カテゴリ:にっぽんの休日( 366 )

e0112226_15003719.jpg



実はGW前に山菜摘みに行ってたのだが(^^ゞ
またまた三国へ遊びに行ってきた(そのワケはまた後ほど)

例によって遅くまで酒盛りしてしまい、予定を立てるどころではなく、
天気がよいからとりあえず出かけるか!と走り出すと、
雪を抱いた白山がキレイに見えたので、雪山を目指して走り出す。
これが大正解!景色はイイわ、道はイイわで最高のドライブになった♪

途中、このシチュエーションで走るならCM撮れますよ!ってくらいお似合いの
真っ赤なロードスターが前を走ってて、ヒュ〜って口笛吹きそうになったけど、
乗ってたのが妙齢のオッサン2人連れだったのでやめておいた(笑)

なんでしょ。これが女性2人でもカッコいいし、カップルならなおヨシ。
でもオッサン同士だと、そいはアカンやろ〜!って突っ込みたくなる。
正直すぎてスイマセン…ハイ…(^^ゞ




e0112226_15113898.jpg



ドライブの「大事」な友、道の駅 は、広々キレイ♪♪

この道の駅を挟んで、鳥越城二曲城 (ふとげ)いう2つの城跡がある。
どちらも信長による加賀一向一揆討滅に抵抗した一揆衆の拠点となった城で、
歩いて見学できるし資料館も併設されているので、
城好き、歴史好きな人は散策してみるとイイでしょうv





e0112226_15391526.jpg



あ!我々はというと「欲」に負けて、お昼食べてしまいました。。。。

この辺りの名物といえば「そば」です。もちろん!
そばは大好物なので「盛り大」を堂々と頼むアタシにとって、
おろしそばって、一皿が少ないのがホントに残念。。。
なぜって「大」ってメニューがないからだ。

じゃあ〜2人前頼めば…って話なんだが、
そこは恥じらう乙女心が邪魔してなかなかオーダーできない( ̄o ̄)
でもでもとっても美味しかったデス!!

そんなそばを食べて走り出すと、別の道の駅でまたまた「捕獲」される(笑)
こちらは観光バスがよく停まりそうな感じ。
規模としては前述の駅より大きく充実しています。




e0112226_15552094.jpg



ホントはここらでUターンするつもりだったが、
もそっと行ってみよう!と、車を走らせる。

この時期の新緑は目にまぶしく、ホント〜に美しい。
雪解け水が流れ込んでくるのか、まるでバスクリンのように青い清流がこれまたキレイ♪





e0112226_16073776.jpg




しかしそこはさすが白山!雪もまだまだ残っていて、
コレなんて土がかぶっちゃってわかりにくいけど、立派な雪渓を作りだしている。

すごいなぁ〜!!
ドライバーとしてはよそ見厳禁!の曲がりくねった道なんだけど
カーブに景色に…と、いろんな「刺激」があって運転するにはとっても楽しい♪





e0112226_20181677.jpg



そのうちスキー場も通り越し、白山登山口の1つにあたる中宮道まで来てしまった(^^ゞ

以前は〈白山スーパー林道〉という名前だったけど、
今は白山白川郷ホワイトロードと名を変えた有料区間の入口でもあり、
このまままっすぐ行くと、岐阜県は白川郷まで続いている。

但し白山国立公園内を通るため、5月のこの時期はまだ通行止めになっており、
完全に開通するのは6月上旬という。
それだけ険しい道であり、絶景が待っているのも間違いない。




e0112226_20521207.jpg



さて、ここまでがんばって来てみたのは理由があった。
それは、冬季は閉鎖してた温泉旅館が、ちょうど2日前に湯開きしたからだ。

雪に縁遠い所に住んでいるため、単純に雪を見るのはとても楽しい。
が、冬の間、宿を閉めなければならないほどの豪雪地帯で暮らす人たちは
ホントに大変なんだろうな…と思う。
このクマ皮も単なるインテリアでは決してなく、リアルに狩った獲物なはず。

だいたい湯開きしたのも、やっと道路が、普通に車が走れるコンディションになったからだろう。
だから、後の予定のこと考えるとちょっとキツかったけど、入りにきたかったのです。





e0112226_20384124.jpg




明治2年から雪と戦いながら湯治客を迎えてきた「にしやま旅館」
しかも「秘湯を守る会」お墨付き!
もちろん加温・加水なし!の源泉掛け流し。ワクワクワク〜♪♪

浴室に入ると…

*写真は誰もいなくなってから激写したもの




e0112226_21025981.jpg



おぉお〜〜!板張りの壁に木造の浴槽です。
1つある窓が小さく、ちょっと暗く思うが、
オレンジ色の蛍光灯がこうこうと点いているので、かえって雰囲気がよい。

高い湯船が熱湯、低い方がちょっとぬるめ。
どちらも結構熱く、長湯はできない感じだが、イイ湯だな〜♪

緑がかった湯は、若干の金属臭がし、少し塩っぱい。
が、飲泉するとそれほどクセを感じない。
泉質と同じく、やわらかいというか、やさしい。
なんでも胃腸によく効くんだって。





e0112226_21233267.jpg



この時の先客は、おばあさんと女性が1人づつ。
アテクシ目が悪いもんで、近くで気がついてビックリ仰天したんだが、
その女性は白人さんだったのだ!!

市街地はるか彼方。路線バスはあれど、ココまで来るのって、結構どころかかなり大変。
BFと車で来たのかな?どこから来たのかな?
質問を整理してから話しかけてみよう!と思ったら、先にあがっちゃった( ̄o ̄)

冷静な友人は「近くの学校の英語の先生だよ」なんて夢のないこと言って
アタシをア然とさせたけど、旅行者だったらスゴイよね!

アタシたちも異国の温泉(それも日本人ゼロ!みたいな)が大好きで、
少々好奇な視線を浴びても入るけど(笑)
その時のジモティの気持ってこんなんなのかな?!って思っちゃった(^^ゞ





e0112226_21454500.jpg



脱衣所も浴室もこぢんまりとしているが、どちらもとても清潔でキレイだ。
洗髪してしまったので入らなかったけど、
1度出てエレベーターで4階にあがると露天風呂もある。

夕刻、宿を出る頃、大きな登山リュックを背負った女性や、
他府県ナンバーの車が2台続けて入ってきた。
この宿が、温泉が、開くのを心待ちにしていた人たちがたくさんいるんだなと、
ちょっと嬉しく思いながら、白山を後にする。

他にもたくさん温泉がある白山。
暑い夏に涼みにまた来ようと思う。





e0112226_22060340.jpg



ちなみに今年は白山開山1300年!
石川や岐阜、福井県のいろいろな施設・寺社・史跡などで、
関連イベントもたくさん開かれることでしょう♪

*ぐるっと白山開山1300年特設サイト (環白山広域観光推進協議会)





[PR]
by giova21 | 2017-05-10 23:11 | にっぽんの休日
e0112226_21413715.jpg



お次は金魚だけでないそぞろ歩きな楽しみ方。

徒歩圏内には年月を重ねた古い町屋が点在しており、
城下町ならではの風情を醸し出していますv

真っ赤なポストとの対比が目を惹く “花うちや”というお宿跡。
鏝絵らしき文字が時代を感じさせる。

このほん斜め前に、こんな所に?!と、思わず唸ってしまった大門湯という銭湯がある。
庭園風の露天風呂が立派らしいので、これはいつか入りに行かねばならぬっ!




e0112226_21540953.jpg


これはこれは堅固な蔵であります。
中にはどんなお宝が?!

焼き板に黒壁に緑青が吹いた緑色。
アタシの好きが全部揃ってて、萌え〜〜♪



e0112226_22264322.jpg



おキツネグッズで溢れているのは源九郎稲荷神社
小さな小さな神社だが「あの」伏見稲荷にも負けない日本三大稲荷の1つとされている。

どの段を見たのか覚えてないのにエラソだけど(^^ゞ
アタシでも見たことのある歌舞伎の名作義経千本桜において、
お狐さんは大変重要な役どころであるがゆえ(四段目)
多くの歌舞伎役者が訪れては、お詣りをしている。




e0112226_12124245.jpg


なんでも義経千本桜において(このページはあらすじがわかりやすい)
船問屋に身をやつし、義経に復讐する 平知盛、札付きの悪党いがみの権太、
飛んだり跳ねたり、狐六法が見せ場な佐藤忠信(源九郎狐)
それぞれ全く違うこの三役をこなすことが、一人前の立役としての第一歩とされるそうな。

六代目勘九郎も襲名時に佐藤忠信(源九郎狐)を演じており、祈願も含め、植樹をしたんだって。
歌舞伎ファンならずとも、神社近くの和菓子屋で名物源九郎餅を買って、
ちょっくら寄ってみたら良いと思いマスv




e0112226_13332349.jpg



また神社がある洞泉寺町は、遊郭街でもあった。
一見、フツ〜の町屋に見える旧川本邸(大正13年築)だが、
木造3階建てというのはたいへん珍しく、見上げるほど立派でもある。

遊郭建築として貴重なだけでなく、さまざまな意匠も凝らされており、
上客用に使われていた3階に至る階段は、他のものより幅が広いんだそうだ。

耐震工事が終わったら内部見学も可能になるのかな?
1度入ってみたいものであります。



e0112226_13483878.jpg



金魚を狙ってたのは陶製の猫だったけど、こっちはホンモノ。

えらく愛想がよくて、人が立ち止まると、かわいくマスキングされた窓辺に
えっちら登ってきてポーズを決めてくれるよ〜(//∇//)




e0112226_14503439.jpg



その名の通り、中央に流れる水路で染め物を晒していた紺屋町。
紺屋や金魚すくいができる店、飲食店などが並んでいる。

一瞬、飛べるんちゃう?!と思ってしまうビミョ〜な幅が心をくすぐるが、
多分絶対飛ばない方がいいと思う(笑)



e0112226_15052715.jpg



町の北側に行くと、城下町の中では特に目を惹くハーフティンバー様式
杉山小児科医院が異彩を放っている(登録有形文化財)

向かいには立派な火の見櫓も建っているし、
金魚モチーフもいっぱいあるのでセットでだぅぞ♪




e0112226_15122385.jpg



と、まぁ〜南へ北へと結構歩き回りました。
ご近所ながら、こんなに真剣に、たくさん歩いたの初めて!(笑)

でもそれだけ見所があった…ってことだし、
これから奈良を案内するときに、よい所を知ったな〜って思った。

次の予定まで時間があったので、最後は足休め。
立派なやまと郡山城ホールの図書館で1時間ほどひと休み(+ひと寝入り)
市内を出る時は提灯に火が入り、すっかり夜桜になってたけど。




e0112226_15231084.jpg



そうそう、線路沿いは特に高い柵もなく、
お城と電車と見事なしだれ桜がセットで激写できる絶好ポイント!
もちろん、十分注意して…ね。




e0112226_15300716.jpg


で、次の予定は…というと、天神橋へ飛んで万両 で焼肉会!だったのだ(^^ゞ
なかなか予約が取れない店なので、みんな余計なモノを食べずに我慢してきたワケ(笑)

合流組を含め、6名でウンkgは腹に収めただろうか。
今日はよく歩いたし!という大義名分もあって、心置きなく肉食してきた。
昼も夜も胃袋も濃い1日だったわ〜〜♪





[PR]
by giova21 | 2017-05-07 23:26 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_19333961.jpg



金魚の養殖が盛んな大和郡山市は「金魚の町」として知られており、
毎夏行われる「全国金魚すくい選手権大会」には、
全国から大勢の人が腕試しにやってくる。

今年のエントリーも始まっているので、興味のある人は是非どうぞ!



e0112226_19433766.jpg


地図で見るとちょっとビックリするよ!
お城の下に広がる水色パッチワークは、金魚用のため池。

もともと水質がよかったことと、藩主のすすめもあり、
享保9年(1972)から始まったとされる養殖業は、最盛期には全国シェア50%を占めたそうだ。
現在は後継者不足などもあり養殖量が落ちたが、それでも年間6000万匹ほどを出荷するという。

そんな金魚の町だから、至る所にお金魚サマが溢れてて、町歩きに退屈しませんv



e0112226_20155913.jpg



マンホールは言わずもがな、、、、、



e0112226_20163002.jpg



交差点付近に立てられたポールや、標識のちょっとした飾り。
道に埋め込まれた道案内に、ステンドガラスの意匠。
陶製のタイルは、秀長公が開窯したと言われる赤膚焼きで、とてもキレイだ。

でもって、特注の灯籠には「ホンモノ」の金魚が泳いでいる!




e0112226_20164910.jpg



フツ〜の金魚と出目金くらいしか知らないアタシ。
詳しい人なら、それぞれな種類を言い当てられるのかな?

とにかく…金魚好きはもちろん、知らない人も楽しい〜!のだvv





e0112226_20385134.jpg



そんな金魚づくしの中で白眉なのがこの「大型金魚鉢by電話BOX」である。
最近、ほとんど見かけないだけに、オバサン、ちょっと懐かしいくらい(TOT)

ってか、、、、これはチョ〜ナイスアイデア!!

カワイらしい女の子が飽きもせずずっと見てたけど、わかるよ、その気持(//∇//)
受話器が上に浮かんでるのがわかるだろうか?
オトナ目線から見るとそれがすんごくシュール。
これはもぅ〜1種のアートですねv 蜷川実花が喜びそう♪

夜になるとライトアップされて、ますます幻想的な姿になるそうな。
うぅう〜それも見てみたいっ!

お手入れ大変そうだけど、これ目当てな観光客が大勢来てたから(まさにSNS向け!)
これからもヨロシクお願いします!




e0112226_21262509.jpg



その他に、こんなモノもある。
ちょっとわかりにくいけど、金魚が泳ぐ自販機!




e0112226_21322911.jpg



一瞬ドキっとするけど

ホンモノの金魚を狙う ニセモノの猫




e0112226_21372198.jpg



下に寝っ転がって、とことん金魚ワールドを楽しめるアクリル板のアーチ型水槽。

水族館にある透明トンネルの簡易版みたいなヤツだけど、ナイスアイデア!
この子はきっと今晩イイ夢見るはずだよ。

だけど、遠目で見てるオトナたちが、誰よりもソコに寝っ転がって癒されたいかも(^^ゞ



[PR]
by giova21 | 2017-05-06 23:19 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_22141848.jpg



福知山城ときたからには地元ネタも負けてられない(๑•̀ㅂ•́)و✧
大阪の友人たちが桜を見に行きたいというので、張り切って連れていった大和郡山城
その前に乗り換え駅の大和西大寺駅で小ネタを披露。

ジモティとしてはポイントの所で揺れるくらいで特に気にした事なかったんだけど、
西大寺駅って線路の切替ポイントが28個!もあって、その数、日本一!!
鉄オタのタモリが「タモリ倶楽部」で紹介した事もあるくらいで、実はマニア垂涎の駅なのだ。


といっても我々はオヤツな団子を頬張りながら、電車がたくさん通るね〜♪と
五歳児そのもののオツムで眺めていたんだけど(笑)


e0112226_22284174.jpg


さて、大和郡山城です!
見た目もアングルも福知山城とよく似てるな〜(^^ゞ

『日本さくら名所100選』にも選ばれており、奇しくもこの日はお城まつりの日であった。
それなりに人も多かったけど、賑やかなのは悪くない。

だってほら、家族連れに恋人同士、熟年夫婦。みんな笑顔で楽しそう♪
桜のパワーが伝播して、よい気が満ちているような気がする。





e0112226_22415172.jpg



しかもラッキーなことに、天守台に作られていた展望台が数日前に一般開放されたばかりで
やっこらせぃ〜と登り、素晴らしい眺望を臨むことができた。

京都もだが、奈良も余計な物がなくて空が広い。気持イイ!





e0112226_14161313.jpg



対面から見るとこんな感じの展望台。
みんな鈴なっております(笑)

この日はお祭りということもあり、行列でありました。




e0112226_13302966.jpg


大和郡山城も福知山城と同じく石垣に転用石が用いられており、
中でも頭からつっこまれたお地蔵さま〜「逆さ地蔵」は有名で、
皆が足をとめてのぞき込んでいる。

高さ90cmほどあるというから、結構立派な像だったのではないだろうか。
こんな暗い場所に頭から入れられるなんて…と、誰もが思ったのだろう。
供養塔も建てられているので、ご挨拶して拝見させてもらいましょう。




e0112226_13441423.jpg



そして…せっかくだもん。花見酒します。もちろん!
日本酒発祥の地と言われている奈良県なのに、もっと置いておいてくれよ〜と
泣きつきそうになったほどアイテムが少なかった酒屋で
なら、これしかないしょ?!と選んだのは 中西酒造の大和大納言 豊臣秀長

珍しく全話食いついた「真田丸」にも出ていたはずなのに思い出せない(^^ゞ
史実上でもそれくらい控えめで、しかし秀吉のよきブレーンであった秀長
改めてwikiを読むと、政務に秀で、かつ、良かお人柄の人だったのですね。
長生きしてくれたら豊臣の天下も、もっと長く安寧だったかもしれないとか。

名君に献杯!乾杯!




e0112226_14214184.jpg



正直に言うと、桜の季節にお城に来たのははぢめて!だったアタシ( ̄o ̄)
こんなにいっぱい咲いててキレイだったんだね。
みんなも喜んでたし、来年は両親を連れてきてあげようv

でね、お城だけでなく、町歩きも超充実&楽しかったのだ。
次回へつづく……







[PR]
by giova21 | 2017-05-05 23:05 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_21062074.jpg


今回の旅行、銀山もだけど、もぅ1つ楽しみにしていたことがあった。
それは案外行くのが不便なとびしま海道

以前しまなみ海道を走破!?した身としては是非とも行きたかったのだが、
前夜から降り始めた雨が止まず断念。。。。これでフラれるのは3度目?!
つくづく運が悪いが、晴れた日に行きたいから仕方ない。

代わりに選んだのが、観光パンフが充実してたきたひろ(北広島)
それって昨日走ったところや〜ん!だけど(笑)
道の駅や物販店、温泉も多いから、天気が悪くても楽しめるだろうと思ったのだ。

たとえばこの舞ロードIC千代田は、北広島が神楽団の数が日本一多いことを踏まえ、
巨大な神楽太鼓(高さ8m 横9m)がひときわ目をひく、とてもキレイな施設だった。
併設のレストランもたいへん評判がよい(食べ損ねたの残念!)




e0112226_21371154.jpg


また全国的にも珍しい「どぶろく特区」に指定されており、
酒飲みにはウレシイ買い物もできた♪♪

と、ここら辺までは楽しく過ごしていた。
この日は昨日の陽気がウソのように気温が低く、スンゲ〜寒かったのだが、
一向に止む気配のない雨がいつの間にか、
えっえっえっ?!これって雪、ですか〜〜!!に変わってビックリ仰天!


e0112226_21535674.jpg



そ〜いや、スキー場があったくらいだから、降雪地でもあるんだろう。
最初はうれしがってカメラを向けてたアタシたち。

がコレ、かなりのボタ雪で、ちょっと買い物してる間に
ふんわりではあるが車の屋根に1センチも積もってるほど。

ひぃええ〜〜!! 今晩帰阪するのに、広島市内に戻れるのか?帰れるのか?





e0112226_22174535.jpg



それでも寒いし、ここまで来たからには温泉に入りたい。
結局、危機管理より己が「欲」が勝ち、結構山の中の温泉に来てしまった(^^ゞ
この写真だけ見ると、シーズン真っ盛りのスキー場のコテージのよう(笑)

ま、「一応」舗装アスファルト道ということを確認して行ったんだけどね。

e0112226_22145085.jpg


温泉裏の公園はご覧の有り様!
ホントに信じられない光景であった。
だってだって、ココ声を大にして言いたいんだが、この日は3月31日。つまりは、
明日から4月でっせ〜〜!?! だったからだ!!(@▽@)!!

季節外れもいいところの「なごり雪」はしかし、とてもとてもキレイだった。
お陰で思いもがけぬ雪見風呂を楽しめたし。

幸いな事に温泉から出る頃には雨に変わっており、無事市内に戻れましたv




e0112226_11184700.jpg


きたひろは良質な水源に恵まれ、米やどぶろく作りに活かされてるのだが、
市内に戻る途中「よみがえりの水」に寄って美味しい湧き水をゲット。

これらをあわせて千代田三名水というそうだ。

しかし、この湧き水汲みで、せっかく温まった身体がまた低温状態になってしまった。
も〜それっくらいこの日は1日中、とにかく寒かった!!




e0112226_11381491.jpg


だから車を返し広島駅に戻った時に、ホントに運良く、入った所に酒店があり、
外国人も混じって大勢の人が楽しそうに立ち飲んでいるのを見て、
アタシもアタシも〜〜〜!!!!と、駆けつけ2杯、一気飲みしてしまったわ。
くぅう〜〜寒い時はアルコールが1番!だね(//∇//)
にごりと純米酒は100円、吟醸、純米吟醸は150円。CPも抜群♪♪

新幹線名店街 ここ、むっさイイわ〜♪
サクッと飲めるし隣は真っ赤に染まったカープショップ。周囲は土産物がそろってる。

折しもこの日はプロ野球の開幕戦日で、
ついさっきまで極寒の雪景色を体験してきた身としては中止やろ?!って思ってたが、
市内は雪なぞ無縁で試合もするんだと。もちろん市民球場で。
今年もガンバレ!広島カープ




e0112226_11511503.jpg



さてさて、やっぱ〆として食べておかないとね♪
酒屋のお姉ちゃんが「みっちゃん」より好き!とオススメされた「高砂○」
だいたいみっちゃんはすごい行列だったし、こちらも美味しかったよv

この時、日本酒3杯でかなりイイ気分になってたアタシ。
なぜかイタリア人の団体観光客が高砂○に大挙してやって来てたので、
メニュー読むのを即席お手伝い♪
といっても、動詞原型多用ないつもの3歳児レベル+酔っ払いだったので、
役立たずのヒドイもんだっただろうけど(笑)




e0112226_12084868.jpg


今度は甘いのと一緒に新幹線でも飲む飲む飲む!(^^ゞ
新大阪まで2時間くらいあればイイのにな(笑)

というワケで、2日目のお天気がちょっと悪かったのは残念だったけど、
楽しく広島の旅を終えました。長らくお付き合いありがとうございましたv

そうそう、広島ってお酒が美味しいのだ。
とびしま海道も…だけど、西条もいつか絶対行ってみたい。
うぅむ。また広島泊のツアー組まなきゃ♪♪





[PR]
by giova21 | 2017-04-17 23:11 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_21111295.jpg


一体いつ行ったんだよ? → 3月末
一体いつまで書いてんだよ? → あともう少し
自分で突っ込みたいほどダラダラ続いてますが…スイマセン(^^ゞ

広島でのお泊まりは立地もよい 広島東急REIホテル
もはや寝るだけだったけど(笑)とてもキレイで朝食バイキングも大満足!
ホントにハラショ〜なツアー料金でありました。

ホテルに着いたらさっそくプッシュ〜♪♪と先ずビール。
ドライバーから解放されてアルコールタイムです。

基本アタシはホルモンが苦手で、焼肉や鍋のモツには手を出さないんだけど、
不思議な事に、ガツ(豚の胃)を炒めたのやトリッパは大好き♪♪
だから広島のソウルフードせんじ肉も大好き〜〜!!
絶妙な歯ごたえとお酒がススム君な味付けは、まさに王道酒の友!
久しぶりに食べたけど、やっぱクセになる美味しさやわ〜(//∇//)



e0112226_21400639.jpg


そして今回、新庄みそピーナッツ という新たな「酒の友」を発見!
コンビニの袋入りを買ってみたんだが、これが甘じょっぱくてウマイ!
アタシの制止にも関わらず、友人はビールと共に一気食いしてたから、
その美味しさに異を唱える者はいないはず(笑)

でもって、みんなカープとコラボしてるのが微笑ましい♪
食品に合う「赤色」でカープ坊やもカワイイ。
本家カープは今年も絶好調?! 広島シチズン、いうことないね(๑˃̵ᴗ˂̵)و




e0112226_22073098.jpg



食べ物ついでに……(^^ゞ

この時期、新聞でも紹介されていた「捨てないパン屋」が偶然広島だったので、
翌朝、堀越セルフサービス店の方にちょっくら寄ってみた。

車を停めにくい場所だったので、私は車内でお留守番。
買いに走った友人の写真でどぞ〜♪




e0112226_22141803.jpg



セルフ店というだけあって、店内はホントにセルフサービスだったそうだ(笑)
ずっしり重く巨大なパンは、まさに欧州で売られてるソレみたい。
小麦の香りがたち、噛みしめ味わうパンは美味しかったよ♪

お値段若干高めだが、最高の材料を使い、店主の趣旨を理解していれば納得できる。
なんなら1個で1週間はもつだろう。

それって絶対オカシイから「捨てないパン屋」の考え方に共感する人も多かったのだろう。
お陰で大人気、通販のパンは数ヶ月待ちだそうだ。




e0112226_16144357.jpg


ただ…人気が出ると、話題になると、不逞の輩も出没するのか、
残念なメモ(右)があったそうだ。
「人間」だったら、釣銭ごまかすとか、払わないとか、そ〜ゆ〜事するのやめようね!
買い手を信頼した上でのセルフ形式なんだから。

あ"〜!!こ〜やって脱線するから終わらないんだよな( ̄o ̄)





[PR]
by giova21 | 2017-04-15 22:59 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_15480100.jpg



温泉津ナイナイ事件はともかく、
ココに来たら絶対!入らなアカンっしょ?!ってのが温泉です。

しかもこれがとびきっり感じがイイときた。
うぅむ!入口からして既に「そそ」られるわ〜〜(//∇//)



e0112226_16004037.jpg



映画館か?!と思わず突っ込んでしまいそうな張り出し式の番台。
こんな形態、今まで見たことありません。

なになに?!このステンドグラスにランプシェード。
「はいからさんが通る」のセットになりそうデスv




e0112226_16073771.jpg



古い古い家屋が残る温泉津の温泉街において、
唯一の鉄筋コンクリート製であるうえに洋館!!
いやおうなしに目立つんだけど、不思議と町並みに溶け込んでいる。

そんな温泉マニアな心くすぐるアイテムがいっぱいの名湯薬師湯
ビジュアルだけじゃなく日本温泉協会が泉質など6つの項目を5段階で評した中で、
全国に20湯もないない オール5!! をとった超優等生なんデスvv
もちろん山陰地方ではココのみ!



e0112226_14305000.jpg



誰もいないうちに撮っちゃった!(≧▽≦)//

浴室内はごくごくシンプルで小さい。
カランも左右あわせて5つしかないので、浸かるのみ…という使い方がいいかもしれない。
無色透明ながら空気に触れると変色するようで、
湯船や床は長年の堆積物にビッチリ覆われている。その色はまんま石州瓦色だ。

お湯はというと、有馬の金泉のように強い鉄臭があり、かなり熱い!!!ので
長時間浸かっていられなかったが、
身体の芯からあったまるという表現がぴったりのよかよか湯であった♪♪



e0112226_21514191.jpg



薬師湯が素晴らしいのは温泉だけではない。
2階にサロンがあり、17時までなら無料でコーヒーがいただけるのだ。
左右から屋上に出れるので、温泉津の町並みを眺められるのも二重丸♪♪

明るいうちならとんがり屋根 を間近で見ることができます。




e0112226_21572434.jpg



我々が上がった頃にはすっかり日が落ち、コーヒーもいただけなかったけど、
しみじみ静かな温泉街なんだなと実感する夜の顔がそこにあった。

も〜ホントにね、もし泊まるならデジタルを全て遮断。
好きな本片手に日本酒傾けるのがピッタリだと思った。




e0112226_22230074.jpg


そうそう、階段の踊り場もいちいちステキなの。
まるで神戸の古い洋館に温泉がついてました!って感じ(笑)
博物館級だね、コレは。

そして夜の方が断然雰囲気がいい。



e0112226_22301019.jpg


昔はこちらが湯殿だった旧館は、カフェとギャラリーになっている。
もちっと遅くまで開けといてぇな〜と思わずボヤいてしまう、
こちらも16時半LO、17時閉店で入れず終い…(>_<)ハヤイガナ~!!
が、幻想的な夜のお姿を見れたからヨシとする。

軒下のアーチや柱など特徴的な意匠がオレンジ色の灯りに彩られ、
道後本館にも劣らぬ美しさ♪♪
温泉はもちろんだが、この建物見るだけでも一見の価値があると思いますv

と、たいへん満足、満喫した温泉津。
しかししかし、1つ大きな悔いが……



e0112226_16524457.jpg


温泉津には元湯が2つあって、薬師湯のほん斜め前にある泉薬湯がそれになる。
ココもたいへん雰囲気がよいので (湯船はこちらの方が広いと思われる)
こっちも入っていく?!って「一瞬」なった。
以前は二湯続けて入る事も珍しくなかったし。

が、まだ身体がポケポケあったかい上に、広島まで2時間かかる。
でもって早く何か食べたい(笑) よって、ま、いっか…と、スルーしてしまったのだ。

ところが薬師湯と泉質が違う事を後で知り愕然!!
目と鼻の先、ご近所さんなのに違うの?!え〜しもた〜〜!!!となったワケなのだ。

よっぽどの事がない限り、再訪する確率が極めて低い温泉津(遠いからね)
入っておけばよかった〜よかった〜よかった〜 (by号泣エコー)
温泉好きな人は、間に薬師湯併設のカフェを挟んで両方入る事をおすすめします!!







[PR]
by giova21 | 2017-04-10 23:10 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_12020998.jpg



温泉津と書いて「ゆのつ」と読む。
以外に思うかもしれないが、山な石見銀山から日本海まで直線距離でわずか約5キロ。
銀の積出港として栄えるも、隆盛時も衰退時も銀山と同じ道を歩んだ温泉津は、
「石見銀山遺跡とその文化的景観」の一部として世界遺産に登録されており、
現在は静かな温泉地になっている。

さてココで、忘れないで欲しいと書いた「命の餅」の話をしていいでしょうか(^^ゞ
17時ピッタリにあらゆる店が閉まってしまった石見銀山。
それは飲食店でも例外ではなく、いや…そもそも飲食店も少ないのだが、
ゴマ豆腐がお昼だった我々、大いにハラが減ってしまった。

それでも銀山から温泉津まで車で30分ほどの中で、何か店があると思っていた。
こたえ=なかった!!!(>_<)//
ここでひもじい我々を救ったのが、ゴマ豆腐店で買ったおいた草餅だったのだ。

それも混ぜ物が一切ない、まんま「餅」の草餅で、
3つあったソレを2人で1つ半づつ、それは大事に大事にいただいたのだ(笑)
でもそれはあくまで「つなぎ」
温泉津についたらうどんの1杯でもいい。とにかく何か食べよう!と思っていた。
しかししかしだ。うどん屋はおろか定食屋も飲み屋の1軒もなかった!!!のだ(>_<)//

温泉津の名誉のために言うと「路庵」というシャレた店があるのだが、
なんかそうゆう店のそうゆう食べ物な気分じゃなかったんだよね。その時は。
でもこの店こそ、温泉津で唯一、夜開いてる飲食店だったのだ!
どうりで飲食店難民な人で溢れており、いやいや、知ってたら入ってたのにぃい〜!!!




e0112226_12434810.jpg



良くも悪くも「ひなびた」という言葉がぴったりの温泉津の温泉街。
こんな場所でiPhoneやインターネットなんて使っちゃダメなんじゃないか?と思うほど、
昭和の初めから時が止まってしまったような趣があり、特に日が落ちて灯りが入ると、
(見たことないが)小津安二郎の世界もかくや…というほど雰囲気がよい。
温泉街として初めて重要伝統的建造物群保存地区 に認定されたほどだし。
が、ここまで何もないのには正直ビックリした。

お泊まりする人もしない人も(旅館はそこそこある)
温泉津で何か飲み食いしようと思ったら前述の店しかないので要注意だ。
ジモティ利用の(小さな)スーパーもあるが、こちらも早じまい。
言うまでもないが「コンビニ」なんてありません(笑)




e0112226_13032797.jpg



このナイナイ現象は、温泉に入って広島に帰る間も続く。
信号がなかったのは無料化された高速道路だったせいもあるけど、
車は走ってないわ、人家はあれど灯りは点いてないわで、ちくと不安になるほど暗かった。

その分、星がキレイに見え、途中、流れ星!を見たほど!
見た見た?!今の?!と、ギャ〜ギャ〜騒いじゃったが、
徐々に灯りが増えてくると「翼よ あれが広島の灯だ!」と言いたいほどホッとしたわ(^^ゞ

やっとこさ、本当にやっとこさコンビニを見つけ、菓子パンとコーヒーで小腹をなだめ、
朝の駅弁以来、食事らしい食事を取れたのは21時をたっぷり回った頃。
安佐SAでかっこんだ尾道ラーメンの美味しかったことよ(TOT)//




e0112226_14503188.jpg



この時、友人と2人、熱いスープに顔をほころばせながらしみじみ語ったのだ。
あの草餅がなかったらアタシら餓死してたかもな……と。
これは冗談だけど、少なくとも空腹だと恐ろしく機嫌が悪くなるアタシ。
どっかで事故ってたかもしれない( ̄o ̄)
それほど救われたのだ。あの草餅に。命の餅に。。。。。。(笑)

広島市内に入ると、何食べる?と迷うほど道路沿いに店が建ち並び、
あっちにこっちにと、左右200mおきにコンビニがある。
街の明るさと賑わいに、なんかもぅ〜別世界に来たみたい。
そっか〜こうゆう光景に慣れすぎてたんだね、アタシたち(>_<)
コンビニ1軒ないだけでオタオタしててはいかんな。

それより…
今でも2人のトレンドキーワードの上位に君臨している「命の餅」これが大事!(笑)
いや…ホントにまぢで大事なんだから!





[PR]
by giova21 | 2017-04-07 23:30 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_20080776.jpg



童謡が聞こえてきそうなほど和やかな風景。
春がふるう絵筆は、ルノワールのパレットように美しい♪

銀山だけでなく、銀山で栄えた大森の町並みもまた見所のひとつ。
こっちも忘れず歩くべし♪



e0112226_20141015.jpg




最盛期には、100を超える寺社に2万を超す家屋が山の端まで建ち並び、
その軒伝いに、頂上まで歩けたと言われるほど繁栄した大森の町。

今ある姿は1800年に起こった大火の後に建て替えられたものだが、
200余年経つ現在も、当時の姿を色濃く残しつつ、人々の生活をも守っている。
(1987年国の重要伝統的建造物群保存地区選定)




e0112226_20332933.jpg



ここも環境に配慮されており、入れるのはジモティの車のみ。
レンタサイクルで走るのはオウケイだが、やっぱ歩いて回るのがいいだろう。

あ、コレは運良く(?!)運悪く(?!)たまたま映った…by 観光客の方です、ハイ(^^ゞ

観光地って土日は店を開けるため、平日の水・木あたりに定休日をとる所が多い。
この日は木曜だったんだけど、店が休みなのか、本当に静かであった。
この「お酢屋」は看板だけ…って感じだったし。




e0112226_20464663.jpg



その中で唯一、らしい店として開いていた有馬光栄堂は、200年以上続く御菓子店。

囓った時の音が石畳に響く下駄の音に似ているから命名された名物「げたのは」は、
固く焼き締めた生地に黒糖を塗った素朴なお菓子で、他に大豆入りの「銀山飴」がある。

どちらも結構ハードな食感なので、ご年配の方に配る時は注意!かもしれないが(笑)
ここでしか購入できない大田市の「ブランド認定商品」なのでおみやにどうぞ♪
試食にお茶も出してくれマスv

*おおだブランド認定商品一覧




e0112226_21134005.jpg


こんな興味深いモノもありますv
そんなんがあるんだ〜!ってビックリした理容遺産たるものがあり、
その第一号に認定された理容館アラタ

昭和初期まで営業していたそうで、
大正時代の流行だったアール・ヌーヴォーの意匠が施された椅子が、今見てもオサレである。

「開いてたら」入って座れもするんだけど、ここもクローズ!(>_<)
ううむ。どうやら本日いろいろ休業DAYである。




e0112226_21475445.jpg




うわ〜!!これは「いいね!」を100くらいつけたい丁銀型の表札!ナイス!

…と、川上さん ゴメンなさい(^^ゞ




e0112226_21360831.jpg



古民家を利用したギャラリーもあり、そぞろ歩きは飽きることがないし、
代官所跡を利用した石見銀山資料館熊谷家住宅なども見学するとよいと思う。

が〜!いかんせん時間がなかった。
というのも、店や施設が17時にピッタリキッチリ閉まってしまうからだ。

坑道見学をして町歩きもするとなると、やっぱ半日は必要かと思う。
お楽しみのためにいろいろ足止めも食うしね(笑)




e0112226_22010179.jpg



が、コチラは心配無用!18時まで開いてる群言堂本店(石見銀山生活文化研究所)
恥ずかしながら知らなかったんだけど、知る人ぞ知るブランドなんですね(//∇//)

店内は置いてある商品も含めステキ〜!!のひと言。
ここはちょっと別世界。オサレすぎる(笑) もちろん良い意味で。
通りでは全然見かけなかったのに、大勢の人が来てたのにも驚いた。




e0112226_22194782.jpg



スリッパに履き替えるんだが「子ども用」は、こんなカワイイ上靴だよ♪
こんなところまでフォトジェニックだから、
店内はどんだけ〜!ってくらい良い感じデス。写真撮れないけど。
中庭を臨むカフェも併設されているので、ランチやお茶もできます。




e0112226_22331732.jpg



町を去り際、気になっていた岩の門(!!)に上がってみた。

こたえ → お寺 だったんだが、これは登って大正解!

足元に広がる茶褐色の大森の屋根は、まるでバーントシェンナ色。
ちょっと伊国のソレを思い出しました。



e0112226_22290741.jpg



この茶色の瓦はこの地方で生産される石州瓦で、
愛知の三州瓦、兵庫の淡路瓦と並ぶ日本三大瓦とされている。

そういえば広島から走って来る途中、どこかある時点で、目に違和感を覚えた。
それは、家々の屋根が一斉に「茶褐色」になったからだ。
「瓦=鼠色」という認識が強い我々からすると、
赤い屋根は風景を一変するほど新鮮に見えたのだ。
特に石州瓦をこれでもかっ!と使った寺社の大屋根は迫力満点であった。

些細な事だが、瓦ひとつにも「地方」がでる。
住み慣れ見慣れた関西から遠い所に来てるんだな〜と思ったのである。




e0112226_11274056.jpg



バタバタだったけど最低限には楽しめた(?!)石見銀山。
かろうじて開いてた店も躊躇なく看板を下げ、一層静かになった通りを後に、
さて、次の寄港地に向かうとしますか。


〈石見銀山観光お役立ちサイトまとめ〉





[PR]
by giova21 | 2017-04-04 23:46 | にっぽんの休日 | Comments(0)
e0112226_20465522.jpg


坑道見学後は自転車の電動をオフにして、シャララ〜ン♪と山道を下る。
これがまた気持いい♪♪

途中にある「銀の店」で大いに捕まってしまったが、
(銀山らしくハンマーやカンテラのトップがあってカワイイの!)
急いで世界遺産センターに向かう。
というのは週に2回しかない「丁銀づくり体験」をちょうどやっていたからだ。→丁銀とは

キーホルダーがイイな〜って思ったけど、5センチほどあってデカくて重い。
時間も押してたので、所用時間約30分のストラップを作ってみましたv




e0112226_21392597.jpg



溶かして型に入れた上にうにゅ〜!と押す印は、
友人は「石見」、アタシは石見国の別名「石刕(石州)」をチョイス。
がぁ〜!押しが弱くて、なんか読みづらいデキになってしまった(>_<)/

がしかし、ストラップトップは約2センチほどでちょうど良い大きさ。
思ったより(?!)ずっとカワイイし「丁銀型」というのがまたよい思い出になる。
駆け足体験だったが、やってよかった♪

毎週 水曜・木曜  最終受付15:30 デス。
時間ない時は、物販コーナーにもキーホルダーなどがあるよ♪




e0112226_21420578.jpg



さてここでようやくひと休憩。
こんな所に…というと失礼だが、こんな所に Caffè Cagliari があるんデス! *食べログ
東京で同社の代理店をしていたオーナーが、故郷島根で…ということで開いたそうだ。

せっかくだもの、ダブルでっ!と言うと、嬉しそうに煎れてくれました。




e0112226_21593911.jpg



ぶっちゃけ言うと、アテクシ、カリアーリのカッフェを飲んだことがない(笑)
でも…カッフェ中毒者としては、ウマイかマズイかは瞬時にわかる。
アタシが好むナポリの豆よりスッキリめな味わいだが、間違いなくottimo!!!
心地よい香りと苦みと甘みが、疲れを癒してくれる。

願わくば、砂糖は伊国みたいにドッカ!とボウルに入ってるとよいのだが(^^ゞ
エスプレッソって、砂糖を多めに入れるのが絶対的な「キモ」なのだv




e0112226_22215225.jpg



友人は、それも絶対正しい!間違いない!という アッフォガート〜affogato (//∇//)
これ考えた人エライよね(笑)
オーナーいはく、カッフェの味を活かすため生クリーム多めのアイスにしてるそうだ。

ちょっと味見さ・せ・て♪ ウマ〜ウマ〜
しもた。もぅ1杯飲みたくなっちゃったよ(^^ゞ




[PR]
by giova21 | 2017-04-02 23:45 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21