初秋の三国旅4. 皇族も訪れた美し苔の里〜叡智の杜

e0112226_10392443.jpg



京都の苔寺は濃度12%くらいしか覚えてないが、
それはきっと、白山平泉寺がステキすぎたから(//∇//)
ここの苔はホントのホントに心洗われるほど見事よ〜〜!!!!
その他にも巨大な中世宗教都市跡もたいへん見所があり、
福井に行く人に、恐竜博物館と同じくらいオススメしてる所です。

そんなこともあり、興味を惹かれた叡智の杜に行ってみることにしたのであります。




e0112226_10452215.jpg



国道から外れて山間部を走ること数十分。
ほんの数世帯が暮らす日用町は、
全国農村景観百選にも選ばれた、そらぁ〜のどかな里山集落である。

そんな里山を囲む杉木立の中で生息している苔を保護したり、養生させながら
昔ながらの景観を「苔の里」として守っているのが〈叡智の杜〉なのです。





e0112226_15185815.jpg



うわ〜〜ふわっフワ〜〜♪♪
触っちゃいけないけど触りたい(笑)

なんでも日用町で確認された苔って、48種類もあるんだって!
でもって「日本蘚苔類学会」ってのもあって(!!)日用町で学会が開催されたことも。

すごいな〜学会があるんだ!
言われてみれば国歌にも唱われている「苔」
記憶に新しい苔玉人気も然り。
影に日向に黙々と緑を育む苔って、日本人の琴線に触れる何かがあるのかも。
実際、見てるだけで癒されるもんね。





e0112226_10445454.jpg



景観のアクセントになっている古い民家も残ってマス。

この日は、まだ夏かいっ!!というほど天気がよく暑かったけど、
その分、苔の緑がとてもキレイでありました。




e0112226_15353895.jpg



ハ〜イ!!  ボクは一体どこにいるでしょう?!

小指の先ほどの、小さな小さなアマガエル。
こんなカエル見たの、何年ぶりだろう?!

と思えば、トンボも飛んでたし、暑くても確実に里山の秋は近づいている。
厚手の上着になったな、とか、ブーツが解禁になったな、とかじゃなく、
自然の中で季節の移ろいを感じる事の大切さを、心地よさを
こ〜ゆ〜所に来るとまざまざと痛感する。




e0112226_10442716.jpg



カエルに負けじ!と、キノコもこんにちは!

毛足?!が長いの短いの。モコモコにフワフワ。ミチミチにザワザワ。
こんだけいろんな苔があると、その違いが一目瞭然で面白いのデス。





e0112226_21311050.jpg



散策コースは道路を挟んで向かいにある日用神社へと続く。

境内入口には、年期が入った変わり提灯に、謎の赤い十字架結び。
両脇には高さ10mはあるだろうかという、長い旗竿がはためき、
横溝正史な舞台になりそうなほど、怪しくも厳めしい雰囲気を漂わせている。





e0112226_15513335.jpg



だぁ〜れもいないからちょっとビビっちゃったけど(^^ゞ
中へ進めば、上も下も見事な「緑の世界」に引き込まれマス。

あぁ〜キレイだな〜♪♪
最近、1日12時間近くPC前にいたもんだから、緑が目に沁みる〜〜




e0112226_15545643.jpg



キレイに生えそろった杉木立もビュ〜ティホ〜♪

〈叡智の杜〉がある小松市は約70%が森林に覆われており、
石川県を代表する地元品種の「日用杉」が広く分布している。

赤身を帯びた風合いと、ねばり強さを兼ね備えた日用杉は、
江戸時代から今日に至るまで、高級建材として栽培、珍重されているそうな。




e0112226_21480196.jpg



こんな所に…というとたいへん失礼な物言いになるけど、
2014年には秋篠宮様が、2015年には眞子様が訪問され、
その時の思い出を、皇居で開かれた「歌会始の儀」で詠んだ眞子様の歌碑も建ってマス。

平泉寺とは感じ方が異なるが、
住民や有志のみなさんが丹念に手入れされているのがよく伝わってくる苔の里。
豊かな原風景と共に、足を伸ばして訪れる価値、ありますよ(๑•̀ㅂ•́)و✧





[PR]
by giova21 | 2017-09-25 23:12 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21