コレは楽しい手延べ素麺体験 その1.

e0112226_10370569.jpg



アブからの客人アントネッラは Sulmona〜スルモーナ出身。
アブルッツォ州のほぼ中央に位置し、山あいに佇む美しいこの町は、
イタリア人の祝いの席に欠かせない Confetti〜コンフェッティ発祥の地として知られている。
それは日本人が「赤味噌といえば名古屋」って発想するくらい有名デス(^^ゞ

で、なぜに定番京都観光ではなく奈良なのか?というと、
彼女が、飛鳥、弥生、奈良など(あちゃ〜順番グチャグチャ?!( ̄o ̄)
結構コアな時代に興味があると聞いたので、
奈良市内からちょっと離れた所に、車で出かけてみることにしたのだ。



e0112226_10212285.jpg



先ずはランチとして…… そう〜〜!でました三輪素麺っ!(笑)

奈良にウマイもん無し!って言われるけど、
にわか観光大使@奈良としては、コレは外せないかな…と。
それに麺類=パスタだし(違!!!)

お箸を上手に使って食べてくれ、
ちょっとクセがあって心配だった柿の葉寿司(これも奈良名産ね)も、
美味しい美味しい♪と言ってくれてひと安心!
アタシ自身も久しぶりに「外」で三輪素麺を食べたよ〜♪




e0112226_14122099.jpg



でもでも単にランチしにココ、山本に来たワケではない。
こんなことできるなんてラッキ〜♪と、
思わず手を打ってしまった手延べ素麺づくりが体験できたからだv

さっそく2日前に予約の電話入れたところ、
材料の用意の問題で、今からでは難しいと言われてしまった。
HPでは1週間前と書いてあるのでムリは承知だったけど、ひとつ粘ってみた。
いはく、県外者と“外国人”を連れて行きたいんだと…。
うわ〜〜!姑息!!! (//∇//) でも事実やし。

しかし、モノは試し。ダメもとでも言ってみるもんである。
材料の確認をした上で、大丈夫です!と、折り返し連絡をくれたのだ!!

三輪素麺山本さん ホントにありがとうぅう〜〜!!!

かくして、みんなで素麺延ばしを体験するこができましたv
しかも、ゆっくりできるよう「貸切」で。




e0112226_14365301.jpg



壁にかけてあった半被を目ざとく見つけ、着てもいい?と聞くアントネッラ。
後で判明したのだが、彼女はコスプレイヤーだった(笑)

いやいや、よぉっく似合ってるよ(๑˃̵ᴗ˂̵)و




e0112226_14482689.jpg



作り方はコチラを見ていただくとして、
身近な食材だけど、想像以上に手間がかかってる素麺。

これが手延べする前の「種」で、最適な状態になるまで寝かす(熟成)必要があるという。
だから急に言ってもムリなんである。

長さはまだ10センチほど。ムーミンのニョロニョロみたいでなんかカワイイ。
これをどんどん延ばし延ばしていくんだね♪




e0112226_15084399.jpg



巻き付けてあるだけじゃなく“ねじり”が入ってるのがミソ。
理由は後で判明v

この太さだとまんま“うどん”やな〜って思ったら、ズバリ、うどん!なんだって。
つまりは「太さ」で呼び名が変わるのだ。
ええ〜そんな単純な事なの?!と心の中で叫ぶ日本人、若干1名(笑)

JAS規格によると…
うどんは長径1.7mm以上。そうめんは長径1.3mm未満。
これらの中間にあるのが“ひやむぎ”であり、
“きしめん”に至っては「厚さ2mm未満」となっている。


身近なトリビア、ゲ〜〜ット!!! した気分だわ(笑)




e0112226_14534436.jpg



本来は4〜50センチほどのモノから始めるんだけど、
その前、ニョロニョロから延ばす行程をアントネッラが特別体験!

ご覧のようにかかとをつけ、足のつま先で棒を押さえ、垂直に上にひっぱりあげる。

きゃ〜ムリ無理!!! と言いながらも奮闘するアントネッラ(笑)
がんばれ〜がんばれ〜〜♪♪
ブラバ〜♪♪ ほらほら、だんだん延びてきたよ〜!!!

この後、自分たちも実際やってみて、結構大変(楽しい)な事を身を持って知ることとなる。
ってことで、続きはつづく…








[PR]
by giova21 | 2016-10-09 23:43 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21