福井・金沢の旅 その5

2時半の列車で大阪に帰るまで、もうひと風呂に入るべし!三国にも「三国温泉」という素晴らしい源泉があり、日本海に沈む夕日が堪能できる「ゆあぽーと三国」や、珍しい畳の湯がある「三国観光ホテル」といった施設がたくさんある。その中で、回数券をもらったので行ったのが「風の杜」という宿のお風呂。でも工事してて露天風呂は使えるけど、からんからお湯がでないらしい…う〜ん場所変えるか〜と思っていたら女将「だから今日はお代は結構です」よっしゃ〜入る!なんて合理的?!(セコイ)な私たち(笑)良い湯をありがとうございましたっ!
e0112226_1533569.jpg

ホコホコになって帰ると待っていたのが「お昼を食べていきんさい」と、
お刺身の山!右の赤身がブリの幼少名「ふくらぎ」で、左の白身が「トビウオ」。朝、馴染みの魚屋で特別に卸してもらったプリプリもんでアル。こんな新鮮な魚が食べれるのに肝心の娘Kちゃんは、あんましお刺身が好きじゃない(ボカっ!)殴)だからいっつも私がニコニコ破顔してそのほとんどを食べる事になる(幸)もちろんビールもたっぷり飲んでしまったので、あやうく沈没、帰るのを忘れるところであった(笑)いつもいつも温かい歓待ありがとうございます♪また遊びにくるかんね!
e0112226_16102741.jpg

海の幸とおろしソバ、そしてもう一つ忘れてならない福井の冬の名物が、この「水ようかん」でアル。普通、水ようかんって夏の暑い時に食べるものって思うやん?ところが福井では、冬!冬限定で食べるのデス!堂々の季節限定商品!もちろん夏場には姿カタチも無い。地方から注文が来ても冬以外には作らないそうだ。ヌクヌクのコタツに入りながら、黒糖が効いた水ようかんをツルルンと食べるのはホントうまい!冬に福井に来たならばぜひぜひ食してみてくださいまし♪

いつもゆっくり帰るんだけど「梅田芸術劇場」でやってる「マリー・アントワネット」を観るため早く帰阪したのだ。思ったより面白かったし、あ〜そうだったな〜と「フランス革命」の背景を思い出したりもした。けど、この時代の事を楽しく知るにはやっぱり「ベルばら」が一番だと思う。そ〜ゆ〜意味ではホントよく出来たマンガだと思う。で、「ベルばらを教材にして歴史を教えればイイのにね〜」とうなづきあう2人でした(笑)
[PR]
by giova21 | 2007-02-14 23:12 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21