カテゴリ:青春きっぷの旅( 58 )

e0112226_21202876.jpg


商店街は淋しいが、福知山は「スイーツ」の町として売り出しているらしく、
その手のパンフがたくさん用意されている。
スイーツな食べ歩きは柄じゃないけど、買い食いはいっぱいしましたわよ(笑)

まず駅からすぐの名門堂千原は、創業1611年(慶長16)の老舗店で、
干し柿を餡に混ぜた「里柿」という御菓子が有名だ。
これがなかなか美味しいうえに(形も柿なのだ!) 箱がとってもカワイイ♪♪
駅ナカにも売ってるが、お土産好適品として絶賛オススメします。




e0112226_21372133.jpg



ぶっちゃけあんまり…だったタツワキベーカリーに(苦笑)
おばちゃんと目があい、つい買ってしまったコロッケ(美味)を手にしたからには
ビールビール!と、町角で咲いてた桜の下でキュウ〜っと1杯。
ううむ。これから豪勢なランチいただくのにこんなに食べていいのだろうか。




e0112226_22233407.jpg



実は福知山に来たのには伏線があって、
友人たちが福知山活性化な冊子を作ったので、
それを見てコレは1度行ってみなければ!と思ったワケなんである。

その冊子の中で特に目を引いたのがこの鍋っ!!
見て見て見てよ〜〜♪このビジュアル!!
なんですのん!そのネギ山はっ?!(笑)



e0112226_22300955.jpg



鴨すきで有名な「鳥名子」の鴨すきが昼から食べれる柳町
そう…お昼はココで決まり!でしてん(^^ゞ

町屋を改装したたいへんオサレな店は、すてきカフェも併設されており、
食事は中庭&回廊付きの大広間でいただきます。

で、このセットね。つみれ、鴨肉、ネギのシンプル3本勝負!
ネギはしっかり泳がせ出汁を吸わせてもいいし、サッとくぐらせシャクシャク食べてもよい。
鴨肉…もだが、とにかくネギが美味かった!と言ったら怒られるだろうか(^^ゞ
これで二人前なんだけど、一体ネギ何把分だろう?!とにかくこれだけは言える。
1度にこんなにネギ食べたの…はぢめて〜〜!!!だと(笑)

〆にお蕎麦を投入して、お腹いっぱいいっぱい〜〜!!!!




e0112226_20051714.jpg



一応(?!)スイーツ女子っぽいこともしなくちゃ!(笑)
お昼はさんでお城巡りした後に寄った足立音衛門
1本5000円。ともすれば1万円!!!もする栗のテリーヌが有名である。
個人的には、幾ら美味しくても信じがたい値段で、
誰ぞに頂かなければ食べる機会がないと思うけど、
福知山が本店ならば、ちくとのぞいてみたい。

お腹もまだいっぱいだったので、手軽に食べれるジェラートを。
(シュークリームは前のお客さんが手土産用だろう、大量に買ってしまい売切!!)

ここはやっぱ「栗」をチョイスしないとねv
美味しかったデスよ〜♪♪
e0112226_20192296.jpg


この音衛門。文化財にも指定されている旧松村家屋敷の母屋を使用しており、
外観はもちろん、重厚な作りの内装は見るだけでも価値がある。
また裏手の敷地内には、同家の洋館に撞球室、茶室に御殿があるので、
こちらも要チェックであります!

お目当てだった中島本店が定休日だったのは残念だったが、
(同じ5000円なら栗ではなく間違いなく焼き豚を買うな(笑)
雨がシトシト降ってきたので、河岸をを代えることにし、福知山を後にする。




e0112226_20405943.jpg


駅舎はキレイだし「旧い」を活かしたオサレ店も老舗店もある。
昭和な商店街だけその流れにちょっと乗り切れてない気もするが、
徒歩圏内でいろいろ楽しめてよかった♪♪

あと意外?!な事に、福知山には焼肉店が多いらしい。
そんな特集もあるので、福知山散策に是非役立ててください♪




e0112226_20540250.jpg



青春きっぷで乗り降り自由なんだ!って今頃気がつく便利さ(笑)
福地山から1時間かけて嵐山へ。
予想はしてたが、構内や通りに溢れる外国人にビックリビックリ!

嵐山もまだちょっと早かったけど、ライトアップされた桜がキレイ♪♪
夜桜はまた違う雰囲気でイイねv

櫻湯では「浸かる」だけ…だったので、全身洗いのために風風の湯で再度トプン♪
ここにも外国人がたくさんいたよ〜(@o@)
2~3人だと中国か韓国の人。白人系は1人の人が多いとみた。昼間はもっと混んでそう。
とってもキレイな施設だがちょっと高いので、ジモティの人が毎日来るとは思えないけど、
おばあちゃん、ちょっと肩身が狭そう(^^ゞ 良くも悪くもいろいろ様相が変わったね〜嵐山。

さてさて、露天風呂の庭に桜が1本あって、
1日の終わりを優雅な花見風呂と生ビールで〆て帰りました(//∇//)




[PR]
by giova21 | 2017-05-03 23:13 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_12381504.jpg


今年は例年になくいろんなところで桜を見たような気がする。
既に終わって季節外れだけど(笑)サクサクって?!まとめてみたい。

まずは青春きっぷで行った福知山
まだ5分咲きくらいだったけど「桜と城」って、ホント絵になるね♪

小高い丘陵地にポッチリ建つ福地山城は、かなりかわいらしくてアタシ好み。
列車で福知山に入る時に右側に座ると、その全景がよく見えるのでレッツトライです♪




e0112226_12590471.jpg


崩れてくるや〜ん!ってくらいラフに積まれた石垣(乱石積み(野面積み) *石垣の積み方
でもってよくよく見ると、石碑や墓石、五輪塔が混じってる(笑)

これは転用石と呼ばれるもので、
文字通り、石垣の代わりになる石材を「転用」したものである。

ちょっと罰当たりな気もするが時は戦国。
明智光秀、とにかく一刻も早く築城したかったのだろう。




e0112226_12531049.jpg


城内には多くの桜が植林され、満開の頃にはそれは見事な光景が広がるそうだ。

おっと、なんかスゴイ橋があるよ!




e0112226_13172985.jpg



城に襲いかかるようにぎゅわ〜〜ん!と伸びる橋は、その名も「昇龍橋」
ここね、是非行って欲しい。
なぜって、よぉ〜こんなん作ったな、ってくらい傾斜が急なのだ。

手前と向こう側。下りになる部分には滑り止めと思われるギザギザがついていて、
多分お年寄りが上り下りするのは無理なんじゃないかと。。。。。(笑)


e0112226_13245298.jpg


そして、橋から眺めるお城もまたステキです♪

城内は本格的な資料展示室になっており、
いろいろ勉強できるので、こちらも忘れず見学くださいまし。




e0112226_13315011.jpg



と、観光のキモであるお城はともかく、何本かある商店街はちょっと淋しい。
定休日の店もあったと思いたいが、200m走ができるほど無人なストレートは、
開いてる所を応援したくなるほど(^^ゞ

でも、ここに限らず地方都市って、同じような光景が広がっているんじゃないかな。




e0112226_13413233.jpg



それでもアタシのような非ジモティから見ると、
キッチュな書体や看板が残る商店街はとってもフォトジェニック。
映画に出てきそうな「昭和感」がたまらない。




e0112226_13575349.jpg



その代表ともいえるのが、明治37年築ながら、現役バリバリの「櫻湯」
実はココに入るために福知山に来たともいえるマニア垂涎の銭湯だ。

住宅街の中にまんますっぽり溶け込んでいるので、
「ゆ」な暖簾がかかっていなければ通り過ぎてしまうほど。

開湯10分前には並んでいた常連さんと一緒に「イチバン風呂」をいただきマスv
ちなみに1番風呂ってはぢめて!だわ〜(//∇//)

住所 福知山市西長24 15時半より ¥350




e0112226_14041541.jpg



脱衣所ではステンドグラスがお出迎え。
浴槽はというと、イスラムちっくな極彩色タイルで彩られていて、それはそれはキレイ♪

反対に、壁のペンキ(水色!!)がダイナミックに剥げていたのはちょっと衝撃的だったけど(笑)
それも「味」のひとつとして記憶に残る銭湯であった。




e0112226_21014266.jpg



帰り際、女将さんが是非見ていって欲しいと取りだしてきたこのマンガ
(月刊フラワーズ掲載 グレさんぽ)おぉお〜!しかもグレゴリ青山って知ってるよ!!(笑)
本も何冊か読んだことあると言ったら大喜びしてました。

人がいなくなったら浴室の写真も撮っていいよ、って言ってくれたんだけど、
列車の時間が迫っていたので、あたふたとお暇してしまったのは申し訳なかったが、
どうかこのまま櫻湯を続けていってね♪





[PR]
by giova21 | 2017-05-02 23:43 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_19485049.jpg



まだ食べるかっ?! 
って、これはですね〜名古屋駅で迷っちゃって、 ウロウロしてたら味仙を発見!
これは食べとかなアカンやろ〜〜って、なったワケです(^^ゞ

以前、大須の本店に行ったことがある。
ウマイマズイの問題以前に辛すぎて、2度とここの台湾ラーメンは食べれない!って思った。
ところが人間愚かなモノで、今度は食べれるかも?!って思い、
再度チャレンジしてみたくなったのだ(バカ)

写真はラーメンの前に出てきたラーロージャンメン。
うへえ〜〜コレも辛い!!てか、これは汁がない台湾ラーメンではないか。
でも、スープがない分、結構食べれる。美味しい♪
ってことはラーメン大丈夫かも?!

答え………やっぱ辛かったっス。2品とも同じ味だったし。注文ミスしたな〜。
と、初めて食べた本店の方がもっと攻撃的だったような気がする。
なんにせよ、2年経ったらまた食べてるかもしれないわ(笑)




e0112226_20063803.jpg




前は置いてる店探して走り回った千寿の天むすに、





e0112226_20104268.jpg



覚王山 吉芋のイモけんぴもゲット!(これはお気に入りの塩味)

後は冷えたビールだかお酒だか買えば帰りの道中はパラダイス!!
と、思ったらですよ………
なんだか人身事故で列車が遅れてるみたい。。。

さぁ〜こっから帰りの悲劇が始まったのであります。

当初は19時半頃の列車に乗る予定だったのに、まず名古屋駅でず〜〜〜っと待ち、
やっとこさ列車に乗れたと思ったら大垣でストップ。ここでまたず〜〜〜っと待ち、
やっとこさ米原まで出て、やっとこさ大阪向けて走り出す。

もちろん、ず〜〜っと立ちんぼ。
たとえば3時間立ちんぼなら、3時間歩く方がずっと楽だと思った。
ほら、アタシまだ負傷中だから、足が痛くて痛くて…(TOT)//

こんな事なら名古屋から近鉄乗ればよかった!って思うも後の祭りで、
残りすくないスマホの電池気にしながら、何度も時刻表を見るけど、答えは同じ。

ああ〜〜〜もぅこれ、家帰られへんや〜ん!!




e0112226_20300304.jpg
だいたいやね〜〜23:41にまだ大津!って一体ど〜〜ゆ〜〜ことやねんっ!!!
大阪着くのが0時過ぎるって、、、もぅ〜ホンマ信じられへん。。。

友人が泊めてくれたからよかったものの、
それでも大阪駅からタクシー乗らないとダメだった。
1時近くにようやく家に入り、シューズを脱いだ時、倒れそうになったよ(>_<)//

道中のお楽しみもフッ飛んだし、余計なタクシー代もかかった。
大阪駅に着いた時に駅員さんに、家帰れないんですけど補償はないの?って聞いたら、
スカした顔で「JR東と西は管轄が違いますから」と、ひと言で切り捨てられ、ムっカ==!!!
翌日、西だろ〜が東だろ〜が、絶対JRに文句の電話かけてやるっ!!!って思いました、アタシ。

いや、しませんでしたよ。疲れてイライラしてたからね、あの時は。
でも思うんです。もっと言い方あるでしょ?って。あっ、またむかついてきた!

というワケでスゴク楽しい犬山の旅が、最後でエライ事になってチョ〜疲れたけど、大丈夫!
なぜってアタシたち、もっとヒドイ目にあってるから( ̄o ̄)//

今読み返してみると、コレはホンマに笑えるほど大災難だった。
すごすぎて楽しかったくらい(笑)
国外でも海外でもいろいろ「やらかしてる」けど、
願わくば、トラブル災難は最少で過ごしたいものであります( ✧Д✧)//





[PR]
by giova21 | 2016-09-11 23:48 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_22302466.jpg



お城以外にも楽しめるよ〜♪な犬山城下町編といこう。

お城から出ると、かつての城下町が
たいへんキレイに整備された観光ロード(本町通り)になっているので、迷わずゴ〜!

古い家屋をそのまま活かし、趣は壊さずに。
でも、カフェも雑貨店もあるよ!な本町通りは、そぞろ歩きに最適デス。




e0112226_22405153.jpg



実はこの日は定休日の店が多く(水曜日は要注意!)
行きたかった店が休みだったり、ちょっと残念だったんだけど、
休みをずらしてくれてた山田五平餅店(ありがと〜!!)でさっそく一服(笑)

団子状の五平餅って珍しいね。
クルミかピーナッツが入ってると思うんだが、
味噌みそ醤油しょうゆしたしょっぱさがなく、甘コク味がある。
う〜む!これは何本でもいけそうだ。…ウマイッ!!!

名鉄クーポンを使って1本70円だよ〜♪♪(通常100円)
このお得感もイイ感じだわさ(^^ゞ



e0112226_23010351.jpg



食べ歩きもできて、買い物できる店もあって、おまけにフォトジェニック。

さっきお城でたむろってた女の子たちがいたけど、
他にも女性グループやカップル多いな〜って思ってたら、そ〜ゆ〜ことだったのね!
うんうん!確かにココはデートにもいいし、カメラ好きな人にもイイと思うな♪




e0112226_23095434.jpg




ただオバチャンとしては、この暑いなか、1番欲しいものはというと………

ビールっ〜〜!!!

以前、カクキューに行った時 (ここむっさイイよ〜オススメ!)
(あっ!ブログのフォーマットを変えたから、昔の記事はちょっと読みにくいな〜)
八丁味噌入りの地ビールを飲んだけど、愛知って地ビールがたくさんあるんです。

でも犬山にもあるとは知らなんだ! その名も〈犬山ローレライ麦酒〉
ランチバイキングも評判がよいみたいで、行きたかったんだけど、今回はこれで我慢しとこv

ウマ〜〜!!!

昼間から飲むビールって、暑い時に飲むビールって、
なんでこんなにウマイのだろう?!(//∇//)



e0112226_23265973.jpg




で、飲んだらちょっと「食べたく」なる負の連鎖(笑)

店先で団子焼いてたご主人とちょっと語らったたので、
本町茶寮で「ミニ田楽セット」と、ご主人が焼いてた玄米団子をばいただきます。
田楽大好き!! で、これはホントにちょうどイイ量♪♪
ほれ、この後もいろいろ買い食いしたいじゃない?!(^^ゞ

田楽には必ずといっていいほど「菜めし」がついてくる。
これは、間に食べることで口の中をさっぱりリセットする役目があるそうだ。
江戸時代に考案?!され今に至る、黄金コンビなんである。

何度か行ってる伊賀の「わかや」よりシッカリした味噌ダレだけど、かなり好き!
なんでも、田楽発祥の地と言われている豊橋に200年続く田楽の名店があるそうだ。
機会があれば一度食べに行ってみたいな♪




e0112226_01191157.jpg



お風呂にも行きたいので、帰りの電車を気にしながら、
そろそろ犬山をお暇する時間になってきた。
最後にクーポン使ってもぅ1軒行きましょう♪

こんなこと書くとヤラしいんだけど、
クーポン特典があるお店の中で断トツ還元率が高かった 芳川屋
→「季節の限定スイーツ」450円が280円に!

だから絶対行かなきゃ!って思ったし(笑) それなりにいただければヨシ!と思ってた。
が、しかし、しかし!!!

下がシンプルなかき氷で、その上に季節の果物〜桃とブドウ、
そのまた上にソフトクリームが乗っかったこの「限定スイーツ」

ウマ〜ウマ〜っ!!! (≧▽≦)//

ブドウは大ぶりなモノが10粒以上入ってたんじゃないかな。
桃も結構な量が入っており、こんなお値段で食べるのが申し訳ないくらい(//∇//)
店のご夫婦はぶっきらぼうだし、手際もよくないけど、
(行列できてるしアタシ手伝いましょうか?!って(笑)
これで全て許せます。許します! ←でました 何様?!

1/3ほど食べ、持ち飲みしてた赤ワインの残りを入れたら、
ひゃあ〜〜即席サングリアのできあがり♪♪ これがまた絶品だったのよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)و
お陰で名古屋までご機嫌で帰りましたv

・・・・・・・・・・・・・・・

犬山行く時にゃあ〜もぅ〜絶対名鉄のお得きっぷを使った方がイイ!

「犬山遊園駅」→「犬山城」→「城下町散策」→「犬山駅」→「名古屋」

これが間違いのない完璧な周遊コースです。ハイ。


そしてまだつづく。。。。










[PR]
by giova21 | 2016-09-10 23:31 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_21595583.jpg




お待たせしましたっ!!
さっそく城内見学といきませぅ♪

遠くから見た時もそうだったけど、世に名城と言われる城は、
規模の大小ではなく、面構えがイイなぁ〜って思う。
ほら、犬山城、カッコいいっしょ〜?!

入口に当たる地下1階から4階まで上がっていきますよ〜♪ *天守構造





e0112226_22082940.jpg



ご存じのようにどのお城でも、城内の階段はオソロシク急で狭い。
ひいこら上がると、ちょっと休憩したいのもわかる。
が、そこで恋バナですかい?!(笑)

四方に設けられた突き上げ戸の前は風が通って涼しく、
ちょうど足を降ろせるようにもなっている。

当時はチョンマゲ武士が彼女たちのように座って、
「見張り」などしていた場所だっただろうに、さすがの21世紀であります。




e0112226_22310782.jpg




さぁさ〜てっぺんに着きましたよ〜!!

天守閣というと、なにやらお殿サマが居住してる金ピカな部屋と思ってしまうが、
本来の役目はというと、周囲を見渡すため物見櫓〜望楼だった。
犬山城も然りで、最上階の望楼からは、ご覧のような絶景が拝める。

いや…待った!待った! これ結構高い!足がすくむ〜!





e0112226_22493934.jpg



高所恐怖症じゃないし、むしろ高いとこ好きなのにナデ?!と思ったら気がついた。

高欄(手すり)が低いのだ!

約162cmのアタシの上半身がまんま出る。
つまりは腰くらいまでしかない。こんなに高い所の手すりが…だ。( ✧Д✧)ヒエエ~!!

でもって廻縁(望楼をグルリと囲む廊下みたいな部分)が
心なしか外に傾いている(ような気がする(笑)
身体が外に投げ出されるような気がして、こら、スリル満点!
じゃなくて〜〜まぢコワイよ、これ。




e0112226_23071724.jpg




上半身がたっぷり出る…ってことは、こんな写真も撮れる(笑)
犬山城の特徴の1つでもある立派な入母屋破風。

いや、アタシはムリっ!!

イチビリ撮影者、も〜見てるだけでも怖いから、
そんなに身を乗り出さんといてくれ〜(TOT)//

一応係員さんが見張ってくれているが (何を?!って聞くだけでコワイ気がする(笑)
ビビら〜の方、高いとこが苦手な方は、右手を壁に添えながら回るとよいと思う。

でもって、必ず1周グルリと回ること!





e0112226_22295575.jpg



紅葉や桜の季節は入城制限がかかるほど並ぶらしいが、
それも納得。東西南北それぞれ違う眺望は、この季節でも確かにスバラシイ!

コワイって書いたけど、例えば転落防止の金網とか柵とか無粋なモノがないから、
こうやって写真もキレイに撮れるし、景色もストレートに楽しめる。
昔の人が感じた、見た、同じ感覚を共有できるってことだ。国宝のお城のてっぺんで。
これって実はスゴイことなんじゃないかな〜。




e0112226_22363095.jpg



で、もしっ!下をのぞき込む度胸があったら「魔除けの瓦」を探してみて。
なぜそんなカップリングなのか「?」だが「亀の上に桃」が乗っかっているのだ。

しかし、どこが、なにが「亀」やね〜ん?!と、これまた身を乗り出さないように!
スマホだかデジカメで撮ってズームして確認すること(笑)




e0112226_23151188.jpg




この望楼には犬山城の歴代城主が飾られているので、こちらを見るのもお忘れなく。

知ってる人は知ってると思うけど、犬山城って、ついこの間(2004年)まで、
一個人が所有する国宝の城 だったのだ。

たとえば国宝の茶碗とか刀を持ってる人はいるだろう。多分。
でも、城ですよ、城!! しかも「国の宝」( ✧Д✧)// スゲ〜すぎる!!

国宝認定が昭和10年(1935年)というから、69年間も個人が管理していたのだ。
それを言うなら、元和3年(1617年)から城主を務める成瀬一族が、粛々と城を護ってきたのだ。
*犬山城の歴史 *wiki版歴代城主 

うわ〜もぅ〜成瀬家って、欧州なら間違いなく公爵伯爵クラスだよね。
嫁入りしたらお城がついてきます…って冗談はさておき…
いやいや…お嫁に入った人はエライわ〜(TOT)//




e0112226_21054407.jpg



あ〜楽しかった!!

サイズ感もちょうどよくて、
ちょっぴりデ〜ンジャラスでビュ〜ティホ〜なてっぺんちょがステキ♪♪
今まで見てきたお城の中で1番気に入ったかもしれません。





[PR]
by giova21 | 2016-09-09 23:06 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_20584516.jpg




名鉄のお得きっぷを使ってやってきました!
お城に行くには「犬山遊園」で降りるとよいそうデスv

「犬山遊園」って、字面だけ見るとワンコが楽しく遊んでそうでカワイイ♪

なんでも全国で「犬」が入ってる唯一の「市」なんだって。
そら使わなアカンでしょ〜♪ってことで、犬山市のゆるキャラわん丸くんです(^^ゞ





e0112226_21080788.jpg



手持ち無沙汰の駅員さんがいるだけで、わん丸クンも誰もいない駅前。。。
きっと平日で観光客が少なかったからだろう。

台風が来てて、天気がちょっと心配だったんだが、よぉく晴れました!!

最近「晴れオンナ」を返還せなアカンわ〜ってくらいツイてなかったけど、
こら、暑いくらいです。いや…暑いっ!!!




e0112226_21150349.jpg



木曽川沿いをテクテク歩いていくと、犬山城が見えてきたっv
なかなかカッコいい遠景ではないか。

アテクシ別にフェチじゃないけど、お城は好きです。結構行ってます。
こちら犬山城は現存天守十二城に、
国宝天守五城(他に姫路城、松本城、彦根城、松江城)と、
マニア必見のお城の1つといえるだろう。

さぁて…あそこまでまだちょっと歩かねばならぬ。
がんばれ!アタシの足。→いっておくがまだ完全に骨がくっついてないのだ。
まさにスパルタ式リハビリ(笑)




e0112226_21342444.jpg




ふぅふぅ。。。やっと着いた!

ふむ。この鳥居はなんだろう?
そして向こうに見えるピンクの壁は一体なんだ?!





e0112226_21411190.jpg



↑↑↑ こたえ

これ見たら聞かなくてもわかりますね。 絵馬撮ってごめんなさい!
縁結びの神さまです、もちろん(姫亀神社)

しまったぁあ〜〜〜!この三光稲荷神社、他にもいろいろご利益があるみたいで、
しかも先日、猿田彦大神の総本社、椿大神社に行ったばっかなのに、
お詣りもしなかったという事実( ̄o ̄)OMG!!

こ〜やって帰ってきて知る事実って、地団駄踏むほどクヤチイ!!!
事前にいろいろ調べるの好きだし、情報サイトもたくさん見てるンだけど、
表層2ミリ分くらいしか読んでないんだよね、実は(^^ゞ

という後悔を胸にお城編につづく…






[PR]
by giova21 | 2016-09-08 23:38 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_14443393.jpg



暑いのがイヤなので、夏場は敬遠してたんだが、
オカンのそれが2枚余るというので、久しぶりに“夏の青春18きっぷ”をしてきた。

6時には家を出るのでハラも減るワケです。
当然のようにお酒とかお酒とか、つまみとかつまみも用意もしていくけど(!!)
今回は乗り継ぎ時間があったので、ついにっ!念願の駅弁を買う事ができましたっ!!


雑誌にもよく紹介されてる人気の駅弁である。
経木な弁当箱は“竹すだれ”で巻かれていて、紙製だが唐草模様の風呂敷で包まれているの。
買ってドキドキ、開けてドキドキなカワイイパッケージなのだ(๑˃̵ᴗ˂̵)و

で、我が家には、オカンが食べ集めたこの“すだれ弁当箱”が山のようにある。
もちろん唐草風呂敷もセットで(笑)

確かに自作の弁当をコレに詰めるとゴージャス感が増すだけでなく、
オっサレ〜〜!と、周囲から尊敬の眼差しも得られ、ちょっと鼻が高い(//∇//)
なので我が家ではたいへん重宝してるんだが、肝心のアタシ、食べたことなかったんです!!

やっと食べれる〜〜!!! うれしいぃいい〜〜〜!!!!

枝豆のおこわに、迷い箸するほどお菜もいろいろ♪ 特に鴨のローストは絶品で、
友人が持参した赤ワインを取り合って飲む AM9時 at 米原ステーション(笑)
え?はい?朝から飲むのが青春きっぷの醍醐味なんです。
イイじゃあ〜ないですかっ(^^ゞ

おいおいおいしかった〜〜♪♪

お弁当って味付けがちょっと濃いめだからアテにもピッタリ!
サイコロにはお口直しの“しょうゆ飴”が入っており、
サイの目は「ご縁」を現す「五」が上になっている。

…という、心ニクイ演出がそこここに詰まっており、
販売開始から25余年経つ今も愛されている理由も納得!
米原駅ご利用の際は是非どうぞ!

ただしお昼のみね。コレ要注意!
我々の中では「ないばら駅」と揶揄されるほど夜はな〜んにもないので。

家にたくさんあるし荷物になるから捨てようと思ったけど、アタシがゲットした初“すだれ箱”だ。
もちろん大事に持って帰りましたわよ(^^ゞ





e0112226_15221187.jpg



さぁ〜て名古屋に着きましたv
どことなくレトロ感があるアールな丸みがキュートな名鉄線に乗って、犬山に向かいます。

つづく.....



[PR]
by giova21 | 2016-09-07 23:43 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_14574540.jpg



それではちっくら良い(酔い)気分でお詣りに行きましょう!

〈豊川稲荷〉って初めて来たのだが、広くて立派でビックリしちゃった!!境内の総面積は3万坪以上あり、それって甲子園球場が2個くらい入る大きさなんじゃないかな、多分。

巷の噂によると「あの」イチローが毎年2日に、こちらに初詣に訪れるらしいが、今日って2日じゃないのさ?!もちろん会いませんでしたけど(笑)



e0112226_15172563.jpg




ある程度の人混みは覚悟してたけど、やっぱりスゴイ人!
それでもなんとなく京都よりましだろう!と思えば気が楽である。

ピッピッ、ピィイィイ〜!

まるで幼稚園の運動会みたいな笛の合図に合わせ、皆が行儀よく進んでいく。こ〜ゆ〜秩序さって日本人ならでは…ってつくづく思う(^^ゞ

中の人も伊な人もやろうと思えばできるだろうが「やる人」がいて、そもそも並ぶのか?ってのが問題だと思うけど(笑)

本殿でナムナムして、屋根瓦に打ち出の小槌が飾ってある金運あらたかな大黒堂でもナムナム。どちらにも45円〜始終御縁入れてきたので(改めて用意したワケじゃなくたまたまあったのだ(笑)、これで今年は大丈夫!?と思いたい…いや…まぢで。




e0112226_15455450.jpg



本殿の裏手にある「霊狐塚〜れいこづか」

境内の中で一番のパワースポットらしいのだが、お狐さまがちんまり乗った3mほどの岩山に、まるで砂糖の山に群がるアリのような有り様で人間サマが登るわ貼り付くわしててビックリ!! (笑)

しかもその表情真剣そのもの!で、一体何事?!と、たき火に当たってた爺サマにおたずねしてみると…

ここに詣でた人が岩の隙間に押し込んだ硬貨を見つけると、この1年お金に不自由しないといい、そのお礼にまた硬貨が入れられる…という無限なお宝探しの山になっているんだとか。

お連れ様が偶然硬貨を見つけたけど、岩の奥の奥にあって(ど〜やって入れたんだ?! )、これで取ったらいいよ、って爺さまがくれた木の枝では取れそうにない。う〜む。これは取る方も隠す方も必死のパッチなんだなきっと(笑)




e0112226_1684129.jpg



そんな人間の楽しい?あさましい?姿を、
背後からジッ…と見つめているお狐さまの像、像、また像。

ここに来るまでも、着ぐるみも含め(笑) 優に50体以上のお狐さまを目にしてきたが、ここで一気にその数が跳ね上がる。



e0112226_1616282.jpg




願い事が叶った人がお狐像を奉納したのが始まりらしく、
今では千体以上の像がズラ〜リと並んでいる。

いやぁ〜スゴイですね!
この状態(↑) が、まだまだ左右に広がってるんですよ?!

実はこれが見たくて豊川稲荷に来たくらいだったからなんか嬉しい♪




e0112226_17152611.jpg




みんなビミョ〜にお顔が違ってて、見ていて楽しいが、
奉納物だから基本、ちゃんとした作りになっている。

そんな中、こんなほのぼのバージョン(特注だと思われる) を見ると、心が和む。こちらに来る人にとって「狐」は特別なものなんだろうね。

いやいや、来てよかった〜vv



e0112226_17204442.jpg




お暇する前に、おっと忘れずおみくじ引かなきゃ!

出だしの文言は威勢がいいが、だんだん尻つぼみになってくるのはご愛敬。
今年も心身共に健康で過ごせますよぅに♪(多くは望みません!(^^ゞ




e0112226_17374274.jpg



じゃ、これで一大イベントが終わったからお昼にしよう♪♪

どこぞでお稲荷買ってベンチに座って…と画策してたんだが、寒いし、狙ってた稲荷店はスゲ〜行列だし、B級グルメスターといえど〈おきつねバーガー〉って気分でもないし…と迷ってたら、あ、ココ鰻が美味しそう♪♪

エヘヘ…正月から鰻食べちゃった♪♪

ホントにまぢでそのうち口にできなくなるかもしれないから、食べれる時に食べておかなきゃ!(笑) しっとりふんわり関東風が好みだが、中部地方独特のカリカリ鰻にも大分慣れてきたよvv いや、美味しかったデスvv




e0112226_1752555.jpg



豊川稲荷も駅舎も立派だし、門前通りもそれなりに賑やかだが、ちょっと視線をはずすと昭和な香りのひなびた感が残っている豊川。きっと今は1年で一番賑わっている時なのかもしれない。

あと、いやに〈ヤマサ〉の店がたくさんあるな〜って思ったら、豊橋が本社だったのね!!商品がたくさんあって迷ってたら、ジモティらしきおばさんが慣れた様子で「きんぴらちょ〜だ〜い」って言ったので、つられて我々も「きんぴらくださ〜い!」(笑) これで帰りのおつまみその1ゲット!もちろんお稲荷さんも買いましたよ♪(その2)



e0112226_1825270.jpg



帰りは豊橋で途中下車して一度食べてみたかった〈風来坊〉の手羽先と、構内コンビニで「今日は置いてません」って書いてあったから美味いに違いない!と踏んだ〈ボンとらや〉のピレーネを発見したので迷わずゲット!(その3とその4ゲット!(笑)

あとビールがあれば文句なし!の献立ですねvvv スバラシイ〜♪♪

コソッというと、行きしなに豊橋駅構内で買って食べた〈あんまき〉がまた欲しくてお連れサマが走ったけど、見事売り切れておりました( ̄o ̄) それでもこれだけ「食べるモノ」があるから、途中雪で電車が止まっても一安心デス(違!!!)

初詣だけに遠出するのはどうなん?って思ってたけど、お腹も気持も十分に満たされた青春の日帰り。今年もこの調子でブイブイ使わせてもらうとしようvv

〈お遊び参考情報〉*豊川観光情報 *豊川いなり寿司
[PR]
by giova21 | 2015-01-08 23:53 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_18162133.jpg



毎年この時期、青春きっぷで日生に牡蠣食べに行くのが恒例なんだが、年明け早々仕事が詰まってしまい今年は行けそうにない事が判明(TOT)//

でもでも切符残ってるしどっか行きた〜い!と泣きつかれたので、初詣で使い切ることにしたvv

が、折しも寒波到来!で、雪に馴染みのない大阪でもご覧の有り様!



e0112226_18273632.jpg



コレは元旦の夜…なんだけど、あ!雪だ!って思ったら、あれよあれよという間にこんなに積もっちゃった♪

お陰で初風呂が雪見風呂になってたいそう気持よかったんだけど、帰り道、凍結した道でスッテン!と転んでしまい、したたか腰を打ってしまった。

しかし手にしてたチューハイ缶は一滴もこぼさなかった…という見事なウルトラC着地だった事は、自分を誉めてやりたいとおもふ…(笑)




e0112226_18375160.jpg



なもんで、列車の運行状態が心配だったんだが、スイマセン!!たかがあれくらいの積雪でギャアギャア言ってたらあきまへん!ってことを痛感しました。ハイ…(>_<)//

普段から雪が多い地域だけど、近江八幡から米原、関ヶ原にかけての積雪はスゴかった!!優に40センチほどあったんじゃないかな。架線や木から雪が落ちるのか、時折、列車の天井がボスッボスッ!!と鳴ってたくらい。

まぁ〜温かく快適な車内から見る分にはとてもキレイな雪景色ではあったけど。もちろん既に飲んでたし…ね(^^ゞ




e0112226_1932874.jpg



で、どこに向かったのか?と言いますと「日本三大稲荷」の1つと言われている〈豊川稲荷〉さんでございますvv

駅前広場では、おちょけたポーズを取るお狐さんがお出迎え。
さすがお稲荷さんの町ですなぁ〜♪




e0112226_18563311.jpg



駅前の像はかなり奔放に弾け飛んでてちょっと笑ったが、境内のお狐さんは、かようにキリリとオトコマエ!バステトって言うのかな?エジプト神話に出てくる神像みたい。

他にカワイイ系な像もあったけど、この日、ホント〜にたくさんお狐さんを拝みましたわい。




e0112226_19193321.jpg



早速お詣りに…と言いたい所だが、、、

あ、地酒だって!
寒いから「まず飲んで」から行くか〜 (もぅ飲んでるやん!) と、
フラフラ〜と、ジモティで賑わってる立ち飲み屋に入ってしまった(^^ゞ

よぉ〜注ぎがイイな〜!

今時ちょっと見かけないようなヤ◎キー風情なおっさんにからかわれながら
(こ〜ゆ〜人がいっぱいいてちょっとビックリした) 店の女将がコップの縁までなみなみとにごり酒を注いでくれる。

あまりに気前のよい量に「あ!まずこれを2人で飲んでからお代わりします!」って言ったけど、浜納豆(大根おろし添え) をアテにしたら、甘酸っぱいにごり酒と塩っぱい浜納豆が絶妙なコラボを奏で、あっちゅう間に飲み干してしまった。もちろんお代わり♪♪ 

→ すンごくご機嫌!になる (曰く酔っ払い…ですね (笑)

うへえ〜!こんなんでお詣りしてイイのだろうか?!

つづく…( ✧Д✧)
[PR]
by giova21 | 2015-01-05 23:12 | 青春きっぷの旅 | Comments(0)
e0112226_18352761.jpg



台風一過といえなくもない翌日の三国。穏やかな空模様ではあるが、波が高く水上花火は中止となってしまった……(号泣!!) かれこれ10年近く通っては見てる花火大会だけど、中止になるなんて初めての事だし、花火のために命がけ?で三国に辿り着いたというのにあんまりだ〜!!!! (>_<)//

おまけに…

「波が高い=泳ぐのもダメ」「川が増水=鮎が獲れない・食べれない」

と、アテクシが楽しみにしてた事がオールナッシング!になってしまい、かなり凹んでしまう。むろん、後日知る事になった広島の水害など、甚大な被害を受けた方たちに比べたら、ンとに些末な事ではあるんだが。

それでもせっかくだからどこかへ行こう!と、あまり危なくなさそうな(笑)〈池田町〉に行ってみることにした。なんちゃって三国親善大使を気取ってるわりには、彼の地には行ったことなかったのだ(^^ゞ




e0112226_18483273.jpg



池田町って「能楽の里」として知られており、秀吉の時代から優れた面打師を数多く輩出してるそうな。山深く、冬は豪雪地帯ともなる地だから、静謐な環境が面を彫るには適してる…のかもしれない。

この日も遠く神戸から面掘りに来てる人がいたし、ちょっとした体験掘りもできたんだけど、時間ないからまた今度。面掘りなんて、写経と同じくらい神経使うだろうな〜♪ 心身が研ぎ澄まされそうで一度トライしてみたいが、汚れた内面!が現れて般若な顔になったらどうしよう?(笑)




e0112226_10425841.jpg



面打ち体験館の裏手は足羽川(あすわがわ) が流れる渓谷になっており、小さいが結構立派な「かずら橋」がかかっている。「かずら橋」 といえば祖谷のソレが有名だが、どっちにしてもアテクシ、渡るのはじめて!キャ~(嬉♪)

高さ約12m。高所は全然平気だけど、踏み板の幅が空いてるので、ゴウゴウと流れる濁流が丸見え!かなりコワイ。おまけに「吊り橋理論」 とやらでカップルに人気のスポットらしく、アホな男子が女子の嬌声目当てにユッサユッサ揺らすもんだから、おばちゃん(アタシ)大激怒!

頼むからアタシが渡りきるまで…

ゆ、揺らさんといてぇ〜〜!!

ああ〜ヤナ汗かいた……




e0112226_11153365.jpg




普段は清流が流れる川もご覧の通り。でも新緑がとてもキレイだし、裏手はキレイな公園になっており、古風な民家で蕎麦打ち体験もできる。

8割以上が森林の池田町は、豊かな自然を活かしたアクティビティがたくさんあるそうだ。近くにはヌルヌルな泉質がグ〜♪な温泉 もあるよvv




e0112226_11313235.jpg




順番が前後したが、そもそも池田町に来たのは美味しい「おろし蕎麦」があると聞いたから(^^ゞ 三国宅の近所に住むおじさんはトラック運転手だけあって、どこそこに新しい温泉ができたで〜♪と新情報をマメに教えてくれるのだが、その彼オススメの蕎麦屋がこちらの〈一福〉

透明な「塩だし」で食べるおろし蕎麦が有名で、おおぅ!確かにこれはいくらでも食べれそうなほどアッサリとウマイ♪ 普通ついてない天然ワサビの甘い辛味もすごくよく合ってるvv

伸びるのがイヤだから麺類を食べる時は「しゃべりかけんといて〜!」なくらい集中して食べたいアタシ。ひと椀のおろし蕎麦は、待ち時間15分、食べるの3分!ってな早さで食してしまう。そもそも絶対的に量が少ないのと蕎麦好きなので、たいてい2椀食べる(^^ゞ なのでポピュラーな醤油出汁バージョンもいただいてみよう〜♪♪




e0112226_11484297.jpg




そうだな〜醤油も悪かないが、この店なら絶対「塩だし」がオススメですvv ペロリと美味しくご馳走さまでした〜♪♪あ!福井のおろし蕎麦って、どこで食べても量が少なめだから、女性でも2椀問題なくイケますvv と、念を押しておく(笑)

蕎麦屋の周辺は市役所があるなど池田町の中心になってるいるが、地産地消なおふくろの味が楽しめる〈おもちの母屋〉や、木のぬくもりが心地よい町の駅〈こってコテいけだ〉 (電気自動車用の充電スタンド付きだし、ヤギ乳のソフトクリームもあるよ♪) など、こぅいったら失礼だが、意外な事にキレイな施設が整っており、観光に力を入れてるんだな〜って思った。

蕎麦目当てに来たが、こんなに見所が多いとは思ってなかったので、半日楽しく過ごすことができた。冬場は雪が心配だけどイノシシ食べに来てもいいな♪…と、早々に次回の再訪を誓うのであったvv  

*池田町観光情報サイト





e0112226_12485344.jpg



翌日はコープ行ったり温泉ゆっくり入ったり…とまったり過ごし、帰りは大丈夫でしょうね?!とおののきつつ、でも万が一を考え、湖西線を通らない米原経由で帰阪する。もち18きっぷでリベンジ!であるvv (行きも米原経由にすればよかった…(>_<)

何度も書いてるけど、構内に売店もコンビニもない「米原」は、我々の中でなんにも「ないばら」と悪評高い駅(笑) がしかし、我が家に幾つかあるすだれな蓋の弁当箱が (ウチの母親は何かとパッケージを残し再利用する人なのだ) マニア垂涎な米原の駅弁だと知りビックリ!!そんなん売ってンの見たことないで〜〜!!

こたえ → いつも遅いから…… チ〜ン!



e0112226_135893.jpg

ね?ね?ビジュアルも内容もすご〜〜くイケてると思わない??
サイコロの中はあめ玉で、デザート付きなんだよ (≧▽≦)//

え?なに?あめ玉くらいで喜ぶな、ってか。いやいや…入ってるだけでなんか嬉しいやん?!それが乙女心つぅ〜もんなんデス!!!

*お弁当の井筒屋  湖北のおはなし 1150円(税込)

母親いはく、昼時になると、店から売り子さんが来て店を開くそうだ。え〜ん!アタシも食べてみたい〜!!!米原って降りたらなんか見るところあるかな?醒井宿は行ったしなぁ〜。次の青春18で、なんとかこの駅弁をゲットできるよう行程を考えてみよ〜っと♪♪
[PR]
by giova21 | 2014-08-11 23:20 | 青春きっぷの旅 | Comments(2)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21