雨にフラれたトゥーランドット

e0112226_21474182.jpg



月またぎしちゃうけどおっつかないから、まぁ〜イイや(^^ゞ

皇室にもゆかりの深い秋篠寺
久しぶりに行ってみました。



e0112226_21522668.jpg



この日は祝日だったのだが、ほとんど人がおらず、
安らぎと静寂が境内を支配している。

いいな〜〜この空気感♪♪
心身の不浄物が流されていく。




e0112226_21570422.jpg



若い女性が1人で回っていたが、
ひとりそっと噛みしめたい古刹が、奈良にはたくさんある。

京都に比べると、観光誘致がヘタクソな奈良だけど、
このままでイイんじゃないか…と思う。




e0112226_22022334.jpg


という秋篠さんはスペシャルな前菜で、メインはこちら。

またまた台風接近で、見るからに雲行きがアヤシイけど、
お天気なんとか持ってくれ〜!



e0112226_22070129.jpg



全然知らなかったけど〈さわかみオペラ芸術振興財団〉というところが、
毎年、なんらかの催しを執り行っており、
今年はボローニャ歌劇場が、奈良の平城宮跡で野外オペラをすることになったのだ。




e0112226_22134030.jpg



見よっ!!!
トゥーランドットを演る上で、これ以上素晴らしい、適任な場所があるだろうか?!
スラバラシイィ〜〜!!! (≧▽≦)//

おまけに1番安価な席(¥2000)だったのに、こんなに近い!
なんかとっても得した気分(//∇//)

コーラス隊も100人以上のっていただろう。
お馴染みピン・ポン・パンも、ソリストたちもたいへん良いデキで、
重厚かつドラマティックに始まり、進んだ舞台だったのだが。。。。




e0112226_22222341.jpg



2幕の終盤頃から、なんとか、なんとか持っていた空から、
これは傘ナシではツライわな〜という雨が止むことなく降り始めた。

残り1幕。トゥーランドットといえばコレ!な名アリア
〈誰も寝てはならぬ〜Nessun dorma〉は3幕、これから!である。
が、ソレを聴くことなく中止になってしまったのだ(TOT)//

主催者側は演りたかっただろうが、屋外なので楽器は濡れるし舞台も滑る。
フルコース食べに来て、メインはございませんのでお帰りください…って
言われた気分だが、仕方ないよな〜ってな雨であった....

トゥーランドットは何度か観てるからそう納得できたけど、
初見の人はかわいそうだったと思う。
→後日チケットの払い戻しが行われた。



e0112226_22395556.jpg



ご覧のようにオケピなんてない。もちろん。
この状態でフツ〜に雨降られたら、演奏できないよね。

真ん前が客席のフリーダムな場所なので、幕間に観客と記念撮影してる人や、
誰かボクに話しかけてよ〜ってな感じでうろついてる人もいて、
あぁ〜イタリア人やな〜って笑っちゃった(^^ゞ

でもでも中止が決まり、濡れるわ冷えるわで、帰途につく途中、
温かそうなバスの中に、きゃつらは既に全員集合していたという事実。
早々に白旗あげてギブしてたんだね(笑)

ま、アタシが奏者だったら、最後まで演りたいと強く願うけど、
それより何より、相棒の楽器が濡れておシャカになる方がイヤ!絶対。
だから仕方ない。なにもかも。

それより早く身体を温めたい!
いよいよ雨が激しくなるわ、行きつけの店は満席だわ、で困ったけど、
最後の砦が空いてたので、とにかく酒っ!酒くれ〜〜!!(笑)
あったまるにはアルコールが1番!そして美味しい季節になったねvv







[PR]
by giova21 | 2016-10-02 23:07 | にっぽんの休日 | Comments(0)

ラテンなジョバのお気まま日記♪


by giova21