カテゴリ:2009年 釜山の旅( 12 )

ツアーが一緒だった女性2人組は、
韓国語も上手に話すのに、ソウルには行ったことがないという(!)
「近いし安いし歩きやすいから釜山ばっかやねん」
なんだそぅだ。

行きは小指で回せるくらい軽かった彼女たちのスーツケースが
帰路、めりこむように重たかったのにはワロタけど(^^ゞ
いや…あたしたちも一緒なんだけど(笑)

確かに近い釜山。
飛行機乗ってるのだって1時間ちょい…だし、
オマケに帰りの便も早く__それでも一番遅いJALに乗って
2時半にはアララ…帰ってきちゃった〜?
こんな「明るい」関空に帰ってくるって、なんか調子狂うなぁ〜(^^ゞ

しかもこのJAL便は来年から廃線になるそうで…
となると__「いつかまた釜山」は難しいかな。

e0112226_18935100.jpg

そう思うと、心残りがたぁくさんあるような気もするが…
天気も良かったし、思ったほど寒くなかったし
オイシイもんも食べたし、オンドルにも泊まれたし(萌)
帰る日も市場に走り朝ご飯食べてきたし
よし!としよう♪

それに__
ソウルほどセカセカした大都会じゃない部分、
いつもより密に人と接することができたような気がする。
店のおいちゃんやおばちゃん、おね〜ちゃん、道を教えてくれた人。
客引きだって、嫌みがなくて大らかだった。

やっぱ「5単語」のボキャ貧じゃダメだな(笑)
せめて20個単語くらい覚えて(20かよ?!)
次回、また美味しい国、韓国へ行きたいと思います。

みんな、今回も楽しい旅と時間をありがと〜♪

と、最後は姫のお気に入り
「ながぁ〜い影」のポージングでエッヘン♪パシャ♪

[PR]
by giova21 | 2009-12-07 23:55 | 2009年 釜山の旅 | Comments(0)
結局、刺身も焼肉も食べず(!)
韓国・釜山にまで来てソレはだぅよ?な
小食ヘルシーだった今回の食べ歩き。

でも最後にコレだけは食べて帰りたかった。
海鮮だけじゃないのよ!
釜山名物「デジクッパ」

「コレはウマイで〜食べてこなアカンで〜」
かの師匠がこぅのたまうくらいですから、
期待度1千倍でございマス。

幸いホテル近くに、
その名も「デジクッパ通り」という夢のような飲食街があったので、
そこで店を物色しようということになったのだが…


e0112226_19501088.gif

それぞれの店先で手招きするアジュマたちは、
みなが人の良い笑顔を向けて、
そんなん見たら1軒に決められへんや〜ん!

3軒並んだ前で考えた。
オイラたちも3人。店も3つ。。。。
有無、ジャンケンで決めよう♪

「決まンないからジャンケンで決めるよ〜」そう言うと
わかったようで、笑いながら見守ってくれたそのアジュマの店には
残念ながら行けなかったのだけど…ゴメンね…



e0112226_19571593.jpg
どの店先にも、
巨大な寸胴鍋に豚骨スープがグラグラ煮沸き立っており


e0112226_2012836.jpg
茹で豚をそのスープの中にくぐらせて鍋に投入


e0112226_204227.jpg
お次はご飯を盛ってスープをザバババ〜〜♪
この間、わずか数秒、、、、

あ〜らよっとぉ〜いっちょあがりぃ〜♪


e0112226_20115736.jpg

あっちゃあ〜こいはヤバイっ!ウマしゅぎる !(≧▽≦)!

こんなに白濁してるけど、全然豚骨臭くなくてまろやか〜♪
だから塩やキムチ、塩辛とかで味付けするんだけど
これがまた味が変わってウマ楽しく、
醤油っぽい漬けダレもあるので、
豚肉だけチョイチョイとつけて食べるも良し!なのだ(幸)

この豚肉も脂が落ちてやぁ〜らかいし、
でもなんといってもキモはこのスープなんでしょうな。
栄養満点で、身体にも胃にもやさしい一品デス。
ジャンケン1発で勝負を決めた姫Aの店、おいしゅう〜ござった♪


何度か来てる韓国。
味も店も違えど、同じ料理を口にする事が多い中で、
このデジクッパは「初めて食べた」韓国料理になるのだが、
タッカンマリ…タッハンマリ?(どっちでもイイが(笑)に続く
熱烈ファンクラブ結成です!コレはウマイっ!!

いやぁ〜師匠、ありがとうございました!m(_ _)m
今書いててもヨダレもんデス(笑)
大阪どっかで食べれないんだぅか?誰か店出して〜

[PR]
by giova21 | 2009-12-06 23:07 | 2009年 釜山の旅 | Comments(0)
来るのがすっかり遅くなってしまったチャガルチ市場。
釜山とくればまずココ…ってくらい有名スポットなんだが、
それまでに、アッチコッチとさんざ歩き回ってたあたしたち。
なんかテンションお疲れ下降線で
食べへんし、中はエエっか〜〜って、
外だけクルリと見て回りました。

オカンに頼まれてた昆布や貝柱、ココで買うんやった〜!!
と、今アタマ抱えてるけど(笑)
こん時はスッテンテンに忘れてた…(TOT)/
(老化のはぢまりですね…)

e0112226_16203287.jpg

06年に改装された建物は、壁面ガラス張りで
ショッピングビルのようにキレイ♪
海側に出れば、
港を一望できる洒落たデッキスペースがあるのだけど
なぜか気分はベタな「釜山港へ帰れ」



e0112226_16442931.jpg

だって…この建物は突出してキレイだけど、
周囲には昔ながらの?
これぞ!な魚市場や店がたぁくさんあって
ンまぁ〜〜人出のスゴいこと!


e0112226_16504378.jpg

しぃろぉいお腹がとんとん並んで…
おおおぉおお〜〜!
こいはもしかして、昨日食べた「アンコウ」じゃあるまいか?

こんなにチビッコなら、吊るし切りするまでもないが(笑)
イスに座る事なく「しゃがんで」さばくアジュマには脱帽デス。

屋根があろ〜となかろ〜と
スペースがあればそこが「店」
売る気マンマン、買う気マンマン。
こんな解体作業もパフォーマンスのひとつなんですね〜


カニにアワビにウナギ、太刀魚。
エビにアサリにアジ、ヒラメ。
小学生並みにしか名前わかりませんが…(^^ゞ
ピチピチはねて、なんか水槽からダイブ!してるし(笑)

e0112226_17264364.jpg

そんな海鮮天国の中に
なんで「南国のフルーツ」があるんやろ?と思ったら、
コレも海のモノでした(笑)
えらごっつう〜〜物体ですな〜
軟体動物かと思われるけど、もちろん食べるんですよね?コレ。
名前知ってる人、教えてください(^^ゞ

[PR]
by giova21 | 2009-12-04 23:11 | 2009年 釜山の旅 | Comments(3)
人2人がようやく通れる道に、
屋台は出てるわ、バイクは走るわ、犬は走るわ
どこ見ても一緒に見えるわ…で、まさにカオスな市場内。
果たしてちゃんと生還できるのだろぅか?

そんな中で、ようやくお目当てのプラチナチェーンをゲットした姫K。
で、その店のちょうど真ん前に「スンドゥブチゲ」なる日本語の看板が。

買い物した貴金属屋の親父さんに聞いてみる。
「ココおいしい?」と、胸張って“日本語”で。
も〜いいねん、日本語で (開き直り)
後はゼスチャーでなんとかなる (はず)

だってほら、、、、
コクコクうなづきながら親父さんがOKサインを出している。
ホンマかいな?!・・・・・・
ホンマやった〜〜〜!!(≧▽≦)!!

狭い間口を抜けトントン…と2階に上がっていくと……
席を埋め尽くした客が、みんな一様に
「赤い鍋〜チゲ」をかっくらってる素ン晴らしい光景がっ!!


e0112226_1632368.jpg

「スンドゥブチゲ」もオーダーしたが、
隣の人が食べてるその鍋も食べたいな♪と指差す。
ということで、このグツグツしてるのは
「수중전골 スジュンチョンゴル〜海鮮鍋」であります。

カキだの貝だの得体の知れない軟体動物だの(笑)
(なんかね〜ナマコみたいなヤツ。聞いたけど忘れてもぅた)
が、ダカダカカァ〜と入った豪快な鍋は
海鮮とキムチのダシがまさにマリアージュして、ウマうまウマ〜!!

こちらの真っ赤系の食べ物って、もちろん辛いんだけど、
その中にとぅても複雑な「うまあま辛さ」があって
単純に辛い…ってことには絶対なってないのよね。
だからスープ飲んでも、ウマうまウマ〜!!なのでアル。
おっとご飯、メシが進みますますね、コレは(^^ゞ

e0112226_16424639.jpg


この「水キムチ」もサッパリ酸っぱく、口直しに最高であった。
キムチもたいそう美味で、
姫K「あたし買ってくぅ〜」と、
1キロお買い上げ(笑)

ココのキムチはコッチョリ〜浅漬けタイプなんだそうで、
だからか、とても柔らかく甘く瑞々しく、箸が止まらへんわ〜という
かなりなMyベストキムチであった。


持ち歩いても大丈夫!って言ってたわりには
真空パックになってるワケでもなく(ただクルクル巻いただけ(笑)
そんまま飛行機乗ったら世にもおぞましい
「キムチ爆弾」になるで!というオソロシイ物体を
さて姫はどぅしたか?

韓国版ダイソーで密閉容器を買って
そン中入れて持って帰りましたとさ(拍手〜!)

買い物スピードは一向に早くならないのに
こぅゆう悪知恵?は、回を追うごとに習得していく姫、恐るべし!



さてこのお店__
後で知ったのだが、市場で働く人たちの「食堂」として
とっても有名な店だったのデス♪
*トルゴレ〜돌고래

もし行きたくて地図を持っていても、
この迷路の中じゃあ〜とても行き着く自信がない。
偶然見つけて入ってラッキ〜♪だったし、
ホントに (安くて(笑) 美味い店でありあんした♪

[PR]
by giova21 | 2009-12-03 23:47 | 2009年 釜山の旅 | Comments(0)
PIFF広場を中心に、
北に国際市場、南にチャガルチ市場が広がるココ南浦洞地区は、
ソウルの南大門市場と明洞を足して半分にした感じ(笑)

露店もショップも人出も多いが、
ソウルのような殺気走った客引きもなく
ゆっくりショッピングできるのが◎

そんな通りの中で、
今回のメンツをズバリ表したオブジェがあって大笑い!

e0112226_17584215.jpg

尻を叩けばちゃんと巻いてくれるが、
油断すると「雲隠れ才蔵」する姫Aに
「買う!」という行為に至るまで、
石器時代までタイムスリップしそうなほど時間がかかる姫K

__というB型コンビを引き連れるあたし__の図(笑)
誰か見てたんやろか?ってくらい爆笑ナイスな作品でアル

お陰で?しょっぱなInnisfree で、2時間近く沈没してしまったわい。
こちらの店員さんはとっても親切だったが
オマケは明洞の方が気前がイイです(^^ゞ


その後、足の向くまま国際市場の方へ。

ちょうど出発の1週間ほど前に起こった忌まわしい事故。
その現場が、この迷路のような市場の中のどこかにある。
調べて行くまではないにしろ、
もし偶然行き着いたら、お茶のひとつでも置いていこうと思っていた。

結局、わからなかったけど、
市場の雑踏にまみれてるうちに、そんな事を忘れてる自分がいた。
口ばっかの、これが現実。
だから今、遅いけど__ご冥福を祈ります。

[PR]
by giova21 | 2009-12-01 23:52 | 2009年 釜山の旅 | Comments(2)
e0112226_16295398.jpg

原作も泣けるが、映画も予想以上によかった「チング〜친구」
釜山が舞台だったんですね〜(おいおい!)

冬ソナのロケ地巡りより、
あたしゃ〜「チング巡り」 したい!
いや…したかった(>_<)
ううむ!もぅ一度映画見てみようっと!






実は釜山は映画の街。
「釜山国際映画祭」 はアジアを代表する一大イベントであり、
そのメイン会場となっていたのが、ここPIFF広場であります。

なんでも昔はココにしか映画館がなく、
今はすっかりキレイなシネコンとなっている「釜山劇場」 は、
1934年に開館した釜山で最も歴史のあるスクリーンなんだそうだ。

e0112226_1641163.jpg

だからといって整然とした通りではなく
近くにデッカイ市場があることもあり、
いたるところに屋台が出て賑やかデス。

その屋台の中で、一際ぷぅん〜♪と匂うのがイカ!
干したの、煎餅状にしたの、裂いたの…アララいっぱい!
なんだかイカイカしいですなぁ〜〜(笑)

映画のお供といえば、まあ普通、ポップコーンだが、
ここ韓国では「イカ」が定番、人気なんだそうだ。
「イカ」ってアンタ!クサイじゃろが!!!(笑)
「イカ」にウマくても、ソレには賛成しかねるわ

と_それより、ココに来たら足下に注目っ!!!

チャイニーズシアター よろしく、
映画祭に招かれた大物ゲストの手形が歩道に埋められてるんデス!


e0112226_17291592.jpg
テオ・アンゲロプロス〜Theo Angelopoulos
大御所ですが作品は観たことないデス。
残念ながら…(^^ゞ


e0112226_17305186.jpg
ヴィム・ヴェンダース〜Wim Wenders
シロクマの落書きかとおもたサインがキュート♪
なんというかヴェンダースらしい(笑)


e0112226_1736941.jpg
エンニオ・モリコーネ〜Ennio Morricone
指、長っつ!
この右手からあまたの名曲が生まれたのだ♪


e0112226_1742177.jpg
チャン・イーモウ〜張芸謀
サインは立派だが
手形はペンギンの足跡……いや失礼。


e0112226_174423100.jpg
パオロ・タヴィアーニ〜Paolo Taviani
ギュウ〜〜って押したのか?すごく肉厚な手。
重厚で人情的な作風とカブる手でもある。


e0112226_17501894.jpg
ビートたけし
一応?このシトも…(^^ゞ
いや、これだけのメンツに交じってあるんだから大したモノ。
手形は真ん中に押せなかった…ンだろうか?(笑)


他にもイロイロいろいろあるので、映画ファンにはたまらないかも。
ただ、クルマや人が多いので、
下向いてばっかだとキケンなのがちと問題(^^ゞ

それにしても…

手相とはよくいったもので、
「手」って、思った以上にそれぞれ違って特徴があるよね。
思わず自分の手の平を眺め、
アタシもこんなん作って見てみたいって思ったよ。

[PR]
by giova21 | 2009-11-28 23:29 | 2009年 釜山の旅 | Comments(0)
ホテルがある「西面地区」は繁華街となってるが、
ソウルのソレと比べるとおとなしいもの。

朝のミナミや新地のような、昨夜の名残が色濃く感じられるから
夜になると、もっと「顔」が変わるのかもしれないけど。

そんな中、ホテルの裏でお粥の朝ご飯。
うへ〜〜ホテルが近いだけあって日本人ばっか!
この店はやめよう…(笑)

やっぱチャガルチ市場に行けばよかったかな…と思ったけど……
もぅ1軒行ったところで__

e0112226_14285879.jpg

ギャボ〜!!
なんだなんだ!このアワビ粥はっ?!

ねっとり濃厚でいながら後口よく、
いくらでもスッカラ(スプーン)が伸びる。
肉厚な身もやぁ〜らかくて、
うまウマ〜ウマ〜♪ の3連発!

これが濃度100とすると、明洞で食べたのは30くらいだな。
いやはや美味かった〜〜♪♪
一気に目が覚めた(笑)


e0112226_14393011.jpg

そしてもぅ1つ。
こんなん生まれてはぢめて食べたけど
ウニうにウニ〜〜〜だらけのスープ(笑)
だぅです?このビジュアル♪

磯の香がフンプン♪海の味がチャプチャプ♪とするが
思ったよりずっとアッサリ。
こりゃあ〜ある種、珍味だな。


さて…食後のお楽しみはコーヒー♪
昨日のアンコウ屋さんにもあって飲んだのだが、
ココにもセルフの自販機が置いてある。

律儀な?アタシは、思わず100W硬貨を入れてしまったが(笑)
基本、無料でいただけマス。

ヘーゼルナッツのような香りのするミルクコーヒーは、
アンコウ屋さんと同じ味で、
我々、思わず「香りコーヒー」と命名(笑)

ミッチリ甘くて、日本だと多分絶対手を出さない部類だが、
しょっぱ辛い食事の後に飲むと、なぜか異様にウマイのである♪

「どうぞ〜」ってチョコレートも出してくれたので、
しっかり糖分補給して (全然甘いモン食べてないし…)
さてさて、それでは南浦洞に繰り出すとしますか。


*済州家 西面店〜제주가 서면점
[PR]
by giova21 | 2009-11-26 23:25 | 2009年 釜山の旅 | Comments(2)
e0112226_1833119.jpg

結構歴史が古い町だけど、釜山大学も近くにあるし
でっかいショッピングビル もあり(中身は……だが…(^^ゞ
暗くなった通りには、中高生とおぼしき子供たちもたむろってマス。

そんな通りの1つが「カルグクス通り」と呼ばれていることを知り、
小腹を満たすべき店を物色しにいく。
(お風呂入るとお腹減るのよね(笑)

ひぃふぅみぃ〜♪と3軒並んでるなぁ〜どこにしよ?
ハングルは読めないけど、この「25」って
店出して25年経ってる、ってことちゃうかな?

働き者のアジュマたちが、店先でうまそうな麺をこねてるし。
ウンウン、ここにしよ♪
こ〜ゆ〜時は己の勘を信じるべし!でアル。


e0112226_190871.jpg

実はソウルで最初に食べたカルグクスが今ひとつ…で、
以来、口にしてこなかった。
だから余計おもた。うめ〜うめ〜〜!!
こんなカルグクスなら、あたし、ファンクラブ作りまっす!

いかにも手打ちな不揃いな麺はモチモチ〜で
イリコの効いた出汁がなんとも滋味深い。
う〜ん、日本人は絶対好きですよ、コレ♪


e0112226_19121811.jpg

こっちはビビンしまくって食べる「ビビンカルグクス」

兄弟のように似ているが、似て非なるもの。
辛みもちょうどよくて__
わかった!パチン。ブラボ〜やっぱ「麺」がウマイんだ〜!

キムチも美味しくて、姫-K、
「キムチジュっせよぉお〜」ってお代わりしてるし。
ムムッ、お主やるではないか!
連チャンビールが効いて、あたくしホロ酔ってきました。


チヂミの発祥地として有名な東菜がすぐ近くで、
名物「東莱パジョン」も食べてみたかったのだが、
帰れば布団が引いてある…という誘惑に負けて
タクシー飛ばして帰ってしまったことを、
今、激しく後悔している(TOT)/

でもこん時は、マッコルリ〜も買ったし、
部屋でゴロゴロしながら1杯飲みたかったンです。
ああ〜なんて罪なオンドル部屋(>_<)


*帰って見てみたらこの店でした↓
ソムンナンカルグクス〜소문난칼국수
1杯5000Wで釣りがくる安さとウマさ!風呂上がりは外で喰うべし!です。
[PR]
by giova21 | 2009-11-25 23:21 | 2009年 釜山の旅 | Comments(0)
e0112226_196558.jpg

李氏朝鮮時代の1691年には開湯していたという歴史ある東莱温泉。
その後、1800年代になると
日本人の手によって本格的な基盤が築かれたのだという。
なんか台北の新北投温泉みたいだね。

ソコで入った瀧乃湯は、
脱衣所と湯船が一緒の部屋にあってビックラこいたけど(笑)
田舎の湯治場のようなひなびた感が、
これぞ「銭湯」という雰囲気でグ〜♪であった。


今回もそんなジモティ度120%の所を目指したかったのだが、
お手軽メジャーな虚心庁〜허심청に行くことにしました。

Grand Hot Spring 〜〜!だれ?この手?
サイト見てもらったらわかる通り「健康ランド」だが、
風呂の種類がハンパなく多くて、無駄に広いのが男前である(笑)

e0112226_18341558.jpg

10mほどの「プール」もあったし (泳ぐとちょっと快感(笑)
湯に浸かりながら飲み物が飲めるコーナーもある!
え〜え〜?!ビールないの?って見たらBARが閉まってた(笑)
とにかく、こいは1日遊べますなぁ〜♪

いつも軽く流し、顔を洗ってからひと浸かり。
温まってから身体と髪を洗うのだが、
その調子で入ったら、先のおばさん、何やら話しかけてくる。

「ちゃんと髪も洗ってから入りなさい」

フム、どうやらそぅ言ってるみたい。
これから行かれる方。最初に「全部洗ってから」入りましょう♪


*洗う用のスポンジタオルと、上がってからの乾いたタオルは使い放題で用意されてます。後は己で用意していくべし。システムは日本のソレと全く同じなので困ることはありません。


e0112226_18594644.jpg


階下にある自家醸造のビアホール「虚心庁ブロイ」 で、
風呂上がりのお約束♪ ああ〜ウマイ!(幸)

ただし__

ビールは安いが、その他のメニューはオソロシク高い!!
サービス料も取られるし……
5000Wでチゲが食べれるのに、
2万Wも出して「釜山」でソーセージを食うバカはいない。

立ち飲みの如く、ククク…とビールだけ飲み干し
そそくさ外の店に向かうあたしたちでした。



[PR]
by giova21 | 2009-11-24 23:15 | 2009年 釜山の旅 | Comments(0)
ホテルのある西面から地鉄で20分ほどの「東莱温泉」 にやってきました。車窓の風景は梅田〜千中間にこれまたソックリ♪

切符を買うのにオタオタしてたら、ボランティアであろう初老のおいちゃんが丁寧に「指導」してくれた。よく見たら日本語も出てたけど(笑) 少しでも躊躇してたら、気ィよく声をかけてくれるのが韓国人のホスピタリティ。

e0112226_16215883.jpg
「温泉場駅」に降り立つと心なしか硫黄の匂いが♪
楽しみだけどまずは腹ごしらえしてから…ね。


カキ、タコ、フグ、カニ、その他もろもろ…。釜山といえば新鮮で安価な海鮮モノが有名だが、ここはひとつ、日本でもなかなか口にできない「アンコウ」にトライしてみよう♪

e0112226_16403554.jpg

ご存じザザザ〜〜と出てくる付きだし?は、韓国での食事の楽しみのひとつだが、小魚やワカメのソレに地方色を感じます。とりあえず「メッチュ、ジュセヨ〜♪」←5つくらいしか知らない韓国語(ビールくださ〜い♪(笑)

アグチム(アンコウ蒸し) の専門店で、メニューも3つくらいしかないのだが、いかんせん読めない話せないから、アンコウ(皿) の大きさはどれくらいにする?辛いの大丈夫?って聞いてくれてる(…だろうと思われる) のに、会話が成り立たず、オーダーするのに一苦労。

でもでも店のご夫婦はホントにやさしく対応してくれて、特にダンナさんは漫才師の巨人さんにウリふたつ!この店は目出たく「巨人さんの店」と命名されることに相成りました(笑)

e0112226_1753163.jpg

やってきました♪アンコウ鍋〜アグタンです。豪快に切られた身はプリプリ〜皮はトロトロ〜♪やさしい出汁を吸った大根がうめ〜♪こいは、コラーゲンたっぷりでとってもヘルシー。お肌にもお腹にもよい鍋だな♪


と、ココまではご機嫌に食べてたのだが____


次に来たアンコウ蒸し〜アグチムの皿を見て仰天!確か「中」を頼んだソレは、まんま「モヤシの小山!」(細くて固いこのモヤシはその後、市場や路上でしばし目にすることになる→名物?)

e0112226_17225599.jpg

モヤシに埋もれてアンコウどこ?(笑) じゃなくて…か、か、辛い〜デス!しかもなんというか中近東風なスパイスの味がして、正直ちょっとビミョ〜(TOT)/ 美味しかったアンコウだけ探してモヤシの山はほとんど残すハメとなってしまった。

出されたモノは何でもちゃんと食べる!が身上のあたしたちにしてはホント珍しい事なのだが、ちょっとムリ…であった。辛さ…じゃなくて味が…。自分でもショック。アレはなんだったんだろう?クミン みたいな味がしたの。でも_嫌いじゃないのにな。

残した皿を見て、あらら〜という顔の巨人さん。支払もまけてくれて、余計、申し訳ありませんでした…デス(TOT)/

*馬山食堂〜마산식당
[PR]
by giova21 | 2009-11-23 23:10 | 2009年 釜山の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21