2017台湾@緑島の旅9. 超絶オススメなシュノーケリング!!

e0112226_21124507.jpg



足を確保したら、すぐさま同じ宿の人たちと一緒にシュノーケリングに向かう。
実はこっから大変!だったのだ〜〜(TOT)//

シュノーケリング業者は宿からバイクで3分ほど走った所で、
かつ!実際潜る場所は、まだその先、島の北側で、
しかも!道中、店が並び人通りも多い、バリバリのメインストリートを通るときた。
練習したとはいえ、まだまだ不安が残る電動バイクで、いきなりの独り立ち?!
これって、仮免取る前に高速道路走るようなもん。OMG〜!!!

友人の顔、隠さず見せたいほど、笑ってまうほど不安で硬直しています(笑)
いやいや、アタシだって同じ。。。。。。
でも、いちお集団行動で他の人はバイクがほとんど。
遅れて迷惑かけるワケにはいきません。あぁ〜日本人…( ̄o ̄)



e0112226_21353621.jpg



このシュノーケリング体験、
長袖長ズボンなウエットスーツにライフジャケット、足袋のような靴(?!)に、
絶対必須のマスクはベストにくくりつけるという、
まるで月面着陸するようなフル装備をさせられる。
でもって「そのカッコ」で、シュノーケリングポイントまで走るのだ。ヒエエ~!!!!

たまたまぶっきらぼうな人に当たったのかもしれないけど、
引率者であるインストラクターの兄ちゃんは、決して親切ではない(笑)
慣れないウエットスーツ着るのに四苦八苦してると、違う違う、逆〜〜!!! って怒るし、
最後尾でモタモタしてる我々を一瞥もせず、さっさと出発しちゃうし。

でもね、この獅子の仔を千尋の谷に落とすようなスパルタ教育がよかった!!
あれこれ考える暇もなく、自分でなんとかしなくっちゃ!って、マヂ真剣になったから(๑•̀ㅂ•́)و✧

ついつい求めちゃうけど「親切」は無くて当たり前。
お陰で、ビビリ走行ながらも必死でついて行った分、かなり運転に慣れることができた!!
がんばればできるんだ!って、改めて思いましたわい(^^ゞ




e0112226_22093000.jpg



そうやってドンケツながらも、シュノーケリングポイントに到着〜〜!!
ここまでの道って、人混みにカーブ、上り下りにガタガタ道、三叉路などなど…
バイクに慣れるための全ての要素が網羅されてて、ホント練習になったわ(^^ゞ

それにしても… 晴れて、お天気良くて、ほんとにヨカッタ〜〜!!!
見よっ!この美しい海をっ!!

珊瑚礁を傷つけないよう設けられた桟橋を進んで海に入り、
簡単にシュノーケリングの説明を受ける。
言葉わかんないけど、何となくわかります。大丈夫デス(笑)

潜る必要がなく、海面に浮いてたらよいシュノーケリング。
ライフジャケットのお陰で勝手に浮くが、それでも不安な人は、
ロープ付きの浮き輪で「牽引」してくれるので、泳げない人、初心者でも安心!だと思う。




e0112226_13314974.jpg



全身スーツなので、海に入った時の心地よい水の感触に欠けるけど、
それでも……わぁあ〜〜〜い!!!海ウミ海〜〜〜!!

くるっと下を向くと……ひやああ〜〜〜!!
海の下、足の下、おサカナだらけ〜〜!!!

インストラクターの兄ちゃんが配ってくれる食パンを投げると、
オモシロイようにワラワラと集まっくる!!

アテクシ、沖縄にも行ったことないし、
南国でシュノーケリングするのもはぢめて!だったんだけど、
こんなにたっくさんのお魚が、こんなにお手軽に見れるとは思ってもいなかった(//∇//)

以下、動画の静止画なんであまりキレイじゃないけど……



e0112226_13385514.jpg



うわ〜〜!!! いるいるいるいる!!!
もぅね〜手でつかめそうなほど♪♪

サカナの名前が全くわからん!けど、
ゼブラ柄がいかにも南国〜〜!!!




e0112226_13461409.jpg



でね、このシュノーケリングマスクっていうの?
鼻がカバーされてて、マウスピースな筒で呼吸するやつ(なんちゅ〜う表現や!(笑)
これ使うのもはぢめて!だったんだけど、ナニコレ?!ってなくらいステキグッズだね!!!!
いつも泳ぎに行く三国の海にもあるんだけど、今まで見向きもしなかったのを後悔!

シュノーケリングとしては当たり前なんだが、
顔つけて浮いてるだけで、ニモワールドが眼下に広がる…って、
新大陸発見!ってくらいアタシにとっては大発見!

お魚サンもだが、ところどころグワ〜〜!!って深く落ち込んでたり、
さまざまな顔を見せてくれる海底もとってもキレイ♪

あとね、目が悪くて普段はメガネなアタシ。
シュノーケリングのために久しぶりにコンタクトしようかと思ったけど、全然大丈夫だった!!
多分、裸眼で0.3前後じゃないかな〜って思ってるんだけど、
海中では海水がレンズの役割をするので、実際より1.25倍ほど大きく見えるんだって!
だから、そんなに悪くないなら視力の心配もしなくてイイと思うよv




e0112226_14131713.jpg


これは水死体…ではない(笑)
他のグループもいるので、ちょっとした密集地帯になっているのだ。
みんなサカナに夢中なので、ヨソ様に当てたり当てられたり、これもまた楽しv

こうやって1時間ほどたっぷり遊ばせてくれ、
ホント〜にタノシカッタ!(≧▽≦)!
シュノーケリングほどお手軽にできないだろうが、ダイビングもしてみたい!って思った(無謀!!)
ってか緑島は、台湾有数のダイビングスポットらしく、ライセンスとりに来る人も多いそうだ。

我々がお世話になった業者は、港のすぐそばにあり、民宿も兼ねた「三悦機車浮潜社」
費用は装備も含め400元(約¥1500:恐らく他も同じ料金だと思う)
よくわかんないけど、かなり安いんじゃないだろうか。
宿で手配&支払い、もらったチケットを指定の業者に渡す。
後はインストラクターに従うだけ…というイージーさであります。

着替えるための場所には無料ロッカーやシャワーがある。
貴重品は置いて、水着にTシャツなど身軽なカッコで行くといいだろう。
全身スーツなので水着もほとんど濡れないし、ちょっとくらいならすぐ乾きます。

浮かぶポイントは業者によって違うかもしれないが、そこに行くのに「足」がいる。
無い場合、多分誰かが単車の後に乗っけてくれると思うンだけど、ニケツも慣れないと恐いもの。
だから自前で「電動バイク」を借りておきましょう(๑•̀ㅂ•́)و✧

とにかくっ!!!緑島でシュノーケリングしないなんて、肉汁がでない小籠包のようなもの。
絶対マストで体験すべし!ってくらい楽しいのでぜひ是非ゼヒ〜!とオススメしますv







[PR]
by giova21 | 2017-07-13 23:20 | 2017年 台湾@緑島の旅 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21