じなんですわ。その彼もやって来て「いやぁ〜久しぶりデスね〜!」と私、すっかり常連気取り(笑)ちなみにこの日の隣席だったイベント会社を経営するご夫婦は、私の家の近くにお住いで「じゃあ今度遊びにおいでよ」「イイんデスか〜?!」とこんな調子。ほんの小一時間の間に他人との敷居がこんなに低くなるのもこの店ならでは。
e0112226_12533572.jpg

で、このご夫婦が先にお帰りになりまして、フト卓上を見るとほとんど手が付けられていない小鉢がひとつ。なんでやろ〜ね〜と話していたらY女史が「もしかしたら!」店の人気メニューでもある〈明太コンニャク ↑偶然撮っていた〉が、今日はちょっといつもと味が違っていたらしい。今日初めて食べた私「だから?」とキョトン。店のおばちゃんに言うと「あ〜ちょっと悪くなってたんかもね〜●さんも残してはったわ。ゴメンなぁ」と、申し訳なさそうに言うではないか。

アララぁ〜でももうスッカリ食べちゃったしぃ〜美味しかったしぃ〜と大笑いする私たち。「胃薬でも飲んどいてや」とシュン太郎になるおばちゃん。大丈夫大丈夫!だって私、帰ってもピンピンやったしすこぶる快調やったよ!(何が?!)エッヘン!それより、宝くじ当たったらこんな店したい!って思うほどこの店とおばちゃんが好っきやで〜!また行くね♪♪
[PR]
by giova21 | 2007-02-23 23:44 | 今日のできごと | Comments(0)
イタリアはフィレンツェに長いこと暮らしてるKさんが一時帰国したので、ウチの事務所で飲み会をした。みんなイタリア語学校で知り合ったメンツなのだが、今はもぅ誰も勉強してなくて、私もだけど、イタ語を忘れる一方…もったいない話である。当時はお風呂の中で動詞活用を覚えたというのに…あの情熱は一体どこに消えてしまったのだろう?(^^ゞ

で、Kさんに件の罰金書類を読んでもらったら・・・なんと延滞料とか追徴金が加算され、最終的な支払額が300ユーロ近くになるかもしれない…ということが判明!!!えええええ!!!!35ユーロがどないなったら300になるんじゃい!と酔いも手伝い怒り心頭した私、ちょうど横に座ってたMちゃんの旦那の頭をバッコ〜〜んとドついてしまう(ほんまゴメンT)

黙認する事も可能だけど、今後イタリアでまた違反をすると、雪だるま式にたまった延滞金がそらオソロシイ金額になるという。「ゴミ出し違反金の10数ユーロが、半年で数100ユーロになるからね〜」とKさん。え〜ん!こんな事ならブゥたれずにあの時すぐ払っておけばよかった…と赤くなったり青くなったりする私に「電話してくれたらよかったのにぃ」ホントに…次からは何かトラブルあったらすぐ電話します!

冷たいロボコップ野郎の事も「北の人間はそぅかもね」と一刀両断!やっぱりそ〜なんだぁ〜とゼスチャー付で「vaffanculo!」と罵る口汚い私(笑) 

知ってると得するひとことイタリア語ガイド】※得はしません。念のため
vaffanculo(バッフンクーロ)→ てめぇ〜の●×の穴につっこみやがれ!
という英語でいうところの Fuck you に相当する極めてお下品な言葉デス。以前フィレンツェにステイした時に、こ〜ゆ〜言葉をたくさん教えていただきました私(笑)だけど紳士淑女は使ってはいけません…合掌
e0112226_1432587.jpg

今書いててもムカつくけど、ちょうどKさんに会ったんだし、彼女は日曜にイタリアに帰る。だから向こうで彼女に連絡を入れてもらい、支払いもお願いすることにした。まぁ〜いいタイミングで?彼女に会えてラッキーだったと思おう…ウム

と、気を取り直して飲み直す(笑)いやぁ〜飲みましたよ〜お陰でワイングラス1つ割っちゃったからね〜事務所のビルのゴミ捨て場にさんぜんと並ぶボトルは…知らぬフリをしておこう(笑)
[PR]
by giova21 | 2007-02-22 23:28 | イタリアなこと | Comments(0)
今日、水曜日。映画のレディスデー。ホントにホントにほんとぉ〜に久しぶりに映画に行った。ロックユー、マリーアントワネットと舞台でミュージカルを観ていたので、こりゃ観るっきゃない!と「ドリームガールズ」に朝一番に駆け込む(^^ゞ 「シカゴ」「プロデューサーズ」「レント」
「オペラ座の怪人」etc…おうおう今まで結構観てるじゃん。舞台と映画は全く別モノだけど、ミュージカルってやっぱり大好きデス〜〜♪

そしてドリームガールズ。20年以上も前にブロードウェイでオープニングを迎えた舞台の、初の映画化。60年代アメリカのブラックミュージック、そして「シュープリームスとダイアナ・ロス」の軌跡をなぞるストーリー。いやぁ〜よかったデスぅ!当たり前だけど歌う場面がスゴイ♪ナイトクラブ出身とはいえ、エディ・マーフィーが「あんなに!」歌えるのには仰天した!!スゴイですアナタ。ビバリーヒルズでバカ笑いしてるだけじゃなかったんですね!(ちょっと惚)

特に批評家の間でもベタ褒め!オスカー最有力候補と言われるジェニファー・ハドソンの歌声は圧巻!ソウルって魂なのよね…と改めて思うほど鳥肌モンの歌声だったよ〜!!700人もの候補の中から選ばれ映画初出演という彼女は、それまでディズニーショーで週に4日だけ歌うシンガーだったそうだから、まさにドリームガール!!

ビヨンセもとってもキレイでガンバってたけど、ジェニファーに喰われた感は否めない。しかも化粧の加減で、途中からオセロの中島知子に見えてきて(ゴメンっ!)そ〜なると、もぅどうしたって中島知子に映るワケで、ホント困った(笑)
というのは私の目の錯覚?!だったんだろうけど(笑)とにかく良い映画だったと思いマス!
☆☆☆☆★
[PR]
by giova21 | 2007-02-21 23:31 | 映画なこと | Comments(0)

赤紙来たる!!!

去年の夏ピエモンテを回った時、トリュフの名産地であるアルバに寄った。市中の駐車場に車を置き、すぐ目の前のBARにパーキングチケットを買いにいったのだが、その間わずか数分の間に、なんと駐禁の違反キップを切られてしまったのだ!!

ちょっとちょっと!コレってだぁゆぅ〜事よ〜?!あたしたちはちゃんとチケット買いに行ってたのよ?!しかもホレ、すぐ目の前のBARによ?と、まだいた警官に向かってワイパーに挟まれたチケットをヒラヒラさせる。180はあっただろうか?背の高い「彼」は、私たちを見下ろしながら肩をすくめ「違反は違反」と譲らない。

3時間とか半日とか無断駐車してたらならともかくホンマに約5分の事。ちゅうかそれくらい見逃せよ!私たち外国人だし観光客なんだぜ?!というどこか甘い認識にすがり口論を続けるも「彼」は首を縦に振らない。私たちの中で一番色気があるT子が“ほしのあき”風に「おねがぁ〜い♪」とクネクネしてもダメ(彼の好みじゃなかったのだろう…一晩預ければよかった(笑)

ムカムカしてきた私。ついに怒鳴る「コレでアンタの街、アルバの印象はサイテ〜サイアクになるよ!」「そ〜だそ〜だ!ちゃんと買ってきたんだから!」と普段大人しいKちゃんもわめき出す。というすさまじい反撃をどこまでもクールに受け止める「彼」はホント小憎らしかった。チケットでハナをビ〜ンってかんで丸めて放り投げればよかった。はじめてイタリア人に「殺意」を抱いた(笑)

「ああ〜うぜ〜うぜ〜!んだら払ってやろうじゃないのさ!」と結局チケットを収めるも(だって収拾つけへんやん)罰金は払わずそのまま日本に帰ってきちゃった(笑)だって納得いけへんやん!アッ普段はこんなじゃないのよ?!シチリアではちゃんと払ってるし。ウン
e0112226_15141673.jpg

でも帰ってきてからもいつCDで引き落とされるか?!って戦々恐々してたの…実は(笑)でもそれが3ヶ月も過ぎるとスッカリ忘れて今日に至ったんだけど・・・・・今日帰ったらAVISから封筒が届いてたのよ。え〜なんじゃいコレは?!と見ると「アルバ市」「警察」の文字が!えぇええ〜〜?!これって「例」の駐禁の請求デスかい?アンタ、ひぃ〜ふぅ〜みぃ〜もうかれこれ半年前の事じゃん?ケッ!バッケロ〜と思いつつも一応Kちゃんに相談する小心モンの私(笑)

辞書引く意欲もなく斜め読みするには、警察に連絡して罰金を払いなさい…って事らしい。ブッチしてやろうぜ!(悪人)と言うと「でもAVISのブラックリストに載ってこれから車借りれなくなっちゃうと困るじゃん」と冷静なアドバイス(どうやったらそ〜ゆ〜発想ができるんだろう…感心)うぅむ!ソレは非常に困る!と、とってもラッキーな事を発見!パチン!なんと今週、イタリアから帰国するKさんと会うのだ!彼女にしっかり読んでもらおうぅうっと♪

◆メディアでもよく取り上げら得ているのが赤紙ならぬ「イキガミ」といふマンガ。ちと読んでみたい
[PR]
by giova21 | 2007-02-19 23:00 | イタリアなこと | Comments(0)

〜わっしの愛眼がぁ〜

夜、友人と会う前に事務所で書類整理でもしとこ〜と用意していた時。お化粧すんのにメガネを足下に置いてたんだけど、アリャって落とした鏡が、見事フレームに直角直撃!カンっ♪という乾いた音ともにレンズがコロリン・・・ぎゃ、ぎゃあああ〜〜!!め、メガネがぁ〜!数ある手荒な試練を乗り越え、苦楽を共に生きてきた同胞の欠片をわななく指で拾う私(嗚咽)ウッウッ…ゴメン…許して…(でも冷静に写真を撮る。もう名実共にブロガーになっている私)
e0112226_19235048.jpg


さぁ〜困ったぞぃ。軽く10個以上メガネを持っている私だが、じゃあコレしていこう…っていう「肝心のコレ」がどこ探しても無い!なぁ〜い!正月からi-PODも行方不明だし(ナゼ?)
私の部屋はブラックホールかっ?!←もう少しちゃんと掃除しませう…

仕方ないからあったヤツをかけてみたのだが、なんか「たまちゃん」みたい…イヤぁ…(TOT)じゃあ〜コレを機に「アランミクリ」にでもしようか?!とも思ったけど、コレを買うには友だちと一緒に行って、雰囲気を見てもらわないとちとコワイ。なんせミクリだから(笑)大阪心斎橋に西日本初のショップができたので、また後日行ってみることにしよう。コレは紋次郎命!のFクンに教えてもらった。もちろん彼のアイウェアはミクリ。しかも希少な限定品。オシャレなんである。

そんな彼にんもぉお〜!と突っ込まれそうだけど(笑)探せば家にいっぱいあるんだけど、とりあえず「今かける新しいメガネ」が欲しいッス!と沸き起こった物欲に負けて行ってきました無印良品。ちょっと気になってたの。“むぢ”のメガネ(^^ゞ
e0112226_19511824.jpg

待つこと小一時間。ついでに?!色付きレンズのスクエアタイプもオーダー(コレは1週間後納品)だって安かったんだモン…。だぅだぅ!!と友人に見せるとポツリひとこと「そんなん持ってるやん、自分」「・・・」た、確かに…(汗)こ〜やってどんどん(似たような)モノが増え、金が減り、悪循環のパラレルワールドに陥っていくんだよね。クスン。「あっ、でも今の髪の色に合ってるで」とフォロー?してくれたんだけど、髪、また色変わるんデス…(>_<)
[PR]
by giova21 | 2007-02-18 19:00 | 今日のできごと | Comments(0)

父と娘と

今日は休み。4時前までダラダラくぅくぅしてた私だが、オカンが東京に行ってて今晩いない事にハッ!と気づき慌てて飛び起きる。
「ねえねえ、今日の晩ご飯ど〜する?外に食べに行く?(ダメダメな私)」「・・・・」父無言。(ウチのオトンはとても無口な人なのだ)
「じゃあ〜今日は寒いから鍋でもしようか?(自分が食べたかった 笑)」「・・・・スパゲッティが食べたい・・・・」
「スパゲッティ?うんうんわかった〜〜」

ウチのオトンは歳の割にパスタやグラタン、コロッケとゆ〜洋食モノが好きで、でも普段は「そんなモン食べてちゃダメれす!」とオカン規制が厳しく、でもオカンがいない時に、こっそり食べているらしい。ストッカーの中に「新宿中村屋」のハヤシライスとか「ラ・ベットラ」「予約でいっぱいシリーズ」のパスタソースがちゃっかり並んでいるのを見ると、我が父ながらクスッと笑ってしまう。

よしよし任せなさい!と思うも、もう5時!で、慌てて買い物に出る私。パスタは(簡単な(笑)ボンゴレビアンコ。赤は絶対あるけど白があるか自信なかったので、プーリアの白ワインを1本、石釜パンと、そこにあったお総菜コーナーでサラダとローストポーク(美味しそうだったよ&リンゴソース付)を購入。あ〜なんか出来合いモンばっかじゃん!(ボカボカ)もっと早く気がつくべきであった〜でもまぁ〜2人分やしぃ〜時間ないしぃ〜と納得させるダメ娘(笑)お詫びの印?!にケーキも購入(全然カンケ〜ないじゃん!)

出来合いモンだけど盛りつけがモノを言うのよ!とばかりに「それなりに」キレイにお化粧して出すと、父は興味津々!「コレは何だ?!」とリンゴソースをひねくりまわす(笑)これもプーリアのとっときのオリーブオイルをたっぷり使ったボンゴレは、オトンのために少し柔らかめに仕上げる。

なんかこんな面と向かって2人きりで食事するなんてホント〜に久しぶりで、おまけに無口な人だから会話に窮しちゃったりもして・・・(^^ゞ それでも、先日オトンが会った弟をダシにして(許せ)結構しゃべったかなぁ〜。ちょっと新鮮かつドキマギの父と娘のディナ〜は、パスタがちょっくら多すぎて、結局、ケーキは食べれず終い(TOT)でもキレイにソースをパンでぬぐって完食したオトンは満足そうでした(多分)笑)

パスタ作る時にニンニクのみじん切りするじゃん?あれって「左手の指先」がず〜〜〜〜っとニンニク臭くて困っちゃう(笑)友人は乾燥したニンニクの薄切りを使ってるけど、ちゃんと香りもたって使い勝手が良いモンだと思ったよ。
[PR]
by giova21 | 2007-02-17 23:36 | 今日のできごと | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21