2017台湾@緑島の旅10. 全て揃ってる南寮街でランチ&氷

e0112226_15260933.jpg


5時起き、7時半の船に1時間乗って島に来て、
バイクの練習に実地訓練、そしてシュノーケリング…と、
まだ昼前なのに、既に24時間@ジャック・バウアーな気分。
全てが嵐のように過ぎて、気がつくとお腹ペコペコ〜(TOT)//
船酔いの心配してたのがウソのようだ(笑)

一度お宿に戻り、駆け込んだのは「釣魚人餐廳」というお店。
入口付近に冷房が効いてるよ♪という部屋があったけど、海が見える窓際扇風機席に。
やっぱココに座らないと〜!でしょ?!
先ずはビール、ビールだ〜〜!!!!! ぷは〜(//∇//)
島における命の水は「水」だけど、ビールもまた然り。ウマ〜ウマ〜(≧▽≦)//

島での食事は海鮮物が中心だ。
イメージとしては小イカの丸茹でだったんだが、まずはでっかい茹でイカ(鱿鱼)を。
あぁ〜でも新鮮なんでしょうね。
プリンプリンで、ニンニクの効いたスパイシーなソースがよくあう♪




e0112226_15412306.jpg



お次はタコのすり身とタコ足を春巻き風に揚げたもの(章魚捲)
こっちのソースは甘辛く、イカもタコもビールによくあいます♪♪
ご飯は炊飯器から自由にどうぞなスタイルで、店員さんも感じがよく、良い店だったよ♪

ただ、普段から物事をよく確認せずやっちらかうアタシたち。
お会計の時、イカが約¥1000もしたことにビックリ!
そんだけかけたら、小籠包と豆花でお釣りもでるだろう。
ボラれたワケじゃなくちゃんとした定価で美味しかったからイイけど、
この後、高雄で何某かの値段見ては「イカより高いか安いか」で盛り上がってしまったほど(笑)
緑島の物価は総じて高く、海鮮物はそれなりにする…と思っておいた方がいいだろう。

ちなみに一汁三菜的な「本日の定食」もある…あったので(後で気がついた(^^ゞ
メニューをよく読んでオーダーしてください(笑)




e0112226_20111424.jpg



そして食後に向かうは氷〜っ!
ブルーを基調にした、海の家的な雰囲気がグ〜な「緑生活海草冰品」は、
今や緑島名物となった海藻入りのカキ氷を最初に出した店と言われている。

下に隠れててわかりにくいけど、ワカメのようなもずくのような緑色の海藻が入ってマス。
これはですね〜〜特筆すべき食感も味もなく、
お好み焼きの青海苔の方がよっぽど存在感がある!ってくらい影が薄い(笑)

ま、ちょっとしたネタにトライしてみては?というようなところ。
だけど、巨大な貝の器といい、島らしくてイイと思う。
氷は美味しかったよ〜♪♪♪




e0112226_20343833.jpg



アタマを揃えてバイクを停めるのも任せて〜♪な店の前を走る通りが、
緑島の銀座通り、南寮街だ。
港から島の北側にある空港に続き、我々も何回走ったん?!ってくらい往復したけど(笑)
お昼や氷の店も含め、飲食店やコンビニ(ファミマとセブン有)、土産物店などが集中しており、
島の用事はほぼここで用足りる。

約1キロ弱の1本道なので、あっちこっち行かなくていいから便利だし、
夜は屋台も開いて賑わいが増す。
若者たちが多く集う緑島だけど、同じ夏の人気観光地、墾丁と比べると、
全然素朴でスレてなくて、ある意味安心した(^^ゞ
銀座通りといっても手の平サイズだから、
ちょっと大きめの夜市と思って、夜歩きも楽しめると思うよv





[PR]
by giova21 | 2017-07-15 16:02 | 2017年 台湾@緑島の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21