ボタン鍋を求めて〜丹波篠山探訪

年末は海鮮づくしだったので、今日は“いのたん猪”を食べに、いつも行く近場の能勢に…と思ったんだけど、能勢まで行くんだったら、隣の(?!)丹波篠山行ったらエエやん〜天気もイイし〜♪
ほんの5分前まで「能勢」って言ってたのに「な、なんで篠山?!」と目を丸くするKちゃんに「まぁまぁ〜」と言いながら、ハンドルを西へ向ける。


e0112226_1921252.jpgまだ晩秋かと思うようなのどかな風景は
まさにニッポンの故郷
もぅ心が和んでしまうんでアル♪

橋の欄干に「ようこしょ〜♪」の
いのたん発見!
何度か来てるだけど初めて見たわ♪


(わざわざ)篠山まで来たんはエエが、急に決めたので、下調べはもちろん資料もなく、一体何処で鍋を食うのだ?とは、毎度の事ながらツメが甘いアタチたち(バカ)

案内所で聞く手もあったのだが、到着1時。朝からバームクーヘン1片とキットカット2本しか口にしてないあてくしの腹ペコ時計は、レッドゾーンを振り切り爆発寸前!奇跡的に持ってた雑誌「Meets」に載ってた「大手食堂」に行ってみることにした。
e0112226_19225542.jpg
「今日はイイ肉やよ〜」とは、白い割烹着が似合いすぎる食堂のおばあさん。ギョギョ!って引いてしまいそな脂身だけど、猪肉で大事なんはココ♪火が入ると美しく透き通り、なんともいえない甘みが生まれる。しかもコラーゲンたっぷり♪熱に溶けにくい硬脂だから、汁がギトギトになることもなく驚くほどあっさり食べれるのだ。煮込めば煮込むほど柔らかくなる赤身もまた美味なりぃ〜♪

お椀にテンコ盛りで出される大根の漬物といい(葉っぱ付)トンカツから丼まで何でも来い!の、大衆食堂だが、懐かしくもあったかい雰囲気で大変居心地がイイ。名産、濃厚とろろがのっかった牛とろも有名な、知る人ぞ知る“食堂”で、周囲にいろいろ店があって迷ったんだけど、ココに入ってよかった〜♪って思ったよ(^^ゞ

e0112226_19232626.jpg
シメは絶対「うどん」
この味噌出汁も見た目ほど辛くなく
たいそう美味でありあんした♪

いやあ〜食った食った〜
温まったぁあ〜〜(幸@幸)




e0112226_19234682.jpg


可愛かったので思わずパチリ♪
黒豆ぇええ〜〜〜
真ん中に入った「すじ」がポイント(笑)
もちろん買って帰りましたわよ♪クス

あと、とろろ芋でしょ〜栗羊羹でしょ〜
美味しいモンがいっぱい!バンザイ!

まんぴゅくのお腹をさすりつつ、ついでにぃ〜と、30分ほど走って観音湯へ。



これってまんま、さっき食べた「ぼたん鍋」や〜ん!という有馬の金泉の如き赤褐色の湯は、舐めるとショッペ〜!アゥチ!ひっかいた所にしみてイタイわ〜(TOT)という湯質だったけどお肌がツルツルにっ!(なったよな気が…笑)

入る時は山の上に輝く観音様が見れたのに
帰る時は頭上に満天の072.gif072.gif072.gif→長風呂2時間
あわよくば、帰りに三田のアウトレットに寄るばい!と思ってたんだけど、断念して帰阪(あたりめぇ〜だろ!)
【今日の反省】もっと早く出かけましょう♪でも楽しい1日でした!
[PR]
by giova21 | 2008-01-06 23:21 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21